mederu-人にやさしい雑貨店

新着アーカイブ
▼YUZU(ユズ) 新作アクセサリーのご紹介♪
(2009/9/2 17:52)
▼臨時休業のお知らせ
(2009/8/31 07:44)
▼シュールでクールなキーホルダーのご紹介♪
(2009/8/30 18:23)
▼ゆとり
(2009/8/29 18:47)
▼4mame 布のかけらシリーズ新作バッグのご紹介♪
(2009/8/28 18:12)
▼ヨウキナ*マーケット出展のお知らせ♪
(2009/8/27 18:10)
▼atelier MIKA(アトリエ・ミカ) 新作アクセサリーのご紹介♪
(2009/8/25 17:53)

新着コメント
▼ニューフェイス!BERHASIL(ブルハシル) 内藤和代さんのご紹介♪
by ylhwegr (12/02)
▼ドイツ製 カンネギーサ陶器のご紹介♪
by Darius (05/23)
▼ドイツ製 カンネギーサ陶器のご紹介♪
by Bryon (05/23)
▼ドイツ製 カンネギーサ陶器のご紹介♪
by Andrea (05/23)
▼ドイツ製 カンネギーサ陶器のご紹介♪
by David (05/23)
▼ドイツ製 カンネギーサ陶器のご紹介♪
by Jason (05/23)
▼ドイツ製 カンネギーサ陶器のご紹介♪
by Alyssa (05/23)

新着トラックバック
▼ニューフェイス!BERHASIL(ブルハシル) 内藤和代さんのご紹介♪
by raw steroid powder (12/01)
▼ニューフェイス!BERHASIL(ブルハシル) 内藤和代さんのご紹介♪
by steroids price list (08/04)
▼ニューフェイス!BERHASIL(ブルハシル) 内藤和代さんのご紹介♪
by steroids for sale (08/03)
▼ニューフェイス!BERHASIL(ブルハシル) 内藤和代さんのご紹介♪
by Testosterone Powder (08/02)
▼ニューフェイス!BERHASIL(ブルハシル) 内藤和代さんのご紹介♪
by raw nandrolone powder (07/28)
▼ニューフェイス!BERHASIL(ブルハシル) 内藤和代さんのご紹介♪
by Nandrolone Base Steroids (07/13)
▼ニューフェイス!BERHASIL(ブルハシル) 内藤和代さんのご紹介♪
by 珠海今之晟科技有限公司 (02/23)

税理士様様
 昨日の定休日には、税務署から派遣された税理士さんによる記帳・決算指導を受けた。
 無料で計5回程来てくれて、青色申告までをマンツーマンで指導してくれるという。まあ、税金を払おうとしているのだから、無料でも国にとってはメリットが大きいのだろう。でも、日々の記帳や青色申告の仕方など、初めてのことで全く分からないど素人の私にとっては本当にありがたい制度だ。
 女性の税理士さんで、私の脳の容量に合わせてゆっくりと丁寧に指導してくれた。
 今まで、会計ソフトで自分なりに入力していたが、やっぱり修正箇所がたくさんあった。会計ソフトでは「簡単入力」となっていて、私も“思ったよりかんた〜ん”と余裕でいたが、やはりそう甘くはなかった。簿記をかじったことのある人にとっては簡単入力でも、ど素人には困難入力ということがよく分かった。
 とりあえず、次回の相談日までに修正箇所を直さねば…!

  
コメント(0)mederu日記
優れた機能のドイツ製プレースマット
 今日は朝から、大沢たかおと広瀬香美の離婚報道が取り上げられていた。これまで結婚していたのが不思議な感じの二人だったので特に驚きもなく、大人の2人が出した決断に悔いはなさそう。二人とも今後益々活躍しそうに思う。
 さて、話しは変わって、今日は絵本のような優しい絵柄で機能性も高いドイツ製のプレースマットをご紹介します。
 NHKでも「しろくまラルス」というテレビアニメとして放映されていたという「リトル・ポーラ・ベアー」シリーズで、かわいい白熊が主人公。物語性のある絵柄が見ているだけでも和ませてくれます。
 素材はポリプロピレンで耐熱温度は90℃までOK。汚れてもサッと洗え、熱いカップを置いても大丈夫という優れもの。衛生的でとても扱いやすいドイツ製のマットです。
 小さいお子様のいるご家庭には特にオススメ!もう食べこぼしも気になりません!(^^)!

サイズ:縦30cm×横44cm 税込945円
全てのマットにドイツ語で「リトル・ポーラ・ベアー」と書かれています。
「おさんぽ」


「あおぞら」


「ゆうやけ」


「バナナ」



  
コメント(0)mederu日記
にっぽん、チャチャチャ!
 昨日は親戚が集まっていたので、総勢12人で猪、鹿肉、鶏肉、魚、カキなどの入った究極のごった鍋を食べながら男子バレーボールの試合を観戦(なんか、すごいワイルドな家系…)。
 昨日の試合はすごかった!最初に2セット先取されていたのに、その後粘りに粘って3セットを連取して勝った。
 日本の男子バレーは少し前と比べて強くなっている。
 今の植田辰哉監督は、失礼だが見ていてかなり面白い。特に動きが。髪型も一昔前のパーマ頭でいつもきちんとセットされており、ブレザーを着て正装で、一見クールなようでかなり熱い。でも決して嫌いではない。一生懸命さが伝わってきてよい。
 昨日の試合後のインタビューで彼は泣いていた。
 今回の世界大会の前のインタビューでは、「サーブレシーブ、トス、アタックで決まるような試合にはなかなかなりません。苦しい展開になった時に、みんなが苦しい中で歯を食いしばって、何回も何回もラリーをし、リバウンドをうまく利用して1点をもぎとるような試合を見て欲しいと思います。」と語っていたようだが、その通りの試合ができたので感慨無量だったのだろう。
 世界の中では小柄な日本人選手達だが、最後までがんばって欲しい。にっぽん、チャチャチャ!!

  
コメント(0)mederu日記
もうすぐクリスマス♪
 クリスマスまで1ヶ月をきりました!街もイルミネーションで飾られています。mederuでも昨日から店先にクリスマスツリーを出しましたよ♪


 
 こちらは、今日のmederuのショーウィンドウ。テーマは「楽しいクリスマス♪」
 ツリーのオーナメントやキャンドル、布小物たち、愛らしいワンちゃんのぬいぐるみなどが色鮮やかに楽しげに並んでいます。
 店内のBGMもクリスマスにピッタリのシャンソンが流れ、クリスマスムード一色でお待ちしております(^.^)

  
コメント(0)mederu日記
いつまでたっても…。
 昨日実家で姉が「明日会議がある。」と話すと91歳の祖母が30代後半の姉に「爪は切ってある?」と聞いていて笑えた。姉も苦笑い。
 そういえば、私が出かけるという時も必ずと言っていいほどいまだに祖母は「ハンケチとちり紙は持った?」と聞いてくる。もう大人なのに、いつまでも「心配な孫」なのだろう。
 両親はそこまで細かいことは言わないが、お店のことなど心配なようで遠まわしに状況をさぐってくる。私はうるさく思い、適当に答えるので尚更心配なようだ。
 そういえば、トーク番組でアルフィーの高見沢さんもいまだに実家に帰ると母親から「髪を切りなさい。」と言われると言っていた。
 親にとって子どもはいつまでたっても子どもなのだろう。
 ちなみに姉は「アドバイスに従い、爪を切る○○才です。」と言いながら爪を切っていた。

  
コメント(0)mederu日記
ソラフラワー
 例のさなぎ、結局主人が家の中に入れ、今は玄関の靴箱の上に横たわっています。無事羽化するのか?蝶なのか蛾なのか?楽しみなような、ちょっと怖いような気持ち。でも毎日見て、色鮮やかでいてくれるとホッとしています。
 さて、本日はもう既にご存知の方も多いかと思いますが、ソラという植物の茎からできた花ポプリをご紹介します。
 タイ原産の「ソラの木」の茎を薄くスライスして乾燥させ、お花の形に仕上げてあります。そこに優しいローズの香りのオイルを浸み込ませてある天然のポプリです。ヨーロッパなどで大変人気があり、ブーケにしたりしています。
 今回の商品は、丸いグラスボウルに白いお花が3輪入ったものです。リフレッシャーオイル付きなので、香りが弱くなってきたらポプリに4〜5滴たらしていただくことで長くお楽しみいただけます。
 お部屋や玄関に置いて優しい香りをお楽しみ下さい。

ソラフラワー ジャスミングラスボウル(リフレッシャーオイル付き)
税込1,575円
サイズ:ボウル直径11cm、高さ9.5cm



  
コメント(0)mederu日記
オーラの泉
 昨日の定休日は仕入れに行き、実家に寄ると伯父と伯母が来ていて会い、その後祖母の91歳の誕生日を祝い、夜は「オーラの泉」を観て寝た。
 「オーラの泉」、本当に前世があるのか、オーラが見えるのかは分からないが、美輪明宏の強烈な個性に引かれ、つい観てしまう。
 美輪明宏、髪は黄色、いつもロングドレスを身にまとい、姿勢よくイスに座り、微笑んでいる。よくよく考えてみれば初老の男性なのだが、そうは思えない性別を超えた人物。
 子どもからみても不思議な存在らしく、出ているといつも「何で髪が長くてスカートはいているのにおじさんなの?」と聞いてくる。「そういう人もいるんだよ。」と答える。
 一度、美輪明宏の舞台を観に行ったことがある。「黒蜥蜴」という三島由紀夫の作品で、美輪演じる婦人に若い男性がとりこになるという設定。普通に考えたら、無理なキャスティングのように思えるが、それが美輪の見事な演技力で、本当に美しく魅惑的な婦人に見え、違和感なかった。声にも迫力があり、独特の美輪ワールドにすっかりはまってしまった。
 オーラの色は私には見えないが、オーラがあるように感じた。
 また来週も「オーラの泉」を観てしまうのだろう。

  
コメント(0)mederu日記
遠藤恵美さんの小花柄ルームシューズが入荷しました。
 今日は朝からすがすがしく気持ちの良い日です。こんな日はテキパキと動けて仕事がはかどります!(^^)!
 さて当店人気の遠藤恵美さん作のルームシューズが入荷しました。
 ロマンチックな小花柄は一番人気!すぐにsold outしてしまう可能性大なのでお目当ての方はお早めにいらして下さい。
 ふかふかで軽いルームシューズはプレゼントにも最適です。
 先日、小学校中学年くらいの男の子とそのお父様がいらして、「お母さん、こういうの好きだと思うよ。」「そうだね。これにしよう!」と話しながらプレゼント用に購入されていきました。それを見ていて心底“うらやましい〜”と思いました。だんな様と息子さんが選んだルームシューズを履いて、お母様は二人のために美味しいお料理を作るのかな?とか、また想像して気持ちが温かくなりました。私もプレゼントして欲しい〜。でもまずは私自身が素敵なお母さんになることが先決ですね、はい。

小花柄のルームシューズ 税込1,575円
サイズ:23.5cm


こちらはワッフル生地になってます。


こちらはワッフルではありませんが、ふかふかに仕上がっています♪


底は両方ともデニム地です。



  
コメント(0)mederu日記
あぶり餅
 例のさなぎ、まだ植木の上で緑のさなぎのままがんばっています。このままにしておくか、家の中に入れてあげるか、保育園に持っていくか迷い中。自然のままにしておいた方が優しさなのか、温室で羽化させてあげる方が良いのか、難しいところ。…もう少し迷ってみます。
 話しは変わって昨日、お取り寄せしてみた京都の名物「あぶり餅」なるものを初めて食べた。その名のとおり、あぶった餅にほのかに甘い白味噌をつけて食べるもの。
 ネット通販で見つけ、「バイヤーからの語り」というところに「大学時代、寺の境内で30本くらい食べた…」と書いてあり、そんなに美味しいんだぁと思い、購入した。
 で、味は…、うん、あぶった餅だ、という感じ。少しおこげの味がして、上品な白味噌の味がする。でも、これはやっぱり外であぶりたてを歩きながら頬ばるという食べ方が一番合っている気がした。家で冷凍したものをレンジでチンしていただくものではないと。
 いつか、京都に行って本物を食べてみたい。

これがその「あぶり餅」竹串にささっているところはなんか京都らしい。



  
コメント(0)mederu日記
timpani 新作ぽってりがまぐちのご紹介。
 今日は雨。冷たい雨。でもたまにはこんな日もいいかな。
 さて、本日はtimpaniの新作ぽってりがまぐちのご紹介です。
 今回はまたぐっと冬の小物らしく、触ると温かな布地でほっくりと仕上がっています。
 冬の木の代表であるもみの木をモチーフに、ちらちらと降る雪の刺繍がまるで物語の中の景色のようです。
 もみの木のてっぺんにはスパンコールが一つ、キラリと光って印象的です。
 キルト芯をはさんであるということで、中はふかふかの触り心地。
 
 また一つ、お気に入りの小物を増やして下さいませ(#^.^#)

ぽってりがまぐち・冬「もみの木に雪」 税込2,625円
色:うすベージュ、黒、茶(前面の布部分の色)
サイズ:高さ12cm×横12.5cm×マチ幅7.7cm



後ろには4粒の雪が刺繍されています。


内側の布は色に合わせていろいろです。







  
コメント(0)mederu日記
ポイ捨て禁止!
 昨日の帰り、目の前でタバコの空き箱をポイ捨てしたおじいさんがいたので、「落ちましたよ。」と声をかけた。すると「え?」ととぼけて拾おうとしないので、もう一度「落ちましたよ、ゴミ。」と言ったら「あ、ああ。」ときっと嫌々なんだろうけど拾って持ち帰っていた。
 大人が平気でポイ捨てしたり、道にツバを吐いたりするから子どももそれらが平気になってしまうのだ。今の若者は…ではなく、大人が変われば子どもも変わると思う。
 偉そうなことは言えないが、自分も含め、大人は正しいことを判断して行動しなければと思う今日この頃。

  
コメント(0)mederu日記
フィンランド生まれの小物たち
 最近、日に日に寒くなってきましたね。朝、布団から出るのに気合いがいるようになってきました。
 さて、本日ご紹介する商品は、フィンランド生まれのかわいい小物たちです。
 まずはこちら。
ハンドペイントの木製小物入れ(BOX) 税込2,520円
サイズ:縦6cm×横7.5cm×高さ4.0cm ※物により多少違いあり。





中は全て黒塗りです。



 素朴で温かみのある絵がハンドペイントで描かれています。
 デザインは、フィンランド在住の女性画家、アスタ・プルキネンさんによるものです。
 彼女は、フィンランドの森の中のアトリエで絵筆を握っており、身近にある教会や子供たち、ウサギやヒツジなどをモチーフに、見ているだけでも楽しくなるような絵を描いています。
 アクセサリーや切手、クリップ、お薬などを入れてお使い下さいませ。
 お次はこちら。
木製マッサージトナカイ(フィンランド製) 税込1,995円



 ユニークな表情でとっても愛嬌のあるトナカイさん。ある時は癒し系の置物として、またある時は4本の足でしっかりとツボを押してくれるマッサージ器として大活躍してくれます。
 
 一目惚れされて買われる方やお気に入りを見つけておいて、次いらした時に「あった!」とホッとされたように購入していかれる方など、それぞれの思いを込めながら購入していただいており、こちらも楽しく嬉しい気持ちになります。
 北欧ならではの温かみのある小物たちがお待ちしております!
  
コメント(1)mederu日記
写真撮影で疲労困憊
 昨日の定休日には、主人にも休暇をとってもらい、七五三の写真を撮りに行ってきた。
 ありがちだが、子どもの撮影専門店で衣装も無料で貸してくれる「スタジオアリス」で。
 スーツは持ち込み、羽織袴は借りて、本人と家族の写真を撮影。
 うちの子は相変わらず、担当の女性が話しかけてくれるたびにいかにして笑いをとろうかと考えていた。良い表情を引き出すために、担当の人は子どもがのってきそうな質問をしたり、様々な小道具を出して気をひく。おもちゃのリンゴを見せられて「これなーんだ!」と聞かれると、普通に「リンゴ!」と答えればいいものをまた目は宙を泳ぎ、「でかサクランボ!」とか言う。「笑って!」と言われればとてつもない笑顔をして担当の人もふき出す始末。そして最後にはいつも言われる「ホント、面白いお子さんですね。」という言葉。
 家族撮影では、「お母さん、もうちょっと背筋を伸ばして。」、「お母さん、だんだんヒザが開いてきてまーす。」などといろいろ修正され、終わると親の方がグッタリ…。
 男の子だからもう七五三はない。本当によかったと胸をなでおろす。

  
コメント(0)mederu日記
自営業の子ども
 うちの子、お隣のお花屋さんの下の子とすっかり親しくなり、土日になるとお互いにすごく会いたがっている。一つ年下の男の子。
 親しくなるのに1秒もかからなかった。5秒後にはお互いに下の名前で呼び合って遊んでいた。子供ってその辺が柔軟でいい。
 ただ、お互いのお店に入って遊んではだめ、というルールはきちんと言っておかないと大変なことになる。今のところ、入り口のマットを境界線と思っている様子。
 自営業の子供は、親の働いている姿を常に間近で見ているわけで、それは良いことだと思う。保育園の先生からも、「親の働く姿を見せられるのは自営業の特権ですから、落ち着いたら是非、たまにお店に連れて行ってあげて下さい。」と言われた。
 先日、「お母さんのお仕事、何か分かる?」と聞くと「お店。」「どんなことするお仕事?」「『いらっしゃいませー。』『ありがとうございました。』って言って物売ってる。」と言っていた。大方分かっている様子。
 うちの場合は夫婦でやっているわけではないので週末くらいだけど、お隣はいつも、両親が働いているのを見ながら姉弟が仲良く店先で遊んでいたりして微笑ましい。姉弟の絆も深くなりそう。
 お休みが少なくて他の家を羨ましく思う時もあるだろうが、きっと今に大人になった時に、こうして育ててくれたんだ、ということが実感として分かるのだろう。
  
コメント(0)mederu日記
サンキャッチャーでパワフルに美しく…
 今日は大学時代の剣道部の監督が突然お店にいらして下さり、ビックリ、感激でした。
 剣道部では常に素の私だったので、私の性格を全てご存知の人物です。家族以外でそういう人って、なかなかいないですよね。貴重なお方です、はい。
 さて本日は、こんな風に…


窓辺に吊るして楽しむ「サンキャッチャー」をご紹介します。
 欧米では、お部屋の中に美しい太陽の光とエネルギーを取り込むため、クリスタルガラスを窓辺に吊り下げる習慣があります。
 このサンキャッチャーは、世界最高級のクリスタルガラスと言われているオーストリアのスワロフスキー社製のものを使用しています。
 お部屋の中に気を入れるため、また美しい光のインテリアとしてどうぞご使用下さい。
 こちらには様々な形があるため、1つお買い上げいただくと次は別の形をと、コレクションされるお客様が多いのが特徴です。
 お買い上げいただくごとに、「この方のお家には幾つものサンキャッチャーが吊るされていて、素敵な光を放っているのだろうなぁー。」と思いを馳せてしまいます。
 mederuでも日の差す窓際に吊るしているので、太陽のエネルギーがたっぷりと取り込まれていますよー(^_-)-☆

サンキャッチャー 税込2,100円〜3,680円
サイズ:ものにより異なりますが、500円玉前後の大きさです。
形は、ボール、ドロップ、ダイヤなどがあります。
光があたると、天井などに虹色の光がキラキラと広がり、とても美しいです。





  
コメント(0)mederu日記
七五三
 本日、午前中の開店前に近所の稲荷神社にて七五三の儀式をすませてきました。
 今日は雲ひとつない良い天気だったのでよかったです。
 神主さんに御祓いをしていただくと、身が清められた感じでとても神聖な気持ちになります。うちの子は自分の名前が読まれるたびに「エヘヘ…」と笑っていましたが…。
 千歳飴や文房具などをいただき、千歳飴を持って写真撮影もし、無事完了!
 それにしても、もっと混んでいるかと思ったら、うちだけでした。それだけ少子化ということ?それとも時間が早かったから?
 まあ、いずれにしても親としては、やるべきことをひとつ終えた達成感に満ちています!(^^)!
 今日着たスーツはもったいないから小学校の入学式でも着せようっと。私も今日着たスーツがまた着られるように体型を維持しなければ!!
  
コメント(0)mederu日記
大安吉日!?
 今日は大安。何でチェックしていたかというと、午前中に息子の七五三をする予定だったから。でも雨が強かったので明日に延期した。
 大安とか仏滅とか普段は気にしたことないけど、やっぱりお祝い事になるとちょっと気になる。でも確か、結婚式は大安だと式場代が高いため、赤口にした覚えが…。仏滅だと一番安かったが、小心者なのでそれはちょっと気になって一応避けた。こんな時、やっぱり私って日本人なのねぇと思う。
 大正生まれの曾祖母は、新しい服や靴をおろす日は必ず大安と決めている。私が靴をおろそうとしている時にも「明日にした方がいい。」などアドバイスをくれる。そんな時は、いつでもいい時はアドバイスを聞き入れ、用事があって絶対にその日におろしたい時には「気にしない、気にしない。」と聞き入れない。都合のいい現代人。
 あーした、天気になーあれ!

  
コメント(0)mederu日記
himawarino-hanaのポケットティッシュケースのご紹介。
 今日は午前中、仙台時代に家族ぐるみで親しくさせてもらっていた保育園仲間のだんな様が、出張ついでにとわざわざmederuにいらしてくれました。ホント、ありがたいことです。Oさん、どうもありがとうございました<(_ _)>
 さて、本日はお客様からのご要望に応じて出来上がりました、himawarino-hana 小岩井順子さん作のポケットティッシュケースのご紹介です。
 ナチュラルな感じのものを…とお願いし、このようなプリティなものができました。
 道を歩いているとあちらこちらでもらって溜まるポケットティッシュ。ぜひお気に入りのケースに入れて幸せ気分に♪

(上)レース付きのウールケース 税込630円 色:黒系、緑系
(下)あったかコットンチェック 税込630円 



中にはこんなポケットがあるので、日常携帯しておきたいばんそうこうなどを入れたりととても便利です。


(上)ウッドボタン付きお花柄 税込600円 色:茶、紫、赤
(下)雪のような水玉柄 税込600円





 http://mederu.jp/step_blog/archive_160.htm 
コメント(0)mederu日記
ふらんす亭
 昨日の定休日は、たまたまお休みだった姉と一緒に大山でランチをした。
 地元が好きな姉妹。自転車で行動できるところが好き。
 私が、どうしてもカレーを食べたかったので、チェーン店の「ふらんす亭」でカレーを食べた。
 どうしてカレーが食べたくなったのかというと、前の晩に草g剛くん主演のドラマ「僕の歩く道」の中で自閉症役の草gくんがいつも「カレーはやっぱりチキンカレー…」と繰り返し言いながら、昼食で必ずカレーを食べているのを観て。なんて単純な私。
 姉はふらんす亭の名物料理「レモンステーキ」にライスをハーフカレーにして、私は「チーズたっぷりカレー」(税込830円)を注文。

 
 このカレー、めちゃくちゃ美味しかった。
 後から調べてみると、なんでも社長はカレーが大好物でかなりこだわりにこだわって誕生したものらしい。「トロトロになるまで炒めた玉ねぎと6時間煮込んだ牛肉のブイヨンをベースに 18種類のスパイスをブレンドし、まる4日間煮込んだ伝説の黒カレー」とHPに載っていた。
 チーズカレーはこれに、糸を引いてなかなか切れないほどのとろとろのチーズが入っていて、それにカレーがからまり、何とも美味なのだ。
 そして、帰りにはコージーコーナーでケーキも買って帰った。
 最近、食欲の秋をいいことに食べまくっている。ちょっと自制しなければ…。

  
コメント(0)mederu日記
ペットは家族
 今日、手伝いに来てくれた友人と「ペットは家族だよね。」という話しになった。
 うちも実家で2匹の座敷犬を飼っている(正式には、外でも飼えるのだが家の中で飼っているので座敷犬になっている。)。その2匹はホント、家族と一緒の存在で、ちょっと調子悪そうにしていれば、どうしたんだ、どうしたんだと皆で心配して病院に連れて行くし、うちの子も少し前までは自分の兄弟と思っていたほど(兄弟として保育園の先生に話しをしていて、先生から「兄弟、いませんよね?誰のことですか?」と確認されたことがある^_^;)。
 前までは1匹だったのが、お産して2匹になった。そのお産の時の話しは、後から聞くと冗談のような本当の話し。破水から始まり、免許のない姉は車で病院に運ぶために出勤しようとしていた父を呼びとめた。そしてうちの父は職場に電話した。「うちの犬のお産のために遅れます。」と。事務の人が出たらしいが、そう言われた事務員さんはどう思ったのか。“もう少しましなウソがあるだろうに…”と思ったに違いない。
 でもこちらは本気で、すぐに病院に運び、犬のお産といったら普通安産なことで有名なのに、とても難産だったらしい。そして結局、帝王切開で、生まれたのは今飼っている1匹だけ。
 本当に人間みたいな出産。座敷犬の場合、自分も人間と思い込んでいるようで、本能を忘れて人間化してしまうのかも。
 いろいろあるが、ペットを飼っていると生活が楽しく豊かになるし、子供の情操教育にも良いと思う。うちの2匹、長生きしてほしいな。
 ちなみに、うちの父はそんなことがありながらも無事に定年まで勤め続けられたのでご安心を。
  
コメント(0)mederu日記
北海から来た男
 昨日はお店を閉めた後家族で、仲宿から自転車で5分ほど行ったところの大山(東武東上線の駅)にある居酒屋「北海から来た男」で夕食を食べた。
 店の名前は重要だ。「北海から来た男」というと何か雄雄しく、北海の美味しい食べ物がダイナミックに出てきそうな印象を与える。これが「北海から来た女」だと何かしみじみしてしまうし、「南国から来た男」だと何だかちょっと陽気な感じに変わってくる。
 きっと、mederuをネーミングした時のように、ここのオーナーも意味を込めてネーミングしたのだろう。ちょっとその意味を知りたかったが聞きそびれた。
 ここは炉ばた焼きの店で、揚げ物はいっさいない。炭焼きにこだわっていて、焼き物は全て炭で焼いている。箸置きも炭だった。
 昨夜食べたものの中でのオススメは、炉ばたで焼いたとうもろこし(ダンナはまたまた芯まで甘いといって食べていた。パイナップル事件があったのにまだ懲りずに芯を食べる…)とジャガイモ、霜降り馬刺し、わさび飯。子供はイカ飯が気に入っていたが、大人は是非、わさび飯を食べて欲しい。
 白いご飯に、何故か緑でない白いわさびとお醤油を混ぜて、上からきざみのりをかけて、漬物と一緒に食べると、ツ〜ンと鼻にわさびの香りがきて、とっても美味。これにお湯をかけてお茶漬け風にして食べてもいけた。
 ちなみにこの店は他に池袋と大塚にもあるとのこと。

  
コメント(0)mederu日記
timpaniの小さながまぐちの新作のご紹介。
 今日もすっきりとした秋晴れで気持ちがいいですね。
 さて本日は、timpani かわだみゆきさんの小さながまぐちの新作が入荷しましたのでそのご紹介です。
 今回は冬らしくビーズの雪が散りばめられていますが、何故かほっこりと温かい感じのする作品です。これを見たとき、かわいくて胸がキュンとなってしまいました(#^.^#)

小さながまぐち ウールツリー&ビーズスノー 税込1,575円
色:グリーン、ピンク、ブルー
ツリーはタペストリーウールで刺繍してあり、その周りにビーズの雪が散りばめられています。


手のひらにちょこんとのっかるサイズ


中は紺地に白のピンドット柄。



  
コメント(0)mederu日記
ドキュメント「泣きながら生きて」
 昨夜フジテレビで放映された10年間に及ぶドキュメント番組「泣きながら生きて」、深く胸に染み渡る感動を覚えた番組だった。
 家族と離れて、ひたすら子供のために働いて、働いて、働き続けた親、そしてその並々ならぬ努力を子供もしっかりと感じ、立派な医者となり、人々を救うことで親に恩返しをしていこうと誓っている。そんな中国の親子を10年間にわたり追ったドキュメンタリー。     
 タイトルどおり、泣きながら、でも強く生きている姿が記録されていた。
 改めて、人としての素晴らしさは学歴や地位ではないこと、ひたすら愛情深く相手を思う気持ちというものは何ものにも負けない強さを持っているということを感じた番組だった。

  
コメント(0)mederu日記
教育方針どおり?
 今日は文化の日。世間では3連休、商売人には稼ぎ時、学生さんは文化祭時。
 サラリーマンの主人も3連休で、今日は子供を連れて浅草に行っている。ウルトラマンショーを観に行くらしい。
 男の子は本当にヒーロー好きだ。うちの子も朝から晩までヒーローのことしか頭にないのかという程。一丁前にカッコつけて「女のテレビは観ない!」とか言っちゃって。(でも本当に女の子のアニメは観ないので本当に興味がないのだろう。)
 そういえば、前に浅草で仮面ライダーショーを観に行った時の話。悪者が客席にまで来た時、他の子はお父さんやお母さんに泣きながら抱きついている中、うちの子は親をおいて一人死に物狂いで逃げ、会場から飛び出しそうになったところを知らないおじさんが引き止めてくれたことがあった。私たち親は、あてにされていないのね〜(T_T)とちょぴり悲しかったが、うちの教育方針は「自分で考えて行動できる自立した子にする」なのでその通りにはいっているのかなぁ?そう思うとしよう(-_-;)

  
コメント(0)mederu日記
行ってきました!「東京デザイナーズウィーク 2006」
 昨日は仕入れの後、明治神宮外苑で開催されている「東京デザイナーズウィーク 2006」に行ってきました。
 この催しは、年に1回、インテリアメーカー、ショップ、企業、学校、大使館などデザインに関わる様々な団体、デザイナー800余りが参加し、生活の中にあるデザインの提案を行うイベント。GARANDESIGNさんから、行くと勉強になるからぜひ、と薦められていたこともあり、行ってきました。
 初のTDWでしたが、感想を一言で言うと「楽しく、何となくセンスが磨かれた感じ!」でしょうか。今年のテーマは「LOVE」ということで、昨年までとの比較はできないけれど全体的に美しい、きれい、かわいい、素敵なインテリアや小物たちがこぞってPRされていました。もちろん、気に入った製品を置いているところとはしっかりとビジネスのお話しもさせていただきましたよ。

着いたのは17:00過ぎだったのでもう暗くなってましたが、これが正面玄関。


ここは学生ブース。デザイン関係の専門学校が多かったかな。


ここは企業ブース。一番派手だったのはこのナイキのブース。


これは富士通のブースの中にあったもの。触るとキューブの色が変わり、置くと様々な色や文字が映し出されます。キューブ同士の光と光がぶつかるとそこに文字が出たり、色が混ざり合ったり、反発したりします。
お話しを伺ったところ、これは販売する製品ではなく、富士通の企業コンセプトを表しているものとのこと。色は感情を意味し、人と人との感情のやり取り、つまりコミュニケーションを豊かにし、意見を交換したりしながらより良いものを作り上げていく、そういうことのできる製品を開発していきますというコンセプトをこのキューブで形にしたとのことです。な〜るほど、と思いました。



これも面白かった。ゴミの集積所でアートをしようというもの。ゴミ袋がこんなにかわいかったら、集積所のイメージも変わるし、出す時に美しく積み上げようとしちゃうかも。



  
コメント(0)mederu日記
2006年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリー
mederuについて(2)
mederu日記(967)

月別アーカイブ
2009年09月(1)
2009年08月(23)
2009年07月(25)
2009年06月(24)
2009年05月(24)
2009年04月(26)
2009年03月(26)
2009年02月(22)
2009年01月(23)
2008年12月(24)
2008年11月(25)
2008年10月(24)
2008年09月(24)
2008年08月(23)
2008年07月(25)
2008年06月(26)
2008年05月(23)
2008年04月(25)
2008年03月(25)
2008年02月(23)
2008年01月(21)
2007年12月(24)
2007年11月(25)
2007年10月(25)
2007年09月(24)
2007年08月(22)
2007年07月(26)
2007年06月(26)
2007年05月(23)
2007年04月(25)
2007年03月(26)
2007年02月(21)
2007年01月(22)
2006年12月(25)
2006年11月(25)
2006年10月(26)
2006年09月(25)
2006年08月(26)
2006年07月(27)
2006年06月(26)
2006年05月(18)