mederu-人にやさしい雑貨店

新着アーカイブ
▼YUZU(ユズ) 新作アクセサリーのご紹介♪
(2009/9/2 17:52)
▼臨時休業のお知らせ
(2009/8/31 07:44)
▼シュールでクールなキーホルダーのご紹介♪
(2009/8/30 18:23)
▼ゆとり
(2009/8/29 18:47)
▼4mame 布のかけらシリーズ新作バッグのご紹介♪
(2009/8/28 18:12)
▼ヨウキナ*マーケット出展のお知らせ♪
(2009/8/27 18:10)
▼atelier MIKA(アトリエ・ミカ) 新作アクセサリーのご紹介♪
(2009/8/25 17:53)

新着コメント
▼ニューフェイス!BERHASIL(ブルハシル) 内藤和代さんのご紹介♪
by pharmacy remeron fast delivery mississippi (09/19)
▼ニューフェイス!BERHASIL(ブルハシル) 内藤和代さんのご紹介♪
by buy keppra without doctor (09/19)
▼ニューフェイス!BERHASIL(ブルハシル) 内藤和代さんのご紹介♪
by low cost minocycline amex (09/19)
▼ニューフェイス!BERHASIL(ブルハシル) 内藤和代さんのご紹介♪
by kroger pharmacy price colchicine (09/19)
▼ニューフェイス!BERHASIL(ブルハシル) 内藤和代さんのご紹介♪
by best price tricor cholesterol (09/19)
▼ニューフェイス!BERHASIL(ブルハシル) 内藤和代さんのご紹介♪
by discount avapro ordering online (09/19)
▼ニューフェイス!BERHASIL(ブルハシル) 内藤和代さんのご紹介♪
by without prescription pulmicort no rx (09/19)

新着トラックバック
▼ニューフェイス!BERHASIL(ブルハシル) 内藤和代さんのご紹介♪
by raw steroid powder (12/01)
▼ニューフェイス!BERHASIL(ブルハシル) 内藤和代さんのご紹介♪
by steroids price list (08/04)
▼ニューフェイス!BERHASIL(ブルハシル) 内藤和代さんのご紹介♪
by steroids for sale (08/03)
▼ニューフェイス!BERHASIL(ブルハシル) 内藤和代さんのご紹介♪
by Testosterone Powder (08/02)
▼ニューフェイス!BERHASIL(ブルハシル) 内藤和代さんのご紹介♪
by raw nandrolone powder (07/28)
▼ニューフェイス!BERHASIL(ブルハシル) 内藤和代さんのご紹介♪
by Nandrolone Base Steroids (07/13)
▼ニューフェイス!BERHASIL(ブルハシル) 内藤和代さんのご紹介♪
by 珠海今之晟科技有限公司 (02/23)

ホーローシリーズのご紹介♪+前世?
※明日3/1(日)はお休みです。

 今日は久々にお日様が出て何だか元気が出ました♪
 最初にちょこっと商品のご紹介をしちゃいましょー!

<ホーローシリーズ>
ミルクパン 税込1,575円
マグカップ 税込945円 
※ただいまマグカップのグリーンはsold outとなっております。
食卓が楽しくなるカラフルなホーローシリーズ♪
ミルクや少量のお湯を沸かしたい時などにとっても便利なミルクパンは、一人暮らしの方にもオススメです!



 ちょっと昨日のこと。
 昨日はスタッフKちゃんが来てくれていて、たまたま休みだっただんな様からお店に電話が。
Kちゃん:「何?どうしたの?…いいよ、心配しなくても。大丈夫。食べ物はまだあるから。…じゃあね。」
私:「どうしたの?」
Kちゃん:「うちの主人って、すごく食べ物が家にあるかどうか心配するの。今も、“食材買い出しに行くなら、車でお店に寄るけど?”って。」
私:「そういうこだわりどころのツボってあるよね。Kちゃんのダンナさんは食べ物なんだね。ウチは綿棒だよ。」
Kちゃん:「え?綿棒!?」
私:「綿棒だけは切らしちゃいけないと思うみたいで、あるのにすぐ買ってくるから綿棒が増えちゃうんだよね。」

 こんな会話をしました。
 私のツボは、歯ブラシ。他のものはあまり買いだめってしないのだけれど、歯ブラシだけは常時3〜4本はストックがないと不安になります。
 これって、何なんだろう?もしかして前世に何か関係があるのかも?
 Kちゃんのだんな様は、前世で食べ物に困ったことがあって、その記憶が残っていて常にたくさんの食材を家にキープしておきたいとか?
 ウチの夫は前世で“あぁ、ここに綿棒さえあれば…!”と思いながら亡くなっていった人だったり、私の場合は、前世で歯のトラブルがあって、“歯は命ぃぃ!”と思いながら死んでいったとか…?
 そんなことをふと考えてみました。

  
コメント(0)mederu日記
春の企画展 『春色の雲にのって。。。』 もうすぐスタートです♪
 今日の東京は雪です!少しみぞれになってきたかな?
 まだまだ寒い日も多いですが、カエルも出てきているようですし、着実に春は近づいてきています!

 ということで、お待たせいたしました〜♪
 いよいよ3/8(日)〜4/5(日)、春の企画展『春色の雲にのって。。。』が始まります!



<期間中休店日>水曜日 3/11,18,25,4/1 ※3/14(土)は午後4時までの営業です。
 
 シルバーアクセサリーやビーズアートステッチ技法を使ったエレガントなアクセサリーで人気のatelier MIKA(アトリエ・ミカ)と、ちょっぴりユニークな動物シリーズや独創的なデザインで人気のchoco*to momo.(ちょこっと もも。)、がまぐちやブックカバーはロングセラー、丁寧で繊細な刺繍では右に出る者がいないtimpani(ティンパニ)。
 そんな当店おなじみの三人の人気作家による春の企画展の開催です!

 今回の企画展のDMにも使われているこの素敵なイメージ画は、timpaniさんを中心に三人の作家さまの力を集結して作られたものです!
 春らしいもも色の風の中、ふわふわの雲にのって、素敵な作品たちが舞い降ります♥
 ピンクのお花たちもうれしそう…。ほんわかやさしいキモチもそえて。。。

 そんな、ほわりとした優しい気分を楽しんでいただきたい企画展ですが、その裏では。。。
 ただいま作家さまたちは、生みの苦しみ真っ只中のようです!
 どうか皆様、心の中で構いませんのでお三方にエールを送って下さいませ〜(^o^)丿
 きっときっと、真心こもった力作が並ぶことと思います!

 どうぞご家族・ご友人お誘いあわせのうえ、お越し下さいませ♪

  
コメント(0)mederu日記
プラマイゼロでスッキリと。。。
 昨夜パソコンを開いたら、ニュースのところに「ケミカルウォッシュ、今春流行か!?」と載っていました!
 2/14の日記で「またケミーの時代が来るんだろう…」と書いたばかりだったので、驚きました(゜o゜)
 ケミカルウォッシュジーンズを取っておいた皆さん、堂々と履ける時代がまたやってきそうですよ〜(^.^)
 次はキュロットにローファー、太眉にソバージュの番か!?

 話は変わって、一昨日仕事中に夫から電話があり、兵庫県にいるお義父さんが腸閉塞で朝方、救急車で運ばれたとの知らせが入りました。
 でも、これまでにも大怪我や大病をしては何度も復活しているお義父さんということもあってか、誰も(私も含め)あまり騒ぎません。
 初め付き添っていたお義母さんも、午後からは普通に清掃のアルバイトに行ったそうです。
 夜になって電話でお義母さんと話した時も、全くいつもと変わらぬ様子で、穏やかに笑っている顔が想像できるような口調でした。しかも、しばらくハリボーと学校の給食のメニューなどについて話していて、そのまま終わってしまいそうだったので、私から「お義父さん、大丈夫ですか?」と割って入って聞いたほど。
義母:「ああ、大丈夫よ。手術はするかしないかまだ決まってないの。」
私:「じゃあ、命に別状はないんですね。」
義母:「アハハ…全然。最初は痛かったみたいだけどね。救急車呼ぶのも“まだいい。”ってがんばってたのよ。それより、お店はどう?」
 という感じでした。ひとまずは安心。でも腸閉塞って、かなり痛かったんだろうな。

 夫が子どもの頃、お義父さんはダンプカーにひかれて、腸だか胃だかを何分の一だか切除して、ずっと入院していたそうです。
 もう助からないほどの重態だったので、夫ら兄弟は、交通遺児と認められ、“あしなが育英会”から毎年文房具セットが送られてきて、それがとても嬉しかったという思い出があるそうです。まだ生きているのに、遺児って…。
 その間、お義母さんはフルタイムで電話交換の仕事をしながらお姑さんと共に男の子三人を育て、子ども達もリアカーを引いて売れもしない割り箸を売ったりしてどうにか生活していたそうです。
 それはそれは貧しい暮らしだったそうで、パンの耳をただでもらってきたり、『ホームレス中学生』の一歩手前だったようです。
 夫は、子どもの時に苦労をしてきた人なので、大人になった今のほうがずっと楽な暮らしだそうです。(だから私みたいな嫁でもやっていけるのかも(^.^))

 でも、夫の家系をみていつも感心するのは、戦時中でもなしにそれだけ貧しい生活を送っていながら、誰も卑屈になったり、変に下品になったり下衆になっていないところ。それには、義父母の教育の力を感じます。
 一回そのことをお義母さんに話したことがありましたが、「まあ、そう?」とだけ言っていました。そういうところが好きです。

 夫が言うには、「お父ちゃんは10回以上腹切ってるとちゃうんかなー?あんなに腹切ってて生きている人も他におらんちゃう?」と言っていました。
 生命力が強いのでしょうか。

 でも、両親に何があってもおかしくない年になったんだなぁと実感する今日この頃です。
 介護などが必要な状況にだって、いつなるか分かりません。
 姉がケアマネージャーをやっているので、最適なプランを立ててもらいたいものです。

 姉はケアマネという職業柄、これまでに何十人もの高齢者を看取ってきました。
 その姉がよく言うことが「死ぬ時にお金って、あってもなくても困るよ。お葬式代を払って、ちょうどプラマイゼロ!という形で死んでいくのが一番理想。それって、人生最後に残された最大の課題だと思う。」ということ。
 お金、なかったらもちろん困るし、あったらあったで相続の問題など、醜い争いが繰り広げられるそうです。
 「“私達は同居もしていなかったし、分からないことなので、全て同居していた親族に任せます。”と言える人はちゃんと分かっている賢い人。一緒にいなくて何も分かっていないのに、介護とかが必要になる大変な時になると出てきてあれこれ言う人は、何も分かっていない人。」とよく言っています。
 それはホントだと思います。しかも、実際には何もしてくれやしない人に限ってあれこれ言うもの。
 姉と私は、“言いたい人は言えばいい。”というスタンスです。実父は何を考えているのかよく分からない人なので分かりませんが、実母は頭ではそう思っていても、実際に言われると結構気にする人。
 でも、この日記でも何度も書いていることですが、高齢者との同居の大変さは、同居した者にしか分からないことなのですから…。

 さて、私もいつか逝く時は、プラマイゼロで逝きたいな。ハリボーには何も残さずにスッキリと…。

  
コメント(0)mederu日記
YUZU 新作アクセサリーのご紹介♪ 
 玉置浩二と石原真理子が復縁したみたいですね。
 二人の間には、二人にしか分からない世界が広がっていそうです。

 さて本日は、女性らしくノスタルジックな雰囲気漂う作品で人気の『YUZU(ユズ)』から、新作アクセサリーのご紹介です♪
 今日はYUZUさんとの出会いの話から…。
 北九州市にお住まいのYUZUさんから、作品の取り扱いに関するお問い合わせをいただいた時、そのブランド名にすぐに親近感がわきました。
 実家で、家族同然に暮らしている愛犬二匹のうちの一匹が『ゆず』という名前だからです。母犬『すもも』の息子が『ゆず』で、ハリボーより一才年上のお兄さんです。
 作家名をお聞きすると、森田ゆずさん(本名)ということで、「失礼ながら…。」と、こういう事情で勝手に親近感を感じていることをお伝えしたら、「ゆず君にいつかお会いしたいです。」との快いお返事をいただけました。気分を害されたらどうしよう〜と思ったのですが、心優しいゆずさんに感謝です!
 もちろん、お取引を始めたのは何よりも作品が気に入ったから。
 作家さんとの出会いも一期一会だと感じます。
 作家の皆様、今後とも誠心誠意、真剣にお付き合いさせていただきます<(_ _)>

 それでは、九州発のブランド 『YUZU』の世界をどうぞ〜♪

春らしい、ピンクシリーズとラベンダーシリーズです♥





<ピンクシリーズ>
各種ピアス 各税込1,470円
(左) ホルン×ピンクフラワー
(中央) リボン×竹珊瑚ピンク
(右) リボン×キャンディージェイドオレンジ
着けるだけで元気になりそう!(^^)!



天然石手彫りローズネックレス 各税込2,520円
(左) 天然石カーネリアン
(右) 天然石ローズクオーツ
手彫りローズのシルエットがきれいなシリーズです。
天然石キャンディージェイドのリング 各税込1,470円
ネックレスとお揃いで着けてもかわいいです♥



(左) レースコラージュピンクあじさいと天然石のブレスレット 税込2,100円 
(右) レースコラージュピンクあじさいと天然石のネックレス 税込2,100円
着けるだけでパッと春らしくなるかわいいピンクのアクセサリーたち。
天然石はほんのりピンクのローズクオーツ♪



淡水パールと天然石のブレスレット 税込2,100円
ピンクの淡水パールとローズクオーツが可愛らしく、アンティークな雰囲気の自転車パーツが個性的なデザインのブレスレットです。



<ラベンダーシリーズ>
(左) リーフとキャンディージェイドラベンダーのピアス 税込1,470円
(中央) ブランチとホワイトジェイドドロップのピアス 税込1,680円
(右) フラワーメタルとタイガーアイドロップのピアス 税込1,470円
ちょっぴり大人っぽいピアスたちです。



(左) オリーブバード×バーベナのネックレス 税込2,100円
(中央) スワン×ホワイトかすみ草のネックレス 税込1,890円
(右) うさぎ×わすれな草 税込2,100円
樹脂でパーツと押し花を閉じ込めて、独特な世界観を演出したネックレス。



(左) パープルあじさいとパールのリング 税込1,890円
(右) レースコラージュパープルあじさいとグレイオニキスのブレスレット 税込2,100円
大人の華やかさをもつシリーズです。パーティーシーンにもぜひどうぞ。



レースコラージュパープルあじさいとホワイトジェイドのネックレス 税込2,520円
存在感がありながら上品なネックレス。
無地のセーターなどに合わせていただくだけで、目を惹くおしゃれが楽しめますよ(^.^)
カギのモチーフがアクセント♪



チェコガラスとマロンカットローズクオーツのブローチ 税込2,100円
アンティーク調のチェコガラスに、揺れるローズクオーツが大人かわいいブローチ。
襟元や帽子、バッグにつけて…。



  
コメント(0)mederu日記
玉原高原スキー編
 映画『おくりびと』でのオスカー受賞、やりましたね\(^o^)/
 まだ観ていないので、観たいです。
 日本人が活躍し、日本の文化が評価されることは、日本人の血が流れている者として単純に嬉しいです(^.^)
 本木雅弘さん、ますます男前になってきました。シブがき隊の時から好きでした。
 最初はヤックンだったけれど、途中からモックン派になりました。姉はフックンでした。でも三人とも嫌いじゃありません。
 シブがき隊って、三人とも結婚して、人の子の親になり、それぞれに活躍してますね。ジャニーズ出身の中では堅実派の3人です。
 会見では、本木雅弘も滝田洋二郎監督も家族に深く感謝していたのが印象的でした。どんなにすごい人でも、その源には家族がいる。
 家族って、やっぱりとっても大切なものなのだなと最近よく思います。いてくれるだけで幸せなのかも、、、と。

 そんなことを思ったら、玉原高原での思い出も大切なものに思えてきました。
 別にセンチメンタルな気分にはなっていませんが…。

 今日は玉原高原でのスキーについて。
 一日目は吹雪いていて、寒いのなんのって…。
 ペンションに車だけ停めて、大急ぎでゲレンデへ。なんでそんなに急いでいたかと言うと、(半強制的に)事前に申し込んでいたハリボーのスキースクールが始まる時間だったので。
 支度をしてバタバタと受付を済ませると、受付の人が「お子様、上から下まで降りてこられますか?」と聞いてきました。昨年来た時はどうにかボーゲンで降りてこられたけれど、あれから一年経っているし、滑り方も忘れているのでは…?と思っていたら、夫があっさりと「はい。」と答えてしまっていました。
 やや不安に思いながらも、もう時間もないし、私も“ま、いっか!”と思っていると、「今日はストックは使いません。置いて、行きましょう!」と先生がかけ声をかけたかと思ったら、あれよあれよと言う間に、ハリボーはストック無しで吹雪の中、リフトを乗り継いで一番上へと旅立っていきました。
 「どうかハリボー、お達者で〜!」と見送りました。
 それから2時間後、元気に戻ってきたので結果オーライです。

 それにしても、吹雪の中でのスキーは大変寒く、特にリフトに乗っている間はただただじっと辛抱の5分間。鼻や口など出ているところはビリビリと痛く、指先・つま先も感覚がなくなります。
 気温は−4℃だったのですが、風と雪が打ちつけるので体感温度は−10℃くらいでしょうか。雪国の人からしたら“まだまだ甘い!”という感じかもしれませんが、なまった身体にはこたえました。
 スキーって、滑るまでは面倒くさいし、重いし、寒いしで、“もうやだな。”と思うのですが、滑ってしまうと、何故かまたリフトに乗っている自分がいます。
 そして、吹雪の中のリフトでは“もうこれで最後にしよう。これが終わったら暖かいレストハウスで休もう。”と思うのですが、滑り終わるとまたリフトに乗って、同じことを思っているのです。不思議…。
 似ているものとしては…出産みたい?(私は一人しか産んでいないし、しかも帝王切開だったので分かりませんが。)

 そんな一日目でしたが、二日目は雲ひとつない快晴!
 リフトも涼やかで快適で、
こんな景色や↓


こんな山々が見えちゃうから、やっぱりスキーはやめられないのです!↓



 ハリボーはほとんど休憩なしで滑っていました。
 そして、雪合戦も少々。
 人に物を投げるという行為を久しくやっていなかったので、夫に雪玉を投げつけた時には“快感!”でした。
 ハリボーも同様だったらしく…

「あ、やめて下さい!お代官様〜!」「グワーハッハ!」


「ひゃ〜!おやめになって〜!」


「グヘヘヘ…。」



 母をいじめて楽しむハリボーなのでした。
 やっぱりしみじみと家族を思ってセンチメンタルになんて、なれません!(>_<)
  
コメント(0)mederu日記
玉原高原ペンション編
 2日間お休みをいただいて、群馬県玉原(たんばら)高原スキー場へ行ってきました!昨年に続き2回目です。

 朝7時に車で家を出て、朝食はサービスエリアで調達。
芸能人の楽屋弁当として有名な『まい泉のかつサンド』↓


「テレビでも紹介されて大人気!」との看板が出ていた『ポテシュー』↓
硬めの皮の中には、さつまいもとカスタードを混ぜ合わせたあっさりとした甘みのクリームが入っていてなかなか美味)^o^(



 そして、スキー渋滞と事故多発の関越道を長々と走りました。
 途中、車が真っ逆さまになっている事故現場の横をハリボーと「怖いね…。」と言いながら通り過ぎたりしました。
 車中では、恒例の“しりとり”をしながら…。ハリボーがやりたがるのでやってあげています。
 ハリボーは、「し、し…白子。」、「ま、ま…魔よけ。」、「ら、ら…ラー油。」、「ジャ。蛇のこと。」など、新橋のおじさんっぽい単語をたくさん言っていました。
 しりとりって、どんどん続けていくと、徐々に何でもありになりがちです。
夫:「り、り…リバーサイド。」
私:「えー!英語はなしじゃない?」
夫:「ホーテルはリバーサイド♪(by井上陽水)…。(無視して歌い続ける。)」
私:「…しょうがないなぁ。」
ハリボー:「ご、ご…ゴルバチョフ。」 人名もありかい!
ハリボー:「む、む…昔ながらのソース焼きそば。」 商品名もありかい!
ハリボー:「に、に…ニリンゴ。」
夫と私:「何それ?」
ハリボー:「煮たりんご。」
私:「それ言い出したら、食べ物の前に何でも“煮”とか“焼き”とかつけて言えちゃうんじゃない?」
ハリボー:「だって、保育園のおやつで“煮りんご”ってあったもん!」 など。

 私が「ば、ば…。」と考えている時、ハリボーが「ヒント。お年寄り。」と言いました。
 ハリボーは「ばあさん。」と最後に「ん」の付く言葉を言わせて、私を負けさせようとしたらしいのですが、私が「…ばばあ。」と言うと、普段そんな言葉を使わないようにハリボーに言っている私の口から「ばばあ。」が出たので、ハリボーは大喜びしていました。
 もちろん、次に「じ」が出た時は、「じじい。」が出ました。

 「り」が付く言葉はあまりないので、私が「利子」を出し、知らなかったハリボーに「利子っていうのはね、…。」と説明もしました。
 夫は「やっとこ。」と言い、「閻魔大王が嘘つきの舌を抜く道具。」と説明していました。
 ハリボーのボキャブラリーは増えたことでしょう。

 そうこうしているうちに沼田インターを出、徐々に山を登っていきます。
 すると、そこは雪国です。↓


 そして、ペンションに到着。↓

煙突のあるかわいらしいペンションです。

 今回泊まったペンションは、『スターガーデン』というペンションで、各部屋には星の名前がついていました。
 私達の部屋は『カシオペア』。ハリボーは「オリオンがよかった…。」とカシオペアに失礼なことを言っていましたが、部屋に入ると、↓


 こんなにメルヘンチックな“アルプスの少女ハイジ”が住んでいそうな部屋で、私もハリボーも大興奮(#^.^#)
 しかも二段ベッドになっていたので、ハリボーはオリオンのことも忘れて早速二段目に上ってはしゃいでいました。↓


 ハリボーがお風呂にいっている間に、私が二段ベッドの上で本を読んでいたら、ハリボーはそれを見て怒っていました。
 自分の部屋でもないくせに…。「ケチケチハリボー。」と言いながら、渋々下りました。

窓から見える景色(昼間)↓


窓から見える景色(夜)↓



 私の思うペンションの良いところは、本当にそれをやりたかった人が始めたという所が多く、大抵、気のいい夫婦だったり、自然を愛する心優しい人々が経営者で、忙しくも自分達の思いを実現させた喜びを感じていそうな人々で、その人たちが作り出した空間にはオリジナリティーがあって、その空間を私達宿泊客も楽しませてもらえるところ。
 こちらも例外でなく、50代前後のご夫妻が経営されていて、何から何まで二人でやっているようでした。手先が器用で何でも作れます!という風なご主人と、テキパキと仕事をこなす奥さん、という感じ。
 ペンションに泊まる度にひと巡りする私の思考はこう。一瞬、ペンション経営に憧れ、具体的な妄想に入り、やっぱり自分には無理無理と思って、たまに来て楽しむくらいがちょうどいいのだ、というところに落ち着きます。
 ペンション経営は、人一倍働き者で、自然を愛し、不便な環境の中で工夫ができて、人への配慮が行き届いている人でないと無理だと思うので、私には向いていないでしょう。
 たまに来て、非日常的な空間を味わわせていただくだけで十分満足です。

 そして、ペンションでの大きな楽しみの一つ、食事も大いに堪能させていただきました(^.^)
<サーモンと野菜のオードブル・ご主人お手製の手打ちそばサラダ・コーンスープ>




ハーフボトル赤ワインもオーダー。
鳥の絵がかわいい♪


<ポークソテーのきのこソースがけ>


<フロマージュブラン いちじくのジャム添え、コーヒー・紅茶おかわり自由>



 食事の時、ペンションのご主人がハリボーにこんなクイズを出しました。
「ビンの中のりんごはどこから入れたでしょう?」↓


 ビンの底を疑って見るハリボー。でも普通のビンです。
ご主人:「ヒント。花が咲いて、実がなります。」
ハリボー:「…。」
 正解は、花が咲いて実がなりそうな枝を挿しておいて、実がなったら、まだ小さいうちにビンの中に入れて、そこで大きく成長させて、最後に枝をチョンっと切るのだそうです。
 「へえ〜!そんなことできるんだぁ!」と感心。

 食事の後は、暖炉の灯にあたりながらゆっくりとお茶を飲み、ハリボーはご主人手作りの恐竜のパズルをやっていました。
 同じく家族で宿泊に来ていた小学校高学年くらいの男の子も、そのパズルに夢中になっていました。
 宿泊客とオーナーはもちろん、宿泊客同士でも会話が生まれ、人と人との距離が近いのも大きなホテルや旅館では味わえない良いところですね(^.^)




 暖炉の灯を見ているだけで心が落ち着きます。
 ムード満点なので、若いカップルの宿泊客にはもってこいの空間ですが、若いカップルは食事が終わると早々に部屋に戻っていくので、暖炉の周りに集まるのは家族連ればかりです。

 そういえば、肝心のスキーなのですが、長くなってしまったのでスキーの話はまたこの次に…。

  
コメント(0)mederu日記
問題ありの人たちのドラマ。
※明日1/21(土)〜1/22(日)の2日間はお休みです。

 明日から家族で一泊二日、スキーに行ってきます。勝手ながら、2日間お休みをいただきます<(_ _)>

 今朝、ハリボーが「ねえ、これきれい?」と言ってきたので見ると、朝食のベーコンエッグのベーコンをビロ〜ンとお箸で持ち上げていました。「?」と思ったら、「ほら、ここ。夜空の天の川みたい。」と。見ると、お皿の上に流れている卵の黄身とソース(そう、最近ハリボーは目玉焼きにはソース派)が混ざったところに、小さな泡が幾つもできていて、そこにベーコンがのっていた跡が帯状についていました。小さな泡が夜空の星、ベーコンの跡が天の川に見えたみたい。
 ハリボーったら、顔に似合わずロマンチックね♥
 でもこんな時が、子どもとの暮らしの良さを感じる貴重な瞬間であります。

 ところで今日はドラマの話。
 今シーズン、連続ドラマはNHK大河ドラマ『天地人』しか見ていなかったのですが、先日聞いた脚本家 山田太一氏のインタビュー話がとてもよかったので、今やっている山田太一脚本のドラマ『ありふれた奇跡』に興味を持ちました。
 すると、普段はあまりドラマを見ないスタッフKちゃんが珍しく見ているというので、これまでのあらすじを聞き、面白そうだったので昨日初めて見ました。
 私好みのドラマでした!Kちゃん、教えてくれてありがとう〜(#^.^#)

 複雑な人間模様を上手く描き出していながらも、セリフがうるさくなく、名ドラマ『ふぞろいの林檎たち』の時から衰えていない山田太一氏の腕とカラーが健在でした。
 登場人物が皆何かしらの問題を抱えながら生きていて、問題だらけの悩ましい人たちばかりだというところがよかったです。
 人間の真をついたようなセリフがところどころに入っているのも。昨日の回では、「問題のない人間なんていないですよ。いたらインチキですよ。」など。
 また、受けつけない人もいるかもしれないけれど、セリフまわしが独特で、それに仲間由紀恵が輪をかけてクセを出すところも私にはよかったです。
 例えば、普通のドラマだったら、「私はああでこうだから、結婚しない。」と言いそうなところを、「私…しない…結婚…。」というようなセリフを、あの仲間由紀恵が、あの声で、あの調子で言うところ…それだけで見たかいがあったというものです。(嫌味でなく、ホントに。)
 
 問題のある人や正しくない人々の味方であるというスタンスが私は好きです。
 問題があって、どこかコンプレックスを持っている人のほうが、味があります。
 先日大いに感動した村上春樹氏の『卵と壁』の話でも、弱い卵が正しいから味方するのではなく、例え卵のほうが間違っていて、壁のほうが正しいとしても、弱い卵のほうの味方をするのだと言い切っていたところにいたく感動したのです。

 問題を抱えた完璧でない人々の人間模様、来週も楽しみです♪
  
コメント(0)mederu日記
SAS II RO 新作アクセサリーのご紹介♪
 最近、ハリボーはブランコにはまっているようです。
 この前お店に来ていた時も何回か「ブランコに乗ってくる!」と公園に行っていました。
 ブランコで、前にヒューといく時には目をつぶって、自分が高い山と山との間にヒモをかけて、下が谷底という状況でブランコに乗っていることを想像するのだそうです。すると、お腹のあたりがスーッとして、それが楽しいのだそうです。
 子どもの頃って、よく想像して楽しみましたよね(^.^)
 私は、フトンの外はワニがたくさんいる川だと想像して、わざとフトンからちょっと足や手を出してすぐに引っ込めて、「あ!ワニだ!危ない、食べられるところだった!」なんて遊んでいました。
 ちなみにハリボーはブランコを一人でちゃんとこげるようになったのも最近だそうで、ちょっとビックリ(*_*)ブランコのこぎ方、ちゃんと教えていなかったんだ〜。盲点でした!

 さて本日は、北の都、北海道は札幌のブランド SAS II RO(サシイロ)から、新作アクセサリーが入荷しましたのでご紹介します♪
 一生に一度は行って見たい、『さっぽろ雪まつり』の素敵な画像と一緒にどうぞ…。

シンっと冷たく澄んだ空気が伝わってくるようです。



4種の天然石のシルバーピアス 4種セットで税込5,250円
4種の天然石パーツをお好みで付け替えられるお得なピアスです。
服装やその日の気分、TPOに応じて付け替えてお楽しみ下さい♪
※ペリドット、スモーキークォーツ、クラッククォーツ、シェル



※ラブラトライト、スモーキークォーツ、クラッククォーツ、シェル



 吹雪の中、小学生らが懸命に作品を作る姿を見た後、完成した作品を見ると、より一層格別な思いがするそうです。
 一生懸命に作ったものには“作者の思い”が込められていますから、作品には人を感動させる力が宿るのでしょうね。



シルバー9連リング 各3,990円
サイズ:11号、13号
シンプルなシルバーリングが3連ずつ組み合わさって、編み込みのような模様に重なるモダンなデザイン。
服装を選ばずお使いいただけます。



 SAS II ROはアクセサリー什器も人気!
 今回は春夏に向けてガラスのプレートが各種入荷しております。
 アクセサリートレイの他、プランターやフラワーベースを置いても素敵なインテリアになりますよ♪

真鍮(しんちゅう)or銅入りプレート 各税込1,575円
きれいな植物模様が浮き出ています。



その他各種ガラスプレート 税込1,470円〜2,205円



  
コメント(0)mederu日記
中川さん騒動から…。
 中川さん、辞めましたね。
 政治家を見ていると、酒・金・女というのは男性を陥れる三大要素に間違いないな、と思います。
 昨夜、姉と中川さんの話になり、こんな会話をしました。
姉:「何であんな状態の人を出したんだろう。周りがとめなきゃ。」
私:「とめても本人が聞かなかったのかもよ。ウチのお父さんだって酔ってたら『俺は酔ってない!出る!』とか言いそうじゃん。」
姉:「言いそう、言いそう。」
私:「そうなったら何言ったって聞かないから、“もう放っておこう。出て本人が恥じかけばいいや”ってなるよね。」
姉:「そうだね。」
 酔っ払いは、自分が酔っていると自覚していないことが多いから困ったものです。
 母は、実父の酔った姿もビデオに撮って流そうか!と言っていましたが、姉と私とで「そんなことしても変わらないよ。やるだけ無駄。」とその案を却下しました。
 まあ、暴力的な酒乱でないだけましですけど、本人に「俺の酒はいい酒だ。(俺の飲み方はいい飲み方だ)。」と言われると、“それは違うでしょう(-_-;)”と思います。

 それと、中川さんが自宅に帰った時の映像で、奥さんが記者に聞こえるような声で「よ!日本一!大丈夫!」と言っていたのを聞いて、“へえ〜、そう出るんだ。”と思いました。
 夫を支える妻をアピールしたように見えました。
 私だったらどうするかな。「やっちゃいましたね。本当にスミマセンね。」と謝るだろうな。威勢よく声をかけるとしたら、「よ!酔っ払い!これで分かったか!」と言うだろう。
 そして家の中では、「あーあ、やっちゃったね。でもやっちゃったものは仕方ないね。おとなしく暮らすしかないね。」と言って日常生活に戻るだろうな。

 ウチの実母だったら、「本当にすみませんね。ウチの人はお酒さえ飲まなければいい人なんですよ。でもお酒がねー。」と言って、家に入ってからも「ほら見なさい!あなたはお酒で失敗する人なのよ!あの時もこうでああで…。」と言い続け、しまいに父が「何を言うか!」と怒って、終わって、そして何も変わらないのだろう。
 これがウチの両親の何十年も繰り返しているパターン。
 この夫婦を見ていると、これが互いのストレス解消法なのだろうと思う。
 父が酔っていなくても、母からお酒をネタにケンカをふっかけて、それに父がのって、母も待ってました!という感じに言い返している場面も見るし。
 本当に嫌なら放っておくのが一番なのに、そうはしない。そういうところが、夫婦なのだろう。
 昔、『おもろい夫婦』という番組があったけれど、あれ、再放送しないかなぁ。
 今見たら、当時とは全く違った視点で楽しめそう。

 それにしても、中川さんのあの映像は、お笑い芸人にとっては格好のネタ。“劇団ひとり”も早速、結婚記者会見で使っていたようですし。
 私のお気に入りの場面は、記者が白川総裁に質問しているのに、横から「誰だ!?」と言ったところと、白川総裁の前に置いてあるコップを取ったところ。あの時、白川総裁も“あ、俺のコップ〜。”と思っただろうと想像すると…ククク…。
 不真面目ですみません。笑い事じゃないですね。
  
コメント(0)mederu日記
やまじひとみ 新作カードのご紹介♪
 昨日は、中川財務相にあきれ、村上春樹氏のスピーチに感動し、救われた一日でした。
 村上春樹氏の“壁と卵”に例えたスピーチは素晴らしく、深く胸に響きました。(→http://www.afpbb.com/article/life-culture/culture-arts/2572390/3808317)
 一人の小説家としての哲学と誇りを感じました。

 そして昨日は、相反する大人の形を見た一日でもありました。
 村上春樹氏と、白川総裁(中川財務相の隣にいた人)。
 前者は、自分で思うこと、感じたことを自分の言葉で自分の意志で発することのできる大人、後者は、それができない大人。
 地位や名誉はいらないから、私は常に前者のような大人でありたいと思いました。

 さて本日は、やまじひとみさんの新作カードのご紹介です♪
 イヌ好きさんへのバースデーカードはもうこれで決まり!
 ご本人もお気に入りの新作とのこと♪
 やまじさんらしい、ほんわか優しいタッチのカードです。
バースデーカード『ながーいイヌ』 税込315円
※封筒付き。


開くとあらら…ながーい胴体にプレゼントをたくさん乗せて。。。お散歩です♪





 長いこと完売しておりましたカード『ハートみち』も入荷です♪
 バレンタインカードとしても人気がありました♥
グリーティングカード『ハートみち』 税込315円




 大好きな黒ネコさんへ続くハートみち…。『ハートみち』という響きがやや演歌っぽくて好きです(#^.^#)



 その他、各種カードやテキスタイルアートも再入荷しております(^.^)

  
コメント(0)mederu日記
中川さんもだけど、あの人もこの人も…。
 昨夜、大阪に行っている姉から電話がありました。
 バレンタインは平井堅に会って(※コンサートでです。)最高に幸せだったそうです。
 そして昨日は、私の夫のお兄さんに案内してもらって“大阪食い倒れツアー”を満喫したようです。
 ほんの数日会っていないだけなのに、ハリボーに会いたい会いたいと言っていました。
 愛情豊かなのは姉の良いところです。

 ところで、中川財務相、やっちゃいましたね。
 朝のニュースを見てビックリしました。酔っ払っている夜の実父とそっくりで^_^;
 でも実父は家で酔っ払っているだけなのでまだいいとして、中川さん、あなたは世界各国のメディアの前であんな醜態を!
 風邪薬とお酒の飲み合わせだったとのことですが…いつもはきちんとしているのに、世界に自分の酔っ払った姿が流れてしまうなんて…お気の毒。でも、日本人として恥ずかしい(>_<)あんな酔っ払いのおじさんが日本の代表で記者会見に出ているなんて…。

 政治といえば、最近、身近な友人知人から「麻生さん、いい加減にしてもらいたい!」、「あの声を聞くだけでチャンネルを変えたくなる。」、なんていう言葉を耳にします。
 麻生さん…最初から期待はしていなかったけれど、ここまでか!という感じです。
 ハリボーまで「“みぞう”を“みぞうゆう”って言っちゃったんだよね、この人。」なんて言ってますよ^_^;
 
 麻生さんも困ったものだけれど、小泉さんも好きじゃありません。
 あくまで私見ですので、小泉ファンの方は読み飛ばしてくださいね(^_-)-☆
 私は小泉さんが総理大臣をやったことは“必要悪”なことだったと思っています。
 確かに小泉さんのおかげで、今の自民党の悪いところが浮き彫りになったし、日本の問題もシンプルに分かりやすく露呈したという点では必要な人だったと思うのですが、やることがシンプルすぎます。
 シンプルで分かりやすく、威勢が良くてスマートなので、何となく惹かれてしまい、カリスマ性があるなんて言われていますが、政治はシンプルにすればいいってもんじゃあないと思います。政治はもともと、白黒つかないことが多い複雑なものです。
 壊すのは上手いけれど、壊した後の始末をあまり考えていない、詰めが甘いので、今、そのしわ寄せが混乱として起きているように見えます。規制緩和は良い例です。
 壊した後は丁寧により良いものを作らなければ、何のために壊したのか、壊さないほうがよかったのではないか、とさえ思うこともあります。
 郵政民営化だって、良かったのかどうか、はっきりいって分かりません。
 民間でできることは民間で、という考え方自体は私も大いに賛成なのですが、今の郵政問題のゴタゴタを見ても、郵便局の仕事ぶりを見ても、メリットをあまり感じません。
 郵政選挙だとか言って、刺客を送りつけるやり方も好きじゃありませんでした。
 あの選挙で当選した杉村太蔵議員のコメントを聞いた時には、“なんじゃこりゃ?”と思いました。(その後色々と苦労もしたでしょうから、杉村さんも変わったのかもしれませんが。)
 この選挙の時も私は多数派のほうには入れていないので、“民意”を反映したものだと言われると、違和感を覚えます。多数決なのだから仕方ないのだけれど…。

 小泉さんが出てきたことで、また国民が小泉劇場に魅せられてしまうことも心配ですが、一番心配なのは、“もう誰が総理大臣になったって同じ。政治なんてもういいや。”と国民が諦めてしまうこと。
 皆さん、選挙があったら投票しましょう!
 投票もしないで、国や政治のことをグチグチと言う人は一番無責任だと思います!
 投票する良い人がいない場合は、自分で出ましょう。自分で出る気がないのなら、自分が出るよりましかな、という人に入れましょう。
 
 先日、スタッフKちゃんが昼間のデパートに出かけたらすごい混雑していて、“昼間に仕事しないでデパートで買い物している若い人たちがこんなにいるんだ!”と驚いたと言っていて、「なんだかんだ言っても、日本は平和ということか!?」なんて話したことを思うと、結構みんな今の日本に満足しているのかも。
 私は、日本は好きだけど、選挙があったら与党には入れませんけどね〜。
 次の選挙でも自民が勝ったら、”なーんだ、やっぱり皆、変えたいと思ってないんじゃない。”です。
  
コメント(0)mederu日記
てんとう虫グッズのご紹介+一昨日のこと。
 皆さん、昨日のバレンタイン・デーはどうでしたか?
 我が家の男性陣は結局、夫が行きつけの飲み屋のママから一つと、ハリボーがピアノの先生とおばあちゃんから一つずつ、あとは両者とも私から一つずつという結果でした。
 母がハリボーに「同級生の女の子、誰もくれなかったねぇ。」と言っていたので、一応私がフォローして「まだ一年生だし、土曜日で学校お休みだったしね!」と言ったけれど、スタッフKちゃんの子どもたち(年長さんと小学2年生)はちゃんと呼び出されてもらったみたい。
 でも当のハリボーは気にすることなく、500円の図書券をあげたらいそいそとコロコロコミックを買ってきてニヤニヤしながら読んでいます。色気なしです^_^;
 ちなみに今日もお店に来ています…。

 ということで今日はちょこっと、かわいいてんとう虫グッズをご紹介して、昨日書きかけていた一昨日のことでもって失礼します。。。

てんとう虫ホッチキス 税込609円
てんとう虫プッシュピン 税込399円
見ているだけで元気が出るてんとう虫くん。
オフィスやご家庭など身近なところに置いて楽しくお使い下さい(^^♪



 ところで話は変わって…。
 一昨日は朝早くからハリボーの学校に行って、“読み聞かせボランティア”をしてきました。
 読んだのは、ハリボーも大好きな『そんなことって、ある?』(作:奥田継夫 絵:西村繁男)という絵本です。
 日本の古きよき家族風景を美しい絵と共に描き出したほんわか温かい本です。→http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=3128
 ハリボーのクラスの子ども達は、「桜だ!きれい〜。」なんて言いながら、集中して聴いてくれていました。
私:「今日は古い絵本なんだけど…。」
A君:「新しそうに見えるけど?」
私:「あ、そうだね。この本自体はあまり古くないね。お話しが古いの。おじさん達が書いた本です。作:奥田継夫 絵:西村繁男…」
A君:「本当だ。おじさん達だ。」(名前で“おじさん”と判断。)
 なんて会話もよかったです。

 その後、PTAの係の仕事“校外パトロール”がある夕方まではお家でぬくぬく。
 床暖房をつけて毛布をかけて本を読んだり、テレビを見たりしている時が至福の時間です(#^.^#)
 テレビでは、脚本家の“山田太一”が出ていて、“なるほど〜。”や“同感!”と思う話しをしていました。
 「僕のドラマではよく“コンプレックス”という言葉を使うのだけど、今の人たちはあまり“コンプレックス”という言葉を使いたがりませんね。“個性”とか言いますね。…傷つけ合わないように。…今の世の中は、みんなで空気を読み合って、摩擦を避けて、当たり障りのない世界が仕上がって、そして孤立していく、息苦しい世界。言葉や会話が少なくなってきている。」
 「お金があったら幸せか?不便でしょ。もっと増やさなきゃとか、相続がどうの、運用がどうのとか…。」
 「薄味の方が大人みたいになって、でもそれだけでは満たされず、死んじゃったりする。でも、最近段々とお金じゃないとかそういうことに気づき始めている点では、今の方が成熟しているのかもしれない。派遣切りなども、“声をあげていかなくては”という情熱が出てきた点ではいいことかもしれない。」
など。

 ニュースではオバマ大統領が出ていました。
 初の黒人大統領が生まれた歴史的な瞬間にタイムリーに遭遇できたのは嬉しいことです。
 オバマさんもいいけれど、私は奥さまのミシェル夫人が好き。二人が映っていると、ミシェル夫人ばかり凝視してしまいます。
 ミシェル夫人をよく知っているわけではないけれど、聡明で、強くしなやかで、大きな困難を自分の力で乗り越えてきた人だけが持つ懐の深さを感じるのです。
 落ち着いていて、ちょっとやそっとの苦難には動じない、深く静かな湖のような…。
 そしてオバマさんは、その大きな器に見守られながら、安心して自分の熱い思いをグングン伸び伸びと実行しているように見えます。
 素敵な夫婦だなぁと思います。

 そして夕方になったので、校外パトロールに出かけました。
 あまり子どもたちには会いませんでした。
 最近公園に「靴下見せて。」と言ってくる不審者が出るそうです。
 春になると変な人が出てくるのでイヤですね。

  
コメント(0)mederu日記
バレンタインの思い出と流行。
 今日はハッピーバレンタイン♥
 全国の片思いの乙女たち、大好きな彼に気持ちが届きますよ〜に♪

 我が家は何てことなく終わりそうなバレンタイン。
 夫は社内旅行でいないし(「こんな日に社内旅行なんて、あやしい!?」と言ったら「みんな奥さんにそう言われるだろうな、って言ってた。」と。まあ、信じましょう。)、姉は平井堅のコンサートで大阪に行っているので(「バレンタインは愛する堅様と過ごすの♥」とはりきっていました^_^;明日は、兵庫に住む私の夫のお兄さんに大阪案内をしてもらうそうです。人なつっこい姉です。)、今日はハリボーとしっぽりラブリーに過ごします♪
 
 ということで、今日はハリボーがお店に来ていて落ち着きません(>_<)
 先日スタッフのKちゃんと交わした会話でもって失礼します。。。
※スタッフのKちゃんとは、高校時代からの親友です!
Kちゃん:「S(Kちゃんの下の子)、一足先に幼稚園の女の子からバレンタインチョコもらったよ。手紙付きで。」
私:「へえ〜すごい。S君がもてるの分かるよ。フェロモンがあるもん。小さいのにちゃんと。ハリボーはフェロモンがないんだよね〜。ダンナゆずりかなー?」
Kちゃん:「Sは男っぽい態度するからね。本当は甘ったれなのに。」
私:「そこがいいんじゃない?普段は男っぽいのに、本当は甘ったれっていうところが。」
Kちゃん:「フフ(^.^)」
私:「バレンタインっていうと、高校時代にKちゃんの家で手作りチョコを作ったことを思い出すよ。あれはきっと一生忘れない思い出。」
Kちゃん:「ホント、青春だったね〜(^.^)」
私:「青春の1ページだよね。私は大して好きでもない人に作ったよね。Kちゃんはちゃんと好きな人に作ってたよね。A君のこと、本当に好きだったもんね。」
Kちゃん:「今思うとどこがよかったのか分からないんだけどね。」
私:「でも、A君もフェロモンあったよ。顔が特別かっこよかったわけじゃないけど、なんかかわいくて、母性本能をくすぐるタイプっていうか。」
Kちゃん:「なんか、かわいかったよね。でも、背が高いっていうのは大きかったかも。私背が高い人が好きだから。」
私:「高校時代の写真とか見ると笑っちゃうよね。遠足で鎌倉に行った時の写真、私もKちゃんも短いキュロットはいてたよ。髪の毛は二人ともパーマかけてた。靴は茶色のローファー。Kちゃんは白いソックスにローファーが定番だったよね。」
Kちゃん:「アハハ。今じゃ死語の“ソバージュ”だよね。今美容院行って、『ソバージュにしてください。』って言えないよね。男子のジーンズはケミカルウォッシュだったよね。」
私:「そうそう!」

 そんな時代もありました。英字新聞プリントのシャツとか、段カットとか…。
 でも流行は巡り巡るもの。またいつか、ケミーにキュロット、ついでに太眉の時代が来るんだろう。
  
コメント(0)mederu日記
himawarino-hana(ヒマワリノ ハナ) 新アイテム!ブックカバーのご紹介♪
※明日2/13(金)はお休みです。

 木曜の朝のひとときのお楽しみ『朝のヒットスタジオ』で、今朝は“ばんばひろふみ”さんの名曲『sachiko』が流れました。
 「♪sachiko 思い通りに sachiko 生きてごらん ひとりぼっちの 旅でもいい 倒れそうに疲れた時は 僕の両手に 戻ればいいさ♪」の歌詞が胸にしみました。
 夢を追いかける男性とそれを支える女性という曲は多いですが、女性を大らかに包む男性の曲って、意外と少ないような…。
 こういう曲もいいものです(^.^)

 さて本日は、himawarino-hana(ヒマワリノ ハナ)から、キュートなブックカバーがスポット入荷しましたのでご紹介します♪
 「かわいさを密かに楽しめるような作品を作るのが好き。外側はシンプルで内側がものすごく自分好みの色柄みたいな…。」とおっしゃるhimawarino-hanaさん。
 今回もまさにそんな作品たちです(^.^)

ブックカバー 各1,680円
※文庫本サイズです。
表側のネコちゃんとワンちゃん、なんだか恋をしているみたいだけど、一人なの?。。。あ!中を開くとちゃんとお相手が!よかった、よかった、ちゃんと両思いだったのね♥
 柄のある生地をあえて内布に使ったところがhimawarino-hanaさんのこだわり♪
 使う人だけが密かにワクワク楽しめちゃいます!
 ネコ好きさん、イヌ好きさんにはたまらないですね〜(#^.^#)





 ハートの刺繍の糸選びでは、刺繍糸を眺めてじっくりと時間をかけて決めたそうです。「ちょっとしたことにすごくこだわってしまうのが私の癖みたいです。」と。
 そういう作り手のこだわり、大事だと思います!!
 そして、鮮やかな赤い糸が選ばれたのでした。





 ツンッとすまし顔でポーカーフェイス、でもハートに思いが表れちゃうネコちゃんに、素直に向き合い見つめ合うワンちゃん・・・そんな雰囲気が出てますよね♪

  
コメント(0)mederu日記
結婚について。
 昨日帰ってからハリボーの顔を見ると、口の周りが内出血してカールのおじさんになっていました。「また牛乳ビン、口にはめたでしょ。」「うん(^.^)」。2度目です。
 “よくいたいた、そういう小学生男子って”にまんま当てはまっているハリボーです。
 それと、子どもは眠いとなるとどんな時でも寝てしまう生き物ですが、昨日のハリボーの寝方にはビックリ!↓
パソコン用のイスに足を乗っけて、首は垂直。大丈夫か?
夫が抱っこして寝床に移動させた後、座布団の上にはよだれが…。



 話は変わって、昨日の日記にも書きましたが、久々に友人(男)の結婚パーティーに招かれました。
 8〜9年前が女友達の結婚のピークで、それからはパラパラと男友達の結婚パーティーが入ったりしましたが、最近はパタッとそういう話がなかったので久しぶりに楽しみです。懐かしい友人達とも会えるし♪
 そんなこともあり、“結婚かぁ〜”と物思いにふけってみました。
 結婚式…私の式はごく一般的なものでしたが、周りからは「初めてとは思えないほど堂々とした花嫁だった。」と言われました。バージンロードも大股で歩いていたそうです。
 二次会では、自分ではよく覚えていないのですが、花嫁からの言葉のところで、「自分達のためにこんなにお集まりいただくなんて、次はお葬式くらいなもので…。」と言ったそうです。友人は、めでたい席で突然そんなことを花嫁が言い出したことにえらくビックリしたらしく、「未だに忘れられない!」とよく言っていました。
 新郎(夫)が、いい気持ちで英語の曲を歌っている時も、うっとりと聞き惚れる花嫁ではなく、横でけげんな顔して“なんか英語で歌っちゃってますけど…勘弁してあげてください”と言った風だったそうです。
 そう、私は昔から結婚に夢を持っているタイプではありませんでした。よく結婚したなぁと自分でも思います。
 何で結婚したのかと聞かれると、「相手がしたいと言って、特に断る理由もなかったから。」と答えています。それだけ聞くと、“だんなさん、かわいそう〜。ひどい!”と思う人もいるようですが、それほどひどい話ではな(いと思うのだけど)くて、“結婚したいと待ち望んでいるところにプロポーズされて喜び勇んでしたわけではない”というだけです。
 なので、「だんなさんのどこが良かったの?」と聞かれればちゃんと「(狙った娘にだけ優しくするといった優しさじゃなくて)全人類的な優しさを感じたのと、(道路に痰を吐いたりしない)基本的な公共マナーができている人(そういう教育を受けてきたであろう人)だったから。」と答えています。※今日はくどい書きかたですね。
 でも、結婚に対する最初の期待感が乏しかったせいか、思ったよりもいいものだと“今のところ”思っています。
 思えば、うちは姉も私も結婚に対しては現実的でどちらかといえば悲観的でした。
 それはたぶん、本家で生活していたからだろうと姉と話しています。
 本家には、様々な親戚の情報が集まってきます。良い情報もあれば、悪い情報もあり、離婚問題、金銭問題、子育て問題、嫁姑問題など、あらゆる家庭問題が祖父母のいる本家には流れてきます。ウチが特別に問題が多いわけではなく、たぶんどこの家にもあるような問題です。もし問題が何もないという家があったら、それは(問題があるのに)気づいていないか、考えないようにしているか、鈍感で表面的なつながりの人たちかのいずれかだと思います。
 私たち姉妹は幼い頃からそういう“大人の話”や“大人の事情”を聞いたり感じたりしてきたので、“結婚=happy”という単純な式ではないと思ってきました。
 確か二十歳そこそこの時に私が友人に「結婚なんて誰としても一緒だよ。生理的に受け付けない人じゃなければね。10年間同棲した人同士でも、昨日初めて会った人同士でも同じっていうくらい、一から作っていくものだと思うよ。」と言って、「えー!?そんな冷めたようなこと言わないでよー(*_*)」と驚かれたことがあります。でも、この考えは今も変わっていません。別に冷めているわけではなく、逆に熱いくらいの思いで、努力して一から作り上げていくのが家族であり、“結婚”だということを言いたかったのです。

 私は今、結婚してよかったと思っています。でも姉に「結婚しなよ。」と押し付ける気はありません。
 先日、親戚の叔母が姉に「自分でマンション買って、独身貴族で(決して“貴族”ではありませんけど…。)こんな生活もしてみたかった、と思うけれど、実際私にこういう生活ってできたかしら?淋しくならないかしら?」と単刀直入に聞いていました。 姉は「淋しいよ〜。特に病気とかした時には。でもね、そういう淋しさよりも、今の自由さのほうが勝っちゃうんだよねー。」と言っていました。
 姉は私よりも繊細な子どもだったので、色々なことを敏感に感じ取り、言いたいことも言わず、遠慮や我慢を沢山してきたことが今に影響しているのです。
 でも、それら全てを自分で分かっていて、乗り越えて、納得して選んでいる道なのでそれはそれでいいと思います。ただ、姉は自分で“子孫を残していないことだけは人として申し訳ない”といつも思っているそうです。(もちろん、子どもが欲しくてもできない人は別です。自分で子孫繁栄を選んでいないことを“人類に申し訳ない”、と思うのだそうです。)

 何だかつらつらと書きましたが、このテーマについてはもっと書きたいくらいです。
 でも、時間がないのでまたの機会にします。
 最後に、本家での生活は大変だけれど、深みがあってなかなか良いものだと今は思っています。
 本家に近い環境で育っているハリボーも、同年代の子と比べて何かと苦労も多いかと思いますが、いつの日か、“なかなか良かった。”と思ってくれればよいなぁと思います。

  
コメント(0)mederu日記
M♥NH(マナホ) 春限定!いちご&ひなまつり作品スポット入荷です♪
 2月のツンッと冷え込んだ早朝には、剣道部での“寒稽古”を思い出します。
 中学から大学までの10年間、部活はずっと剣道部でした。
 ケガもあって高校からはマネージャーに転向しましたが、道場で黙とうしている時の静まり返った神聖な空気や、気合みなぎる稽古、礼に始まり礼に終わる武士道の世界観が好きで、気づけば部活は剣道一色でした。
 2月、まだ暗いうちから各々道場に集まり、冷たい板の間の上に裸足の足を下ろす時の痛いくらいの冷たさ!マネージャーももちろん、神聖な道場の上では裸足でした。
 プレーヤー(剣道には似つかわしくない呼び名ですが^_^;)の身体から湯気が出て、私の足の感覚がすっかりなくなった頃、稽古が終了します。
 夏の暑さ、冬の寒さ、厳しかった稽古ほど覚えているものですね。
 真夏の合宿先、サウナのような道場を出た時、広い青空に架かっていた大きな虹の美しさ!一生忘れないことでしょう。
 …っと、剣道部の思い出話を書いていたら、ちょうど偶然、何年も会っていない大学時代の剣道部仲間から結婚パーティーのお誘いの電話が!ビックリ〜(*_*)

 さぁ、前書きがかなり長くなりましたが、2月は寒稽古の思い出、そして3月といえば、イチゴ狩り!(強引なつなげかた!?)
 でも本当に千葉県に住んでいた大学時代は3月になると仲間たちとイチゴ狩りに行ったものです。
 そこで、ミニチュア雑貨を制作している姉妹ユニットM♥NH(マナホ)から、春限定!いちご&ひなまつりの作品がスポット入荷しましたのでご紹介します♪
 いちごのマチ針やいちごケーキのマグネット、ちょこりんとしたお雛様など、ちっちゃくて可愛らしいものばかりですよ♥

はるのいちご ピンクッションセット 税込840円
はるのいちご マチ針セット 税込525円
スイーツと一緒に、真っ赤ないちごちゃんのマチ針が入っています♪



いちごカットケーキ×4 マグネット 1コ税込630円
いちごカップケーキ×3 マグネット 1コ税込525円
いちごやいちごソースのかかった美味しそうなケーキが詰まったマグネット(#^.^#)
ケーキはどれもミリ単位という小ささです!



クッキーマグネット 1コ税込420円
サイズ:3.5cm×3.5cm
本物そっくりで思わず食べてしまいそう!でもよい子の皆さん、食べないで下さいね♪
チョコレートのほうは、甘いものがちょっぴり苦手な彼へのバレンタインプレゼントにもいいですね♥



ちょこりんお雛様 ※カゴ付き♪ 税込1,470円
サイズ:台の直径8cm
手のひらにのっかるサイズのミニお雛様。
机の上にちょこりんと飾って、ひな祭りを楽しんで下さい(^.^)
着物がグリーンのお内裏様やカゴの色違いもあります。



  
コメント(0)mederu日記
2009年春のギフトショーでの数日。
 昨日は風びゅんびゅん、今日もぐっと冷え込んでさぶいです。なのに花粉はもう飛び始めたようですね。今年は花粉症、軽くすめばよいのだけど。。。

 さて本日は、先日行ってきたギフトショーのご報告♪
 商品紹介ではありませんのであしからず…。

 ギフトショーの会場である国際展示場、その名も『東京ビッグサイト』にはいつも『ゆりかもめ』(正式名称:『東京臨海新交通臨海線』。知らなんだ〜。)で行きます。
 途中、築地移転問題で話題の『豊洲(とよす)』を通ります。
 豊洲地区の土壌汚染問題が叫ばれていますが、確かに・・・。
 こういう所に東京の台所を持ってくるのは、一都民としても何となく心配です…。



 そして、毎年年に2回お出迎えしてくれる巨大ロボットのような東京ビックサイトの正門。この中に次々と人が吸い込まれてゆきます。私もその一人。


 門の両脇に貼られている大きな垂れ幕には今年も「東京でオリンピックを!」といったことが書かれていました。石原都知事の顔が浮かんできました。

 中のブースは許可なしでは撮影禁止のため、画像はありませんが、とにかく広い会場に何千社という企業が出展していて、何万人もの来場者がいて、その間をうねうねと歩きながら商談もするという体力勝負の数日です。
 商談の合間の息抜き(?)に、ちょっとしたショータイムなんかもあります。
少し前から流行のハワイアングッズのブースにて。↓
しなやかに踊ってます。



 苔むした(ように見せかけた)象の置物なんかが置いてあったり。↓
 これも商材なので、これを見て“仕入れたい!”と思った人は、案内されているブースに行って商談です。
 うちに入れたらお店の大半が象で埋まってしまいますが、広いレストランやホテルに置いたら目を惹くかも。



 ちなみに今回のギフトショーのテーマは、『ヘルシー&エコロジカルライフスタイルの実現』。エコグッズはまだまだ注目されそうですね。
 今年の春夏のアクセサリーは、“ライトアフリカン”が流行るそうです。(業界がそう仕掛けるのですが。流行ってから作っていたのではメーカー業界は成り立ちませんものね。)
 ウッドやシェルを紐に通した感じのアクセたちに注目です。これも自然→エコを意識した形ですね。
 mederuでもライトアフリカンなアクセたち、近々入荷してきます♪
 
 帰り、“ゆりかもめ”の先頭の席が空いていたのでそこに座り、夜景がきれいだったのでパチリと撮ったら、反射してNGでした。しかも撮ってる自分が写っちゃってるし(>_<)
 小さく載せます。遠くに目をやって下さい。少し夜景が見えます。↓


昼間撮ったのがこちら。↓


反対方面に行く“ゆりかもめ”に遭遇したのでパシャリ!↓



 そうそう、今回のコンテストの結果も出たようなのでお伝えします。
 全ての中からのグランプリが、『ネットワークコミュニケーションロボットNabaztag(ナバズタグ)』〜耳が動き光る可愛いうさぎ型のロボットで、ネットで世界とつながり、メール、天気予報、音楽、ニュースなどを伝えてくれるそうです。(定価24,800円)
 新製品コンテストの大賞は、『生キャラメルポット』〜容器に材料を入れ、レンジで温めかきまぜる。冷凍庫で冷やせば「話題のスイーツ」“生キャラメル”!(定価3,129円)。 
 お家で生キャラメルか。でも私は田中義剛の花畑牧場の生キャラメルが食べてみたーい!
 例の恥ずかしくなるネーミングの“女性のハートをキャッチするギフトグッズコンテスト”の大賞は、今回は“該当なし”だそうで、準大賞が、“犬のパッチワークが付いたミニトート(定価1,890円)”と、“丸くてポッコリとした形のかわいいカラフルなトイレブラシ(定価未定)”でした。
 それと、輸入品人気コンテストの準大賞には、mederuにも入荷していてそのうちご紹介しようと思っている、ドイツ製保温・保冷ポット『Thermo Bear』(税込5,040円)が選ばれていました!
 当店では黒ネコが入荷しております♪↓



 そんなこんなの2009年春のギフトショーでしたが、収穫あり!でしたので、どうぞ新商品を見つけにいらして下さいませ(^.^)

 そして、心地よい疲労感を抱えつつ、家(実家)に帰ると、いつも玄関まで迎えに来てくれるハリボーが来ません。
 祖母の部屋を覗いて見ると、おこたに入った年の差87歳の二つの背中が並んでいました。94歳の祖母は揚げ物を食べていて、7歳のハリボーはポケモンのテレビを見ていました。
 それぞれ好きなことをしながら、ハリボーはたまにから揚げをもらったり、ポツリポツリと会話をしながら過ごしています。
 “この二人には二人の関係性があるんだなぁ”と、ほのぼのとした感じで思わずパチリと撮りました(#^.^#)↓


 ハリボーの定番スタイル“下着はみだしルック”もバッチリ写っていました^_^;

  
コメント(0)mederu日記
4mame 新作ファブリック雑貨のご紹介♪
 今日の私のお昼ごはんは、昨日ハリボーがPTA主催の行事『寺子屋』で作ってきた肉まん!粉から作った生地はもちっとしていて中はずっしりと具沢山でgoodでした)^o^(

 さて本日は、4mame(ヨンマメ) 新作ファブリック雑貨のご紹介です♪
 お忙しい4mameさんは、どのようにして時間を作って製作にあてているのかをインタビューしてみたところ、お子様たちが眠りについた夜にデザインを考えたり布あわせをしておいて、昼間お子様たちが学校や保育園に行っている間に一気に裁断、もしくは一気に縫うのだそうです。しかも丁寧なお仕事です。
 限られた時間を効率よく使う術はさすがです!
 今回は人気のバネポーチやポシェット、入学シーズンへ向けたシューズケースやレッスンバッグの入荷ですよ♪

ブラックリネンのバネポーチ 各税込1,365円
サイズ:約縦11cm×横13.5cm×マチ幅5cm
※幅広レースは2点ともsold outとなっております。
上質なブラックリネンにレースやリボンを施して…。
一つ一つ、レースやリボン、内布の組み合わせが異なる一点もの。
どうぞお気に入りを見つけて下さい(^.^)



小花とレースのバネポーチ 各税込1,260円
サイズ:約縦10cm×横12cm×マチ幅3.5cm
こちらは少し小ぶりな手のひらサイズ。
春を感じる小花柄にリボンとざっくりコットンリネンを組み合わせた軽やかでプリティな仕上がりです♥



ギンガムチェックとレースのレッスンバッグ&シューズケース
レッスンバッグ 税込2,625円
シューズケース 税込1,575円
入学シーズンへ向けて、ギフトにもピッタリなレッスンバッグとシューズケース。
ライトベージュのギンガムチェックコットンリネン地にレース、内布はベージュのワッフル地を組み合わせて、ナチュラルでガーリーな仕上がりに。





大きめポシェット 各税込1,575円
マリンポシェットのサイズ:22cm×26cm
ワッフルポシェットのサイズ:22cm×21cm
ポシェットとショルダーバッグの中間くらいの大きさの“大きめポシェット”。
必要なものをポンポンッと入れて、ちょっとそこまでのお出かけに便利♪
軽くてたためるので旅行などでも重宝しそうです(#^.^#)
素材はどちらもコットンリネンです。



  
コメント(0)mederu日記
頭の良さ。
 最近ハリボーにされる質問で困るのが、「この人と“やくみつる”とではどっちが頭いい?」。
 今のハリボーの中での“頭のいい人”の基準は“やくみつる”のようです。
 最近よくクイズ番組に出ていて、漢字の問題などで活躍しているのを見て、“この人は頭のいい人”とインプットされたようです。
 テレビを見ていて、「この人すごいね〜。」とか「頭がいいね〜。」などと言うと、「じゃあ、やくみつるとどっちが頭いい?」という感じに聞いてきます。
 “でんじろう先生”と“やくみつる”を比べた時はまだバラエティーつながりということでさほど違和感もなく、「でんじろう先生は理科に強くて、やくみつるは漢字に強いね。」と軽く答えておきました。
 でも、この前は宇宙飛行士の野口さんと比べさせられ、そういう“正統派で優秀な人”とやくみつるを比べるのって、ちょっと難しい・・・。
 「すごさの分野が違うからねぇ。野口さんはたくさん真面目に勉強して訓練もして、宇宙に行けたんだよね。やくみつるも物識りだよね。物識りというのも生きていく上で大事なことだよ。」などと言った気がします。
 横で母が「でも、やくみつるって、オタクなんでしょ?それ聞いた時、ガッカリしたわ。」なんて言っていたけれど、私は「社会性のあるオタクならいいんじゃない?社会性のないオタクは気持ち悪いけど。」と言ったような気もします。
 
 でも、“頭がいい”って、奥が深い。
 どこの学校を出ているかは特に今の時代、関係ない、と私は思います。有名大学を出ていても何も知らないおバカさんもいるし。
 テストで点をとるための技術を習得することと、本当の意味で勉強して知識を得ることとは違うからなぁ。
 先日もニュースで、今の学生は感想文や論文を書くのに、“コピペ(ネットに出ている情報をコピー&ペーストして、ばれないように繋いでまとめて自分で考えたように見せること)”をするのが当たり前になっている、というのをやっていました。
 自分の学生時代を考えても決して偉そうなことは言えないけれど、それでは意味ないな、単位が取れるという結果が欲しいだけであって、と思います。
 今になって思うのは、大事なのは結果ではなく、過程なのだということ。
 スポーツの世界などではよく自分に厳しい人が「大事なのは結果ですから。」と言っているけれど、私はそうは思わない人。
 スポーツでも何でも、結果よりもそこにいくまでの過程が大事だと思うのです。これは意見が分かれるところでしょうけれど。

 なんだか、“やくみつる”から始まってこんな話にまでなりましたが、いわゆる芸能人で私が賢いなと思う人で今すぐに思い浮かぶのは、伊集院光、先日亡くなった飯島愛さん、はるな愛、若手ではベッキー。
 学歴だけ見れば、大卒はベッキーくらいで伊集院光も飯島愛さんも中卒だけれど、伊集院光は物識りだし、飯島愛さんは頭の回転が速かったし、はるな愛やベッキーは場を読んで自分の立ち位置を判断するのが上手だと思います。
 学歴に関係なく、才能や本当の意味での頭の良さ(賢さ)があれば這い上がれるところは、芸能界の良いところですね。
 
 さて、ハリボーはあと何人とやくみつるの頭の良さを比べることやら…^_^;

  
コメント(0)mederu日記
ちょこっとチョコのご紹介♪
 3日間お休みをいただきまして、行ってきました!『2009年春のギフトショー』。
 今回も広い会場を歩きに歩いて、良いものをたくさん発掘してきましたよ!随時店頭に並びますのでどうぞお楽しみに〜♪
 ギフトショーについては、『新製品コンテスト』や『女性のハートをキャッチするギフトグッズコンテスト』の結果が出てからまた改めてご報告したいと思います!

 ということで、今日はちょこっとチョコ関係の商品をご紹介♪
 乙女や男子にとっての一大イベント“バレンタイン・デー”ももうすぐですね♥
 我が家の男性陣にはあまり縁のない行事なのだけれど、今年も収穫薄かしら!?

 先日、ハリボーのクラスで席替えがあったらしく、隣になった女の子が「○○君(ハリボーのこと)の隣、ちょっと嬉しい。おもしろくて毎日が楽しくなりそう。」と言ってくれたのだそうです。ハリボーが鼻の下を伸ばして、嬉しそうに話してくれました。
 ハリボーの地味な面白さを理解してくれる女の子もいるんだ!と親としても嬉しいことでした。
 でも女子は本命の男子にはそこまで素直に言わないものです。きっと単純に“面白い男子の一人”という位置づけなのでしょう。
 ハリボー、がんばれー!!(本人はまだモテるモテないには全く興味なさそうですが(^.^))

 それでは、まずは手作り派のためのグッズから…。
(左)チョコレートモールド 税込189円
(右)クッキー型(ガーベラ) 税込472円
クッキー型のサイズ:約4.2cm×4.2cm
 モールドにチョコを流して固めれば、かわいい立ち姿のウサギさんチョコの出来上がり!
 ミルクチョコ、ホワイトチョコ、ストロベリーチョコ、ナッツ入りなど…、味もカラーも色々作って詰め合わせるとかわいいですね!
 ガーベラの形をしたチョコクッキーやバタークッキーに少しだけチョコをかけてプレゼントしてもかわゆいですよ(#^.^#)


ラッピング用のかわいい袋やシール、バレンタインカードも揃っておりま〜す♪









 お次は、当店人気の定番チョコ。
 ちょっぴり大人な彼には、ベルギー生まれのカフェタッセチョコレートはいかが?
 フランス語で“コーヒーカップ”を意味する“cafe−tasse(カフェタッセ)”のチョコレートは、コーヒーとのフィーリングを追求したコクのあるおいしさとまろやかさの生きたチョコレートです。
 缶入りや5種の味の詰め合わせは、プレゼントにも最適♪
(上)5種詰め合わせ(15P) 税込1,050円
(下)2種詰め合わせ 缶入り(12P) 税込1,050円
 5種詰め合わせは、ミルク、ビター、カカオ77%、コーヒー、カフェオレの5種類の味を楽しめます。
 缶入りは、ミルクとビターの2つの味の詰め合わせ。
 どちらも一枚一枚、コーヒーの横に添えるのにピッタリなサイズです。





 常連さんに人気のバータイプもレジ横に並んでおります!
 カフェタッセファンのお客様は品切れの時、「船、まだ?」と遠くベルギーからチョコを乗せて来る船を心待ちにして下さっていましたよ(#^.^#)
(左)ミルクチョコレートバー 1本税込350円
(右)ビターチョコレートバー 1本税込350円



 今年も、イタリア生まれのカファレルチョコレートもかわいく入荷です!
カファレルチョコレート きのこポット 各税込1,575円



  
コメント(0)mederu日記
物件探しの思い出。
※明日2/3(火)〜2/5(木)までの3日間は、仕入のためお休みです。

 明日から、年に2回の国際見本市「ギフトショー」に行ってきます。
 半年間の商品構成を決めるといっても過言ではない大事な商談の場なので、気合い入れて行ってきます!

 ところで、昨日メールの整理をしていたら、オープン前にGARANDESIGN(ガランデザイン)の中村さんとやり取りしていたものが出てきました。
 私が物件探しをしている時のもので、「大山はやめて、仲宿というところにしようかと思っています。○○分間に△△人以上の人が通るところです。」とありました。
 そういえば、リサーチ、やったなぁ。
 自宅から自転車で通える範囲にターゲットを絞って、道に立って、ひたすら通行人の数と性別と年代を正の字で書いてデータを集めました。古典的なやり方です。
 大きな岐路に立たされた時にはどちらかというと直感で行動するタイプの私ですが、具体的な目標が定まるとその後はコツコツと下調べやデータ集めをしてから決断していくほうなのです。
 不動産屋巡りはもちろんのこと、区役所に行って人口の動きなども調べたり。

 物件探しで印象に残っているのは、不動産屋の態度が色々だったこと。
 大山(仲宿の隣町)のある不動産屋では、私の外見をちらりと見るなりやる気なさそうに、「あなた一人でやるの?商売の経験は?」と聞かれ、経験がないと言うと「無理よ。ここはアーケード代も高いしね。」とあっさり切り捨てられました!予算も何も聞かないで。
 そりゃー、小っこいし、頼りなさげな外見ですけど、やる気はあったんですよ!もう少し話し聞いてくれてもよかったんじゃない?どんな商売人だって、最初始めるときは初めてなんだから。
 大山は若手の新参者には冷たいなぁと思いました。大山の商店街がチェーン店ばかりになった背景には、不動産屋の態度が関係しているのでは、と今でも思っています。

 それに比べて今の仲宿の不動産屋のおじさんは違いました。
 既成概念なく、見た目で判断することもなく話しを聞いてくれ、今の大家さんと交渉もしてくれました。
 後から聞いた話では、大家さんも最初私を見たときには“この娘で大丈夫かしら?”と思ったそうです。いや、決して見た目が若く見えるとかの自慢話しじゃありませんよ。
 前にも書きましたが、口を開かないで一見すると、大人しく、小柄でひ弱そうで守ってあげたくなるようなタイプにどうやら見えるらしいのです。
 しかも、次に会ったときには主人とまだ保育園児だったハリボーの手を引いていたので、大家さんは不動産屋さんにこっそりと「あなたどうしたの?無理にきまっているじゃない!まだ小さい子もいる奥さんに商売なんて、無理よぉ。」と困り顔で言っていたそうです。 
 でもその時も不動産屋のおじさんは、「分かりませんよ〜。今の若い人は。」とプッシュしてくれたのだそうです。後から「そんなこと言ってたんだよ〜(^.^)」と教えてくれました。
 それで大家さんも最初は渋々契約書に判を押してくれたと思うのですが、お店が始まってすぐに心配は消えたようです。
 GARANDESIGNの中村さんや親戚のおばも挨拶に行ってくれたりして、「強力な助っ人がちゃんといるのね。」と言っていましたし、お店の前に路駐していた車に私が「店開けるのでどいてもらえませんか?掃除もあるので、10:00以降は停められると困ります。」と言っているのを聞いていて、「あなた、しっかりしてるわー。言うことはちゃんと言ってたわね。安心したわ。」と言われましたので。
 今では、かぼちゃの煮物や焼き芋などを差し入れしてくれる母のような大家さんです(#^.^#)

 そんなこんなの思い出の残る物件探しでした。
 
 あ、あと、2006年3月末に私が中村さんに出したメールで、「(秋頃と言っていたけれど)オープン時期を早めようかと思っています。6/17あたりにしようかと…。」と連絡していて、中村さんがいきなりの日程の短縮に驚きの返信をしていました(*_*)
 オープン日程については、“グズグズしていてもしょうがない。早めに開いちゃお!”と直感に近い勢いで決めたのでした(^^ゞ
 こんな私の勢いについて来てくれた中村さんには本当に感謝です!!

  
コメント(0)mederu日記
timpani(ティンパニ) 新作のご紹介♪
 昨日の日記だけ見ると、屋台かと思われそうですね(^^ゞ 風が強く、雨が斜めに降るような日は、外に出している商品が濡れてしまうので臨時休業させていただくことがありますのでご了承下さい<(_ _)>
 今日も風はびゅんびゅんですが、空は雲ひとつない青空です!
 我が家の苺ちゃんたちもこんなに元気にかわいい実をつけています。甘くておいしいんですよ〜♥



 さて本日は、春の企画展『春色の雲にのって。。。』にもご参加いただくtimpani(ティンパニ)から、新作バッグやぽってりがまぐち、カードケースにブックカバーなどが届いてまいりましたのでご紹介します♪
 今回もtimpaniテイスト満載です!
 timpaniさんは、がま口ならがま口を、ブックカバーならブックカバーを一気に10個とか、ダダダ…ッと作るそうです。
 一つ一つ、丁寧に、繰り返し作業でチクチクと縫い上げている姿を想像すると、まさに職人!
 それでは、timpaniさんの職人技をとくとご覧あれ〜(#^.^#)

小さな刺繍のバッグ 各税込6,800円
サイズ:縦(持ち手含まず)27cm×横36cm×マチ幅8cm
※黒のチェックはsold outとなっております。
一見シンプルなバッグですが、実物を見ると、その仕立ての良さと、さりげないのにしっかりとアクセントになっている刺繍に目を奪われます!
上部の布の切り替えやタックを入れた形もありそうでないデザインです。
使いやすいサイズも嬉しいですね。




中布もかわいい一品です♪
ポケットや入れ口ホックも付いていて便利なところも嬉しいです(^.^)



ぽってりがまぐち〜森へかえろ〜 各税込2,520円
※グリーンはsold outとなっております。
 timpaniさんがこの作品をイメージして書かれた詩をご紹介します。
「冬晴れの青い空 澄み切った空気 遠くに連なる雪の山 木枯らし吹いて 寒い 寒い 急に恋しくなる我が家 おうちへ帰ろ あったかい 森へ帰ろ ・・・」
 白い小鳥になったような気持ちになるあたたかい詩ですね。
 森のあたたかさを表現するために、木々には数色の色を取り合わせて刺繍されたのだそうです。





各種カードケース 
「てんとう虫」 税込1,680円
「森へかえろ」 税込1,890円



こちらは、ぽってりがまぐちと同じ「森へかえろ」シリーズのカードケース。
背面にも刺繍が施してあるのが嬉しいです(#^.^#)



こちらは元気の出そうなてんとう虫シリーズ!
たまったポイントカードをスッキリかわいく収納しませんか?




てんとう虫と四葉のクローバーって、どうしてこんなにお似合いなのでしょう(#^.^#)



各種ブックカバー
timpaniのブックカバーは、オープン当初から人気のある定番アイテム!
春夏秋冬、四季に合わせて持っていたいですね♪
「色づく森」(グレー) 税込2,520円
「クローバー」 税込2,100円


中はかわいいドット柄。


栞のパーツもそれぞれ違います(^.^)




 その他にも、「ウールツリー」(税込2,310円)や「キラキラコトリ(冬)」(税込2,520円)も入荷しております!

  
コメント(0)mederu日記
2009年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

カテゴリー
mederuについて(2)
mederu日記(967)

月別アーカイブ
2009年09月(1)
2009年08月(23)
2009年07月(25)
2009年06月(24)
2009年05月(24)
2009年04月(26)
2009年03月(26)
2009年02月(22)
2009年01月(23)
2008年12月(24)
2008年11月(25)
2008年10月(24)
2008年09月(24)
2008年08月(23)
2008年07月(25)
2008年06月(26)
2008年05月(23)
2008年04月(25)
2008年03月(25)
2008年02月(23)
2008年01月(21)
2007年12月(24)
2007年11月(25)
2007年10月(25)
2007年09月(24)
2007年08月(22)
2007年07月(26)
2007年06月(26)
2007年05月(23)
2007年04月(25)
2007年03月(26)
2007年02月(21)
2007年01月(22)
2006年12月(25)
2006年11月(25)
2006年10月(26)
2006年09月(25)
2006年08月(26)
2006年07月(27)
2006年06月(26)
2006年05月(18)