mederu-人にやさしい雑貨店

新着アーカイブ
▼YUZU(ユズ) 新作アクセサリーのご紹介♪
(2009/9/2 17:52)
▼臨時休業のお知らせ
(2009/8/31 07:44)
▼シュールでクールなキーホルダーのご紹介♪
(2009/8/30 18:23)
▼ゆとり
(2009/8/29 18:47)
▼4mame 布のかけらシリーズ新作バッグのご紹介♪
(2009/8/28 18:12)
▼ヨウキナ*マーケット出展のお知らせ♪
(2009/8/27 18:10)
▼atelier MIKA(アトリエ・ミカ) 新作アクセサリーのご紹介♪
(2009/8/25 17:53)

新着コメント
▼ニューフェイス!BERHASIL(ブルハシル) 内藤和代さんのご紹介♪
by can i purchase zyloprim irvine (10/08)
▼ニューフェイス!BERHASIL(ブルハシル) 内藤和代さんのご紹介♪
by buy zyloprim with cheapest (10/08)
▼ニューフェイス!BERHASIL(ブルハシル) 内藤和代さんのご紹介♪
by generic betnovate sale purchase (10/08)
▼ニューフェイス!BERHASIL(ブルハシル) 内藤和代さんのご紹介♪
by price for diovan hct drugstore (10/08)
▼ニューフェイス!BERHASIL(ブルハシル) 内藤和代さんのご紹介♪
by order pyridium online uk (10/08)
▼ニューフェイス!BERHASIL(ブルハシル) 内藤和代さんのご紹介♪
by buy no prescription aciphex online (10/08)
▼ニューフェイス!BERHASIL(ブルハシル) 内藤和代さんのご紹介♪
by generic antabuse discount cheap (10/08)

新着トラックバック
▼ニューフェイス!BERHASIL(ブルハシル) 内藤和代さんのご紹介♪
by raw steroid powder (12/01)
▼ニューフェイス!BERHASIL(ブルハシル) 内藤和代さんのご紹介♪
by steroids price list (08/04)
▼ニューフェイス!BERHASIL(ブルハシル) 内藤和代さんのご紹介♪
by steroids for sale (08/03)
▼ニューフェイス!BERHASIL(ブルハシル) 内藤和代さんのご紹介♪
by Testosterone Powder (08/02)
▼ニューフェイス!BERHASIL(ブルハシル) 内藤和代さんのご紹介♪
by raw nandrolone powder (07/28)
▼ニューフェイス!BERHASIL(ブルハシル) 内藤和代さんのご紹介♪
by Nandrolone Base Steroids (07/13)
▼ニューフェイス!BERHASIL(ブルハシル) 内藤和代さんのご紹介♪
by 珠海今之晟科技有限公司 (02/23)

動物の骨と好きなタイプの人
※明日8/1(土)はお休みです。
※※あさって8/2(日)は、ここ仲宿商店街が60周年記念ということで、当店では全品レジにて10%OFFにします!(注:値下げ済み商品を除く。)


 今日は全然関係ない話の組み合わせになり、意味不明なタイトルになってしまいました^_^;
 最近、書きたいことがありすぎて…気ままに書けるだけ、どんどん書いていこうと思います。

 今朝の番組で『大人気!骨の動物園〜なぜ惹かれる骨の魅力〜』というのを見たので、載せてみます。
 先日行った奥多摩キャンプのビジターセンターで並んでいたもの。奥多摩の山に住む動物達の骨です。↓

 どの骨が何の動物かお分かりになりますか?
 聞いたら「へぇ〜!」というものもありました。
 ここのビジターセンターにはインタープリターという自然と人との橋渡し役の専門家がいて(若い女性が多い!)、丁寧に優しく自然の色々なことを教えてくれます。(http://www.yamafuru.com/)
 他の職員の方も親切で、スイカを忘れてきたらご丁寧に自宅に電話までかけてきてくれました!「炊事場でスイカを冷やして忘れていかれませんでしたか?」って。
 あの炊事場で忘れたとしたら、あの家族しかいない!と思ったのでしょうか^_^;
 「送りましょうか?」とおっしゃったので、「いえいえ、どうぞそちらで召し上がってください。」と言いました。わざわざ送ってくれようとしたなんて、小玉スイカを。
 
<骨の答え>
 一番大きな頭でっかちなのが、イノシシ。おまけにすごい石頭だそうで、当たりどころによっては鉄砲の弾をはじき返すので、猟師の間では「イノシシのおでこは狙うな。」と言われているそうです。
 もしはずして当たっちゃったら、それこそ“猪突猛進”で追いかけてきそうで怖い(>_<)
 その隣の、次に大きいのがツキノワグマ。イノシシよりも小ぶりで面長なのが意外でした。牙もすごいです。
 その隣のイノシシとクマの間にある人間の頭蓋骨に似ているのが、そう、サルです。小さいほうが子ザルで、子ザルのほうが人間に近いですね。大きくなるにつれ、サルらしくなるのですね。キャンプでは、野生のサルも見ました。
 子ザルの前にあるのが、トビ。空を飛ぶ鳥の骨は軽かったです。
 そして最後にイノシシの前にある小ぶりなのが、タヌキだそうです。ハリボーは横の剥製と比較して分かったようで当てていました。タヌキさんは頭が小さく実は小顔なのね。
 “それぞれ機能的にうまくできているなぁ〜。”と感心しました(^.^)

 話は変わって…前にも“よしもとばななの小説が好き”と書いたことがありますが(2009/3/19の日記:http://mederu.jp/step_blog/date_20090319 )、『デッドエンドの思い出』、久々にとても心にしみた大好きな本になりました。
 この本は短篇集で、どの話も好きでしたが、最後の『デッドエンドの思い出』という本のタイトルと同じタイトルの話しが一番しみました。
 よしもとばななの文章には、“ハッ!”としたり、“スーッ”と引き込まれる文章がところどころにちりばめられています。
 『デッドエンドの思い出』で心に残った文章は…

「あの日の、あの時間を箱につめて、一生の宝物にできるくらいに。…(中略)…幸せというものは急に訪れる。どんな状況にあろうと、誰といようと。ただ、予測することだけが、できないのだ。自分で思うままに作り出すことだけができない。次の瞬間には来るかもしれないし、ずっと待ってもだめかもしれない。まるで波やお天気のかげんのように、誰にもそれはわからない。奇跡は誰にでも平等に、いつでも待っている。」

「自由に、どこまでも、歌のように、メロディのように広がっていくある心の状態…それを求め続けて、私はまだまだいける、そう思えたのだ。平和ぼけして痛みに鈍くなっていた心の皮が一枚べろんとはがれたような感じだった。痛いことは痛いが、ぼけたままで生きていくよりも、肌にあたる空気はずっと新鮮だった。」

「…(前略)…一見落ち着いて見えるからって、心まで狭く閉じ込められていたり静かで単純だと思うのは、すっごく貧しい考え方なんだよ。でも、たいていみんなそういうふうに考えるんだよ。心の中は、どこまででも広がっていけるってことがあるのに。人の心の中にどれだけの宝が眠っているか、想像しようとすらしない人たちって、たくさんいるんだ。」

「あの日々は、どうしようもない気持ちだった私に神様がふわっとかけてくれた毛布のように、たまたま訪れたものだった。…(中略)…誰にも何にも期待してなくて、何も目指してなかったから、たまたますごくうまく輝いてしまった日々だった。それがわかっているから切なくて、感謝もひとしおだった。」

 よしもとばななの小説のどこが好きなのかと考えてみたら、登場人物の、特に女性のタイプが好きなんだと思いました。
 置かれている状況を傍から見た限りでは、決して幸せでもなく、どちらかと言えば不幸な目に合ったりしているのに、グヂグヂしたところや被害者意識がなく、地に足がついていて心(しん)があって静かで強く、自分なりの幸せを感じている女性。
 
 最近私が自分の心の中でまとめた“好きな人のタイプ”は、
○自分がやってきたことをそのまま、良い面も悪い面も同じ重さで話せる人。そして、自分がやっていないことについては、「やってみないと分からない」を基本スタンスとしつつ、「でもきっと、こういう大変さもあれば、こういういい所もあるだろうね。」と、希望を持たせてくれるような話し方のできる人。
○いつでも一人で生きていく覚悟ができている、人としての危機管理能力に優れた人。
○自分が今いる位置は、自分が選んでそこにいるということにちゃんと気づいていて、その自分の選んだ生き方に自信と責任感を持っている人。
○ちょっとやそっとのことでは怒ったり傷ついたりしない、自分を持っている大人な人。
○後ろ(過去)をしっかりと見、自分がしてきた全てを認めた上で前向きな人。
○ユーモアがあり、冗談が通じて、話していて楽しい人。

 好きだなぁ、こういう人。

  
コメント(0)mederu日記
OURS(ウース) 新作樹脂小物のご紹介♪
 夏休みに入って、またせっせとハリボーのお弁当作りが始まりました。
 から揚げ、ハンバーグ、ウインナー、グラタン…ハリボーの好きなものをメインにして、たまご焼きは定番で入れて、あとは彩り野菜をさりげなく添えているつもりですが、「インゲン3本がイヤだったけど、食べたよ。」なんて、野菜は数まできっちりチェックしているようです。
 ミニトマトは好きで、今はハリボーが学校で育てて持って帰ってきた苗から毎朝とれるので助かっています♪(デルモンテの土と苗だそうで、さすがトマトのことを知り尽くしいるデルモンテ!)
 そんな毎日のお弁当作りの必需品がカップやピック!
 私は当店で取り扱っているこちらを使っています(^.^)↓

シリコンカップ&ピックセット 各税込525円
 230℃〜−30℃の耐熱温度のシリコン樹脂でできたカップは、電子レンジもOK!
 毎回、アルミカップなどの使い捨てはもったいないなぁと思っていたので、繰り返し使えるシリコンカップならエコにもなるし、goodです(#^.^#)
 ピックもちょこっとおかずに刺すだけでカラフルでかわいいお弁当に変身〜♥

 さて本日は、樹脂つながり?クリアでポップなデザインで人気のOURS(ウース)から、新作樹脂小物たちが届きましたのでご紹介します♪
 “はやりに流されすぎない自分らしいカラーの物をどんどん作っていきたい!作る事に対しての楽しさがモリモリとみなぎっている。”というOURSさん。
 OURSの作品からはそんな気持ちが伝わってくる、楽しさに溢れた作品ばかりです(#^.^#)
 それでは、OURSの世界をどうぞ〜。

ポッコリヘアゴム 各税込1,575円
※右のダークカラーのヘアゴムはsold outとなっております。
ポッコリまあるいヘアゴム。
夏祭りや花火大会の浴衣姿にも合いますよ!



(両端)スティックピアス 各税込2,520円
(中央)ロングピアス 税込2,940円
新しい形の各種ピアス。
涼しげに耳元で揺れるのがかわいい!(^^)!



2WAYネックレス 税込3,780円
 チェーンの留め方次第で、横長にしたり、縦長にしたり、2WAYでお楽しみいただけるお得で楽しいネックレス♪





ミラー 税込2,625円
 初のアイテム!
 かわいいフェルトバッグに入った手のひらに収まるサイズのミラーです。
 氷菓子のようで食べたくなっちゃうかわいさ♥
 ハンドメイドの一点ものミラー、ギフトにもよいですね(^.^)





  
コメント(0)mederu日記
マニフェストでは。。。
 例のハリボーのドリル、今度は「金」という字を使った言葉を覚えさせようとしています。
 たばこやのおばあさん、やりますなー。





 ところで、間もなく衆議院議員選挙がありますね。
 どの政党に入れるかは、それぞれのマニフェストを読んで決めたいと思いますが、今回、私が最も注目している点はズバリ、“官僚主義からの脱却にどこまで力を注げそうか”といったところです。
 格差が広がり、弱者に厳しい世の中。常識はずれな額の退職金が天下り役員にまわるのに、教育、福祉、医療といった本当に必要なところにどうしてまわっていかないのか。
 もう、自分達の私利私欲をむさぼるような輩たちにはうんざりです。
 もちろん、したたかな官僚社会、そう簡単につぶせるようなものではない、分厚い鉄の壁のようなものだとは分かっています。それでも、そこに立ち向かっていこうとしなければ、何も変わりません。
 村上春樹氏の言葉を借りて言うならば、鉄の壁にぶつかって壊れる卵、その卵の一つでありたいと思います。あっけなく潰されても、それでも常にそちら側につきたいと思います。

 この思いは、私の経験してきたことからくる反省なのです。
 ほんの数年前まで、あっち側の人間だったからこそ、自省の念に駆られるのです。
 もちろん、そんな頭がいいわけではないので官僚ではなかったですよ。もっとその下の下の下の…鉄の壁側にへばりついていたサビのようなものでした。そんなんでも、借金をせずにお店が開けるくらいのお給料をもらっていたというわけです。
 ちなみに私のいた組織の名前と「天下り」という文字をネットで検索してみたら、「天下り33人 補助金667億2300万円」という数字が出てきました。この額!民主党が言うように、財源はあるのではないか、と思わせます^_^;
 その他、廃止になった無駄遣い法人が私のいた独立行政法人に統合されていて、廃止とは名ばかりの骨抜き改革、実は天下りの温存だとの記事もわんさか…。
 もう、そういう“まやかし”はホントにやめて欲しい!官僚くん達もせっかくのいい頭を自分達だけに有利なからくり工作に使わないで欲しいってもんだわ(`´)

 でもホント、以前の自分を思うと恥ずかしい。何も分かっちゃいなかった。
 もちろん、今もまだまだ甘ちゃんですけど、それでも前と比べれば、まだましだと思います。少なくとも、今は自分の足で立っている感覚があります。

 何も分かっていなかった頃の自分…コネでも何でも使って安定した職業に就くことを目指していた大学時代、何でもかんでも費用対効果、効率化を基準にしか物事を考えられず、国からの予算をいかに使い切るかに頭を使い、自分達の権利主張ばかりを唱えていた天下りの温床組織の職員時代…。
 あぁ、でも私よりもはるかにウワテの“何も分かっちゃいない人々”を目の当たりにして、その世界がおかしいと自分で気づけたことに、「おぉ、危なかった〜。」と胸をなでおろしています。
 その“間違いだらけの世界”に気づいて脱出してからの私の人生は、確実に豊かなものになりました。
 それは、本当に大切なものは何かということに気づけたような、“自分らしい生き方”ができていることの実感と喜びといったような…大げさに言えば…“精神の目覚め”とも言えます(^.^)

 姉は「こっちの世界に帰ってきてくれてよかったよ。」とよく言っています。
 夫も、「官僚側の世界に染まっていくのが心配だった。そこから抜け出すだけでもよかったと思い、転職に賛成した。」と言っていたことがあります。
 でも、両方の世界が見られてよかったです。あっち側の人の気持ち、思考パターンも分かってこその今だからです。何事も経験ですね♪
 それにもちろん、過去の仕事を全否定するわけではありません。
 当時は当時でそれなりにやりがいをもって取り組んでおりました。
 でも今思えば、組織や肩書きの中での仕事にすぎず、組織を出た、肩書きをとった自分の仕事という部分があまりにも少なすぎたように思います。“組織の仕事>自分の仕事”といった式です。
 講師として壇上で話したり、シンポジストになってしゃべったりもしていましたが、それも組織の中の肩書きのある私にきていただけの仕事でした。
 今の方が、“自分の仕事”をしているという感じがします。
 先日のマンション冊子のほうが、自分の仕事で出た自分でした。
 組織にいながら、しっかりと“自分の仕事>組織の仕事”の式を築いていた人はすごいなぁと思います。

 官僚の話しに戻りますが、前に、現代の本田宗一郎を地でいくような岡野工業の岡野社長がこんな話をしていました。
 「霞ヶ関で講演なんて頼まれるから行ったけど、東大出の官僚たちはオンチだから何も伝わらないんだよ。」
 そう、“センス(感覚)”の問題は大きいと思う。
 こういうことって、センスがあるかないかだから、センスがない人に何を言っても伝わらないことってありますよね。。。

 もし、政権交代したら、すぐに上手くいくはずはないのだから、ある程度長い目で見ていく必要があるだろうと思います。
 深い傷はそう簡単に治るものじゃない。まずは膿を出す、というか、出てくるものだと思います。
  
コメント(0)mederu日記
小川えい子 ガラスペイント作品のご紹介♪
 今日の明け方、スタッフKちゃんの実家で飼っていた愛犬ビリーが天国に召されたそうです。火葬の日程に合わせた勤務調整のお願いメールが届いて知りました。
 Kちゃんと私が出会った高校時代にKちゃんの家の家族になったビリー。長生きで天寿をまっとうしたと言っても、死は辛く悲しいものですね。。。
 ペットは家族、勤務調整は当然OKです。ウチも実家でキャバリアのスモモとユズを飼っています。生きて一緒にいられる今この時間を大切にしようと思いました。
 天国のビリーへ…昨日、板橋にかかった虹の画像を送ります。天国でもKちゃんたち一家を見守っていてね。





 さて本日は、当店の定番人気商品であります“小川えい子作 ガラスペイント作品”が届きましたのでご紹介します♪
 キラキラで透明感があり、元気をもらえる絵柄の小川さんの作品は、小川さんのお人柄そのもの!
 バイタリティ溢れる小川さんは、今年の夏も暑さに負けず汐留のアートイベントなどなど各種展示会に参加されるそうです。
 なんでも小川さんは、これまでにオーストラリアやカナダにそれぞれ一年ずつ、ワーキングホリデーで海外生活を送り、その後も各国を旅すること30カ国以上にもなるそうです!
 すごいですねー。最近はめっきり国内から出なくなった私。海外旅行って、パワーがいりますよね。
 それでは、そんな元気をもらえる小川さんの作品をどうぞご堪能くださいませ。。。
 
フォトフレーム(大) 各税込3,150円
サイズ:17.5cm×13.5cm
 写真を切らないで入れられる、これまでよりも少し大きめサイズのフレームです。
 生き生きと伸びやかな植物柄。生命力に溢れた絵柄です。









各種ラウンドフラワーベース 各税込3,675円
サイズ:縦8cm×横9.5cm×厚み3.5cm
 こちらはまたガラッと雰囲気が変わり、思わず微笑んでしまうようなポップな絵柄のフラワーベースたち。
 青い目のネコちゃんたち、クローバー畑のネコちゃんは茶目っ気のあるお顔、お花畑のネコちゃんはロマンチックにちょっぴりうっとりした表情に見えます。
 一点一点手書きなので、表情もその時々、きっと小川さんの気持ちが入っているのですね♪

 
 後ろにも楽しい絵が!



 こちらもsold outが続いておりました。定番人気のムーンキャット柄が入荷です!
 オフィスでペン立てとしてお使いのお客様もいらっしゃいます。
 プレゼントにも喜ばれる作品です。





たまご型キャンドルホルダー 各税込3,570円
サイズ:直径6cm×高さ9.7cm
※グリーン系はsold outとなっております。
 アロマキャンドルを入れればアロマポットとして、キャンドルライトを入れれば灯りのインテリアとしてもお楽しみいただけるキャンドルホルダー。
 様々な色柄を並べてコレクションしたくなるようなキャンドルホルダーです。




 無香料のカップキャンドルは無料で一つ付きます♪
 キャンドルの灯りで癒しのひとときを…。


 キャンドルライト(+315円)なら、フタをした形で、もれる灯りをお楽しみいただけます。



ハンドペイントトレイ 各税込1,575円
サイズ:約13.5cm(最大部分)
※ハート型トレイの犬柄はsold outとなっております。
 ギフトとして人気の高いハンドペイントトレイ。
 アクセサリートレイやカードトレイとして、またインテリアとして飾っておいてもかわいいですよ(#^.^#)
(注)焼付け加工をしておりますが、ハンドペイントのため、デリケートです。食器洗浄機などのご使用はお控えください。





  
コメント(0)mederu日記
正義は正義として。。。
 今日はお店に来る前にハリボーの担任の先生との個人面談でした。
 春の家庭訪問で都合がつかなかった人は夏休みに個人面談という形になったので、担任の先生と一対一でお話しするのは今回が初めてでした。

 今度の担任の先生も、ハリボーの特徴をつかんでくれているようで、安心しました。
 今回もやはりいつもと同じく、“自分から自己主張していくタイプではないが、やるべきことはやっており人前での発表もできているので特に問題はない。マイペースで自分の世界を持っている。意外にユーモアがある。”といったことを言われました。

 どこか心配なところはないかと聞かれたので、「一見落ち着いていてしっかりしているように見えるかもしれませんが、全然話を聞いていないことがあるんです。」と言うと…
先生:「ああ、どっか別の世界に行っちゃっている時ありますね。」
私:「そうなんです!やっぱりお分かりでしたか。」
先生:「やっているなーと思っていたら“え!まだそれしかやってなかったの!?”っていう時があります(^.^)」
私:「はい。そこのところ、よろしくお願いします<(_ _)>」
 よかった、分かってくれていて。
 ホント、集中して勉強しているなぁと思ったら、くだらない落書きを描いていたり…ハリボーにはよくあることです^_^;

 その他友達関係では、ふざけ程度のことだけれど、やるかやられるかで言えば、やられているほうだそうで、特に女の子にちょっかいを出されたりしていることがあるそう。
先生は、「この年代の子は気になる子にわざとちょっかいを出したりするので、女の子に人気があるのかもしれませんよ。」とおっしゃったので、
私:「いやぁ、そういうのはないみたいですよ。どうももてるタイプではなさそうです。前に授業参観の時に女の子達が他の男の子の周りで好きだとか騒いでいましたけど、ウチの子の前は素通りでしたし、バレンタインデーも何もなかったです。。。」
先生:「(笑)そうですかー。」
私:「あ、でも身体が小さいからか、可愛がられキャラのようで…よく女の子がかわいいかわいいと言っているという話をその子のお母さんから聞いたりすることはあります。」
先生:「やっぱり。今はそうでも学年が上がれば…。」
私:「“かわいい”から“かっこいい”になってくれるといいんですけどね。」
なんて話もしました。

 意外にユーモアが、というところでは、
先生:「結構ボソボソっと言うことが面白かったりするんですよ。」
私:「はい。ユーモアはあると思うんですけど、なにぶん地味なんです。」
先生:「その辺も、慣れてくると徐々に変わってくるかもしれませんね。」
とのことでした。

 そうそう、そして今日の面談で一番の収穫は、“やはり正義を教えていこう!“と心に決めたことです。
 クラスのことでは何か言っていないか、ということだったので、直接ハリボーのことではないのだけれど少し前にハリボーが「A君が女の子に蹴られて泣いてた。」と言ってきたことがあったので、そのことを話しました。
私:「そう言ってきたので、『かわいそうだったね。その時、その女の子に“かわいそうだからやめなよ”、って言わなかったの?そう言えるといいんだけどね。』と話したことがあります。でも、ウチの子はそういう時やっぱりなかなか言えないみたいなんですよね…。」と話しました。
 先生は、私からハリボーに、そう話してくれただけでもよかったと言ってくれていました。
 
 でも私も正直言えば、あまり正義感を振りかざして率先して言っていくことで、逆に今度は言った子がいじめられたりしないのか、今の子供たちの事情がよく分からないところもあり、強くは言えないところもあったと話しました。
 すると先生は、やはり学年が小さい今のうちから、良くないことは良くないと言える雰囲気をクラスで作っていかなければ、と思っているとのことでした。
 やってもいいんだ、という風潮にしてしまったら、自浄作用が効かなくなり、そのまま学年が上がっていくと、大人が見ていないところで陰でやるようになる、それが一番怖いと思っている、ということでした。
 一対一ならそれはケンカだけれど、一対複数ならそれはイジメだということは、日頃から先生も子どもに言っているそうで、それは分かっているのだろうけれど、やっているのを見ているだけの傍観者も実はイジメに加担しているとも言える、ということも伝えていく段階にきているように思いました。
 その場で言えなければ、先生に言うという方法もある。昔の「チクッたな。」というのがそうだけれど、イジメが陰湿になり、内容もエスカレートしてきている今の時代は、チクらなきゃいけない時もあるのだろう。

 先生には、「正義は正義として教えていきたいと思います。」とお伝えしました。

 まずは傍観者もイジメているのと同じだということから話そうと思います。
 でも、こういうことを教える時って、うるさいなぁと、今度は私にも話さなくなるようなことがないように、うるさくなく…さりげなく…でもしっかりと伝え、教えなければ。
 ハリボーの場合、面と向かってクドクドと話すよりも、他の家族との会話の中で話していくほうが聞きそう。思考錯誤で、やってみます。。。
  
コメント(0)mederu日記
4mame(ヨンマメ) 新作&再入荷布小物のご紹介♪
 下世話な芸能ネタから入って申し訳ありませんが、浅野忠信とcharaが離婚したそうですね。
 前に何かの番組でcharaが「うちは子ども達にも、”ママが何より大切なのはパパだからね”と言っています。(離婚なんて)うちは絶対にありませんね。」と言っていたのを覚えています。
 その他、私の記憶にある“絶対に別れないと言っていて別れた芸能人”は、「別れる時は死ぬ時です。」という名言を残して別れ、そして今も互いに生きている小柳ルミ子と大澄堅也、リカコと渡部篤郎、郷ひろみも言ってたような…。
 そんな話題を昨夜して、私が「人間に“絶対”はありえないね。絶対って言葉を使っちゃいけないね。」なんて話していたら、ちゃんとハリボーも聞いていて、「じゃあ、ご飯粒は絶対残しちゃだめだよとか、そういうのも言えないね。」と言うので、「そういう時の絶対じゃなくて、もっと先の…行き方とか…色々とあるんだよ。」と言いました。
 子どもの前でそんな話題を出しているのもなんですが^_^;
 でも、そう言われて育ってきた子ども達にとっての両親の離婚はやっぱりショックだろうな。。。それでも、一度は信じ合っていた二人、そのことは真実で、ただそれが永遠に続くとは限らないということを、周りの子よりもちょっと早めに知っただけ。そのことを周りの大人たちが上手く伝えて、「大丈夫だよ。」と言ってあげれば、子どもは案外大丈夫なのだと思います。

 さてさて、そんな話題から入ってしまいましたが、本日は円満なご家庭を築いていらっしゃる4mame(ヨンマメ)さんから、新作&再入荷布小物が届きましたのでご紹介します♪ 
 人気のブロックチェックシリーズから、ガーリーナチュラルなバネポーチ、暑い季節に重宝なWガーゼのハンカチ、ワンショルダーバッグなどなど…4mameテイスト満載です!
 それでは、4mame夏の布小物たちをどうぞ〜(^.^)

<ブロックチェックシリーズ>
 前回、あっという間にsold outになってしまった人気のブロックチェックシリーズです♥

@持ち手付きバネポーチ 各税込1,575円
 かわいい色合いのブロックチェック生地とワッフル生地、お花柄のレースでちょっぴり女の子らしさをプラスした持ち手付きのバネポーチ。
 持ち手は取り外し可能なので、バッグに引っかけて使ってもOK!


裏側↓



Aレースポシェット 税込1,785円
 ブロックチェックにレースを施したお子さまから大人の方まで使える人気のポシェット♪
 前回とはレースのつけ方がちょこっと違います。
 何色か揃えてお洋服の色に合わせてお使いいただいてもよいですね(^.^)



Bバネポーチ 各税込1,260円
※グリーンはsold outとなっております。
さわやかで飽きのこない色合いです。



コットンリネン&レースのバネポーチ 各税込1,260円
 洗いざらしの風合いを残したコットンリネン地にそれぞれ雰囲気のあるレースを施したバネポーチ。
 ナチュラル派なあなたにピッタリ♪



Wガーゼのハンカチ 1枚税込262円
 肌触りの良さと吸水性抜群なWガーゼのハンカチです。
 それぞれ、引っかけられるループも付いて更に便利!
 暑い季節、汗をよく吸い取り、すぐに乾くので一枚は持っていたいですね(^.^)



ヒッコリーとWガーゼのワンショルダーバッグ 税込3,675円
 ヒッコリーとWガーゼを組み合わせ、横のラインがポイントのワンショルダーバッグ。
 本革を使った留め具が甘くなりすぎず、素敵なアクセントになっています。



レースポケットのチェック柄レッスンバッグ 税込2,625円
 髪の長い女の子にぜひ持って欲しい、そんな感じのガーリーなレッスンバッグ。
 シンプルで飽きのこない、オールシーズン使えるデザインです。



  
コメント(0)mederu日記
ポケモン映画と渋いドリル
 昨日は予定通り、学童の親子映画鑑賞会で『ポケットモンスター ダイヤモンド&パール プラチナ アルセウス 超克の時空へ』という、一度では覚えられない、貴金属をちりばめたようなタイトルの映画を観てきました。
 思っていたほど退屈せずに鑑賞できました。
 映像が凝っていて、内容も“愛と勇気と平和”といったような、安心して子どもに見せられるものなので、親子鑑賞会にポケモンを選んでおけば間違いなしという感じです。
 それでも途中、時間にすれば5〜10分位だと思うのですが、意識がなくなった時間があり、後からハリボーに「大口開けて寝てたよ。」と言われました。
 確かに口、開いてたと思う…。遠い意識の中で“口開いてる、閉じなきゃ、閉じなきゃ。”と思っていた記憶が残っているので。ああいう時って、意識はあるのに、身体が寝ていていうこときかないんですよね。。。
 私が「誰か他の人、気づいてた?」と聞くと、
ハリボー:「Y君。」
私:「Y君、何か言ってた?」
ハリボー:「苦笑い。」
^_^; 他のお母さん達にも見られていたかも(*_*)

 伝説のポケモン“アルセウス”の声優は美和明宏でした。
 美和明宏、最近は“伝説の生き物”や“何百年も生きている魔女”など、人間を越えた役柄に抜擢されています。選びたくなる監督の気持ち、分かります。
 年齢300歳と言われても違和感がないのは、美和明宏さんと瀬戸内寂聴さんくらいなものだと思います。

 話は変わって…たびたび載せているハリボーがやっているドリル。
 それにしても出題内容が、渋すぎる!



どんな生い立ちなのか、気になります…。



特にB。お兄さん、生きていて欲しいです。



挿絵がまた渋い。

  
コメント(0)mederu日記
unip(ウニップ) 新作アクセサリーのご紹介♪
※今日7/24(金)は、午後3時までの営業です。

 今日はこれから、ハリボーの学童父母会主催の親子映画鑑賞会に行くため、午後3時までの営業とさせていただきます<(_ _)>
 観る映画はポケモンなので、正直いって私はあまり興味がないのですが、子どものためのお付き合いです。ハリボーはずっと楽しみにしていたので、私が一緒に行ってあげることで喜んでもらえたらいいかな、と。
 子どもがいると、自分だけだったら絶対に見ないもの、行かない所、お付き合いしなさそうな人々との接触が出てきます。
 それは、世界が広がり、視野が広くなるという良い作用を引き起こすこともあれば、ただただ忍耐でストレスの基となることもあります。人間だもの、感じかたはその時々です。
 でも、結局のところ、良いように考え、楽しんだもん勝ちだと思います。
 何だかとても大げさな話になりましたが、今日は大してストレスではありません。楽しんできます!

 さて本日は、物語のつまったロマンティックな作品を展開しているunip(ウニップ)から新作が入荷しましたのでご紹介します♪
 オープン当初から定番アイテムとしてお取り扱いしている本のアクセサリーのブックチャームと、お客様の声から生まれたネックレスは息の長い当店の人気商品です。
 先日お母様と一緒に納品にいらしてくださり、皆で「3年経ったんですね。早いものですね〜(#^.^#)」としみじみしちゃいました。
 unipさん、バームクーヘンごちそう様でした!今後ともどうぞよろしくお願いします♪

ブックチャーム 各税込1,575円
 定番人気のトンボやハサミの他に、お花やポット、傘、キー、リング、舵、エンジェルなど…アンティークな雰囲気のパーツがかわいく付いています♥
 お気に入りは見つかりましたか?










※キーパーツのものはsold outとなっております。



ネックレス 税込1,785円
 奥多摩でもトンボがスイスイ飛んでいました(^.^)
 あぁ、夏だなぁという風景ですね。





  
コメント(0)mederu日記
引き続きキャンプ。。。
 昨日の皆既日食、実際に見た人は感激だったようですね。
 昨日の一日で人生観が変わった人や将来の夢が膨らんだ子どもなんかもいるのでしょうね。
 我が家のメンバーは…特に変化なしですが。

 今日は昨日に引き続き、キャンプの話です。
 ハリボーが生まれてから初めての家族キャンプ、なかなかよかったです。
また秋に行こうか、と話しています。
 ただ、秋へ向けての反省点が一つ。今回は食材を買いすぎました。

 キャンプ場から食材が買えるような店までは車で片道30分、往復1時間もかかるということだったので、とにかく2泊3日分の食材を買いだめしないと!足りなくてひもじい思いをするのはイヤだし、キャンプはお腹が空きそう!と思い、ついつい買いすぎてしまい、あと3日はいけたというくらいの食材が余って持ち帰ることになりました。

 いつもは「一本だけ!」「一個だけ!」と言っているジュースやお菓子を「もっと買ってもいいよ。」と言うと、ハリボーは「こんなに買って、お金足りるの?」とお金の心配をしていました。
 いつも、お金がなくて買えないと思っていたのか^_^;ジュース3本買うくらいのお金はあります。

 まぁ、そんな反省もありましたが、次回に生かすとして…昨年、シーズンオフで安い時に買っておいた4人用のテントもなかなか快適でした。
2泊3日の間の我が家。↓



 寝る時はテントの中で寝袋で寝ました。
 ちなみにこの画像はかなり片付いている時のもの。
 2日目の晩のナイトプログラムでは我が家の横を通ったのですが、あまりの散らかりように…自分達のテントだとはとても言えませんでした。
 タオルや服が無造作に干してあり、食事の途中だったので食器や道具や食材がテーブルの上に散乱し、防犯用に付けっぱなしにしていたラジオからは怪しい音楽。まるでそこにもう何ヶ月も住んでいるような空間でした。
 そんな近くを通ると分かっていたら、もっと片付けておいたのに。。。

 一日目の晩はカレーライス!とちょこっとバーベキューも。





このカレーが自分で言うのもなんですがとても美味しくでき、ハリボーもモリモリおかわりしてくれました(#^.^#)
 外で食べたからより一層美味しく感じたのかもしれませんね♪

 夜9時まではシャワーも使えたのでハリボーと一緒に入りました。シャワー室は男女分かれていて、一人ではちょっと怖いので、ハリボーも女性のほうに入りました。
 自意識過剰なハリボーは、1〜2人しかいないのにやたらと恥ずかしがっていて、しかも自分のを見られるというのを嫌がっていました。
 そんな、ハリボーのポークビッツのようなものなんて誰も見ないのに…。
 私が「誰も見ないよ。」と言っていた声が聞こえていたのか、中から女性が微笑みながら「恥ずかしくなっちゃった?大丈夫よ。」と言いながら出てきました。
 ハリボーは、そういう風に言われること自体が恥ずかしく、しかも裸の女性に言われたので、かなりなダメージを受け、うつむいて意気消沈していました。

 キャンプの間中、ハリボーは火の番にはまっていました。
 焚き火って、確かに面白い。火は生き物。小さくなったり大きくなったり、消えたと思ったら復活したり…。
 朝も目覚まし無しに5時半にはパッと飛び起きて火の元へ駆け寄っていました。
 普段もそのくらいキビキビと動いてくれる朝だったらいいのに…。
 昨年参加した子どもキャンプの時に習った知識も披露しており、「まずはパチパチ君を集めてこなきゃ!」「パチパチ君を入れて火を大きくするんだよ!」など。
 “パチパチ君”の正体はこれ↓

 パチパチとよく燃える枯れ葉のこと。パチパチ君は階段に多く集まっているそうです。

 トマト缶の上のミニランタン。その後ろの炎。今回の一番のお気に入りの画像です。↓



 昼間は、沢登りをしたり、トカゲを捕まえたり、クラフトセンターで木工や陶芸をやったり。
 森へ入っていく夫とハリボー。

沢を登りながら、ヤマメが釣れないか少し期待する夫。

この奥に滝つぼがあったそう。


 沢登りの後、いきなり不機嫌になったハリボー。なかなか理由を言わないので怒ったら、やっと理由を言いました。
 滝つぼで泳ぎたかったのだそう。夫いわく、その滝つぼは深く、入ったら死ぬような所だったそう。子どもって、ホント何を考えるか分からないから怖い…。
 しかもこの沢は水温が低く、身体ごと入って水遊びをするような所ではないのです。ハリボーはどうしても入ると言って入り、身体が冷えすぎてこの後頭痛になりました(-_-;)

 尻尾がコバルトブルーのとてもきれいなトカゲがいました。
 おめめはパチクリかわいい♥




 尻尾を切るところを見たいというので、私が尻尾の先を踏んだら、切れました!しかも2分割!尻尾が2分割になるなんて知らなかったので、二本の尻尾がウネウネしているのを見て私は「ヒエェ〜〜(*_*)」
 切れた尻尾の片方。↓




 すぐに尻尾はアリが見つけて運んでいきました。エッチラオッチラと一匹で運ぶアリを見て、ハリボーは「早く楽にさせてあげたい。」と言い、横取りしようとしてくる他のアリを追い払ったり、上り坂では尻尾を下から支えてあげたりと、しきりに援助してあげていました。

 二日目の昼はクラフトセンターでレターラックを作りました。
 これで夏休みの自由工作は完了!
描いて…

切って…

打って…

完成!



 三日目の昼、今度は陶芸をやりたいと言うので陶芸を。
 夫もろくろを使った湯のみ作りに初挑戦!
 陶芸の先生は、一目見ただけで変わった人だと分かるようなお人でした。夫もあとから「あの先生、変わってたな。」と言っていたので、「うん、そうそう!いかにも陶芸家らしくてね。もう一人の先生は普通っぽかったよね。変わった人に当たったね。」と言いました。
伸ばして…

描いて(回して)…

寝かして…あとは焼くだけ。

 ハリボーはどうも象が好きらしい。作品は一ヵ月後に送ってくれるそうです。

 食…2日目の昼は焼きそば。3人家族だけれど、3人前では足りないので、穀類をおかずに穀類を食べるのが私たちの常識!


 2日目の夜はバーベキュー。

 スペアリブに焼きとうもろこし、じゃがいもはホイルで包んでバターを溶かして…どれも最高に美味しかったです!

 翌日からは、昨年ハリボーが参加した子どもキャンプが始まるということで、小さなテントがポコポコと立てられていました。



 最後におまけ。。。
 東京都のいちょうのマークがなんか情けなくて変だったのでパシャリ!



 なんだかまとまりない文章ですが、そんなこんなで盛りだくさんな2泊3日のキャンプでした〜♪

  
コメント(0)mederu日記
自然の神秘
 今日は46年ぶりの皆既日食!皆さん、世紀の天文ショーはご覧になりましたか?
 私は、ハリボーの小学校の「皆で日食を見ようの会」に行ってみたのですが、残念ながら正門には「今日の日食を見る会は中止です。家でテレビでも見ましょう。」と書いた紙が貼ってあり、そのままお店に来たので、全然見られませんでした(*_*)
 東京は暗くもならなかった(ような気がする)し、町行く人も特に上を見上げている様子はなかったので、日食は見られなかったのでしょうか。
 今晩、ニュースで見た気になります。

 ところで、3日間お休みをいただきまして、行ってきました、奥多摩キャンプ!

 ありきたりな言葉ですが…
 自然の中では人間は実にちっぽけな存在で、偉くも何ともなく、他の動物たちと同じ地球上の生きとし生けるもの以外の何者でもないのだということをあらためて感じた3日間でした。
 文字にするとナンだか余計にくさくなる〜。もっと淡々とした感情なのですが…言葉にするとこうしか表現できません。。。

 夜間プログラムに参加し、ガイドの人に案内されて、何千、何万もの生き物たちが住む夜の森にもおじゃましてきました。
 真っ暗な森の中で1分間、懐中電灯を消して何も話さず、じっと耳を澄ませた時間は、とても神秘的で、私は大地に抱かれている一匹の生き物になりました。

 キャンプの詳細はまた明日ということで、今日は奥多摩の自然の画像でもって失礼します<(_ _)>

<奥多摩の夕焼け>



<奥多摩の夕暮れ>
 夕焼けから5分後の空。
 夜の森で一番明るかったのは、月も星も出ていない空でした。
 夜空は明るいものなのですね。
 夜の森へおじゃまする時には、夜行性の動物たちの目を傷めないように、懐中電灯には赤いフィルムを巻くということを覚えました。



<満点の星空>
一日目の夜は満点の星空でした。
人工衛星も見えました。



<奥多摩湖>



<冷たい川の上流>
奥多摩の水で炊いたご飯やコーヒーは美味しかったです。



  
コメント(0)mederu日記
記事掲載!と落ち着きのある子。
※明日7/19(日)〜7/21(火)の3日間はお休みです。

 6/23の日記に書いたマンション冊子ができてきました!
 板橋こだわりSHOPガイドに、めでたくmederuが載っております♪↓


 グラビアアイドルなみの掛け声をかけられながら撮られた写真…恥ずかしながら載ってます。。。
 商品写真は、布小物や食器類、くるみボタンなどが載りました♥


 記事はこんな感じ↓

 ちょろちょろっと話したこととブログから、要点が簡潔にまとめられていて、“さすがプロ!”と思いました。
 ライターさんの中では“組織を飛び出した同類の人”という印象が強かったのか、その辺にややスポットがあたっていますね(^.^)
 
 結構広い範囲の世帯に7万部ほどポスティングされるそうで、昨日あたりから「オーナーさん、載ってましたね!」なんてお客様からお声をかけられたりして…嬉しいやら恥ずかしいやら。。です(#^.^#)
 地域の皆様に愛される雑貨屋として、これからもがんばっていきます!!

 ところで明日から3日間、お休みをいただきまして、家族3人で奥多摩へキャンプに行ってきます!
 国営のキャンプ場ですが、テントも寝袋もガス機も食器もテーブルセットもその他もろもろも…全て持参で行きます!もちろん、2泊3日完全自炊です。
 ここ数週間、夫はキャンプの準備をコツコツと進めていました。私は衣服と食材担当なので、今日明日が勝負です。
 ハリボーが生まれてから家族で本格的なキャンプをするのは初めてなので、結構事前準備が大変でした。一度行ってしまえば、次回からはだいぶ楽そうですけどね。

 夫はもともと、学生時代からバイクにテントと寝袋積んで、単身で北海道や九州をまわるなどアウトドアな人で、私も父がそういうのが好きな人だったので、家族で旅行に行くと必ず1〜2拍はテントやコテージでの寝泊りでした。
 なので、全くのアウトドア初体験ではないものの、ハリボーが生まれてからは足が遠のいていてずっと行っていなかったので、久しぶりでちょっとドキドキです。
 雷雨とか、てっぽう水とか、怖いな〜とか。
 無事に帰ってきたら、またご報告したいと思います。

 あ、そうそう、ハリボーの擬似父母の方々にご報告があります。
 昨日、2年生になって先生も変わってから初めての通信簿をもらってきました。
 生活面の所見の欄には、“落ち着いている”と書かれていました。
 前の先生の時も、学童の個人面談でも、今回も、ずっと“落ち着いている”という評価のハリボー。
 よく、テレビに出ている人で「小さい頃、通信簿にはいつも“落ち着きが無い”と書かれていました。」なんて笑って話したりしているけれど、いつも落ち着きがあると言われる子というのもどうなんだろう…。子どもなのに落ち着きがあるって…^_^;
 まぁ、落ち着きがない子もいれば、落ち着きがある子もいていいのかしら。
 でも、普通落ち着いていたら、人の話もじっくりと聞いていそうなのですが、ハリボーの場合、話を全然聞いていないことがあるのです!ビックリするくらい、何も聞いていないことが!!
 たぶん、目に見える部分では落ち着いているように見えているだけで、頭の中はかなり自由に遊びまわっているものと思われます。
 だから音楽の授業でこんなこと書いてみたり…↓(舞踏とぶどうをかけている)


 ドリルの設問にいちいち突っ込みを書き込んだりしているのでしょう。↓(「こんなこと考えるな」だって。)


 しかしこのドリルって…

 “八”という字を教えたいわけではなく、”八“を使った言葉を教えたいのだろうけれど、「八つ手」「八つ当たり」「一か八か」、なんてマニアックなんでしょ。
 しかも例文も突っ込みどころ満載で。ハリボーが突っ込みたくなるのも分かる気がします。

 そんな似非(えせ)落ち着きのある息子とのキャンプ、楽しんできたいと思います。
 それでは皆様も良い週末を〜♪

  
コメント(0)mederu日記
timpani(ティンパニ) 新作小物のご紹介♪
 学校の写生会でのハリボーの消防車の絵、区役所のホールに展示される予定が、衆議院選挙の期日前投票のために小さなホールで2日だけの展示に変更になりました。
 まぁ、別にいいんだけど…夫に「最後に麻生さんにやられたね。」と言いました^_^;

 さて本日は、春の企画展以来お久しぶりです!timpani(ティンパニ)より、新作小物が入荷しましたのでご紹介します♪
 企画展では足の小指を骨折しながらも作品作りに励んでくださったtimpaniさん。その節はお疲れ様でした!<(_ _)>
 また続々とかわいい定番&新作をお待ちしておりますね♥
 それでは、癒しのデザイン&刺繍のtimpaniの世界をどうぞ…。

小さながまぐち 各税込1,575円
 今の季節だと、朝顔?かざぐるま?見るときの気分や気候によって色々に見えますね(^.^)
 キラキラビーズと一緒に軽やかなデザインです♪


timpaniさんの刺繍はアップに耐えられる緻密さ。まさに職人技です!






中は茶×白のピンドット柄でかわいく(#^.^#)



各種ぱっちんピン 各税込560円
色とりどりのひとつ花ぱっちんピン。
大人の方でもお着けいただけるぱっちんピンです!



各種ヘアピン 各税込480円
ぱっちんピンよりもひとまわり小ぶりなくるみボタンを使ったヘアピン。
ナチュラルなオシャレをお楽しみください♥



アンブレラブックカバー 各税込2,310円
完売しておりましたブックカバーの入荷です!
今年もアンブレラの花が咲きました♪
電車の中での読書の時間をいつもより楽しくしてみませんか?












ブックマークはシェルビーズ♪


内側のデザインもまたかわゆい♥
ギフトにも最適です!





  
コメント(0)mederu日記
雑食系女子が思うに。。。
 昨日は冬物の展示会巡り。ニットやウールの帽子や手袋、マフラーなどなど、かわいくてあったかい防寒グッズをたくさん発注してきました!って、こんなに毎日暑いのに、ピンっときませんよね^_^;
 冬のmederuもどうぞお楽しみに〜♪

 話は変わって、最近、業者の若い担当者が会社を辞めることが多いです。ここ最近続けて4人。淋しい〜(T_T)
 そういえば、皆20代女性だわ。男子が草食化、女子が肉食化していると言われていることと何か関係があるのかしら?
 ちなみに、私とスタッフKちゃんは「私達は雑食系女子だよね!」と言い合っています。

 辞めていく子たちの理由…一人は、結婚。とりあえず結婚を機に辞めて、新たな仕事を探すそう。専業主婦になるわけではないそうです。
 もう一人は教師になるための勉強に専念するため。もう一人はフランスへ語学留学するため。もう一人は遠方でメールでの報告だったので退職理由は聞いていません。
 皆それぞれ、やりたいことや夢を追っての決断っぽくて…若いっていいわ〜なんて思うのでした。

 そういえば、今朝の芸能ニュースで石田純一と東尾理子の熱愛についてやっていました。
 石田純一…また違った意味で“夢追い人”といった感じ。理想の女性を追い求めさまよう旅人。
 顔は草食系だけど、やることは肉食系だなぁ。永遠の狩人っぽい。素足の狩人。
 石田純一のタイプって、なんか分かる。松原千明→長谷川理恵→東尾理子。キリリとした知的美人ばかり。
 一度失敗すると全く違うタイプにいく人も多いと思うけれど、変わらないんだなぁ。

 恋愛は本人たちの自由だけれど、結婚となるとそうはいかない。いくら現代といえども。
 だから、恋愛向きな人と結婚向きな人というカテゴリーはあると思う。
 例えばキム兄(木村祐一)なんかは見るからに結婚に向かないタイプ(テレビで見る限り。でも実際3度離婚している)。それでいえば、ダウンタウンの松ちゃんもその類だと思うけれど…行く末を見守りたい。

 東尾理子の父上は、自分とそう年が変わらないバツ2の石田が息子になりそうだという事態をどう思っているのだろう?
 でも親というものは結局、自分の子の男(or女)を見る目を信じるしかなさそう。
 異性を見る目を育てるのもまた、親の役目なのかもしれない。時には反面教師になりながら。。。
 たまに、“もしハリボーに彼女ができて、その子が、ガングロ金髪で唇やおへそにピアスをしていて、いつも口をポカーンと開けていてるような子だったら…イヤだな。”と思う時があるけれど、もし本当にそうなったら、きっと何を言っても好きな時は好きなのだろうから、あきらめるしかないのだろう、と思う。
 まぁ、自分みたいに、見た目とギャップがある雑食系女子を連れてきても同じように思うのかもしれない…。
 でも、自分の子を好きになってくれた子、と思うだけで、その子のことも可愛くなりそう、とも思う。
 いつかその時がきて、まだブログを書いているようだったら、どう思ったか報告しますね。

 石田純一の話から、ハリボーに彼女ができたら、という妄想まで広がりましたが…男女の関係でいつも私が思うことは、“自分は特別”という思い込みはやめたほうがいいということです。
 妻だから捨てられない、愛されていて当然、子どもがいるから分が良いなどという、実はあまり根拠のない自信は持っていないほうがよいと思います。
 あと、プレイボーイとか酒癖が悪いとか、金遣いが荒いとか、同じ理由で何人もの人を泣かせてきた人を彼氏や彼女、妻や夫にする人は、“自分だけは特別”“自分ならあの人を変えられる!”なんて思わないで、自分もいつか同じことで泣かされるかもしれない、ということを十分に覚悟した上で選ぶことだと思います。
 もし彼女のいる人から彼氏を奪ったら、自分も奪われるかもしれない、その確立は普通よりも高いんだ、と自覚することです。だって、彼女がいるのに違う女性にいった男性を選んだのだから。
 
 そういう覚悟をもって選んだのなら、もしそのまま悪癖が落ち着いてくれたり、生涯愛し合えれば、もうそれだけで儲けものというか、ラッキーというか、よかったよかった、という話になるわけで、そうでなかった場合も、“あぁ、やっぱり。そう思ったんだけどねー。私ってバカ。でも自分で賭けに出たんだから仕方ないか…。”と納得いく終わり方ができると思うのです。
 また、この考え方は奪われたときにも有効で、“奪っていった女も、奪われていった男も、しょせんその程度の人。また同じことにならなきゃいいけどー。私はもっといい人見つけよっと!”と思え、“相手に裏切られた”とか“恨みます”という悲観・怨念モードにならずに、新たな幸せへとフットワーク軽く向かえます。

 四捨五入したら40歳の雑食系女子が考える、危険な人を好きになった時の考え方と上手なふられ方なのでした。
 ちなみに例えはフィクションであり、そんな”危険な人”を好きになったことはありません。
          
  
コメント(0)mederu日記
PULCINO(プルチーノ) 新作アクセサリーのご紹介♪
※明日7/15(水)はお休みです。

 昨夜はピアノの練習中にハリボーと言い合いに。
 初めての曲を練習する時にはいつもそう。まだ上手く弾けないものだからハリボーはかんしゃくを起こしてちゃんと弾かず、私がそれを注意し、ハリボーが口ごたえし、そして私が「お母さんはもう教えてあげないから勝手にしな!」と言い部屋を出て行き、ハリボーが泣いてめそめそグチグチモードに突入するといったパターンです。
 私もそのパターンにはできるだけなりたくないのでならないように努めているつもりですが、どうしてもなる時はなります。
 しばらくして、夫に励まされながらハリボーが「…ゴメンナサイ。」と言ってきました。
 私が「何が悪かったか分かってるの?」と聞くと、「お母さんのことをお前って言ったこと。」と言ってきて、私はそう言われて怒ったことはもう忘れていたのだけれどそれを聞いて思い出し、またムカムカしてきて困りました。謝ってきたのだから許すしかないし…。
 「親に向かってその口のききかたは何!」なんて言葉をいいながら、“ああ、なんか親みたいなこと言ってるなー。あ、でも私、親だった。いいのか!”と思うときがあります。
 ハリボーは最近、口が悪くなってきたので注意しなければ!!

 さて本日は、今の季節に人気!PULCINO(プルチーノ) 新作とんぼ玉アクセサリーのご紹介です♪
 光の加減で豊かな表情を見せてくれるガラス。もちろん、オールシーズンお楽しみいただけますが、やっぱり透明感があり涼しげなガラスは夏に大人気です!
 かんざし、チョーカー、ストラップと、アイテムもデザインも色々、盛りだくさんの入荷です。
 どうぞお気に入りを見つけてください…(^.^)

かんざし 各税込1,050円
※ピンクはsold outとなっております。
夏のまとめ髪、浴衣姿にもピッタリのかんざしです。
光が入るとキラキラ。





水中花ペンダント 各税込2,625円
 ♪私は愛の水中花〜♪という松坂慶子さんの歌を思い出しました。(※いったい私は何歳なのか!)
 ユラユラゆらめく水中花を胸元にいかがですか?







ドットチョーカー 各税込2,625円
鮮やかな配色のドットチョーカー。
夏のお出かけにピッタリですよ♪



くらげペンダント 税込2,100円
こちらはちょっぴりユニークなペンダント♥
ガラスの中にくらげのようなものがユラユラ…。
ガラスの自然なゆがみは表情豊かに。




しましまチョーカー 税込3,150円
こちらは繊細なしま模様にお花柄が上品なチョーカー。
川を漂うお花と木の葉…静の中に動きを感じるデザインです。



クローバーペンダント 各税込1,785円
クローバー好きさんには胸ときめくペンダント(#^.^#)
色とりどりの四葉のクローバーが幸せを運んできてくれそう♪





雫チョーカー 税込2,980円
華やかな色合いが目を惹くチョーカー♥
揺れるしずく形パーツがかわいいです。



 その他、定番人気のカエルちゃんストラップ(各税込1,155円)やクローバーストラップ(各税込1,155円)、花玉ヘアゴム(各税込1,260円)、花玉ストラップ(各税込1,470円)なども色とりどり入荷しております!
 今回のカエルちゃんにはお花が付いている子もいますよ〜♪













  
コメント(0)mederu日記
サッカーの試合から。
 地味にふざけるハリボー。
 昨日はドリルにこんなことをちょろっとしていました…。
こういう問題で↓

こう答えています。↓


 おかあさんは、の後に”こんかつをして”という文字を入れています(ーー;)
 ちなみに、私は結婚する時に“婚活(こんかつ)”はしていません!

 昨日はお休みをいただいて、ハリボーのサッカーの試合に行ってきました。
 夏の太陽の下、大人も子どもも汗をかきかきサッカーを楽しむ。“健全”という感じがしてよかったです。



 試合の結果は…0−1で負けました。
 でも、前回のように大敗ではなく結構いい勝負だったので、私たち親たちは「よくがんばったよね。」「今回は試合らしい試合になってたよね。」「上達したよね。次は勝てるかもね。」と、満足で前向きなことを言い合い、清清しい気分で終わりました(^.^)
 ハリボーの通うサッカーチームは、来るもの拒まず、去るもの追わず、いつもニコニコ仲良しチームという感じです。監督やコーチも罵声などを出さずに上品です。もちろん、いけないことをしていたらビシッと注意はしますけど。
 チームの方針で、試合も交代しながら全員が出られるようにしてくれています。
 中には、とてもシビアで練習も厳しく、保護者間の関係もギクシャクしていて、あまり上手くない子の親に他の親が「悪いけど、やめてくれない?」と言ってくるようなチームもあるとか(*_*)あくまで噂ですけどね…。
 そういうチームは確かに強いらしいけれど、そんなこと言われるのも、言うのもイヤだなぁ。少年サッカーなのに、何もそこまで…。
 やっぱり、ある程度親がチームの方針を見極めて入ることが大切なのかもしれません。

 では、ハリボーのチームには競争が全くないのか、と言ったらそういうこともありません。
 交代しながら全員を出すということは、交代させられる子と交代させられない子がいるわけで…昨日はハリボーは交代させられるうちの一人でした。
 スタメンではあったものの、途中で一年生と交代。また途中から戻れたけれど、ずっと交代しないで出っ放しの子もいる中で、ハリボーは交代メンバーに選ばれた(?)わけです。
 出っ放しの子達は、やはりチームになくてはならない主要メンバーの子たち。ボールを自分から取りに行く積極性がある子たちです。
 ハリボーは、やはり全般的に押しが弱く、たまたま来たボールを蹴るといった具合なので、私がコーチでも交代させるメンバーにハリボーを入れると思います。
 サッカーが強くなりたいのなら、クリアしなければいけないハリボーの課題がまずそこなのです。
 でも、そのことを伝えるのに、私と主人とでは言い方が違い、またそれ以外の家族たちも。それぞれがハリボーを思い、それぞれの関わり方をしていました。
 
 夜、撮ったビデオを母、姉、夫、私、ハリボーとで見ながらのこと。
 もちろん、ハリボーなりによくがんばっていたこと前提ではありますが…
 私は「途中で交代になったのを見たとき、やっぱりちょっと淋しかったよ。」と、やや遠まわしに言ってみたのですが、夫はもっとストレートでした。
 ビデオを見ながら逐一ダメ出しし、面白くなさそうなハリボー。そこに「コーチが何でハリボーを交代させたか、そこは考えなくちゃダメだ。A君やB君は交代しないのに、なぜハリボーは交代になったのか。」
 もう、そこまででかなりハリボーにはダメージがあった様子だったので、もういいじゃん…、と心の中で思っていたら、ついに「A君やB君がいないとチームが困るからだ。A君やB君はハリボーよりも試合に必要だからだ。」と言ってしまっていました。
ハリボーも、交代させられたことは何となく“喜ばしいことではない”と分かっていたと思います。
 でも、自分だけではないし、という気持ちもあり、モヤのようなものを自分の心にかけて、気にしないようにつとめていたように見えたのですが、夫はそのモヤを一気に吹き飛ばし、問題をずばりと目の前に見せたわけです。

 さすがにハリボーの目には薄っすらと涙が溜まり、頭からタオルをかけて泣いた顔を見せまいと隠していました。
 そんな様子を見て、夫はあまり気にもしていない様子でビールを飲んでおり、私と姉は互いに目配せをしながら“泣いてるよね?”と確認し合い、母はひたすら「ハリボーはすごいわよ。よくやったわよ。ピアノもやるし、サッカーもやって、絵も描くし、偉いわよ。」と、よく分からない例えも入れながらひたすらかばっていました。
 姉は私や夫がハリボーを叱ったりしている時は、大抵黙って聞いています。
 親が子どもにすることに基本的には口を出してはいけない、自分はそういう立場なんだ、と思っているそうです。
でも必ず後から違う形でハリボーの気持ちをフォローするので、ハリボーは姉が大好きなのです。(私からすると“いいとこ取りでずる〜い(>_<)”という感じもありますが。)
 
 でもこういうのが、ありがたいことなのかも。
 子育てには色々な人間が関わったほうが良いというのは、こういうところかもしれない。
 親子だけだと、関係が近すぎて見えなくなったり、力が入りすぎてしまうことがあるけれど、一歩、二歩引いたところで、愛情を持って見ていてくれる人の存在があると、遊びの部分ができて、子どもは少し自由になれる。がんじがらめにならない。

 その後のハリボーは、いつものことだけれど、意外にケロッとし、私は安心したような、“本当に伝わって欲しいこと伝わってるのかなー?”と疑いたくなるような、物足りないような…複雑に気分になるのでした。

  
コメント(0)mederu日記
マグネット付きメッセージフォトフレームのご紹介♪
※明日7/12(日)はお休みです。

 学校でプールが始まったハリボー。
 先日検定があったようで、プールの横幅はどうにか泳げたものの10Mが泳げず、昇級がストップしてしまったようです。
 スイミングスクールに通う友人たちがかなり泳げる様を見て、実力の差を感じたのか「水泳を習いたい!」と言い始めました。
 平日は学童、土日はサッカーにピアノと結構忙しいハリボーなので、これ以上忙しくなってもよいのか、と聞くと、「習い事3つくらいいいじゃん!」だって。
 忙しくなるのは実は親のほうでありまして…^_^;「まあ、考えておくね。」と言ってあります。
 
 もっと泳げるようになりたいハリボーは、今日はおじいちゃんとプールへ行きました。
 おじいちゃん(実父)は泳ぎが得意なので、連れて行って教えてくれるのはありがたいことなのですが…帰りにハリボーを連れて一杯ひっかけてこなければいいのだけど…。
 まだハリボーが保育園児だった頃、私達も入ったことがないような近所の小さなお寿司屋の前を通った時にハリボーが「僕、ここ入ったことあるよ。」「え!誰と!?」おじいちゃんと。おじいちゃん、僕には玉子のお寿司しか注文してくれなかったんだよー。」と言ったことがあり、発覚!他にも焼き鳥屋にも行っていました。
 聞けば、公園やプールに連れて行ってくれた帰りに「ちょっと付き合って欲しい所がある。」と言って(※この言葉もハリボーの証言から。)、ハリボーを飲みに付き合わせていたのです!
 もちろん父にはやめてくれと注意しましたが、行きたい時には行く父です。
 
 それにしても今時見かけませんよねぇ?小さな孫連れて飲んでる祖父の姿って。誘拐犯と間違われそうです。
 でももう、行きたくなければ一人で家に帰れるくらいに成長したハリボー\(^o^)/
 よかったね!ね?大きくなると自由が増えるでしょ?それが大人になっていく最大の喜びなんだよー。

 さて、かなり前置きが長くなりましたが…
 本日は冷蔵庫にも貼れるマグネット付きメッセージフォトフレームのご紹介です♪
 思わずニヤリと笑ってしまうようなメッセージや元気になれるメッセージ、ピースフルなメッセージなどが書いてあります。
 そのままインテリアとして飾っても、もちろんお気に入りの写真を入れてもOK!
 ギフトにもよく選ばれています(^.^)

各種マグネット付きメッセージフォトフレーム 各税込525円
BABYのフレームは画像を残す前にsold outとなりました。
ネコのフレームもsold outです。次回入荷をお待ちください<(_ _)>

(左上)TEACHER「To teach is to touch a life forever」
(右上)FRIENDS「Friends are the family we choose for ourselves」
子ども達のはじける笑顔が元気をくれます。
(左下)WEDDING「May you always find peace in living ,joy in giving and love in each new day」
(右下)「ネコの嫌いな人は 前世がネズミだったに違いない」

たたずむネコ。。。



立てたり、壁掛けにもできます。



  
コメント(0)mederu日記
祖父の経歴から。
 これまで、祖母のことは書いてきましたが、今日は祖父のことを書きます。
 というのも昨日、祖父のことで初めて知ったことがあったので。
 
 祖父は、私が小2の時に病気で亡くなりました。私は祖父が大好きでした。
 どちらかと言うと、姉がおばあちゃん子で、私はおじいちゃん子でした。
 共働きだった両親に代わり、いつも保育園に迎えに来てくれていた祖父。
 スラッとした長身で、フサフサの白髪にベレー帽をかぶり、ちょっと普通の“おじいちゃん”ではないカッコ良さがありました。
 当時の私は、怖がりなくせに怪談話しが好きで(あ!怖がりなハリボーの妖怪好きは私に似たんだ!)、夏のお盆の時期になるとやる怪談ドラマを、祖父の部屋で二人きりで、電気を消して体育座りをしながら見ていたのを覚えています。
 いつも私のことを「とこべえさん。」と呼び、すれ違う時に頭の上に大きな手をポンッとのせてくれていたのも思い出します。
 
 その祖父のことで昨日私が初めて知ったのは、今の東京芸術大学の前身“東京美術学校”を中退という経歴の持ち主だったこと。
 何だったか母と話しをしていて、私が「おじいちゃんは発明家だったよね。」と言うと、母が「そうよ。特許をたくさんとって。でもお金にはしなくて。芸術家肌の人だったのよね。東京芸大中退して…」と話し出したので、「えー!そうだったのー!?」と。
 母の話によると、絵が上手く、小説も書き、英語とドイツ語が話せ、様々なものを発明して特許をとっていた、マルチな人だったそうです。
 でも、特許をとるところまでは猛烈に頑張るのだけれど、それをお金にする段階になると熱が冷め、また次にいくので、企業に権利を取られたりして、実際にお金にはならなかったそう。
 そこが芸術家肌のところで、現実派な祖母はそういうところを嫌っていたそうで、母は「もっと理解ある奥さんをもらっていたら、才能を開花させたかもしれないわねー。」と言っていました。
 うーん、そう考えると“結婚”って重要だわ。

 中退のいきさつは…祖父は由緒ある家柄の長男だったので、厳格な両親は息子が芸大に通うのを“芸術なんかにかまけて!”と嫌い、反対を受け、中退させられたのだそうです。
 当時は今と違い、家、長男、といったことのしがらみが強く、反対を押し切ってまで通い続けるのが難しかった時代だったのでしょう。今の世に生まれていれば、好きなことができただろうに…。

 私の記憶にある祖父は、ネオン看板を作る仕事をしていて、いつも腕には火傷の跡が耐えず、無口だけど頑固なところがある姿です。
 そんな記憶の中の祖父にもそんな過去があったとは…誰しも人生はドラマです。

 芸大に通っていた祖父、親の反対にあい、好きなことをさせてもらえず中退せざるをえなかった祖父、超現実派で美しく賢い妻(今の祖母)と結婚したのも何かの運命(さだめ)なのでしょう。
 そして、母を含む4人の娘の父となり、特許をとってはそれを自分のものにはせず生活に必要なお金以外は手にすることなく、その間に戦争も経験し、やがて孫ができ、末孫(私)の保育園のお迎えの役目を務め、そして病気になって、近所の商店街がお祭りでお神輿をかついで賑わう中、あの世へ旅立っていった祖父。
 今は後楽園の近くの絶叫マシンからの雄叫びが聞こえる先祖代々が眠る墓地で、静かに(?)眠っています。
 そしてそこに、私や夫、ハリボーがお参りに行き、手を合わせる7歳のハリボーの中にも、その祖父の血は確実に流れている…。

 先祖、子孫、血のつながりというものを自分の身体の中に確かに感じ、何故か胸が熱くなるのでした。

  
コメント(0)mederu日記
nemu(ネム) スポット入荷です♪
 私はこれまであまり“流行りもの”にタイムリーにはまったことがなく、韓流ドラマのブームにものってきませんでした。
 それが、最近かなり気になる韓国グループがいます(#^.^#)
 今話題沸騰中の韓流グループ『ビッグ・バン』です。。。(http://ja.wikipedia.org/wiki/BIG_BANG) あぁ、書くとなんだか恥ずかしい…。
 韓国の若手5人グループで、歌もダンスもトークもテレビで2〜3回見ただけですが、どうやら好きになったみたいです。
 若者をかわいいと思って好きになるのは、おばさんになった証拠、と姉にも言われましたが、おばさんでもなんでもいいです!
 5人が5人ともそれぞれに個性があり、皆どこか上品で、雰囲気を持っています。
 5人とも好きですが、特にリーダーのG-DRAGON(ジードラゴン)が気になります。中性的な顔立ちに目が釘付けになります。
 興味のない方にはどうでもいい話でしょうが…メディアに出ていたら、“ああ、この人たちか。”とちょこっと注目してみてください!(^^)!

 さて本日は、nemu(ネム)の人気アクセがスポット入荷しましたのでご紹介します♪
 夏らしく、涼しげなカラーの一粒石ネックや、大きめのフープイヤリング、大人っぽいブラックオニキスのフープピアスなど…どうぞお好きなものをお選びください。

<一粒石ネックレス>
(左)ムーンストーン 税込2,100円
(中央)アマゾナイト&SV 税込2,310円
(右)アメシスト&SV 税込2,310円
<フープピアス・イヤリング>
(左)サンゴ・イヤリング 税込4,200円
(中央)ブルーレースアゲート・イヤリング 税込4,200円
(右)オニキス・ピアス 税込3,990円 

  
コメント(0)mederu日記
どうなの?薄型テレビって。
 本日は午後3時より営業しております。

 ところで先日、我が家のテレビが突然壊れたと、この日記にも書きましたが、画面が映らなくなって2日後、早速夫がビックカメラで薄型テレビを決めてきました。
 新聞紙を広げたくらいの大きさの画面だということで、ちょっぴりワクワクドキドキで、エコポイントもかなり溜まるし、何をもらおうか、なんて話したり…。
 そんな私たちの様子を見てか、壊れたはずのテレビが再び頑張り出し、全く映らなかった画面が映り出しました。
 そうなると、引き取り業者に出すのが惜しくなり…「他の部屋で使えないかなー?」「オークションで2万円位で売れないか。」など、あれこれ話し出しました。これを“欲が出てきた”と言うのでしょう。
 でも結局、40kgほどもあるから、どれも現実にやるとなると大変だろう、ということになり、ようやく諦めをつけ…本日新しいテレビくんがやってきました。
 夫も午前休をとり、立ち会っていました。
 
 やって来た作業員は2名。
 身体を動かして汗水流して働いている人特有の“爽やかさ”が感じられるお二人で、「持ち上げるよー!せーの!まわるよー!」などとお互いにしっかりと声をかけ合いながらテキパキと作業を進めていく姿を惚れ惚れと見ているうちに、設置完了!これがテレビか!と思うほど薄かったです。
 2名のうちの、かなり剃り込んだ坊主頭のほうの作業員の人が、テレビの後ろに入って配線などをつなぎ始めました。
 テレビの後ろから、たまに坊主頭だけが出たり引っ込んだりする様子は、まるで水平線から昇ったり沈んだりする朝日や夕日のようだ、とチラッと思いました。
 
 そしていよいよ“さて、どれだけきれいな映りだろう!”と楽しみに見ていると、なんか…暗い部分が緑色にチラチラしていて、夜光虫が這っているような映り…。
 もう一人の作業員が「…この映り、なんか変じゃないですか…?」と言い、坊主の人がテレビの後ろから出てきて、見て一言。「あ!初期不良ですね。おそらく、コンバーターの問題だと思います。」
 え〜〜!!(@_@;)
 でも、どうしようもない。交換品を待つ他無いじゃありませんか。
 …それなら、最後に頑張って力を振り絞っていた古いテレビくんをもう一回戻してもらおうとすると…かわいそうに…すでに外で雨に濡れていて、戻して使うのは危険だと言われました(T_T)
 
 結局、交換品が来るまで、このまま不良の薄型テレビくんを使うこととなりました。

 それにしても、初期不良というのはそんなにあるものなのか、と夫が聞くと、月に2〜3台はあるとのこと。
 坊主の人が言うには、「薄さを追及するあまり、それが裏目に出ているんだと思います。薄くするとそれだけ機材が干渉し合ったり、熱がこもったりするので。テレビ台に置けば、結局とるスペースは変わらないのに、何でメーカーもそこまで薄さにこだわるのかなと思いますね。」とのこと。
 …なんか、薄型テレビのありがたみが薄れてしまいました…。

 新しく最先端なら良いとも限らないということを改めて感じた我が家の小事件。
 そしてしばらくは、夜光虫の這う画面で我慢します…。

  
コメント(0)mederu日記
箱入りキーホルダー再入荷です♪
※明日7/8(水)は午後3時からの営業となります。

 今日は七夕ですね。
 姉は自分にとっての彦星である堅様(平井堅)に会うために河口湖に行っています。(ただコンサートに行っているだけです。)
 姉は平井堅の大ファンで、コンサートのために遠方まで行くこともありますが、好きなのは“歌を歌っている時の平井堅”限定だそうです。なので、平井堅の私生活にはあまり興味がなく、家を知りたいとか、同じ美容院や歯医者に通いたいといった普通の追っかけの人々の心理は分からないそうです。
 そういうのって、ありますよね。“この人がこれをしている時だけが好き”という条件付きの好きって。
 私の中での“織田裕二”もそうです。
 俳優として演技をしている時の織田裕二は好きですが、歌を歌っている時や世界陸上の時の織田裕二は特に見たくありません。
 それにしても、平井堅と織田裕二が好きな姉妹。。。友人に「姉妹で濃い顔が好きなんだね。」とサラリと言われた時には「そ、そうだね^_^;」と言うしかありませんでした。
 
 さてさて本日は、以前にも一部ご紹介したことがあります人気のキーホルダーが再入荷しましたのでご紹介です♪
 カエル好きさん、ネコ好きさん、イヌ好きさん必見です!

箱入りキーホルダー 各税込1,050円
 カエル好きさんは意外に(?)多い!
 ましてや王冠をかぶった縁起のいいカエルさんは、カエル好きさんへのギフトとしてもよく選ばれています♪
 色合い、形もかわいいです(^.^)



こちらは以前にもご紹介しました♥
「MY PET」と書かれた小部屋を開けると…


中から「ニャー〜!」


こちらはブルちゃんが「ワン!」
周りに自慢したくなっちゃう仕掛けです♪



全て箱入りなのでどれもギフトに最適です。



  
コメント(0)mederu日記
長生きの秘訣〜パートU〜
 長生きの秘訣については、以前にも日記に書いたことがありました。(2006年10月16日の日記でした!http://mederu.jp/step_blog/archive_139.htm)
 おしゃれな人には元気な人が多い→周囲の目を意識しているから→社会に参加しているから、といったことを書きました。 
 今日はまた別のこと。

 実家の今年94歳になる祖母は、年の割にはしっかりしている方だと思います。
 それでも、年相応の物忘れは当然ながらあり、二日に一回は何か捜し物をしています。
 つい先日は、1,000円が当たっているミニロトの券を失くしたと言って大変でした。
 この年でまだ一獲千金を狙っていることにまず驚きますがそれはさておき…。(ちなみに、最近の祖母はめったに外出しないので、ロトを買いに行くのは母です。)
 
 大事にしようと思うものほどしまい込み、どこにしまったのか忘れてしまうので厄介です。
 ハリボーの通信簿も自分が持って大事にしまっておくと言っていましたが、丁重にお断りしました。
 きれい好きだった祖母も、今では整理整頓の能力も落ち、いらない物(こちらからはどう見てもそう思える物)に囲まれて暮らしています。
 でも、人が自分の部屋に入るのを嫌うので(仏壇にお供え物とお線香をあげる時だけはスムーズに入室可)、私達も普段は見て見ぬふりです。(年に数回、これは…と思った時には姉が中心となって大掛かりな掃除をしますが。)
 そんな中、ハリボーだけは特別で今は出入り自由です。でもたぶんこれも今のうちだけ。ハリボーが可愛くて特別というのではなく、年齢的に小さく、まだ一人前の人間として見なしていないだけなので。そのうち、ハリボーもおん出されることでしょう。
 
 そんな状況の中、捜し物に協力しなければならない家族は大変です。
 しかも、年寄り特有の被害妄想的なものもあるので、「私がトイレに行っている隙に誰かが部屋に入ったのかもしれないわ。」なんてブツブツと言ったりしているのを聞きながらの協力です。
 時々、ハリボーも疑われています。「ハリボー君が遊びで使っちゃったのかもしれないわ。」なんて言われていて、「僕、知らないよ!」なんて怒ったりしています^_^;

 祖母がイライラすると、母もイライラし始め、イライラモードが家中に充満するのが私は一番イヤです。
 何も知らずに帰ると、既にイライラの空気が漂っており、その空気を一緒に吸わなければいけないから。

 結局、ミニロトは出てきました。
 祖母の部屋の机の奥に落ちていたそうです。
 布団か何かをバサッとした時に飛ばされて落ちた模様。
 きちんと、銀紙に包まれていたらしい。そんなことしたら、余計ゴミに見えるのに…。

 とりあえず、見つかるとこちらもホッとします。
 そしてホッとしたのもつかの間、また新たなる捜し物を捜す日々。
 これが、お年寄りのいる家の日常です。

 それにしてもウチの祖母は、北朝鮮からミサイルが飛んできたというニュースを聞くたびに、世を憂い、家族の中で一番ナーバスになっています。
 この年になっても、まだ怖いものがあるのか!?とただただ驚きです(*_*)
 祖母を見ていると、様々な煩悩がある人ほど、長生きをするのではないか、と思います。
 長生きをしたい方、長生きの秘訣は“煩悩”を持つことかもしれません!
 北朝鮮からのミサイルなどを我が身に降りかかる災難と捉え、悩み苦しんだりしながら長き良き人生を!
  
コメント(0)mederu日記
ニューフェイス!mignonne8(ミニョンヌ)のご紹介♪
 もうすぐ七夕ですね♪
 学校に貼ってあった七夕さまへのお願いごとに、ハリボーは「サッカー選手になれますように。」と、サッカーをやっている小2男子らしい願いごとを書いていました。
 本気でそう望むなら…まずは自分からボールを取りに行くことと、取りに来られた時に譲らない、という基本的なことから頑張って欲しいものです…。

 さて本日は、新しくmederuに仲間入りした作家さまをご紹介します♪
ブランド名『mignonne8』(ミニョンヌ8)、作家名『おくむらはつえ』さんです。
 “mignonne”とはフランス語で「可愛らしい」という意味。
 そんな“mignonne8”は、プリザーブドフラワーやアーティシャルフラワーを使用して可愛らしいアレンジ・アクセサリーetc...を制作されていらっしゃいます。
 「手にした方が、happyでステキな気分になれるモノつくりを心がけています。」というmignonne8の世界は、女性らしく可愛らしい、柔らかな空気をかもし出す…そんな作品たちです。
 ちなみに、mignonne8の“8”は読まなくても、どのように読んでも構わないそうですよ(^.^)
 また、おくむらはつえさんは、フラワービジネススクールにて学び、在学中にオランダへ短期留学しCEFヨーロッパフローリストディプロマを取得。オランダ人マスターフローリスト、レン・オークメイド氏に師事、その後、ホテルのブライダル・ショップ販売等を経験し、現在mignonne8としてご活躍中です。
 お花を知り尽くしたプロの目と腕だからこそ生み出せる繊細な世界をどうぞお楽しみください♪



紫陽花リース 税込2,100円
※こちらはsold outとなっております。
 いきなりsold outから始まりましたが…紫陽花のドライフラワーを使った雰囲気あるリース。
 また各種再入荷の予定ですので、お部屋の雰囲気作りにぜひどうぞ(^.^)



プリザーブドフラワーのコサージュ 各税込2,625円
 バラ、カーネーション、あじさい、ユーカリ…プリザーブドフラワー特有の生花のような風合いを残した優しい色合いのコサージュです。
 レースやリボン、フェルト、鳥の羽、布葉など…あらゆる素材を使って表情豊かに仕上がっています。









アーティシャルフラワーのコサージュ 各税込1,365円
 色鮮やかなアーティサルフラワー(造花)を使ったコサージュ。
 こちらはピンとピンチの両方が付いているのでヘアアクセとしてもお使いいただけます♪





アレンジメント 各税込3,675円
サイズ:容器の直径約8cm
 眺めているだけで幸せな気分になれちゃう♥そんなプリザーブドフラワーを使ったアレンジメント。
 箱つきなのでギフトにもピッタリです(#^.^#)



  
コメント(0)mederu日記
板橋から世界へ!
こちらをご覧下さい。↓


 中央公論が出しているフリーペーパー『中央公論Adagio』の6月号(http://www.adagio-tokyo.com/detail090601/index.html)の特集記事が「植村直己と板橋を歩く」でした。
 世界に誇る冒険家「植村直己」氏は、出身は兵庫県ですが、明治大学に通うために、板橋、しかもここ“仲宿”に住んでいたので、記事には仲宿についても取り上げられています。
 そして、この言葉にしびれました〜。↓
「中山道(なかせんどう)最初の宿場板橋から世界の極地へ」!

 “板橋”から世界へ、ですよ!
 “板橋”の橋も誇らしげに写っています。毎日自転車で通っている橋ではないように見えます。
 なんだか、板橋が世界デビューを果たしたような気分です♪(大げさ?)

 それにしても植村直己氏はすごい。
 世界初の五大陸最高峰登頂者。氷点下73度が記録されるほどの極寒の地で最後は消息を絶ってしまった植村氏。
 氷点下73度って…バナナで釘が打てるどころではない、バナナがどうなっちゃうのか想像すらできない世界です。
 そんな中を、たった一人で…。

 就職試験に失敗した若者が、周囲の反対を押し切って移民船に乗り込み、アメリカで職を見つけるが不法就労で捕まり…と、決して順風満帆とは言えなかった植村氏が日本を代表する冒険家になっていく…。
 この本の記事でも『経済発展の歯車に組み込んでもらえなかった若者が、レールを踏み外したがゆえに「世間を超越する己の人生」を発見できたのである。』と書いてあるように、本当に人の人生は最後まで分からない。
 こうなったら失敗でこうなったら成功、なんていうものではないのが人生なのだろうと思う。
 
 冒険家と言われる人たちは、なぜそこまでして…と思われる生き方を選択した人々。とても興味をそそられます。
 この記事の中で、夫婦でクライマーをしている山野井夫妻のコメントも載っていますが、妻の妙子さんの『死の危険≠求めているわけではありません。自分の力の限界への精神的・肉体的な挑戦です。そこで得られる満足感がもたらす「生きてる!」という実感。それが「自分の存在」を確認させてくれます。』という言葉を読み、漠然とですが“そうなのか。だからか。そうだろうな。”と思いました。

 夫、泰史さんの言葉も意味深いです。
「子どものころ聴いた植村さんの講演の「だれでも人生には冒険がある」という表現には反感がありましたが(笑)、当時、いろんな事情で講演を強いられた立場からそういう言い方になったのかもしれませんね。…当時、日本ではまだ大がかりなチームが主流でしたが、集団だと無駄なストレスが生じます。(冒険の結果、それが)本当にやりたかったことか、あるいは妥協の産物かは、最終的に本人にしか分からないことです。ぼくらは独りのアルパインクライマーとして、諸々の無駄を削ぎ落とした身で純粋に山に対峙したい。植村さんもそうだったのではないでしょうか。」

 芸術や教育もそうだけれど…商業ベースに乗せてはいけないものってありますよね。

 前にアルピニスト野口健氏が言っていたことも思い出しました。
「今の日本人はだいぶ変わってきたが、植村直己氏の時代は引き返せない、行くしかなかったのだと思う。“お国を背負って…”というようなものがあった。今でも、韓国の部隊などは引き返すべき環境でも、引き返さないで行き、命を落としている。欧米人は引き返す。イタリア部隊なんかは“もうやめておくよ♪また来年ね。チャオ!”と言って気楽に引き返している。」といった話。
 お国の違い、思想の違い、教育の違い…世界レベルで考えると何がスタンダードかなんて分からなくなってきます。

 またそんなことを考えていたら、今度は本田宗一郎氏の本で読んだことを思い出しました。
「ネジを締めている最中に休憩の合図のベルが鳴った時、最後までネジを締めてから休憩に入るのが日本人。鳴ったと同時に作業を中断して休憩に入るのが欧米人。その差があるうちは日本は勝てる。でも、欧米人が最後までネジを締めることを身につけたら、あのパワーにはどうしたってかなわない。あっちが真剣になったら、かなわない。」
 う〜ん、どっちがいいのか…。
 勤勉さとパワーを秘める大らかさ、両方をバランスよく兼ね備えることの難しさ。

 板橋から世界へ!なんてフレーズから、板橋の雑貨屋の店主があれこれ思ったことでした。。。

  
コメント(0)mederu日記
siesta(シエスタ) 新作アクセサリーのご紹介♪
 昨夜、突然リビングのテレビが壊れました!
 画面が映らなくなり、少したつと電源も勝手に切れてしまうのです。
 ここ最近ずっと音声の調子が悪く、スイッチを入れると最初音が小さくとてもテンション低めで、ボリュームを40位にしないと聞こえない状態でした。で、段々と調子があがってくると音も大きくなるので、テレビのテンションに合わせて音量を調節していたのですが、画面が映らないとなると…お手上げです。
 買い替えかぁ。予定外の出費ですぅ…(T_T) 今ならエコポイントが付くのかな?エコポイントなんて自分には関係ないと思っていたのに。。。

 さて気を取り直して!
 本日は、女の子に大人気♥元気が出るようなカラフルで楽しいデザインのアクセサリーを展開中の『siesta(シエスタ)』より、新作&再入荷作品が届きましたのでご紹介します♪
 今回はくるみボタンのキーホルダーや樹脂パーツのネックレス、Uピンなどなど…初アイテムも多数入荷です!
 暑い国でする昼寝を意味する“siesta”の、着けているだけで楽しい気分になるような夏のアクセたちをどうぞ〜。



くるみボタンのキーホルダー 各税込840円
※マトリョーシカ柄はsold outとなっております。
かわいいくるみボタンのキーホルダー♥
フック式なので、バッグやポーチに付けてもかわゆいですよ(#^.^#)



お花と蝶のUピン 各税込735円
夏のまとめ髪にぴったり!
透明感ある樹脂でできたお花や蝶のUピンです。
浴衣にも合いますよ♪



お花と蝶のヘアゴム 各税込735円
こちらもありそうでなかった樹脂パーツがついたヘアゴム。
着けると目を惹く可愛さです♪



お花と蝶のネックレス 各税込1,260円
こちらも初アイテム!
透明感ある樹脂パーツのネックレスです。
キラキララメやビーズもついて華やかさのあるネックレスです(^.^)



 その他、人気のピアスやイヤリング、ヘアピン、くるみボタンブローチ、くるみボタンチョーカーも再入荷しております♪

各種ピアス・イヤリング 各税込945円〜1,260円
※上段左の2つ(大きめピアス税込1,260円)はどちらもsold outとなっております。



各種ヘアピン 各税込420円〜630円
色とりどりのお花や蝶のヘアピン多数入荷です!



各種くるみボタンブローチ 各税込945円
ストール留めや帽子、バッグなどに!



くるみボタンチョーカー 各税込1050円
かわいい柄からシックな柄もあるので、幅広い年齢の方にギフトでも人気のチョーカーです♪



  
コメント(0)mederu日記
参観保護者会と給食試食会
 ハリボーのペンネーム“ゴードン”の正体が分かりました。
 ポケモンではなく、『ペンギンの問題』に出てくる裸の紳士“渡辺ゴードン”(http://www.shopro.co.jp/tv/penguin/chara/index.html)なる人物からとったものでした。
 ハリボーの中では、面白さでかなりな高い位置にいるキャラクターなのでしょう。

 ところで昨日は、ハリボーの学校の参観保護者会でした。授業参観の後、保護者会があるというそのまんまのものです。
 この時期は授業参観と保護者会がやたら多い気がします。
 
 授業参観では、“町探検”の発表。自分達で町のことを調べ、一人一人発表するというもの。
 一年生の時と比べると、皆顔つきもしっかりし、ぐんっと成長していました。子どもは一年で変わるものだなぁ。。。

 ハリボーは“町のスポーツ用品店”について調べたことを発表。
 グローブが50個、バットも50本あることや、店に犬がいたこと、犬がいるとは思わなかったこと、その犬が奥にいったりして可愛かったことなどを発表していました。
 やや犬の情報が多し。声の大きさなどは普通でした。

 印象に残った発表は、ある保育園についての発表。
 「子どもがいました。」と子どもが発表していました。
 “プールでは子ども達はみんな裸だった、屋上でも裸だった。どうして裸なのかと聞いたら、「まだ自分で着替えられないからよ。」と保育士さんが言っていた。”という内容で、自分で着替えられない子どもたちが、裸で元気に遊んでいる姿が目に浮かぶような発表でした。

 お嬢様キャラの子は、字をチラッチラッとしか見ずにほとんど正面を向いて、女子アナのように発表していたり、その子その子の個性が出ていてよかったです。

 今日は学校の話なので、先日行ってきた“給食試食会”についても書いちゃいます。
 給食というのは、本当にありがたいで制度です。栄養のバランスの考えられた、安全で美味しい食事を毎日用意してくれるなんて!

 まずは給食についての講義から始まりました。初めて知ったことも色々あり、よかったです。
 校長先生と副校長先生は、生徒達よりも30分早めに食べ始めて、その日の給食に問題がないか“検食”しているそうです。副校長先生は「お腹が空いて先に食べているわけではありません。それだけは毎年言わなければ!と思います。」とおっしゃっていました。
 
 席はくじ引きで、他学年のお母さん方と話せたのもとてもよかったです。
 中には、仲良しの人と食べられないから…と敬遠して申し込まなくなる人もいるとか。もったいない…。
 
 その日の献立は、きなこ揚げパン、ワンタンスープ、冷凍のモモ、牛乳 でした。
 その日は雨で肌寒かったけれど、デザートは冷凍のモモで、持つ手がかじかみました。献立は一ヶ月前に決めるそうなので、仕方ありません…。
 私が「知覚過敏の人には辛いメニューですね。。。」と言ったら、周りの人たち、笑ってくれたのでよかったです。
 きなこ揚げパンは非常に食べにくいということで、ビニール袋が配られて、ビニールにパンを入れて、先を少しずつ出しながら食べました。
 確かに、食べにくい。どんなに上手に食べても必ずきなこが落ちる。口の周りにもつく。鼻についているお母さんもいました。
 子ども達は、そんなこと気にせずに、きっときなこまみれになりながら食べているのでしょう。

 一緒の席になった4年生の子のお母さんは高校生になる子もいて、その子が小学生の時から、来られる時には必ず来て、もう数え切れないほどの給食を試食してきたとのこと。
 「これまではキムチチャーハンが多かったけど、きなこ揚げパンは初めて!」と言っていました。給食試食会の達人です!

 学年が上のお母さん方の話は面白かったです。
 学校には色々なタイプの先生がいて、“昭和な感じの先生”など。
その先生は、班の中で一人でも宿題を忘れてきた子がいると、班全体の連帯責任にして、皆を猛烈に怒るのだそう。でもそのおかげで、子どもは宿題をやる習慣がついたそう。
 上の子の時の先生は、全く宿題を出さず、ドリルなどをやらなくても何も言わない先生で、子どもは本当に勉強をしなくなり、“バカになった”と言っていました。
 でも、そのお母さんの話し方には嫌味がなく、面白い話し方をする人で好感が持てました。話し方は松野明美さんに似ていました。
 
 もう一人のお母さんの話では、今の担任の先生は25歳で既に結婚していてとてもきれいな女性で、最初は若くて心配したけれど、とてもしっかりした先生だそう。
 特に男子の扱いがとても上手く、難しい男子のことも手のひらの上で転がしているといった風らしい。
 私が「それはやっぱり、顔がきれいだから…?」と聞いたら、「どうなんだろー?それもあるのかなー?」と笑っていました。
 “あると思います!”

 そんなこんなで楽しい給食試食会でした(^.^)
 集団で一斉に「いただきます!」「ごちそう様でした!」と声を合わせて言ったのは本当に何年ぶりかで、新鮮な体験でした。
  
コメント(0)mederu日記
2009年7月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリー
mederuについて(2)
mederu日記(967)

月別アーカイブ
2009年09月(1)
2009年08月(23)
2009年07月(25)
2009年06月(24)
2009年05月(24)
2009年04月(26)
2009年03月(26)
2009年02月(22)
2009年01月(23)
2008年12月(24)
2008年11月(25)
2008年10月(24)
2008年09月(24)
2008年08月(23)
2008年07月(25)
2008年06月(26)
2008年05月(23)
2008年04月(25)
2008年03月(25)
2008年02月(23)
2008年01月(21)
2007年12月(24)
2007年11月(25)
2007年10月(25)
2007年09月(24)
2007年08月(22)
2007年07月(26)
2007年06月(26)
2007年05月(23)
2007年04月(25)
2007年03月(26)
2007年02月(21)
2007年01月(22)
2006年12月(25)
2006年11月(25)
2006年10月(26)
2006年09月(25)
2006年08月(26)
2006年07月(27)
2006年06月(26)
2006年05月(18)