mederu-人にやさしい雑貨店

新着アーカイブ
▼YUZU(ユズ) 新作アクセサリーのご紹介♪
(2009/9/2 17:52)
▼臨時休業のお知らせ
(2009/8/31 07:44)
▼シュールでクールなキーホルダーのご紹介♪
(2009/8/30 18:23)
▼ゆとり
(2009/8/29 18:47)
▼4mame 布のかけらシリーズ新作バッグのご紹介♪
(2009/8/28 18:12)
▼ヨウキナ*マーケット出展のお知らせ♪
(2009/8/27 18:10)
▼atelier MIKA(アトリエ・ミカ) 新作アクセサリーのご紹介♪
(2009/8/25 17:53)

新着コメント
▼ニューフェイス!BERHASIL(ブルハシル) 内藤和代さんのご紹介♪
by ylhwegr (12/02)
▼ドイツ製 カンネギーサ陶器のご紹介♪
by Darius (05/23)
▼ドイツ製 カンネギーサ陶器のご紹介♪
by Bryon (05/23)
▼ドイツ製 カンネギーサ陶器のご紹介♪
by Andrea (05/23)
▼ドイツ製 カンネギーサ陶器のご紹介♪
by David (05/23)
▼ドイツ製 カンネギーサ陶器のご紹介♪
by Jason (05/23)
▼ドイツ製 カンネギーサ陶器のご紹介♪
by Alyssa (05/23)

新着トラックバック
▼ニューフェイス!BERHASIL(ブルハシル) 内藤和代さんのご紹介♪
by raw steroid powder (12/01)
▼ニューフェイス!BERHASIL(ブルハシル) 内藤和代さんのご紹介♪
by steroids price list (08/04)
▼ニューフェイス!BERHASIL(ブルハシル) 内藤和代さんのご紹介♪
by steroids for sale (08/03)
▼ニューフェイス!BERHASIL(ブルハシル) 内藤和代さんのご紹介♪
by Testosterone Powder (08/02)
▼ニューフェイス!BERHASIL(ブルハシル) 内藤和代さんのご紹介♪
by raw nandrolone powder (07/28)
▼ニューフェイス!BERHASIL(ブルハシル) 内藤和代さんのご紹介♪
by Nandrolone Base Steroids (07/13)
▼ニューフェイス!BERHASIL(ブルハシル) 内藤和代さんのご紹介♪
by 珠海今之晟科技有限公司 (02/23)

YUZU(ユズ) 新作アクセサリーのご紹介♪
 今日から新ブログに移行する予定でしたが、旧ブログの最後の記事が台風による臨時休業のお知らせというのもなんなので、今日まで旧ブログ、明日から新ブログ(http://mederublog.exblog.jp/)をスタートしたいと思います!
 
 そして旧ブログのトリを飾るのは…(ジャガジャガジャガ…(効果音のつもり)) 北九州代表!YUZU(ユズ)の新作アクセサリーに決定いたしましたー\(^o^)/
 アンティークな雰囲気の中に女性らしさを閉じ込めたオリジナルなアクセたちは、年齢を問わず支持を集めています♪
 押し花、アーティシャルフラワー、レース、天然石、ヴィンテージパーツなどなど…あらゆる素材を組み合わせたYUZUの世界。
 どうぞご堪能くださいませ〜(^.^)

各種樹脂ペンダント 各税込2,520円
サイズ:チェーンの全長44cm、パーツの直径約3cm
 左から、うさぎ、バレリーナ、赤ずきんちゃん…物語を思わせるようなデザインに、少女時代のノスタルジックな思い出が浮かんできませんか?



ヴィンテージストーンピアス 各税込1,890円
サイズ:パーツの縦約1.5cm
 ぼんやりと浮かび上がる色合い…砂糖菓子のような優しく女性らしい雰囲気のピアスです。
 カギをモチーフにしたパーツとの組み合わせがYUZUらしいデザイン♪



紅茶染めレースのネックレス 
(左)税込2,520円 サイズ:チェーンの全長56cm、パーツ全体の縦約5cm
(右)税込2,940円 サイズ:チェーンの全長88cm、パーツ全体の縦約7.5cm
 柔らかで優しい色合いの紅茶染めレースと天然石や雰囲気あるパーツが合わさり、YUZUの世界を創り出しています。
 たっぷりと長めのチェーンは、重ね着をするこれからの服装にも重宝♪
 天然石は、左がローズクォーツ、右がクリスタルを使用しています。



ヴィンテージストーンネックレス 各税込2,100円
サイズ:チェーンの全長40cm、パーツの縦2cm
 ルビーとエメラルドのようなレッドとグリーンのカラーが際立ったヴィンテージストーンのネックレス。
 無地のセーターに合わせれば、シンプルだけれど目を惹くおしゃれのアクセントに!




  
コメント(0)mederu日記
臨時休業のお知らせ
 本日8/31(月)は臨時休業とさせていただきます。翌9/1(火)もお休みです。
 9/2(水)は通常営業いたします。またのお越しをお待ちしております<(_ _)>

 台風が近づいております!商品保護のため、本日は臨時休業とさせていただきます<(_ _)>(お店に屋根と壁はありますが、外に出す商品もあるため。)
 私は頃合いをみて行き、事務処理を進める予定です。
 
 それでは皆様もどうぞお気をつけください。
 
PS.政権交代しましたね。これから官僚たちの反撃が始まります!
   国民はしっかりと正しいほうの味方につきましょう! 
  
コメント(0)mederu日記
シュールでクールなキーホルダーのご紹介♪
 台風が近づいてきているようです。
 明日、あまりにも雨風が強ければ臨時休業とさせていただく場合がございますのでご注意ください<(_ _)>その際は、なるべく早めにこの日記にてお知らせいたします。

 それと、先日チラッとお知らせいたしました、この日記(ブログ)の移転ですが、今のところ9/2(火)から新ブログに移転する予定です。
 mederuホームページのblogからは、旧ブログ、新ブログの両方が見られるようになります。よろしくお願いします<(_ _)>

 さて本日は、ちょっぴりシュールでクールなキーホルダーをご紹介します♪
 お客様の反応を見るのが楽しい商品です。
 「おぉ!面白い!」とうける方や「ちょっと怖い…。」とややひいてしまう方、「フフ…。」と思わず独りモレ笑いが出てしまう方などなど…私は「面白い!」とうけた派です。
 あなたの感想はいかがですか?

レーザーカエルキーホルダー 税込1,365円
 一見すると普通のかわいいカエルのキーホルダーなのですが…


 お腹にあるポッチを押すと…

 目からレーザービーム!!
 結構な明るさで、夜、暗闇の中で鍵穴をさがすのにも便利そう(#^.^#)
 箱入りなので、カエル好きの方にはもちろん、おもしろ物好きの男性の方へのギフトにもオススメです♪
 ちょっとした話のネタにもなりそう〜!



  
コメント(0)mederu日記
ゆとり
 昨日、ハリボーとめざましテレビを見ながらの会話。
私:「(野外ライブをしているアーティストを見ながら)歌歌ってる人って、楽しそうだね。きっと好きなことをしているからだよね。好きなことを仕事にしている人って楽しそう。それって幸せなことだよ。」
ハリボー:「でも、歌いながらオナラが出たくなったりしたら?困るんじゃない?」
私:「…(-_-;)あんなに広いところで音楽の音も大きいから、したって聞こえないよ。」
 もちろん、真剣に聞いているわけではなく、ハリボーなりのジョークで、私も真剣に応えているわけではなく、フフ…というような軽い会話です。
 でもどうして小学低学年の男子って、オ○ラとかウ○チとかの話しが好きなんだろう。ホント、おバカな生き物です。。。

 でも、そんな会話をしながら私がふと思ったのは、“こういう何でもないひと時の会話って、大切。こういうのを「ゆとり」というのかも。(こんなくだらない内容でも^_^;) 前の仕事を続けていたら、こういうことが少なかっただろうなぁ。”
 そして、「ハリボー、お母さんが前の仕事辞めてよかったね。前の仕事だったら、もうこの時間にお母さんは家にいないよ。ハリボーに“いってらっしゃい”が言えなかったんだよ。そしたらハリボーは、朝ごはんを一人で食べて、自分でカギをかけて行くか、おばあちゃんの家でご飯を食べさせてもらってそこから行くか、だったんだね。」
 ハリボーも珍しく素直に「うん。よかった。」と言っていました。
 ハリボーはたまに、私が前の仕事を辞めてよかったということを言ってくれます。そう言われた時は、本当によかったよかった、と思います(^.^)

 もちろん、色々な家庭があり、「いってらっしゃい。」「おかえり。」を親が言えればその子がいい子に育つわけではないと思うけれど、私の場合は、忙しすぎると周りが見えなくなるところがあるので、“ハリボーを見る”という点では、今のほうが見ている気がします。これでも。(注)ここでいう“見る”は、“面倒を見る”というよりは、“内面を見る”といったことです。
 しがない自営業ですが、子育てしながらする仕事としてはいい仕事かも、と思います。
 勤務体制が自分で決められ、思っていたよりも多い学校の用事にも対応しやすいし。
 ハリボーが“今日はお母さんの所に帰りたい”と思えば、そうできる距離にいるし。(でも最近は、その選択肢を選ぶことがほとんどないハリボー。祖父母宅に帰り、自分のペースで宿題や勉強をし、テレビを見たり、ゲームをしたり、本(9割がたコロコロコミック)を読んだりすることを選んでいます。)

 この先、ハリボーが今よりも手を離れたら、働き方を変えてもいい。
 どうとでもできる、自分次第だというところが、とても気に入っています。

 そんなことをハリボーとの軽い会話から、ふと思いました。

  
コメント(0)mederu日記
4mame 布のかけらシリーズ新作バッグのご紹介♪
 日曜日は選挙ですね。
 日曜の朝バタバタして行きそびれたらイヤなので、昨日、期日前投票してきました!
 ニュースでやっているように、結構混んでいました。
 国民が政治に関心を持ち、選挙への意識が高まるのはいいことだと思います。
 今週末は、24時間テレビもあるし、選挙の結果も出るし、盛りだくさんだわ!(私にとって24時間テレビのウェイトは高い。子どもの時から夏の終わりには毎年見ていた番組なので。“愛は地球を救う”というテーマを続けているところもいい。続けることに意義がある。偽善と言う人もいるけれど、偽善でも何でも、やらないよりはやったほうがいいと思う。マラソンも距離が怪しいという噂が毎年流れるけれど、大変な思いをして走っていることに変わりはないのだからいいではないか、と思う。そして、最後にはジャニーズと一緒に涙しながら“負けないで”と“サライ”を歌いたい。)
 
 さて本日は、オーダーメイドの注文が入ったりと、着実にファンを増やしている4mame(ヨンマメ)から、布のかけらシリーズの新作バッグなどが入荷しておりますのでご紹介します♪
 先日、4mameさんのポシェットを叔母様からプレゼントされて使っていらっしゃるという女性から、同じ作家さんに、少し大きめのショルダーバッグを作ってもらえないかとのお問い合わせメールをいただきました。
 そして、早速オーダーメイドで作っていただきました♪
 まだお客様のお手元には渡っていないので、今回ここでのご紹介は遠慮しておきますね。
 でも、とてもとても楽しみにしていらっしゃいます(#^.^#)
 ナチュラルな4mameテイスト満載の“出来”なので、きっとお客様も喜んでくださると思います♥
 自分色を混ぜ込んだ、自分だけのお気に入りが欲しいな。。。という方には、オーダーメイドはオススメです♪
 布雑貨、アクセサリーなどなど…ご要望がございましたら、shop@mederu.jpまでお問い合わせ下さい(^.^)

 それでは、4mameの新入荷作品をどうぞ〜♪

布のかけらのショルダーバッグ 税込3,990円
 ブルー系の布のかけらを集めて、可愛いけど可愛くなりすぎず…雰囲気あるショルダーバッグに仕上がっています(#^.^#)

 

布のかけらのトートバッグ 税込3,675円
※こちらはsold outとなっております。
 こちらもブルー系で大人可愛い雰囲気♪
 お昼のランチに行く時などにちょうどいい大きさです。
「かわいい〜!」と言われること間違いなし!(^^)!



布のかけらのマチたっぷりトートバッグ 税込3,990円
 秋らしさを感じさせるブラウン系の布のかけらバッグ。
 見た目は小ぶりでもマチがたっぷりとってあるので、お弁当や手作りのお菓子など、縦にせずにそのまますっぽり収納できます♪

 
 横にちょこんと付いたウッドボタンがアクセント。



布のかけらの抹茶色ショルダーバッグ 税込4,200円
 きれいな抹茶色を基調にした布のかけらのショルダーバッグ。
 現在4mameさんがお住まいの京都といったら、和菓子にお抹茶)^o^( 京都旅行でいただいた抹茶の香りを思い出しました(~o~)
 秋冬の服装にもピッタリのバッグです!



 その他、ぽっこりまんまるピンクッション(税込525円〜630円)も各種再入荷しております♪



  
コメント(0)mederu日記
ヨウキナ*マーケット出展のお知らせ♪
 今日はひとつ皆様にお知らせです!
 来月9月6日(日)、高円寺にある“高円寺プラットフォームワークショップ2F”にて開催されます、一日だけのマーケット『第一回ヨウキナ*マーケット』(http://www.yohkina.com)に、mederuも参加することになりました♪
 mederuから出品するのは、オリジナルTシャツ、オリジナルティー、オリジナルコーヒー、オリジナル手ぬぐいです。↓

オリジナルTシャツ






オリジナルティー


オリジナルコーヒー


オリジナル手ぬぐい



 
 今回が第一回なので、どういう雰囲気のマーケットになるかは全く分かりませんが、デザイナーズ手ぬぐい、手づくりアクセサリー、オリジナル雑貨などが並ぶ予定ですので、ご興味のある方はどうぞ遊びにいらしてください(#^.^#)
 私も当日はmederuをお休みして、マーケットのほうの店番をしたり、イベントの雰囲気を楽しもうと思っています!(^^)!
 また、当日は全館にて夏休みイベント『家族ぐるみで高円寺!』も開催されます。親子で楽しめるワークショップや屋台&出店も出るそうなので、どうぞご家族・ご友人お誘い合わせの上、お越しくださいませ♪

  
コメント(0)mederu日記
atelier MIKA(アトリエ・ミカ) 新作アクセサリーのご紹介♪
※明日8/26(水)はお休みです。

 今日からハリボーの学校が始まりました\(^o^)/なんでバンザイかって?ママさん達ならきっと同感してくれるはず!
 子どもが学校に行ってくれるとホッとするものです。家にいるお母さん達は尚更でしょう。私も毎日のお弁当作りから解放されるのが嬉しいです。
 そんなハリボーのことで先日“あること”に気がつきました。
 ちょっとふざけて、私のイヤリングをハリボーの耳に着けてみたところ…どこかで見たことがある…?
私:「こういうおばさんって、いるよねー?誰だろ?」
夫:「…和田アキ子。」
私:「そうだ!和田アキ子だ!ハリボーの髪型は和田アキ子カットだったんだぁ。」
 くだらない気づきでスミマセン…。
ハリボー:「和田アキ子って誰?」
私:「ほら、“アッコにおまかせ”って知らない?あれに出ている人。」
ハリボー:「ああ、あの人か(^.^)」
 嫌そうではありませんでした。

 さてさてくだらない話はこれくらいにして…
 本日は、企画展以来お久しぶりでした!atelier MIKA(アトリエ・ミカ) 新作アクセサリーのご紹介です♪
 
 今回は、新オリジナルキャラクター「食いしんぼプリンス・ロミオ」&「おしゃまプリンセス・ジュリエット」シリーズなど、これまでのatelier MIKAとは少し雰囲気の違ったプリティな作品も登場です(^.^)
 “食いしんぼプリンス・ロミオ”のモデルは、atelier MIKAさんの愛犬“惣次郎”君だそうです♥
 そんな愛くるしい家族のいらっしゃるatelier MIKAさんですが、惣次郎君は二代目犬だそうです。
 先日、スタッフKちゃんが愛犬と悲しいお別れをしたこと、そして私も実家に二匹のワンコがいてとても他人事とは思えず、今一緒にいられるこの時間を大切にしようと思ったことをお話しすると、先代ワンコとの別れを経験された時のお話しをして下さいました。
 とても参考になるお話でした。Kちゃんにも伝えました。
 時が経ち、悲しみが癒え、かけがえのない思い出になる…そしてミカさんと惣次郎君のように、縁あって、また新たな家族となったり…。
 良い意味での覚悟ができたような気がします。ミカさん、ありがとうございました<(_ _)>

 少ししんみりしてしまいましたが、元気に作品紹介のほう、いってみましょー♪
「食いしんぼプリンス・ロミオ」&「おしゃまプリンセス・ジュリエット」のネックレス 各税込 3,570円
サイズ:全長約60cm
 少し長めのネックレスで、ナチュラルスタイルやカジュアルなワンピースの装いにもピッタリです♪
 左のロミオにはガーネット、右のジュリエットにはピンクのサンゴが付いています。
 ロミオのモデルとなった惣次郎君は超食いしんぼで、食べ物をちゃんと噛まずに飲み込でしまうため、細かくしてあげているワンコ王子だそうです(^.^)
 ジュリエットは、「お水は入れたてじゃないと飲めないのー!」と言うように、飼い主のママさんに新しいお水を催促する、ミカさんの親戚の家のニャンコ姫がモデルだそうですよ(#^.^#)
 そんな茶目っ気たっぷりな二人がモチーフになったネックレスです♥



「食いしんぼプリンス・ロミオ」&「おしゃまプリンセス・ジュリエット」のストラップ 各税込1,995円
 それぞれのモチーフと天然石の組み合わせが大人かわいい雰囲気です(#^.^#)
 atelier MIKAオリジナルイラスト入りの台紙もかわいく、ギフトにも喜ばれること間違いなし!



 左から、フォークモチーフ+サンゴ+淡水パール、スプーンモチーフ+アマゾナイト+サンゴ+淡水パール、リンゴモチーフ+ガーネット+淡水パール(←こちらはsold outとなっております。)。


 左から、ダイヤモンドモチーフ+サンゴ+淡水パール、リボンモチーフ+アマゾナイト+サンゴ+淡水パール、くつモチーフ+ガーネット+淡水パール。

各種ピアス 各税込1,470円
 フォーク、スプーン、ハイヒール、かわいいモチーフと天然石が耳元で揺れるのがとってもかわいいピアスです♥
 天然石は左から、アベンチュリン、ガーネット、サンゴ。



ガーネットの木の実っぽいネックレス 税込2,940円
サイズ:全長37cm+5cmのアジャスター付き。
 紅い木の実のようなガーネットが鈴なりに♪
 “実りの秋”にピッタリなネックレスです(#^.^#)



  
コメント(0)mederu日記
カムバック!ハイテンション!!
 今日、商談予定だったアクセサリー業者の女の子から、インフルエンザにかかって行かれなくなったと電話がありました。もちろん、会社にも行けず自宅待機だそうです(>_<)
 魔のインフル、徐々に近づいてきています…。手洗い・うがい、励行しましょう!!!

 ところで昨日は、夫の弟が兵庫からお台場のガンダムを見に来ていて、夜行バスで帰る前に我が家で一緒に夕食をとりました。ホットプレートで焼肉です。

 ガンダム、よかったそうです。私はいまいち興味が持てなかったのですが、義弟が「如来象化していた。」や「見ておいたほうがいい。」と言うので、少し見たくなりました。
 でもあれって、8月いっぱいまで?明後日の定休日に行くかどうか…見ずに終わりそうです。

 あと、夕食の時の会話で話題としても出たのだけれど、今回の世界陸上での織田裕二、変わりましたよね。明らかにテンションが低くなりました。
 以前に、“俳優の時の織田裕二が好き。世界陸上の時の彼はあまり見たくない”といったことを書きましたが、いざテンションの下がった織田裕二を見ると…“どうしちゃったの?以前までのあのノリは?何があったの?”と気になり、前までのハイテンションの彼が恋しくなりました。
 結局のところ私は、俳優の時も、世界陸上の時も、あらゆる場面での織田裕二が好きだったのだと気づきました。(そんなことはどうでもいいって?^_^;)

 ものまねされるのがイヤなのだろうか?もしそうだとしたら、山本高広をそこまで意識しているのだとしたら、笑えます。
 それとも、別の意味で意識してテンションを押さえるようにしたのか…。

 確かに、選手へのインタビューの時にやたらテンションが高いインタビュアーはどうかと思う時があります。…松岡修造など…。
 世界フィギュアの時に、調子の悪い真央ちゃんにズケズケとインタビューしている場面を見て“これは…”と思ったことがありました。
 松岡修造を悪く言う人ってあまりいなそうだし(前に『オーラの泉』では、まだ魂が若いって言われていたけれど。)、育ちも良くて努力家で、世界を舞台に活躍してきた立派な人なのだろうけれど、たまに“ん?”と思う時があります。

 先日も、子ども達に熱血指導でテニスを教えている番組がありました。あれはあれで子ども達にとっては良い経験になるだろうし、子ども達の涙にこちらも思わずもらい泣きするといった場面もあったけれど、その指導の中で「いつでも自分の味方でいてくれるのは親だけだ!」や「僕だって今親がいなくなったらどうしていっていいか分からない!」といったようなことを熱く語っていました。
 私はそこで“ん?親にも色々いるよ。いつも味方とは限らないよ。世の中そういういい親をもっている子ばかりじゃないんだから。”と思ったり、“ん?今その年で親がいなくなったらどうしたらいいか分からないなんて…それ、だめじゃん!”と思いました。
 こんな風に思う私はひねくれ者?でもそう思ってしまいました。中にはそう思う子もいるんじゃないかなー?熱さにほだされない、クールな子も。
 でも、そういう子のことは初めからはじきそう。そう感じさせるところを彼からは感じてしまうのです。
 サラブレッドはサラブレッドしか育てられないというような…自分のものさしを他人にもそのままあてがって説教してしまうような…。
 松岡修造ファンの方が読んでいたらゴメンナサイ。あくまで私見です…。

 と、話は織田裕二に戻しますが(戻さなくていいって?)、織田裕二のハイテンションはスタジオ内でのものだから、あれはあれでよかったのではないかと今さらながら、思います。
 選手へのインタビューの時は、相手が今どういう精神状態なのか(集中したい、元気づけて欲しい、などなど)分からないので、まずはニュートラルに淡々と行うのがいいと思うけれど、スタジオなら、多少テンション高めで視聴者がついていけなくても、芸能人の特権として好きなように持ち味を出してもらってよい、そんな風に思います。
 あぁ、織田裕二のあのハイテンションをもう一度見たい…。
  
コメント(0)mederu日記
BERHASIL(ブルハシル) スポット入荷です♪
 この日記も3年以上、営業日にはほぼ書き続けておりますが、とうとう容量がいっぱいになってきました。
 今契約しているサーバーは容量拡大ができないということなので、オーナー日記のみ、他に移転することになりそうです。
 新しいほうの機能に慣れ次第、移転します。その際は事前にお知らせいたしますので、どうぞ引き続きお楽しみくださいませ<(_ _)>

 さて本日は、愛知県在住の布雑貨作家さん、BERHASIL(ブルハシル)から、巾着付きエコバッグがスポット入荷しましたのでご紹介します♪
 お出かけの際にバッグの中にポンッと入れて、荷物が多くなった時のセカンドバッグなどにぜひどうぞ(^.^)

巾着付きエコバッグ 各税込1,890円
 今回は、モンステラ柄などちょっぴり熱帯雨林チックで目を惹きます。
 レースやくるみボタンで女性らしさをプラス♪
 裏地も付いてしっかりとした作りなので、ある程度重いものを入れても大丈夫!

















  
コメント(0)mederu日記
さかなクン。
 先日行ってきた奥多摩キャンプで夫とハリボーが作った陶器(夫が湯のみ、ハリボーがお皿)が焼きあがって送られてきました。
 結構いい感じに色も出て、味のある器に仕上がっていませんか?





 話しは変わりますが、先日“さかなクン”がテレビに出ていました。
 私はさかなクンが好きです。見ていると、彼の世界に引き込まれます。そうさせてくれるところが好きです。
 最初、さかなクンがメディアに出始めた頃、あの独特な声と話し方と風貌を敬遠していた人も多かったように思いますが、いつしか彼の魚に対する純粋な気持ちが見ている側にも伝わり、その真っ直ぐさに人々の心が動かされるようになってきたように思います。
 そして、“すごいなー”と認める心が生まれると、少しくらいの“変わりぶり”はどうでもよくなるもの。
 人がそうやって他者を認めていく過程も見せてくれた人物です。

 その番組で、さかなクンは自分の母親に感謝していると言っていました。
 魚を調べることと魚の絵を描くことに夢中だった少年時代、学校の先生などから「魚のことばかりでなく、もっと他のことにも目を向けたほうがいいのでは?」と言われることもあったそうです。
 でもそんな時、さかなクンのお母さまは「いえ。ウチの子は魚と絵が好きなのでそれでいいんです。」と言っていたそうです。
 そう言って、自分を認めてくれていた母親に、とても感謝していると話していました。
 さかなクンもすごいけど、さかなクンのお母さまもすごし!!
 
 さかなクンのお母さんに、その時はどんな気持ちだったのか聞いてみたいです。
 でもきっと、普段からさかなクンのことをよぉく見ていて、“この子は大丈夫!”という確信があったのだろうと推察します。
 過干渉にならずに適度な距離を保ちつつ、愛情豊かに、しかしのめり込み過ぎずに、ある程度冷静な目でよぉく見ていれば、自分の子が今どういう状況なのか、親なら、家族なら、きっと分かるはず!…と、願望も込めて…思います。

 あと、私がさかなクンを好きなのは、彼が自分というものをしっかりと持っていて、きちんと社会的な役割を果たしている“大人”だから。
 これが、自分の好きなことを勝手にやっているだけで社会人として自立していないような子どもっぽい人だったら、魅力を感じません。
 世間も“単なるマニアックなオタク”といった見方で終わっていたでしょう。

 これからも、さかなクンらしく、優しい心で魚の道を究めていって欲しいと思います!
 今後もさかなクンからは目が離せません(#^.^#)

  
コメント(0)mederu日記
クラフツナータンからお知らせです。。。
 昨夜は久しぶりに高校時代の友人2人と会って食事を楽しみました♪
 子育て、家族、仕事のこと…あれこれと飲み食いしながら3時間以上も談笑(^.^)
 やっぱり人と会って話すのは楽しい!
 それぞれが、日々の生活の中でどんなことを考えながら過ごしているのかを知るのが。
 これが、どこのランチが美味しいとか、どこそこのバーゲンはお得だとか、人の噂話だとか、そんな話し、いや、そういう話も会話の一部として軽いポジションで織り込まれている分には楽しめるのだけれど、そんな話しばかりだったら、その集まりには行かなくなるな。
 私は、テレビでたまに見る、バーゲンに群がる人々を見るのが嫌い。人よりも少しでも得なものを!という人の欲、欲、欲が見えて。お金のない10代20代の若者が群がるならまだしも、お金と時間を持て余していそうな中高年のそれは下品で見るに耐えません。
 自分の20年後、30年後を想像し、その中にいるようにだけはなっていたくないと思います。っていうか、お金と時間を持て余している中高年にまずなっていないかも?^_^;

 さて本日は、きせかえちゃんやタビビトさんという独特のキャラクターグッズで人気の“クラフツナータン”から、ちょっぴり残念なお知らせです…。
 人の人生は諸行無常なものです。そして、クラフツナータンさんの人生にも変化があり、安定した形で作品制作をしていくのが難しい状況になってきたということで、今お取引している全国の店舗での雑貨販売を一旦中止する決断をされたそうです。
 ということで、mederuでの作品のお取り扱いも、9月中旬を目途に終了となります。そこで、今ある作品を全て、ついている値段から20%OFFにてご提供させていただいております。
 既に作品数は少なくなってきておりますが、残り半月、どうぞクラフツナータンの世界を惜しみつつ、お楽しみくださいませ。
 クラフツナータンさんの今後の活動としては、タイル絵の展示会を不定期で年に1〜3回開催し、その中できせかえちゃん達の小物も少しずつ販売していくかもしれないということです。
 またどこかでふいに“きせかえちゃん”や“タビビトさん”に出会えるかもしれない、そんな期待を残しつつ…いったんお別れとなります。きせかえちゃん、タビビトさん、どうかお元気で(ToT)/~~~

 カード類やしおりも全品20%OFFです!


 お別れかと思うと、きせかえちゃんのお顔がどこか憂いを含んだ表情に見えるのは私だけでしょうか…?



  
コメント(0)mederu日記
宿題指導と消防車の絵展示会
 ハリボーの夏休みも残りわずかとなりました。ゆとり教育の見直しもあり、今年から夏休みは24日までなのです!
 私の頃は、夏休みは31日までと決まっていて、24時間テレビを見終わってから、残り数日で焦って泣きながら残った宿題を片付けていたのが当たり前だったのに…。(当たり前だったのは私だけ?)
 当時は、宿題に親は公にはタッチしてはいけないという風潮があったと思いますが、今は違います。
 夏休み前の保護者会で、全ての宿題についての細かな説明があり、「800字以内の読書感想文はこの学年の子たちにはまだ難しいので、親が見てあげて、教えてあげてください。」と言われたりもするので、野放しにしておくわけにもいきません。
 というわけで昨日は、“残りの宿題を片付けるデー&入選した消防車の絵を見に行くデー”にしました。

 宿題のほうは、絵日記と800字以内の読書感想文が大物2つでしたが、絵日記と読書感想文の下書きは先週までにおおかた終わらせていたので、昨日はそれほど労力は使わずに済みました。
 先週が大変でした(>_<)
 ハリボーは、絵は好きなので放っておいても比較的チャッチャッと描くのですが、作文は教えながらなので、こちらも疲れます。
 でも、姉に私の指導方法を話したら、それはかなり変わっていて、恐らく、他の親よりも頑張っていない方だと言われました。
 「え〜心外!休みを返上して宿題を見てあげるなんて、私にしてはかなりがんばってるのにぃ。」と言うと、「そう、分かってる!としとしなりには頑張っているんだと思うけど^_^;…ハリボー、もう分かっているだろうけど、ハリボーのお母さんはこういう人なんだから、強く生きていきなね。」なんて言っていました。
 ハリボーはあまり気にしていない、というか聞いていないようでした。

 お恥ずかしながら…その変わっていると言われた指導方法はと言うと…読書感想文の下書きを一緒に仕上げている時、どうしても、どうしても眠くなってしまった私は、もうこれは仕方ない、と思い、ソファーにゴロンと横になり、薄い紙を手に持って、その手だけをソファーから出して「ハリボー、この紙がハラリと落ちたら、お母さんは寝たということだから、その間は頑張って自分で下書きを書いてね。起きたらちゃんと見てあげるからね。」と言ったのです。…そうか、これは変わっているのか…。
 寝入る前に寝返りをうってつい手を引っ込めてしまったら、ハリボーのほうから「ちゃんと手、出してて。」って言ってきたし、寝たかどうかが一目で分かってこれはいい方法だ!と思っていたのだけど。
 そして実際、私はそのまま意識を失い、次に意識が戻った時には紙はハラリと落ちていて、ハリボーは一人で半分まで下書きを書いていました。たぶん、即効、効率よく寝たのだと思います。

 子どもは親を選んで生まれてくると言うけれど、あの言葉は親のためにあるのだろう。そう思うと、親として救われるから。
 でも、もしそれが本当だとしたら、ハリボーは夫と私のどこに目をつけて生まれてきたのかな。それを探っていくのは面白い。

 まあ、そんな指導方法ではありますが、無事に夏休みの宿題も終え、『「はたらく消防の写生会」作品展示会』に行ってきました。
 ハリボーの絵は、銀賞「優秀賞」をとっていました。
 後日、消防署の2番目に偉い人からの賞状がもらえるそうです。
 そういう時は誉め、“普通の親”してると思います。

 看板の横で記念撮影をしたいのに、こういう時には異様に照れるハリボー。
 うつむき加減です。


 板橋区内の16校の小学校から選ばれた消防車の絵や火の用心のポスターが展示されていました。
 どの絵も伸び伸び生き生きと描かれていました(^.^)


 
 他の金賞や銀賞の絵も紹介したいけれど、著作権のこともあるので、ハリボーの絵だけ載せさせていただきます(#^.^#)
 ドアにぼんやりと浮かぶ消防署員は、ドアに映っていたのを書いたそう。



  
コメント(0)mederu日記
nemu(ネム) 新作アクセサリーのご紹介♪
※明日8/19(水)はお休みです。
 
 昨日今日と、お隣のお花屋さんが夏休みで閉まっていて淋しいです。奥さんやアルバイトさんたちとの挨拶や世間話しもできないし。。。
 お盆とお正月に2〜3日お休みするだけで、あとは年中無休で営業しているお隣のお花屋さん。
 せっせと忙しく働く両親の姿を見て育っているお隣の二人のお子さんたちは、労働の大変さと尊さを実感として学んでいるのだろうな、と思います。
 “親の背中を見て育つ”というのはこういうことなのだろうと思います。
 自分達が生きていくために親が何をしているのかをちゃんと知っている、というのは、子どもが成長していく上で大きな強みになると思います。
 もし子どもが、“お父さん(お母さん)はいつも仕事と言っていないけど、一体どこで何をしているのだろう?”と、不安に近いような漠然とした気持ちでいるとしたら、それはよろしくない状況だろうと思います。
 たまに、親はいなくても子は育つ、という言葉や、漁師のような職業を持ち出して仕事で家にいないことを正当化しようとする人がいるけれど、心の中にまで親の存在がなくなってしまったらその子どもはまともに育つとは思えないし、漁師さんは誰のために、どういうことをやっているのかがハッキリしており、しかも職場は海の上という非日常、闘っている相手も自然や動物なわけなので、現代社会のサラリーマンとは全くの別物です。
 日本のサラリーマンが忙しいのはその人だけの責任ではないにしても、仕事と家庭、仕事と子育てについて、その辺りのことを夫(妻)として、父(母)としての自覚を持って考えているのかどうかで、大きな違いが出てくる、そんな風に思います。

 前置きが長くなってしまいましたが…
 本日は、天然石を使った“一粒石ネックレス”や“フープピアス/イヤリング”などで人気のnemu(ネム)から、新作アクセサリーが届きましたのでご紹介します♪
 作品紹介の前にちょこっと…nemuさんは、小1男子のママさんでもあります。たまにメールで、互いの子育てプチ情報交換もしております(^.^)
 ハリボーもまだ夏休みの宿題が残っているのであまり人のことは言えませんが、nemuさんのお子さんは朝顔の観察日記に手をつけていないというなかなかのつわものでした!「既に種も満開となり、どうしたらいいんでしょう!」とのnemuさんの困惑した言葉に、失礼ながらわたくし、思わず笑ってしまいました。ゴメンナサイね、nemuさん!
 観察ものは日々コツコツと地道に仕上げていく類の宿題ですものね。いやいや、人間誰しも得て不得手はありますよ…なんて、慰めモードに入っていますが、どうにかこうにか体裁を整えて、がんばってください(^o^)丿
 さてさて、今度こそ作品紹介です♪
 今回は、秋っぽさの感じられるものも多数入荷しております。
 朝晩には涼しい風も吹き始めた今日この頃、秋先どりの素敵でかわいいアクセたちをどうぞ見にいらしてくださいね♥

各種フープピアス/イヤリング 各税込3,570円〜4,725円
 まずは人気のフープピアス/イヤリングから…。
 マザーオブパール、ターコイズ、サンゴ、インカローズ、アパタイト、アマゾナイト…。
 それぞれの石の個性がたっぷりと楽しめるフープピアス/イヤリングです。


 
《淡水パールシリーズ》
 上品な光沢でパーティーシーンにもピッタリ♪
 一粒一粒微妙に形が異なり、豊かな表情を見せてくれるのも淡水パールの素敵な特徴ですね。
<ホワイト系>
ロングネックレス 税込5,250円
ブレスレット(左) 税込2,100円
ブレスレット(中央) 税込2,730円
ブレスレット(右) 税込3,360円


<ピンク系>
ネックレス(左) 税込5,250円
ネックレス(右) 税込3,150円


<ブルー系>
ネックレス 税込3,150円
ピアス 税込1,680円



リボンネックレス 各税込4,200円
(左)アイオライト
(右)アメシスト
 こちらは、ガーリーな大きめリボンと上品な天然石で大人かわいく仕上げられたロングタイプのネックレス。
 スカートやワンピースにはもちろん、ジーンズスタイルに合わせてもかわいいですよ♥



各種ピアス 
(左上)ブルー系淡水パールのピアス 税込1,680円
(左下)ターコイズ・ムーンストン・アクアマリンのピアス 税込3,150円
(右上)淡水パールのフリンジピアス 税込3,150円
(右下)ブラウン系淡水パールのアメリカンピアス 税込2,100円
様々や色や形の各種デザインピアス。
お気に入りをどうぞ…。



淡水パールと大きめ天然石のネックレス 各税込4,200円
(左)ブルーレースアゲート
(右)アマゾナイト
上品なのに存在感のあるネックレス。
コーディネートのアクセントにどうぞ。



各種ネックレス&ブレスレット 
(ネックレス左)ブルー系淡水パールのネックレス 税込3,150円
(ネックレス右)シルバー&アメシストのロングネックレス 税込4,200円
 長めのシルバーチェーンに透明感のあるアメシストをちらしたロングネックレス。
 華奢で繊細なデザインです。
(ブレスレット上)アメシストのブレスレット 税込2,100円
(ブレスレット中)シルバー&グリーンガーネットのブレスレット 2,100円
(ブレスレット下)しずく形ムーンストーンのブレスレット 税込3,360円
 どれも透明感のある天然石を使った女性らしいデザインです。



各種一粒石ネックレス
 人気の一粒石ネックレスも各種入荷しております♪
 左から順に、グリーンベリル(税込2,310円)、ブラウンムーンストーン(税込2,310円)、シェル(税込2,310円)、スモーキークォーツ(税込2,100円)、ブラックムーンストーン(税込2,100円)、アンダルサイト(税込2,100円)、ルビー(税込2,310円)。


 その他、かわいいサンゴのネックレスなども入荷しております♪

  
コメント(0)mederu日記
行ってきました!『J-WAVEライブ2000+9』♪
 なんだか最近は遊びの報告ばかりしているような気もしますが…今年も姉と一緒に、夏の終わりのお楽しみ♪5時間半に及ぶ『J-WAVEライブ2000+9』(http://www.j-wave.co.jp/special/live2009/contents.html)に行ってきました!
 場所は今年も同じく代々木競技場。板橋からは40分くらい。最寄の駅は原宿です。
 原宿、若き日の思い出の街。最近はとんと降りなくなった駅です。
 私の原宿の思い出は…中学時代に仲良くなったちょっとミーハーな(これも死語?)友達Nちゃんと洋服を買いに行ったっけ。ミーハーなNちゃんは、光ゲンジのグッズのお店なんかもよくのぞいていました。
 そんなNちゃんもジュリアナで踊っていて知り合った男性と結婚し、一男をもうけ、今ではすっかり落ち着いて主婦しています。最近は年賀状でやり取りをしているくらいだけど、元気かな?
 BOOWY(ボウイ)の良さを教えてもらったのもNちゃんだったなぁ。Nちゃんは当時布袋さんのファンだったけど、今でも好きかしら?あれからもう20年も経つのね。布袋さんも今ではパパね。 
そんな話を姉にしたら、姉も原宿の思い出を語り始めました。
 姉は、初めてのプチ家出の先が原宿だったそうで。
 当時大切にしていた『明星』というアイドル雑誌の付録の歌詞本を捨てられたのにショックを受け、“もう家出してやる!”と思い、家出といったらとりあえず原宿だろう、ということで原宿に来たそうです。
 でも、お金もないしやることがなく家に電話したら母に「どこにいるの!」「原宿。」「何やってんの、早く帰ってらっしゃい!」と言われ、2〜3時間で帰ったのだそうです。
 フフフ、やんちゃだった姉らしい。それぞれに青臭い思い出の街、原宿です。
 
 前置きが長くなりましたが、3日間のライブ最終日の昨日の出演者は歌った順に、秦基博(はたもとひろ)、清水翔太(しみずしょうた)、Crystal Kay(クリスタルケイ)、KREVA(クレヴァ)、平井堅(ひらいけん)、スガシカオの6人+ゲストでChemistryなど数人のアーティストの出演でした。
 
 秦基博の歌を生で聴くのは2回目。爽やかな歌声と、穏やかそうで平凡でかわいいお顔は変わらず。髪も染めていないし、本当にそこらにいるお兄さんといった風貌で、普通に板橋区とかに住んでいそうです。
 安心して聴けるアーティストです。
 
 清水翔太は、見た目はまだ“君”をつけたくなるような可愛さ残る20歳の男の子。でも歌はスケールの大きな歌詞のものもあり、一生懸命に色々なことを考えながら生きているのが伝わってきます。言葉遣いがよく、礼儀正しいのも好感が持てました。
 
 Crystal Kayは、そのゴージャスなスタイルとパワフルな歌声で、日本人離れした熱いステージを見せてくれました。バーンと出した胸元と足には、同じ女性でも目が釘付けになりました。

 KREVAも生で聴くのは2回目。ださカッコいい?(ファンには申し訳ないけれど…<(_ _)>)という風貌だけれど、熱く、「真面目にヒップホップやってます!」と言い切っているところがよいです。(ラップとヒップホップの違いが私にはよくわからないのだけど^_^;)
 「俺にとっても、皆さんにとっても、初めての夏ですね…。初めての、マイケルのいない夏…。」といったその言い方もKREVAらしかったです。
 一見ふざけているようで、実は大真面目という彼らしさが出ている歌の歌詞を一曲ご紹介します。ハリボーも歌ってあげると喜ぶ歌です。ちゃんと読むと、結構いいこと言ってます。(歌詞→http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND62488/index.html 動画→http://www.youtube.com/watch?v=f60Jkm89wx8
 
 平井堅を生で聴くのは3回目。いつも通りの安定した美声で、今回はギターとピアノのみで歌を披露。トークは相変わらず下ネタもありつつ、真面目なことも言っていました。
 今年10年目(10回目)のJ-WAVEライブに、毎年皆勤なのが平井堅とスガシカオのみだそう。この10年間に、平井堅も本当に色々なことがあったそうです。
 「案外僕って、がんばり屋さんなんだな、と。いや、意外にしぶといんだな、と思いました。」と言っていましたが、でもホント、こういう世界で10年以上表舞台に立ち続けるということは、相当な苦労があるのだろうと思います。ましてや、一般の人よりも繊細な感性を持っているアーティストなわけですし。
 「皆さんの10年間の中にも色々あったのではないでしょうか?」と言っていましたが、そうですよね。私達にもそれなりに色々ありましたよね。
 そうですね、この3年間の作家様だけ見たって、人生は色々変化しているもの。
 10年前かー。ちょうど徳島で出会った大切な人々と別れ、仙台で新たに大切になる人々と出会っていた頃だわ。その頃は雑貨屋を開くなんて夢にも思っておらず…。ハリボーなんてまだ影も形もない頃。
 そんなしみじみとした思いで聴く平井堅はまた格別でした。

 最後のトリ、3日間のライブの大トリはスガシカオ。
 生スガシカオは2回目。今年ははじけてましたねー。アンコールで3曲も歌ってくれて。あんなに細いのに。

 このライブは多数のアーティストが出て、一人のアーティストが終わる毎に自由時間が入り、その間にラジオDJとアーティストのトークも聞けてお得感があります。
 来年もぜひ、行きたいです!

  
コメント(0)mederu日記
玉原高原夏旅行〜第二弾〜♪
※明日8/16(日)はお休みです。

 昨夜は何度観ても泣ける映画『火垂るの墓』をまた観てしまい、そしてまた泣きました。ハリボーも映画は2回目、学校の本で一回読んだようです。
 前にハリボーが見たときは確かまだ4〜5歳の時で、亡くなった妹の節子を兄が焼くシーンでしきりに「なんで焼いちゃうの?」と聞いてきたことを思い出します。ちょっと怖かったようです。
 でも、その怖さ、暗さ、悲しさもまた戦争の真の姿なのだとしたら、目を背けてはいけない気がします。
 あったことをなかったことのようにしてしまうのは一番怖いことです。
 あったことはあったこととして、後世に伝えていくのが大人の役割のように思います。

 さて今日は、玉原高原夏旅行の続きを書かせていただきます。

 一日目に、足浴などをした後も太陽の下を歩いた私は、ペンションに着いてからある事に気がつきました。これです。↓

 日焼けでサンダルの跡が!足の甲に×マーク。悪いことをして足に×マークを刻印された囚人のような気分(>_<)せめて○(マル)がよかった…。
 他にも、日焼け止めを塗らなかった(もしくは落ちてしまった)ところだけがもれなく日に焼け、夫からは「耳なし芳一みたい。」と言われました。

 一日目の夜たらふく食べでも、翌朝にはちゃんとお腹が空いていることが私の健康のバロメーター。しっかりと美味しくいただきました)^o^(↓

 
 
 二日目、本当はハイキングをしたかったのですが、夫がガイドの人に「今年は熊が多い。」と渋い顔で言われたそうで、熊よけの鈴を付けたほうがいいけれど、鈴はこの辺では売ってないとのことだったので、やめておきました。
 だって、本当に熊に会ったらお互いに怖いだろうから。
 ということで、観光を楽しもうと、まずは“吹割(ふきわれ)の滝”にレッツラゴー!(死語)
 水量が多くてダイナミックな吹割の滝、ゾットする恐ろしさで自然を楽しめました。
 人の手を加えた部分が少ないところがよかったです。その代わり、身を守る柵などもないので、不注意で落ちたら死にます。
 終始流れている「濡れた岩場は滑りやすく、転落事故も起きています。…」とのアナウンスも恐ろしさを駆り立てます。後からペンションの人に聞いたら、実際落ちて亡くなっている人もいるそうです。
 白線から出たら死のゾーン。↓


 ちょっと足を踏み外したら…


 だから、そんな所まで行ったら危ないって!↓




 落ちたら、あっという間にこの中です…。↓


 “荒れ狂う水”といった表現がピッタリ。↓


 慎重に歩いていても、流れに目を奪われると、ふっと足をすくわれそうな感覚になります。そして、“落ちたらワッと水にさらわれて、ザーッと流されて、ドバーッと滝つぼに落ちて、あっという間にあの世行きだろう…”とリアルに想像できるのでゾッとします。
 私は水が怖い。だから海がちょっぴり苦手で断然山派!きっと前世で、水難事故で死んだ人がいるに違いないといつも思います。
 つり橋からパシャリ。広大な景色。どれだけ広大かというと、左上の岩場の下に見える白っぽい点々が人々です。
 この「自然を楽しませるから、自分の命は自分で守れよ!」というスタンスが気に入りました。↓



 吹割の滝で自然を満喫した後は、人工的な観光スポットへ。
 俳優の津川雅彦と地元の石材やがタッグを組んで、スコットランドの古城を復元したという『大理石村 ロックハート城』。
 私はどうしても「ハートロック城」と言ってしまい、その都度ハリボーに訂正されています。(“ハートロック”だと、なんか“OK!ベイベエー!”という感じですね。)
 石をふんだんに使っています。さすが大理石村!↓


 故ダイアナ妃が乗っていたというロールスロイス車。↓

 縁あって所有することになった、と書いてありましたが、日本の富裕層が買い叩いている絵が浮かびました。
 全体を見終わった後の私ら夫婦の会話。
私:「なんか、富裕層の税金対策のための施設という感じだったね。」
夫:「例えそうだとしても、自分や親族のためだけに金を蓄えている人よりは余っ程いい。人を楽しませたり、地元の観光に貢献するために金を使っているんだから。金持ちなら、こういう金の使い方してくれるとありがたいんだけど。」
私:「そう言われればそうだね。私達も楽しませてもらったんだもんね。見させてもらって、ごはんも食べて、ハリボーは“天然石すくい”(金魚すくいのポイで天然石をすくう。200円。)もさせてもらって。」
 そうでした。自分の身内のこと以外何もしない人々よりも、世のため人のために何かをしようと思っている人は偉く、思うだけでなくそれを実際に行動に移している人はまたその数倍もすごいんだった!ごめんよ、ハートロック城!じゃなかった、ロックハート城!!
 
 それと、ロックハート城でもう一つ思ったこと。夫の前世について。
 ロックハート城の中で、本物のスコットランドの貴族の当時の様子がビデオで流れていて、広大な敷地の中で馬と戯れたりしている映像を見た夫が、しきりに「退屈そうだ。」と言うのです。経験したこともないのに。
 確か、先日行った横浜で豪華客船『飛鳥』を見た時も、タイタニックの主人公を持ち出して、貴族の生活は単調で退屈だとか言っていました。
 ひょっとして夫の前世は貴族で、退屈な思いをしてきたのでしょうか?
 そう考えると、ふに落ちることが多いような…。
 幼少期の貧乏だった頃の話しをする時の夫は、卑屈というよりもどこか嬉しそうに見えます。自分で選んで生まれてきたのなら、大変ながらも魂は喜んでいたのかもしれません。“あぁ、夢にまでみた貧乏暇なしだ!\(^o^)/”って。
 そして、アドベンチャーな私を妻として選んだのも、富裕層とはかけ離れた私の実家の親族たちと親密な生活を送っていることも、納得がいきます。
 夫にそのことを話したら、笑って否定はしていませんでした。

 そんなことを思ったロックハート城を後にして、またペンションへと帰りました。
 二日目の晩は、ビーフシチューをメインにしたコースでした♪
キャロットスープ

スズキのムニエル

お肉たっぷりビーフシチュー

ストロベリーアイスと豆乳のレアケーキ


 夜、夫とハリボーはまた虫取り。この日は星は出ていなかったので私はまた一人読書タイム。クワガタのメスを1匹獲ってきていました。

 そして最終日は釣りをして帰ることに。釣りといっても、ハリボーがいるので、養殖のヤマメやイワナが釣れるという釣堀で、です。
 行きの道中、3匹(オス2匹、メス1匹)で200円という安さでカブトムシが売っていたので、我が家にいるメスのカブト虫と一緒にさせようと買いました。
 これで我が家の虫たちはトータルで、クワガタ4匹、カブトムシ4匹となりました。ハリボーが日々せっせとカブト虫ゼリーをあげています。
 釣りは、2時間10匹までというコースで、ちょうど2時間かけて10匹釣れました。




 ハリボーの横で指導するちょっぴり怪しげな釣り名人のような人は夫です。いつでもヤマメ釣りができるようにと、最低限必要な釣り道具は常備しています。ブドウ虫まで買ってありました。
 釣果は、ヤマメ8匹、イワナ2匹。私もイワナを一匹釣りました。
 家に着いてから、夫がさばき、塩焼きにしていただきました。
 養殖といっても、群馬の山奥の天然に近い環境で育った魚たちなので、身がしまっていて臭みがなく、美味しかったです(^.^)釣果↓



 そんなこんなで玉原高原夏旅行は終わりました。
 太陽の日差しをたっぷりと浴びて、よく動き、よく食べた旅でした。
 さて!また次の休暇を楽しむべく、せっせとお仕事しませう。
 ただ、明日は夏の終わりのお楽しみ『J-WAVEライブ』に姉と行くので、お休みさせていただきます<(_ _)>
 また明後日、お会いしましょう(^.^)

  
コメント(0)mederu日記
玉原高原夏旅行〜第一弾〜♪
 私の夏休みもほぼ終わり(夏の終わりのお楽しみ♪J-WAVEライブが残っていますが!(^^)!)。この休みの間には2泊3日で家族3人、群馬県の玉原(たんばら)高原に行ってきました〜♪
 玉原って、前にも行かなかった?とお気づきの方は、かなりこの日記の“通”ですね。そう、スキーに2年連続で行ったところです。
 冬の玉原もいいけれど、夏にはラベンダー畑がきれいだということで、一回、夏にも行ってみるか!となったのです。
 出発する前日には、台風と地震とでどうなることかと思ったのですが、日頃の行いが良いせいか(?)、台風もそれ、晴天の中での夏の旅行となりました。(大切に育てているシミとソバカスの急成長がちょっぴり気になるお年頃ですが^_^;)

 行きは11日だったので、高速割引前ということもあり、渋滞もなくスムーズに到着。
 お世話になるペンションに車を停めて、早速歩いてすぐの『たんばらラベンダーパーク』に行きました。
 『たんばらスキー場』の看板が変わっていて、いつもは雪で埋もれている階段がむき出しになっているのも新鮮!


 ゲートを覗けば、そこはもう一面紫の絨毯!…と思いきや…なんか、紫というより茶色が勝ってない?入場券売り場に行くと、ガーン(T_T)
 この夏は天候不順のためにラベンダーが大打撃を受け、見頃最盛期は過ぎてしまったとの貼り紙が…。↓


 これを見に来たと言っても過言ではない旅行だったのに…。ハリボーが横で「誰が悪い?」と言ったので、「誰も悪くないよ。自然のことだから仕方ない。」と言うと、「僕達が悪いんだよ。見に来るのが遅かったから。」と冷静に判断していました^_^;
 でも、入場料は半額だと言うし、貼り紙の下のほうに「(刈り取ったラベンダーで)ラベンダーミストのサービスを始めました。ラベンダーマイナスイオンにあたり、香りと涼しさをお楽しみください。」と書いてあったので、これは良さそう♥おしゃれな感じで癒されそう(~o~)と思い、とりあえず入りました。
 …これが“ラベンダーミスト”でした…。↓

 勝手にオシャレと思い込んだ私のバカバカ!でもうけました。香りはよかったです。
 そんなラベンダーパークでしたが、見頃の花も少しは咲いていたし、リフトに乗ってハリボーも喜んでいたし、あちらこちらに湧き水が湧いていて冷たくて気持ちよく、深呼吸するとラベンダーの香りが鼻に入ってくるので良い気分になれ、結構楽しめました(#^.^#)
 本当はここが一面鮮やかな紫色だったはず。枯れたラベンダーを背に写真を撮っている人々がやや寂しげでした。↓


数少ない見頃の花たち。↓




 やっぱりご当地ソフトははずせません。『ラベンダーソフト』。↓

 味は普通のバニラが一番おいしいと思うけれど、“食べた”という事実が欲しいご当地ソフト。
 湧き水足浴。水温8℃。↓

 8℃って、こんなに冷たいのかと思うほどの冷たさで私は3秒つけてるのが限界でした(*_*)

 ラベンダーパークを後にして、お次は玉原湖の周りをサイクリング。
 私は、マウンテンバイクで転んで顔面骨折をしたという苦い経験の持ち主ですが、自転車は今でも好きです。スポーツは身体に合わない(と最近確信しつつある)私ですが、スローめなマイペースでOKという条件付のサイクリングとハイキングなら好き。
 だらだらと続く上り坂は“しんどー(+_+)”でしたが、それでも夏の木漏れ日の中や青空と白い雲の下を自転車で走るのは気持ちよかったです♪







 いい汗をかき、夕方になったので宿泊先のペンションへ。
 今回2泊とも泊まったのは『ペンション サントノーレ』。↓

 古くからやっていそうなベテラン夫婦が経営するペンションです。三笠宮殿下もお泊りになった写真がありました。
 ここはお料理が美味しい!
 窓から見える木漏れ日が清清しく気持ちの良い部屋でした。気分はもう『赤毛のアン』↓

 
 部屋にはロフトがあって、5〜6人でも泊まれるようなお部屋でした。スキーシーズンだったら泊まれない部屋だろうからラッキー!↓

 
 そして、夜はオーナー夫妻手作りのコース料理♪
 全部きれいにたいらげました)^o^(
 野菜のコンソメスープ


 赤魚のバターソース


 200gのサーロインステーキ

 サイクリングで消費したカロリーを全て補充。いや、カロリーオーバーか!?
 デザートはチョコレートアイスとシフォンケーキの生クリーム添え♪



 ペンションの夜は長く、しんみりと更けていきます。
 夫とハリボーは夜の虫取りに出かけ、私は一人残って読書。
 空は満点の星空だったそうです。行けばよかったかな?とちょっと後悔。。。でも一人読書も捨てがたかったの!
満点の星空(夫撮影)↓



 と、今日はここまで。
 続きはまた明日〜(^_^)/~

  
コメント(0)mederu日記
『てぬコレ』 デザイナーズ手ぬぐい新入荷です♪
※明日10日(月)〜13日(木)まで、夏休みをいただきます<(_ _)>
 14日(金)は通常営業です。またのご来店をお待ちしております。


 昨日は下世話な話題だったので、今日は休み前ですし、新入荷の素敵な手ぬぐいたちをたくさんご紹介したいと思います♪
 
 それにしてもホント自分でも“この日記は好き勝手に書いているなぁ”と思います。
 商品紹介だけして欲しい方や、下世話な話題も好きよ♥という方や、ハリボーの成長ぶりを見るのが楽しみ!という方など、色々だと思います。(たまにお客様から「ブログ、楽しく見てます!」と言われるとやや恥ずかしいです。先日は「ドリルネタ、夜中に一人で笑ってしまいました!」なんて言われました。でも笑って読んでいただければ幸いです(^.^))
 アクセス数を見ると、一日に300前後なので、概ねそれだけの方に読まれていると思うと…不思議な感じです。
 最近の私は、なるべくイメージの世界にならないように、一人のリアルに存在する雑貨屋店主、オーナーとしとしという人間のリアリティを記していきたいと思って書いています。
 人は生きている以上、いつもきれいで美しい世界ばかりを見ているわけにもいかず、あれこれ悩んだり、下世話な考えを持ったり、怒りを覚えたり、でもその中で小さな喜びや幸せを感じたり…多様な感情を持って生きています。
 それでももちろん、書いてあることは日々あることのほんのほんの一部ですけど…。
 興味のない話題の時はすっ飛ばして、自由に楽しみながら読んでいただければ本望です。。。

 それでは、てぬコレから、素敵なデザイナーズ手ぬぐいが多数入荷しましたのでご紹介します♪
 『てぬコレ』と聞いて、“手ぬぐいコレクション?”と思う人は普通です。私も最初、そう思いました。でも、実は違うのです。
 『てぬコレ』とは、“てぬぐいとコレカラ何しよう?”がコンセプト!
 てぬぐいのコレカラを楽しむ場として、萩原修・中村幸代・のぐちようこの3氏によって企画されたものです。
 伝統的で日本的な『てぬぐい』の良さと、クリエーターの斬新な創造力とのコラボレーションによって生み出されるデザイナーズ手ぬぐい、どうぞお楽しみください…。

各種デザイナーズ手ぬぐい 一枚税込1,890円
※タイトル、広げた時のイメージ画、デザイナーからの言葉を記した短冊付き。

『北の国柄』 Designed by 中村幸代(ナカムラサチヨ)
デザイナーからの言葉:
「地球温暖化は北の国の動物たちの暮らしを脅かします。気温や海水温は少しずつ高くなっています。氷河がなくなり、彼らが暮らせる場所がなくなっています。どうか彼らが心地よく暮らせる地球に、冷たい北の国に戻ることを願った柄です。」






 これを書いている時も外はスコールのような雨でした。
 地球がおかしくなってきている。。。一人の生き物として、私も感じています。



『かき氷』 Designed by 大治将典(オオジマサノリ)
デザイナーからの言葉:
「手ぬぐいを染める手法「注染」だからできる図案にしたいと思いました。 染料をじょうろで注ぎ、真っ白な生地に色がジワーっとにじむように染め上がるのを「かき氷」に見立てました。一つ一つ微妙にシロップのかかり方が違うのもかき氷みたいです。使い込んでいくうちに色が薄くなってきて無くなっていくかき氷に涼を感じてもらえるとうれしいです。」


 見ているだけで涼しくなれて、“かき氷って、こんなにきれいなデザインになるんだ!”とハッとさせられます。



『オオオオハシ』 Designed by のぐちようこ(ノグチヨウコ)
デザイナーからの言葉:
「オオキナ クチバシ オオオオハシ
トナリノ アノコニ クビッタケ
オイシイ キノミヲ ミツケタラ
トコトコ トコット プレゼント
"オオオオハシ"は言いにくい、と"オニオオハシ"に変わったそうだけど、"オオオオ"のままが好き。英名は"Toco Toucan"。お国のブラジルでは"Tucano Toco"。なんだか"オオオオ""トコ""トコ"と踊りだしそうな陽気な3羽と1羽のてぬぐいです。」




 最初見たとき、タイトルと柄を理解するのに10秒ほどかかりました。
ん?おたまじゃくし?カブトガニ?と思った方は、私と同じ見方をした方です(^.^)
 でも、いったん“オオオオハシ”だと分かれば、それからはもうそれにしか見えなくなりました。
 どこに目の焦点を合わせるか!ですね。(フフフ…面白い。)



『うれしさいっぱい』 Designed by スワミヤ(スワミヤ)
デザイナーからの言葉:
「クリスマスのオーナメント、お正月や成人式の振り袖、バレンタインのハート、お花見、打ち上げ花火、しあわせの四つ葉のクローバー・・・などなど、気持ちが明るくなるモチーフをたくさん盛り込んだ和洋折衷のデザインです。パーティーでテーブルランナーや部屋の飾り付けに、ピクニックでお弁当包みに、楽しい気分を盛り上げる脇役として使ってもらえたら私も嬉しいです。」






 タイトルどおり、見ているだけでうれしさがいっぱいになるような、それでいてしっぽりとした落ち着きもあるデザイン。
 壁にかけてインテリアとして楽しんでもいいですね(^.^)



『二兎の雪うさぎ』 Designed by 中村幸代(ナカムラサチヨ)
デザイナーからの言葉:
「人を想う誠実な気持ちは真っ白な雪のようです。この柄は大切な人といつまでもずっといっしょに居られる事を願った柄です。この手ぬぐいを見ることで、必ず誰かがあなたを愛していることを思い出してください。」






 季節は違いますが、当店で今一番人気の柄です。
 大切な人…恋人、夫婦、親子、友達…あなたの周りにいる大切な人たち…そして、愛し、愛されていることの幸せ…こんな幸せなことはありません。。。



『Shima Uma』 Designed by トネリコ(トネリコ)
デザイナーからの言葉:
「シマウマ(縞馬、英: Zebra)は哺乳綱ウマ目ウマ科ウマ属のうち白黒の縞模様を持つ数種の総称。植物食で、概して草を食す。繁殖形態は胎生。大きな耳、先端がふさ状になった尾など、その姿は野生のロバとよく似ている。毛の縞模様は白地に黒だがまれに黒地に白の個体もいる。ただし、地肌はグレーや茶褐色であるといわれている。霊長類以外の哺乳類は色の識別能力が低いため、白黒でも遠くから見ると草原の模様に埋もれて判別しにくいとされる。」




 自然が生み出すデザインの美しさ!なんともモダンで不思議な魅力に溢れた手ぬぐいです。
 デザイナーからの淡々とした説明もいいですね。
 ちょっぴり偏屈な家族や友人へのプレゼントにいかがですか?



『のんびりゆったり』 Designed by スワミヤ(スワミヤ)
デザイナーからの言葉:
「ヨーロッパの田舎は時の流れがとてもゆっくりです。そこかしこに花や緑がいっぱいで、動物たちもみなリラックスしています。そんな彼らと一緒にあたたかい日差しをあび、そよ風に吹かれてうたた寝なんていかがですか?」






 太陽の光の中、よちよちと歩き回るひよこ、それを追いかけるいたずら子ブタ…のどかな田園風景が浮かんできます。
 夏休み、(国内だけど)リフレッシュしてこようっと!



  
コメント(0)mederu日記
類友
 今日はお店にハリボーが来ています。
 すんごく思いリュックを背負ってきたので何かと思ったら、“コロコロコミック”が3冊も入っていました(*_*)ハリボーのバイブル、コロコロコミック。(ちなみにこの文章をハリボー本人も読み、「なんでこんなこと書いてんのー。」と笑ってました。)

 ところで酒井法子、“容疑者”になってしまいましたね。
 だめダンナと同類だったのか…。
 それにしても、そのしたたかさに驚かされます。健気で弱そうに見えて、その実したたか…。
 程度の違いこそあれ、そういう人って、結構身近にいたりします。
 それは“見た目とギャップがある”とかそういうレベルではなく、もっと巧みで、しかも本人も自分のしたたかさに気づいていない場合は厄介です。
 そういう人とは、できる限り距離をおくようにしたいと思います。
 自分の加害性には気づいておらず被害者意識が強い人との付き合いは面倒です。
 下手に関わると、いつの間にかこちらが一方的に加害者に仕立て上げられたりする恐れがあるのでご用心…。
 おっと!危ない危ない…ということがあったら、自然に、当たり障りなく、でもできるだけ早く、距離をおいていきたいと思います。

 最近、“類は友を呼ぶ”とは、“生きる姿勢が似ているもの同士は自然に集まり、その部分が違うもの同士は自然に離れる”ということなのだと思うようになりました。

 例えば、同じ文章を読んでも、同じ言葉を聞いても、生きる姿勢が違うもの同士は、全く異なる解釈をすることがあります。そうなると、ちょっと深い話をしようとすると、スムーズな会話を成立させるのが難しくなってきます。
 この日記でもそれは言えると思っています。自分の考えを公に書いていて怖いところでもありますが、それはもう仕方のないことなのだと思い、自覚した上で書いていますが。
 例えば、「人は孤独な生き物だ」とか「いつでも一人で生きていく覚悟ができている人が好き」と書いたとき、私の中では、「孤独だからこそ、人は人と接することが必要で、コミュニケーションが大切なんだ。」、という気持ちが含まれているのですが、それを汲み取ってくれる人もいれば、そうでなく逆に、どうせ孤独な生き物なのだから人と接することをあえてしなくてもいい、と解釈する人もいるのでしょう。
 その違いは、その人のバックグラウンドである生きてきた姿勢の違いによるものなのだと思うようになりました。

 まあ、この日記のことはさておき…
 違う解釈でも、それが“そういう考え方もあるんだ!”と目から鱗的な、自分の考え方の幅を広げるような発見につながることもあります。それは友になりえる違いです。根本の“生きる姿勢”が似ていれば、そういうことはあります。
 でも、“あまりにもこの人と私は違いすぎる。話し合っても分かり合えなそうだ。何を話しても、真意は伝わらず、いや、伝わってもそれは相容れないもので、互いに疲弊してしまうだけの関係だろう”と思わせる場合、それはもう“生き方の違い”からくるズレなのでしょう。

 村上ファンドの村上氏が言ったような「金儲けは悪いことですか?」的な考え方に、“そうだそうだ、法に触れさえしなければ何の問題もないではないか”(村上氏は法に触れましたが…。)と思う人もいれば、“何かやだな…”と論理でなく生理的な嫌悪感を抱く人もいます。(私は後者。)
 その両者が分かり合えるのか、といったことに近いと思います。

 一方…押尾学の一件も、報道によると、女性の様子がおかしくなり、怖くなった押尾が友人に電話をかけたら、その友人が「その部屋から出た方がいい。」と言ったから出た、と供述しているそうだけれど、その友人に電話する押尾と、そうアドバイスした友人もまさに浅はかな“類友”なのでしょう。
 その点、マッチこと近藤真彦は偉かったなぁ。
 中森明菜の一件で第一発見者になった時、事務所やマネージャーに連絡するよりもまず先に救急車を呼んだという話を聞いたことがあります。
 あれだけの有名人で、なかなかできることではないと思います。
 ちなみに、私はマッチのファンで、生まれて初めて自分のお小遣いで買ったレコードは(当時はCDではなくまだレコードが主流でした。)、マッチの『愚か者』でした。(http://www.uta-net.com/user/phplib/view_0.php?ID=1149)
 『愚か者』を繰り返し聞く、渋い中学生だったのでした。

  
コメント(0)mederu日記
夏のおすすめグッズのご紹介♪
 毎朝、学童へ行くハリボーを見送る時、夏の太陽の日差しの中を歩いていく後ろ姿を見ると、“夏の日の少年”という言葉が浮かび、同時に井上陽水の『少年時代』が頭の中に流れ、続けて徳永英明の『壊れかけのRadio』の♪思春期に〜少年から〜大人に変わる、道を探していた〜汚れもないままに…♪の一節が流れます。
 思春期はまだ先なのに、気が早いですね。。。
 そんなハリボーに、今一番好きな有名人は誰かと聞くと、「はんにゃの金田。」とのこと。(http://image-search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%81%AF%E3%82%93%E3%81%AB%E3%82%83+%E9%87%91%E7%94%B0&ei=UTF-8)
 面白くて、ハンサムでカッコよくて、最高の人だと思っているのだそうです。
 “あぁ、分かりやすくて、いかにも小学低学年男子が好きそう^_^;”と思いました。
 前にテレビで尊敬する人を聞かれた小学生男子が「よいこの濱口。」と答えていたけれど、小学生男子なんてそんなもんなんだろうな。
 「野口英世」なんて答えてくれると親としては嬉しいのだけれど…。
 でも、数多くいるお笑い芸人の中で選ばれたということは、はんにゃの金田には何か魅力があるのだろう。
 “はんにゃ”の需要、ここにあり!

 さて本日は、夏にオススメのグッズのご紹介です♪
 まずは、雑誌にも掲載されて大人気のシリコン防水腕時計『BOOTSTRAP(ブートストラップ)』!

『BOOTSTRAP(ブートストラップ)』 税込1,575円







 ウォータープルーフなので、海やプールでもお使いいただけ、大活躍すること間違いなしです!
 シリコン製なので軽くて柔らか。
 ゴムのように伸びるので、男性女性問わず、フリーサイズで腕にフィットしてお使いいただけます♪
 スポーツジムでのプールやジャグジーなどにもオススメです(^.^)
※購入日より6ヶ月間の保証書付き。電池交換はできません。通常、1年〜1年半程度お使いいただけます。(ご使用状況などにより異なる場合がございます。)

 お次は、デスクの上やお車での水分補給にとっても便利なサーモマグのご紹介です♪
 この時期は仕事をしてても、じっとしてても、とにかく喉が渇きますよね。
 身体やお肌のためにも水分補給は欠かせません!
 そこで…
サーモマグ(250ml) 税込1,890円





 耐熱温度120℃。熱いお湯やコーヒーを入れても大丈夫。
 保温性ボトルではありませんが、フタ付きなので通常のマグカップよりは断然冷めにくいです。
 フタに付いているボタンを押すと穴が開くのでそのままお飲みいただき、ボタンを離すと穴が閉じる仕組み。
 お車のボトルホルダーにも納まるサイズなので、ドライブにもオススメです。
 左右どちらからも飲めるので、左利きの人にもとっても便利ですよぉ(^.^)
 北欧デンマークデザインで、形も色合いも素敵です♪
  
コメント(0)mederu日記
最近のニュースから〜裁判員制度・のりP・押尾学〜
 最近のニュースから思ったこと、感じたことをツラツラと。
 
 裁判員裁判が始まりましたね。
 それにしても判決の迅速化を図ることが目的の一つだとしても、早すぎませんか。
 2〜3日話し合っただけで判決を出さなければならないなんて。
 裁判員の一人が体調を崩して途中交代したそうですが、そりゃあ体調も崩すわなぁと思いました。ストレスもかかるだろうし。
 もし裁判員に選ばれても、それを公言してはいけないそうなので、この日記にももちろん書けないわけで…理由なしにいきなり2〜3日お店を休んだ時は、“あぁ、選ばれたんだ…。”と察して下さい。

 酒井法子こと“のりP”の行方不明が心配です。
 早く無事に見つかって欲しいです。10歳の長男も一緒ということでなおさらです。
 そんな薬物に手を出したダンナとはとっとと別れて、前向きに生きて欲しいです。
 夫婦間にどんな事情があったのか、どのような夫婦関係だったのかは知らないけれど、どんな理由があるにせよ、自ら薬物に手を出した時点で非はその人自身にあるのだから。
 “男を見る目がなかったわ”というだけのことなのだから、『だめんず・うぉ〜か〜』のように笑い飛ばして…戻ってきて欲しいです。

 押尾学の逮捕。
 共演者キラーと言われている頃から、“この人のどこがいいのだろう…。”と不思議に思っていました。
 六本木ヒルズの超高級マンションの一室で起こった、虚栄の世界の中での欲望に汚れた現実。…怖いですね。
 芸能界で病んでいく人が多いのは、それが現実とはかけ離れたイメージの世界だからなのだろう。
 自分が今生きているのは紛れもない現実の世界。そんな中、イメージの世界と現実の世界との境が分からなくなってきてしまうのだろうな。
 芸能人じゃなくてもそういう人っているけれど、芸能界はその罠に陥りやすいのだろう。

 特に対(たい)人との関係においては、自分で勝手に相手を理想の虚像に作り上げないで、現実をしっかりと見ていきたいと思います。
 家族、友人、仕事…あらゆる人間関係を含めて。
 “現実を見る方法”として最も手っ取り早いのは、その人の行動を冷静に見ることだろうと思います。言葉ではなく、常日頃からの行動を。
 例えば、「大切にしているよ。」とか「愛してるよ。」なんて言うのは言おうと思えば誰でも言えます。そう言いながら実は浮気していた、他の人にも同じようなことを言ってた、なんてことはよく聞く話です。
 
 見るべきポイントは、その人は一緒にいたい時に実際にいてくれているのか、聞いて欲しい話しがある時にしっかりと時間を割いて聞いてくれているのか、楽しい時だけでなく、辛い時、苦しい時に逃げたりごまかしたりせずに自分と向き合ってくれているのか、ということなのだろうと思います。
 人を大切にする、ということは、相手の気持ちを思いやるのはもちろんのこと、その大切に思う気持ちを実際に行動に起こすことなのだと、押尾学の事件をきっかけに考え、思いました。
 自分は果たしてできているのか?
 仕事もいいけど、やっぱり自分の大切な人と過ごす時間を大切に、そして思うだけでなく、実際に行動することですね^_^;

  
コメント(0)mederu日記
himawarino-hana(ヒマワリノハナ) 新作ブックカバーのご紹介♪
 今朝ハリボーに、深津絵里が出ている『カネボウ ブランシール』のCMのマネ(無表情で閉じてる目をゆーっくりと開けて、最後に少しだけ首をかしげる。BGMも小声で自分で歌いながら。→ http://www.kanebo-cosmetics.jp/blanchirsuperior/brandstory/index.html#/cm/indexをやってあげたら、ゲラゲラと笑うので、リピートで3回やってあげました。
 
 さて本日は、全てsold outで店頭から姿を消していたhimawarino-hana(ヒマワリノハナ)から、新作ブックカバーが届きましたのでご紹介します♪
 今回は手ぬぐい生地を使ったブックカバー。お初の試みだそうです(^.^)
 私も手ぬぐい好きですが、himawarino-hanaさんも、ここのところ手ぬぐいに注目しているそうですよ。
 伝統的で、機能的で、手触りもよい手ぬぐい、大好きです♥
 ちなみに、今年も9月から10月にかけて、『てぬぐいろいろ展3』を開催予定ですので、どうぞお楽しみに〜♪
 おっと失礼!話しが飛んでしまいました<(_ _)>
 ということで、夏は特に気持ちよく感じられる手ぬぐい生地で作られたhimawarino-hanaのブックカバー、ぜひ一度お手にとってみてください!

手ぬぐいブックカバー ※文庫本サイズ。 
小鳥柄:税込1,680円
ネズミ柄:各税込1,575円




 どちらもちょこっと刺繍がしてあるのがポイント♪
 小鳥柄は、小鳥と花で平和や幸せをイメージして作られたそうですよ。
 ネズミさんのほうは、「お!チーズ!!」という喜びの声をあげていたり、夢中になるあまりチーズの下敷きになってしまって大慌てだったり、はたまた、ブックカバーの帯止めに挟まれて大慌てだったり!?、予想以上においしいチーズに驚きの声をあげたり・・・と、使う方がネズミの気持ちを想像して自由にストーリーを考えられるような刺繍を施してみたのだそうです(^.^)

 そして、チーズもワインも大好きだというhimawarino-hanaさんからのご提案は、ワインを片手に読書というのもアリなのでは?と♪
 どうぞ、優しいブックカバーやちょっぴりユニークで美味しそうな(?)ブックカバーで素敵な読書タイムをお楽しみくださいませ♪
  
コメント(0)mederu日記
横浜での夏の一日♪
 最近よく耳にすること。
 「子どもは大きくなると部活やら塾やらで忙しくなって家族で出かける機会がめっきり減る。」といった話。
 高学年以上の子どもを持つ先輩ママさん達のほとんどがそう言うので、本当なのだろうと思います。また、それが普通の姿なのだと思います。
 ハリボーも一緒に家族で出かけられるのも今のうちだと思うと、少しありがたみが湧いてきます。
  
 ということで本日は、先日家族3人で行ってきた横浜での一日のことを、少しありがたみが湧いてきたところで書こうと思います。

 横浜と言えば…まずはやっぱり『中華街』ですよね!
 撮影スポットだろうに、標識が多いなぁ…。


 私のお出かけは食べ歩き散策でもあります♪
 まずはのどが乾いたので“タピオカココナッツミルク”でうるおしました。
 ハリボーはタピオカ入りぶどうジュースを飲み、「タピオカ、何で黒なの。白がよかった…。」と呟いておりました。
 私の中では、“ホワイトタピオカ”はつぶつぶ、“ブラックタピオカ”はもちもち、という認識なのですが、合っているのでしょうか…?


 お次はやっぱり“ブタまん”!せいろで蒸されているホカホカのブタまん。見ているだけで幸せ〜(~o~)

 ハリボーの顔くらいあるブタまん。中にはぎっしりと重みのある肉が…美味しかったです)^o^(

 私の中では、“肉まん”はお肉がかたまっていない小ぶりなコンビニなどで売っているもの、“ブタまん”は団子状のお肉が入っていて大ぶり、という認識なのですが、これはどうでしょう?
 
 こちらは中華街ならではの光景。ブタまん、桃まん、シュウマイがぎっしり!


 1時になったら、いきなり真顔で餃子を持ったおじさんが登場してきました。こういうのも中華街っぽくていいですね♪


 でも皆さん、中華街ではキャッチセールスのようにしつこい甘栗売りにはご用心!(画像のお店は関係ありません。)
 私とハリボーはもう少しで買わされそうになりました。いきなりむいた甘栗を手渡されたので、思わずハリボーと分けてパクッと食べてしまったら、もうしつこいのなんのって…。(その前に“食べるなよ(-_-;)”と夫は呆れて見ていたそう。周りで食べていたのは私達親子だけだったそうです。)
 腕をつかまれて、「お姉さんお姉さん(※この呼び方ももちろんセールスの技。)、今だけ半額!タイムサービスよ!」と中国人の若いお兄さんに引っ張られて行きそうになりました。ハリボーもモジモジしていて、ホント、夫が「後で後で!」と来てくれなかったら、確実に買わされていた私達。
 「後で!」と言ったらお兄さんは「何で!今よ!今だけタイムサービスよぉ!」と言っていましたが、どうにか逃げてきました。
 でもハリボーは「後で買いに行くんでしょ?」と、律儀に約束を守ろうとしていました^_^;ハリボー、本当に将来キャッチセールスに引っかからなければいいけれど。

 そんな甘栗売りからどうにか逃れ、中華街を抜けたら、かわいい馬車が♥
 ハリボーは乗りたがったけれど、今回は見るだけに。
 ハリボーは、一生のうちに必ず一回は、人力車か馬車に乗るんだと言っていました。



 そして『あーてぃすとマーケット』をやっている“赤レンガ倉庫”に向かって歩いていくと、見えてきました!『横浜みなとみらい』の街並!

 更にずんずん行くと、雰囲気のある『赤レンガ倉庫』に到着〜。ちょうど横浜開港150周年記念ということで、様々な催し物をやっていて、人もたくさん来ていました。


 『あーてぃすとマーケット』では、天然石アクセサリーでお世話になっている『nemu(ネム)』さんがいるはず!と捜してまわりました。
 ご案内をいただいていたのに、行けるかどうかハッキリしなかったので何の連絡もせずに突然伺い、「おぉ!」とちょっぴり驚いていらっしゃいました(#^.^#)
 ほんの数分間の立ち話だったと思いますが…ディスプレイで使っている空き瓶は全部ウイスキー好きのだんな様が飲んで空けたものだとか(「書いちゃって下さい!」とのことだったので書きましたよ(^.^))、開港150周年記念での人の集まりが見込みよりもかなり悪く、責任をとりたくないから中田市長は途中で辞任したと横浜市民の間ではもっぱらの噂だとか…色々と面白い話を聞かせてくださいました。
 nemuさん、お疲れさまでした<(_ _)>また納品、お待ちしてますね♪

 お客様もいらしてて、盛況でした♪
 忙しくしているnemuさん。↓


 一方、手作り体験やもの作りが大好きなハリボー。あーてぃすとマーケットでは、樹脂で作る食品サンプル作りに挑戦しました。
 選んで…

 絞って…

 先生に教えを請うハリボー。

 そして、パフェの完成!

 気に入ったようで、大事そうにテレビの前に飾っていました。

 お腹が空いたので、次は催し物の一つ、世界各国の料理が楽しめるという『ワールドグルメレストラン』へ。


 この“赤さ”に惹かれ(?)、

私達は“韓国・中国ブース”でそれぞれ、ラーメン、タイ風冷麺、石焼ビビンバ、パッピンス(韓国風かき氷)をいただきました。

 画像では普通ですが、味はかなりよかったです)^o^(

 さて、そろそろ帰ろうか、と言うと、ハリボーが花火を見たいと言い出しました。
 この日は、横浜港の花火大会で、昼間から浴衣姿の人や場所とりの人もたくさんいました。
 夫と私も、せっかく来たのだし、実はちょっぴり見たい気持ちはあったのですが、開始時間までまだ4時間くらいあり、遅くなるし混むし疲れそうだし、疲れて眠くなるとハリボーもぐずったりして大変だろうと思い、その気持ちを抑えていたのです。
でも、ハリボーから言い出したので、「じゃあ、疲れて眠くなっても帰りの電車の中でグズグズ言ったりしないって約束できる?」と聞くと、約束するというので、敷物も何も持ってきていませんでしたが、急遽花火大会も見て帰ることにしました。
 
 それからは長丁場。ひたすら花火大会が始まるのを待ちました。
 ハリボーは文句も言わず、ずっと3時間以上を、柵の所でプラプラと遊びながら待っていました。
柵でひたすら待つの図↓


 自分の興味のある目的を持つと、じっと待てるのはハリボーの良いところかもしれません。以前、スキー場でもクレープ食べたさに氷点下の中1時間並んだ時も、ただただじっと待っていましたっけ。。。
 私の方がじっと待つのは苦手なので、その間に一人でショッピングを楽しみ、食べ物を買って戻って皆で食べました。

↑このクレープのような“そば粉のガレット〜塩バターキャラメル〜”が最高に美味しかった!赤レンガ倉庫の中のお店。オススメです!

 そして徐々に日が暮れて…。
 停泊していた豪華客船『飛鳥(あすか)』もライトアップ。

 この客船、世界一周旅行のプランが一人ウン百万とかウン千万円だそう(*_*)
 デッキにはお金持ちと思われる人々が花火大会まで見ようと出てきていました。
 私が「いつかハリボー、お金持ちになったらお父さんとお母さんを招待してね。」と冗談で言ったら、ハリボーは「ドリームジャンボ宝くじ買ったらどうかなー?」と^_^;
 夫は「タイタニックの映画見たって、毎日のパターンが決まっててつまらなそうだっただろ?主人公が“こんなに退屈な日々はない”って。毎日寝て起きて、豪華な食事の後は毎晩舞踏会で。」って!今だって毎日寝て起きて仕事してで大して変わらないんだから、夢くらいみたっていいじゃない?  
 実際やってみてから「やっぱり飽きてつまらない日々だったわ、オホホ。」とか言ってみたいってもんです。

 でも、時間をかけて場所取りをする一般庶民の方々と(失礼に思ったらごめんなさい。でも私も一緒ですから。)陸地から見た花火も、とてもとてもきれいなものでした(^.^)

 一発大物!

 ニコちゃんマーク

 これ、何か分かります?

逆さになったドラえもんです!
 ↓リボン?蝶々?ハリボーはボソッと「軽部さんの蝶ネクタイ。」と言っていました。

 ↓ナルト

 ↓でもやっぱり“しだれ柳”は日本的できれいですね。



 お土産には、中華菓子を買って帰りました。
 あっという間に、祖母、母、姉に分けてなくなりました。



 そんなこんなの、夏の日の横浜での一日でした♪

  
コメント(0)mederu日記
若き勝負師
 最近の若手ゴルフ選手の活躍はすごいですね。藍ちゃんに遼くん。もう“ちゃん”とか“くん”をつけて呼ぶのが悪いくらいに、二人とも大人の世界での勝負師です。
 最近の石川遼選手は『はにかみ王子』なんてあだ名がもう相応しくない顔つきになってきているし。
 若くして自分のやりたいことを見つけ、その道を突き進んでいる人は幸せだなぁと思い、若くして有名になり騒がれる身分になってしまった人は、大変そうで気の毒に思います。
 でも一番不幸なのは、本当はやりたいことではないことで有名になってしまった若者でしょうね。

 ところで今日は、横浜での一日を書こうと思ったら、予定外に時間がなくなりましたので、明日にします!
 明日は長くなるかもです。
 それでは(^_^)/~

  
コメント(0)mederu日記
松下高文 新作ガラス作品のご紹介♪
 今日は雨が降ったりやんだりのあいにくのお天気でしたが、仲宿商店街の60周年記念ということで、密かに各店舗セールをやっていたと思います。
 mederuでも本日一日限り、全品10%OFFとさせていただきました。 
 60周年ということですが、大々的に広告することなく、いつもと変わらぬ商店街のように見えましたが、いかがだったのでしょうか?
 今回のセールは突然決まったことだったので、PR不足で申し訳ありませんでした<(_ _)>
 
 ところで昨日は、家族3人で横浜に行ってきました♪
 中華街、赤レンガ倉庫でやっている『あーてぃすとマーケット』、横浜開港150周年の催し物や花火大会も楽しんできました。
 たまたまの休みで何となく“横浜の方にでも行ってみようかー?”なんて、ぷらぷらと行ってみたのですが、思いのほかイベント盛りだくさんで、夜までたっぷりと横浜の街を満喫できました(^.^)
 でもその話は明日にして…
 
 本日は、松下高文(マツシタタカフミ)作 ガラス作品が入荷しましたのでご紹介します♪
 季節物もあるのでなるべく早めにご紹介したいと思いまして!
 いつ見ても、惚れ惚れするような芸術性の高い松下さんの作品たち。
 松下ファンも多く、遠方からお問い合わせをいただくこともあります。
 昨年はモノクロのシンプルなデザインが多かったのですが、今年は色みの入った「水の底」や「WATER GARDEN」シリーズが多数入荷です。
 壁掛けやペンダントライト、サラダボウルなど、初のアイテムもあります!
 季節物の風鈴もございますので、どうぞお早めに“お気に入り”を見つけてくださいませ(#^.^#)
 それでは、松下高文さんの世界をどうぞ…。

各種風鈴 各税込3,150円
サイズ:約たて8cm×横7cm(最大部分)
 松下さんの真骨頂、水面に揺らめく水中花のようなデザインの風鈴たち。
 チリンチリン…と優しく響く風鈴は、一点一点吹きガラスで作られた正真正銘の一点ものです。
 素敵な風鈴で夏の涼をお楽しみください…。
<正面>

<後ろ>

※左側の紫帯のほうはsold outとなっております。
<吊るした時のイメージ>


 入荷前から遠く静岡県からお問い合わせをいただき、お待ちいただいていた松下さんのファンの方のお手元に先日無事に届きました。大変喜んでいただけたようで、店主としても何より嬉しい一瞬でした(^.^)

<正面>

<後ろ>

※左側の水色帯のほうはsold outとなっております。



 こちらも松下さんのファンの方がご来店になり、ロックグラスと共にお買い上げいただきました。
 この記事を載せる前だったので、偶然のようです!作品が呼んだのかもしれませんね♪
<正面>

<後ろ>



壁掛け 税込12,600円
サイズ:11cm×11cm
 光と影の芸術を感じさせるガラスのオブジェが入ったフレーム。
 毎日眺めてても飽きのこない不思議な魅力に満ちています。
 お部屋のインテリアとしてぜひどうぞ。





<『水の底』シリーズ>
ロックグラス 各税込12,600円
サイズ:飲み口直径約8.5cm〜9cm×高さ約9cm〜9.5cm
 作品タイトルどおり、深く澄んだ水の底を覗き込んだ時に引き込まれる、幻想的な世界をそのまま器にしたような作品。
 飲み物を飲むたびに、癒しの空間へと導いてくれます。

















<『WATER GARDEN』シリーズ>
ロックグラス 各税込12,600円
サイズ:飲み口直径約8.5cm×高さ約9.5cm
 WATER GARDEN…「水中庭園」。その名のとおり、揺らめきながら咲き誇る水中のみずみずしい花々…。
 水の流れに身をまかせつつも凛とした存在感を放つ草花たち。
 優しさの中に生命力を感じさせる作品です。



※左側のピンク系クリアのほうはsold outとなっております。



















一口ビールグラス 各税込10,500円
サイズ:飲み口直径約7cm×高さ約10cm〜11cm
ビールだけでなく、焼酎やワインを入れてもよいですね。











サラダボウル 税込10,500円
サイズ:口直径約12cm×高さ約7cm
 初のアイテムのサラダボウル。
 飾って眺めているだけでもよいですが、サラダ、おひたし、お刺身、酢の物…こんなに素敵な器でいただけたら、もうそれだけで幸せです。





ペンダントライト 税込31,500円
サイズ:直径10.5cm×高さ10cm(器具部分含まず)×紐の長さ67cm
※40Wの電球まででご使用ください。
 こちらも初のアイテム。
 美しいブルーが印象的な吹きガラスで作られた一点もののペンダントライト。
 お部屋のインテリアとして、素敵な空間を創り出してくれます。





  
コメント(0)mederu日記
動物の骨と好きなタイプの人
※明日8/1(土)はお休みです。
※※あさって8/2(日)は、ここ仲宿商店街が60周年記念ということで、当店では全品レジにて10%OFFにします!(注:値下げ済み商品を除く。)


 今日は全然関係ない話の組み合わせになり、意味不明なタイトルになってしまいました^_^;
 最近、書きたいことがありすぎて…気ままに書けるだけ、どんどん書いていこうと思います。

 今朝の番組で『大人気!骨の動物園〜なぜ惹かれる骨の魅力〜』というのを見たので、載せてみます。
 先日行った奥多摩キャンプのビジターセンターで並んでいたもの。奥多摩の山に住む動物達の骨です。↓

 どの骨が何の動物かお分かりになりますか?
 聞いたら「へぇ〜!」というものもありました。
 ここのビジターセンターにはインタープリターという自然と人との橋渡し役の専門家がいて(若い女性が多い!)、丁寧に優しく自然の色々なことを教えてくれます。(http://www.yamafuru.com/)
 他の職員の方も親切で、スイカを忘れてきたらご丁寧に自宅に電話までかけてきてくれました!「炊事場でスイカを冷やして忘れていかれませんでしたか?」って。
 あの炊事場で忘れたとしたら、あの家族しかいない!と思ったのでしょうか^_^;
 「送りましょうか?」とおっしゃったので、「いえいえ、どうぞそちらで召し上がってください。」と言いました。わざわざ送ってくれようとしたなんて、小玉スイカを。
 
<骨の答え>
 一番大きな頭でっかちなのが、イノシシ。おまけにすごい石頭だそうで、当たりどころによっては鉄砲の弾をはじき返すので、猟師の間では「イノシシのおでこは狙うな。」と言われているそうです。
 もしはずして当たっちゃったら、それこそ“猪突猛進”で追いかけてきそうで怖い(>_<)
 その隣の、次に大きいのがツキノワグマ。イノシシよりも小ぶりで面長なのが意外でした。牙もすごいです。
 その隣のイノシシとクマの間にある人間の頭蓋骨に似ているのが、そう、サルです。小さいほうが子ザルで、子ザルのほうが人間に近いですね。大きくなるにつれ、サルらしくなるのですね。キャンプでは、野生のサルも見ました。
 子ザルの前にあるのが、トビ。空を飛ぶ鳥の骨は軽かったです。
 そして最後にイノシシの前にある小ぶりなのが、タヌキだそうです。ハリボーは横の剥製と比較して分かったようで当てていました。タヌキさんは頭が小さく実は小顔なのね。
 “それぞれ機能的にうまくできているなぁ〜。”と感心しました(^.^)

 話は変わって…前にも“よしもとばななの小説が好き”と書いたことがありますが(2009/3/19の日記:http://mederu.jp/step_blog/date_20090319 )、『デッドエンドの思い出』、久々にとても心にしみた大好きな本になりました。
 この本は短篇集で、どの話も好きでしたが、最後の『デッドエンドの思い出』という本のタイトルと同じタイトルの話しが一番しみました。
 よしもとばななの文章には、“ハッ!”としたり、“スーッ”と引き込まれる文章がところどころにちりばめられています。
 『デッドエンドの思い出』で心に残った文章は…

「あの日の、あの時間を箱につめて、一生の宝物にできるくらいに。…(中略)…幸せというものは急に訪れる。どんな状況にあろうと、誰といようと。ただ、予測することだけが、できないのだ。自分で思うままに作り出すことだけができない。次の瞬間には来るかもしれないし、ずっと待ってもだめかもしれない。まるで波やお天気のかげんのように、誰にもそれはわからない。奇跡は誰にでも平等に、いつでも待っている。」

「自由に、どこまでも、歌のように、メロディのように広がっていくある心の状態…それを求め続けて、私はまだまだいける、そう思えたのだ。平和ぼけして痛みに鈍くなっていた心の皮が一枚べろんとはがれたような感じだった。痛いことは痛いが、ぼけたままで生きていくよりも、肌にあたる空気はずっと新鮮だった。」

「…(前略)…一見落ち着いて見えるからって、心まで狭く閉じ込められていたり静かで単純だと思うのは、すっごく貧しい考え方なんだよ。でも、たいていみんなそういうふうに考えるんだよ。心の中は、どこまででも広がっていけるってことがあるのに。人の心の中にどれだけの宝が眠っているか、想像しようとすらしない人たちって、たくさんいるんだ。」

「あの日々は、どうしようもない気持ちだった私に神様がふわっとかけてくれた毛布のように、たまたま訪れたものだった。…(中略)…誰にも何にも期待してなくて、何も目指してなかったから、たまたますごくうまく輝いてしまった日々だった。それがわかっているから切なくて、感謝もひとしおだった。」

 よしもとばななの小説のどこが好きなのかと考えてみたら、登場人物の、特に女性のタイプが好きなんだと思いました。
 置かれている状況を傍から見た限りでは、決して幸せでもなく、どちらかと言えば不幸な目に合ったりしているのに、グヂグヂしたところや被害者意識がなく、地に足がついていて心(しん)があって静かで強く、自分なりの幸せを感じている女性。
 
 最近私が自分の心の中でまとめた“好きな人のタイプ”は、
○自分がやってきたことをそのまま、良い面も悪い面も同じ重さで話せる人。そして、自分がやっていないことについては、「やってみないと分からない」を基本スタンスとしつつ、「でもきっと、こういう大変さもあれば、こういういい所もあるだろうね。」と、希望を持たせてくれるような話し方のできる人。
○いつでも一人で生きていく覚悟ができている、人としての危機管理能力に優れた人。
○自分が今いる位置は、自分が選んでそこにいるということにちゃんと気づいていて、その自分の選んだ生き方に自信と責任感を持っている人。
○ちょっとやそっとのことでは怒ったり傷ついたりしない、自分を持っている大人な人。
○後ろ(過去)をしっかりと見、自分がしてきた全てを認めた上で前向きな人。
○ユーモアがあり、冗談が通じて、話していて楽しい人。

 好きだなぁ、こういう人。

  
コメント(0)mederu日記
OURS(ウース) 新作樹脂小物のご紹介♪
 夏休みに入って、またせっせとハリボーのお弁当作りが始まりました。
 から揚げ、ハンバーグ、ウインナー、グラタン…ハリボーの好きなものをメインにして、たまご焼きは定番で入れて、あとは彩り野菜をさりげなく添えているつもりですが、「インゲン3本がイヤだったけど、食べたよ。」なんて、野菜は数まできっちりチェックしているようです。
 ミニトマトは好きで、今はハリボーが学校で育てて持って帰ってきた苗から毎朝とれるので助かっています♪(デルモンテの土と苗だそうで、さすがトマトのことを知り尽くしいるデルモンテ!)
 そんな毎日のお弁当作りの必需品がカップやピック!
 私は当店で取り扱っているこちらを使っています(^.^)↓

シリコンカップ&ピックセット 各税込525円
 230℃〜−30℃の耐熱温度のシリコン樹脂でできたカップは、電子レンジもOK!
 毎回、アルミカップなどの使い捨てはもったいないなぁと思っていたので、繰り返し使えるシリコンカップならエコにもなるし、goodです(#^.^#)
 ピックもちょこっとおかずに刺すだけでカラフルでかわいいお弁当に変身〜♥

 さて本日は、樹脂つながり?クリアでポップなデザインで人気のOURS(ウース)から、新作樹脂小物たちが届きましたのでご紹介します♪
 “はやりに流されすぎない自分らしいカラーの物をどんどん作っていきたい!作る事に対しての楽しさがモリモリとみなぎっている。”というOURSさん。
 OURSの作品からはそんな気持ちが伝わってくる、楽しさに溢れた作品ばかりです(#^.^#)
 それでは、OURSの世界をどうぞ〜。

ポッコリヘアゴム 各税込1,575円
※右のダークカラーのヘアゴムはsold outとなっております。
ポッコリまあるいヘアゴム。
夏祭りや花火大会の浴衣姿にも合いますよ!



(両端)スティックピアス 各税込2,520円
(中央)ロングピアス 税込2,940円
新しい形の各種ピアス。
涼しげに耳元で揺れるのがかわいい!(^^)!



2WAYネックレス 税込3,780円
 チェーンの留め方次第で、横長にしたり、縦長にしたり、2WAYでお楽しみいただけるお得で楽しいネックレス♪





ミラー 税込2,625円
 初のアイテム!
 かわいいフェルトバッグに入った手のひらに収まるサイズのミラーです。
 氷菓子のようで食べたくなっちゃうかわいさ♥
 ハンドメイドの一点ものミラー、ギフトにもよいですね(^.^)





  
コメント(0)mederu日記
マニフェストでは。。。
 例のハリボーのドリル、今度は「金」という字を使った言葉を覚えさせようとしています。
 たばこやのおばあさん、やりますなー。





 ところで、間もなく衆議院議員選挙がありますね。
 どの政党に入れるかは、それぞれのマニフェストを読んで決めたいと思いますが、今回、私が最も注目している点はズバリ、“官僚主義からの脱却にどこまで力を注げそうか”といったところです。
 格差が広がり、弱者に厳しい世の中。常識はずれな額の退職金が天下り役員にまわるのに、教育、福祉、医療といった本当に必要なところにどうしてまわっていかないのか。
 もう、自分達の私利私欲をむさぼるような輩たちにはうんざりです。
 もちろん、したたかな官僚社会、そう簡単につぶせるようなものではない、分厚い鉄の壁のようなものだとは分かっています。それでも、そこに立ち向かっていこうとしなければ、何も変わりません。
 村上春樹氏の言葉を借りて言うならば、鉄の壁にぶつかって壊れる卵、その卵の一つでありたいと思います。あっけなく潰されても、それでも常にそちら側につきたいと思います。

 この思いは、私の経験してきたことからくる反省なのです。
 ほんの数年前まで、あっち側の人間だったからこそ、自省の念に駆られるのです。
 もちろん、そんな頭がいいわけではないので官僚ではなかったですよ。もっとその下の下の下の…鉄の壁側にへばりついていたサビのようなものでした。そんなんでも、借金をせずにお店が開けるくらいのお給料をもらっていたというわけです。
 ちなみに私のいた組織の名前と「天下り」という文字をネットで検索してみたら、「天下り33人 補助金667億2300万円」という数字が出てきました。この額!民主党が言うように、財源はあるのではないか、と思わせます^_^;
 その他、廃止になった無駄遣い法人が私のいた独立行政法人に統合されていて、廃止とは名ばかりの骨抜き改革、実は天下りの温存だとの記事もわんさか…。
 もう、そういう“まやかし”はホントにやめて欲しい!官僚くん達もせっかくのいい頭を自分達だけに有利なからくり工作に使わないで欲しいってもんだわ(`´)

 でもホント、以前の自分を思うと恥ずかしい。何も分かっちゃいなかった。
 もちろん、今もまだまだ甘ちゃんですけど、それでも前と比べれば、まだましだと思います。少なくとも、今は自分の足で立っている感覚があります。

 何も分かっていなかった頃の自分…コネでも何でも使って安定した職業に就くことを目指していた大学時代、何でもかんでも費用対効果、効率化を基準にしか物事を考えられず、国からの予算をいかに使い切るかに頭を使い、自分達の権利主張ばかりを唱えていた天下りの温床組織の職員時代…。
 あぁ、でも私よりもはるかにウワテの“何も分かっちゃいない人々”を目の当たりにして、その世界がおかしいと自分で気づけたことに、「おぉ、危なかった〜。」と胸をなでおろしています。
 その“間違いだらけの世界”に気づいて脱出してからの私の人生は、確実に豊かなものになりました。
 それは、本当に大切なものは何かということに気づけたような、“自分らしい生き方”ができていることの実感と喜びといったような…大げさに言えば…“精神の目覚め”とも言えます(^.^)

 姉は「こっちの世界に帰ってきてくれてよかったよ。」とよく言っています。
 夫も、「官僚側の世界に染まっていくのが心配だった。そこから抜け出すだけでもよかったと思い、転職に賛成した。」と言っていたことがあります。
 でも、両方の世界が見られてよかったです。あっち側の人の気持ち、思考パターンも分かってこその今だからです。何事も経験ですね♪
 それにもちろん、過去の仕事を全否定するわけではありません。
 当時は当時でそれなりにやりがいをもって取り組んでおりました。
 でも今思えば、組織や肩書きの中での仕事にすぎず、組織を出た、肩書きをとった自分の仕事という部分があまりにも少なすぎたように思います。“組織の仕事>自分の仕事”といった式です。
 講師として壇上で話したり、シンポジストになってしゃべったりもしていましたが、それも組織の中の肩書きのある私にきていただけの仕事でした。
 今の方が、“自分の仕事”をしているという感じがします。
 先日のマンション冊子のほうが、自分の仕事で出た自分でした。
 組織にいながら、しっかりと“自分の仕事>組織の仕事”の式を築いていた人はすごいなぁと思います。

 官僚の話しに戻りますが、前に、現代の本田宗一郎を地でいくような岡野工業の岡野社長がこんな話をしていました。
 「霞ヶ関で講演なんて頼まれるから行ったけど、東大出の官僚たちはオンチだから何も伝わらないんだよ。」
 そう、“センス(感覚)”の問題は大きいと思う。
 こういうことって、センスがあるかないかだから、センスがない人に何を言っても伝わらないことってありますよね。。。

 もし、政権交代したら、すぐに上手くいくはずはないのだから、ある程度長い目で見ていく必要があるだろうと思います。
 深い傷はそう簡単に治るものじゃない。まずは膿を出す、というか、出てくるものだと思います。
  
コメント(0)mederu日記
小川えい子 ガラスペイント作品のご紹介♪
 今日の明け方、スタッフKちゃんの実家で飼っていた愛犬ビリーが天国に召されたそうです。火葬の日程に合わせた勤務調整のお願いメールが届いて知りました。
 Kちゃんと私が出会った高校時代にKちゃんの家の家族になったビリー。長生きで天寿をまっとうしたと言っても、死は辛く悲しいものですね。。。
 ペットは家族、勤務調整は当然OKです。ウチも実家でキャバリアのスモモとユズを飼っています。生きて一緒にいられる今この時間を大切にしようと思いました。
 天国のビリーへ…昨日、板橋にかかった虹の画像を送ります。天国でもKちゃんたち一家を見守っていてね。





 さて本日は、当店の定番人気商品であります“小川えい子作 ガラスペイント作品”が届きましたのでご紹介します♪
 キラキラで透明感があり、元気をもらえる絵柄の小川さんの作品は、小川さんのお人柄そのもの!
 バイタリティ溢れる小川さんは、今年の夏も暑さに負けず汐留のアートイベントなどなど各種展示会に参加されるそうです。
 なんでも小川さんは、これまでにオーストラリアやカナダにそれぞれ一年ずつ、ワーキングホリデーで海外生活を送り、その後も各国を旅すること30カ国以上にもなるそうです!
 すごいですねー。最近はめっきり国内から出なくなった私。海外旅行って、パワーがいりますよね。
 それでは、そんな元気をもらえる小川さんの作品をどうぞご堪能くださいませ。。。
 
フォトフレーム(大) 各税込3,150円
サイズ:17.5cm×13.5cm
 写真を切らないで入れられる、これまでよりも少し大きめサイズのフレームです。
 生き生きと伸びやかな植物柄。生命力に溢れた絵柄です。









各種ラウンドフラワーベース 各税込3,675円
サイズ:縦8cm×横9.5cm×厚み3.5cm
 こちらはまたガラッと雰囲気が変わり、思わず微笑んでしまうようなポップな絵柄のフラワーベースたち。
 青い目のネコちゃんたち、クローバー畑のネコちゃんは茶目っ気のあるお顔、お花畑のネコちゃんはロマンチックにちょっぴりうっとりした表情に見えます。
 一点一点手書きなので、表情もその時々、きっと小川さんの気持ちが入っているのですね♪

 
 後ろにも楽しい絵が!



 こちらもsold outが続いておりました。定番人気のムーンキャット柄が入荷です!
 オフィスでペン立てとしてお使いのお客様もいらっしゃいます。
 プレゼントにも喜ばれる作品です。





たまご型キャンドルホルダー 各税込3,570円
サイズ:直径6cm×高さ9.7cm
※グリーン系はsold outとなっております。
 アロマキャンドルを入れればアロマポットとして、キャンドルライトを入れれば灯りのインテリアとしてもお楽しみいただけるキャンドルホルダー。
 様々な色柄を並べてコレクションしたくなるようなキャンドルホルダーです。




 無香料のカップキャンドルは無料で一つ付きます♪
 キャンドルの灯りで癒しのひとときを…。


 キャンドルライト(+315円)なら、フタをした形で、もれる灯りをお楽しみいただけます。



ハンドペイントトレイ 各税込1,575円
サイズ:約13.5cm(最大部分)
※ハート型トレイの犬柄はsold outとなっております。
 ギフトとして人気の高いハンドペイントトレイ。
 アクセサリートレイやカードトレイとして、またインテリアとして飾っておいてもかわいいですよ(#^.^#)
(注)焼付け加工をしておりますが、ハンドペイントのため、デリケートです。食器洗浄機などのご使用はお控えください。





  
コメント(0)mederu日記
正義は正義として。。。
 今日はお店に来る前にハリボーの担任の先生との個人面談でした。
 春の家庭訪問で都合がつかなかった人は夏休みに個人面談という形になったので、担任の先生と一対一でお話しするのは今回が初めてでした。

 今度の担任の先生も、ハリボーの特徴をつかんでくれているようで、安心しました。
 今回もやはりいつもと同じく、“自分から自己主張していくタイプではないが、やるべきことはやっており人前での発表もできているので特に問題はない。マイペースで自分の世界を持っている。意外にユーモアがある。”といったことを言われました。

 どこか心配なところはないかと聞かれたので、「一見落ち着いていてしっかりしているように見えるかもしれませんが、全然話を聞いていないことがあるんです。」と言うと…
先生:「ああ、どっか別の世界に行っちゃっている時ありますね。」
私:「そうなんです!やっぱりお分かりでしたか。」
先生:「やっているなーと思っていたら“え!まだそれしかやってなかったの!?”っていう時があります(^.^)」
私:「はい。そこのところ、よろしくお願いします<(_ _)>」
 よかった、分かってくれていて。
 ホント、集中して勉強しているなぁと思ったら、くだらない落書きを描いていたり…ハリボーにはよくあることです^_^;

 その他友達関係では、ふざけ程度のことだけれど、やるかやられるかで言えば、やられているほうだそうで、特に女の子にちょっかいを出されたりしていることがあるそう。
先生は、「この年代の子は気になる子にわざとちょっかいを出したりするので、女の子に人気があるのかもしれませんよ。」とおっしゃったので、
私:「いやぁ、そういうのはないみたいですよ。どうももてるタイプではなさそうです。前に授業参観の時に女の子達が他の男の子の周りで好きだとか騒いでいましたけど、ウチの子の前は素通りでしたし、バレンタインデーも何もなかったです。。。」
先生:「(笑)そうですかー。」
私:「あ、でも身体が小さいからか、可愛がられキャラのようで…よく女の子がかわいいかわいいと言っているという話をその子のお母さんから聞いたりすることはあります。」
先生:「やっぱり。今はそうでも学年が上がれば…。」
私:「“かわいい”から“かっこいい”になってくれるといいんですけどね。」
なんて話もしました。

 意外にユーモアが、というところでは、
先生:「結構ボソボソっと言うことが面白かったりするんですよ。」
私:「はい。ユーモアはあると思うんですけど、なにぶん地味なんです。」
先生:「その辺も、慣れてくると徐々に変わってくるかもしれませんね。」
とのことでした。

 そうそう、そして今日の面談で一番の収穫は、“やはり正義を教えていこう!“と心に決めたことです。
 クラスのことでは何か言っていないか、ということだったので、直接ハリボーのことではないのだけれど少し前にハリボーが「A君が女の子に蹴られて泣いてた。」と言ってきたことがあったので、そのことを話しました。
私:「そう言ってきたので、『かわいそうだったね。その時、その女の子に“かわいそうだからやめなよ”、って言わなかったの?そう言えるといいんだけどね。』と話したことがあります。でも、ウチの子はそういう時やっぱりなかなか言えないみたいなんですよね…。」と話しました。
 先生は、私からハリボーに、そう話してくれただけでもよかったと言ってくれていました。
 
 でも私も正直言えば、あまり正義感を振りかざして率先して言っていくことで、逆に今度は言った子がいじめられたりしないのか、今の子供たちの事情がよく分からないところもあり、強くは言えないところもあったと話しました。
 すると先生は、やはり学年が小さい今のうちから、良くないことは良くないと言える雰囲気をクラスで作っていかなければ、と思っているとのことでした。
 やってもいいんだ、という風潮にしてしまったら、自浄作用が効かなくなり、そのまま学年が上がっていくと、大人が見ていないところで陰でやるようになる、それが一番怖いと思っている、ということでした。
 一対一ならそれはケンカだけれど、一対複数ならそれはイジメだということは、日頃から先生も子どもに言っているそうで、それは分かっているのだろうけれど、やっているのを見ているだけの傍観者も実はイジメに加担しているとも言える、ということも伝えていく段階にきているように思いました。
 その場で言えなければ、先生に言うという方法もある。昔の「チクッたな。」というのがそうだけれど、イジメが陰湿になり、内容もエスカレートしてきている今の時代は、チクらなきゃいけない時もあるのだろう。

 先生には、「正義は正義として教えていきたいと思います。」とお伝えしました。

 まずは傍観者もイジメているのと同じだということから話そうと思います。
 でも、こういうことを教える時って、うるさいなぁと、今度は私にも話さなくなるようなことがないように、うるさくなく…さりげなく…でもしっかりと伝え、教えなければ。
 ハリボーの場合、面と向かってクドクドと話すよりも、他の家族との会話の中で話していくほうが聞きそう。思考錯誤で、やってみます。。。
  
コメント(0)mederu日記
4mame(ヨンマメ) 新作&再入荷布小物のご紹介♪
 下世話な芸能ネタから入って申し訳ありませんが、浅野忠信とcharaが離婚したそうですね。
 前に何かの番組でcharaが「うちは子ども達にも、”ママが何より大切なのはパパだからね”と言っています。(離婚なんて)うちは絶対にありませんね。」と言っていたのを覚えています。
 その他、私の記憶にある“絶対に別れないと言っていて別れた芸能人”は、「別れる時は死ぬ時です。」という名言を残して別れ、そして今も互いに生きている小柳ルミ子と大澄堅也、リカコと渡部篤郎、郷ひろみも言ってたような…。
 そんな話題を昨夜して、私が「人間に“絶対”はありえないね。絶対って言葉を使っちゃいけないね。」なんて話していたら、ちゃんとハリボーも聞いていて、「じゃあ、ご飯粒は絶対残しちゃだめだよとか、そういうのも言えないね。」と言うので、「そういう時の絶対じゃなくて、もっと先の…行き方とか…色々とあるんだよ。」と言いました。
 子どもの前でそんな話題を出しているのもなんですが^_^;
 でも、そう言われて育ってきた子ども達にとっての両親の離婚はやっぱりショックだろうな。。。それでも、一度は信じ合っていた二人、そのことは真実で、ただそれが永遠に続くとは限らないということを、周りの子よりもちょっと早めに知っただけ。そのことを周りの大人たちが上手く伝えて、「大丈夫だよ。」と言ってあげれば、子どもは案外大丈夫なのだと思います。

 さてさて、そんな話題から入ってしまいましたが、本日は円満なご家庭を築いていらっしゃる4mame(ヨンマメ)さんから、新作&再入荷布小物が届きましたのでご紹介します♪ 
 人気のブロックチェックシリーズから、ガーリーナチュラルなバネポーチ、暑い季節に重宝なWガーゼのハンカチ、ワンショルダーバッグなどなど…4mameテイスト満載です!
 それでは、4mame夏の布小物たちをどうぞ〜(^.^)

<ブロックチェックシリーズ>
 前回、あっという間にsold outになってしまった人気のブロックチェックシリーズです♥

@持ち手付きバネポーチ 各税込1,575円
 かわいい色合いのブロックチェック生地とワッフル生地、お花柄のレースでちょっぴり女の子らしさをプラスした持ち手付きのバネポーチ。
 持ち手は取り外し可能なので、バッグに引っかけて使ってもOK!


裏側↓



Aレースポシェット 税込1,785円
 ブロックチェックにレースを施したお子さまから大人の方まで使える人気のポシェット♪
 前回とはレースのつけ方がちょこっと違います。
 何色か揃えてお洋服の色に合わせてお使いいただいてもよいですね(^.^)



Bバネポーチ 各税込1,260円
※グリーンはsold outとなっております。
さわやかで飽きのこない色合いです。



コットンリネン&レースのバネポーチ 各税込1,260円
 洗いざらしの風合いを残したコットンリネン地にそれぞれ雰囲気のあるレースを施したバネポーチ。
 ナチュラル派なあなたにピッタリ♪



Wガーゼのハンカチ 1枚税込262円
 肌触りの良さと吸水性抜群なWガーゼのハンカチです。
 それぞれ、引っかけられるループも付いて更に便利!
 暑い季節、汗をよく吸い取り、すぐに乾くので一枚は持っていたいですね(^.^)



ヒッコリーとWガーゼのワンショルダーバッグ 税込3,675円
 ヒッコリーとWガーゼを組み合わせ、横のラインがポイントのワンショルダーバッグ。
 本革を使った留め具が甘くなりすぎず、素敵なアクセントになっています。



レースポケットのチェック柄レッスンバッグ 税込2,625円
 髪の長い女の子にぜひ持って欲しい、そんな感じのガーリーなレッスンバッグ。
 シンプルで飽きのこない、オールシーズン使えるデザインです。



  
コメント(0)mederu日記
ポケモン映画と渋いドリル
 昨日は予定通り、学童の親子映画鑑賞会で『ポケットモンスター ダイヤモンド&パール プラチナ アルセウス 超克の時空へ』という、一度では覚えられない、貴金属をちりばめたようなタイトルの映画を観てきました。
 思っていたほど退屈せずに鑑賞できました。
 映像が凝っていて、内容も“愛と勇気と平和”といったような、安心して子どもに見せられるものなので、親子鑑賞会にポケモンを選んでおけば間違いなしという感じです。
 それでも途中、時間にすれば5〜10分位だと思うのですが、意識がなくなった時間があり、後からハリボーに「大口開けて寝てたよ。」と言われました。
 確かに口、開いてたと思う…。遠い意識の中で“口開いてる、閉じなきゃ、閉じなきゃ。”と思っていた記憶が残っているので。ああいう時って、意識はあるのに、身体が寝ていていうこときかないんですよね。。。
 私が「誰か他の人、気づいてた?」と聞くと、
ハリボー:「Y君。」
私:「Y君、何か言ってた?」
ハリボー:「苦笑い。」
^_^; 他のお母さん達にも見られていたかも(*_*)

 伝説のポケモン“アルセウス”の声優は美和明宏でした。
 美和明宏、最近は“伝説の生き物”や“何百年も生きている魔女”など、人間を越えた役柄に抜擢されています。選びたくなる監督の気持ち、分かります。
 年齢300歳と言われても違和感がないのは、美和明宏さんと瀬戸内寂聴さんくらいなものだと思います。

 話は変わって…たびたび載せているハリボーがやっているドリル。
 それにしても出題内容が、渋すぎる!



どんな生い立ちなのか、気になります…。



特にB。お兄さん、生きていて欲しいです。



挿絵がまた渋い。

  
コメント(0)mederu日記
unip(ウニップ) 新作アクセサリーのご紹介♪
※今日7/24(金)は、午後3時までの営業です。

 今日はこれから、ハリボーの学童父母会主催の親子映画鑑賞会に行くため、午後3時までの営業とさせていただきます<(_ _)>
 観る映画はポケモンなので、正直いって私はあまり興味がないのですが、子どものためのお付き合いです。ハリボーはずっと楽しみにしていたので、私が一緒に行ってあげることで喜んでもらえたらいいかな、と。
 子どもがいると、自分だけだったら絶対に見ないもの、行かない所、お付き合いしなさそうな人々との接触が出てきます。
 それは、世界が広がり、視野が広くなるという良い作用を引き起こすこともあれば、ただただ忍耐でストレスの基となることもあります。人間だもの、感じかたはその時々です。
 でも、結局のところ、良いように考え、楽しんだもん勝ちだと思います。
 何だかとても大げさな話になりましたが、今日は大してストレスではありません。楽しんできます!

 さて本日は、物語のつまったロマンティックな作品を展開しているunip(ウニップ)から新作が入荷しましたのでご紹介します♪
 オープン当初から定番アイテムとしてお取り扱いしている本のアクセサリーのブックチャームと、お客様の声から生まれたネックレスは息の長い当店の人気商品です。
 先日お母様と一緒に納品にいらしてくださり、皆で「3年経ったんですね。早いものですね〜(#^.^#)」としみじみしちゃいました。
 unipさん、バームクーヘンごちそう様でした!今後ともどうぞよろしくお願いします♪

ブックチャーム 各税込1,575円
 定番人気のトンボやハサミの他に、お花やポット、傘、キー、リング、舵、エンジェルなど…アンティークな雰囲気のパーツがかわいく付いています♥
 お気に入りは見つかりましたか?










※キーパーツのものはsold outとなっております。



ネックレス 税込1,785円
 奥多摩でもトンボがスイスイ飛んでいました(^.^)
 あぁ、夏だなぁという風景ですね。





  
コメント(0)mederu日記
引き続きキャンプ。。。
 昨日の皆既日食、実際に見た人は感激だったようですね。
 昨日の一日で人生観が変わった人や将来の夢が膨らんだ子どもなんかもいるのでしょうね。
 我が家のメンバーは…特に変化なしですが。

 今日は昨日に引き続き、キャンプの話です。
 ハリボーが生まれてから初めての家族キャンプ、なかなかよかったです。
また秋に行こうか、と話しています。
 ただ、秋へ向けての反省点が一つ。今回は食材を買いすぎました。

 キャンプ場から食材が買えるような店までは車で片道30分、往復1時間もかかるということだったので、とにかく2泊3日分の食材を買いだめしないと!足りなくてひもじい思いをするのはイヤだし、キャンプはお腹が空きそう!と思い、ついつい買いすぎてしまい、あと3日はいけたというくらいの食材が余って持ち帰ることになりました。

 いつもは「一本だけ!」「一個だけ!」と言っているジュースやお菓子を「もっと買ってもいいよ。」と言うと、ハリボーは「こんなに買って、お金足りるの?」とお金の心配をしていました。
 いつも、お金がなくて買えないと思っていたのか^_^;ジュース3本買うくらいのお金はあります。

 まぁ、そんな反省もありましたが、次回に生かすとして…昨年、シーズンオフで安い時に買っておいた4人用のテントもなかなか快適でした。
2泊3日の間の我が家。↓



 寝る時はテントの中で寝袋で寝ました。
 ちなみにこの画像はかなり片付いている時のもの。
 2日目の晩のナイトプログラムでは我が家の横を通ったのですが、あまりの散らかりように…自分達のテントだとはとても言えませんでした。
 タオルや服が無造作に干してあり、食事の途中だったので食器や道具や食材がテーブルの上に散乱し、防犯用に付けっぱなしにしていたラジオからは怪しい音楽。まるでそこにもう何ヶ月も住んでいるような空間でした。
 そんな近くを通ると分かっていたら、もっと片付けておいたのに。。。

 一日目の晩はカレーライス!とちょこっとバーベキューも。





このカレーが自分で言うのもなんですがとても美味しくでき、ハリボーもモリモリおかわりしてくれました(#^.^#)
 外で食べたからより一層美味しく感じたのかもしれませんね♪

 夜9時まではシャワーも使えたのでハリボーと一緒に入りました。シャワー室は男女分かれていて、一人ではちょっと怖いので、ハリボーも女性のほうに入りました。
 自意識過剰なハリボーは、1〜2人しかいないのにやたらと恥ずかしがっていて、しかも自分のを見られるというのを嫌がっていました。
 そんな、ハリボーのポークビッツのようなものなんて誰も見ないのに…。
 私が「誰も見ないよ。」と言っていた声が聞こえていたのか、中から女性が微笑みながら「恥ずかしくなっちゃった?大丈夫よ。」と言いながら出てきました。
 ハリボーは、そういう風に言われること自体が恥ずかしく、しかも裸の女性に言われたので、かなりなダメージを受け、うつむいて意気消沈していました。

 キャンプの間中、ハリボーは火の番にはまっていました。
 焚き火って、確かに面白い。火は生き物。小さくなったり大きくなったり、消えたと思ったら復活したり…。
 朝も目覚まし無しに5時半にはパッと飛び起きて火の元へ駆け寄っていました。
 普段もそのくらいキビキビと動いてくれる朝だったらいいのに…。
 昨年参加した子どもキャンプの時に習った知識も披露しており、「まずはパチパチ君を集めてこなきゃ!」「パチパチ君を入れて火を大きくするんだよ!」など。
 “パチパチ君”の正体はこれ↓

 パチパチとよく燃える枯れ葉のこと。パチパチ君は階段に多く集まっているそうです。

 トマト缶の上のミニランタン。その後ろの炎。今回の一番のお気に入りの画像です。↓



 昼間は、沢登りをしたり、トカゲを捕まえたり、クラフトセンターで木工や陶芸をやったり。
 森へ入っていく夫とハリボー。

沢を登りながら、ヤマメが釣れないか少し期待する夫。

この奥に滝つぼがあったそう。


 沢登りの後、いきなり不機嫌になったハリボー。なかなか理由を言わないので怒ったら、やっと理由を言いました。
 滝つぼで泳ぎたかったのだそう。夫いわく、その滝つぼは深く、入ったら死ぬような所だったそう。子どもって、ホント何を考えるか分からないから怖い…。
 しかもこの沢は水温が低く、身体ごと入って水遊びをするような所ではないのです。ハリボーはどうしても入ると言って入り、身体が冷えすぎてこの後頭痛になりました(-_-;)

 尻尾がコバルトブルーのとてもきれいなトカゲがいました。
 おめめはパチクリかわいい♥




 尻尾を切るところを見たいというので、私が尻尾の先を踏んだら、切れました!しかも2分割!尻尾が2分割になるなんて知らなかったので、二本の尻尾がウネウネしているのを見て私は「ヒエェ〜〜(*_*)」
 切れた尻尾の片方。↓




 すぐに尻尾はアリが見つけて運んでいきました。エッチラオッチラと一匹で運ぶアリを見て、ハリボーは「早く楽にさせてあげたい。」と言い、横取りしようとしてくる他のアリを追い払ったり、上り坂では尻尾を下から支えてあげたりと、しきりに援助してあげていました。

 二日目の昼はクラフトセンターでレターラックを作りました。
 これで夏休みの自由工作は完了!
描いて…

切って…

打って…

完成!



 三日目の昼、今度は陶芸をやりたいと言うので陶芸を。
 夫もろくろを使った湯のみ作りに初挑戦!
 陶芸の先生は、一目見ただけで変わった人だと分かるようなお人でした。夫もあとから「あの先生、変わってたな。」と言っていたので、「うん、そうそう!いかにも陶芸家らしくてね。もう一人の先生は普通っぽかったよね。変わった人に当たったね。」と言いました。
伸ばして…

描いて(回して)…

寝かして…あとは焼くだけ。

 ハリボーはどうも象が好きらしい。作品は一ヵ月後に送ってくれるそうです。

 食…2日目の昼は焼きそば。3人家族だけれど、3人前では足りないので、穀類をおかずに穀類を食べるのが私たちの常識!


 2日目の夜はバーベキュー。

 スペアリブに焼きとうもろこし、じゃがいもはホイルで包んでバターを溶かして…どれも最高に美味しかったです!

 翌日からは、昨年ハリボーが参加した子どもキャンプが始まるということで、小さなテントがポコポコと立てられていました。



 最後におまけ。。。
 東京都のいちょうのマークがなんか情けなくて変だったのでパシャリ!



 なんだかまとまりない文章ですが、そんなこんなで盛りだくさんな2泊3日のキャンプでした〜♪

  
コメント(0)mederu日記
自然の神秘
 今日は46年ぶりの皆既日食!皆さん、世紀の天文ショーはご覧になりましたか?
 私は、ハリボーの小学校の「皆で日食を見ようの会」に行ってみたのですが、残念ながら正門には「今日の日食を見る会は中止です。家でテレビでも見ましょう。」と書いた紙が貼ってあり、そのままお店に来たので、全然見られませんでした(*_*)
 東京は暗くもならなかった(ような気がする)し、町行く人も特に上を見上げている様子はなかったので、日食は見られなかったのでしょうか。
 今晩、ニュースで見た気になります。

 ところで、3日間お休みをいただきまして、行ってきました、奥多摩キャンプ!

 ありきたりな言葉ですが…
 自然の中では人間は実にちっぽけな存在で、偉くも何ともなく、他の動物たちと同じ地球上の生きとし生けるもの以外の何者でもないのだということをあらためて感じた3日間でした。
 文字にするとナンだか余計にくさくなる〜。もっと淡々とした感情なのですが…言葉にするとこうしか表現できません。。。

 夜間プログラムに参加し、ガイドの人に案内されて、何千、何万もの生き物たちが住む夜の森にもおじゃましてきました。
 真っ暗な森の中で1分間、懐中電灯を消して何も話さず、じっと耳を澄ませた時間は、とても神秘的で、私は大地に抱かれている一匹の生き物になりました。

 キャンプの詳細はまた明日ということで、今日は奥多摩の自然の画像でもって失礼します<(_ _)>

<奥多摩の夕焼け>



<奥多摩の夕暮れ>
 夕焼けから5分後の空。
 夜の森で一番明るかったのは、月も星も出ていない空でした。
 夜空は明るいものなのですね。
 夜の森へおじゃまする時には、夜行性の動物たちの目を傷めないように、懐中電灯には赤いフィルムを巻くということを覚えました。



<満点の星空>
一日目の夜は満点の星空でした。
人工衛星も見えました。



<奥多摩湖>



<冷たい川の上流>
奥多摩の水で炊いたご飯やコーヒーは美味しかったです。



  
コメント(0)mederu日記
記事掲載!と落ち着きのある子。
※明日7/19(日)〜7/21(火)の3日間はお休みです。

 6/23の日記に書いたマンション冊子ができてきました!
 板橋こだわりSHOPガイドに、めでたくmederuが載っております♪↓


 グラビアアイドルなみの掛け声をかけられながら撮られた写真…恥ずかしながら載ってます。。。
 商品写真は、布小物や食器類、くるみボタンなどが載りました♥


 記事はこんな感じ↓

 ちょろちょろっと話したこととブログから、要点が簡潔にまとめられていて、“さすがプロ!”と思いました。
 ライターさんの中では“組織を飛び出した同類の人”という印象が強かったのか、その辺にややスポットがあたっていますね(^.^)
 
 結構広い範囲の世帯に7万部ほどポスティングされるそうで、昨日あたりから「オーナーさん、載ってましたね!」なんてお客様からお声をかけられたりして…嬉しいやら恥ずかしいやら。。です(#^.^#)
 地域の皆様に愛される雑貨屋として、これからもがんばっていきます!!

 ところで明日から3日間、お休みをいただきまして、家族3人で奥多摩へキャンプに行ってきます!
 国営のキャンプ場ですが、テントも寝袋もガス機も食器もテーブルセットもその他もろもろも…全て持参で行きます!もちろん、2泊3日完全自炊です。
 ここ数週間、夫はキャンプの準備をコツコツと進めていました。私は衣服と食材担当なので、今日明日が勝負です。
 ハリボーが生まれてから家族で本格的なキャンプをするのは初めてなので、結構事前準備が大変でした。一度行ってしまえば、次回からはだいぶ楽そうですけどね。

 夫はもともと、学生時代からバイクにテントと寝袋積んで、単身で北海道や九州をまわるなどアウトドアな人で、私も父がそういうのが好きな人だったので、家族で旅行に行くと必ず1〜2拍はテントやコテージでの寝泊りでした。
 なので、全くのアウトドア初体験ではないものの、ハリボーが生まれてからは足が遠のいていてずっと行っていなかったので、久しぶりでちょっとドキドキです。
 雷雨とか、てっぽう水とか、怖いな〜とか。
 無事に帰ってきたら、またご報告したいと思います。

 あ、そうそう、ハリボーの擬似父母の方々にご報告があります。
 昨日、2年生になって先生も変わってから初めての通信簿をもらってきました。
 生活面の所見の欄には、“落ち着いている”と書かれていました。
 前の先生の時も、学童の個人面談でも、今回も、ずっと“落ち着いている”という評価のハリボー。
 よく、テレビに出ている人で「小さい頃、通信簿にはいつも“落ち着きが無い”と書かれていました。」なんて笑って話したりしているけれど、いつも落ち着きがあると言われる子というのもどうなんだろう…。子どもなのに落ち着きがあるって…^_^;
 まぁ、落ち着きがない子もいれば、落ち着きがある子もいていいのかしら。
 でも、普通落ち着いていたら、人の話もじっくりと聞いていそうなのですが、ハリボーの場合、話を全然聞いていないことがあるのです!ビックリするくらい、何も聞いていないことが!!
 たぶん、目に見える部分では落ち着いているように見えているだけで、頭の中はかなり自由に遊びまわっているものと思われます。
 だから音楽の授業でこんなこと書いてみたり…↓(舞踏とぶどうをかけている)


 ドリルの設問にいちいち突っ込みを書き込んだりしているのでしょう。↓(「こんなこと考えるな」だって。)


 しかしこのドリルって…

 “八”という字を教えたいわけではなく、”八“を使った言葉を教えたいのだろうけれど、「八つ手」「八つ当たり」「一か八か」、なんてマニアックなんでしょ。
 しかも例文も突っ込みどころ満載で。ハリボーが突っ込みたくなるのも分かる気がします。

 そんな似非(えせ)落ち着きのある息子とのキャンプ、楽しんできたいと思います。
 それでは皆様も良い週末を〜♪

  
コメント(0)mederu日記
timpani(ティンパニ) 新作小物のご紹介♪
 学校の写生会でのハリボーの消防車の絵、区役所のホールに展示される予定が、衆議院選挙の期日前投票のために小さなホールで2日だけの展示に変更になりました。
 まぁ、別にいいんだけど…夫に「最後に麻生さんにやられたね。」と言いました^_^;

 さて本日は、春の企画展以来お久しぶりです!timpani(ティンパニ)より、新作小物が入荷しましたのでご紹介します♪
 企画展では足の小指を骨折しながらも作品作りに励んでくださったtimpaniさん。その節はお疲れ様でした!<(_ _)>
 また続々とかわいい定番&新作をお待ちしておりますね♥
 それでは、癒しのデザイン&刺繍のtimpaniの世界をどうぞ…。

小さながまぐち 各税込1,575円
 今の季節だと、朝顔?かざぐるま?見るときの気分や気候によって色々に見えますね(^.^)
 キラキラビーズと一緒に軽やかなデザインです♪


timpaniさんの刺繍はアップに耐えられる緻密さ。まさに職人技です!






中は茶×白のピンドット柄でかわいく(#^.^#)



各種ぱっちんピン 各税込560円
色とりどりのひとつ花ぱっちんピン。
大人の方でもお着けいただけるぱっちんピンです!



各種ヘアピン 各税込480円
ぱっちんピンよりもひとまわり小ぶりなくるみボタンを使ったヘアピン。
ナチュラルなオシャレをお楽しみください♥



アンブレラブックカバー 各税込2,310円
完売しておりましたブックカバーの入荷です!
今年もアンブレラの花が咲きました♪
電車の中での読書の時間をいつもより楽しくしてみませんか?












ブックマークはシェルビーズ♪


内側のデザインもまたかわゆい♥
ギフトにも最適です!





  
コメント(0)mederu日記
雑食系女子が思うに。。。
 昨日は冬物の展示会巡り。ニットやウールの帽子や手袋、マフラーなどなど、かわいくてあったかい防寒グッズをたくさん発注してきました!って、こんなに毎日暑いのに、ピンっときませんよね^_^;
 冬のmederuもどうぞお楽しみに〜♪

 話は変わって、最近、業者の若い担当者が会社を辞めることが多いです。ここ最近続けて4人。淋しい〜(T_T)
 そういえば、皆20代女性だわ。男子が草食化、女子が肉食化していると言われていることと何か関係があるのかしら?
 ちなみに、私とスタッフKちゃんは「私達は雑食系女子だよね!」と言い合っています。

 辞めていく子たちの理由…一人は、結婚。とりあえず結婚を機に辞めて、新たな仕事を探すそう。専業主婦になるわけではないそうです。
 もう一人は教師になるための勉強に専念するため。もう一人はフランスへ語学留学するため。もう一人は遠方でメールでの報告だったので退職理由は聞いていません。
 皆それぞれ、やりたいことや夢を追っての決断っぽくて…若いっていいわ〜なんて思うのでした。

 そういえば、今朝の芸能ニュースで石田純一と東尾理子の熱愛についてやっていました。
 石田純一…また違った意味で“夢追い人”といった感じ。理想の女性を追い求めさまよう旅人。
 顔は草食系だけど、やることは肉食系だなぁ。永遠の狩人っぽい。素足の狩人。
 石田純一のタイプって、なんか分かる。松原千明→長谷川理恵→東尾理子。キリリとした知的美人ばかり。
 一度失敗すると全く違うタイプにいく人も多いと思うけれど、変わらないんだなぁ。

 恋愛は本人たちの自由だけれど、結婚となるとそうはいかない。いくら現代といえども。
 だから、恋愛向きな人と結婚向きな人というカテゴリーはあると思う。
 例えばキム兄(木村祐一)なんかは見るからに結婚に向かないタイプ(テレビで見る限り。でも実際3度離婚している)。それでいえば、ダウンタウンの松ちゃんもその類だと思うけれど…行く末を見守りたい。

 東尾理子の父上は、自分とそう年が変わらないバツ2の石田が息子になりそうだという事態をどう思っているのだろう?
 でも親というものは結局、自分の子の男(or女)を見る目を信じるしかなさそう。
 異性を見る目を育てるのもまた、親の役目なのかもしれない。時には反面教師になりながら。。。
 たまに、“もしハリボーに彼女ができて、その子が、ガングロ金髪で唇やおへそにピアスをしていて、いつも口をポカーンと開けていてるような子だったら…イヤだな。”と思う時があるけれど、もし本当にそうなったら、きっと何を言っても好きな時は好きなのだろうから、あきらめるしかないのだろう、と思う。
 まぁ、自分みたいに、見た目とギャップがある雑食系女子を連れてきても同じように思うのかもしれない…。
 でも、自分の子を好きになってくれた子、と思うだけで、その子のことも可愛くなりそう、とも思う。
 いつかその時がきて、まだブログを書いているようだったら、どう思ったか報告しますね。

 石田純一の話から、ハリボーに彼女ができたら、という妄想まで広がりましたが…男女の関係でいつも私が思うことは、“自分は特別”という思い込みはやめたほうがいいということです。
 妻だから捨てられない、愛されていて当然、子どもがいるから分が良いなどという、実はあまり根拠のない自信は持っていないほうがよいと思います。
 あと、プレイボーイとか酒癖が悪いとか、金遣いが荒いとか、同じ理由で何人もの人を泣かせてきた人を彼氏や彼女、妻や夫にする人は、“自分だけは特別”“自分ならあの人を変えられる!”なんて思わないで、自分もいつか同じことで泣かされるかもしれない、ということを十分に覚悟した上で選ぶことだと思います。
 もし彼女のいる人から彼氏を奪ったら、自分も奪われるかもしれない、その確立は普通よりも高いんだ、と自覚することです。だって、彼女がいるのに違う女性にいった男性を選んだのだから。
 
 そういう覚悟をもって選んだのなら、もしそのまま悪癖が落ち着いてくれたり、生涯愛し合えれば、もうそれだけで儲けものというか、ラッキーというか、よかったよかった、という話になるわけで、そうでなかった場合も、“あぁ、やっぱり。そう思ったんだけどねー。私ってバカ。でも自分で賭けに出たんだから仕方ないか…。”と納得いく終わり方ができると思うのです。
 また、この考え方は奪われたときにも有効で、“奪っていった女も、奪われていった男も、しょせんその程度の人。また同じことにならなきゃいいけどー。私はもっといい人見つけよっと!”と思え、“相手に裏切られた”とか“恨みます”という悲観・怨念モードにならずに、新たな幸せへとフットワーク軽く向かえます。

 四捨五入したら40歳の雑食系女子が考える、危険な人を好きになった時の考え方と上手なふられ方なのでした。
 ちなみに例えはフィクションであり、そんな”危険な人”を好きになったことはありません。
          
  
コメント(0)mederu日記
PULCINO(プルチーノ) 新作アクセサリーのご紹介♪
※明日7/15(水)はお休みです。

 昨夜はピアノの練習中にハリボーと言い合いに。
 初めての曲を練習する時にはいつもそう。まだ上手く弾けないものだからハリボーはかんしゃくを起こしてちゃんと弾かず、私がそれを注意し、ハリボーが口ごたえし、そして私が「お母さんはもう教えてあげないから勝手にしな!」と言い部屋を出て行き、ハリボーが泣いてめそめそグチグチモードに突入するといったパターンです。
 私もそのパターンにはできるだけなりたくないのでならないように努めているつもりですが、どうしてもなる時はなります。
 しばらくして、夫に励まされながらハリボーが「…ゴメンナサイ。」と言ってきました。
 私が「何が悪かったか分かってるの?」と聞くと、「お母さんのことをお前って言ったこと。」と言ってきて、私はそう言われて怒ったことはもう忘れていたのだけれどそれを聞いて思い出し、またムカムカしてきて困りました。謝ってきたのだから許すしかないし…。
 「親に向かってその口のききかたは何!」なんて言葉をいいながら、“ああ、なんか親みたいなこと言ってるなー。あ、でも私、親だった。いいのか!”と思うときがあります。
 ハリボーは最近、口が悪くなってきたので注意しなければ!!

 さて本日は、今の季節に人気!PULCINO(プルチーノ) 新作とんぼ玉アクセサリーのご紹介です♪
 光の加減で豊かな表情を見せてくれるガラス。もちろん、オールシーズンお楽しみいただけますが、やっぱり透明感があり涼しげなガラスは夏に大人気です!
 かんざし、チョーカー、ストラップと、アイテムもデザインも色々、盛りだくさんの入荷です。
 どうぞお気に入りを見つけてください…(^.^)

かんざし 各税込1,050円
※ピンクはsold outとなっております。
夏のまとめ髪、浴衣姿にもピッタリのかんざしです。
光が入るとキラキラ。





水中花ペンダント 各税込2,625円
 ♪私は愛の水中花〜♪という松坂慶子さんの歌を思い出しました。(※いったい私は何歳なのか!)
 ユラユラゆらめく水中花を胸元にいかがですか?







ドットチョーカー 各税込2,625円
鮮やかな配色のドットチョーカー。
夏のお出かけにピッタリですよ♪



くらげペンダント 税込2,100円
こちらはちょっぴりユニークなペンダント♥
ガラスの中にくらげのようなものがユラユラ…。
ガラスの自然なゆがみは表情豊かに。




しましまチョーカー 税込3,150円
こちらは繊細なしま模様にお花柄が上品なチョーカー。
川を漂うお花と木の葉…静の中に動きを感じるデザインです。



クローバーペンダント 各税込1,785円
クローバー好きさんには胸ときめくペンダント(#^.^#)
色とりどりの四葉のクローバーが幸せを運んできてくれそう♪





雫チョーカー 税込2,980円
華やかな色合いが目を惹くチョーカー♥
揺れるしずく形パーツがかわいいです。



 その他、定番人気のカエルちゃんストラップ(各税込1,155円)やクローバーストラップ(各税込1,155円)、花玉ヘアゴム(各税込1,260円)、花玉ストラップ(各税込1,470円)なども色とりどり入荷しております!
 今回のカエルちゃんにはお花が付いている子もいますよ〜♪













  
コメント(0)mederu日記
サッカーの試合から。
 地味にふざけるハリボー。
 昨日はドリルにこんなことをちょろっとしていました…。
こういう問題で↓

こう答えています。↓


 おかあさんは、の後に”こんかつをして”という文字を入れています(ーー;)
 ちなみに、私は結婚する時に“婚活(こんかつ)”はしていません!

 昨日はお休みをいただいて、ハリボーのサッカーの試合に行ってきました。
 夏の太陽の下、大人も子どもも汗をかきかきサッカーを楽しむ。“健全”という感じがしてよかったです。



 試合の結果は…0−1で負けました。
 でも、前回のように大敗ではなく結構いい勝負だったので、私たち親たちは「よくがんばったよね。」「今回は試合らしい試合になってたよね。」「上達したよね。次は勝てるかもね。」と、満足で前向きなことを言い合い、清清しい気分で終わりました(^.^)
 ハリボーの通うサッカーチームは、来るもの拒まず、去るもの追わず、いつもニコニコ仲良しチームという感じです。監督やコーチも罵声などを出さずに上品です。もちろん、いけないことをしていたらビシッと注意はしますけど。
 チームの方針で、試合も交代しながら全員が出られるようにしてくれています。
 中には、とてもシビアで練習も厳しく、保護者間の関係もギクシャクしていて、あまり上手くない子の親に他の親が「悪いけど、やめてくれない?」と言ってくるようなチームもあるとか(*_*)あくまで噂ですけどね…。
 そういうチームは確かに強いらしいけれど、そんなこと言われるのも、言うのもイヤだなぁ。少年サッカーなのに、何もそこまで…。
 やっぱり、ある程度親がチームの方針を見極めて入ることが大切なのかもしれません。

 では、ハリボーのチームには競争が全くないのか、と言ったらそういうこともありません。
 交代しながら全員を出すということは、交代させられる子と交代させられない子がいるわけで…昨日はハリボーは交代させられるうちの一人でした。
 スタメンではあったものの、途中で一年生と交代。また途中から戻れたけれど、ずっと交代しないで出っ放しの子もいる中で、ハリボーは交代メンバーに選ばれた(?)わけです。
 出っ放しの子達は、やはりチームになくてはならない主要メンバーの子たち。ボールを自分から取りに行く積極性がある子たちです。
 ハリボーは、やはり全般的に押しが弱く、たまたま来たボールを蹴るといった具合なので、私がコーチでも交代させるメンバーにハリボーを入れると思います。
 サッカーが強くなりたいのなら、クリアしなければいけないハリボーの課題がまずそこなのです。
 でも、そのことを伝えるのに、私と主人とでは言い方が違い、またそれ以外の家族たちも。それぞれがハリボーを思い、それぞれの関わり方をしていました。
 
 夜、撮ったビデオを母、姉、夫、私、ハリボーとで見ながらのこと。
 もちろん、ハリボーなりによくがんばっていたこと前提ではありますが…
 私は「途中で交代になったのを見たとき、やっぱりちょっと淋しかったよ。」と、やや遠まわしに言ってみたのですが、夫はもっとストレートでした。
 ビデオを見ながら逐一ダメ出しし、面白くなさそうなハリボー。そこに「コーチが何でハリボーを交代させたか、そこは考えなくちゃダメだ。A君やB君は交代しないのに、なぜハリボーは交代になったのか。」
 もう、そこまででかなりハリボーにはダメージがあった様子だったので、もういいじゃん…、と心の中で思っていたら、ついに「A君やB君がいないとチームが困るからだ。A君やB君はハリボーよりも試合に必要だからだ。」と言ってしまっていました。
ハリボーも、交代させられたことは何となく“喜ばしいことではない”と分かっていたと思います。
 でも、自分だけではないし、という気持ちもあり、モヤのようなものを自分の心にかけて、気にしないようにつとめていたように見えたのですが、夫はそのモヤを一気に吹き飛ばし、問題をずばりと目の前に見せたわけです。

 さすがにハリボーの目には薄っすらと涙が溜まり、頭からタオルをかけて泣いた顔を見せまいと隠していました。
 そんな様子を見て、夫はあまり気にもしていない様子でビールを飲んでおり、私と姉は互いに目配せをしながら“泣いてるよね?”と確認し合い、母はひたすら「ハリボーはすごいわよ。よくやったわよ。ピアノもやるし、サッカーもやって、絵も描くし、偉いわよ。」と、よく分からない例えも入れながらひたすらかばっていました。
 姉は私や夫がハリボーを叱ったりしている時は、大抵黙って聞いています。
 親が子どもにすることに基本的には口を出してはいけない、自分はそういう立場なんだ、と思っているそうです。
でも必ず後から違う形でハリボーの気持ちをフォローするので、ハリボーは姉が大好きなのです。(私からすると“いいとこ取りでずる〜い(>_<)”という感じもありますが。)
 
 でもこういうのが、ありがたいことなのかも。
 子育てには色々な人間が関わったほうが良いというのは、こういうところかもしれない。
 親子だけだと、関係が近すぎて見えなくなったり、力が入りすぎてしまうことがあるけれど、一歩、二歩引いたところで、愛情を持って見ていてくれる人の存在があると、遊びの部分ができて、子どもは少し自由になれる。がんじがらめにならない。

 その後のハリボーは、いつものことだけれど、意外にケロッとし、私は安心したような、“本当に伝わって欲しいこと伝わってるのかなー?”と疑いたくなるような、物足りないような…複雑に気分になるのでした。

  
コメント(0)mederu日記
マグネット付きメッセージフォトフレームのご紹介♪
※明日7/12(日)はお休みです。

 学校でプールが始まったハリボー。
 先日検定があったようで、プールの横幅はどうにか泳げたものの10Mが泳げず、昇級がストップしてしまったようです。
 スイミングスクールに通う友人たちがかなり泳げる様を見て、実力の差を感じたのか「水泳を習いたい!」と言い始めました。
 平日は学童、土日はサッカーにピアノと結構忙しいハリボーなので、これ以上忙しくなってもよいのか、と聞くと、「習い事3つくらいいいじゃん!」だって。
 忙しくなるのは実は親のほうでありまして…^_^;「まあ、考えておくね。」と言ってあります。
 
 もっと泳げるようになりたいハリボーは、今日はおじいちゃんとプールへ行きました。
 おじいちゃん(実父)は泳ぎが得意なので、連れて行って教えてくれるのはありがたいことなのですが…帰りにハリボーを連れて一杯ひっかけてこなければいいのだけど…。
 まだハリボーが保育園児だった頃、私達も入ったことがないような近所の小さなお寿司屋の前を通った時にハリボーが「僕、ここ入ったことあるよ。」「え!誰と!?」おじいちゃんと。おじいちゃん、僕には玉子のお寿司しか注文してくれなかったんだよー。」と言ったことがあり、発覚!他にも焼き鳥屋にも行っていました。
 聞けば、公園やプールに連れて行ってくれた帰りに「ちょっと付き合って欲しい所がある。」と言って(※この言葉もハリボーの証言から。)、ハリボーを飲みに付き合わせていたのです!
 もちろん父にはやめてくれと注意しましたが、行きたい時には行く父です。
 
 それにしても今時見かけませんよねぇ?小さな孫連れて飲んでる祖父の姿って。誘拐犯と間違われそうです。
 でももう、行きたくなければ一人で家に帰れるくらいに成長したハリボー\(^o^)/
 よかったね!ね?大きくなると自由が増えるでしょ?それが大人になっていく最大の喜びなんだよー。

 さて、かなり前置きが長くなりましたが…
 本日は冷蔵庫にも貼れるマグネット付きメッセージフォトフレームのご紹介です♪
 思わずニヤリと笑ってしまうようなメッセージや元気になれるメッセージ、ピースフルなメッセージなどが書いてあります。
 そのままインテリアとして飾っても、もちろんお気に入りの写真を入れてもOK!
 ギフトにもよく選ばれています(^.^)

各種マグネット付きメッセージフォトフレーム 各税込525円
BABYのフレームは画像を残す前にsold outとなりました。
ネコのフレームもsold outです。次回入荷をお待ちください<(_ _)>

(左上)TEACHER「To teach is to touch a life forever」
(右上)FRIENDS「Friends are the family we choose for ourselves」
子ども達のはじける笑顔が元気をくれます。
(左下)WEDDING「May you always find peace in living ,joy in giving and love in each new day」
(右下)「ネコの嫌いな人は 前世がネズミだったに違いない」

たたずむネコ。。。



立てたり、壁掛けにもできます。



  
コメント(0)mederu日記
祖父の経歴から。
 これまで、祖母のことは書いてきましたが、今日は祖父のことを書きます。
 というのも昨日、祖父のことで初めて知ったことがあったので。
 
 祖父は、私が小2の時に病気で亡くなりました。私は祖父が大好きでした。
 どちらかと言うと、姉がおばあちゃん子で、私はおじいちゃん子でした。
 共働きだった両親に代わり、いつも保育園に迎えに来てくれていた祖父。
 スラッとした長身で、フサフサの白髪にベレー帽をかぶり、ちょっと普通の“おじいちゃん”ではないカッコ良さがありました。
 当時の私は、怖がりなくせに怪談話しが好きで(あ!怖がりなハリボーの妖怪好きは私に似たんだ!)、夏のお盆の時期になるとやる怪談ドラマを、祖父の部屋で二人きりで、電気を消して体育座りをしながら見ていたのを覚えています。
 いつも私のことを「とこべえさん。」と呼び、すれ違う時に頭の上に大きな手をポンッとのせてくれていたのも思い出します。
 
 その祖父のことで昨日私が初めて知ったのは、今の東京芸術大学の前身“東京美術学校”を中退という経歴の持ち主だったこと。
 何だったか母と話しをしていて、私が「おじいちゃんは発明家だったよね。」と言うと、母が「そうよ。特許をたくさんとって。でもお金にはしなくて。芸術家肌の人だったのよね。東京芸大中退して…」と話し出したので、「えー!そうだったのー!?」と。
 母の話によると、絵が上手く、小説も書き、英語とドイツ語が話せ、様々なものを発明して特許をとっていた、マルチな人だったそうです。
 でも、特許をとるところまでは猛烈に頑張るのだけれど、それをお金にする段階になると熱が冷め、また次にいくので、企業に権利を取られたりして、実際にお金にはならなかったそう。
 そこが芸術家肌のところで、現実派な祖母はそういうところを嫌っていたそうで、母は「もっと理解ある奥さんをもらっていたら、才能を開花させたかもしれないわねー。」と言っていました。
 うーん、そう考えると“結婚”って重要だわ。

 中退のいきさつは…祖父は由緒ある家柄の長男だったので、厳格な両親は息子が芸大に通うのを“芸術なんかにかまけて!”と嫌い、反対を受け、中退させられたのだそうです。
 当時は今と違い、家、長男、といったことのしがらみが強く、反対を押し切ってまで通い続けるのが難しかった時代だったのでしょう。今の世に生まれていれば、好きなことができただろうに…。

 私の記憶にある祖父は、ネオン看板を作る仕事をしていて、いつも腕には火傷の跡が耐えず、無口だけど頑固なところがある姿です。
 そんな記憶の中の祖父にもそんな過去があったとは…誰しも人生はドラマです。

 芸大に通っていた祖父、親の反対にあい、好きなことをさせてもらえず中退せざるをえなかった祖父、超現実派で美しく賢い妻(今の祖母)と結婚したのも何かの運命(さだめ)なのでしょう。
 そして、母を含む4人の娘の父となり、特許をとってはそれを自分のものにはせず生活に必要なお金以外は手にすることなく、その間に戦争も経験し、やがて孫ができ、末孫(私)の保育園のお迎えの役目を務め、そして病気になって、近所の商店街がお祭りでお神輿をかついで賑わう中、あの世へ旅立っていった祖父。
 今は後楽園の近くの絶叫マシンからの雄叫びが聞こえる先祖代々が眠る墓地で、静かに(?)眠っています。
 そしてそこに、私や夫、ハリボーがお参りに行き、手を合わせる7歳のハリボーの中にも、その祖父の血は確実に流れている…。

 先祖、子孫、血のつながりというものを自分の身体の中に確かに感じ、何故か胸が熱くなるのでした。

  
コメント(0)mederu日記
nemu(ネム) スポット入荷です♪
 私はこれまであまり“流行りもの”にタイムリーにはまったことがなく、韓流ドラマのブームにものってきませんでした。
 それが、最近かなり気になる韓国グループがいます(#^.^#)
 今話題沸騰中の韓流グループ『ビッグ・バン』です。。。(http://ja.wikipedia.org/wiki/BIG_BANG) あぁ、書くとなんだか恥ずかしい…。
 韓国の若手5人グループで、歌もダンスもトークもテレビで2〜3回見ただけですが、どうやら好きになったみたいです。
 若者をかわいいと思って好きになるのは、おばさんになった証拠、と姉にも言われましたが、おばさんでもなんでもいいです!
 5人が5人ともそれぞれに個性があり、皆どこか上品で、雰囲気を持っています。
 5人とも好きですが、特にリーダーのG-DRAGON(ジードラゴン)が気になります。中性的な顔立ちに目が釘付けになります。
 興味のない方にはどうでもいい話でしょうが…メディアに出ていたら、“ああ、この人たちか。”とちょこっと注目してみてください!(^^)!

 さて本日は、nemu(ネム)の人気アクセがスポット入荷しましたのでご紹介します♪
 夏らしく、涼しげなカラーの一粒石ネックや、大きめのフープイヤリング、大人っぽいブラックオニキスのフープピアスなど…どうぞお好きなものをお選びください。

<一粒石ネックレス>
(左)ムーンストーン 税込2,100円
(中央)アマゾナイト&SV 税込2,310円
(右)アメシスト&SV 税込2,310円
<フープピアス・イヤリング>
(左)サンゴ・イヤリング 税込4,200円
(中央)ブルーレースアゲート・イヤリング 税込4,200円
(右)オニキス・ピアス 税込3,990円 

  
コメント(0)mederu日記
どうなの?薄型テレビって。
 本日は午後3時より営業しております。

 ところで先日、我が家のテレビが突然壊れたと、この日記にも書きましたが、画面が映らなくなって2日後、早速夫がビックカメラで薄型テレビを決めてきました。
 新聞紙を広げたくらいの大きさの画面だということで、ちょっぴりワクワクドキドキで、エコポイントもかなり溜まるし、何をもらおうか、なんて話したり…。
 そんな私たちの様子を見てか、壊れたはずのテレビが再び頑張り出し、全く映らなかった画面が映り出しました。
 そうなると、引き取り業者に出すのが惜しくなり…「他の部屋で使えないかなー?」「オークションで2万円位で売れないか。」など、あれこれ話し出しました。これを“欲が出てきた”と言うのでしょう。
 でも結局、40kgほどもあるから、どれも現実にやるとなると大変だろう、ということになり、ようやく諦めをつけ…本日新しいテレビくんがやってきました。
 夫も午前休をとり、立ち会っていました。
 
 やって来た作業員は2名。
 身体を動かして汗水流して働いている人特有の“爽やかさ”が感じられるお二人で、「持ち上げるよー!せーの!まわるよー!」などとお互いにしっかりと声をかけ合いながらテキパキと作業を進めていく姿を惚れ惚れと見ているうちに、設置完了!これがテレビか!と思うほど薄かったです。
 2名のうちの、かなり剃り込んだ坊主頭のほうの作業員の人が、テレビの後ろに入って配線などをつなぎ始めました。
 テレビの後ろから、たまに坊主頭だけが出たり引っ込んだりする様子は、まるで水平線から昇ったり沈んだりする朝日や夕日のようだ、とチラッと思いました。
 
 そしていよいよ“さて、どれだけきれいな映りだろう!”と楽しみに見ていると、なんか…暗い部分が緑色にチラチラしていて、夜光虫が這っているような映り…。
 もう一人の作業員が「…この映り、なんか変じゃないですか…?」と言い、坊主の人がテレビの後ろから出てきて、見て一言。「あ!初期不良ですね。おそらく、コンバーターの問題だと思います。」
 え〜〜!!(@_@;)
 でも、どうしようもない。交換品を待つ他無いじゃありませんか。
 …それなら、最後に頑張って力を振り絞っていた古いテレビくんをもう一回戻してもらおうとすると…かわいそうに…すでに外で雨に濡れていて、戻して使うのは危険だと言われました(T_T)
 
 結局、交換品が来るまで、このまま不良の薄型テレビくんを使うこととなりました。

 それにしても、初期不良というのはそんなにあるものなのか、と夫が聞くと、月に2〜3台はあるとのこと。
 坊主の人が言うには、「薄さを追及するあまり、それが裏目に出ているんだと思います。薄くするとそれだけ機材が干渉し合ったり、熱がこもったりするので。テレビ台に置けば、結局とるスペースは変わらないのに、何でメーカーもそこまで薄さにこだわるのかなと思いますね。」とのこと。
 …なんか、薄型テレビのありがたみが薄れてしまいました…。

 新しく最先端なら良いとも限らないということを改めて感じた我が家の小事件。
 そしてしばらくは、夜光虫の這う画面で我慢します…。

  
コメント(0)mederu日記
箱入りキーホルダー再入荷です♪
※明日7/8(水)は午後3時からの営業となります。

 今日は七夕ですね。
 姉は自分にとっての彦星である堅様(平井堅)に会うために河口湖に行っています。(ただコンサートに行っているだけです。)
 姉は平井堅の大ファンで、コンサートのために遠方まで行くこともありますが、好きなのは“歌を歌っている時の平井堅”限定だそうです。なので、平井堅の私生活にはあまり興味がなく、家を知りたいとか、同じ美容院や歯医者に通いたいといった普通の追っかけの人々の心理は分からないそうです。
 そういうのって、ありますよね。“この人がこれをしている時だけが好き”という条件付きの好きって。
 私の中での“織田裕二”もそうです。
 俳優として演技をしている時の織田裕二は好きですが、歌を歌っている時や世界陸上の時の織田裕二は特に見たくありません。
 それにしても、平井堅と織田裕二が好きな姉妹。。。友人に「姉妹で濃い顔が好きなんだね。」とサラリと言われた時には「そ、そうだね^_^;」と言うしかありませんでした。
 
 さてさて本日は、以前にも一部ご紹介したことがあります人気のキーホルダーが再入荷しましたのでご紹介です♪
 カエル好きさん、ネコ好きさん、イヌ好きさん必見です!

箱入りキーホルダー 各税込1,050円
 カエル好きさんは意外に(?)多い!
 ましてや王冠をかぶった縁起のいいカエルさんは、カエル好きさんへのギフトとしてもよく選ばれています♪
 色合い、形もかわいいです(^.^)



こちらは以前にもご紹介しました♥
「MY PET」と書かれた小部屋を開けると…


中から「ニャー〜!」


こちらはブルちゃんが「ワン!」
周りに自慢したくなっちゃう仕掛けです♪



全て箱入りなのでどれもギフトに最適です。



  
コメント(0)mederu日記
長生きの秘訣〜パートU〜
 長生きの秘訣については、以前にも日記に書いたことがありました。(2006年10月16日の日記でした!http://mederu.jp/step_blog/archive_139.htm)
 おしゃれな人には元気な人が多い→周囲の目を意識しているから→社会に参加しているから、といったことを書きました。 
 今日はまた別のこと。

 実家の今年94歳になる祖母は、年の割にはしっかりしている方だと思います。
 それでも、年相応の物忘れは当然ながらあり、二日に一回は何か捜し物をしています。
 つい先日は、1,000円が当たっているミニロトの券を失くしたと言って大変でした。
 この年でまだ一獲千金を狙っていることにまず驚きますがそれはさておき…。(ちなみに、最近の祖母はめったに外出しないので、ロトを買いに行くのは母です。)
 
 大事にしようと思うものほどしまい込み、どこにしまったのか忘れてしまうので厄介です。
 ハリボーの通信簿も自分が持って大事にしまっておくと言っていましたが、丁重にお断りしました。
 きれい好きだった祖母も、今では整理整頓の能力も落ち、いらない物(こちらからはどう見てもそう思える物)に囲まれて暮らしています。
 でも、人が自分の部屋に入るのを嫌うので(仏壇にお供え物とお線香をあげる時だけはスムーズに入室可)、私達も普段は見て見ぬふりです。(年に数回、これは…と思った時には姉が中心となって大掛かりな掃除をしますが。)
 そんな中、ハリボーだけは特別で今は出入り自由です。でもたぶんこれも今のうちだけ。ハリボーが可愛くて特別というのではなく、年齢的に小さく、まだ一人前の人間として見なしていないだけなので。そのうち、ハリボーもおん出されることでしょう。
 
 そんな状況の中、捜し物に協力しなければならない家族は大変です。
 しかも、年寄り特有の被害妄想的なものもあるので、「私がトイレに行っている隙に誰かが部屋に入ったのかもしれないわ。」なんてブツブツと言ったりしているのを聞きながらの協力です。
 時々、ハリボーも疑われています。「ハリボー君が遊びで使っちゃったのかもしれないわ。」なんて言われていて、「僕、知らないよ!」なんて怒ったりしています^_^;

 祖母がイライラすると、母もイライラし始め、イライラモードが家中に充満するのが私は一番イヤです。
 何も知らずに帰ると、既にイライラの空気が漂っており、その空気を一緒に吸わなければいけないから。

 結局、ミニロトは出てきました。
 祖母の部屋の机の奥に落ちていたそうです。
 布団か何かをバサッとした時に飛ばされて落ちた模様。
 きちんと、銀紙に包まれていたらしい。そんなことしたら、余計ゴミに見えるのに…。

 とりあえず、見つかるとこちらもホッとします。
 そしてホッとしたのもつかの間、また新たなる捜し物を捜す日々。
 これが、お年寄りのいる家の日常です。

 それにしてもウチの祖母は、北朝鮮からミサイルが飛んできたというニュースを聞くたびに、世を憂い、家族の中で一番ナーバスになっています。
 この年になっても、まだ怖いものがあるのか!?とただただ驚きです(*_*)
 祖母を見ていると、様々な煩悩がある人ほど、長生きをするのではないか、と思います。
 長生きをしたい方、長生きの秘訣は“煩悩”を持つことかもしれません!
 北朝鮮からのミサイルなどを我が身に降りかかる災難と捉え、悩み苦しんだりしながら長き良き人生を!
  
コメント(0)mederu日記
ニューフェイス!mignonne8(ミニョンヌ)のご紹介♪
 もうすぐ七夕ですね♪
 学校に貼ってあった七夕さまへのお願いごとに、ハリボーは「サッカー選手になれますように。」と、サッカーをやっている小2男子らしい願いごとを書いていました。
 本気でそう望むなら…まずは自分からボールを取りに行くことと、取りに来られた時に譲らない、という基本的なことから頑張って欲しいものです…。

 さて本日は、新しくmederuに仲間入りした作家さまをご紹介します♪
ブランド名『mignonne8』(ミニョンヌ8)、作家名『おくむらはつえ』さんです。
 “mignonne”とはフランス語で「可愛らしい」という意味。
 そんな“mignonne8”は、プリザーブドフラワーやアーティシャルフラワーを使用して可愛らしいアレンジ・アクセサリーetc...を制作されていらっしゃいます。
 「手にした方が、happyでステキな気分になれるモノつくりを心がけています。」というmignonne8の世界は、女性らしく可愛らしい、柔らかな空気をかもし出す…そんな作品たちです。
 ちなみに、mignonne8の“8”は読まなくても、どのように読んでも構わないそうですよ(^.^)
 また、おくむらはつえさんは、フラワービジネススクールにて学び、在学中にオランダへ短期留学しCEFヨーロッパフローリストディプロマを取得。オランダ人マスターフローリスト、レン・オークメイド氏に師事、その後、ホテルのブライダル・ショップ販売等を経験し、現在mignonne8としてご活躍中です。
 お花を知り尽くしたプロの目と腕だからこそ生み出せる繊細な世界をどうぞお楽しみください♪



紫陽花リース 税込2,100円
※こちらはsold outとなっております。
 いきなりsold outから始まりましたが…紫陽花のドライフラワーを使った雰囲気あるリース。
 また各種再入荷の予定ですので、お部屋の雰囲気作りにぜひどうぞ(^.^)



プリザーブドフラワーのコサージュ 各税込2,625円
 バラ、カーネーション、あじさい、ユーカリ…プリザーブドフラワー特有の生花のような風合いを残した優しい色合いのコサージュです。
 レースやリボン、フェルト、鳥の羽、布葉など…あらゆる素材を使って表情豊かに仕上がっています。









アーティシャルフラワーのコサージュ 各税込1,365円
 色鮮やかなアーティサルフラワー(造花)を使ったコサージュ。
 こちらはピンとピンチの両方が付いているのでヘアアクセとしてもお使いいただけます♪





アレンジメント 各税込3,675円
サイズ:容器の直径約8cm
 眺めているだけで幸せな気分になれちゃう♥そんなプリザーブドフラワーを使ったアレンジメント。
 箱つきなのでギフトにもピッタリです(#^.^#)



  
コメント(0)mederu日記
板橋から世界へ!
こちらをご覧下さい。↓


 中央公論が出しているフリーペーパー『中央公論Adagio』の6月号(http://www.adagio-tokyo.com/detail090601/index.html)の特集記事が「植村直己と板橋を歩く」でした。
 世界に誇る冒険家「植村直己」氏は、出身は兵庫県ですが、明治大学に通うために、板橋、しかもここ“仲宿”に住んでいたので、記事には仲宿についても取り上げられています。
 そして、この言葉にしびれました〜。↓
「中山道(なかせんどう)最初の宿場板橋から世界の極地へ」!

 “板橋”から世界へ、ですよ!
 “板橋”の橋も誇らしげに写っています。毎日自転車で通っている橋ではないように見えます。
 なんだか、板橋が世界デビューを果たしたような気分です♪(大げさ?)

 それにしても植村直己氏はすごい。
 世界初の五大陸最高峰登頂者。氷点下73度が記録されるほどの極寒の地で最後は消息を絶ってしまった植村氏。
 氷点下73度って…バナナで釘が打てるどころではない、バナナがどうなっちゃうのか想像すらできない世界です。
 そんな中を、たった一人で…。

 就職試験に失敗した若者が、周囲の反対を押し切って移民船に乗り込み、アメリカで職を見つけるが不法就労で捕まり…と、決して順風満帆とは言えなかった植村氏が日本を代表する冒険家になっていく…。
 この本の記事でも『経済発展の歯車に組み込んでもらえなかった若者が、レールを踏み外したがゆえに「世間を超越する己の人生」を発見できたのである。』と書いてあるように、本当に人の人生は最後まで分からない。
 こうなったら失敗でこうなったら成功、なんていうものではないのが人生なのだろうと思う。
 
 冒険家と言われる人たちは、なぜそこまでして…と思われる生き方を選択した人々。とても興味をそそられます。
 この記事の中で、夫婦でクライマーをしている山野井夫妻のコメントも載っていますが、妻の妙子さんの『死の危険≠求めているわけではありません。自分の力の限界への精神的・肉体的な挑戦です。そこで得られる満足感がもたらす「生きてる!」という実感。それが「自分の存在」を確認させてくれます。』という言葉を読み、漠然とですが“そうなのか。だからか。そうだろうな。”と思いました。

 夫、泰史さんの言葉も意味深いです。
「子どものころ聴いた植村さんの講演の「だれでも人生には冒険がある」という表現には反感がありましたが(笑)、当時、いろんな事情で講演を強いられた立場からそういう言い方になったのかもしれませんね。…当時、日本ではまだ大がかりなチームが主流でしたが、集団だと無駄なストレスが生じます。(冒険の結果、それが)本当にやりたかったことか、あるいは妥協の産物かは、最終的に本人にしか分からないことです。ぼくらは独りのアルパインクライマーとして、諸々の無駄を削ぎ落とした身で純粋に山に対峙したい。植村さんもそうだったのではないでしょうか。」

 芸術や教育もそうだけれど…商業ベースに乗せてはいけないものってありますよね。

 前にアルピニスト野口健氏が言っていたことも思い出しました。
「今の日本人はだいぶ変わってきたが、植村直己氏の時代は引き返せない、行くしかなかったのだと思う。“お国を背負って…”というようなものがあった。今でも、韓国の部隊などは引き返すべき環境でも、引き返さないで行き、命を落としている。欧米人は引き返す。イタリア部隊なんかは“もうやめておくよ♪また来年ね。チャオ!”と言って気楽に引き返している。」といった話。
 お国の違い、思想の違い、教育の違い…世界レベルで考えると何がスタンダードかなんて分からなくなってきます。

 またそんなことを考えていたら、今度は本田宗一郎氏の本で読んだことを思い出しました。
「ネジを締めている最中に休憩の合図のベルが鳴った時、最後までネジを締めてから休憩に入るのが日本人。鳴ったと同時に作業を中断して休憩に入るのが欧米人。その差があるうちは日本は勝てる。でも、欧米人が最後までネジを締めることを身につけたら、あのパワーにはどうしたってかなわない。あっちが真剣になったら、かなわない。」
 う〜ん、どっちがいいのか…。
 勤勉さとパワーを秘める大らかさ、両方をバランスよく兼ね備えることの難しさ。

 板橋から世界へ!なんてフレーズから、板橋の雑貨屋の店主があれこれ思ったことでした。。。

  
コメント(0)mederu日記
siesta(シエスタ) 新作アクセサリーのご紹介♪
 昨夜、突然リビングのテレビが壊れました!
 画面が映らなくなり、少したつと電源も勝手に切れてしまうのです。
 ここ最近ずっと音声の調子が悪く、スイッチを入れると最初音が小さくとてもテンション低めで、ボリュームを40位にしないと聞こえない状態でした。で、段々と調子があがってくると音も大きくなるので、テレビのテンションに合わせて音量を調節していたのですが、画面が映らないとなると…お手上げです。
 買い替えかぁ。予定外の出費ですぅ…(T_T) 今ならエコポイントが付くのかな?エコポイントなんて自分には関係ないと思っていたのに。。。

 さて気を取り直して!
 本日は、女の子に大人気♥元気が出るようなカラフルで楽しいデザインのアクセサリーを展開中の『siesta(シエスタ)』より、新作&再入荷作品が届きましたのでご紹介します♪
 今回はくるみボタンのキーホルダーや樹脂パーツのネックレス、Uピンなどなど…初アイテムも多数入荷です!
 暑い国でする昼寝を意味する“siesta”の、着けているだけで楽しい気分になるような夏のアクセたちをどうぞ〜。



くるみボタンのキーホルダー 各税込840円
※マトリョーシカ柄はsold outとなっております。
かわいいくるみボタンのキーホルダー♥
フック式なので、バッグやポーチに付けてもかわゆいですよ(#^.^#)



お花と蝶のUピン 各税込735円
夏のまとめ髪にぴったり!
透明感ある樹脂でできたお花や蝶のUピンです。
浴衣にも合いますよ♪



お花と蝶のヘアゴム 各税込735円
こちらもありそうでなかった樹脂パーツがついたヘアゴム。
着けると目を惹く可愛さです♪



お花と蝶のネックレス 各税込1,260円
こちらも初アイテム!
透明感ある樹脂パーツのネックレスです。
キラキララメやビーズもついて華やかさのあるネックレスです(^.^)



 その他、人気のピアスやイヤリング、ヘアピン、くるみボタンブローチ、くるみボタンチョーカーも再入荷しております♪

各種ピアス・イヤリング 各税込945円〜1,260円
※上段左の2つ(大きめピアス税込1,260円)はどちらもsold outとなっております。



各種ヘアピン 各税込420円〜630円
色とりどりのお花や蝶のヘアピン多数入荷です!



各種くるみボタンブローチ 各税込945円
ストール留めや帽子、バッグなどに!



くるみボタンチョーカー 各税込1050円
かわいい柄からシックな柄もあるので、幅広い年齢の方にギフトでも人気のチョーカーです♪



  
コメント(0)mederu日記
参観保護者会と給食試食会
 ハリボーのペンネーム“ゴードン”の正体が分かりました。
 ポケモンではなく、『ペンギンの問題』に出てくる裸の紳士“渡辺ゴードン”(http://www.shopro.co.jp/tv/penguin/chara/index.html)なる人物からとったものでした。
 ハリボーの中では、面白さでかなりな高い位置にいるキャラクターなのでしょう。

 ところで昨日は、ハリボーの学校の参観保護者会でした。授業参観の後、保護者会があるというそのまんまのものです。
 この時期は授業参観と保護者会がやたら多い気がします。
 
 授業参観では、“町探検”の発表。自分達で町のことを調べ、一人一人発表するというもの。
 一年生の時と比べると、皆顔つきもしっかりし、ぐんっと成長していました。子どもは一年で変わるものだなぁ。。。

 ハリボーは“町のスポーツ用品店”について調べたことを発表。
 グローブが50個、バットも50本あることや、店に犬がいたこと、犬がいるとは思わなかったこと、その犬が奥にいったりして可愛かったことなどを発表していました。
 やや犬の情報が多し。声の大きさなどは普通でした。

 印象に残った発表は、ある保育園についての発表。
 「子どもがいました。」と子どもが発表していました。
 “プールでは子ども達はみんな裸だった、屋上でも裸だった。どうして裸なのかと聞いたら、「まだ自分で着替えられないからよ。」と保育士さんが言っていた。”という内容で、自分で着替えられない子どもたちが、裸で元気に遊んでいる姿が目に浮かぶような発表でした。

 お嬢様キャラの子は、字をチラッチラッとしか見ずにほとんど正面を向いて、女子アナのように発表していたり、その子その子の個性が出ていてよかったです。

 今日は学校の話なので、先日行ってきた“給食試食会”についても書いちゃいます。
 給食というのは、本当にありがたいで制度です。栄養のバランスの考えられた、安全で美味しい食事を毎日用意してくれるなんて!

 まずは給食についての講義から始まりました。初めて知ったことも色々あり、よかったです。
 校長先生と副校長先生は、生徒達よりも30分早めに食べ始めて、その日の給食に問題がないか“検食”しているそうです。副校長先生は「お腹が空いて先に食べているわけではありません。それだけは毎年言わなければ!と思います。」とおっしゃっていました。
 
 席はくじ引きで、他学年のお母さん方と話せたのもとてもよかったです。
 中には、仲良しの人と食べられないから…と敬遠して申し込まなくなる人もいるとか。もったいない…。
 
 その日の献立は、きなこ揚げパン、ワンタンスープ、冷凍のモモ、牛乳 でした。
 その日は雨で肌寒かったけれど、デザートは冷凍のモモで、持つ手がかじかみました。献立は一ヶ月前に決めるそうなので、仕方ありません…。
 私が「知覚過敏の人には辛いメニューですね。。。」と言ったら、周りの人たち、笑ってくれたのでよかったです。
 きなこ揚げパンは非常に食べにくいということで、ビニール袋が配られて、ビニールにパンを入れて、先を少しずつ出しながら食べました。
 確かに、食べにくい。どんなに上手に食べても必ずきなこが落ちる。口の周りにもつく。鼻についているお母さんもいました。
 子ども達は、そんなこと気にせずに、きっときなこまみれになりながら食べているのでしょう。

 一緒の席になった4年生の子のお母さんは高校生になる子もいて、その子が小学生の時から、来られる時には必ず来て、もう数え切れないほどの給食を試食してきたとのこと。
 「これまではキムチチャーハンが多かったけど、きなこ揚げパンは初めて!」と言っていました。給食試食会の達人です!

 学年が上のお母さん方の話は面白かったです。
 学校には色々なタイプの先生がいて、“昭和な感じの先生”など。
その先生は、班の中で一人でも宿題を忘れてきた子がいると、班全体の連帯責任にして、皆を猛烈に怒るのだそう。でもそのおかげで、子どもは宿題をやる習慣がついたそう。
 上の子の時の先生は、全く宿題を出さず、ドリルなどをやらなくても何も言わない先生で、子どもは本当に勉強をしなくなり、“バカになった”と言っていました。
 でも、そのお母さんの話し方には嫌味がなく、面白い話し方をする人で好感が持てました。話し方は松野明美さんに似ていました。
 
 もう一人のお母さんの話では、今の担任の先生は25歳で既に結婚していてとてもきれいな女性で、最初は若くて心配したけれど、とてもしっかりした先生だそう。
 特に男子の扱いがとても上手く、難しい男子のことも手のひらの上で転がしているといった風らしい。
 私が「それはやっぱり、顔がきれいだから…?」と聞いたら、「どうなんだろー?それもあるのかなー?」と笑っていました。
 “あると思います!”

 そんなこんなで楽しい給食試食会でした(^.^)
 集団で一斉に「いただきます!」「ごちそう様でした!」と声を合わせて言ったのは本当に何年ぶりかで、新鮮な体験でした。
  
コメント(0)mederu日記
nemu(ネム) 新作アクセサリーのご紹介♪
※明日7/1(水)はお休みです。

 今朝、ウチのかぶと虫のサナギが成虫になりました。メスでした。
 私は何故か“かぶと虫といえば立派なツノがあって…”と、勝手にオスのイメージを抱いていたので、ハリボーに「メスだったね〜。」と同情するように笑って言ってしまったら、ハリボーは「何で笑うの!(`´)」と怒っていました。
 そうですよね。。。私が悪かった…。男尊女卑(雄尊雌卑)な発言をしてしまって。
「そうだよね、メスでもいいよね。どっちだって同じだよね。ごめんね。お母さんが悪かった。」と謝りました。
 とても反省しました。
 
 さて本日は、新しく仲間入りして既にファンができております、繊細で女性らしいデザインで人気のnemu(ネム)より、新作&再入荷アクセサリーのご紹介です♪
 ターコイズやパール、透明感のある天然石を使ったものや、人気の一粒石のネックレスも再入荷しております!
 どうぞnemuの夏アクセサリーで素敵な夏をお過ごし下さいませ(#^.^#)

(左)ターコイズとオニキスのブレス 税込2,100円 
 ※こちらはsold outとなっております。
(右)ターコイズとオニキスのネックレス 税込2,100円
 涼しげなターコイズブルーとオニキスのブラックがアクセントのブレスとネック。
 白く見える部分は、砂のように不規則な形のシルバーカラーのパーツなので、キラキラと輝きます♪



<フープピアス> 
淡水パール、アメシスト 各税込3,675円
ガーネット 税込4,200円 
※画像にはありません。こちらはsold outとなっております。
丁寧に一粒一粒天然石を並べたフープピアス。
着けるとまたとってもかわいいデザインです♪
<リング> 各税込1,050円
淡水パールを使ったシンプルなリング。
服装を選ばずにお使いいただけます。



(左)タンザナイトのアメリカンピアス 税込2,730円
(中央左)タンザナイトのシルバーネックレス 税込2,625円
(中央右)淡水パールとガーネットのネックレス5,250円
(右)淡水パールのブラウンネックレス3,995円
 アメリカンピアスはチェーンの揺れる感じがかわいいピアス。タンザナイトの色合いはこれからの季節にピッタリです♪
 淡水パールとガーネットのネックレスは、後ろに一粒真紅のガーネットが付いているちょっぴり大人な雰囲気です。ピンクの淡水パールとガーネットのブレス(税込2,940円)も入荷しています(^.^)
 ブラウンネックレスは、落ち着いたベージュブラウンの大きめ淡水パールを細めのチェーンでつなげた少し長めのネックレス。大人かわいい雰囲気です♪



(左)貝殻パーツ&パールとレースのブックマーク 税込1,260円
(右)貝殻パーツ&パールとレースのストラップ 税込1,680円
こちらは初アイテムの2点!
ガーリーな雰囲気たっぷりでギフトにも最適です♥



  
コメント(0)mederu日記
ペンネーム”ゴードン”
 昨夜ハリボーが「お母さんは僕とお店とどっちが大事?」と聞いてきてドキンっとしました。
私:「もちろん、ハリボーだよぉ。」
ハリボー:「僕より大事なものは何?」
私:「うーん、ハリボーより大事なもの…ないかも。ハリボーが一番大事だよ。」
ハリボー:(ちょっと安心したように)「ふ〜ん。」
私:「何で急にそんなこと聞くの?」
ハリボー:「うーん…。」(説明できなそう。)
私:「なんか心配になっちゃったの?」
ハリボー:「うん。」(と言って抱きついて甘えてきました。)
私:「お母さんはハリボーが一番大事なの!ハリボーのためにお店を休むこともあるでしょ?」
ハリボー:「うん。」
私:「ハリボーの大事なものは何?」
ハリボー:「うーん…家族かな。…と火力。火の力(^.^)」(“かぞく”と“かりょく”をかけた。)
私:「出た!ハリボーの親父ギャグ!」
ハリボー:「うふふ…(^.^)」
 そんな会話をしました。
 子どもって、時々ドキッとする質問をしてくる時がある。
 ここ最近、セールで忙しかったりでハリボーのことは二の次になっていたからそう感じたのかなー?など考えてしまいました。

 子どもと親の関係って、一つとして同じものはないと思う。その子とその親にしか分からない関係性があるということ。
 自分のために全てを犠牲にして尽くしてくれた母に感謝する子もいれば、岡本太郎のように、創作活動のために自分を柱に縛りつけた母に対して、“天真無垢で純粋な素晴らしい母親だった”と言っている例もある。
 その子が最終的に大人になった時に“まぁ、自分にとってはこの親でよかったかな。”と思ってくれれば、親としては本望な気がします。

 そんなハリボーですが、一昨日は見るからに充実感に満ち溢れた顔をしていました。
 それは、これを仕上げたから。↓


 私には全然意味の分からない絵です。
 『イナズマイレブン』というサッカーのアニメに出てくる技だそうで、ハリボーのバイブル“コロコロコミック”と自分の記憶をたどりながら、60種をカレンダーの裏に描き出してみたのだそう。
 夕飯を食べる時間も惜しんで描き続け、実家では描き終わらずに「まだやりかけだから。」と仕事を持ち帰るサラリーマンのようにカレンダーを小脇に抱えて持ち帰り、自宅でも描き続け、描き終わった時には「ハアー、やった!終わった!」と思わず感嘆の声をあげていました。
 その後もずっとニコニコ上機嫌。重大な仕事をやり終えた後という顔をしていました。
 これはハリボーの“仕事”だったようです。誰も頼んではいないけれど。

 ハリボーの“夜の家での自由時間”の過ごし方はだいたい、何かコチョコチョと描いているか、コロコロコミックor学校から借りてきた本を読むか、レゴクリエイターを作っているか、ブラックジャックのDVDを観るか、のいずれかです。一人っ子なので一人遊びが多いです。
 最近描いてちょっと笑えた絵。↓

「こわい文具です。」と書いてあるところが笑えました。

ちょっとアップ!
目がついた文具たち。不適な笑みを浮かべながら…ハサミはシャカシャカと威嚇しています。



“修正液”はキャップが目。確かに、“こわい文具です。”



ドリルの落書き。↓

猪木さんの「元気があれば何でもできる!」という言葉は、真実だと思う。
 ちなみに、藤原紀香と離婚した陣内は、この言葉に救われたそう。

 毎月、『コロコロコミック』の懸賞を欠かさず出しているハリボー。↓

 このハガキには「一番面白かったページ」や「一番感動したページ」を書くところがあるので、これを見るとハリボーの志向が分かります。
 だいたい面白かったページは『ペンギンの問題』(http://www.shopro.co.jp/tv/penguin/)というギャグ漫画(死語?)から選んでいて、感動したページでは、『イナズマイレブン』(http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/inazuma/)の中のシュートを決めたページを選んでいます。
 “一言コメント”のところでは、「ベッカムオモロー」と書いていますね。
 “ベッカム”とは、そのギャグ漫画『ペンギンの問題』に出てくるおバカなペンギンの名前です。
 そして、ハリボーのペンネームは“ゴードン”(ポケモンのキャラ?)らしいです。 「とうきょうと/ゴードン」と書いています。

  
コメント(0)mederu日記
moriaki(モリアキ) 自然素材の新作アクセサリーのご紹介♪
 昨日やっていた『すべらない話』でMVPをとった“ほっしゃん。”の話(嫁がガス代を“がすよ”と読み、浮気相手だと勘違いしたという話)を聞いていたウチの夫が「としとし(注:ホントはこんな甘い呼び方はしていませんよ。)もやりそう…。どっかの世界へいっちゃって、こっちが思いつきもしない発想をして、こっちが混乱するような…。」と言っておりました。“え?私ってそうなの?”とちょっぴり衝撃でした。

 さて本日は、お久しぶりのmoriaki(モリアキ)より、自然素材を使用した新作アクセサリーが入荷しましたのでご紹介します♪
 ただいま、ブライダル関係の注文でご多忙中とのmoriakiさん。これまで展開していた押し花作品を少しお休みして、今回は自然素材のアクセたちです!
 植物の実や、貝殻、貴石やパールなどの自然素材を使用し、『大地のちから、海の明るさを感じられるモチーフを、ビーズやレースと組み合わせ、可憐なラインを目指して作っています』というコンセプトで新たに展開です♪
 moriakiの制作は、植物を自らの手で育てるところから始まります。
 手間と愛情と時間をかけて作り上げられた“moriaki”の世界をどうぞお楽しみ下さい…。

ジュズ玉とリボンのネックレス 税込1,890円
 イネ科植物の“ジュズ玉”と繊細なグレーリボンを使用したネックレス。
 ジュズ玉の自然な光沢とビーズの輝きがマッチしたガーリーでエレガントな作品です。





ジュズ玉のロザリオネックレス 税込1,890円
 ロザリオ、本来は協会でお祈りの回数を数えるためのもので、59個の玉とクロス、メダイ(連結部分に使われる)からなるものだそうですが、こちらはデザインネックレスとしてのロザリオです。
 上品な色合いで服装を選ばずにお使いいただけます(^.^)





ジュズ玉のブレスレット 税込850円
ネックレスとお揃いで着けたくなるジュズ玉のブレスレット。
ぐるぐると二重に巻いて、動きもお楽しみください。



ジュズ玉のキラキラネックレス 税込1,260円
ジュズ玉とキラキラパーツで上品な華やかさ♪





ハードシードの携帯ストラップ 各税込630円
 フウセンカズラの種とビーズやレースを組み合わせた優しい華やかさのあるストラップ。
 フウセンカズラの種は、実についていた部分が白いハート型になっていてかわゆいのです(#^.^#)



  
コメント(0)mederu日記
夜、女同士の会話から。
 3周年記念セールも残すところあと4日です!毎日たくさんのお客様に来ていただいて…ありがとうございます!

 ところで昨夜は、中学時代の友人Tちゃんと、同じく中学時代の友人で昨年第一子を出産したYちゃんの家にお邪魔して、赤ちゃん(女の子)とご対面してきました。
 女の子は身体のお肉がふわふわしていて、お肌のキメも細かくスルスルで、ムニュー!としたくなるかわいさでした(>_<)
 いいなぁ、いいなぁ、女の子。男の子も面白くてかわいいけど、女の子もいいなぁ。かわいい服を着せたり、一緒にお買い物に行ったり…。夫は絶対にメロメロになること間違いなしです。

 その後はTちゃんと板橋区役所前駅近くの小鉢料理屋『ままや』で夕飯を食べながらおしゃべり。
 夜の気の知れた女同士の会話は毒っけに満ちています。
 なかなか運命の赤い糸の相手と巡り会えないという独身のTちゃんは「気に入ってくれるのは皆、気のいいオジサンばかり。それは私の中身がオジサンだからなんだよね。オジサンは私と話すと、オジサン同士で話しているみたいで、自分を映す鏡のようなんだと思う。」と言っていました。
 私も否定せず、「うん、確かにTちゃんも私と同じで、見た目とのギャップがあるよね。」と言いました。
 Tちゃんは、見た目は小柄で女の子らしく“乙女チック”な雰囲気なのですが、話すと、“新橋辺りで部下の愚痴を聞きながら諭す部長”みたいな貫禄があるのです。
 なので私同様、よく「見た目と違うね。」と言われるそうです。
 付き合った男の人からも「もっと甘えて欲しかった。」などと言われるそう。

私:「私も前に付き合ってた人から“君は一人でも生きていけるよ”って言われたことがあるよ。だから“うん、確かに。”って言ったの。」
Tちゃん:「アハハ…。としとしらしい。」
私:「その人は最初から“君を守る”みたいなのが好きな人で、カセットテープに色々な曲をダビングしてくれたりしてたんだけど、ほとんどが“君を守る”みたいな歌詞が入った曲だった。“Get Along Together”とか。若かったんだと思う。」(※“Get Along Together”はいい曲だと思います。)
Tちゃん:「そうそう、大人で強い人は普段からそういう言葉をあまり言わないよね。だいたい“守る”とか簡単に言う人は、自分が守って欲しいからそれがいい事だと思って言うんだよ。守るとか言う前に“しっかり働けよ!”って感じだよ。」
私:「アハハ…。私も“別に守って欲しいとは思わないんですけど…”って感じだった。」

 ね?可愛くない会話でしょう?でも、夜の女同士の会話はこんなもんです。
 
 ”守る”という言葉自体が悪いわけではありません。良い使われ方をしている時もあると思います。
 …例えば、皇太子様と昌子様の婚約会見(?)か何かで「一生お守りします…。」という言葉があったけれど、ああいう立場の方の“守る”の意味は深いと思う。
 バックに何か大きな黒幕が潜んでいたり、自分の力ではどうにもできない制度のようなものに縛られていたり、戦争などの非日常的な状況下での“守る”という言葉は、真に意味のある言葉になると思う。
 あと、親が子どもを守る、といったように、立場の弱い人間を強い人間が守るというのもあるだろう。
 よく相手を知りもしないで、“この人は弱い人。だから守ってあげよう。”という勝手な決め付けと思い込みと自己満足から出る安易な“守る”は、必要ありませんよ、というのが私とTちゃんの思いです。
 
 先日友人が「西原理恵子はね、自分は家にいて1,000万円稼いでくるダンナとの生活より、夫婦共稼ぎで500万円の生活のほうがいいって言ってた。」と話していたけれど、その西原理恵子の選択が信じられないという人もいるだろう。私はよぉく分かる側だけれど。
 そう、人のタイプって“生き方”“感じ方”の違いなんだと最近よく思います。

  
コメント(0)mederu日記
一言!
 今日は時間がありません(>_<)

 一言だけ!
 マイケルジャクソンの幸・不幸は彼にしか分からない、と思います。

  
コメント(0)mederu日記
PIANURA(ピアヌーラ) 新作バッグのご紹介♪
 昨日は、ハリボーの学校の“給食試食会”に行って給食を食べた後、仕入と秋冬物の展示会に行ってきました〜。
 試食会、なかなか面白かったです。それはまた今度。
 仕入れは品薄になっていたものの補充などなど…また店頭に賑やかに並びます♪
 秋冬物の展示会では、“渋かわいい”をテーマに、バッグや帽子、小物をたくさん発注してきましたので、今年の秋冬もどうぞお楽しみに〜(#^.^#)(って、まだ梅雨なのに…?)

 さて本日は、お久しぶりのPIANURA(ピアヌーラ)から、新作バッグが2点入荷しましたのでご紹介します♪
 PIANURAさんのお久しぶりの理由は…めでたく第二子のお子様のご出産でした!
 つい先日の納品の際もベビーカーに載せて連れてきてくれて…新生児特有の癒しの空間に、私もスタッフKちゃんも“懐かしい〜”(~o~)
 小さなお子様が二人もいる中での作品作り、さぞかし大変だったと思います! 
 それでも、変わらず丁寧なお仕事とPIANURAのテイストは健在です♥
 それでは、草原の風を感じるような…PIANURAの世界をどうぞ…。

サークルハンドルバッグ 税込2,415円
サイズ:縦(持ち手含まず)30cm×横(最大部分)40cm
夏の旅行のセカンドバッグにどうですか?涼しげなカラーのバッグです♪
かわいいテープがアクセント♥


中にはポケットも付いて便利♪



グリーンドットのラミネートミニバッグ 税込1,890円
サイズ:縦(持ち手含まず)18cm×横22cm
ハンカチ、お財布、携帯入れて、ちょこっとそこまでお買い物、にとっても便利♪
レース使いがガーリです(#^.^#)


内布も上品なクローバー柄でかわゆい♥



  
コメント(0)mederu日記
マンション冊子の取材から
※明日6/24(水)はお休みです。

 今日は午前中に作家さんが一人と、午後からマンション広告の取材、その後別の作家さん、と、人に会うスケジュールの多い一日でした。
 “マンション広告の取材”とは、近隣に建設中のマンション会社が広告用に配る冊子にmederuのことも載せてくれるというもので、これまでにも度々受けてきました。
 こちらから依頼して載せてもらうような広告ではないので、無料でmederuについて紹介してくれるという、こちらにとっても悪い話ではない類のものです(^.^)
 “近くにはこんな商店がありますよ〜。このマンションに住んでみませんか〜。”といった冊子なので、ここ仲宿商店街からも何店かがピックアップされて載るものです。

 これまでの取材はお店中心で、店の外観や商品の一部を撮影していって、簡単な紹介文が載るというものでしたが、今回はちょっぴり趣向が違うらしく、“板橋らしさ”をテーマにしたマンションということで、冊子も“こだわりの店”というところで、オーナーにもスポットをあてたものになるということでした。

 そして先日、その冊子の編集者(話しやすい女性の方)が来店し、「ブログを拝見し、オーナーさんのこだわりが十分に伝わってきました。ぜひ取材を!あのブログだけで記事が書けそうでした(^.^)」なんて言われました^_^;
 そばで聞いていたスタッフKちゃんも後から「ブログだけで記事が書けそうだっていうところ、笑えたよね。」と言っていました。

 そして、つい先日カメラマンも来て外観を撮影していき、今日は内観と商品と、そしてわたくしの顔まで!(*_*)撮影していかれました。
 今回はオーナーの顔も撮る、と聞いてはいたのですが、パシャッと1〜2枚撮って終わりかと思ったら…カメラマンさんが「いいですよ〜いいですよ〜!」と、まるでグラビアアイドルの写真を撮るような声をかけるもんだからもう笑ってしまって…。 笑ってる間も、パシャパシャと連写をしていたので、目をそむけたくなるような写真もありそう…(怖)
 編集者も「脱がないで下さいね。」なんて言っていました。
 今日もスタッフKちゃんが来てくれていた日で、ロールカーテンの裏にいたので、「絶対スタッフも裏で笑ってますよぉ。」と言ったら、編集者も「プルプル震えてますね。」と言っていて、そのやり取りを聞いていたKちゃんは笑いながら出てきていました。

 取材自体は、気さくな話しやすい女性編集者だったということもあり、世間話しをしていたら終わった、という感じでした(^.^)

…と書いていたら、今さっき編集者の方が職業柄必須アイテム!“書きやすさ抜群のボールペン”を買いに来てくださり、また色々とお話ししました♪
 その方も組織を飛び出し、今はフリーで動いている方で、何か感覚的に近いものを感じたのか、「組織から飛び出した者たちには“共通言語”みたいなものがありますよね。分からない人たちには決して分からない。“何をそこまで…”と言われるような…。」というようなことをおっしゃっていました。
 それってあるな。だから“類は友を呼ぶ”と言うのか。同じ感覚で言語が交わせる者同士だから、自然に寄り集まってくる。

 そんなことも思った今回の取材でした。。。
  
コメント(0)mederu日記
SAS II ROから…お知らせです。。
 さて本日は…皆様に一つ残念なご報告があります。
 これまで、オブジェのようなモダンなデザインで人気を集めてきた北国生まれのブランド『SAS II RO』(サシイロ)ですが、作家さまのご家庭の事情により制作を中断されることとなりまして、mederuでのお取り扱いも今月いっぱいを目途にいったん終了することとなりました。
 そこで、現在ある作品を30%OFFにてご提供させていただきます。
 SAS II ROファンのお客様も多かったので、ご本人のご了解のもと、この日記の中でもご報告させていただきました。

 北海道札幌市在住のSAS II ROさんとは、直接お目にかかったことはございませんが、頻繁にメールでやり取りをさせていただいておりました。
 札幌雪まつりの画像や北海道の素敵な絵はがきを送っていただいたり、互いの暮らす地域の気候の違いを感じ合ったり、人生の先輩としてのアドバイスをいただいたり…。

 SAS II ROさんも、“一度も行ったことのない板橋区、商店街、そしてmederu、ハリボーなど…、不思議な位、愛着をもっていた…”とおっしゃってくれていました。
 mederuでの作品展開も、楽しい仕事と感じて下さっていたようで、継続したいという気持ちも残しつつ、色々と考えられた末の今回のご決断、ということでした。

 私としてもとにかく残念で仕方ありませんが、SAS II ROさまのこと、現在の状況と今後について、考えに考えられた上でのご決断であると察し、理解いたしました。

 どうぞ、残りわずかな期間ではございますが、SAS II ROの素敵な世界を感じ取っていただけましたら…私も幸せです。。。

 
 そして、いつの日かまた、再開の時が来ることを、mederuオーナーとしとしは、いつまでもお待ちしております…。
  
コメント(0)mederu日記
学童の個人面談
 今日も雨があがったら大忙しで、なにやらまとまりのつかない文章になりました〜(*_*)

 今日は午前中、ハリボーの友達からハリボーあてに遊びの誘いの電話があり、待ち合わせの約束をしていました。
 これまでは、突然遊びに来たりはあったけれど、事前に電話がきて、時間と場所を決めて待ち合わせをして遊ぶということはなかったので、嬉しいような、心配なような(ちゃんと約束通り会えるのか?といった心配)、親の組む予定通りには進まなくなる面倒臭さといったような…複雑な心境に一瞬ですが、なりました。
 自転車に一人で乗れるようになった時にも“ハリボーの世界は広がったなぁ”と思いましたが、今回もまた、ぐんっと広がった気がします。
 時計が読めるようになったのも大きいです。学ぶということはすごいことです。
 これからどんどん、ぐんぐんと広がっていく、ハリボーの世界!

 先日あったハリボーの学童での個人面談の中でも、子どもの世界の広がり方について話しました。
 私が、「子供同士で待ち合わせをして遊ぶことなどが周りを見てもまだあまりないようで、自分が子供の頃と比べると遅れている気がするけれど、今は事件も多い世の中だから仕方のないことなのか、ある程度最初は親が介入して導いてやっていくべきものなのか…その辺はどうなんでしょう。」と聞いたら、学童の指導員の先生は「男の子はある時期にズドーンと縦に世界を広げることがあります。女の子は、徐々に横に裾野を広げていってコツコツとコミュニティを作っていくという感じなんですけど、男の子はある時、ズドーンと。その時期がきたら、親が止めても行きますから!それが3年生だったり、4年生だったり、人によってバラツキはありますけど、そう遠くない話ですよ。」と言っていました。
 なるほど、放っておいてもその時期はいずれ来るのか、と思っていたら、今日の友達からの電話だったので、着実にその“ズドーン”に向かっているのか!?

 ちなみに学童の面談からは、特にハリボーの意外性はなく、今のところこちらが思っている感じの過ごし方をしているようでした。
 その時のメモによると…
 「自分からぺらぺら話すタイプではないが、行動で示すので、思っていることは分かる。」(ハリボーは結構分かりやすい。顔にも出るし。)、「自分からいくほうでなく、人に譲ってしまうところはある。サッカーでも、ボールをとりに来られると、譲る。」(サッカーで譲ったら…(-_-;)それって試合の時でも見られたハリボーの難点。スローインなども自分からはやらないし…。)、「目立っているわけではないけれど、存在感はちゃんとあって、信頼されている。友達ともすごくよく遊んでいる。」、「返答が楽しみ。どう返ってくるか、と。で、こう返ってきたかー!ということがある。」、「彼の冷静で慎重なところに指導員も助かっている。かといって子どもらしくないかというとそんなことはない。」、「サッカーは習っているだけあってパスまわしなど上手い。3年生同士の“取り取りジャス”でも、“こいつはボールを持たせさえすれば使える”と思われているようで、早い段階で取られている。」(“取り取りジャス”って、昔からあった!あれって、結構残酷。代表者同士がジャンケンをして、欲しい人から取っていく。残される子はいつも決まってたりして、「えー?コイツとコイツかぁ。じゃあ、しょうがないからコイツ!」なんて選ばれ方したりして…。でも、ある時人気が逆転したり。)、「内輪では“面白い奴”という評価のよう。でもあくまでも内輪の一部の中での評判という感じ。“悲しげに咲く花に、君の面影を見た…”なんていう歌を小さな声で歌って周りを笑わせたりしていた。おおっぴらには表さない。でももしかしたら根っからのエンターテイナーなのかもしれない。」(それは大げさです。でも“地味に面白い奴”です。そしてその歌は、ブラックジャックの主題歌です。)、「絵が好きだとお母さんから聞いたことがあるが、学童では描かない。ブロックのほうに熱心。」(ハリボーのこだわりか!?とにかく図画工作好きなハリボー。)。
 それと、私が「ウサギとカメでいうと、ウサギタイプのところがあって、そこそこ器用にできるもんだからその後努力を怠り、結局伸びない、といった所があります。けん玉も、全然家で練習していませんでした。」と言ったら、「子どもはどこでスイッチが入るか分かりませんよ。最初そうでも、卒業する時に一気にがんばる子もいますし。見守っていきましょう。」なんて言われました。
 
 学童の個人面談は年に一回。2年生からは希望者のみで、指導員側としては全員とやりたいそうですが、希望者は少ないとのこと。
 今回の面談でハリボーがお笑い好きだと話したら、「そうなんですか!今度本人にも聞いてみます。やっぱり面談って必要ですね!」なんておっしゃっていました。
 そして後日、連絡帳に”「お笑い番組、好きなんだって?」と聞いたら、「見ない。」と軽く言われてしまいました。”と書かれてあったので、ハリボーに「なんでそう答えたの?」と聞くと「エンタの神様とか最近見てないから。」と言ったので、私からまた連絡帳に”エンタの神様を最近見ていないからそう答えたそうです。でもイロモネアなど、見ています。”と書いたら、”イロモネアですか…。今度さりげなく聞いてみたいと思います。”と書いてありました。
 そんな収穫のあった(?)個人面談でした。

  
コメント(0)mederu日記
フルーツピックのご紹介♪
 昨夜はお店を閉めてから、夫、ハリボーと一緒にホタルを見てきました♪
 板橋区には、知る人ぞ知る『板橋区ホタル飼育施設』(http://www.ita.ed.jp/ecopolis/hotaru/)なるものがありまして、ホタルマニアの中では結構有名な施設のようです。
 夜間特別公開の初日ということだけあって、とても辺ぴな所にあるにも関わらず、家族連れや遠くから来てそうなラブラブカップル(死語?)まで、大勢の人が集まっていました。
 昨日はゲンジボタルの日で、ボワーと暗闇を飛び交うホタルはとてもきれい(#^.^#)手を伸ばすと、指先にとまってくれて、ハリボーも眠い目をこすりつつも楽しそうでした。
 7月にもヘイケボタルの夜間特別公開日があるようなので、ご興味のある方はぜひ行ってみられては?
 あ、でもデートスポットとしてはどうかな?本当に洒落っ気のない”研究所”で、説明もマニア向きです(^.^)

 さて本日もちょこっとのご紹介で失礼します<(_ _)>

 ギフトとしても人気のある“フルーツピック”です♪
 リンゴの形、イチゴの形、洋ナシの形、バナナの形など、その時々で種類を変えて入荷しております。
 今回は、ちょっぴり甘いデザインの“イチゴジャム”バージョンです。
 こんなピックでフルーツを食べたら、楽しいですよね♪食卓を明るくしてくれますよ♥
フルーツピックセット〜ストロベリージャム〜 税込1,575円



  
コメント(0)mederu日記
開校記念日の一日
 今日もセール2日目ということで忙しく時間が過ぎております♪

 さて本日は、一昨日のハリボーの開校記念日の一日でもって失礼します<(_ _)>

 朝の番組で、渋谷の文化村で開催されている『だまし絵展』を紹介していたら、そういうのが大好きなハリボーが「行きたい!」というので、行ってきました。
 渋谷のスクランブル交差点は、平日にも関わらず人がいっぱい。ハリボーは「山がない所に人は多いんだよ。」とつぶやいておりました。
 “だまし絵”というと、よく観光地にあるようなトリックアートの館を想像していましたが、そういうものとは違っていました。

 世界各国から集められた“だまし絵”を、その絵が描かれた背景や技法も含め紹介していて、中には“ダリ”など有名画家のものもあり、普通に大人が観て楽しめる絵画展でした。
 ハリボーは退屈することもなく、一時間以上かけてじっくりと観て、“だまし絵”について研究したようです。
 最後、一枚だけ好きなポストカードを買ってあげると言ったら、選んだのは日本のだまし絵。↓

 人物の顔や手が、よく見ると全て“人間”でできているという“だまし絵”。ちょっと気持ち悪い…。
 でも、このカードで兵庫県に住む夫方の祖父に手紙を書いていました。
『あたまの中のへんな花』という絵付きで。↓

  
 『だまし絵展』を出たらお昼過ぎだったので、文化村の中で昼食をとりました。
 ハリボーは“グラタンセット”、私は“たきこみご飯弁当”。
 美味しそうだったので画像を撮ろうとしたら、ハリボーが「ななめにして撮ったほうがいいんだよ。」と言うのでそうしてみました。…見にくいですよねー?


 その後は、mederuでも和みの陶磁器作家として人気の“香田昌恵”さんの個展を見るため、文京区のギャラリーへ。
 香田さんが送ってくれたDM


 石川県在住の香田さんとはお会いできませんでしたが、新作もたくさん並んでいて、次回仕入れの参考になりました(#^.^#)
 そして、かわいい“なまけもの君の陶板”が気に入ったので買いました♪
 力の抜けた顔が何とも癒し系です♥



 そして最後は後楽園のジオポリスに行って、ハリボーが今夢中な体験型アトラクション『マジクエスト』を1時間やって、帰りました。
 最初からそこには行くつもりで、前回買わされた“魔法の杖”も持参していたので、今回は安くすみました。
 階段を上がったり降りたりで、私は息切れしながらハリボーに付いてまわり…大人にとっては恐るべし『マジクエスト』!

 そんな開校記念日の一日でした。

  
コメント(0)mederu日記
3年間の総括
 本日から、mederu3周年記念セールが始まりました!
 全品レジにて10%off(※値下げ済み商品を除く。)というお得な機会です♪
 どうぞ皆様お誘い合わせの上お越しくださいませ(#^.^#)

 たった3年で総括というのもなんですが、昔から「石の上にも三年」、「3日、3ヶ月、3年」、「3年目の浮気」(あ、これは違うか!)と言われるように、3という数字は一つの区切りなので、ちょこっとこの3年間で感じたことの総括をしてみたいと思います。

 この3年間には、本当に様々なことがありました。日記に書いていることはごくごくほんの一部でありまして…。
 全て、やってみなければ分からないことばかりでした。言い方を代えれば、やってみて初めてわかったことが実に沢山あった3年間でした。
 全てについては到底書ききれません!

 とにもかくにも、繰り返し書いてきていることですが、お店をやっていて最大の喜びは、人との出会いの素晴らしさを日々感じられることです。
 お客様、作家様、スタッフKちゃん、業者の方々…素敵な出会いは、私にとって大きな支えであり、力になっております。
 多くの方々に支えられてきた3年間に、オーナーとしとしは感慨無量でございます(T_T)
 心から感謝、感謝です。皆様、本当にいつもありがとうございます!!

 お客様とのことはあまり書かないようにしていますが、素敵な心の交流があったり…。
 お子様の成長も、時の流れを感じる素敵な出来事です。
 妊婦さんがかわいい赤ちゃん連れになり、ベビーカーに乗っていた子が歩き出し、おしゃべりを始め、ついこの間までお母さんといつも一緒だった子が年頃になって反抗期に入ったり、障害をもっていて言葉の出なかった子が話し出したり…。
 ご病気だったお客様が元気になられたり、時にはその逆も…。
 人間の人生の諸行無常を感じる日々です。

 また、ビジネスとしてみたこの3年間についても少し総括を。
 当初は、好きなことをやるんだから、赤字じゃなければよしくらいの気持ちでと思っていましたが、今思えば、それでは続かなかったと思います。
 何か別の副業があったり、“趣味でやるお店”だったらよいと思いますが、そうでないなら、やはりお客様が来てくださって、やっただけのお給料が出るくらいでないと、モチベーションを保つのが大変だと思います。 
 どの位の収入なのかは気になるところかもしれませんが、さすがにそこはヒ・ミ・ツ♥
 “夫の扶養家族ではない”とだけ言っておきましょう。自分で税金払ってます。
 誤解を恐れずに言うならば…これは、あくまで私の勝手なこだわりなのですが、前職を辞めてほんの数ヶ月でも“扶養家族”だった時期、とても居心地が悪く、早く出たいと思っていました。扶養されている人がどうのということは一切ありません!それは人それぞれですから。
 ただ私は、出た時“やった!”と思いました。そういう性分なのです。これも“自由”としてどうか認めてください。
 
 それと、よく「お店って大変でしょ?休みも少ないし。」と言われることがありますが、そんなことはないですよ。(当店は結構お休みをいただいてますし^_^;)
 何が大変かは人によって違うということもありますが、“休みが少ない”の概念がそもそも事業主の場合、違うのだと気づきました。
 まず、“やらされてる感”が全然違います。自分で始めた事業主の場合、自分で好きでやっているのであって、誰かにやらされているわけではないので、大変だったら休むし、イヤになったら辞めます。 
 それと、自分で必要だと思うことだけを自分の意志でやっているので、いわゆる“仕事”という感覚が薄いということもあるかもしれません。“えー?こんなことやんなきゃいけないのー?”ということが少ないので。
 あと、やったらやっただけ直に自分に返ってくるので、休みが少なければそれだけ自分の収入につながる、休めば、それだけ収入が減る、という話しなので、“休みが少なくて大変”という式自体がサラリーマンの場合とは違うのです。“やってもやらなくても収入は同じ”という世界ではないのです。

 この3年間、もちろんいいことばかりではありませんでした。時にはイヤなこともありました。
 でも、イヤなことがある度に、どんどん強くなってきた気がします。
 “え?どんだけ強くなるつもり!?”なんて言わないで下さいね(^_-)-☆
 まだまだ強くなっていくと思います。

 そして最後に、お店を楽しくやるには、“その土地が好きなこと”も必要条件なのだと感じています。
 その土地と人が好きでないと、商売は楽しくないと思います。
 私はここが好き、ここに住む人々が好き。人って本当に面白い!

 ということで、3年間の自分なりのまとめは以上です。
 今後も益々、楽しく精進してまいりたいと思っておりますので、mederuを今後ともどうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>
  
コメント(0)mederu日記
天然木のカトラリーのご紹介と景気
※明日6/17(水)はお休みです。

 昨夜は一人でDVD(映画『ミスト』)を観て夜更かしし、今日は商談が二件あり、今頭がボーっとしています。眠いです。
 でも眠気を吹き飛ばして、まずはちょこっとだけ商品紹介しちゃいましょー!
 今日ご紹介するのは、天然木のカトラリーです♪
 シンプルでナチュラルな生活を送っている方々には欠かせない定番アイテムですよね(^.^)
 mederuでも木の種類や形を変えながら、定番で置いています。
 手に持つと、木のぬくもりが伝わってくる、優しいカトラリーで美味しい朝食なぞどうですか?

各種天然木カトラリー 税込293〜683円


↓こちらは特にオススメ!人気の高い『サオの木 ジャムへら』(税込293円)
絶妙なカーブが、持ちやすく塗りやすい♪





 
 話は変わって…
 最近になって、取引先の業者が2ヶ所倒産しました。
 身近にこういうことがあると、本当に世の中不景気の波が押し寄せてきているのだと実感します。
 商談に来る業者さんと話していても、良い話は少なく、まだまだ倒産するところがあるのでは、という話しも多く聞かれます。
 業者によると、mederuのような地域密着型の店舗は景気にあまり左右されないと言ってくれていますが、どこまで根拠のある話なのか分からないので漠然と「そうなんですかねぇ。」と聞いています。まぁ、元の規模が小さいので、大手が受けるような大打撃というのはあまりないのかもしれません。
 それでも、何かじわじわと見えない黒い波が押し寄せてきているような、不気味な感覚を感じることはあります。

 倒産の知り方も様々です。
 ある日突然親会社のようなところから電話があり、「御社とお取引しておりました○○社が破産しました。」と告げられて知ったり、発注書をFAXしたのに何の連絡もないのでこちらから電話をしてみたら、誰も出ない。次の日も、また次の日も。
 “おかしいな?電話番号変わったのかな?”と思い、ネットで検索してみたら、「△△社倒産」の記事が!(*_*) 私の発注書のFAX、淋しく誰もいない事務所に流れていたのね…(T_T)なんてことも。
 先日の会社は、その会社から手紙が届きました。
 その会社の場合、会社自体の倒産ではなく、“物販事業の終了”だったので、最後に手紙を出す余裕くらいはまだ残っていたということなのでしょうか。それとも社長さんの責任感か。
 その手紙には、社員一丸となって売り上げ向上、経費削減に努めてきたけれど、世界規模の景気悪化により資金繰りも限界に達し、不本意ながら物販事業終了に至ったと、正直に書いてありました。
 また、商品の修理や今後の仕入れは直接交渉してみてくださいと、その会社の外部取引先リストまで付いていて、細かく“ここは担当者が良い方。交渉してみてください。”や“ここはA社と比べると愛が少なめ…。”など、ソフトな情報まで書いてあり、社長さんの思いが伝わってきました。

 倒産前には、共通することがあるな、と思いました。
 まず、振込先の銀行口座が変わること。どこも、口座が変わって間もなく倒産しています。これまでの付き合いのあった銀行から融資の引き上げか何かがあって変えざるを得ない事情があるのでしょうか。
 あと、従業員が定着しない、あるいは古株ばかりの会社。新入社員が入ってこない、入ってきても定着しない会社には、やはり何か“理由”があるのでしょう。
 それと、倒産寸前に暴走する。
 ある所は、アクセサリー会社なのに、最後には木酢液を売り出して、“え〜!?どうしちゃったの?mederuに木酢液は置けないよぉ。”ということがありました。
 あとは、やたらとセールをしたり、社名が変わり事務所が変わり…と落ち着かなかったり。
 “なんか最近どうしちゃったの?怪しいな。大丈夫?”と思っていると、倒産する傾向にあります。
 やはり、切羽詰ってくるとコンセプトなんかどっかにいってしまって、とにかく現金化できるならなんでもやっちゃえ!という感じになるのでしょうか。
 …小規模ながら経営していて、それだけは避けたいな。。。と思います。
 コンセプトを崩さなければいけないほど借金がかさむ前に、辞めなければ!と思います。(今のところ、借金はありませんが。)
 
 とにかく取引先の倒産は、こちらもショックです。
 幸い、金銭的な被害はないので、担当者のお顔や声を思い浮かべて“あぁ、これからどうするんだろう?”などと案じてしまいます。

 それにしても、景気はやはり悪いのですね…。
 中には、未回収のお金が一千万円あるのに、倒産されてしまった、なんていう話も聞くので、そうなると倒産が波及しますよね。
 問屋やメーカーが倒産すると、そのうちじわじわと小売店にも影響するでしょう。

 景気が悪い時は悪い時なりの生活で忍ぶしかない…とは思っていますが、早く良くなるに越したことはありません。
 麻生さんにはそろそろ辞めてもらって、いっちょここらで政権交代してもらうしかないかな…?

  
コメント(0)mederu日記
記念セールのお知らせと”好きな仕事をしている人”
 昨日は2年に1回のハリボーのピアノの発表会を楽しんできました♪
 ピアノの演奏ももちろん良いのですが、オープニングで見せる子どもたちのハンドベルの演奏を聴くと、いつもウルウルしてしまいます(T_T)
 ハンドベルって、ずるい(>_<) 子どもたちの一生懸命な顔と姿が真正面から見えて、しかもあの、天使の歌声のような音色…。泣かせる楽器です。
 ハリボーにはピアノをできるだけ続けて欲しいなぁ。今はまあまあ楽しいようだけれど。
 姉はハリボーに「せめて平井堅の曲を弾き語りで歌えるくらいになるまでは続けてね!ハリボーのピアノで一緒に歌うのがおばちゃんの夢なのぉ!」と言っていました^_^; 
 発表会の最後のトリは、先生と、先生の教え子で音楽の道に進んだお二人(一人は音大の声楽科卒業後、劇団に入りミュージカルの主役をつとめている人、もう一人は音大のクラリネット科卒業後、楽団に入りクラリネット演奏家として活躍している人)によるオズの魔法使いの『虹の彼方に』の演奏と歌とで癒されました〜(~o~)

 発表会後は、家族で板橋区立文化会館前にできたイタリア料理の店『オステリア イル チッチョーネ』で食事を満喫。
 素材にこだわりを感じる料理はどれもとても美味しく、オススメです!

 ところで、ホームページのNEWSでもお知らせしましたとおり、6/18(木)〜6/30(火)の期間、mederu3周年記念セールを実施いたします!!
 メーカーものから作家ものまで、期間中に限り全商品10%OFFという大変お買い得な機会です♪(※既に値下げ済み商品は除きます。)
 皆様のお越しを心よりお待ちしております<(_ _)>
 そして今年もセールのイラストは、イラストレーターの“しまだいさお”さんにお願いしました(^.^)↓


 3周年にかけて、『3匹のコブタ』が主役。コブタちゃんたちが仲良く忙しそうにmederuの開店準備をしてくれています♥
 “しまだいさお”さんは、小さい頃からずっと絵がお好きで、学校の絵画コンクールなどでもいつも選ばれていたそうです。
 絵は趣味で…と思っていたそうですが、サラリーマン経験を経てふと立ち止まり、“自分は一体何がやりたいのだろう?”と考えた時に、やっぱり“絵”だったのだそうです。 
 今はイラストレーターとしてフリーランスでお仕事をされつつ、個展を開いたりと、ご活躍されていらっしゃいます。
 人間、やはり好きなことをするのが一番ですね!
 お店を始めてから、私の周りには“好きなことを仕事にしている人”が多くなりました。彼や彼女らがよく口にするのが「せっかく好きな仕事に就くことができたんだから、この仕事は手放さないぞ!と思う。」という言葉。
 ホント、それはとてもラッキーで幸せなことなのだと思います。

 昨日のトリで演奏してくださった方々しかり、好きなことを仕事にしている人々の共通点は“生き生きしていること”。改めて感じました。

  
コメント(0)mederu日記
YUZU(ユズ)新作アクセサリーのご紹介♪
※明日6/14(日)はお休みです。

 昨夜は義兄が出張帰りに我が家にお泊まりで、義兄、夫、姉、姉の友達とで飲みに行っていました(私とハリボーはお留守番(T_T))。
 酔うと眠くなる習性の夫は、姉が心配するほどふらふら状態で、しっかりした義兄に付き添われての帰宅。まったくもう…。
 義兄と一緒にいて安心して甘えている夫を見るといつも“あぁ、いつまでもこの二人は兄と弟の関係なんだなぁ。”と思います。
 ところで明日は、2年に1回のハリボーのピアノの発表会のため、お休みさせていただきます。またのご来店をお待ちしております<(_ _)>

 さて本日は、天然石やフラワーモチーフを使った女性らしいデザインで定評のあるYUZU(ユズ)から、新作がスポット入荷しましたのでご紹介します♪
 今回は初のアイテムも入荷です(#^.^#) 
 それでは、YUZUの世界をどうぞ〜。

<14KGF 天然石リング>
 14金のゴールドフィルドのチェーンときれい色の天然石を組み合わせた女性らしい繊細なリング。
 華奢なチェーンなので、着けると石が指にフィットし、浮いたように見えるのが特徴です。

(上段左)グリーンオニキス 税込1,890円
(上段中央)ピンクトルマリン 税込2,100円
(上段右)アメジスト 税込1,890円
(下段左)フローライト 税込1,890円
(下段中央左)ロードナイト手彫りローズ 2,520円
(下段中央右)アパタイト 税込2,100円
(下段右)カーネリアン 税込1,890円

紫陽花のヘアゴム 各1,680円
アートフラワーの紫陽花とパールをフィリグリーに編みこんだヘアゴム。
YUZUらしい、落ち着いた華やかさのある作品です。
夏のまとめ髪にぜひどうぞ!



  
コメント(0)mederu日記
苗字から。
 モーグルの上村愛子選手が皆川賢太郎選手と結婚しましたね♥美男美女カップルで、二人ともとっても幸せそうでした(#^.^#)
 上村選手は、オリンピックまではとりあえず苗字は変えずにいくそうです。(戸籍上は変えるのかもしれないけれど、選手としては。)
 モーグルは採点方式の競技なので、ネームバリューも得点に影響することを考えての選択のようです。
 谷亮子選手のように、サッと変える人もいれば、そうでない人もいる。その辺の選択も人それぞれですね。

 先日来店したインドフェアトレード製品の業者さんは、夫婦別姓のこだわりから、籍を入れていないご夫婦でした。その業者さんが夫婦だと知ったのはつい先日のこと。
 いつも男女ペアでいらっしゃって、女性の方がインドに行って現地の方々と直接やり取りをしながら商品開発を進めていて、男性の方はオーダーの確認や書類関係をそつなくこなしている、という役割分担。このお二人の関係は前から気になっていました。
 商談中、「これいくらだっけ?」「え?違うって!」などとちょっとした内輪もめみたいなやり取りが見られ、ご夫婦かな?と思いきや、互いに“○○さん”と苗字で呼び合っている。でもどことなくお顔が似ているような…と思ったので、思い切って「お二人はもしかして、ご兄弟ですか?お顔が似ていらっしゃるような…。」と聞いてみました。
 すると、「最近、似てるってよく言われるんですよ。でも違うんです。」と。でも、同僚という雰囲気でもないので、更に「ご夫婦じゃないんですよね…?」と聞いてみたところ、「実はそうなんです。籍は入れていませんが…。」と。
 私はとてもスッキリとした気分で
私:「ああ!パートナーなんですね。だから苗字で呼び合って。…籍を入れないのは名前の関係とか?」
女性:「はい。名前が変わるのがイヤなんです。」
男性:「彼女はウチの実家ともあまり交流がないもので。」
女性:「彼の実家は静岡県ですっごく田舎なんですよ。」
男性:「はい。田舎なんです。」
私:「静岡の田舎なんて、良さそうですね。じゃあ、お墓とかはどうするんですか?」
男性:「別です。別々の墓に入ります。」
私:「へえ〜。」
 という会話をしました。
 色々な夫婦がいて、その夫婦の数だけ形がありますね。

 その話をある友達にしたら、「夫婦別姓って、私はよく分からないなー。名前が変わったって、自分は自分だって思うから。」と言っていて、私は「私も全然こだわりなくて、逆に旧姓は濁点から始まるし、あまり気に入ってなかったから変われてよかったって感じだった。でもきっと、由緒正しい家柄で…例えばスケートの織田信成とか、そういう家に生まれてたら名前へのこだわりが違ったかもよ。」と言ったら、友達も「そうかー。家柄ね。織田家とかね。」と言っていました。
 あとは、その地域にしかいなそうな苗字で、その土地に愛着がある人とか、苗字と名前のセットで意味がある、というような名前でそれを気に入っている人とか、そもそもなんで結婚すると名前を変えなきゃいけないんだ、結婚ってなんだ、戸籍ってなんだ、という根本のところで納得できない人もいるのだろう。

 ウチの今年94歳になる祖母の苗字も、祖母の代で終わってしまいます。祖母は女の子4人を産んで、4人ともお嫁にいったので。(実の娘の母と同居していますが、母は父を婿にしたわけではないので、苗字は違うのです。サザエさんの家と同じ。ウチの父はマスオさん状態なのです。)
 祖母(というか祖父)の家系には、日本に“触診”を広めたお医者がいたり、それなりに由緒ある家系らしく、一時、姉が祖母の苗字を継ごうか、なんて話もありましたが、結局はそうせず、このまま祖父母の苗字は途絶えていくのでしょう。そう思うとちょっと残念な気もします
 でも、どうやら父も母もお墓は祖父の眠る(祖母もそのうち入る)母方のお墓に入ることになっているそうなので、後楽園の近くの、絶叫マシンからのおたけびが始終聞こえて安らかに眠れそうもないあのお墓に、私達は当面通うことになりそうです。

 結婚の話から、ウチのお墓事情の話しになってしまいましたが、結婚、苗字、お墓、家系といったものは連想ゲームのようにつながっているものですね。
 よく同じお墓に入りたくなくて熟年離婚するなんて話もあるから、そうなると“離婚”もつながっているか。

 そういえば、先日テレビで熟年離婚の理由ベスト3をやっていて、三位が「夫の暴力(言葉の暴力も含む)」、二位が「夫の浮気」、一位が「このままでは自分の人生を歩めないと思ったから」でした。再現VTRも生々しかったです。
 私がスタッフKちゃんに「私達もまだまだこれからだよ、色々あるのは。私達の年代の夫婦は皆、これから!子どもが大きくなった時が、夫婦の形が変わる一つの分岐点だろうね。その時にお互い、どう思っているか…だね。」と言ったら、Kちゃんも覚悟したように「そうか。」と言っていました。
 ちなみに熟年離婚について、前に友達数人で集まった時に一人が「自分の親が熟年離婚したらショックだよねー。」と言って皆がうなずく中、私だけ「全然。したら嬉しいくらい。ウチは姉と私とでよく母に熟年離婚を勧めてるよ。『今からでも遅くないよ。してみれば?』って。でも母は考えてないみたいだけど。」と言ったら驚かれました。
 今両親が離婚したからって、これまで育ててくれた父母への感謝の気持ちは変わりません。
 なんだったら生活もこのままでいいから、とりあえず籍を抜くことで、少しは父も緊張感を持った生活を送るようになり、母も少しは気が楽になるのじゃないかと思うのですが…。
 文句を言いつつ、離れられない、これも一つの夫婦の形というものなのか。

  
コメント(0)mederu日記
M♥NH(マナホ) 新作ミニチュア雑貨のご紹介♪
 昨夜、お風呂上りにハリボーが「僕のおしりって、青い?」と聞いてきて、どの位青いか見て確かめたいと言うので、合わせ鏡で見せてあげました。
 すると、「そんなに青くない…。」とつぶやいていたので、「どうしたの?」と聞くと、先日のプール掃除で水着に着替える時に、クラスメイト二人のおしりが見えて、一人は少し青く、もう一人はかなり青かったので、自分は果たしてどの位なのか、気になったのだそうです。
 別に確かめたかっただけで、“青さ度”についてはどちらでもよいそうです。
 「お母さんはどう?少しは青いんじゃない?」と言ってきたので、「お母さんはもう青くないよ。蒙古斑っていって、大人になると消えるんだよ。」と教えてあげました。

 さてさて、関東も梅雨に入ったそうですが、昼過ぎには雨もやみ、太陽も顔を出した一日でした♪
 これから盛夏に向けて、作家ものの新作も続々と入荷してきますよ〜!(^^)!
 そこで本日は、M♥NH(マナホ)の新作フレームや定番人気のピンクッションやストラップなどをご紹介します!
 毎回、見るたびにその器用さに感心してしまうM♥NHのミニチュア雑貨。
 老若男女、幅広くギフトなどにもお選びいただいております♥
 それでは、M♥NHの小さな小さな世界をどうぞお楽しみください…。

立体フレーム 
(左)キッチン 税込1,890円
(右)ソーイング 税込1,785円 ※こちらはsold outとなっております。
 9.5cm×9.5cmの立体空間におさまった小さな世界♪
 “ソーイング”は、洋裁を習っていらっしゃるミシン好きのお客様のもとへお嫁にゆきました(#^.^#)
細部にわたるまで手抜きをしていない仕事ぶりです!





フレーム『ベビーグッズ』 各1,365円
サイズ:7.5cm×10cm
赤ちゃん用品って、見てるだけで胸がときめくかわゆさ♥
男の子用と女の子用の入荷です。
出産祝いにもオススメです♪



フレーム『パンケーキ作り』 税込2,100円
サイズ:10cm×13cm
 卵に粉にフライパン…用意ができたら美味しいパンケーキを作りましょ!
 アツアツのパンケーキの上にはとろけるバターとジャムも添えて…いただきま〜す)^o^(
 フレームのタイルのデコレーションがまたグッと爽やかに引き立てますね。



フレーム コレクションシリーズ
『プチcake×8』 税込1,365円
『アイスクリームコレクション』 税込1,365円 ※画像のナチュラルカラーのフレームはsold outとなっております。ホワイトフレームになります。
サイズ:7.5cm×10cm
 アイスクリームコレクションに書かれている英字について、夫が「これ何?」と言ったので、私が一気に順番に「Cはチョコ、C・Mはチョコミント、Vはヴァニラ、Cはキャラメル、Bはバナナ、C・Cはクッキー&クリーム、Mはマンゴー、Sはストロベリー、Mはモカ、B・Bはベリー&ベリー、Mはメロン、Pはピーチ!」と言ったら「すごい!よく分かるなー。」と感心してくれました。
 男性には難しいけれど、女性には簡単に分かるものってありますよね!



ピンクッション(S) 各税込840円
大人気のフルーツやスイーツのマチバリが付いたピンクッションも再入荷です!



各種ストラップ 各税込525円
定番人気のストラップ♪
これからの季節向け、冷たいデザートシリーズも多数入荷です!



各種マグネットピンチ(1本税込210円)も再入荷しております〜♪



  
コメント(0)mederu日記
良き理解者
※明日6/10(水)はお休みです。

 盲目の日本人ピアニスト辻井伸行さんが世界的なコンクールで優勝しましたね\(^o^)/
 とっても嬉しかったです!盲目だから優勝したとかではなく、高いテクニックと、人を感動させる音を奏でたことが評価されて、そんな素晴らしい人が日本人だというのが嬉しいじゃありませんか!
 今朝、お父様が涙をこらえながら話してくれた話しにも感動しました。
「彼は、目が見えなくてもいいけど、もし一日だけ見ることができたら、家内の顔を見たいと言ったことがあるんです。それだけ見たら、また見えなくなってもいいんだと…。」
 もう、ウルウル(T_T)でした。子育て中の渡辺満里奈も泣いていました。
 最近、涙腺がめっきりゆるくなった私ですが、前にスタッフKちゃんにそのことを言ったら、「年とって涙腺がゆるくなるのは、腺が老化するんじゃなくて、共感の引き出しが多くなるからなんだって。」と素敵な話を教えてくれました♪

 今回の辻井さんもだけれど、芸術家で大成する人には必ずと言ってよいほど、“良き理解者”がいますね。
 パッと思い浮かぶところでは、ジミー大西は奥さん、画家の片岡珠子は、お母様。お母様が「家庭をもって夫を助け、子を生み育てて家をなすのも女の立派な生き方である。しかし、作家となって努力して、一生をそれに捧げるのも、それも立派な生き方であろう。お前の選んだ生き方に、母は不服はありません」という手紙を送ったという話しに感動したことがあります。
 当時は、女性が結婚もせずに芸術の道に進むなんて考えられないような時代だったにも関わらず、母の大きな愛がもたらした理解です。
 他では、ゴッホの弟も有名ですよね。

 “良き理解者”か。
 でも考えてみたら、スケールこそ違えども周りを見渡せば、誰しも良き理解者の一人や二人はいるもの。
 もし一人もいなかったら生きていくのも辛いだろう。
 誰も理解してくれなくても、たった一人の理解者に救われているという人もいそう。
 そんなことを考えていて、ふと思い出したことがありました。

 mederuをやろうと決めた時、「もって3年だな。」と言った人がいました。
 別に、その人は直接の知り合いでもないし、憎んでも恨んでもいませんが、“なぜその人はそう言ったのだろう?”と考えてみました。

 まず、悪くとれば、それは妬みやひがみでしょう。
 自由な世界へ飛び立とうとしている私に対する妬み・ひがみ。
 自分はそうできない何かしがらみのような(本当はやろうと思えばできるのだろうけれど、できないと思い込んでいるような)ものがあり、だからあまりにも違う人が目の前にいると、足を引っ張りたくなる、負け惜しみのようなもの。

 次に、良くとれば、それは私や私の家族を心配しての発言。
 開業して、経営が上手くいかなくて、金銭的・精神的に追い詰められた人を見てきて、そうならないように言ってくれた忠告。
 でも、何が失敗か成功かは、人によって違うのです。
 お金がなくなって、追い詰められることが失敗、と思う人がそうなればそれは失敗なのだ、というだけのこと。
 私は、お金に関しては無理をしない性格なので、借金まみれになる前に辞めるし、辞める時は納得して辞めるので、その点では大丈夫なのです。
 私にとっての失敗は、“ああ、あの時やりたいことをやっていれば!”と後悔すること。そして成功は、“やりたいことを自分で考え、納得しながらやること”なので、そこを目指して形にしようと決意した人に、“やらないこと”を勧めるのは、全く意味のないことなのです。
 
 あと、その場にいた別の人は「俺は偉いと思うよ。安定した職業を捨ててチャレンジするなんて。」と言って励ましてくれていたけれど、偉くもないのです。
 偉くもなければ、ダメでもない。
 ただ淡々と、やりたいことをやろうと思い、行動に起こしてみただけなのです。
 そこで、一番酔ってヘラヘラしてて、「まあ、やりたいんならやってみればええんちゃう?」と言っていたのが夫。
 一番、この事柄の当事者に近い位置にいながら、一番他人事のような発言をしていました。
 でも、これがきっと私にとっての“良き理解者”なのです。
 夫だけでなく、夫の家族も、ウチの家族も皆、良くも悪くも互いのことに必要以上に干渉せず、どこか他人事。
 実母は、「私がお金出すわけでもないし…やってみたら?ちなみに私のこと、雇わない?」、実父は「収入が減るのは大きいぞ。でも辞めたくなったら辞めればいいだけだな。うん、そうだそうだ。」なんて言っていたのを覚えています^_^;”ウチの親だよなー”と思って…。

 でもこういう感じが一番私には性に合っています。皆、“良き理解者”です。
 
 蛇足ですが…「もって3年。」と言った人に、「3年もちましたよ。というか、5年はいけると思います。」って言ったら、どんな顔するだろう…と、ちょっと意地悪く思ったりして…(^_-)-☆
 でも、言われたほうは覚えているけど、言ったほうは忘れてるか!
  
コメント(0)mederu日記
ニューフェイス!nemuのご紹介♪
 本の中に自分の好きな文章があると、ある時期、そこだけ繰り返し繰り返し読んでしまうことがあります。
 最近巡り合った絵本『いけちゃんとぼく』(著・絵 西原理恵子)の中にもそんな文章がありました。

 夏がね 夏がすぎるとね 男の子って ちょっとひとつ 大人になるんだよね。
 私だって そのくらいは知ってるよ。
 男の子は 急に 走るのがはやくなるって。
 あっという間に どっかへ行っちゃうって。

 少年をもつ母親には、グッと胸にくるものがあるのではないでしょうか。
 私は、何度読んでもちょっと泣きそうになります。“ハリボーももうすぐだ。”と思って。でも、“そうでなくちゃいけない!”と思い、涙を胸の奥にしまい込むのです。
 (絵もまたいいんです。全体の流れの中でのこの文章の意味も。私のオススメの絵本です。)

 さて本日は、mederuに新しく仲間入りしてくれました、作家ブランド名『nemu(ネム)』、作家名『nemu(ネム)』のご紹介です♪
 メーカーのアクセサリー部門ご出身のnemuさんは、“作りは厳しく丁寧に”をモットーに、修理はもちろん、オーダーやリフォームのご注文もOKということなので、ご用命がありましたら、まずはmederuまでお気軽にお問い合わせください(^.^)
 そんなnemuのコンセプトは、「繊細なかわいらしさ」と「イチイチかわいい」!
 天然石を使った女性らしい繊細なデザインを基調としたアクセサリーを一つ一つ丁寧に作られています。
 今回のnemuさんとの出会いのきっかけは、nemuさんがmederuのHPを見てくれて、商品構成とブログを気に入ってくださったのです。
 ブログについては、“ものの考え方や捉え方に共感するところが多かった”ということだったので、初めてお会いした時に「ちなみにどのへんが?」とお聞きしてみると、「宗教観とか…。」とおっしゃったので思わず「え?宗教観?」とちょっと笑ってしまいました。
 突然聞かれて咄嗟に出てきたのがそこだったようですが、“いろいろ”だそうで、こちらもお話しして楽しいnemuさんでした(#^.^#) 
 ちなみにnemuさんも私と同じく一人の男の子のお母さん。
 nemuさん、『いけちゃんとぼく』の上の文章、ちょっとウルウルきませんか!?

 ということで、そんなnemuさんの、繊細で素敵な世界をどうぞ…。

各種ネックレス 税込2,100円〜2,625円
 一粒の天然石を使った上品でかわいいネックレス。
 確かな目で選ばれた天然石は、どれも輝きと色合いがきれいなものばかりです。
 画像は、ルビーとタンザナイト。
 その他、ムーンストーン(2色)、サファイヤ、アマゾナイト、ハート形のシェルも入荷しております♪



レースのコトリと天然石のネックレス 税込1,995円
※オリーブジェイドはsold outとなっております。
コトリのレースがガーリーなデザイン。
画像の天然石は、ミルキーブルーが涼やかな“アマゾナイト”です。



各種ピアス・イヤリング 税込2,310円〜4,200円
 淡水パール、アメシスト、ターコイズ、イエロージェイド、ムーンストーン、ガーネット、サンゴ…色とりどりの天然石を使ったピアスたち。
 洋服の色に合わせた天然石選びも楽しそう♥
サンゴのみイヤリングとなっております。バネ式なので、見た目はピアスのようですよ♪



ターコイズネックレス 税込3,150円
ターコイズブルーが目を惹くネックレス。
夏のお出かけにピッタリです!



  
コメント(0)mederu日記
映画『ハゲタカ』を観て…。
 昨日はハリボーが実家にお泊りだったので、夫とレイトショーで、昨日から公開の映画『ハゲタカ』を観てきました。
 感動の名作という類のものではなく、原作の小説とNHKドラマで話題になった、企業買収をめぐる男達の野望と葛藤のストーリーの映画版で、どちらかを見て面白かった人は楽しめる、というものです。
 どんなに冷徹極まりなく合理主義に見えても、人間はどこまでいっても人間。誰しも悩みや弱さがあり、だから救われるところもあるという、期待を裏切らない内容でした(^.^)

 株取引。やったことがないからよく分からないけれど、どうも気が進まない世界。
 自分が直接動いて関わっているという感覚が薄い中、数字の動きだけを見て買ったり売ったりするというのがどうも…。
 それに、株をやっている人を見ていると、寝ても冷めても株価の動きを気にしていて、情報に振り回されているように見え、それがいやだな。その時間が勿体無いというか…。
 ということで今はあまり興味がないけれど、もしやることがあるとしたらどういう時だろう?
 捨ててもよいお金があった時か。でも捨ててもよいお金なんてないから、その日はこないだろう。
 あとは、本当に投資したい好きな会社ができた時は株を買うかも!株の本来の目的はそこなのだから。本来の目的ができた時は考えよう。

 『ハゲタカ』を見ると、株式会社にして会社を大きくすることのデメリットを考えてしまう。
 自分が始めた会社が人に取られたり、自分が始めたのに社長の座を解任されたりしたら悲しいだろうな、と。
 お給料も、個人事業主である今は、“もうけ”がそのまま自分の収入なので、やった分だけ収入になるという感覚だけれど、株式会社にすると、社長といえども、会社から“お給料”としてもらう形になる。何となく、サラリーマンに近づくイメージ? でも、会社の信用が得られやすくなって、大きなこともできるのだろうからそのメリットは格別なのかな?
 前にNHKの『プロフェッショナル』に出ていたIT企業の社長が、「社長の給料なんて、あってないようなものですから。」と言っていたけれど、自分で切り盛りしている社長ほど、そうなのだろう。
 あと、会社が自分から遠ざかれば遠ざかるほど、自分で稼ぎ出したお金というよりは、会社からもらえるお金という感覚になっていく気がする。

 もしmederuを株式会社にしたら…
私:「もしmederuが株式会社になったら、誰がmederuの株なんて買ってくれるんだろう?そんな人、いるのかなぁ?」
夫:「作家さんは株とかやってそうもないから、買ってくれそうもないよな。身内にもいなそうだし…。」
私:「あ!そういえば、前の会社の後輩のA君が“もし株式にしたら僕、買いますよ!としとしさんになら、投資します!”って言ってくれてたよ。」
 
 そんなA君は、リーマンショックの直前に投資信託を始めたそうで、どんどん落ちて「最悪ですよー(T_T)」と言っていた。それを聞いたその場にいた私達は、一体幾ら投資しちゃったんだろう?と思って聞いたら、確か10万円以下で、「なんだー。それなら勉強したと思えばいいじゃーん!」と言って笑ったっけ。
 だってA君の言い方が、まるで大金つぎこんだみたいな感じだったから。
 そんなA君が私に投資か。でもA君、あの時のあの言葉はありがたく覚えているよ!!

 『ハゲタカ』で主役が言っていた「人生の悲劇は2つしかない。一つは金のない悲劇。もう一つは金のある悲劇。世の中金だ。金が悲劇を生む。」という言葉が怖かったです。
 お金、常に“ほどほどに”持っていたいな。
 何かを始めたい時に、お金が理由で断念することがない程度には。そう思います。
 それと、よく親が子どもになって欲しい職業の上位に、“銀行員”が入っているけれど、あれが不思議です。私は、全然なって欲しくないから。『ハゲタカ』を見ても、なお更そう思いました。
 世の親は、子どもに“安定”を望んでいるから、“公務員”とか“銀行員”が上位にくるのか。そしてわが子に“安定”を望んでいない私は、やはり変わり者なのか…?う〜ん…。

  
コメント(0)mederu日記
4mame 新作ファブリック雑貨 第二弾のご紹介♪
 mederuもオープンしてからもうすぐ丸三年!
 昨日、作家さんの名簿を整理したら、今現在お取引のある方々だけでも38名いらっしゃいました。
 え!?そんなにいたっけ?とお思いの方、制作をしばしお休みしている方々を除き、今現在作品を置かせていただいている作家さまたちです(敬称略)。→アトリエミカ、unip、馬酔木誠、松下高文、ゆき、ちゃいず、choco*to momo.、小川えい子、山川めぐみ、遠藤恵美、c-huit、katakata、Rin*Tsubaki、timpani、ヤナギサワトシヒコ、香田昌恵、PULCINO、花屋光昭、サトウユカ、GARANDESIGN、みずたま帽子、のぐちようこ、BERHASIL、SAS II RO、愛染、moriaki、M♥NH、himawarino-hana、4mame、nao、siesta、やまじひとみ、OURS、PIANURA、クラフツナータン、YUZU、SWOT倶楽部、nemu(※まだご紹介していないニューフェイス!)。
 書き出してみると、お馴染みの面々ですよね!(^^)!
 気づけばこんなに多くの“作り手”の方々とお付き合いさせていただき、それぞれの思いの込もった素敵な作品たちに囲まれている私はなんて幸せ者なんでしょ!と、感謝の気持ちでいっぱいになりました♪
 3年もの間に、それぞれの作家さまにも、退職、転職、制作上の方針転換、結婚、出産、子育て、お引越し、今後の模索…それぞれの、その時々の人生の変化があり、人の人生も『諸行無常』、常に変化し、永久不変のものなど無いのだと改めて感じました。
 だからこそ、一期一会、今この一瞬の出会いに感謝しつつ…今後もどうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>

 さて本日は、その中から4mame(ヨンマメ)の新作第二弾をご紹介します♪
 第一弾はちょっぴり大人っぽいシリーズでしたが、第二弾はパステルカラーのブロックチェックやピンクッションいろいろなど、4mameらしいガーリーテイストのものたちです♥
 それでは、4mameの世界をどうぞ〜!

ブロックチェック&レースのポシェット 各税込1,785円
サイズ:縦(持ち手含まず)20.5cm×横17cm×マチ幅4cm
夏らしいパステルカラーのブロックチェック&レースのポシェット♪
大人からお子様まで、かわいくお使いいただけるデザインです。




入れ口を留めるボタンもクリアなフラワーボタンでかわゆい(#^.^#)



ブロックチェック&レースのバネポーチ 各税込1,260円
サイズ:縦11cm×横12cm×マチ幅3cm
※グリーンはsold outとなっております。
ポシェットとお揃いのバネポーチ♪
セットでギフトにしたら、喜ばれること間違いなしです!



ワッフル&チェックのポシェット 各税込1,575円
サイズ:縦(持ち手含まず)27cm×横23.5cm
ワッフル×チェック生地の軽やかなポシェット。
小さくたためるので、旅行などにも最適です。



ソーイングセット 税込1,995円
4mameの人気アイテム!
まんまるピンクッションやハギレを布かごに詰めたお得なセットです♪



小花パッチコサージュ付き肩かけトートバッグ 税込3,465円
サイズ:縦(持ち手含まず)28.5cm×横42cm×マチ幅5cm
 チェック、ワッフル、小花柄、女の子の大好きな生地を使ったガーリーなコサージュ付きバッグ♪
 コサージュは取り外しもできます。



ブロックチェックの大きめトートバッグ 税込3,465円
サイズ:縦(持ち手含まず)29cm×横41cm×マチ幅11.5cm
マチがたっぷりとってあってたくさん入る大きめトート。
ナチュラルな色合いのブロックチェックとレース使いが4mame風です(^.^)





各種ピンクッション(Mサイズ) 各税込525円
サイズ:直径5.5cm
こちらも人気アイテムのピンクッション♪
お気に入りは見つかりましたか?



ローズリネンバネポーチ 税込1,260円
サイズ:縦11.5cm×横13.5cm×マチ幅5cm
第一弾でご紹介し忘れてしまいました(>_<)
ローズリネンのバッグとお揃いのバネポーチ。
落ち着いた女性らしい雰囲気です。



  
コメント(0)mederu日記
人との出会いの醍醐味
 この前、朝の番組『めざましテレビ』で、超かわいい女の子キャラのお天気アナの“愛ちゃん”が、漫画家であり肝っ玉母さんの西原理恵子を取材しているのを見ました。
 最後のほうで、西原理恵子がちょっとドスのきいたような声で愛ちゃんに、「女だからって、仕事を手放しちゃだめよ!職業はもってないと。誰かに寄りかかった生き方が悲惨だってこと、私見てきてるから!」と言っていました。
 その時の愛ちゃんの顔が見ものでした。
 平手打ちをされた後みたいな表情で、「は、はい!」とちょっぴり怯えたように返事していました。
 キャスターの大塚さんも「愛ちゃん、あんなこと言われたの初めてでしょー。」と言っていて、愛ちゃんも「はい!とても迫力がありました。」と答えていました。

 あの日以来、愛ちゃんの顔を見るとあの時の表情を思い出します。
 それにしても愛ちゃんは良い経験をしたと思う。
 こういうことが、人と会って話すことの醍醐味だと思う。
 “世の中にはこういう人もいるんだ!”という発見、衝撃、目覚めだろう。

 愛ちゃんがこの先、どういう生き方を選択していくかは分からないけれど、この経験をした愛ちゃんの人生と、この経験をしなかった愛ちゃんの人生とでは、濃さが違うだろうと思う。
 “あの時、西原さんにはこう言われたけど、でも私はこの道を行く!”と思って選択したり、もしかしたら“西原さんにああ言われたからこの道を選ぼう”というほどに影響を受けたかもしれないし、あるいはその時は忘れていても、後から“ああ、そういえばあの時、西原さんからこんなこと言われたなぁ。あの意味は、こういうことだったのか。”と思う時が来るかもしれない。
 
 最近のテレビではめったに見られない、良い場面を見させてもらいました。
 人と人が出会う意味、会話する意味が垣間見られた一瞬でした。
 そして、お店をやっている醍醐味も、まさに”人との出会い”だと、日々感じております(^.^)

  
コメント(0)mederu日記
帰ってきました!4mameファブリック雑貨 第一弾のご紹介♪
 先日の京都旅行で、二条城を見るための列に並んでいると、後ろの若いカップルからこんな会話が聞こえてきました。
男:「瀬戸内寂聴と細木数子の区別がつかねー。」
女:「似たようなもんだよ、人種的に。顔的にも同じ系列じゃん。」
男:「だろ?」
(私:“え〜!?あの二人が同じ人種?それは違うと思うよー。(*_*)”という気持ちを抑えつつ…耳を澄ます。)
女:「瀬戸内寂聴って、男にモテ過ぎて出家したって言ってたけど、うそくさ〜。」
男:「そりゃウソだろ。」
 そのカップルの間では、瀬戸内寂聴と細木数子は同じ人種ということで成立していました。
 世の中、人の見方も本当に様々だなと思いました。
 それに、瀬戸内寂聴さんはチャーミングなので、モテただろうと思います。

 さて、そんなちょっとした驚きもあった京都でしたが、京都といえば…そう!4mameファンの皆様、お待たせいたしました〜!!
 京都にお引越しされて、しばし納品をお休みされていた『4mame(ヨンマメ)』さんがmederuに帰ってきてくれました〜\(^o^)/
 「遠く離れたら、不思議となおさら頑張らなきゃ!という気持ちがUPして…。」ということで、今回はたくさんの入荷です♪その中から本日は第一弾をご紹介します。
 それでは、変わらず優しいナチュラル雰囲気の4mameのファブリック雑貨をどうぞ…。
 
ローズリネンコサージュ付きトートバッグ 税込3,675円
サイズ:縦(持ち手含まず)28cm×横34cm×マチ幅13cm
ほんのりグリーンがかった生地の色合いがとてもきれい。
ナチュラルな雰囲気たっぷりなコサージュは取り外しもできます♪
便利な内ポケット付きです。





ブラックリネン持ち手チェーン付きバネポーチ 各税込1,680円
サイズ:縦(持ち手含まず)12cm×横16.5cm
 大人っぽい雰囲気の持ち手付きバネポーチ。
 レストランやホテル、パーティーでちょっと化粧室に立つ時などに。
 アンティークのステンシルプレートを使った文字のステンシルが素敵なアクセントです♪





小花タック入りリバーシブル肩かけトートバッグ 税込3,465円
サイズ:縦(持ち手含まず)25cm×横33cm×マチ幅7.5cm
雰囲気がガラリと変わるリバーシブルの肩かけトート。
今日はシンプル?それともかわいく小花柄?





ヨーロッパリネンのシステム手帳カバー 各税込1,680円
サイズ:(閉じた状態で)縦17cm×横11cm
 アンティークな雰囲気漂うシステム手帳カバーは大人可愛いデザイン♥
 バインダーと罫紙付きなので、レフィルをセットして繰り返し使ったり、お手持ちの手帳のカバーにしてもgood(^.^)



シンプルリバーシブルトートバッグ 税込3,150円
サイズ:縦(持ち手含まず)30cm×横27.5cm×マチ幅7.5cm
服装を選ばないナチュラルカラーのシンプルトート。
大きめポケットが特徴です!





  
コメント(0)mederu日記
父のおかげ…?
明日6/3(水)はお休みです。

 なんだか、一日おきに休んでおりますが、昨日は仕入れのためのお休みでした。
 また続々と人気の商品が入荷してきますのでどうぞお楽しみに〜♪

 ところで、先日のこと。
 姉が友人と居酒屋で飲んでいると、仕事の関係で顔見知りの、初老の男性A氏と会ったそうです。
 A氏は、ウチの父とも仕事の関係でつながりのある人物で、いつも「お父さんは元気?」と聞かれると、ウチの困った父のことだからと、姉は「ご迷惑をおかけしていると思いますが、お世話になってます^_^;」などと恐縮しながら挨拶をしていたそうです。
 そしてその日は、A氏と席が近くなり、話すことになったそうです。
 姉が“また何か父のことで言われるかな…”と思っていると、A氏が「あなたのお父さんとは何回かケンカしましたよ。」と言ってきたそうで、姉はやっぱり…と思いながら謝ったら、その話には続きがあり、

「でも、僕はあなたのお父さんを認めているんですよ。あなたのお父さんは、確かにクセがあって、人を怒らせてしまったり、人に誤解されたりしているけれど、とにかくすごくやってくれているんです。あらゆることを自分から。何もやらない人もたくさんいるんですよ。その中で、“やっている人”は“何もやらない人”よりも何倍もすごいんです。ご本人も、悔しい思いを何度もしてきていると思うけれど、私は、あなたのお父さんという人を認めています。」
と言ってくれたのだそうです。

 姉は、自分でも驚くほど、自然とボロボロと涙が出てしまい、「父のことを分かってくださって、ありがとうございます。」と頭を下げていたそうです。
 姉は私に「ずっとお父さんのことでは嫌なことしか言われてこなくて、そういうことには慣れてたけど、あぁ、分かってくれる人もいるんだ、と思ったら…。」と、話しながらも思い出してまた泣いていて、それを見て私も「お父さんっていう人は…。私もこの前ブログで100人のうち98人は合わないだろうけど、2人くらいは分かってくれる人もいるって書いたばかりなんだよ。」と言いながら、姉と一緒に泣き笑いしました。

 申し分ない親をもっている人は、もちろん、うらやましいけれど、どうしようもない親をもっていると、たまにこういう大きな感動を味わえる良さもある。
 それは、本当に、一生に一度しかないことかもしれないけれど、その分、大きな意味を持つ。
 やっぱり世の中、正負の法則、プラマイゼロになるようにできているのかもしれない、そう思えた出来事でした。

 そして、今回のことで意外だったのが、姉が泣いたこと。
 思わず「お父さんのこと、好きだったんだね。」と言ったら、「当たり前じゃん!」と言っていました。
 私は、何だかんだ言っても自分の中に父への愛情があると気づいていたけれど、姉は本当にいつもイヤだイヤだと言っていたので、本当に嫌いなのかと思っていたら。
 もしかしたら、私よりも心の深い部分で父を愛しているのかもしれない…。
 うーん、人って奥深い…。

 それにしても、人の“クセ”というのもすごいものだ。
 この前、スタッフKちゃんとも“クセ”について話したばかり。「昔のほうがクセのある人って多かった気がするよね。」と。
 どうも今の人は、“あっさり薄味が大人”だと思っている世の中のようだけれど、本当は、大人になればなるほど、“自分”ができてくるから、個性が濃縮され、“クセ”が目立ってくるはずで、そのほうが自然なのに。
 私はどちらかと言えば、クセがなくて何を考えているのか分からないような人よりは、“その人らしさ”の感じられるクセのある人のほうが好き。(父ほどのクセ者はイヤだけど。)
 私も喜んで“クセのある大人”になっていこうと思う。(父ほどまでにはなりたくないけど…でも父は、人を騙したりするようなことはしない、実は愛情深い人だということだけは名誉のために言っておきましょう。)

 それと、A氏のような人格者というのもすごい!
 身内以外の人であの父から良いところを見つけ出すなんて、何のヒントもなしに泥沼の中から、ほんの小さな砂金を見つけ出すようなことなのに…しかもそこをクローズアップして認めてくださるなんて!
 A氏は、地域の活動家だそうで、色々な人を実践を通じながらよーく見てきている人だからこその、なせる業なのだろう。
 ぜひ見習いたい。
 
 ちなみに今回のことは、口がさけても今、父に話すつもりはありません。姉も同じ思いとのこと。
 だって話せば、父はすぐに調子に乗って、酔った時などにそのことを周りに言ったりして、せっかくの美談を台無しにすること間違いなし!なので。
 あの世へ行く直前くらいに「こういうこともあったよ!ありがとう!じゃあね!」と言って別れたい。
 その日までは、内密に…。
  
コメント(0)mederu日記
ニューフェイス!SWOT倶楽部の革製品のご紹介♪
※明日6/1(月)はお休みです。

 昨日は勝手ながら臨時休業させていただきました<(_ _)>
 理由は…夫とハリボーが上野でやっているルーブル美術館展に行くというので、どーしても!フランスで見た時の感動を思い出し、私も行きたくなってしまい…。
 こういう時、自分の中の「ダメだよ。仕事仕事。お客様が待ってるよ。」という天使の声と、「たまにはいいよ。日本人は働きすぎ。家族との時間も大切だよ。」という自分に都合のいい悪魔の声との間で葛藤するのですが、昨日は甘い悪魔の誘惑に負けてしまいました<(_ _)>
 “プロ意識が欠如しているなぁ”と反省しつつ、なるべく以後気をつけたいとは思っておりますです。
 で、行ったからには感想を書きたいところですが…私たち親子はルーブル美術館展を甘くみていました!午後からゆっくり行動し、上野に着いたのが2:30頃。既に美術館の前は長蛇の列!80分待ち!しかもチケットを持っていなかったので、チケットを買うにはまた別の列に並ばなければならず、そこも超長蛇の列!
 美術館は5:30までなので、あきらめました(T_T)
 仕方なく、ハリボー行きつけ、夫も年間パスポートを持っているお隣の国立科学博物館のほうへ行きました。
 でも、それはそれで楽しかったです。
 ハリボーはそっちの方が嬉しかったらしく、ニコニコしながら「ルーブルはフランスに見に行けばいいじゃん!」なんて軽く言っていました〜。
 
 さて、本日はきちんとお仕事しましょ。
 この度、mederuに新しく仲間入りしてくれました、ブランド名『SWOT倶楽部(スワットクラブ)』、作家名『chiduru(チヅル)』さんをご紹介いたします♪
 物を作ること、ミシンをかけることが好きで、革に興味があり革工芸を習い始め、2000年頃より物作りを始めたというchiduruさんの作品は、牛革・豚革等を用いて、一点ずつ手作りされたものたちです。
「身近で長く大切に使っていただけるような物が作れたら…。」とおっしゃっています。
 甘すぎず、ユニセックスなデザインで、幅広い年齢の方々にご愛用いただけるSWOT倶楽部の革製品をどうぞよろしくお願いします(^.^)

文庫本サイズブックカバー 各税込1,575円
丈夫で、使い込んでいくうちに手に馴染んでくる、そんな革のブックカバー。
ユニセックスなシンプルデザインでギフトにもオススメです♪


 しおりや切符、メモなどをちょこっとはさんでおけるミニポケットとブックマーク付き♪



新書サイズブックカバー 各税込1,680円
意外に需要のある新書サイズのブックカバーも!





大人サイズのペンケース 各税込1,365円
ボールペンやシャープペンシルが3〜4本入る、大人サイズのペンケース。
バッグにポンっとしのばせてもじゃまになりません。
リバーシブルな色違いで、飽きのこないデザインです。
(表)


(裏)



Yシャツティッシュケース 各税込840円
Yシャツを形どった個性的なポケットティッシュケースです。
肌触りの柔らかな革を使用しています。



スマート小銭入れ 各税込735円
硬貨が40〜50枚、一列に並ぶ小銭入れ。
種類別に並べておけば、さっと必要な額を取り出せてとっても便利!
Chiduruさんも愛用しているそうですよ♪
カラーはリバーシブル
(表)


(裏)



  
コメント(0)mederu日記
臨時休業のお知らせ。
誠に勝手ながら、本日5/30(土)は臨時休業とさせていただきます。
またのご来店をお待ちしております<(_ _)>
  
コメント(0)mederu日記
夏定番!人気のマルシェかごバッグのご紹介♪
 今日もしとしと雨ですが、続々と作家さんたちの新作などが届いております♪
 早くご紹介したいところではありますが、準備ができておりません(>_<)
 まずは店頭に並べる準備から入ります!
 
 最近、新たな作家さまからのお問い合わせも多く、嬉しく思っております(^.^)
 中には、「日記を読んで、ぜひ一緒にお仕事をしたいと思いまして!」なんて言ってくださる作家さまもいらして…“この日記を読んでそう思うってことは、もしかして変わり者…?”なんて、ちょっとドキドキしながらご連絡をさせていただいたりしております。
 でも、皆さん良い方たちばかりでホッとしています(#^.^#)
 近々、新しい作家さまと作品たちもご紹介させていただけるかと思いますのでどうぞ楽しみにお待ちくださいませ!

 ということで本日は、これからの季節に大活躍な定番かごバッグをちょこっとご紹介して失礼します〜(^.^)

マルシェ かごバッグ 税込945円〜1,575円
毎年、定番人気のマルシェ かごバッグ!
今年はパステルカラーが人気のようですよ♪
ラージサイズのホワイトは早々とsold outとなりました。どうぞお早めに〜!

 かごバッグの入れ口にかける専用のレース布も入荷しております♪(税込1,260円 カラー:ターコイズのみ)
 セットでぜひどうぞ!

  
コメント(0)mederu日記
子育ては一進一退。
 今日は朝から雨。強くなったり、弱くなったりの忙しい空模様です。
 今日はいつも来てくれるアクセサリー業者さんとの商談がありました。こんなお天気だろうが、いつでも大っきなキャリーカートを引いて来ます。職務質問をされることもあるとか。お疲れ様です。楽な仕事はないですね〜。

 昨夜はドラマ『アイシテル〜海容〜』を観ました。
 強くオススメするドラマというわけではなく、少年法の甘さも見られるので、少年には見て欲しくないドラマですが、子育て中の身には考えさせられるテーマなので、スタッフKちゃんと毎週感想を言い合っています。

 父も母も近くにいるのに、心が離れているというのは子どもにとって、とても寂しく悲しく傷つくことなのだと、このドラマを観ていると思います。
 でも逆に言えば、実際の存在としてはいない場合でも、心にしっかりと存在していれば、子どもは安心して強く成長していけるのでしょう。
 死に別れたり離婚したりしていても、心に父母の存在と愛情を感じていれば、そんなに誤った方向に進むことはない、一時的に進んでも、必ず戻ってくる、そんな気がします。
 やっぱり、「最後に愛は勝つ!」なのだと信じたいです。

 ドラマの中で、「私は子どものことを何も分かっていなかった。」と嘆くシーンがありましたが、そんなこと言われたら、私だってハリボーのことを全て分かってなんかいやしません。でも逆に、子どものことを全て分かっている親なんているのだろうか?
 分かっていると簡単に言えてしまったら、親がそう思っているだけか、表面的な関係か、どちらかのような気がします。
 人の心は見えないから、分からないからこそ、言葉を交わしたり、思い合ったり、信じ合ったりしてつながっているのだろう。
 あと最近思うのは、最初から「子育てには自信があります!」なんて言い切れる人はたぶん、いないだろう。誰しも“これでいいのだろうか?”と悩んだり、“たぶん、これでいいはず!?”と無意識にでも自分に言い聞かせながら子育てをしているのだと思うけれど、親が常に自信なさそうにフラフラしていたら、それは子どもを不安にさせるだけだと。
 多少ハッタリでも、子どもの前では親はドーンと構えていたい。
 親は子どもの“より所”のような存在なのだろうから、疲れたり、傷ついたりして帰ってきた時に安心して休めるように。そしてまた元気を取り戻したらすっくと立ち上がって旅立っていって欲しい。

 いざという時にはそんな気持ちでおりますが、日々のハリボーとのやり取りは非常にコマゴマしております^_^;
 宿題などやるべきことをやらずにコロコロコミックを読み続けるハリボーにコロコロコミック禁止令を出したら火がついたように泣いたので再度約束をさせたり、ついに「DSを買って欲しい!」と本気で言い出したのでハリボーの行いを見ながら検討中だったり、ポケットにティッシュを入れたまま洗濯かごに服を入れることがあり、私も確認せずに洗うものだからひどいことになってその度に注意したり…。
 昨夜は、連絡帳に毎日先生が押してくれる“先生の似顔絵スタンプ”に落書きがしてありました。一つは先生の顔にシルクハットをかぶせて口ひげを描いて手にワインを持たせて「ルネッサ〜ンス!」と言っている絵で、それはまだ平和的だけれど、あとの2つは、先生の頭の上に鳥がフンを落としている絵と頭のてっぺんにナイフがささって血が垂れている絵だったので、叱りました。
 ハリボーは「だって、○○君が描いてって言うから…。」と言い訳をしながら慌てて消していました。
 小2の男の子同士の悪ふざけだとは分かっています。仲良しの○○君と一緒に、「ウシシ…。」と笑いながら描いていたのでしょう。目に浮かぶようです。
 でも、先生が毎日見るものだし、気づいたらいい気はしない絵なので、「自分が描かれたらどう?いやでしょ?そういう絵は描いちゃだめ!」と言いました。(でも、「ルネッサ〜ンス!」の絵は私も一瞬、笑ってしまいました。)

 こんな日常です。
 ハァ〜、子育ては一進一退、辛抱の連続ですね。
  
コメント(0)mederu日記
”花屋光昭”画 ジクレーフレームとポストカードのご紹介♪
 今日はmederuの近くの小学校の写生会。
 商店街の絵を描くのに、mederuを描きたいと言ってくれた子が5人もいるということで、昨日、校長先生がご挨拶にいらしてくださいました。
 “11:00から開店じゃ遅いだろうな”と思い、今朝は少し早く10:30から開店しました♪
 かわいい女の子たちが、向かいの道路に座って一生懸命に描いてくれていました。
 出来上がった絵、見たかったな〜。

 さてさて、そこで本日は“絵つながり”ということで…。
 LOVE&PEACEをテーマにしたペンシルアートでお馴染みの花屋光昭さんから、フレームやイタリア画のポストカードが入荷しましたのでご紹介します♪
 先日、『三越日本橋本店』で開催された“イタリアフェアー”にも出展され、精力的にご活躍されていらっしゃいます!
 それでは、花屋光昭さんの世界をどうぞ…。

各種ジクレー(版画)フレーム 各税込2,100円

『僕のお気に入り』
黄色いワンちゃんのお気に入りはサボテン君のようですね♥
小さな花が咲いて嬉しそう(^.^)



『バスタイム』
ピンクのバスタブからシャボンがはじけて…女性の大好きなひととき♪



『恋人たち』
結婚祝いやバレンタインにも選ばれるシリーズです♥



各種ポストカード 1枚税込158円
 眩しい太陽の恵みに青い海…イタリアの持つ明るいエネルギーが伝わってくるようなイラストばかりです♪
 画像では伝わらない鮮やかさをぜひ見にいらしてください!(^^)!







  
コメント(0)mederu日記
観覧車から。
 今日は予定通り、午後3時よりの営業でした。
 この時期は秋冬物の展示会の時期でして、今日もクリスマス商品の展示会に行ってきました!
 クリスマスには、かわいいサンタやスノーマンたちが皆でお待ちしてまーす♥
 
 そしてお昼は一人で、つけ麺で有名な『大勝軒 五反田店』で“もりそば(小)”を食べてきました。サイズは(小)200gで十分でした!
 背油ギラギラのトンコツスープがブームの中、魚のだしがきいたスープが美味しかったです)^o^(

 ところで昨日は、ハリボーが授業参観の振替でお休みだったので、一緒にお出かけ。
 池袋で私の買い物に付き合わせた後、後楽園へ。リニューアルした『ジオポリス』にずっと行きたがっていたので。
 後楽園は家から地下鉄一本で行けるので気軽に遊びに行ける場所。
 と言っても、人一倍怖がりのハリボーは、ジェットコースターやお化け屋敷といった類には絶対に乗らない、入らないので、平和に遊べるところで1〜2時間遊んだら帰ってきます。
 昨日は、『マジクエスト』というアトラクションで1時間遊び、ご飯を食べて、観覧車に乗って帰ってきました。
 『マジクエスト』とはどんなものか何も知らずに入ったら、入場料金の他に1,300円もする“魔法の杖”なるものを買わされました。ロールプレイングゲームの実体験版という感じで、その杖を使ってアイテムを集めていき、制限時間は1時間。そしてその1時間で集めたアイテムは杖に記憶されるそうで、次回また続きからできるという仕組みでした(次回からは杖代はかかりません)。
 これから、何度か通うことになりそう。まんまとジオポリスの罠にはめられました〜(*_*)

 観覧車は大好きな乗り物♪高いところは案外平気です。
 今は中でBGMも選べるんですね。ハリボーが希望した“遊助”の『ひまわり』をかけながら、15分間ラブリーな時を過ごしました(#^.^#)

↓アリンコのようにうじゃうじゃと見えるのが、巨人戦を観に来ている人たち。


↓後楽園のジェットコースターは、こんなビルをくりぬいた隙間も通ります!オソロシや〜(>_<)



 昨日はよいお天気だったので富士山をさがしましたが、見えませんでした。
 山は見えず、ビルばかり。淋しい気もしますが、都会には都会の良さもあります。
 食や文化など、世界のトップレベルのものが集まってきて、多様な考えを持った膨大な数の人がうごめく刺激的な街。
 千葉2年、徳島3年、宮城6年と住んだけれど、地方には地方の良さ、都会には都会の良さがあり、どちらも一長一短で、どちらが良い悪いということもありませんでした。
 どこに住んでいたって、人間は人間。そこでどう生きるかが重要なのだと思います。
 人間の未熟形の子どもたちには、どこに住んでも、どんな環境でも、生き生きと生きていける力をつけて欲しい。そしてそれを大人たちはサポートしてあげたい。

 先日夫が「本物が集まってくる東京には、いくらでも見るところがある。東京にいる良さを生かして、自分の体が動くうちに、ハリボーには色々なものを見せてやりたい。」と言っていました。
 土日に博物館や美術展などに連れて行っている裏には、そんなちゃんとした“思い”があったのかと、久々にちょっと見直しました。

  
コメント(0)mederu日記
『父と娘の肖像』から。
※明日5/25(月)はお休みです。
※※ 5/26(火)は、午後3時からの営業となります。

 先日、ジャーナリストの江川紹子さんの『父と娘の肖像』という本を読みました。
 江川さんが取材した“活躍している女性有名人”(約20名)から聞いた父親との関係と、“娘を持つ父”(鳥越俊太郎、永六輔、丸山元弁護士)からの話が対談形式でまとめられた本で、どのお父さんも一癖も二癖もあって面白かったです。
 幼稚園児に向かって「お前は何が言いたいんだ。結論から言え。」と言った阿川佐和子の父の話や、新興宗教から娘を取り戻すために必死になった飯星景子の父の話などなど…、中でも一番心に残ったのは、米原万里(ロシア語通訳・エッセイスト)と父との話。
 
 共産党組織の地下活動をしていて「16年間地下に潜っていた」という米原万里の父親は、そのイメージとは裏腹に家ではいつも穏やかで、ユーモアがあり、平等だったといいます。
 その父の影響を受けた米原万里は、世の中の価値観に囚われず、いつもとても自由でいられ、視野広く世の中を見ることができ、だから生きやすく、どんな状況でも気持ちが追い詰められたりしなかった、とその本の中で言っています。
 やはり、価値観や生き方という面で子どもが親から受ける影響は大きいのですね。

 …ということは、私もあの両親の影響を受けているのか。
 母はまだしも、実父からも…。

 ウチの実父はかなりな困ったさんです。
 こう書くと、どんだけひどいのか、と思われそうですが、一応、社会生活は送れています。定年まで勤めていましたし、今も小学校の校庭開放を見守る指導員のアルバイトやシルバー人材センターからの仕事をしたりしています。
 これまでの経歴にこだわらずに働けるところと、テニスや英会話を習ったりと活動的なところは良いところだと認めます。
 ではどんなところが問題なのかと言うと、昨日も…
 ハリボーの絵が選ばれたという話をした時に、普通なら孫にまずは「よくやったな。」とか「すごいね、おめでとう。」といった言葉をかけると思うのですが、「おじいちゃんが小学生の時はもっとすごい賞をとった。絵で四国一に選ばれたことがある。」と言っていました。
 それを聞いたハリボーは「やっぱりおじいちゃんは分かってない…。」と呆れ顔。
私:「ほら。“やっぱり分かってない”って言ってるよ。」
母:「そうよ。まずは誉めてあげるのが普通でしょ。それを自分のことばかり言って。」
父:「違う!おじいちゃんもそれくらい絵が上手だったんだから、その血をひいているハリボーはもっと上手になるかもしれない。すごいってことが言いたかったんだ。」
母:「絵が上手くても、行く末あの程度じゃあね…。」(小声で)

 そう、父はいつも言う順番を間違えたり、言葉足らずなのです。
 人一倍ハリボーを可愛がっていて、祖父バカなので、今回のことはとても嬉しいはずで、言いたいことも本当だと思うのですが、“言い方”でいつも相手をカチンとさせ、あらゆる誤解を与えてしまう人なのです。
 身内にだけ分かる父の真実の気持ち。分かってしまえばどうってこともないのですが。

 父は天邪鬼な性格とクセのある物の言い方でこれまで多くの人を怒らせ、呆れさせ、自分のことを嫌いにさせ、それによりあらゆることに失敗し、損をしてきたはずですが、この年までこの性格できたので、今更変わるはずもありません
 100人いたら、98人の人が父とは合わないと思われますが、それでも稀少にも2人くらいは父とウマが合う人もいます。
 そういう人とは、屈託のない深いつき合いができるようです。でも、その100人に2人くらいの人も、相当な曲者です。
 何人か思い浮かぶ人がいますが、かなりすごいです。絶対に身内にはなりたくない人たちで、極力避けて通りたい人たちです。
 その者同士の会話は、聞いているこちらがハラハラします。相手が怒りそうなことを言い合っているので。でも当人同士は、ニヤニヤしながらも、楽しそうなのです。
 毒と毒が混ざり合い、魅惑的な媚薬のようなものが出来上がり、それを互いに楽しんでいるような感じです。
 ちなみに、父が好きな有名人は、野坂昭如(あきゆき)と永六輔です。似た匂いを感じるのでしょうか。

 そんな父の血が、姉、私、ハリボーにも確実に流れているかと思うと…。
 よく子どもは親を選んで生まれてきた、なんて言うけれど、選んだ覚えはないんだけどなー。ハリボーも私のことをそう思ってるかもしれないけれど。

  
コメント(0)mederu日記
インドフェアトレード製品多数入荷しました♪
 今日もお店に来る前に夫と授業参観。
 教室の中に、“夢のたまご”といったテーマの作品が飾られていました。一人一人、割れた卵の中から自分の将来の夢の世界が出てくる、といったものを表現していました。
 割れた卵からかわいいケーキやクッキーが出ている子は“ケーキ屋さんになりたいのね(^.^)”、音符が出ている子は“ピアノの先生かな?”、地球の絵が描いてある子は“おぉ、夢は世界平和か!?”と思ったり…楽しいそれぞれの子どもたちの夢を見ていくと、ハリボーのがありました。
 ハリボーのだけ、フツーに白身と黄身がとろりと出ていました。しかもやけにリアル。下にはゆで卵の横断面の絵も(-_-;)
 ハリボーに「これ、普通の卵じゃん。皆は自分の夢を描いてるのに…。」と言うと、「卵から出るのは白身と黄身じゃん。」だって。
 こういうところ、やたら現実的だったりするハリボーです。
 ハリボーと仲のいい同級生の男の子は私に「○○(ハリボーのこと)は適当に手抜きしたんだよ。」なんてフッと笑って教えてくれました。
 手抜きなのか!?

 さてさて、一昨日に続き、本日もインドフェアトレード製品をご紹介いたします♪
 先日、インドフェアトレード製品専門の業者さんと商談し、多数入荷しました!
 今更ですが、“フェアトレード”について念のためご説明します。
 Yahoo辞書によると、
「フェア−トレード(fair trade): 公正貿易。途上国の生産者に公正な賃金や労働条件を保証した価格で商品を購入することで、途上国の自立や環境保全を支援する国際協力の新しい形態。」とあります。
 ピープル・ツリーのHP(http://www.peopletree.co.jp/fairtrade/index.html)には、「アジアやアフリカ、中南米などの女性や小規模農家、都市のスラムの住人など、社会的・経済的に立場の弱い人びとに仕事の機会をつくりだし、公正な対価を支払うことで、彼らが自らの力で暮らしを向上させる支援をします。」とあります。
 今回入荷した商品も、インドの経済的に貧しい女性たちの手によって生み出されたものだそうです。オーガニックや天然素材を使用した、人と環境に優しいものばかりです。
 
ジュエリーBOX 税込420〜630円
キラキラのジュエリーBOX♥
色合い、デザイン共に異国情緒あふれる雰囲気。
小さなBOXにリングを一つ入れてプレゼントしてもいいですね(#^.^#)
ジュエリーの他にピルケースにしてもgood!



天然素材のネックレス 各税込1,890円
※右の天然パールのロングネックレスはレッドもありましたが、どちらもsold outとなっております。
天然パールやシェルビーズを使った天然素材のネックレス。
シェルビーズは3連になっていて、存在感あり!
Tシャツに合わせてカジュアルにもお使いいただけます♪





ストリングネックレス 各税込1,575円
ガラスビーズを使ったストリングネックレス。
長い紐状になっているので、首元のお好きな位置で軽く結んだり、腰に巻いてデザインベルトとしてもお使いいただけます♪



インド綿のストール 各税込1,575円
※グリーンはsold outとなっております。
素朴な肌触りのインド綿のストール。
自然な色合いも肌によく馴染みます。



ビーズフレーム 
(左)税込1,733円
(右)税込2,100円
インドらしい鮮やかな色合いのビーズ装飾が目を惹くフレームです。
アジアンテイストなお部屋のインテリアにぴったり!



各種ミラー 各税込840円
サイズ:直径約8.5cm
キラキラスパンコールやビーズが光る鮮やかなミラー。
ポーチにポンッと入る大きさなのでとっても便利!





キラキラキーホルダー 
ミラーなし:各税込420円
ミラー付き:税込504円
キラキラ好きさんにオススメ!ラブリーな♥の形のキーホルダー。
夏のバッグにチャームとして付けてもかわいいですね!



キャンドルホルダー ※カップキャンドル(無香料)付き。 税込840円
クラシカルな雰囲気のキャンドルホルダー。
アロマキャンドルを焚けばそこはもう癒しの空間…。



押し花カード ※封筒付き。
(大)1枚 税込350円
(小)1枚 税込273円
繊細で美しい押し花のカード。
お花好きなあの方へメッセージを添えて…。





  
コメント(0)mederu日記
消防車の絵と感性
 昨夜、家に帰ったらハリボーの担任の先生から留守電が入っていました。
 なんでも、先日写生会で描いたハリボーの消防車の絵が選ばれて、今度消防署に展示されるそうで、名前を出していいか、という確認のお電話でした。
 今は個人情報の問題で、そういうことまで各家庭に電話して確認しなきゃいけないなんて、先生という職業も本当に大変ですね。
 もちろん、大丈夫ですと返事しました。
 消防署に展示されたら、見に行っていいのかなぁ?ウチの家族は皆見に行きそう^_^;

 そして今日と明日は授業参観の日。
 昨年と比べるとあまり“見に行こう!”という気持ちの盛り上がりに欠け、明日開店前に少し見に行けばいいやと思い、ハリボーにも「今日は行かないから。」と言っていたのですが、少し時間があったので、ほんの10分ほど見てきました。
 体育の授業でドッチボールをしていて、汗っかきのハリボーは一人だけ風呂上りか?というほど汗をかいていました。
 教室の展示物を見に行ったら、全員の消防車の絵が貼ってあり、学年で5人の絵が選ばれたようです。
ハリボーの絵↓


 白い所を残さず、画用紙いっぱいに描いていたのはハリボーだけで、ちょっと変わっていました。
 選んだのは“図工”という名(通称)の図工の先生だそうです。
 その“図工先生”に私は注目しています。
 名前を“図工”にしているだけでも変わっているし、先日配られた新任教師の紹介プリントでのコメントも、一風変わっていました。
 “飼っている猫が視力を失いました。でも代わりに、耳や鼻の感覚が鋭くなり、たくましく生きています。私たちも、感性のボリュームを上げればいつもと違う何かが…そんな図画工作を目指しています。”といったことが書いてありました。

 今回の消防車の絵でも、中には車の形ではない子もいて、ハリボーが「A君はグチャグチャに描いてたけど、色々な色を使っていて、図工先生が『いいね〜!このまま思ったように描けばいいよ。』って言ってた。僕もA君の絵、いいと思った。」と言っていました。
 その話に少々感動しました。
 そう、自分が描きたいように描けばいい。それが芸術の世界!
 こうしなければいけないといった既成概念などなく、自分の思うがまま、感情のまま、感性のままに表現してよい素晴らしい世界!

 ちなみに、教室の一角『こどもニュース 報告したいこと』というコーナーでは、ハリボーは「ゴールデンウィークにかぞくできょうとに行ってきました。金かくじを見て、よるはぎおんで食べました。天ぷらごぜんがおいしかったです。」と書いていました。
 行ったところが周りの子と比べると渋く、中年のような感想でした。

  
コメント(0)mederu日記
インド フェアトレード ハンドメイドナチュラルソープのご紹介♪
 数日前、夫から飲み会で遅くなると連絡が来ていたのに、玄関ドアにチェーンをかけたまま(たぶんハリボーがかけた)寝てしまいました。
 閉め出しをくらった夫は、玄関前で20分位、ドアをたたいたり、ブザーを鳴らしたり、携帯と家の両方に電話をしたり、色々と試みたそうですが、深い眠りに入っていた私はそんなことでは起きません。
 結局、困った夫は私の実家に行ったそうです。
 実家では、夜中1時頃にいきなりピンポ〜ンと誰かが来たのでビックリして玄関のモニターを覗くと、外国人らしき人が覗いていたので怖かったそうです。(夫は純日本人なのですが、私が国際結婚をしたと思った人もいたほど顔立ちがイラン人系なので。)
 で、声と名前を聞いて私の夫だと分かり、入れて、家族で私の行動に呆れながらも色々と話したそうです。
 その時間に起きていた94歳の祖母と夫はだいぶ話し込んだようで、翌日祖母はご満悦でした。(祖母は一日中寝たり起きたりであまり昼夜関係のない生活をしていますが、どちらかというと夜更かしです。70歳代で、私達と一緒に夜中まで起きて『イカ天』を見ていました。長生きの秘訣は“早寝早起き”ではないようです。あらゆることに興味を持ち、家族に文句を言いながら好きなように暮らすことかも。)
 そして夜もだいぶ更けた頃、これで起きなかったらもう実家に泊まるしかないと最後のチャレンジで家に電話をしたら、どうやらレム睡眠に入ったらしい私にも電話の音が聞こえ…。
 家族と夫から怒られました^_^;携帯を見ると、着信履歴と夫からの「家に入れなさい(`´)(`´)」という怒りのメールが入っておりました。

 前置きが長くなったので、今日は最近入荷したオススメ商品をちょこっとご紹介♪
インドのフェアトレード製品のハンドメイドナチュラルソープです。
 花と植物から作られた100%ナチュラルなオイルと、ナチュラルエッセンシャルオイルを配合して100%手作りの行程を経て作られた石鹸です。
 化学物質は一切使用されておらず、材料は全て自然に還るものとなっています。
 天然の癒される香りと、しっとりとした使用感を是非お試し下さい。

ハンドメイドナチュラルソープ 各税込525円
<種類>
・Citronella Eucaplytus シトロネラ&ユーカリ→細菌の繁殖を抑える働きをします。虫除けにも。
・Turmeric  ターメリック→体毛の伸びを抑えたり、肌に潤いを与える効果があります。
・Verti Ver ベチパー→肌に活力を与え、肌のトラブル全般に有効。
・Spirulina  スピルリナ→ビタミン、ミネラル、β-カロテンを含み 美肌効果が期待できます。
・Sandal サンダルウッド→白檀。抗炎症作用、殺菌作用があるのでニキビ、吹き出物に。


 人と地球に優しいフェアトレードナチュラルソープ、お一ついかがですか?

  
コメント(0)mederu日記
フランチャイズと共同経営について。
 昨日は、早々とリースをはじめとしたクリスマス商品の展示会やその他の仕入れに行ってきました。
 毎年大人気ですぐに完売していた天然素材のリース、今年は多めに発注してきました!
 その他にも、キラキラオーナメントなどなどたくさん入荷してきますので、今年のクリスマスもどうぞお楽しみに!!

 そして昨日は、人ごみを歩くし、クリスマス商品の展示会は羽田空港の方面だったので、インフルエンザ対策でマスクをしていきました。東京では10人に1〜2人しかマスクをしている人はおらず、電車の中などちょっぴり気恥ずかしい感じでした。
 でも、東京で初の感染者になったら、「板橋区で東京初の感染者が出ました。雑貨店経営30代女性…。」などと言われるかと思うと、やっぱりイヤです。
 好ましくないことで“初”にならずに一生を終えたいと願うのは、私だけではないはず。でももしなってしまったら、できるだけそっとしておいて欲しいなぁ。身近な人がなってしまっても、できるだけそっとしておいてあげたい。

 ところで今日は、先日のふぐ屋さんが閉店したという日記の中にちょろっと書いた、私もフランチャイズと共同経営に一瞬ぐらついたことがあるという話をします。
 
 開業を決めてから、色々と構想をねったり、調べていくうちに、フランチャイズや共同経営のメリットに一時、心が迷ったことがありました。
 だって、全てを一から自分だけで(もちろんGARANDESIGNなど、多くの方々の力をお借りしたのですが、最終判断は自分に頼るしかなかったということ)、作り上げていくのって、ものすんっっっごくパワーがいるんですもの!物理的な労力の他に、プレッシャーなどの精神的な面も含めて。
 まして私はそれまで畑違いの仕事をしていたド素人だったので、数回通った『雑貨の学校』で学んだ基礎的な知識とやる気だけでやるしかなかったのです。

 まず共同経営の方からいくと、雑貨の学校の授業の中でも辛口な先生は「あまり勧めない。途中で仲間割れをして空中分解するパターンが多い。それでもやるなら、経理担当、仕入担当、販売担当、など役割分担を明確にして、責任の所在をはっきりさせること。」と言っていたので、最初は考えていませんでした。
 でも、どうしてもいざ進めていくうちに、心細くなったり、自分の進んでいる方向が正しいのかどうかが不安になることがあるのです。そんな時に、「あぁ、一緒にやってくれる人がいたらなぁ。やることも、プレッシャーも、今自分にのしかかっているもの全てが半分の重さになるのではないか?」などと思ったこともありました。
 でも、今思えばその考えは、自分のために誰かを利用しようとしただけですね。 
 “私、一人で大変だから荷物を半分持ってくれない?”というのと同じ。
 なので、しなくてよかったと思います。
 もしやるなら、目的を同じくした人と、互いの得意分野が発揮できる体制に棲み分けし、互いの分野を尊重し合い、馴れ合いにならずにある意味ビジネスライクにやっていくことだと思います。

 次にフランチャイズについて一瞬ぐらついたことを告白します。
 結構有名どころの雑貨店でフランチャイズ展開をしているところもあり、テイストも嫌いじゃないとくれば、開店資金は抑えられるし、素人の私にプロの本部の人が丁寧に指導してくれるわけだし、もう既に作られたマニュアルに従ってやっていけばそれほど大きな失敗もなさそう…なんて安易な考えに陥ったことがありました。
 でも“自分のやりたいことは何か”に立ち戻って考えた時に、そういうことじゃない、と思いとどまったのです。
 そして今は心の底から、フランチャイズにしなくて本当によかった!と思っています。
 理由は、先ほど書いたメリットの裏返し。
 開店資金は最初多少かかっても、続けていく限り永遠に納めなければいけない本部への年貢はないし、他からの指導がないから自分のやりたいことを好きなように伸び伸びとできるし、マニュアルがないから自分で必要だと思うことだけを効率よくできるから。
 それに、何といっても自分で一から作り上げた“喜び”や“達成感”が全然違ったと思います。

 人が何かを始めようとする時、そこには必ず”始める動機”があります。
 その動機が何なのか、をよく考えることが開業には必要不可欠だと、小さなお店を開いただけの私が偉そうに言うのもなんですが、思います。
 私の場合、“自分のやりたいことを自分の力で考えながらやっていきたい!もちろん、責任は全て自分で負う覚悟で!!”というのが根本にあったので、それならフランチャイズじゃないだろう、と思い直したのです。
 
 フランチャイズは、手っ取り早くオーナーになれる反面、どうしてもサラリーマンから抜け切らない部分が残ります。
 本部から提示される売り上げ目標を意識し、お店のコンセプトやテイストも本部のものに倣い、セールなどのイベントごと、営業形態なども本部指導のもとで決めていくといったように。
 なので、“本当の意味で脱サラしたい人”はやめておいたほうがいいのでしょう。
 でも、とにかく今いる会社がイヤで出たいという人や転職が難しいから独立しちゃおうという人、自分で一から考えるのは面倒だと思う人、家族で何かをやりたい人などなど、色々な思いから出発するのは自由であり、ノウハウや経験がなくても、その店の“主”になれ、がんばりと運次第では収入が増えるかも、そんな“ちょっと冒険したい人”にはいい制度だと思います、フランチャイズ。

  
コメント(0)mederu日記
消臭エコ商品のご紹介♪
※明日5/19(火)はお休みです。

 昨夜、夫とハリボーはプロ野球の阪神VSヤクルト戦を観戦に行き、遅くに帰ってきました。
 兵庫出身の夫はもちろん阪神ファン。昨日は負けたそうです。ハリボーは兵庫の祖父からもらった阪神の帽子を被っていました。
私:「これ被って帰ってきたの?電車の中とかで巨人ファンの人に怒られなかった?」
夫:「阪神ファンの人がすれ違いざまにひょいっと帽子をとって笑いながらまた被せてくれた。」
 よかった、それくらいで済んで…。
 どうしても関東人から見ると阪神ファンの熱狂ぶりにはやや警戒してしまう…。

 さて本日は、自然に優しいお部屋の消臭&芳香剤と、消臭&防虫&調湿効果のあるシューズキーパーのご紹介です♪
 こちらの商品は、埼玉県川口市にある鋳物製造会社が企画したもので、こちらの会社で製造した鋳物の砂型をリサイクルした消臭剤“リサイクルゼオライト”を使用したエコ商品となっております。
 また、どちらも売り上げの1%が、自然環境保護団体(WWF)と、捨てられた犬の保護団体(SAVE THE DOG)に寄付されるそうです。
 エコを意識しながら、快適な生活も楽しむ、そんな一石二鳥な雑貨はいかがですか?
 
『eco design』 税込2,940円
香りの種類:ローズ、ジャスミン、ラベンダー、ミント
お部屋にかわいく置いて、消臭&芳香剤としてご使用ください。

使い方は簡単!※以下、製造会社の説明より。
@ガラス器にゼオライトを入れます。これが悪臭を取り除きます。
A次にその上から、ポプリを入れます。これで芳香します。
B効果がなくなったら、全て天然素材なので土に捨てても安心です。
C使い終わっても、ガラス器はアクセサリーケースとして再利用できます。
 効果は約3ヶ月間。ゼオライトとガラス器は日本製、ポプリは英国製です。

↓こちらの石の粒のようなものが“リサイクルゼオライト”



リボンがかかった状態で箱に入り、説明書付き♪ギフトとしても最適ですね(^.^)





『ECODESIGN shoes−freshener』 税込945円
 こちらも“リサイクルゼオライト”を使用したシューズキーパー。
 これ一つで、消臭・防虫・調湿効果があるという優れものです。
 これからの季節、一日履いた靴にこちらをセットしておけば、翌日には消臭&湿気もとれていつでも快適♪ ※消臭期間は約100日。
 防虫効果もあるので、収納時にもお使いいただけます。


 小花柄は、ピンク・オレンジ・ブルーの3色、その他ナチュラルクローバー柄もあります♪

  
コメント(0)mederu日記
お疲れ様でした、ふぐ屋の店長さん。
 昨日で、mederuの目の前にあったふぐ屋さんが閉店しました。
 昨日、店長さんが挨拶にいらしてくださいました。
 mederuがオープンした頃は同じチェーングループのかに屋さんで、途中でふぐ屋さんに変わっても(かに屋の前はふぐ屋だったらしい)、店長さんはずっと同じ方だったので、挨拶に来られたことはなかったのですが、今回は挨拶に来られたということは、“その店長さんのお店”としては、昨日が最後だったのでしょう。

 3年前から、毎日毎日、mederuのレジ前から見える水槽の中で泳ぐかにさんやふぐ君たちを見てきました。
 私の生活の中の“好きな風景”の一つでした。
 毎朝、mederuが開店してほどなくすると、店長さんがスクーターで出勤してきて、mederuの前でくるっとユーターンしてバイクを停める姿を見届けると何となく安心し、心の中で“今日もお互いにお店がんばりましょうね。”という気持ちになるのでした。
 それが今日からは水槽もなくなり、店長さんも来ない、ガランとして明かりの消えたままのふぐ屋さんの跡を見ると、淋しいです…(T_T)
 “企画展の打ち上げもしたなぁ…。店長さんが一品サービスしてくれったっけ…。新潟出身の感じのいいバイトの女の子もどうしたかなぁ。”などと、ふぐ屋さんとの思い出を思い起こしたりしています。
 
 かに好きのハリボーはかに屋さんの時に行きたがっていて、延び延びになっているうちにふぐ屋さんになってしまったので「そのうちまた、かに屋さんになるかもしれないから、そしたら行こうね。」と言っていたのにこうなったので、「だから早く行っておけばよかったんだよ(`´)」と言っていました。
 そうだね、行きたい、と思った時に行かないと、いつどうなるか分からないね。

 次は何になるのか決まっているのかしら?と、扉の貼り紙を見たら、「リニューアルのため閉店」とあり、同じチェーン店のふぐ屋の住所が2〜3ヶ所書いてありました。
 ということは、店長さんが変わるだけで、また同じチェーングループのお店になるのかな?フランチャイズなのかな?
 そういえば、昨日も本部の人らしき背広を着た人が車を横付けにして来ていました。

 フランチャイズについては思うことがありますが、長くなりそうなのでまたの機会に。
 脱サラして素人が開業する時に、“フランチャイズ”と“共同経営”は甘い蜜なのです。
 私も実際、いざ始めようとした時にその二つの甘い誘惑に流されそうになりました。
 あ、別にフランチャイズや共同経営が悪いわけではないのです。
 私の場合、“自分のやりたいこと”がそこではないのに、開業前、つい気弱になったり自分の中でのプレッシャーに負けそうになった時にその二つの道を選択しそうになったことがある、ということです。
 
 とにもかくにも、ふぐ屋の店長さん、長い間お疲れ様でした。今までのご縁、ありがとうございました<(_ _)>

  
コメント(0)mederu日記
mederuオリジナルTシャツ好評販売中!
 昨日は5時にお店を閉めて、ハリボーの学童保育の保護者会に行ってきました。
 今年は学校のほうのPTA役員になったので、学童の父母会の役員はどうしても避けたい!と思っていたら、大丈夫でした。ほっ…(#^.^#)
 
 保護者会の質疑応答では、あるお母さんから「(学童に隣接する)公園でもよく遊んでいるようですが、先日ホームレスの人が洋服を干しているのを見ました。その辺の対応はどのようにされているのでしょうか?」といった質問が出ました。
 確かに、学童に隣接する公園は昼間、ホームレスの方が水道で洗濯をしたり、ベンチで寝たりしています。そのすぐ横で子ども達は遊びます。
 そして、それに対する学童責任者からの回答は「ホームレスの方々は、いらっしゃる時といらっしゃらない時がありまして、昨年と比べるといらっしゃる頻度は減りました。あちらから一回クレームが来たことがありまして、子ども達には、寝ている人の近くで大声を出さないこと、話しかけないように言ってあります。」というものでした。うけました。
 たぶんそのお母さんは、子どもたち優勢の視点に立ち、どちらかというとホームレスの方たちへの働きかけを期待しての質問だったと思うのですが、回答はホームレスの方たち優勢の内容で、しかもあちらからクレームがきていたとは!
 まあ、確かにあちら側にとっては“生活の場”ですからね。最近頻度が減ったということは、子ども達のうるささに嫌気がさしてきたのか…?

 さてさて、今年もmederuオリジナルTシャツを好評販売中です!
 デザインはもちろん、ハリボー&中村幸代のコラボデザイナーズブランド“hariboo”より。
 昨年はトロピカルカラー中心の展開でしたが、今年はダークカラーを中心に展開中。
 だいぶサイズや色欠けが出てきておりますので、気になる方はどうぞお早めに!!
 新柄も作りたいところなのですが、haribooも忙しくなかなか…。でもいつかご紹介できたらいいな、と思っております♪

<mederuオリジナルTシャツ>





柄:giraffe(キリン)、elephant(ゾウ) ※右袖にはmederuのロゴマークが入っています。
半そで:100、120サイズ 税込1,890円、G-S以上〜 税込2,100円
長そで:XS〜 税込2,480円 ※長そでの子どもサイズはございません。
※サイズによってプリントの位置が異なります。メールでのご注文の方は、PDFファイル形式で画像をお送りできます。

<半そでサイズ>
100(着丈390o 身幅310o) ※お子様サイズ。
120(着丈480o 身幅360o) ※お子様サイズ。
G-S(着丈550o 身幅420o) ※女性の小さめSサイズ。
G-M(着丈590o 身幅450o) ※女性のMサイズ。
S(着丈630o 身幅470o)  ※日本サイズの男性Mサイズ程度。
M(着丈680o 身幅520o) ※日本サイズの男性Lサイズ程度。
L(着丈720o 身幅550o) ※日本サイズの男性LLサイズ程度。

<長そでサイズ>
XS(着丈580o 身幅420o)  ※女性のSサイズ。
G-F(着丈590o 身幅450o)  ※女性のMサイズ。
S(着丈650o 身幅470o)  ※日本サイズの男性Mサイズ程度。
M(着丈700o 身幅520o) ※日本サイズの男性Lサイズ程度。
L(着丈750o 身幅550o) ※日本サイズの男性LLサイズ程度。

※シティグリーンとラベンダーは半そでのみ、ダークブラウンは長そでのみ、G-Fサイズ長そでのグレーはライトグレーとなっております。

  
コメント(0)mederu日記
尊敬と依存の違い。
※本日5/15(金)は、午後5時までの営業となっております。

 先日、ハリボーの通う学童保育の教室に、ポトッと人間のものと思われるウンチが落ちていたそうです。
私:「新しく入ってきた一年生がもらしちゃったのかなー?」
ハリボー:「今年の一年生は皆しっかりしてるから違うと思う。たぶん…あの子かな?という子はいるけど…。」
私:「え?誰?」
ハリボー:「…でも分からないから言わない。」
私:「そっか。」
 こういう時に慎重なところは、ハリボーのいい所だと思う。

 あと最近思ったこと。
 宗教だったり、商品だったり、人だったり…何かを強く信じている人がいて、誰かがその人の信じているものに対して疑問を投げかけたり、否定的な意見を言ったり、その人と同じようには理解できなかった時に、取り乱してしまうほど怒ったり、言った人のことを憎んだり、日常生活に支障が出るほどドーンと深く落ち込んでしまったら、それはもう、信仰や尊敬というよりも“依存”だろう。
 本当の信仰や尊敬であれば、人から何を言われても静かにそれを聞き入れ、“それでも自分はこういうところを信じているのだ”と理路整然と言えたり、思えたりするだろう。

 自立した上で信じるものがある人は強い。そして、それをみやみに人に押し付けたりもしない。その人が聞いてきたときに、優しく丁寧に“自分の信じるもの”について教えてくれるだけ。
 それが“依存”の場合、少しでも否定的なことを言われると、被害的な思考になり、“自分の信じているものがいかに素晴らしいか”をむきになって伝えようとしてくる。
 私は、そういう時が一番うんざりしてしまう。
 たいていそういう人は、信じる自由は認めていても、“信じない自由”は与えてくれない。“信じない自由も認めてくれよ〜!”と思う。

 “依存”は見ていて悲しい。そして、依存は依存を生む。
 “依存の連鎖”や“共依存”と言われるように、誰かに依存されている人は、また何か(誰か)に依存してしまいがち。
 母親に依存する子、その母親は夫に依存し、その夫は仕事に依存する、というように。
 あるいは、夫に依存する妻と、自分に依存してくれる妻に依存する夫、という共依存関係。
 どちらの関係も危うさを感じる。

 愛と依存は間違えやすいけれど、”愛”は、時には相手を突き放すこともある。
 ライオンの親が子を谷に突き落とすように。「お前は強くならなきゃだめだ!外の世界を知ってきなさい!」というように。かわいい、かわいいは本当の愛ではない。

 最近多くなってきている家族間での殺人も、家族の関係が密になりすぎている“依存関係”がもたらしているケースが多い気がする。
 自分と他人が一心同体になってしまうと、相手が自分の思うようにいかなくなると、愛が憎しみに変わるのだろう。
 
 もちろん、誰しも多少は何か(誰か)に依存している部分はあると思うけれど、自立と依存のバランスを保つことが大切なのだろう。自分も気をつけようと思う。
 人間、事故や何かである日突然、天涯孤独になることもある。そうなった時に、一人でも生きていける力をつけることが、人としての危機管理なのだと思う。

  
コメント(0)mederu日記
YUZU(ユズ) 新作アクセサリーのご紹介♪
 最近の“こんがりポテト”のCMに出ている三浦友一さんと山口百恵さんの息子の顔を94歳の祖母が見たがっています。
 でもいつも「ほら、この子この子!」とおしえて、祖母が顔を上げて画面を見る頃にはもうCMは終わっています…。
 CMの顔のアップの時間が長くならない限り、見ることは難しいのではないかと思われます。
 ハウス食品さん、アップロングバージョンのCMをお願いします!

 さて本日は、YUZU(ユズ) 新作アクセサリーのご紹介です♪
 今回も、ノスタルジックな雰囲気たっぷりな素敵な作品たちです。
 流行のヒラヒラレースのスカートなんかに合わせたら、西洋のお姫様風に♥
 それでは、YUZUの世界をご堪能くださいませ〜(^.^)

<各種樹脂アクセサリー>
(左)クローバーとビンテージストーンのネックレス 税込2,100円
(中央)フープキーのリング 税込1,890円
(右)フープキーのネックレス 税込2,100円 
 アンティーク調のクローバーやフープキーのパーツを樹脂で閉じ込めたノスタルジックなアクセサリー。
 クローバーの上に付いているのは、キラキラ光るビンテージストーンです♪



フィリグリーブローチ 各税込1,890円
 ミルキーがかったアクア、ラベンダー、ピンクのカラーフラワーがかわいいフィリグリーブローチ。
 リーフ、パール、コトリと、女の子の大好きなものがぎゅっと詰まったロマンチックなブローチです♥



(左)スモーキークオーツのブローチ 税込1,890円
(右)スモーキークオーツのピアス 税込1,890円
天然石のスモーキークオーツを使ったアクセサリー。
薄墨のような独特の色合いでちょっぴり大人っぽく…。



(左)ルーサイトピアス 税込1,470円
(右)レッドローズとローズクオーツのネックレス 税込3,780円
家紋のような柄の入ったルーサイト(アクリル樹脂)ピアスは、和モダンなデザイン。
樹脂コーティングしたレッドローズは鮮やかな赤が目を惹きます。



  
コメント(0)mederu日記
草なぎくん事件
 昨日はハリボーの遠足の日だったのでお弁当を作り、送り出した後はほっと一息、一人の時間を楽しみました。
 ちなみに、遠足から帰ってきたハリボーに「お弁当、どうだった?」と聞くと、「美味しかったけど、もっと工夫してよ。おにぎりは丸くにぎって、小さく切った海苔をはればサッカーボールになるから。」と言われてしまいました^_^; 作り方まで教えてくれて…。
 「学童のお弁当ではしないけど、学校行事のお弁当の時は工夫してみるね。」と言いました。(学校行事のほうが頻度が少ないし、学童では仕出し弁当をとってる子のほうが多いと聞いたのでバランスを考えて。)

 来週の休みは展示会巡りなので、昨日はインドアで休息日。
 好きな本を読んだり、テレビを見たり、好きなものを食べたり、あれこれ考えたり、眠くなったら寝る、という過ごし方は至福の時です。
 でもこれが毎日だったら確実に物足りなく感じます。普段の忙しさがあるからこその貴重でありがたみのある休息日なのです。
 最近よく思うのが、“忙しいって、ありがたいことだな”ということ。
 先日ある作家さんからのメールに「つい忙しいって、言ってしまいます^_^;」とあったので、「忙しいことは健全だと思います!」といった返事をしました。
 時間をもて余す日々は、私には辛そうです。

 ところで話題にするにはちょっと遅いのですが、SMAPの草なぎくんの事件について。
 世間では草なぎくんに同情的ですよね。批判した鳩山大臣の方が猛バッシングされていたのがおかしかったです。
 最初、テレビのニュース速報で「SMAPの草なぎ剛容疑者が公然わいせつ罪で逮捕。」と流れた時には、一体何しちゃったんだろう?(*_*)と驚きましたが、その後したことが分かった時には、“なんだ。もっとすごいことしちゃったのかと思った。真面目そうな草なぎくんにも、そんな癖(ヘキ)があったのかぁ。”と思い、“草なぎくんも普通の男(ひと)だったのね。”と、ちょっぴり安心したような気すらしました。
 その後の本人の記者会見では、“やっぱり基本、真面目な人だなぁ。”と思いました。考えながら、自分の言葉で正直に応えていたので。
 記者から「普段も酔うと脱いでしまうことはあったんですか?」といった質問をされた時にも、とても真面目な顔で「パンツ一枚になったことはありました。」と応えていたのを見た時には、ふき出してしまい、“よく皆笑わないなぁ”と思いました。 でも、そこは“ホント〜?脱いだこともあるんじゃないの〜?でも言えないか!”と思いましたが。
 
 どんな人にも何かしら抱えている問題や欠点、コンプレックスがあり、それらが一つもない人間なんていないでしょう。
 もしそんな人がいたら、お会いしたいものです。きっと、偽者です。あるいは、病んでいるか…。
 問題がある人のほうがある意味健全だと思います。

 草なぎくんがどうなっていくかは、全てこれからの彼にかかっているのでしょう。
 私はかえって今回のことで一皮むけて、優等生キャラから脱皮でき、俳優としてのいいチャンスだと思います。

  
コメント(0)mederu日記
みずたま帽子 新作&再入荷 くるみボタンとステーショナリーのご紹介♪
※明日5/12(火)はお休みです。

 愛し合ってるかーい!?
 突然でスミマセン。昨夜の忌野清志郎さんの追悼番組で感動したもので、つい。
 忌野清志郎さんは、心優しい愛情あふれる人でした。世界平和を願い、夢を持ち続け、その夢に向かって努力を惜しまずに行動する、大人の中の大人でした。
 見終わると、Kちゃんからも感動したとのメールがあり、深夜に二人で愛し合ってるかーい!?なんてやり取りをしました。
 やっぱり、人間には“愛”ですね。
 今晩も0:45からNHKで清志郎ライブ完全版をやるようなので、寝不足覚悟で見ます!(明日はハリボーの遠足で早起きしてお弁当作らなきゃいけないけれども、見ます。)

 そして昨日は、ハリボーから母の日のプレゼントがありました。
 夜な夜な描いてくれていた絵が間に合いました。

『ユニコーンの影』byハリボー7歳

夜空の色がきれいで気に入りました。ユニコーンのわりには角がひかえめです。大切にします。
↓こんな手紙もくれました。(個人情報が載っていたので部分写しで。)





 「元気でいてください」の「いて」が小さく、後から書いたのかな?
 「しごとがんばってください」の言葉とmederuのロゴマークの挿絵にはちょっと感動でした。
 ポケモンキャラクターも、数少ない私の知っているキャラクターを選んでくれて、その気持ちも嬉しかったです。
 「サンキューベイベー!愛してるよハリボー!」(ちょっと今日は清志郎風に…。)

 前置きが長くなりましたが…
 みずたま帽子から新作を含め、くるみボタンやステーショナリーが入荷してきましたのでご紹介します♪
 と、その前に、みずたま帽子ブランドの作家、オオタヒロコさんが個展を開催されます。
 5/25(月)〜30日(土)、COFEE&GALLERY ゑいじう(http://www.eijiu.net/)にて、オオタヒロコ個展『窓辺にりんご、コトリの声』です。
 ご興味のある方はどうぞ行ってみてください♪

 それでは作品紹介にいってみましょー!

各種くるみボタン 1コ税込315円
 これからの季節にピッタリなマリン柄や定番人気の動物柄、お子様のお洋服にと人気の汽車やマトリョーシカ柄など豊富に揃っております(^.^)
 ヨット、いかり、リス柄は初入荷です!







各種ミニカード ※封筒付き 1枚税込210円〜221円
品薄になっておりましたミニカードも再入荷です!



各種ポストカード 1枚税込158円
 こちらは新柄『ホームメイドレシピ』。何やら忙しくも楽しそうに作っていますね♥


裏側のスタンプスポットにもかわいいイラストが!



その他、人気のイラスト柄やアップリケ柄も揃って入荷です。







各種ペーパーバッグ ※6枚入り 1セット税込315円
お菓子や写真を配るのにちょうどいいペーパーバッグも再入荷です♪



  
コメント(0)mederu日記
若気のいたり?
 今日、夫とハリボーは朝4:30起きで夫の会社主催の潮干狩りに行きました。
 あさりは、バター焼きにしても酒蒸しにしても、みそ汁にしてもお吸い物にしても、スパゲティーにしても、なんでも美味しいので、たくさん獲って来てくれたらいいなぁ。
 そして今朝は夫もハリボーもいない一人の朝だったので、昨夜から「ベローチェ(全国チェーンのカフェですよね?皆さんに通じますよね?ちなみに板橋が本社です。)でゆっくりと朝食をとるの♥」と宣言し、実行。でも思いの他時間がなく、予定外にお腹が空いていたので、急いでコロッケサンドを頬張り、優雅にはいきませんでした…^_^;

 ところで今日の夜23:30からNHKで忌野清志郎さんの追悼番組をやるようです。絶対に見るぞ〜!と今から意気込んでいます!!

 忌野清志郎さんが亡くなった翌日、スタッフKちゃんに、「Kちゃん 忌野清志郎さん、亡くなったね。Kちゃんのカラオケ十八番というと、『どうしたんだ ヘヘイ ベイベエ バッテリーはびんびんだぜ♪』の印象があったから思い出したよ。」とメールを送りました。
 Kちゃんからは、「そうなのよ。58歳だよ。早すぎる…。寂しい気分になったよ。 それにしても、歌詞を文字で見ると強烈(@_@)で、としとしのメール読んで笑ってしまったよ!」と返信がきました。
 確かに、文字にすると…悲しいのに笑ってしまいました。

 私の中での高校時代のKちゃんのカラオケ十八番というと、忌野清志郎、Kちゃんの中での高校時代の私のカラオケ十八番は、尾崎豊だそうで、私達、熱すぎる!!
 でもKちゃんとも話したのですが、確かに今でも好きだけど、それを今言われると、ちょっと言い訳したくなるよね、、、と。
 若気のいたりというか…。いや、好きなことは好きなんですよ、私は今でも尾崎を。
 若者の代弁者としてメッセージ性のある歌とあの声とルックスと、彼のもろく繊細な生き様も。
 でも今、“愛が!自由が!”と声高に言うには年をとり過ぎました。彼の歌詞にあるように「サラリーマンにはなりたかねえ!」とも言えません。(実際、脱サラしたけれど…。)
 そういうのって、ありませんか?大人になった今、当時を思い返すと“分かってなかったなー。”“青かったなー”と思うこと。

 でも、確かに当時は“自由って一体なんだい?どうすりゃ自由になるかい?自由に生きたくないかい?君は思うように生きているかーい?”なんていう歌詞や“人は誰も縛られたかよわき子羊ならば 先生、あなたはかよわき大人の代弁者なのか”なんていう歌詞に、“そうそう!そうなんだよぉ。大人なんて誰も信じられない!”なんて思っていたのです。
 しかし現実の私はというと、”盗んだバイクで走り出す〜♪”なんて歌っているわりには、自転車一つ盗んだこともなければ、学校をさぼったこともない、いたって真面目な中高生でしたし、普通に就職し、普通に結婚し、サラリーマンの夫をもち、普通に子どもを産み、今に至っているわけです。
 そして、“あぁ、そんな時代もあったなぁ。”なんて思い出したりなんかして。。。

 きっと今思ったり考えたりしていることも、10年後の自分から見たら、“青かったなー”と思うのでしょうね。うーん、年をとるってすごい。

 何はともあれ、今晩は忌野清志郎さんを見ます。忌野さんは最後まで自分の思いを音楽を通して伝え続けたすごい人だと思います。
  
コメント(0)mederu日記
SAS II RO(サシイロ) 新作アクセサリーのご紹介♪
 明日は母の日♥今日は、小さなお財布を握りしめたかわいいお客様も多くご来店してくれています(#^.^#)
 お隣のお花やさんも大忙しです!前に「父の日はさっぱり。母の日と全然違うんですよ。」と言っていました。確かに、母の日と比べて、父の日は何故か盛り上がりに欠けますよね^_^;
 ハリボーは数日前から、母の日のプレゼントにと、夜な夜な絵を描いてくれています。昨年くれた『ペガサスの影』をシリーズ化したいらしく、今年は『ユニコーンの影』らしきものを描いています。
 昨年は鉛筆描きでしたが、今年は絵の具も使っています。「明日には間に合わないかも…。」と言っていました。気長に待ちたいと思います。

 さて本日は、SAS II RO(サシイロ)より新作のご紹介です♪
 シルバーや真鍮、天然石を使い、抽象的でモダンなデザインに定評のあるSAS II ROアクセは、大人な雰囲気。母の日のギフトにもぴったりですよ(^.^)
 それでは、北海道生まれのアクセサリー SAS II ROの世界をどうぞ…。

グリーンガーネットのSVブレスレット 税込2,100円
 クールなシルバーブレスに、透明度が高くほんのりグリーンなグリーンガーネットが揺れるデザインブレス。
 オフィスにパーティーに…様々なシーンでお使いいただけます。



SV&真鍮ペンダント 税込3,570円
ユニセックスなデザイン。
服装によってクールにもモダンにもなります。
SV&銅ペンダントもあります。



真鍮とビーズのロングネックレス 税込3,150円
こちらは夏らしい作品。
mederuカラーのロングネックです(#^.^#)
長めの一連にしても、二連にしてもお使いいただけます。



真鍮ネックレス&ブレスセット 税込3,150円
 こちらは、お揃いのネックとブレスとして使ってもよし、つなげてロングネックレスにしてもよしの2WAYセット。
 都会的でシンプルなデザインです。



淡水パールのSVブレスレット 税込2,100円
バッグのような、カニのような…個性的なモチーフが揺れるSVブレス。
淡水パール好きの方にぜひオススメです♪



 その他、完売しておりましたSVチェーンピアスやラブラトライトの編み込みネックレス、シンプルSVペンダントなども入荷しておりますのでどうぞ見にいらしてくださいね♪
  
コメント(0)mederu日記
手抜き日記。。。
 今から書くことは全て言い訳…?
 今日は母の日ギフトで忙しく、更に盛夏向け商品がわんさか届き、雨も降ったりやんだりで外に出している商品を出したりしまったりしているうちに時間がなくなったので、日記が書けませんでした(>_<)…というより、時間配分を間違えたのが大きな原因のような気も…。
 ということで、本日は昨日載せ忘れた京都金閣寺の画像でもって失礼します<(_ _)>
↓あやめの季節の金閣寺。
 金と紫のコントラストが鮮やか〜。
 池に映りこむ金閣寺もまた趣き深し。。。


 明日も忙しそうですが、なるべく作品紹介、したいと思っております〜♪

  
コメント(0)mederu日記
『亀の恩返し』と京都旅行。
 長らくお休みをいただきました<(_ _)> 
 連休でリフレッシュしてきましたので、またせっせとお仕事がんばりまっす!

 ということで今日は連休中のことを…。
 5/2(土)はお店を早閉めして、姉と共に日本武道館で開かれたライブコンサート『亀の恩返し』に行ってきました。
 『亀の恩返し』コンサートは、亀田誠治という音楽プロデューサーが“音楽”への感謝の気持ちを込めて、自分が手がけたアーティストを募って開かれたコンサートで、5/2の出演アーティストは、スピッツ、KREVA、平井堅、椎名林檎、秦基博、JUJUという豪華な面々でした。
 一人のアーティストが3〜5曲歌い、その他アーティスト同士のコラボもあり、3時間半、みっちりたっぷりと楽しませていただきました(^.^)
 平井堅と椎名林檎のコラボ、最高でした。ちょっとディープな感じで…。
 全体的に、とてもLOVE&PEACEな雰囲気漂うコンサートで、亀田誠治という人の人柄が滲み出たものとなっていました。
 各アーティストもすごいけれど、亀田誠治という人の才能もまた素晴らしいなと思い、そしてコンサートの度に思うのが、あれだけの人を集めるアーティストの力、音楽の力はすごい!武道館に立てる人は、“選ばれし人”なのだと思います。
 コンサート後は、姉と食事をしながら感想を言い合い、最後にはなぜか「核を落とされた国って、日本だけなんだよね。唯一落とされた国なのに、核を持っていないって、すごくない?核なんて、誰かが持つから皆持ちたがるようになるんだから、皆で持つのをやめたらいいのに。アメリカの言いなりという側面もあるだろうけど、落とされたのに持ってないっていうのは誇りに思っていいよね。それをもっと外に言っていかないと。エコの技術もすごいし。そういうところを世界にもっとアピールしていかないとね。」なんて話しになり、ふと気づき「なんかすごく、社会派な会話だね。私達姉妹って、結構そうだよね。」と言って、笑いました。
 これって、親の影響(特に母親)だと思います。母からは、あまり普通の母親らしい話しを聞いたことがなく(私の中での普通の母親らしい会話というのは、料理のこととか、子どものこととか、近所の人のこととか、です。)、政治や社会についての話をよくしていた記憶があります。
 たまに一緒に行く映画も、戦争や原爆の映画が多かったので、姉も私も幼い頃からその辺の思想的なものはきっと刷り込まれているのでしょう。
 そんな話の後、帰ると、忌野清志郎さんが亡くなったというニュースが流れていました。忌野さんも戦争や核に反対し続けた反骨のロッカーでした。とても残念です。

 次の日は朝から、夫とハリボーとの家族三人で車で京都旅行に出かけました。
 それなりに渋滞してましたが、夕方には無事京都に着き、宿泊先に荷物を置いてから夜の祇園へと繰り出しました。
 今回の宿泊先は、行動が遅かったこともありホテルや旅館はどこも満室で取れず、素泊まり大人一泊5,000円の国立京都国際会館というところ。最初は“えー!素泊まり〜。”とちょっぴり不満だったのですが、案外ここ、良かったです!
 京都議定書を交わした国際会議のために建てられた大規模な施設で、普段は医師会の研修などで押さえられているようですが、たまに研修の合間で空きが出ると、一般の人が泊まれるのです。
 安いビジネスホテルより部屋はきれいだし、基本的な設備も整っているし、何より駐車場が広く、車を置きっぱなしにできるのがよかったです。
 京都市内の観光であれば、地下鉄やバスでの移動で十分。車だとかえって渋滞や駐車場探しで時間もお金も大変です。食事も街に出ればいくらでも美味しいものが食べられるので、ナイスな宿泊先でした。
↓宿泊先『国立京都国際会館』


 夜の祇園では、ちょっと贅沢に私達は会席料理、ハリボーは天ぷら御膳をいただきました。
 ハリボーはそこで食べた天ぷらがとても美味しかったらしく、祇園の町を大変気に入り、次の日も「夕飯は祇園で食べようよ。祇園には何でもあるよ。」なんて言っていました。
 帰ってからも、他の家族から「どこが一番楽しかった?」と聞かれ、すぐに「夜の祇園!」と答えていて、家族もビックリ(*_*)「芸者遊びでもしてきたの?」と笑われていました。 
 学校の作文にも書いたりして。「京都では、“夜の祇園”が楽しかったです。」なんて^_^;
↓ハリボーの気に入った『夜の祇園』。情緒豊かな街並です。




↓会席料理(一部)
 目で楽しんで、舌で楽しんで…。






↓京都の風物。鴨川沿いに張り出した桟敷、「床」。
 川沿いには、等間隔にカップルや学生たちが談笑。



 それにしても新緑の季節の京都、とても良かったです。
 暑くもなく、寒くもない良い季節♪
 中学の修学旅行でも行きましたが、その時に見た京都と、大人になった今見た京都とでは、感じ方が全く違いました。
 私も、“趣・風情”といったものが分かる年になったようです。
 年をとるのも捨てたもんじゃないと思いました(^.^)
 今回は、金閣寺、竜安寺、東本願寺、西本願寺、二条城、東寺、三十三間堂、清水寺などをまわりました。
 
↓この石庭のわびさび…。これが分かる若者や外国人はすごい。


↓釘を使っていないなんて、なんたる技術!


↓移動の途中の街並も観光の一部です。
 古〜いビクターの看板らしきもの。


↓つつじとあやめの綺麗な季節でした。


↓三十三間堂。ここで「通し矢」が行われるそうです。


↓清水寺で、何かやっていました。


↓「清水の舞台」大勢の人が集まると、メキメキといきそうで見ていて怖かったです。


↓夫が強く見たがった「アテルイとモレの碑」。
これを見るために清水寺に行ったといっても過言ではありません。
賛否両論あるようですが、東北地方の指導者として勇敢に戦った二人だそうです。



 旅の楽しみの一つが“食”。
 今回は宿泊代がかからなかった分、食費にかけました。
↓2日目の晩は、しゃぶしゃぶ。


↓3日目の昼は湯豆腐セット。

 
↓京都といえば、やっぱりお抹茶にお菓子は定番(#^.^#)


↓ハリボーの大好物、わらび餅。
 ぺろぺろと素早く食べていました。



 サービスエリアでは。。。
↓「丹沢あんぱん」
 薄い皮に舌触りのよいこしあんがgood!




↓S&B直営レストランの「満腹カレー」
 隣の卵との大きさを比べてみてください!デカ!!
 この大きさでお値段は普通のカレーなみ。お得です♪



 そんなこんなで、たくさん歩いてたっぷり食べた2泊3日の京都の旅でした♪
 帰りはやはり渋滞で、夕方京都を出て、自宅に着いたのは午前様。それでもリフレッシュできた楽しい旅となりました♥
 まだまだ嵐山や大原のほうなど行っていない所もあるので、またいつか行ってみたいと思います(^.^)

  
コメント(0)mederu日記
人気のかわいい雑貨たちのご紹介♪
※本日5/2(土)は、午後3時までの営業です。
※※明日5/3(日)〜5/6(水)まで、お休みさせていただきます。5/7(木)より通常営業となります。またのご来店をお待ちしております<(_ _)>

 誠に勝手ながら、本日3時から5/6(水)まで、お休みをいただきます<(_ _)>
 今日はコンサート、明日からは車で京都に家族旅行です。高速代は安いけれど、渋滞が恐怖。でも好きで行くので楽しんできたいと思います。
 京都といえば、4mameさんがお引越しされた先!4mameさん!近くの空気を吸いに行きま〜す(^.^)

 ところで、昨日バイクで釣りに行った夫は、夕方まだ明るいうちにmederuに来たのでどうしたのかと思ったら、一匹も釣れず(釣り用語で“ぼうず”と言うらしい。)、しかも川を見てよそ見をしていたら砂利に車輪を取られ転倒し、すり傷を負ったのでやる気をなくし帰ってきた、ということでした。
 気分を入れ替え、ツーリングと道の駅での飲食と自然食品の買い物を楽しんできたようですが、悔しさが滲み出ておりました。
 お店のパソコンでも、川ばかり調べていました。「川虫はいたのに…ヤマメはいなかった…。」と言っていました。(夫は“ヤマメ”ねらい。イワナじゃ満足しません。私から見れば、ヤマメもイワナも同じようなものなのですが。)
 途中、海でイカ釣りに行く予定だったけれど急な仕事で行けなくなった同僚から、夫の釣果を聞く電話が入りました。
 これは男の勝負の世界なんだな、と思いました。
 昨日、釣りの準備をする夫の背中からワクワク感が感じられたと書きましたが、今思えばちょっと違いました。ワクワクと同時に、緊張も感じられ、戦の前に刀を研ぐ武士に近い感じ?
 今回はヤマメに負けた夫。でも必ずやリベンジをするべく、ヤマメを追い続けることでしょう。
 家に帰ると、釣れた魚を冷やすためとコンビニで買った氷が、淋しく溶けていました…。

 さてさて、休みに入る前にちょこっとご紹介しますのは、人気のかわいい雑貨たち♪
 “この手のテイストには目がないの♥”というお客様も多いのです。
 ちょこまかとした小物たちは、私も選んでくるのが楽しいものです(#^.^#)

カフェマグピンクッション 各税込525円
 小さなカフェマグに、フェルトでできたコーヒーとカプチーノがぷっくり。
 ミニチュア粘土作家のM♥NH(マナホ)作のスイーツマチ針とセットでお買い上げになるお客様も!



カトラリー&ティータイム プッシュピンセット 税込630円
 かわいいシルエットのプッシュピンセット♥
 コルクボードにお気に入りのレシピやポストカードをとめたり…ぜひどうぞ(^.^)



ビスケットマグネット 各税込180円
 本物のビスケットそっくりなマグネット♪
 これを見ると、森永ビスケットのチョ○スが食べたくなるのは私だけではないはず!
 オフィスデスクや冷蔵庫、アイアン製の扉などにちょこんと付けて、かわいくご使用くださいませ(#^.^#)



アンティーク風ミニボトル 各税込315円
 ちょっぴり歪んだシルエットがアンティーク風。
 ビン越しにのぞき込んだ世界はノスタルジックな雰囲気です。
 そのまま飾っても、一輪挿しとして使ってもOK!



  
コメント(0)mederu日記
変わった人。
 世間ではもうゴールデンウィークに入った人も多いのでは!?
 mederuも明日の午後3時から6日(水)まで、お休みに入らせていただきます<(_ _)>
夫は今日からゴールデンウィークに入り、さっそく早朝から一人でバイクにまたがり、群馬の方まで渓流釣りに行きました。
 実は今日は私の誕生日。「ケーキじゃないけど、ヤマメとイワナをたくさん釣ってくるから!」なんて言っていました。
 昨夜、せっせと釣りの準備をしている背中からは、隠しても隠しきれない“ワクワク感”が伝わってきました。
 好きなことをするのはいいことです。私も明日の夕方からは姉とコンサートを楽しんできます♪

 そう、今日はメーデー、労働者の日であり、私の誕生日でもあります。
 母は私を産んで間もなく職場復帰をしたのですが、職場の広報誌に「メーデーに 産声あげし 次女抱(いだ)き 働く母への エールと感ず」といった短歌を載せたという話しを聞いたことがありました。
 私にとってはちょっぴり嬉しいエピソードだったのでよく覚えていたのですが、さっき母にちゃんと聞こうと思い電話したら、「ああ、なんかそんなこともあったわねぇ。忘れちゃったわ。」だって(-_-;)そんなもんですよね…。
 いつも「あなたのブログに私の俳句も載せてよ。」なんて訳分からないこと言っていて、せっかくのチャンスをあげたのに。(俳句じゃなくて短歌だけど。)
 私の記憶の範囲内でこんな感じだったというのことで載せました。

 話は変わって、今朝のテレビにエレファントカシマシのボーカル宮本浩次が出ていて、髪をかき乱し、顔をしかめ、身をもだえさせながら話すいつもの姿を見ながら、
私:「この人、変わってるよね。」
ハリボー:「うん。歌ってる時と話してる時、声とか全然違うね。」
私:「変わってる人って、面白いよね。」
ハリボー:「うん。」
私:「○○通り(近所の商店街)とかにも変わった人たちっているよね。ほら、あのスカートはいてるおじさんとか。」(注:スカートばかり履いているわけではなく、ジャージやスウェットなど普通のおじさんの時もあり、数枚の服のローテーションのうちの一枚がジャンバースカートというだけなのだと最近気づきました。近所づきあいもちゃんとできていて、もう慣れてしまった人はスカートだろうが気にせず普通に話し、一緒に歩いたりしています。でも、前に「あれは変だよ。誰かが言ってあげないと。」と話している人たちもいました。でもその人たちも、見た目と声からは性別不明でした。)
ハリボー:「うん。あとね、前に学童の帰りにね、お腹だけ出して、ブンブンって歩いてて(お腹を突き出してブンブン歩くジェスチャーをしながら)、口の上にチョンチョンってヒゲが生えてて、お腹にももじゃもじゃ毛が生えてて、口が小さくて丸い人がいたよ。」
私:「へえー。その人、よく見るの?」
ハリボー:「ううん。1回だけ。」
私:「1回しか見たことないのに、“変わってるなー”って思ったんだぁ。」
ハリボー:「うん。」
という会話をしました。

 ハリボーにも7年の人生で積み上げてきた頭の中の小さな引き出しがあって、その中の“変わった人”という分類の中に、その1回しか見たことのないおじさんが丁寧にしまわれていて、キーワードが出てきた時にさっとその引き出しからその人を出してきたのだと思うと、おかしかったです。

 今はまだ、大きく分けられた引き出しがポンポンッとあるくらいなのだろうな。子どものうちは、“変わった人”と思うくらいで終わることが多いだろうから。
 大人になって社会に出ると、変わってるな〜と思って普段自分からは近づかないような人とでも、付き合ったり話し合ったりしなきゃいけないことがたくさんあるし、自分と意見の違う人や自分のことを分かってくれない人とも付き合っていかなければいけないことがあるから、その引き出しがどんどん細分化されていく。
 “変わっているけど、仕事ではお世話になっている人”とか“苦手だけど、この関係で付き合っていかなければいけない人”などなど。
 複雑になっていく引き出しは時に面倒だったり、自分を苦しめることもあって、めったに使わないものを捨てたくなったり、人によっては最初から複雑にならないように、できるだけ変わった人や苦手な人と出会わないようにして生きていく人もいるだろう。
 でも、最初変わってると思っていても、ちゃんと話してみると案外正統派だったり、分かってしまえばチャーミングだったりすることもある。
 だからなるべくオープンに、色々な人々とコミュニケーションをとっていきたい。
 その中で作られていく複雑な引き出しは、そのまま自分の器にもなるのだと思う。

  
コメント(0)mederu日記
ガイアミュージアムシリーズのご紹介♪
 今朝の報道番組で、天敵、朝青龍と内館牧子が近づきハグをした、とうのをやっていました。二人の映像の後、ハブとマングースが一瞬映し出され、“ナイス演出!”と一人うけました。
 内館牧子さんを見ると、“あのメイクは自分でしているのだろうか?個性派専属メイクさんが付いているのだろうか?”と気になります。

 さて本日は、犬のフィギュアで好評だったガイアミュージアムから、猫バージョンが出ましたのでご紹介します♪
 もちろん今回もパッケージを主としたデザインは、くまのワグゥシリーズでもお馴染みの加納和典さん。
 フリーランスで様々なイラストや立体作品を創作し、デザイン、個展など、精力的にご活躍されていらっしゃいます。
 犬バージョンは中が見えないシークレットボックスでしたが、今回からは種類が選べるクリアパッケージとなりました。
 猫好きの方、必見です!!

ガイアミュージアムシリーズ
ザ・キャットフィギュアコレクション
『ネコ鍋』 各税込693円
※茶トラ白ネコはsold outとなっております。
 猫好きさんから「キャー!かわいい!!」との声が聞こえてきそう(#^.^#)
 陽だまりに置いた土鍋の中から、気持ち良さそうな寝息が聞こえてきそう。
 猫らしい目がまた何とも言えません。




『外来種ネコ』 各588円
 集めれば全10種!
 アメリカンショートヘア(2色)、マンチカン(2色)、ソマリ(2色)、スコティッシュフォールド(2色)、ジャパニーズボブテイル(2色)
 あなたのお気に入りの猫ちゃんはいますか?
 私は、しっぽがワサッと立って野性みを感じる“ソマリ”が気になります。



 今回からのクリアパッケージ。カッコいい!↓



  
コメント(0)mederu日記
昨日と今朝のこと。
 昨日はお休みでしたが、人に会ったり、免許の更新に行ったりとバタバタの一日でした。
 
 朝は、女性三人組テクノポップアイドルユニットの『パフューム』が出ているのを見て、“この子たち、最近の若手の中で結構好きだな”と思いました。
 前に企画展の打ち上げで「好きな芸能人は?」と聞かれた時に、普段“あ、この人好きかも”と感じる人が結構いる気がするのにパッと出てこず、「…スミマセン、俳優の時の織田裕二。」と答えました。(この“スミマセン”って、二千円札を出す時にお客様が言う“スミマセン”に似ている気がする。ちゃんとお札なのに、なぜか出すのをためらう感じ。)
 でも、昔から織田裕二のファンです。世界陸上と英語の歌を歌っちゃってる時は“あーあ…。”と思うけれど、それでも何故か憎めず、“彼を許してやって下さい<(_ _)>”という心境になります。
 あ、そうだ!その時はそれで「若手の中では、妻夫木聡の顔が好きで、あと“ありふれた奇跡”に出ていた加瀬亮も最近気になります。」と言って、choco*to momo.さんが「あービックリした。今、加瀬大周って言うのかと思った。」と言ったんでした。
 ちなみに、他の作家さんたちの好きな芸能人も、渡辺謙や竹野内豊で、世代が同じことを感じたのでした。

 と、話はパフュームに戻って、前にパフュームの三人のこれまでのドキュメントをやっていて、広島のスクールで知り合い、互いに「東京に行って、絶対にビッグになろうね!」と誓い合ったことや、これまでスクールで習ってきたこととは全く違う“テクノポップ”という分野でデビューすることになり、歌い方などひたすら練習して努力を重ねてきた様子を見て、今時の若者には珍しい“雑草魂”にようなものを感じたのです。
 アキバ系の間で人気が出たので、アキバ系の三人かと思いきや、思いっきり熱く泥臭く、そのギャップに興味をそそられました。ダンスも上手だし、三人とも個性があってかわいいし。
 そして、『チョコレイト・ディスコ』の振り付けを少し覚えたので、今朝ハリボーの前でやって見せて、最後に「パフュームです!♥」とブリブリ(死語?)に言ってみたら、喜んでいたので、アンコールで2回やってあげました。

 お昼は友達とランチ。忙しい友達なので、時間的リミットを気にしながらのランチ。制限時間の中で、集中的にやり取りをするととても効率がよい。

 免許の更新では、5年間違反無しのゴールドなので簡単な講習で終わり。でも、いつも思うのですが、免許更新で見る講習ビデオって、恐ろしいです…。
 人生の中で、自分が人を殺してしまうことはない、と思いたいですが、いつ自分が加害者になるか分からない、と思わせるようにできています。
 恐ろしい気分のまま講習を終え、配られた新しい免許証の写真を見て、5年前の自分との老け具合と太り具合をチェック。う〜ん、やっぱりちょっと、老けたかな…。

 家へ戻り、久しぶりに学童から帰ってくるハリボーの様子を見ようと思い、通学路で待ち伏せ。
 先日は、給食袋をぶらんぶらん回しながら歩いているランドセルの男の子がいて、“ああ、よくいたいた、ああいう小学生男子。”と思ったら、ハリボーでした。
 今回は、同じくらいの背丈のランドセル男子が3人、大きな声を出しながら前になったり後ろになったり団子状に歩いてきて、その中の一人がハリボーでした。ハリボーは大きな声は出していなかったけれど、ニコニコと、ちゃんと輪の中に入っていたので何となくホッとしました。
 すぐ目の前にくるまで私には気づかなかったので、ニヤニヤしながら見ていたら気づき、一回パッと見た後に“ええ?”という感じに二度見したのが面白かったです。 そして、「誰か見てる人がいる。」なんて言ってたけど、友達は聞いてなかった様子。
 私のところには来なかったので、三人の男子の後を歩きながら帰宅。
 ハリボーが帰ってくると、“私の時間”は終了し、一気に現実の世界になる。
 頭の中で考え事をしていても、ハリボーが来ると目の前で“パン!”と手を叩かれて、「はい、自分の時間、そこまでー!」と言われている感じになります。
 ハリボーは、「僕、鉛筆の字を指でも消せるって発見したよ。指も汚れるし、紙も汚れるけどね。」なんて言っていました。「鉛筆の黒い粉が指と紙に付いて薄くなるんでしょ。でも消しゴムを使いなさい。」と言っておきました。

 夜は、急遽また別の友達と会うことに。真剣な話し合いは、体力・気力を消耗する。フラフラに。でも、会って話せたのはよかった気がする。

 そして今朝、ハリボーが「池でおたまじゃくしがつぶれてた。」と言ってきました。浅く、人間が入れるところで一匹、だそうです。
ハリボー:「僕も入ろうかと思ったけど、潰したら気持ち悪いからやめた。」
 先日も、友達がバナナ虫(黄色い虫らしい)の羽をむしって、気持ち悪かったと言っていて、“かわいそう”という言葉が出てこないのが気になっていました。
私:「気持ち悪いと思っただけ?」
ハリボー:「うん。」
私:「かわいそうとは思わなかったの?」
ハリボー:「うん。だって他にたくさんいるもん。」
 ちょっとショックでしたが、聞き出すためになるべく冷静に、声に抑揚をつけずに、話しを続けました。
私:「でも、そのつぶされたおたまじゃくしはそれしかいないじゃない。」
ハリボー:「おたまじゃくしに種類ってあるの?」
私:「例えば、学校にはたくさん子どもがいるけど、その中でハリボーがつぶされたとするでしょ?そうしたら、他にも子どもはたくさんいるから、ハリボーはつぶされたってかわいそうじゃない、ってこと?」
ハリボー:「…。」
私:「…。」
ハリボー:「…ホントはそう思ったけどね。」
私:「何?そうって。」
ハリボー:「…。」
私:「…かわいそうって?」
ハリボー:「うん。」
私:「じゃあ、何で最初気持ち悪いだけだって言ったの?」
ハリボー:「お母さんが驚くと思って。」
私:「…。あまりそういうこと、しないでね。」
ということがありました。
 ムムム。なんだか、扱いが少し難しくなってきたと感じた今朝です。

  
コメント(0)mederu日記
ブログについて思うこと。
※明日4/28(火)は、お休みです。

 この日記(ブログ)も2006年5月11日から書き始めて、気づけばもうすぐ丸三年。
 日々多くの方々が読んでくださっているようです。HP全体へのアクセス数も約150,000件となりました。
 そこで、今日はブログについて思うことを書いてみます。

 ブログ、今では芸能人から一般の人まで実に多くの人が同じ媒体を通して同じ条件の中で、様々なテーマについて書いています。
 最初、私は“ビジネス的感覚”で書いていました。お店のことを知ってもらい、お客様に来てもらい、お店を存続させることが一番の目的でした。
 なので、お店をやっていなければ、ブログというものは書いていなかったかもしれません。
 でも今は、お店のためだけ、ではなくなってきています。
 もしお店をやめることになったとしても、書き続けるかもしれません。でもそこで考えてみました。“読んでくれる人がいなくても書くかな?”と。
 誰も読まなければ、個人的に日記帳にでも記すようになるかもしれません。
 ということは、自分のための備忘録として書くときがあるとしても、やはりブログというものは基本的に、誰かに読んでもらうため、自分のことを人に知ってもらうために書いていることになります。
 世のブロガーたちも、誰もが読めるように公表しているということは、自己表現方法の一つとしてブログを活用しているのでしょう。(商品紹介や広告のみという商業用に特化したものを除き。)

 私が自分の思うことや考えることを書くのは、色々な考えがあるのだということを知ってもらいたいのだと思います。
 私の考えは、たぶん決して多数派で一般的なことばかりではないと思いますが、こういう考えの人もいるんだ、と知ってもらうことによって、読む人がそういう考えの人のことを多少なりとも考えてくれるようになってくれたら、という思いがあります。

 また、このブログを読んで、“(直接言われたことはないけど)これは私のことを言っているのか?”や“あの人のことを言っているのか?”と思う人がいるかもしれませんが、それは違います。
 実際に聞いたことや感じたことから自分で考えたことを書いてはいますが、特定の人に限定してその人の個人的なことについて書く、ということはまずありません。(あ、芸能人や家族を抜かして。)
 その人に伝えたいことがあれば、直接その人に言います。
 少しややこしいかもしれませんが、書いているのは”その人のこと”ではなく、”そういう考え方”について、感じたこと、思ったこと、なのです。
 なので、直接言えないことを“読んでいそうなあの人にブログを通して暗に伝えよう”といった使い方はしていません。
 それでも、そう感じてしまう人がいたとしたら、それはそれでもう仕方ないことだと思います。

 それと、いくら自分で考えたことや感じたことを書いているからと言って、しょせんブログ≒ネットの世界はバーチャルな世界です。
 なので、このブログの中の私も、バーチャルな世界の中での私ということです。
 現実に会って話してみて、“ブログを読んで思っていた感じと違うな。”と思えば、会って感じたその感情のほうが正しいのだと思います。
 例えば、ブログの中で私が「うちの花壇です。」といって、美しく整った花壇の画像を見せたとします。それだけ見た人は、“まあ、ガーデニングが趣味なのね。”と思ったり、“優雅な生活そう。そういう人が趣味でお店をやっているのね。”と思うかもしれません。
 でも、現実世界で私とつき合いがあってよく知っている人が見たら、“ホームセンターが好きでまめなご主人が作っているのだろうな。それをオーナーとしとしは喜び、きれいだと思って載せたんだな。”と思うでしょう。
 もちろん、後者の見方のほうが実際に近いです。でも、それでもしょせんブログに載っているのは実際のことのほんの一部であって、実際ではないのです。
 ちなみに、実際のうちの小さな花壇は、概ね主人が作りますが、置物は私が選んできたり、花の配置は私も意見する、というような感じです。でも、いちいちそこまでの情報をブログには載せない、そういうようなことが多々あるということです。

 なんでそんなことをくどくどと書くのかというと、バーチャルな世界を重視して、実際の関わりを軽視する人たちが増えてきている気がするからです。
 現実の世界で、生身の人間と関わり合うことこそが一番大切だと分かっている“大人”だけがネットを使えるようになればいいのに、誰でもが使えてしまうところがネットの危険なところだと思います。

 私はよく“考えることが大切”とも言いますが、それも、ただ考えるのではなく、社会の中で人と接しつつ考えることが大切、ということが言いたいのです。
 人と接する機会の少ない人が、自分の中だけで考えても、ちっちゃく自己完結してしまい、あまり良い方向に向かないことがあります。ろくなこと考えない、というやつです。
 でも、だからといってそういう人は考えないほうがよい、とはやはり思えません。
 社会の中で色々な人の考え方やものの見方に接してみることから始めてみて欲しいな、と思います。
 もしそのハードルが高いようだったら、人ではなく、動物と接するだけでもいいかもしれません。
 生きて意志のある生物と関わると、イヤでも現実世界と向き合うことが出てきます。自分だけではどうにもならないことがあったり。

 そんなことを最近考えました。

 ということで、これからも商品紹介や日常生活を通し、自分なりの情報発信をしていきたいと思いますので、お付き合いくださる方は、どうぞよろしくお願いします<(_ _)>

  
コメント(0)mederu日記
siesta(シエスタ) ハンドメイドアクセサリーのご紹介♪
 昨日、我が家で飼っていたおたまじゃくしがカエルになりました。
 サッカーの帰りに夫とハリボーが3匹のおたまじゃくしを拾ってきて飼い始めたのはよいのですが、フタのついていない容器で飼っていたので、私は部屋中を飛び回る3匹のカエルを想像してしまい、「早くフタつきにしてよ〜。」と言っていました。
 カタツムリを放し飼いにしていた時も、フローリングの上を這う姿を目撃していたので…。
 毎日ハリボーは「あ!足が生えた!」などと成長を待ち望んでいましたが、私は気が気じゃありませんでした。
 そしてついに手が生え、しっぽが短くなってきて、平泳ぎを始め、もう飛び出さんばかりの動きをしていたので、「もうカエルだから!ほぼカエルだから!」と急き立て、ようやくフタ付き容器へ。
 ギリギリセーフでした。半日後には、容器の中でピョンピョンと飛び跳ねていました。
 手が生えてからは、あっという間ですよ、カエルちゃん。少しくらいしっぽが残っていても、跳ねます。
 拾ってきた池のおたまじゃくしはまだようやく足が生えたかな、という状態だったそうで、今回の飼育からは「金魚のエサを与えると、おたまじゃくしの成長は早まる」ということが分かりました。もちろん、温度やエサの量なども関係しているのでしょう。
 カエルは直に元いた池へ放しに行きます。金魚のエサを食べなくなったらエサやりに限界があるので。
 でも生き物が身近にいると、神秘を感じ、生命力が磨かれる感じがします。

 さてさて本日は、アメリカンフラワー(樹脂)やくるみボタンなどでハンドメイドアクセサリーを展開中のsiesta(シエスタ)から、蝶やお花モチーフのヘアピンに、スイーツやコトリモチーフなどにレースを施したガーリーなくるみボタンシリーズが入荷しましたのでご紹介します♪
 くるみボタンはオールシーズン、太陽の光が当たるとクリアに輝く樹脂アクセは特にこれからの季節にピッタリですよ♪
 プレゼントにもよくお選びいただいております(^.^)

各種ヘアピン 1本税込420円〜630円
※sold outのものもあります。
 蝶やお花をモチーフとした透明感あるヘアピンたち。
 お花は、小さめ、大きめ、葉っぱ付きなどバリエーションに富んでいます♪



各種ピアスorイヤリング 1コ税込945円
透明感ある蝶やお花の樹脂ピアスorイヤリング。
ビーズやラメ入りで、光の加減でキラキラと光ります。
大きすぎず、上品な可愛さです♥





くるみボタンバッジ 1コ税込525円
くるみボタンヘアゴム 1コ税込840円
女の子の大好きなモチーフにレースを施したくるみボタンが様々なアイテムに!
ヘアゴムのくるみボタンはピンで取り外しができ、バッジにもなります。



くるみボタンチョーカー 1本税込1,050円
スカートにもパンツにも合うガーリー&ナチュラルテイストなチョーカー。
長さ調節もできてどんな服にも使えるのが嬉しいですね♪



  
コメント(0)mederu日記
業務連絡です!
 今日は雨です。こんな日は人通りも少ないので、たまった会計処理でもしながらのんびりと店番しましょう、と書き始めたのですが、結構忙しかったです。ありがたいことです。 

 そして気づけばもうこんな時間!
 ということで本日は業務連絡のみで失礼します<(_ _)>

 ハンドペイント印鑑ケース、とんぼ玉5個、unipブックチャーム2点、OURS ヘアゴム1点、YUZU ネックレス2点をお持ち帰りになったお客様、お伝えしたいことがございますので、ご来店の際にはレジまでお声かけください。

  
コメント(0)mederu日記
スポンジワイプとメモホルダーのご紹介♪
 夕方、お店の前でランドセル背負った小学校低学年くらいの男の子と女の子が口げんかをしていて、
男の子:「なんだよ、えどはるみ!」
女の子:「うるさい、小島よしお!」
 徐々に反対方向に離れていきながら、大声で「えどはるみ、えどはるみ!」「小島よしお、小島よしお!」
と言い合っていました。
 小学生の世界では、女子への侮辱語が“えどはるみ”で、男子への侮辱語が“小島よしお”なんですね。

 さて本日は、当店ロングセラー人気の『スポンジワイプ』と、ちょっぴりユニークなメモホルダーのご紹介♪

各種スポンジワイプ 1枚税込577円
 キッチンから拭き掃除まで使い方は多彩!
 自重の10倍以上の水を吸収し(通常のフキンの2〜3倍)、しかもギュッと絞れば乾きも速くて衛生的です。
 洗濯機で洗え、煮沸消毒もOK!
 素材は天然パルプ100%のセルロースとコットン。使い捨てのペーパータオルを何度も使えるスポンジワイプに替えれば省資源になります。
 使い終わったら、燃えるゴミとしてOK。土に返しても土壌微生物により100%分解されて地球に還元されます。
 水に濡らすと、柔らかく滑らかな手触りで、片手でしぼれます。繊維のくずも残りません。
↓原産国:ドイツ プリント:スウェーデン
 スウェーデンのベングト・リンドベリと、ロッタ・グラーベ夫妻のデザインチームによるデザイン。
 ユーモアに溢れて楽しく明るいデザインです。



↓原産国:ドイツ プリント:スウェーデン
 スウェーデンのテキスタイル・デザイナー、レーナ・M・カールソンがデザインした「使って楽しく便利なスポンジワイプ」。
二人の子供の母でもあるレーナからの贈り物です。



↓その他、各種スポンジワイプもあります(^.^)
 プレゼントとしてもお選びいただいてます♪



 お次は、ちょっぴりユニークなメモホルダー。
『ピーナッツメモホルダー』 
1個 税込150円
3個セット 税込399円
本物そっくりなピーナッツメモホルダー(#^.^#)
マグネットになったピーナッツ同士でメモをはさむと、ちょっぴり不思議な感じに。





  
コメント(0)mederu日記
人間は考える葦で…ありたい。
 昨日は久々に高校時代の友達5人と会って長時間おしゃべり。
 志村けんにセクシーさを感じる、感じないなんていうたわいない話もしつつ(ちなみに私は感じます。)、生活のこと、互いの考えなどについてもあれこれ話しました。
 
 話は変わって、最近色々と考えることがあり…自分の備忘録として書いておきたいので書きます。

 まずひっかかりを感じたある考え方について。「考えても考えなくても結果が同じなら、考えない。考えることに意味がない。」ということ。
 考えることに意味がないなんていうことはあるのだろうか?
 この日記でも再三書いてきていることですが、私は結果は結果であって結果でしかなく、その結果にたどり着くまでのプロセスにこそ意味があると思うのです。
 それが行動面だけでなく思考面であっても、ああでもない、こうでもない、でもここに落ち着くしかないのだろうかなど、時にそれがある人にとっては取るに足らないしょうもないようなことであっても、自分であれこれ考えてみること自体を大切にしたいと思います。
 例えば苦手な人がいて、その人のことを考えても考えなくてもその人は変わらないだろう、と思っても、だから考えるだけ無駄、ではなく、あえてその人のことを考えてみるのです。何故苦手なのか、よく考えたらそれほど苦手でもないかも、自分に似てるから苦手なのかも、など、様々な考えが浮かび、徐々に絞られ、ある“気づき”に達します。
 “気づき”に達すると、バタバタしないゆるぎないものが自分の中で構築されていく気がするのです。

 またそもそも、“考えても考えなくても結果は同じってことが考える前から分かる”ということは、その結果は、想定できる範囲内での結果でしかなく、そうでない結果があってもそれに気づく機会を最初から逃していることにもなります。
 ノーベル賞をとるような偉大な発見や、身近なところではポストイットやアロンアルファの発明などは、本来想定していた結果ではなく、想定外の偶然の失敗から生まれていることなどを考えると、結果を想定して決めつけ、割り切り、考えることをしないということは、新たな発見があろうはずもなく、冒険心に乏しく、つまらなくも思えます。
 
 無駄な(その人にとって無駄だと思えるだけなのですが)考えをしない合理的な考え方というものは、既に先人の知恵によって裏づけされたことを論理的に積み上げているだけであって、そこから新しいものは生まれないように思います。クリエイティブではないということです。
 先人たちが、試行錯誤し、苦悩し、紆余曲折しながらようやくたどり着き、たくさんの無駄や失敗の中から獲得した知恵を、苦悩もなくさらりと拝借しているだけで。

 同じ山に登り、登頂したという結果は同じでも、自分の足で転びながらでもたどり着いた人と、人の作った車を器用に運転するだけでたどり着いた人とでは、見える景色は違うだろう、と私は思うのですが、それも合理的な人に言わせれば「違わない。景色は景色。むしろ効率よく登れたことのほうがよいことではないか。」となるのなら、この話はどこまでいっても平行線なのでしょう。
 ただ、自分の足で登った人の話に、人々は感動するでしょう。

 色々なタイプの人がいていい、とは思いますが、タイプの好き嫌いはあります。
 根本的な価値観が違う人とは、大切だと思うことも違うわけで、深い話をしてもお互いに“なんか違うな”と思い、そのうち深い話をしなくなるでしょう。そうなると、表面的なうすっぺらい関係になっていき、距離ができていくのも自然な流れです。
 ある程度の年齢になって、「私は物事をあまり深く考えないたちなんです。」と言っている人を見ると、“よく恥ずかしげもなくそんなことを言うなぁ”と思います。

 合理的な結果主義には危険な香りもします。村上ファンドの“金もうけのどこが悪いんですか?”発言に不快感を感じるのに近い感覚で。
 結果がよくても嫌な感じが残ることもあり、結果が悪くても晴れやかな充実感を感じることもある。
 合理主義の人が多くなってきたことと、核家族化とも関係があるような気がします。
 核家族だったら合理的に物事が運ぶことでも、年寄りがいるとそうはいかないということが多々あります。不合理なことばかりです。

 また、いつでもニュートラルで、冷静で、どちらにも片寄らず、常に中立的で、与えられた条件の中で最善をつくそうとする、そんな神様のような人っているのだろうか。
 ま、仮にいるとして、そういう人って、本当に魅力的なのだろうか。
 一見良いように思えますが、それがビジネスなどではなく生き方にまでそうとなると、何か違う気がします。
 自分の意志はどこにいってしまったのでしょうか?自分はこうしたい、こうありたい、というものが先にあり、それを周囲の人と話し合ったり、環境と考え合わせ、できるだけ納得いく道を考えながら進んでいくのが人生なのでは?
 “ニュートラル”ということは、自動車でいえば、ギアがかみ合わず、動力が伝達されない状態のことを言います。スカスカな状態です。
 自分のギア入れて、動力伝達して進んでいこうぜ!という感じです。

 今回の結論。「私は、生き方や生活に至るまでのことを合理的に考える人、もしくは物事全般をあまり考えない人に魅力を感じません。」

 また、かのパスカルが「人間は考える葦である。…人間の尊厳のすべては、考えることのなかにある。…考えが、人間の偉大さをつくる。」と言っているように、それがたとえ非効率的で非生産的なことであっても、私は物事を考えたい。
 人が物事を考えようとしなくなったら、せっかく人間に生まれたのに、それはとてももったいなく、残念なことのように思います。

  
コメント(0)mederu日記
クラフツナータン 新作&再入荷作品のご紹介♪
※明日4/22(水)は、お休みです。
 

 今朝のニュースで、JTB時刻表が創刊1000号!というのをやっていました。
 私は鉄道マニアでも時刻表マニアでもないのでよく分からない世界ですが、その道の人にとってはなくてはならないものなのでしょう。
 人の志向って、本当に様々で面白いです。
 その何かが“好き”という気持ちって、人にとって大切ですね。
 前にどこかの高校にある『溶接クラブ』について取り上げていて、そういうクラブが成り立つということも最初驚きでしたが、“クラブの心得”を聞いて武士道を感じました。
 「溶接作業中は話しをしてはならない」、「人から誉められることを望んではならない。作ったものが役立っていることに意義を見出す」といった心得。
 う〜ん、溶接の世界も奥が深し!日本の溶接技術は世界に誇れるものですしね。

 さて本日は、不思議な魅力をもつオリジナルキャラクター“着せ替えちゃん”や“タビビトさん”を登場させたアクセサリーやステーショナリーで人気のクラフツナータンから、新作や再入荷作品のご紹介です♪
 展示会などにも精力的に参加しお忙しいクラフツナータンさんですが、5/6〜6/1、国立本店(http://honten.chub.jp/)にて『チェコ絵本とタイル絵展』という展示会を開催されるそうです。
クラフツナータンからは、小物の他にチェコビーズを織り交ぜたタイル絵も並ぶそうです。
 お近くの方、ご興味のある方はどうぞ行ってみて下さいね。
 それでは、個性的なおしゃれを楽しみたい方に特にオススメ!作品のネーミングにも注目のクラフツナータンの世界をどうぞ…。

着せ替えちゃんキーホルダー 各税込2,415円
 緑のほおかぶり(あえてレトロに表現♥)した着せ替えちゃんがなんともキュートなキーホルダー。
 一緒に付いているビンテージパーツもまたかわいいアクセントになっています♪



(左上)じゃまねずみさんのブローチ 税込2,415円
(右上)着せ替えちゃんの樹脂ブローチ 税込2,835円
(下)着せ替えちゃんのショールピン 税込1,680円
 じゃまねずみさんなんてちょっぴり意地悪そうな名前ですが、カラフルな布でおしゃれして、ビーズのしっぽがピヨンと立って…あいきょうたっぷりなねずみさんです(#^.^#)



着せ替えちゃんヘアピン 税込1,260円
着せ替えちゃんリング 税込1,260円
雨の日の着せ替えちゃんや洋ナシ持ってフルーツ狩り(?)の着せ替えちゃん。
着せ替えちゃんはいつも大忙しです!



(左)タビビトさんストラップ 税込2,100円
(中央と右)着せ替えちゃんストラップ 各税込1,680円
 性別不明な生き物”タビビトさん”。
 当店では着せ替えちゃんの方の人気が高く、ちょっぴり淋しそうなタビビトさんです。
 でもタビビトさんはあまり気にしてないか。キノコに乗って風に吹かれています…。



着せ替えちゃんのペンダント 各税込2,310円
こちらは人気のペンダント。
今回はチャイニーズ風な着せ替えちゃんです。



着せ替えちゃんエコバッグ 各税込2,100円
着せ替えちゃんのエコバッグができました♪
砂時計ならぬ水時計の下には傘をさした二人の着せ替えちゃん。
着せ替えちゃんはいつでもどこでも涼しい顔です。







 その他、人気のステーショナリーも再入荷しております(^.^)



マッチ型ミニカード 1枚税込273円
封筒付きミニカード 1枚税込210円
各種ポストカード 1枚税込158円

  
コメント(0)mederu日記
『チョコの山』と人生。
 なんか、今日書いたことをまとめたら、すごいタイトルになってしまいました(*_*)

 最近、セブンイレブンのパン棚でかなりなスペースをしめているこれ(↓)、知ってます?
 ヤマザキパンから出している『チョコの山』(税込126円※ウチの近所のセブンの値段)

 
 これに、結構はまりました。…過去形ということは、そう、あまりにも毎日食べ過ぎて飽きてしまったほど^_^;
 パッケージに執拗に「ザクザク」と書いてあるように、ザクザクの食感がいけます。硬くなったパンのミミにチョコをかけて固めただけなのですが、クセになる美味しさです。
 でも、食べ過ぎると吹き出物、体重増加の要因になるのでお気をつけ下さい…。

 話は変わって…
 昨日はテレビ番組との巡り合わせが良い日でした。
 たまたま目にした番組が全てつながりがあったように思います。

 まず、全部は見ていないのですが、子どもの英才教育についての番組。
 二人のカリスマ教育者が出ていて、一人は受験の神様と言われるような塾の講師、もう一人は赤ちゃん教育の指導者でした。
 塾のほうでは、受験のためにエイエイオーみたいなことを小学生達がやっていて、その講師は「敗北者にならないように。」みたいなことを言っていました。
 それを見ていた母、姉、夫、私の意見は一致。
「人に敗北者なんていないよ。」「♪世界に一つだけの花、一人一人違う種をもつ♪なのにね。」「受験に受かった者が勝者で失敗した者が敗者なんて教え方するから変な人間ができるんだ。」「今の時代、いい大学に受かったから頭がいいなんてことはない。点数をとるテクニックを身につけたら受かるというだけで。」など。
 その辺の価値観が一緒の家族でよかったと思う瞬間です。
 人の人生に勝ち負けはない、価値のない人間なんていない、どんな人も意味があって生きている、という考え方です。
 一方、赤ちゃん教育のほうは、正しくやれば一定の効果はある気がします。
 脳などに刺激を与えた場合と、与えない場合とでは差が出るのもうなずける気がします。
 ただ、方法を間違えると逆効果にもなりそうなので、そこの吟味は必要でしょうが。

 次に目にしたのが、男子バレーボールのセッターで日本代表だった朝長選手が引退して、高校の教師になったそうで、そのインタビュー。そこでこんなことを言っていました。
「(試合に)勝っても負けても、自分のやってきたことは自分の中に残るんです。そういうことを生徒には伝えていきたい。」
 夫も「いいこと言うね〜。」私も「そう、そう!」と言いながら聞きました。まさにそういうこと。こういう先生が増えたらいいなと思いました。

 それと深夜、リビングで寝ていたのにふと起きて見た番組。
 アルピニスト野口健が「私が子どもだったころ」という番組で語っていました。
 外交官だった日本人の父とエジプト人の母との間に生まれ、母は絵を教えに来ていた男性と恋に落ちて家出、両親が離婚。
 エリート大使で仕事一辺倒だった父が妻に逃げられたことで、お弁当を作ってくれたり、会話もするようになり、「どんどん父が近づいてきた気がしました。父も普通の人間なんだなと思いました。」と言っていました。
 親のことを“正しいだけじゃない、失敗もする普通の人間なんだ。”と思えた瞬間、子どもって大人になる気がします。
 ちなみにウチの両親は失敗多し。反面教師として役立っています。ありがとう!

 また、友達を殴って停学処分になった野口健に父親が、「あの学校辞めるか?…お父さんには“大使”という肩書きがあるけれど、仕事を辞めたら何の肩書きも残らない。どうせ生きるなら、お前は“野口健”という名前が一つの肩書きになるような生き方をした方が楽しいと思うんだ。」と言ったそうです。
 その言葉がきっかけで、今の“野口健”があるそうです。
  母親がいなくなったり、学校を停学処分になったり、色々あったけれど、それらをあっけらかんと話している様子をみて、“乗り越えたんだな。”と思いました。
 
 人には誰しも“色々”あるけれど、それを乗り越えるのは結局自分しかいないのだと最近よく思います。
 親や周りのせいにしてもいいのはせいぜい23〜24歳まで。25歳過ぎて「親が…。」なんて言っている人を見ると、“それはもうお前の問題だろ!”と言いたくなります。(25歳過ぎの人、私の前で自分の問題を人のせいにしていたら言いますからね、ご用心!)
 
 ウチの姉も、色々あった人。非行に走ったり、登校拒否になったり。でもどうにかそれらを自分で乗り越え、今では一事業所の所長となり、福祉団体の副会長を務め、シンポジウムのパネリストになり、区の大会の来賓に招かれたりしているのを見ると、“ホント、人って最後までどうなるか分からないもんだなぁ”と思います。
 ま、まだ姉の人生も半ばなので、また今後どうなっていくか知りませんけど。

 そして結局、姉の人生は姉のもの、ハリボーの人生はハリボーのもの、私の人生は私のもの、というところでいつも落ち着きます。

  
コメント(0)mederu日記
やまじひとみ 新入荷&再入荷作品のご紹介♪
 昨日は板橋区のことについて書きましたが、肝心なことを書き忘れました、わたくし!
 そう、板橋区では、安かろう悪かろう(まずかろう)では生き残れません。誇り高き職人と商人のプロの町なのです!
 エスビー食品、湖池屋、凸版印刷…といった巨大グループの本拠地でもあり、世界的な技術を持った町工場も集まっている板橋区。
 板橋区民は、目と舌の肥えた文化的な区民なのであります(*^。^*)

 さて本日は、テキスタイルアートやグリーティングカードで人気のやまじひとみさんから、新入荷&再入荷作品が届きましたのでご紹介します♪
 絵本作家を目指しているやまじひとみさん、ついに決断の時がきたようで、これまでのフルタイムのお仕事を思い切って辞め、本格的に絵本出版に向けて活動を開始されるそうです!
 そんな話を聞いたら応援しちゃうに決まってます!「私にできることがあったら何でも言ってくださいね!」とお伝えしました。
 そして、出版社に持っていく前の貴重な絵本のラフスケッチを見せていただきました<(_ _)>
 とーってもかわいらしい絵とお話しの本で、ハリボーも喜びそうなストーリーでした。
 ハリボーだったらどんな感じで読むかな?と想像しながら見せていただき、少し気づいたことをコメントさせていただきました。
 例えば、「お母さんには10人の子どもがいました。」という文だと、ハリボーだったら絶対に10人いるかどうか絵をチェックします。そこに5人しか描かれていなかったら、「10人いないよ。5人じゃん!」とつっ込みを入れるでしょう。
 そのページに、ただ横に10人並んでいるだけでもつまらなく感じるでしょう。
 ページ内に数人が隠れていて、よく探すとちゃんと10人いる、というのが一番喜びそうです。
 そういったことを伝えました。
 まだお子さんのいらっしゃらないやまじさんは、参考になったと言ってくれました。
 絵をちょっと手抜きしたりすると、出版社の方からもすぐに指摘があるそうです。
 また、やまじさんが出られた絵本塾『あとさき塾』では、こんなことを言われたそうです。
 「絵本は、子どもの心を持った大人が描くもの。」
 この言葉、とても奥が深い言葉だと思いませんか?

 いくら子どもの心を持っていても、大人になりきれていない未成熟な大人が描いた絵本なら、それはただの自己満足の自分勝手な絵本にすぎない、ということだそうです。
 子どもの心を持った成熟した大人によって、考えつくされて生まれた絵本が、本物の絵本になる、ということなのでしょう。
 う〜ん、深イイ話しでした。
 五味太郎氏の絵本なんかもそうですね。普通の大人が考えつかないような発想で子どもを喜ばせ、でも決して子どもには書けない本。ハリボーも五味さんの絵本は大好きでした。
 やまじさんとも話しましたが、子どもって、“食べる・寝る・出す”の話が大好き。やっぱりそれが人間の基本的な営みだからなのでしょうね。

 おっと!話が長くなりましたが、作品紹介のほう、いってみましょう(^.^)

新入荷♪『おれんじぼうや』
(左)グリーティングカード 税込315円
(右)テキスタイルアート 税金1,575円
 この絵を見た時、思わず「なんか、ウチの子に似てる。」と言ってしまいました。
 顔とかでなく、何となく全体の雰囲気が。
 こちらは、個展などでもよく「自分に似てる気がする。」などと言われるそうです。
 この絵の魅力の一つだと思います。





 その他、各種テキスタイルアート(10種)、各種グリーティングカード(9種)が入荷しております♪
 その中から、これからの季節に特に人気の絵2種をご紹介します。
『魚の街』



『夢のおとしもの』



 テキスタイルアートでもグリーティングカードでも定番一番人気はこちら。↓
『ドレミファの木』



  
コメント(0)mederu日記
特別地域!板橋区♪
 皆さん、『地域批評シリーズ 日本の特別地域』という本、知ってますか?
 『○○Walker』(※ちなみに『板橋Walker』にはmederuが掲載されています!)が地域本の正統派なら、『日本の特別地域』は裏地域本とでも言ったらよいでしょうか。
 その『日本の特別地域』の板橋区バージョン、板橋区(民)の特徴がよくまとめられていて面白いです。

 著者は、まさにmederuのある仲宿商店街に生まれ、以降板橋区役所周辺を住処とし、自称“生粋の板橋っ子”という荒井氏という人物。

 表表紙を見るだけで、おおかた板橋区の全貌が分かります。
 どんなことが書いてあるかというと…
「格差もぶっとぶ!マイナー楽園都市」、「板橋価格についていけない大企業」、「商店街がハンパなくデカくて強い!!(100円ショップが安さで負けて撤退!特売はやけくそぎみの安さ!!)」、「板橋区内全域が大病院の城下町だった!(石を投げれば医者に当たる!?商店街は各種病院だらけ!!)」、「道が多すぎて四方八方から暴走族がやってくる!!(主要幹線道路が集中しているから各地から元気なヤンキーが大集結!)」、「誰も知らない観光都市。大仏も動物公園もある!(花火大会の人出は世界最強クラス!かなりスゴいが超マイナー!)」
 とあります。
 
 やや大げさなのでは…?とお思いになるかもしれませんが、かなり板橋区の現実です。
 実際、100円ショップダイソーが撤退しましたし(“キャンドゥ”は本社があるので健在。)、仲宿商店街にはコンビニが一軒もないのです。(ローソンもampmも撤退しました。)
 
 中を読むと、第一章「板橋区って、東京だったよね?」から始まります。
 山手線ゲームで「東京23区!」というと、いつも忘れられる存在らしいです。
 様々なデータ分析もされていて、犯罪では、窃盗やひったくりなどが多いのは恥ずかしい話ですが、殺人などの凶悪な犯罪は少ないそうです。
 
 とにかく物価が安く、物価が安いということは家賃も安く、個人商店にはありがたい話し。商店街が強い理由の一つでもあります。
 有名人の下積み時代の住処としても選ばれているようで、「住んでいる」ではなく「住んでいた」有名人としては、柴咲コウ、女優のりょう、中山美穂、渡辺えり子、高田純次、紫門ふみ、桃井かおり、山下達郎、モー娘の辻ちゃん、石橋貴明、蛭子能収、小説家の町田康、酒井和歌子、生田智子などなど…がいるそうです。
 今も住んでいる有名人では、腹話術師のいっこく堂やお騒がせの和泉元や、エスパー伊東といった人たちです。キャラ、濃いですね。

 外国人も多く、見方によっては国際都市ともいえる板橋区。
 ある飲食店に勤める外国人シェフは、腕をかわれて赤坂のお店に引き抜きがあったのに、「赤坂なんてヤダよ。板橋が一番。」といって断ったというエピソードも載っていました。も、もったいない!
 でも考えてみれば、歴史が古い宿場町の仲宿商店街なんかは当時、今でいう“銀座通り”のような流行の最先端をいくメインストリートだったのでは!?(江戸時代の話だけれど…。)

 他にも…埼玉県の植民地化している板橋区、でも板橋区民は「池袋に自転車で行こうと思えば行ける!」ということを誇りにしており、池袋を何でも揃う夢の街と思っているなど、板橋区民の心理をついてます。

 貧乏人が多くて人情に厚く、よそ者にも優しいわが町板橋。
 前に誰かが「板橋区は独立国家にしたほうがよい。永世中立国のスイスのように、板橋銀行を作り、世界中のセレブからお金を集めればもう完璧!」と言っていたけれど、その意見に一票!


  
コメント(0)mederu日記
himawarino-hana(ヒマワリノ-ハナ) 新作KID'Sエプロンのご紹介♪
 今日はやたらと消防車やら救急車やらパトカーが通ります。
 何か大きな事故でもあったのでしょうか。それとも急に気温が下がったことが関係しているのでしょうか。
 火の元、体調管理にはお互いに気をつけましょう。

 さて本日は、ママさん作家のhimawarino-hana(ヒマワリノ-ハナ)ならではの作品!
優しく行き届いたママの視点から作られたKID’Sエプロンのご紹介です♪

 ドット柄にレースの付いたポケットがとってもかわいく、自分の子が女の子だったらぜっっったいに着せたい!と思っちゃいました(#^.^#)
  
 すぐに大きくなってしまうお子さまでも長く使えるようにと、長めにとった肩ひもを簡単調節できるのも嬉しいところ。
 「成長に合わせてサイズ調整しやすいデザインにして、使ってくださる方が長く大事にしてくださるといいなという願いを込めて…このデザインとなりました。」というhimawarino-hanaさんのコメントからは、作家として、そして母としての思いやりが
込められていますね。
 お手伝いやおままごとの他に、料理教室やおもちつき大会などなど…子どもがエプロンを着ける場面は意外に多いもの。重宝すること間違いなし!です(^.^)

KID’Sエプロン 各税込2,100円
サイズ:身長約95cm〜130cm
※ベージュはsold outとなっております。
 白のドット柄生地に、ダンガリー生地とレースを施したポケットがとってもラブリー♥
 胸当て部分のタックもポイントです♪
 どちらもきれい色で、ベージュをお選びいただいたお客様も、かなり時間をかけて迷われていましたよ。



ひもは、前でふんわり結ぶもよし、後ろでちょうちょ結びしてもよし。
 こんなかわいいエプロン着けて、おしゃまにママの真似してお手伝いしてくれたら…か〜わゆくてパパもママももうメロメロになっちゃいますね(*^。^*)

  
コメント(0)mederu日記
サーバー復旧<(_ _)>&昨日のこと。
 サーバー障害のほう、どうにか大丈夫そうですね。。。
 自分ではどうにもできない問題なのでお手上げ状態でした<(_ _)>

 今日は時間がなく、また作品紹介ができません(>_<)
 ということで昨日のことを…。(書く量と要する時間は比例しないのです。)

 昨日はハリボーの保護者会でした。
 ハリボーが、「新しく来た図工の先生、名前が“図工”っていうんだよ。」と言っていたので、“またそんな冗談言っちゃって…”と思いながら適当に返事していたのですが、昨日新任の先生の挨拶の中で、本当に図工の先生が「私の名前は“○○図工”です。」と言っていたので驚きました(@_@)
 名簿には違う名前が載っていたので、どうやら“通称”のようです。見た目も、口ひげを生やし、先生の割には自由人の格好。その変わった雰囲気がよかったです。
 図工や音楽の先生って、先生たちの中ではどこか異色な風が吹いていて気になります。

 あと、最初は体育館で校長先生から今年の方針などの話しがあったのですが、その時の校長先生のパワーポイントのスクリーンセーバーに、「○○小ファイト!校長絶好調!」という文字が流れていて、目が釘づけに。“ジョイマンみたい。”と思って。
 司会の副校長も「絶好調な校長からの説明でした。」なんて言っていました。
 この校長&副校長コンビは、真面目なのかうけねらいなのかがいつも微妙なので悩みます。
 それにしても、今年度からゆとり教育が見直され、一気に授業数が増えます。
教科書も、“追加分”がプラスされていました。
 どういうところがプラスされたのかというと、例えば“時計の読み方”の単元では、1分が60秒、1時間が60分、1日が24時間ということを教えるようになった、などです。 
 ということは、ゆとり教育時代にはそれらを教えてこなかった、ということになります。ちょっとビックリです。
 時間が読めればそれくらい教えなくても分かるだろう、ということなのかもしれませんが、やっぱりそういうところはその時にきちんと教えたほうがよい気がします。物事の考え方や捉え方にも影響するような気がします。
 ゆとり教育世代の人たちはある意味被害者なのに悪いのですが…。

 ハリボーの新しい担任の先生は、連絡帳に自分の似顔絵のスタンプを押していて、そのスタンプがそっくりだったのですぐに分かりました。
 長年この学校にいるベテラン先生だそうで、前の先生とはまたタイプの違った先生でした。テキパキ、しっかり、パワフルという感じです。
 保護者への話もハッキリと、「保護者の方にお願いです。家で子どもに、私の悪口を言わないで下さい!言うなら直接私に言ってください。私は平気なので。」と話し、もちろんその理由もハッキリとおっしゃっていました。
 前の先生も初めにこう言っていればよかったのか?でも本当はこんなこと、基本中の基本で、言われなくても親が分からなくちゃいけないことなのに。
 一つ感じたことは、自分達のことも生徒のように指導してくれる先生を今の親達は望んでいるのかもしれない、ということ。具体的に分かりやすく、こういう時にはどうしたらいいかを親に示してくれる先生を。

 帰りは、教室の掲示物を見ました。
 ハリボーは“かめ係”になっていました。
 チューリップの観察日記には、「思っていたよりすごく赤かった。なんでそんなに赤いのかと思いました。」と書いてありました。

 そして帰ってから、ハリボーとセブンイレブンに行き、ハリボーはコロコロコミックを、私はコーヒーゼリーを買いました。
 ハリボーはコロコロコミックを持つと笑いが止まらず、そんな様子を見ていたレジのお兄さんも笑って見てくれていました。

 夜は、昨日から始まったドラマ『アイシテル〜海容〜』を見ました。
 CMで「このドラマを全ての母に捧げる。」と言っていたので気になって。
 少年が少年を殺めてしまうというストーリーで、見ている間中、胸が苦しくなるドラマでした。でも、来週も見ようと思います。
 ちなみに『海容』とは、他人の過ちや罪を広い海のような心を持って接していくという意味合いがこめられているそうです。

 その後、NHKの『SONGS』でユーミンの歌を聴いて癒され、寝ました。

  
コメント(0)mederu日記
サーバー障害発生!
 昨日から、サーバー側で障害が発生しているようでして、一時HPの閲覧ができなくなる可能性があります。
 アクセスいただいた方々には、大変ご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございません<(_ _)>


 ということで、本日の分もアップできるかどうか・・・。
 アップできたらします!

  
コメント(0)mederu日記
ペッタンとペーパーとドリル。
※明日4/15(水)はお休みです。

 今日、明日とハリボーはギョウチュウ検査です。
 昨夜から「朝起きたらすぐにやらなきゃだめだから!」とやや緊張ぎみだったハリボー。忘れないようにと、部屋の前の廊下にちょこりんと一式が用意されていました。
 そして今朝、いつもより早めに起きたと思ったら、「早くやってー!」の声が。行くと、布団の上でオシリを突き出してスタンバイOK!
私:「えー!ここでやるの?トイレでしょ?」
ハリボー:「だって、先生が起きたらすぐ!って言ってたもん。早く早く!」
私:「…卵が布団に落ちたらいやだから、トイレで。(なぜかギョウチュウがいること前提。)」
 ということで、無事に一日目はトイレでペッタンしました。

 今日は作品紹介をしようと思っていましたが、こんな話題から始まったので別の内容にします<(_ _)>
 こちらは、ギフトショーでアンケートに答えるともらえる、おもしろトイレットペーパー。↓




 広告を載せたオリジナルトイレットペーパーのサンプルなのですが、ちょいと笑えるのでハリボーもいつも大喜びで使ってます。
 mederuのロゴ入りで作ろうか?と一瞬考えたこともありましたが、トイレに流されると思うと…不憫なのでやめました。

 あとはたまに登場させているハリボーの家庭学習用のドリル。
 「“か”で始まる言葉で階段をつくりましょう。」という問題。↓


 「かんぱち」って、渋くない?
 一文字のところは、「か(蚊)」なのに、その下に小さく「“めるーん”」という文字(画像は切れちゃってますが…)。ハリボーなりのギャグです。(解説:カメルーン)

 お次はこちら。↓


 だからこのドリル…「年まつジャンボたからくじ」を覚えることってそんなに大事?
 ドリルの作者の主旨、いまいち分かりましぇ〜ん(>_<)

  
コメント(0)mederu日記
全ては必然。
 4月は物を整理する時期。
 先日、前職を辞めた時に職場から自宅に送ったダンボールを整理しました。(もう3年も経つというのに、面倒でそのままにしていたなんて!)
 その中の様々な書類を見て、徳島、宮城での“現場時代”に関わった、障害をもつ方々との出来事を懐かしく思い返しました。
 彼らとの関わりについてもいつか書きたいと思いますが、今日は違う思いを。
 
 私は現場主義です。
 織田裕二主演の映画『踊る大捜査線』での有名なセリフに「事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!」というのがありますが、まさにその通り!現場は生きた職場。日々格闘しているのです。
 現場で働く人たちが一番大切にされなければならず、現場で経験を積んだ人が尊敬されるべきだと思います。
 なのに、どこか勘違いしちゃってる人が本部(本社)にはいたりするんだな、これが!

 本部(本社)という所は、その組織の中核なわけで、そこで決定したことが組織の方針として各現場に流れるわけだけれど、その本部(本社)の人たちが現場のことをよく分かっていない人たちだったら…その方針は机上の空論となり、現場の実状とはかけ離れた方針が打ち出されてしまうでしょう。
 そして、現場に指示を出す本部(本社)のほうが上=偉い、とか思っちゃう勘違い人間を生み出してしまうのです。

 この構図は国と地方自治体との関係にも似ていますね。地方の実状をよく分かっていない国が一方的に方針を押し付ける、というような。
 橋本知事がいつも顔を赤くして怒っていること。(この部分では橋本知事を支持します。)

 私は、自分で言うのもなんですが、現場ではいつも全力投球でした。時には私生活を犠牲にしてでも自分の仕事にやり甲斐と誇りを持って取り組んでいたと思います。
 そして勤めて10年目、本部に異動になった時、周りからは「出世コースだね。」「偉くなっていくのね。」なんて言われ、自分としてもまんざらでもなく、本部でキャリアを積んで、学んだことを現場で活かしていこう、と純粋に思っていました。
 でも、そこで私が見たものは…何じゃこりゃ!?の世界だったのです。
 
 国民の税金(正確には労働者から徴収した雇用保険)を使っている組織でしたが、無駄に立派な建物の本部が2ヶ所。本部が分かれているため、決裁をとるのにもわざわざ交通費を使って千葉から東京まで行かなくてはなりません。
 しかも天下り上司は遅刻の常習犯で(全てとは言いませんが、そういう人も実際いました。まさに給料ドロボーです。)、無駄に待たされること数時間。やっと見てもらえたと思ったら、ろくに読むこともなくハンコを押すだけ。
 そんなスタンプラリーを数人繰り返し、千葉の本部に戻る。
 怒りで高揚している私の顔を見て、千葉の上司は「スタンプラリーはどうだった?充実した顔してるね〜!」なんて言う。
 そして、偉そうに現場の悪口を日常的に言い合う本部の人々。
 “腐ってる…。この組織、腐ってるよ〜!”と心の中で何度叫んだことか。

 もし、本部に異動になっていなかったら辞めなかったのではないか?と言われたことがあり、一瞬“そうかも”と思ったけれど、やっぱりそれは違うと思う。
 自分の所属する組織の実態を知ることなく、のほほんと現場で仕事することは望みません。どうせいつか知ることになるのなら、それが早い時期でよかった、と今は胸をなでおろしています。
 そのことを知るのがもし10年先だったら、もう見てみぬふりして惰性で勤めていたかもしれない、と恐ろしくも思います。
 
 今は、早い時期に本部に異動になってよかった。そこで実態を知り、失望し、苦しんだ時期もあったけれど、それがあったから、新たなる道を歩み始めて今がある。
 この“今”にたどり着くために、全てが必然であったかのように思うのです。

 前の職場の書類を整理しながら、あらためて感じたことです。
 そして、そう思える自分は幸せ者であり、周りへの感謝の気持ちも湧き上がります。
  
コメント(0)mederu日記
ラロ・オーナ アクセサリーのご紹介♪
 昨夜は兵庫県に住む義兄が出張だったので我が家に泊まりました。
 義兄、夫、姉はビール、日本酒、赤ワインを飲み、男共二人はリビングで酔いつぶれ、姉はその後も一人で日本酒1本をあけていました〜(*_*)

 さて本日は、イスラエルの女性デザイナー“ラロ・オーナ”デザインによるアクセサリーのご紹介♪
 ストラップやキーリングもオープン当初から当店の定番人気商品です♪
 シーズン毎に新作が発表されているので、ぜひチェックしてみてください!
 素材は水や熱に強いポリエステル樹脂を使用。ガラスのような美しい透明感を持ち、軽くて傷がつきにくく丈夫なのが特長です。私もストラップなどを長年愛用しています(^.^)
 全てブルガリアの工場で一つ一つハンドメイドで作られています。

ヘアピン 1本税込945円
サイズ:長さ約5.5cm
※左のゼブラ柄は2本ともsold outとなっております。
個性的なデザインと鮮やかな色合いがラロ・オーナの特徴です。
透明感があるので、これからの季節にもピッタリ!



(左)フラワーヘアゴム 税込4,725円
(中央)フラワーブローチ 税込5,040円
(右)リング 税込4,725円
※リングはsold outとなっております。
◎店内ではお得な情報があるかも!
 キラキラストーンもついて華やかなヘアゴムとブローチ。
 リングは、水晶玉をのぞき込んだら不思議な世界が見えた、というような個性的なデザイン。



てんとう虫ブローチ 税込5,250円
サイズ:直径約5cm
◎店内ではお得な情報があるかも!
どこに付けても目を惹くこと間違いなし!
お日様に向かって前進するかわいいてんとう虫さんです。
レディーバード好きさんにはたまらないデザインですね(^.^)





新作5連ブレスレット 税込8,610円
サイズ:直径約7.0cm
◎店内ではお得な情報があるかも!
 今シーズンのラロ・オーナデザインのテーマは、オーシャン♪
 澄んだ海の底を思わせるようなデザインです。 
 先日、違うデザインのものを「ハワイに行く時に着けるわ!」とお買い求めいただいたお客様がいらっしゃいました。
 いいですね〜♥ラロオーナのブレスを着けて、ハワイのビーチでのんびりと(~o~)



(左)フラワーペンダント 税込6,825円
(右)ブラックキャットブローチ 税込5,040円
サイズ:どちらも最大部分が約4.0cm
◎店内ではお得な情報があるかも!
 光に当たるとキラリンと光るパーツがたくさん使われていて華やか。
 ペンダントはハイネックの洋服にも着けられる長さで、アジャスター部分にもピンクのパーツが。
 ブローチはネコ好きさんにオススメです(#^.^#)



  
コメント(0)mederu日記
人の顔。
 年金特別便で間違っていた内容が訂正されたようです。
 こんな書類が届きました。↓


 旧姓で就職前の分が不明者になっていたよう。そんなことで不明になるようなシステムだったのかと思うと、今回問題が露呈しなかったら払い損していたのか!恐ろしや恐ろしや(>_<)

 話は変わりますが、先日、吉本興業のぶさいく芸人ランキングで一位に輝いたカリカ・家城という人が「全ての先祖に感謝し、まだ見ぬ子孫にざんげします。」という名言を残していました。
 自分の息子がぶさいくランキングで10位以内に入っていたら、親としてはどんな気分になるのだろう…。
 フットボールアワーの岩尾のお母さんが「全て私の責任です。」と言っているという話があるけれど、それはたぶんネタだろう。
 卑屈にならずにそれを逆手にとってネタにするくらい、明るく力強く生きていれば、そんな息子を誇りに思うかもしれないな。
 でも顔って40歳過ぎたら自分の責任ってよく言うけれど、それは本当だと思う。
顔のパーツの作りがものを言うのは若いうちだけのことであって、40過ぎた頃からは“イケメン”“ぶさいく”というよりも、“いい顔”“悪い顔”に分類されていく気がします。
 性格が暗い人は暗い顔になっていくし、明るい人は明るい顔、だらしない人はだらしない顔、きちんとした人はきちんとした顔、欲張りな人は欲深い顔、心優しい人は柔和な顔…というように。

 前に私が友人に「50歳過ぎたくらいの人で“この人意地悪そうな顔してるなー”と思うと、大抵本当に意地悪だよ。意地の悪さは顔に出る。お店始めてから特に分かるようになってきた。」と言ったら、結構インパクトのある発言だったようで、「あれ聞いてから“今私、意地悪な顔してなかったかな?”と気をつけるようになった。」や「この前、まさにそういう顔の人がいて見ていたら、本当に意地悪なことを言ってた。」などの声が挙がってきています。

 自分の顔ももうじき自分の責任になる年代なので、“いい顔”目指そうと思いますが、なかなか難しいものです。。。気づくと眉間にしわ寄せちゃってたり…。
 でも、もし嫌なしわができても、しわ取りはしたくないな。しわ取りをしたであろう女優の顔って、皆同じような顔になっている気がして。突っ張ってます!という感じで、首ごと下を向けないような顔。
 顔が命の芸能人の場合、仕方ないのかな?

 前に姉が平井堅のコンサートで平井堅から聞いてきた話しによると、定期的にスタッフらが“このタレントの問題は何か”といったダメ出し会議を開くのだそう。
 そこで「鼻が問題だ!」なんて皆に言われれば、やっぱり直したくなるのかも。
 前に浜崎あゆみが「私は着せ替え人形。」と言っていたことがあったけれど、そういうことなのだろう。周りにああだこうだと言われて仕立て上げられて。
 あぁ、芸能界って、本当にシビアな世界で大変そう。

 なんだか話が少し反れましたが、、、いい顔目指しましょ♪

  
コメント(0)mederu日記
YUZU 新作アクセサリーのご紹介♪
 昨夜、前職の元後輩(女性)から“東京から愛知県に転勤になりました。”との近況報告メールが届きました。
これまで彼女は、名古屋⇔東京で別居結婚生活を送っていたため、だんな様とまた同居できるようになったのはめでたいことです(^.^)
 また別の後輩(男性)は、静岡から東京に来たそうです。たぶん、奥さんも仕事を辞めて一緒に来たと思います。
 ホント、全国転勤の仕事って、目まぐるしくて大変な人には大変そう。私も3年前までその世界にいたなんて!
 今日もいつもの通り、隣のお花屋さんと挨拶を交わし、目の前のふぐやさんの水槽で泳いでいるふぐを眺めつつ、好きな音楽を聴きながら好きなものに囲まれて、適度にお客様もいらしてくださるこの空間にいられることを幸せに思います。
 幸せといえば…昨夜はまんまるお月様がきれいだったので、ハリボーと眺めながら「ハリボーが幸せになりますように。」と願ったら、「もう幸せになるんだよ。だって、上から落ちてくる桜の花びらを手でつかめたら幸せになるっていってて、今日つかめたもん!」と自信満々に言っていました。
 必死になって花びらを追いかけるハリボーの姿が目に浮かびました。
 そうだね、幸せは自分の手でつかむものだよね、ハリボー!!

 さて本日は、ノスタルジックでガーリーな世界を展開中のYUZU(ユズ) 新作アクセサリーのご紹介です♪
 初夏を思わせるあじさいやコトリのアクセなどなど、今回もかわいらしさ満載です♥
 それでは、YUZUの世界をどうぞ…。

<あじさいシリーズ>


2WAY あじさいアクアフィリグリーダイヤブローチ&ネックレス 税込2,100円
あじさいパーツはブローチになっていて、チェーンを通せばネックレスに早変り!
2WAYでお楽しみいただけます♪

あじさいアクアフィリグリーリング 税込2,100円
サイズ:フリー
アクアカラーのあじさいに、クリームパールが大人かわいいリングです。
手元に初夏の風を…。

あじさいアクアとスワンのピアス 税込1,890円
アクアカラーのあじさいにクリームパールとスワンがアクセント。
お気に入りのワンピースに合わせてみてはいかが?

ローズフィリグリーリング 各税込2,520円
サイズ:フリー
左は淡水パール、右は天然石アクアマリンドロップとシェルのコトリが編みこんであるフィリーグリーリング。
どちらもキラキラストーンがついていて上品な華やかさです。



(左)シェル小鳥のピアス 税込1,680円
(右)フラワーゲージピアス 税込1,680円
耳元で揺れるたびに、ゲージの中に入った光沢あるホワイトドロップやクリームパールにも動きが出る楽しいピアス♪
初夏の装いにピッタリです(^.^)



スワンのイヤリング 税込1,680円
手鏡のネックレス 税込1,680円
スワンとピンクレースフラワーの樹脂ネックレス 税込1,890円
こちらはグッとノスタルジックな雰囲気に…。
スワロフスキーオパールホワイトやピンクレースフラワーを使い、優しい雰囲気のアクセたちです。



  
コメント(0)mederu日記
指導方法について
注)思いにまかせて書いたらかなりな長文になりました。

 昨日ハリボーが「今日は誰の誕生日か知ってる?」と聞いてきたので、「知ってるよ。お釈迦様でしょ?」と言うと、「違うよ!鉄腕アトムだよ!」と言っていました。「違くはないんですけど…。お釈迦様の誕生日でもあるんだよ。じゃあ、鉄腕アトムとお釈迦様は同じ誕生日なんだね。」と言いました。
 でも、今調べてみたら、鉄腕アトムの誕生日は4月7日でした。今晩、間違いを指摘しようっと。

 そんなハリボーも2年生になって数日が経ちました。
 「新しいクラスどう?楽しい?」と聞くと、「全然楽しくない。」と言っています。
 昨日、前一緒のクラスだった女の子のお母さんがお店に来てくれたので、
私:「どう?Aちゃん、新しいクラス楽しいって?」
Aちゃんママ:「仲のいい子と一緒になれたから楽しい!って喜んでる(^.^)ハリボー君は?」
私:「全然楽しくないって言ってる。仲のいい友達もいるのに。ウチの子は、大体聞けばネガティブな発言が多いから。“うん!楽しい!”とか言わないから。」
Aちゃんママ:「アハハ…。でもハリボー君って、口ではそう言ってても密かに自分の中でちゃんと楽しいこと見つけて楽しんでそうだよね。心配はいらないっていう感じ。心配してなさそうだけど。」
私:「私?うん、心配はしてない。基本的に(ハリボーは)マイペースだからね。」
なんて話しました。

 前のクラスの担任の先生は、他の学校に異動になっていました。聞いた時はちょっとショックでした。
 新しい担任の先生は、ここ何年も1,2年生ばかりを担当しているという“低学年のエキスパート”の先生になりました。隣のクラスの先生は、若いのにパワフルで貫禄がある感じの先生です。
 “これで文句は言わせない!”という人事なのでしょうか。

 新学年になったので、1年間のプリントの整理をしていたら、“学校アンケートの結果報告書”なるものが出てきました。
 もらった時も驚いたのですが、改めて読み返してみると、一年生の保護者が書いたと思われるコメントの厳しさが際立っていました。
 もう少し指導方法を考えて欲しい、このままでは非常に心配だ、周りによい影響を与えない子どもの親はそのことを知っているのか、クラス替えが心配だ…などなど。
 一番引っかかったのは、それらのコメントのほとんどが“…という状態だと聞いています。”という書き方だったこと。誰から聞いたのか。自分で見て確かめたわけじゃなく聞いただけのことを真実であるかのように捉え、問題視して改善を求めていることが不思議で仕方ありません。
 中には、“落ち着かない状態で学ばなければならない周囲の子供たちが疲れてきているという話も聞いています。”といった内容もあり、思わず夫に「これ、ハリボーのクラスのこと書いてるみたいなんだけど、ハリボー、疲れてきてた?全然そんな風に思わなかったんだけど?私が気づかなかっただけ?いやぁ、そんなことはないと思うなぁ。これ読んでると、何が真実なのか分からなくなる。」と言いました。
夫:「自分で見て、感じたことが真実なんじゃない?」
私:「そう、私もそう思う。私が実際見て、ハリボーから話しを聞いて、先生やお母さんたちと話して感じた限りでは、そんな大した問題はなかったと思う。だから、それが私の中での真実。」

 アンケートの厳しい意見に対して、学校からのコメントも載っていました。
 要約すると、“高学年を見ると、他校と比較しても誇れる子供たちです。しかし、彼らが1年生の時から、このような姿だったでしょうか。6年間の学校の、そして本人の努力の結晶なのです。入学する子供は本当に様々です。そんな中で、一つずつ指導を受け、どの子供も努力し、切磋琢磨し合って段階を追って成長していきます。もちろん、指導を改善していく余地はいつもあり、日々努力しているところです。今後も保護者の不安が解消できるよう全校で取り組んでいきます。”といった内容が書かれていました。
 学校が伝えたいこと、すごくよく分かります。特に“入学する子供は本当に様々。どの子供も努力し、切磋琢磨し合って段階を追って成長していきます。”といったところに大事なことは集約されている気がします。

 思うに、先生も人間です。色々なタイプの人がいて、指導方法も様々でしょう。それって問題なのでしょうか?ある事柄に対して、どの先生にも同じ指導を求めるべきなのでしょうか?
 A先生はこちらから、B先生は反対のほうから指導していき、最終的にしかるべき状態にまとまれば、それでよいように思うのですが…。
 あるエピソードから…
 ハリボーが入学して間もなく、なかなか学校に馴染めないA君がクラスメイト数名に、好ましくないあだ名をつけました。ハリボーも付けられたうちの一人でした。
 ハリボーもそのあだ名がイヤだったようで私に(遠まわしに)言ってきたので、「イヤならイヤだとA君に自分で言ってみたら?」とだけ言って、しばらく様子を見ていました。
 数日後、様子を聞いたら、「もうA君、言わなくなったよ。A君は、同じ保育園から来た友達が一人もいなくて淋しくて、皆と早く友達になりたくてそういうこと言っちゃったんだって、先生が言ってた。」と言っていました。それを聞いて私は「そうなのかぁ。じゃあ、ハリボーが友達になってあげたら?」と言うと「うん、もう友達だよ(^.^)」と言っていたので、“よかった、よかった。”と思ったことがありました。
 またある日は、A君が授業中に勝手に前に出て、黒板に絵を描いたそうです。それを見て先生は注意する前に「上手ね。」と言ったそうです。
 ハリボーに「その時どう思った?」と聞くと、「へえ〜、そうなんだぁ、と思った。」と言っていました。そこで、ハリボーが“そういう行動をしてもいいんだ。”と思ってしまったら問題でしょうが、ハリボーも周りの他の子も皆“それはよくないこと”というのは分かっているのです。中には、「A君、だめだよ!」と注意する子もいたそうです。
 先生は保護者会で、「最近は子供同士で注意し合う場面も見られ、まとまりも出てきました。」と言っていました。
 
 これらのことを、問題のある生徒を野放しにして生徒任せで先生の指導力不足、ととるのかどうかが分かれ目です。
 私はそれらのエピソードをハリボーから聞いた時、“集団になかなか馴染めない子を一方的に厳しく指導するのではなく、受け止めて認めるところから入ってるんだな。”と思ったのですけど。
 そういう子を集中的に指導するのか、まずはそういう子を認めてクラス内で不適応を起こさせないようにすることからクラスをまとめていくのか、どちらが正しい指導方法なのかを決めるのは難しいです。
 そもそも決めなくてよく、その先生が自分に合った指導方法でやっていってよいのではないかと思います。
 その中で、子どもたちはそれぞれ学び取るべきことを学び取るのでしょうから。
 でも私はどちらかと言えば、そういう子をまずは認めることを優先するほうが好きです。
 もちろん程度にもよるでしょうが、私が見て感じた限りでは、他の子たちが疲れきるとか、授業にならないような状態ではなかったと思うので。

 社会に出れば、色々な人がいます。子どもたちには、その中で互いに認め合いながらうまくやっていく力を身につけて欲しいと願います。

  
コメント(0)mederu日記
ドイツ生まれの雑貨たち♪
 今日は4月8日、お釈迦様が誕生した日だと言われていますね。
 仏教系の大学だったので、この日には校内で甘茶がふるまわれたのを思い出します。
 仏教学の授業もあり、その授業で聞いた話で覚えているのが、物がダメになる時に「おしゃかになった。」という言葉の由来で、焼き物を作るときに、火が強すぎて不良品を出してしまった時に、ヒをシと発音する江戸っ子が「火(シ)が強かった!」と言ったことから、シガツヨカッタ→シガツヨウカ→四月八日→お釈迦になった=物がダメになること、と言うようになったという話し。
 あと、「♪スジャータ、スジャータ、白い広がりスジャータ♪」のCMソングでお馴染み(最近聞かないけど)の“スジャータ”は、若かりし修行中の頃のお釈迦様が、食べ物がなく死にそうになっていた時に、スジャータという名の女性がミルクがゆを作って命を救ったという神話からちなんでつけた、という話も聞きました。
 私、仏教学の授業ではそんな雑学ばかりインプットして終わってます…^_^;

 さて、仏教の話しから入りましたが本日は、仏教国ではないドイツ生まれの雑貨をちょこっとご紹介します♪
 私はドイツ製雑貨が好きです。ハリボーもドイツのグミ菓子“HARIBO”から名付けました。(これはハリボーの好物がHARIBOだったからなのですが、そもそもHARIBOを仕入れたのは私です!)
 品質、デザイン共に優れたものが多いドイツ製品。我が家でも愛用しているものばかりのオススメ商品です!

『Thermo cat』 税込5,040円
サイズ:直径13.5cm×高さ26.5cm、容量1,000ml
こちらは、春のギフトショーで輸入品人気コンテストの準大賞に選ばれていて、その時にもちょろっとご紹介しましたドイツ製ポット、卓上ガラス魔法瓶です。
 世界各国で高い評価を得ているHERIOS社製。
 70℃以上で10時間、45℃以上で24時間という高い保温力です。
 中ビンは、食器などに使われるソーダ石灰ガラス。ガラス製なので、高い保温力でポットに入れた飲み物が味を変えることなく美味しくお飲みいただけます(^.^)
 ネコ好きの方へのプレゼントとしてもお選びいただいてますよ♪
 ちょっと笑った顔がなんともいい味出してます♥





 
 ドイツ語が書かれているだけで、箱もオシャレに見えてしまいませんか?



Pumice-sponge 税込147円
サイズ:3.5cm×6cm×2.5cm
 こちらは小さな雑貨。ドイツ製のミニ軽石です。
 これから薄着になる季節。寒い時期に硬くなったかかとやひじをこすって、お手入れしましょ♥
 原材料:ポリウレタン・ハード・フォーム



フロッシュ ミニギフトセット 税込1,365円
 当店定番人気のドイツ製食器用洗剤フロッシュのミニギフトセット♪
 フロッシュは我が家でも日々の食器洗いに使っています!
 専用フォームボトルで4倍に希釈して使うので、環境にも手にもお財布にも優しい優れものです。
 かわいいカエルの箱に、ミニフロッシュ2本(手に優しいアロエ&油汚れに強いオレンジ)と専用フォームボトルが入ったセット。
 プレゼントにも最適です♪





  
コメント(0)mederu日記
企画展の打ち上げ♪
 今年の春の企画展『春色の雲にのって。。。』も無事終わり、一昨日の晩は作家さまたちと楽しい打ち上げでした♪
 場所は、mederuの近くに新しくできたお好み焼きともんじゃの店『どんどん亭』。
 小さくなら掲載可ということだったので、ちっちゃく載せます。
 「企画展、お疲れ様でしたー。かんぱ〜い!」↓



 愛媛県に長く住んでいたというchoco*to momo.(ちょこっと もも。)さんが中心となって、お好み焼きやもんじゃを焼き焼き、食べました。
 ネギ塩もんじゃに、choco*to momo.さんオススメのベビースターをトッピング♥↓
 ベビースターの味がアクセントになって、とっても美味しかったです〜)^o^(



 お好み焼きでは、ちょっとヘルシーに、ということでレタスの入った『ヘルシーお好み』というのを注文したら、ほどなく店員さんが「お待たせしました!メタボでーす!」と言って、普通のお好み焼きのどんぶりと、こんもりとかいわれ大根が入ったどんぶりと、マヨネーズを置いていきました。
 ヘルシーを頼んだのに、『メタボ対策お好み』を置いていかれると、まるで私達がメタボを気にしているみたいじゃありませんこと?
 すぐに店員さんに言うと、間違えたということで、お好みとかいわれのどんぶりをさげていき、マヨネーズだけが残されておりました。
 他のお好み焼きにはマヨネーズはついていなかったので、このマヨネーズは『メタボ対策お好み』を注文した他のお客さんが頼んだものではないかということになり、私達は「メタボ気にしてるのにマヨネーズって、矛盾してる〜!」とうけていました。
 後から『ヘルシーお好み』を持ってきた店員さんに「これ、メタボを頼んだお客さんのマヨネーズじゃありませんか?」と言うと、ヘルシーにも付くとのこと。
 つまり、ヘルシーにしても、メタボ対策にしても、普通のお好み焼きに+レタスかかいわれ大根が付き、しかもカロリーの高いマヨネーズもONされるという、なんとも板橋の店らしい矛盾だらけのメニューなのでした〜(*_*)
 でもこういうところが好きです、わが町板橋(#^.^#)

 もちろん、女4人が集まれば、おしゃべりも尽きません。
 今回は芸能ネタが多かったような…。

 今回のメンバーには、イチロー好きが一人もおらず、どちらかというとアンチイチローの集まりだったので、「WBC、見ました?イチロー、好きになりました?」「いやー。(首を振る)」「でも、あの時期、イチローのこと悪くは言えない雰囲気でしたよね。」「言ったら非国民っていう感じでしたよね。」「確かにすごいのは認めるけど、それと好き嫌いとは別です。」なんて会話も交わしました。
 
 後から思い出して妙におかしかったのは、choco*to momo.さんが働いているお店に、“たのきんトリオのよっちゃん”が来たという話しで、しきりにtimpani(ティンパニ)さんが「髪、長かったですか?」と聞いていたこと。
 choco*to momo.さんが「長かった。」と言うと、「やっぱり長いんだ〜。」とも言っていました。
 その時は特に気にならずそのまま流れていったのだけれど、後から思い出したら“そういえばtimpaniさん、やけによっちゃんの髪の長さを気にしていたな〜”と思って、それが何故か分からなかったので一人思い出し笑いしちゃいました。
 会話の中で気になるポイントって、人それぞれだから面白いですよね(^.^)

 企画展を終えて改めて思ったのは、私はやっぱり普段は一匹オオカミでいて、何かをする時にそれぞれ独立した(自分のことを自分で決められる)人たち同士が集まって、協力して、目的を達成したら解散する、そういった形でやる仕事が好きだな、ということ。
 組織に属さず、身軽な身体と思考で物事をこなすのが一番性に合っている気がします。

  
コメント(0)mederu日記
新たな道へ。
※明日4/6(月)は、お休みです。

 約一ヶ月間に渡り開催してきました春の企画展『春色の雲にのって。。。』もいよいよ今日が最終日!
 不景気と言われるこのご時勢、今年はどうなるかしら〜?と思っていましたが、長いスパンでコンスタントにお客様がいらしてくださり、今年も好評のまま終了できそうです♪
 いらして下さったお客様、ありがとうございました<(_ _)>
 素敵な作品を生み出して下さった作家様、お疲れ様でした<(_ _)>今晩は、作家さまたちと打ち上げです\(^o^)/
 
 そして、板橋の桜は今が満開!人通りも多く忙しい週末でした!



左にちらっと写っている『がらっぱ』の看板。こちらが、ドラマ『セレブと貧乏太郎』の中で“だるま食堂”のロケ地となったお店です♪



なんか、江戸時代っぽい?



こちらはちょっぴり奥手のつぼみさん。皆から少し遅れて、がんばって咲いたのね♥

 つぼみからパッと咲いた花を見て、“彼女”を思い出しました。
 一年前から退職に関する相談を受けていて、今年の3月で退職という道を選び、新たな生き方をスタートさせた私の元職場の後輩の“彼女”です。

 育児休業を終え、大変な環境の中で忙しく働く彼女から最初に相談を受けた時、簡単に辞めた方がいいとか辞めない方がいいなどと言えるはずもなく、自分の時はどうだったのかと、後はこんなことをメールで伝えました。
 彼女が、自分にとってとても大事なことだったと言ってくれたので、これを読む誰かの参考になるやもしれないという望みも抱えつつ、ちょっと手前ミソではありますが載せてみます(#^.^#)

「私が前の仕事について疑問を感じ始めたとき、私はそれを徹底的に考えてみました。辛い気持ちがある、なぜ自分は今辛いのか、仕事が合わないからか、子どものことか、生活のことか…。そして、その辛い状況から脱出する打開策は何なのか…。モンモン、グルグル、淡々と具体的事項を並べて考えて考えて考え抜きました。その結果が今で、今現在は何の後悔もなく、とりあえず充実した気分で過ごせています。もちろん、人の生活は流動的なので、また波はくると思いますが、その時はまた、考え抜こうと思っていますよ(^.^)」

 彼女は、「しばらく、自分も徹底的に自分の人生と向き合おうと思います。」という返事をくれ、その結果が出たのです。
 つい先日は、“おかげで辞めたことに後悔がない”といった爽やかなお便りが届きました。よかった、よかった、本当によかった♪

 それと、彼女とのやり取りで自分でも忘れたくないこととして載せますが…
 いくら忙しくても、彼女がその仕事にやりがいを感じ、充実した気持ちで子どもや家族に向き合っていけるのなら、きっと辞めない方向に決断することになるだろう、そしてそれが家族にとっても良い結果につながるだろうと思っていました。
 でも、彼女が退職を考え始めた理由の中に、“組織への疑問”が生じていると知り、“あぁ、気づいてしまったのね…。辞める方を決断するかもな。”と思いました。

 子どもがかわいそう、や家族のために、ということを仕事を辞める時の本当の理由にしてはいけないような気がします。その言葉の裏に“自分の犠牲”があるのなら…。
 私が実体験で感じたことは、親がストレスを感じていたり、いっぱいいっぱいになっていると、子どもはそれを敏感に感じ取ってしまうもの。まずは親が充実した気持ちで子どもと向き合えるかどうかが大切なのだな、ということでした。
 親の気持ちに余裕があると、それだけ子どものことも見えるようになってくる、逆に余裕がないと自分のストレスが子どもに伝わって、子どももストレスを感じ、しかもそんな子どものことも見えなくなる、という悪循環に陥ります。実際、その悪循環に陥った私が思ったことです。
 子どもと親の関係って、一緒に過ごす時間の長さで決まるものではないと思っていて、一緒にいても親がイライラしていたりすれば子どもにはかえって悪影響だと思うし、変に母子依存してもよくないと思うのです。

 そして、私も彼女も前職を辞めたくなった大きな理由“組織への疑問”について。
 彼女は、組織の目指す方向が自分と合わなくなってきていることに気づき、それでも彼女は、“自分のスタンスはスタンスとして持ち続けてやっていけばよい”とも考えたそうですが、そんな仕事にどこまで自分の人生を提供するのか?家族をもち、子どもを授かり、生活の重点が変わってきた中で、辞めたいという気持ちが出てきたようだとしっかりと分析していました。
 また、別の“やりたいこと”もできたということでしたから、それではよほど経済的な理由などがない限り、“辞める”の道を選ぶのが自然だと思います。
 
 彼女の新たな興味は、『主婦業』。
 主婦業を真面目に考える団体と出会い、そちらの活動に参加していきたいという気持ちが芽生えたのだそうです。
 『主婦業』、私にはほとんど未知といってもよい世界。う〜ん、これは奥が深そう。
 “主婦道”といっても良いのではないかと思う。かなりな修行が必要となりそう(特に私の場合)。
 それを極めるということもまた、素敵な生き方だと思います。
 
 人それぞれ、様々な生き方ができる世の中って、素晴らしいと思う今日この頃です。

  
コメント(0)mederu日記
PULCINO(プルチーノ) 新入荷作品のご紹介♪
 今朝の番組に日本を代表する建築家 安藤忠雄氏が出ていました。
 元プロボクサーという異色な経歴。異色な経歴の人って、惹かれます。発想力豊かな人が多いので。
 安藤氏は、「一心不乱に何かをすることが大事。」「自分にできることで社会貢献していきたい。僕にできることは建築なので、建築で。」「上手くいかない時でもへこたれない。可能性がある限り、何度でも対話していく。」といったことを話していました。興味深い話しでした。
 司会の人も「面白い話でしたね。“一心不乱”という言葉、久々に聞いた気がしますね。」と言っていました。
 安藤忠雄氏の発言、これからも注目です!!

 さて本日は、熱い火の中からやってきて、誰よりも涼しい顔で周りを楽しませてくれるかわいいあの子達(^.^)
 ガラスから生まれたとんぼ玉アクセサリーでお馴染みのPULCINO(プルチーノ)から、新入荷作品のご紹介です♪
 今の季節にピッタリな桜のとんぼ玉や、初入荷のバラのとんぼ玉のチョーカー、クローバーや小鳥のストラップなど、POPでかわいいものから大人っぽいものまで、どうぞお気に入りを見つけてください♥

四葉のクローバーのストラップ 各税込1,155円
※黄緑とクリアグリーンカラーはsold outとなっております。
いつでも人気者のクローバーモチーフ♪
お財布やバッグに付けてもかわいいですね(^.^)



小鳥のストラップ 各税込1,260円
色とりどりの小鳥たち。下にちょこんと付いたハートモチーフがラブリー♥


桜のとんぼ玉チョーカー 各税込2,980円
さ〜く〜ら〜、さ〜く〜ら〜♪日本人はやっぱりさくら好き。
しずく形のトップが個性的なデザインです。





バラのとんぼ玉チョーカー 各税込3,280円
こちらはぐっとエレガントでシックな雰囲気…。
首元のアクセントが際立つこれからの季節にかなり重宝しそう!



とんぼ玉ヘアゴム 各税込1,260円
ピンクの桜が入ったとんぼ玉ヘアゴム。
歩くたびに揺れてかわいいです。
和服にも合いますね♪



 その他、とんぼ玉ストラップも再入荷しています!

  
コメント(0)mederu日記
桜→入学→卒業ソング。
 昨夜は、スタッフKちゃんとイタリアンレストラン『ピアンタ』でお食事♪
 ちょっと一杯カクテルなんぞ飲みますか、と注文した“アメリカンレモネード”がとてもきれいだったのでパチリ!Kちゃんは大人っぽくジントニック。


 あとはおしゃべりしながらガッツリと二人前コースをいただきました。
 最近、カロリー摂取量過多だな・・・ま、いっか!

 今日は来る途中、板橋の桜がとてもきれいだったので、自転車から降りてパシャパシャ!
この橋が『板橋』という橋。↓
ここから日本橋まで、「距 日本橋・一里二十五町三十三間」。
昔の人もこの時期はお花見しながらこの橋を渡ったのかしら?



下を流れるは石神井川。↓



青い空とのコントラストがきれい。



みんな、橋でとまってしばしお花見(^.^)



 桜の季節といえば、そう、入学式も間近です。
 ハリボーも今日は“入学式のリハーサル”に行きました。
 新二年生は、新一年生の前でけん玉や合奏を披露するのだそうで、ハリボーはキーボード担当だそうです。
 
 そういえば、入学式の前には卒業式がありました。
 ハリボーたちが歌った卒業ソングは、『ビリーブ』と『勇気100%』だそうです。時代も変われば、卒業ソングも変わりましたね〜。
『ビリーブ』→http://utagoekissa.web.infoseek.co.jp/believe.html
『勇気100%』→http://www.hi-ho.ne.jp/momose/mu_title/yuuki_100percent.htm
 『勇気100%』は、ちょうど前職を辞めて開業しようかと夢を膨らませていた頃、夕方ハリボーと見ていたNHK教育チャンネルのアニメ『忍たま乱太郎』のオープニングテーマでこれが流れていて、「♪やりたいこと やったもん勝ち…胸をたたいて冒険しよう…そうさ 100%勇気 もうがんばるしかないさ…♪」の歌詞が自分への応援歌のようにビンビン響いてきて、「お母さん、この歌大好き!」と言ったのを思い出します。

 ところで皆さんの時は、どんな卒業ソングを歌いましたか?
 仰げば尊し?蛍の光?贈る言葉?…『贈る言葉』の中の「♪人は悲しみが多いほど 人には優しくできるのだから♪」って歌詞、真実ですよね。大人になればなるほど分かってくる歌詞です。

 私が強烈に覚えているのは、中学の卒業謝恩会で尾崎豊の『卒業』を皆で歌ったこと。校長先生を含む先生方の前で「♪行儀よく真面目なんてくそ食らえと思った 夜の校舎窓ガラス 壊してまわった…信じられぬ大人との争いの中で…うんざりしながら それでも過ごした 一つだけ分かってたこと この支配からの 卒業♪」なんて、よく歌ったと思います。

 あと、いつ聴いても胸がキュンと切なくなるのは、「♪悲しいことがあると 開く革の表紙…♪」で始まるユーミンの『卒業写真』。
 それと、あまり出てこないけれど私の中では名曲で好きなのが、柏原芳恵が歌っていた『春なのに』→http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=36137
 「♪記念にください ボタンをひとつ 青い空に捨てます♪」この、もらって捨てる、捨てるためにもらう、という青春の中の矛盾な歌詞がたまりません!調べたら、天才 中島みゆきさんの作詞作曲だったのね!さっすが〜。
 
 卒業式の後の男子学生の制服のボタンの数って、もてるかもてないかを判断するバロメーターだったなぁ。
 ウチの夫に前聞いたら、もちろん全部揃っており、またいつもの名文句「俺たちの時はそういうの、なかった。」と。絶対、ありましたからー!
  
コメント(0)mederu日記
エイプリルフールと食べ放題。
 昨日のエイプリルフールでは、楽しい嘘、つきましたか?
 我が家では…昨日はハリボーと姉と私とで東京ドームホテルのブッフェに出かける予定にしていたので、朝、ハリボーに「上野動物園からライオンとトラが逃げ出してね、ライオンは東京ドームホテルのほうに逃げて、トラはすぐそこのシュウマイ屋さんの近くをウロウロしてるんだって!だから今日は出かけられないかもよ〜。」と言いました。
 ハリボーは、ちょっと緊張したように目を丸くさせてうなずいて信じていたようだったので、それを見届けたらすぐに「エイプリルフール!(^.^)」とタネあかししました。
 ハリボーは「エイプリルフールって夜やるものかと思った〜。」と照れ笑いし、「それ、おばちゃんにも言う!」と、張り切って姉に電話していました。
 後から姉と、
姉:「猿とかだったら本気で騙されたかもしれないけど、ライオンとトラっていうから、すぐに(嘘って)分かっちゃったよぉ。でも、騙されたフリしてあげたら、すごく嬉しそうにしてた。フフ、ああいうところはまだまだ子どもだね。」
私:「うん、すごく満足げだったよ。フフフ。」  と話しました。

 そして、予定通り三人で東京ドームホテルの食べ放題へ!
 既にお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、我が家は皆よく食べます!
 三人ともしっかりと元を取らせていただきました)^o^(
我ながら盛り付けのセンスがなく、アップに耐えられない画像のため縮小して…。↓


シェフが目の前で切り分けてくれたローストビーフ↓


シェフが目の前でクルクルと巻いてくれたシュリンプオムレツなど↓


デザートもアイスキャンディ、ナタデココ入りフルーツポンチ、ケーキ、プリン、果物…↓


 とりあえず全部制覇しないと気がすまない貧乏人のブッフェ^_^;その他にもパンケーキ、チョコバナナもお腹の中へ…。

 あれだけ食べても夜にはちゃんとお腹が空くなんて、なんて健康体なんでしょ!

 そして夜、ぐたぐたしていたら飲んで帰ってきた夫が「石原よしずみが品川区長選挙に立候補して、ほぼ決まったって知ってた?ニュースでやってたでしょ?」と言ってきて、「え?知らないよ?ホントに?よしずみがー?やめときゃいいのにぃ。」なんて言って、しばらくしてから「あ!もしかして今の…エイプリルフール…?」 夫:「さあー?」
 最後の最後にやられましたー(>_<)

  
コメント(0)mederu日記
OURS(ウース) 新作アクセサリーのご紹介♪
※明日4/1(水)はお休みです。

 明日からもう4月ですね〜。
 そして、明日4/1はエイプリルフールじゃありませんか!
 罪がなく、相手を楽しませる嘘って、案外難しい。。。
 う〜ん、どうしよっかな〜。明日までに考えよう。

 さて、本日ご紹介するのは、これからの季節に特に人気!
 ゼリーのような、キャンディーのような透明感と個性的なデザインがキュートでポップなOURS(ウース) 新作アクセサリーのご紹介です♪
 カラフルなオリジナルデザイン柄の上に樹脂を流し込んだパーツを使い、様々なアクセを展開中のOURSさん。展示会など様々なイベントにて、精力的にご活躍されていらっしゃいます!
 はやりに流されすぎない自分らしいカラーのものをどんどん作っていきたい、作る事に対しての楽しさがモリモリとみなぎっているとおっしゃるOURSさんの作品は、身につけるだけで元気をもらえそうなものばかりですよ!(^^)!
※画像は入荷作品の一部です。また、sold outのものもありますのでご了承ください<(_ _)>

スクエアリング 各税込2,100円
リーフ付きリング 各税込1,890円
リングは、鏡を使わなくても自分ですぐに見られるところが好き♪
見るたびに元気をもらえそうなカジュアルリングです。
リーフ付きリングはリバーシブルで、プラプラと表&裏の模様を楽しむことができます!




スクエアネックレス 各税込2,730円
こちらもリング同様、新アイテム!
金属と樹脂が合わさった個性的なデザイン。
シンプルな形なので、幅広い年代の方にお使いいただけます。
リバーシブルで、チェーンはお好みの長さのところで留められます!



プチヘアピン 各税込630円 
ピアス 各税込1,785円
人気のヘアピンにプチヘアピンが仲間入り♪
ピアスは左右の柄が微妙に違って遊び心満点です(^.^)


  
コメント(0)mederu日記
クラス替えから思うこと。
 学校が春休みに入って、またハリボーのお弁当作りが始まりました。
 今日のメニューはハリボーの大好きなものばかり。卵焼きに、ウインナー・きゅうり・うずらの卵の串さし、から揚げ、カリカリ梅とごましおをふったごはん、みかんです。
 学童では仕出しのお弁当をとることもできるのですが、「お母さんの作るお弁当のほうが美味しい。」なーんて、嬉しいことを言ってくれるものだから、泣き笑いで作ります!(#^.^#)

 それにしても、学童や学校の先生って、本当に大変な職業だと思います。
 ハリボーの学年のクラス替えだって、一部の親からの先生に対するバッシングがひどかったということがどうやら多少なりとも関係しているようです。
 明らかに先生に問題があるなら別だけれど、私を含め、少なくとも先日集まったお母さん達は皆“先生には感謝派”だったので、一部の過激な“バッシング派”にやられたのでしょう。
 確かに、感情的なもつれが生じると環境を変えるしか解決するのがなかなか難しいので、校長先生もやむをえず決断したのだと思います。
 次は、学校のほうも“これなら文句は言わせない!”という人事を考えてくるだろうから、かなりカッチリめの先生が担任につくのではないか、とのことです。
 そっちのほうがちょっぴり心配だったりします。“私、話合うかしら?”とか。
 でも、直接日々関わるのはハリボーなので、“ハリボー君、がんばってくれたまえ!”という感じなのですが。

 でも、私が知らないところで、一部の過激派は水面下で先生おろしの攻撃をしかけていたようです。過激派の基本とする得意技は、“ウワサを広めること”です。
 いかに先生に問題があるのか、いかにそのおかげでクラスが“学級崩壊”しているのか、ということを、あることないこと自分の感情を織り交ぜて脚色して広めていたものと思われます。
 ハリボーのクラスは過激派から見ると“だめなほうのクラス”だったので、隣の“良いほうのクラス”のお母さん達にしてみたら、今回のクラス替えは“とばっちり”みたいなことになっていて、“だめなほうのクラス”の母親たちはどこか“すみませんねぇ…。”という気分にさせられるのがおかしいです。
 授業参観の時には、わざわざ他の学年の親まで「ウワサの先生はどの人?」という感じで見に来ていたという話もあり、“うわ〜、イヤな感じ。っていうか、そういう人たちって、どんだけ暇なんだろう?”と思ってしまいました。

 ウワサを丸ごと信じて“えー!うそー!そうなのー!信じらんなーい!”と、自分の目で確かめもせずに大げさに騒ぎ立て、物事を大きくしてしまう人々は、前にも書きましたが“大げさ王国の大げさ住民たち”。
 過激派は、もっと過激に直接攻撃にも出ていたようです。そう考えると、あの先生はとても強い人だったのだなぁと今更ながらにいたく感心しております。
 病気になってもおかしくないほどのストレスだっただろうに、子ども達と普通に過ごし、親達にも保護者会などで普通に優しく丁寧に接して下さっていました。
 修了式の日に、メモ書き程度ですが私はその先生に感謝の気持ちを伝えたので、“あぁ、自分の気持ちを伝えておいてよかった!”とつくづく思いました。
 ハリボーが「先生がお母さんからの手紙読んで、”ありがとう。”って言ってたよ。」と言っていました。
 この前集まったお母さんの中にも、「私も強いなーと思って、途中から“応援しよう!”と思ったの。」と言っている人がいて、本当に過激派は一部だったのに、もっと私達に何かできることがあったのではないか、とも思いますが、時すでに遅しでした。
 
 先生に厳しさが足りない、という意見があったようですが、逆に言えば、とても心優しい先生でした。きっと、親の捉え方次第なのでしょう。
 本当に問題があったのかどうかは、きっと子どもたちが一番よく分かっているのではないかと思います。

 今回のクラス替えは残念な気もしますが、前にも同じような問題から一年でクラス替えした学年があったようで、その学年にも子どもがいるお母さんが、「今思えば、クラス替えして結果的に良かった。」と言っていました。
 クラス替えの回数が多かった分だけ、“一回も同じクラスになったことがない人”が減り、その結果その学年は団結力が高まり、良い感じにまとまっているのだそうです。
 なので、ハリボーたちの学年もそうなればいいなぁと思います。

  
コメント(0)mederu日記
企画展 timpani 作品紹介 第二弾♪
 昨夜は、小学校のクラスのお母さん達の集まりがあって、二次会から参加しました。
 二次会の場所は、同じクラスで小料理屋をやっているお母さんのお店に行ってみようということになり、いきなりでしたが、お店訪問。
 今までお話をしたことがなかったお母さんでしたが、話してみて、夜の商売をしながら子育てをしていることの大変さなど、色々と知りました。やっぱり、直接お話しをしてみて初めて分かること、知ることってたくさんある。
 そういう面で人と人とのコミュニケーションは大切なのですね。
 それぞれの事情を抱えたそれぞれの家庭で子どもは育ち、皆ただ一生懸命に生きているだけ。
 子どものこと、親のこと、学校のこと、先生のこと…全てにおいて、見方次第で物事は悪化も好転もするのだということも再確認。
 なるべく良い方に見ることができる人のほうが、何倍も幸せな人生を送れる気がします。

 さてさて、今日も企画展中の日曜日ということもあって大忙しでした!
 ご好評をいただいております企画展のtimpani(ティンパニ)作品のご紹介第二弾をお届けします♪
 お友達とペアで持ちたい小さながまぐちや、これからの季節に大活躍する春色のヘアアクセサリーたち、人気のカードケースにロングセラーのブックカバーの新柄など。
 春の風景を切り抜いたような優しいデザインのtimpaniの世界をどうぞ…。

小さながまぐち『ふわり、花のかおり』 各税込1,575円
※ナチュラル地は2色ともsold outとなっております。
春にパッと咲いた小さなお花から、風にのって優しい香り…。



小さながまぐち『春色のふたば』 各税込1,575円
そよそよ そよそよ…春の穏やかな風に春色のふたばが気持ち良さそうに揺れています。



春色ヘアピン 各税込480円
春色ヘアゴム 各税込780円
お子様から大人まで着けられるtimpaniのヘアアクセサリーたち。
春のお出かけにぜひどうぞ(^.^)





カードケース『シロツメクサ』 各税込1,890円
小さい頃、空き地にたくさん咲いていた白いお花…シロツメクサ。
お花の首飾りを作って遊んだ…遠い思い出。



ブックカバー『春色アンブレラ』 各税込2,420円
雨がやんだと思ったら…あらあら甘いキャンディが降ってきた!
春の雨の日には、そんな想像をして楽しみます。
読書のおともにぜひどうぞ♪









ツバメのミニバッグ 税込2,940円
※timpaniさんによる作品イメージの詩と説明を載せます。
ツバメが大空を飛んでいく ひゅー・・・っと飛んでいく 明日もきっと、いいお天気

上部入れ口には麻レース、向かって左サイドに木のボタン。
バッグ本体の生地は麻混。ちょっとの色ムラとシワが使い込んだ雰囲気です。
芯を貼っていませんから、クルクルッと丸めて大きなバッグへポンッ!





  
コメント(0)mederu日記
ハリボーの一年間。
 今日の日記は、完全なる育児日記…というか、ハリボーの成長記録です。
 この日記の読者の中には、気持ち的にハリボーの擬似父母のように成長を見守ってくださっている方々がたくさんいらっしゃるので、そういった方々に楽しんでいただければ幸いです(^.^)

 ハリボーの初めての小学校生活も無事に一年が終わりました。
 一年生最後の通信簿ももらい、先生からのコメント欄には「学習に真面目に取り組み、国語算数など、よく理解しています。時折ユーモアのセンスものぞかせてくれるこの頃です。これからも、自信をもって、自分の考えや気持ちをみんなに伝えていくとよいと思います。新しいクラスも、笑顔いっぱいのクラスになるよう活躍を期待しています。」とありました。
 ハリボーのことを高く評価してくださる先生だったので、よく書いてありますが、親の目から冷静に分析してみます。
 
 まず学習面は、根が真面目なのでそれなりにがんばり、出来も今のところ問題ないと思いますが、まだ一年生。本当に優秀になるかどうかはこれからです。
 ウチの家系は、スタートダッシュは良いのですが、徐々に怠けていき、“20歳過ぎればただの人”になる傾向にあるため、あまり期待はしていません、というか皆さんも期待しないで下さいね。
 実父母が「私も(俺も)、小学校の時は成績がよかった。」と言っており、“あぁ、行く末はこの程度か…”と、「がっかりするからやめて。」と言ったけれど、心の中で“たぶん、そうだろう。”と思っている自分がいます。
 まあ、これからの本人の努力次第でしょう。
 
 次に、ユーモアのセンスについては、“地味な面白さ”が一年かかってようやく浸透しつつあったようなのに、クラス替えとは残念です。新しいクラスでの活躍に期待しましょう。

 自分の考えや気持ちを皆に伝えることは、やはりハリボーはちょっぴり苦手なのでしょう。だからあえて先生はエールを送ってくれたのだと思います。

 クラス替えということで、やたら思い出チックなものも持ち帰ってきました。
 ハリボーの学年は2クラスしかないので、クラス替えしたって半分はまた一緒のクラスになるので、センチメンタルにはなりませんが。
 そのうちの一つがこちら↓
 “おもいで”と書かれたとても大きな入れ物。中には、画用紙に描かれた絵などがわんさか入っていました。
 裏には、沈みゆく夕日の絵が。まるで卒業するかのよう。ハリボー、思い出にひたっているのか!?





 一年間の目標と結果が書かれた紙。↓

学習:こくごのべんきょうをがんばる。 結果→かん字をおぼえました。(ホント、“字”って書けたね。)
生活:たのしくあそぶ。 結果→たのしくあそびました。(わざわざ目標にしなくてもそれは…。もっと“家の手伝いをする”とかにして欲しかったなぁ。)
 周りにはなぜか、タカ&トシ、キャン×キャン、ワッキー&ヒデ などお笑いコンビの名前など。

 ハリボーらしい絵↓


↓これは、遠近法を誉められていた。



ウサギの絵↓

 2007年9月にかいた保育園のうさぎのナナちゃんの似顔絵と比べ、大人っぽい絵になりました。
 うさぎのナナちゃんの絵にはファンがいたので、ちょっと残念?でも、“写生モード”と“似顔絵モード”の違いのような気もします。
 ちなみに、2007年9月のナナちゃんの似顔絵はこちら。↓



おでんパーティーの絵日記↓

 10月に保育園の時の友達のお家でやった“おでんパーティー”のことを書いた絵日記。
 “のれん”なんてなかっただろうに、こういうところがハリボーらしいアレンジ。

まどふきの絵日記↓ ※画像をクリックすると大きくなります。

 「ぼくは、2008年12月19日にまどふきをしました。…」まどふき記念日?
 途中、ロールカーテンが壊れ、最後には、なおったようです。めでたし、めでたし。
 掃除の風景に母親が登場してないなんて、母がさぼっているみたいじゃない!?…日記をさかのぼってみたら、お店をやっていました。じゃあ、しょうがないよね?
 ちなみに、内側のハリボーは足が長いのではなく、三脚に乗っているところを描いています。

わたしはなんでしょう?↓

わかったよ。あれでしょ、あれ。こ○○ん!

むかしあそびの会の絵↓

日記に登場する“しのづかさん”は、近所に住むおばあさん。

 以上、このくらいにしておきます。
 二年生になっても、ハリボーらしく成長していってくれ!

  
コメント(0)mederu日記
企画展 atelier MIKA 作品ご紹介 第二弾♪
 暖かくなったと思ったら、また寒い日が。三寒四温とはよく言ったものです。
 それでも、板橋の桜の木は少しずつ少しずつ蕾を膨らませ、ところどころぱっぱっと花が咲き始めました。
 もうすぐ満開♪年に一度の素敵な季節の到来です!

 さて本日は、企画展後半 atelier MIKA(アトリエ・ミカ) 作品のご紹介です♪
 シルバーアクセサリーの『わた雲』シリーズと、キラキラチェコビーズを使った『marimo』シリーズの新色をご紹介します!(^^)!

<『わた雲』シリーズ>
 企画展『春色の雲にのって。。。』をイメージして作られた『わた雲』シリーズ。
 「青い空にぷかぷか浮かぶ、わた飴のようなおいしそうな雲・・・」
 「ウキウキしてお散歩に行きたくなるような気分♪」
 そんなイメージでデザインされたそうです。
 身につけたらふわふわと空を飛べそうな、そんな楽しい気分になるアクセサリーです(#^.^#)
 わた雲部分は全てつや消し加工がされていて、上品な光沢です。

「わた雲ピアス」 税込3,990円
サイズ:チェーン含むモチーフ全長約3cm ※左右同じ長さのシンメトリーです。
耳元でわた雲がゆらゆら…ウキウキ楽しい気分になりそう!



「わた雲ネックレス・ショート」 税込4,935円
サイズ:チェーン全長約40cm
「わた雲ピアス」と同じ形の雲モチーフです。
シンプルでどんな服装にも合いますよ♪





「わた雲ネックレス・ロング」 税込6,090円
サイズ:チェーン全長約46cm
 雲のような形の淡水パールと、小さな三日月モチーフがランダムについた遊び心あふれる作品。
 朝の青空にぽっかりと残った月とぷかぷか浮かぶ雲をイメージして作られたそうです。
 朝のお散歩で、太陽と月を一緒に見られたときは「何となくラッキー♪」とウキウキしてしまう、そんな気持ちを作品にのせたそうですよ!





 わた雲ネックレス・ショートとロングは、重ね着けしてもかわいいです(#^.^#)
 ぷかぷかぷかぷか、胸元で雲が浮かんでいる感じ♪



留め金具もわた雲の形でこれまたかわゆいのです♥



<『marimo』シリーズ>
 『marimo』シリーズに新色が仲間入り♪
 これからの季節にピッタリなほんのり桜色と、若葉や新緑をイメージしたグリーンカラー。
 キラキラ光るチェコビーズを使っているので、光の加減で表情もまた変化します。

marimoシリーズ 桜色 
ネックレス 税込4,200円
イヤリング 税込3,675円
リング 税込3,570円 ※こちらはsold outとなっております。
光沢のあるホワイトと淡いパープルピンクが優しい色合いです。



marimoシリーズ グリーン
ネックレス 税込4,200円 ※こちらはsold outとなっております。
イヤリング 税込3,675円
リング 税込3,570円
光の加減で若葉の萌黄色に見えたり、青々とした深緑に見えたり…。
エレガントでちょっぴり大人っぽい雰囲気です。



 着けた時のイメージはこんな感じ。※画像のカラーはシルバーです。
 パーティーシーンにも活躍しそう(^.^)







  
コメント(0)mederu日記
子連れ鎌倉散策♪
 昨日の定休日には、スタッフKちゃんと、そのお子達2人とハリボーと私とで、鎌倉散策に出かけました♪
 子ども達は全員男子で、年齢も6,7,8歳と近いので、大変盛り上がっておりました。下ネタ、CMソング、手遊びなどなどで…。子供同士でまとまってくれていたので、私達も“大人の会話”が色々できてよかったです。
 最初はあいにくの雨でしたが、じきに晴れ、とても楽しい一日となりました(^.^)

 1時間ちょっと電車に乗って、鎌倉に到着。乗ったときは満員電車でどうなることかと思ったけれど、新宿を過ぎたあたりからサラリーマン人口が減って座れたのでホッ…。
 まず初めは、鶴岡八幡宮へお参りです。
 小町通りを歩きながら、店頭で焼いていた手焼きせんべいをまずは食べ歩き。昨日は食べ歩きツアーのようによく食べました!

<鶴岡八幡宮>
 階段を上って、お参りしましょ。





 20年前、高校生だったKちゃんと私は遠足でここに来て、この太鼓橋のところで写真を撮りました。
 当時は二人とも、短いキュロットに髪はソバージュ(都立高校で校則がゆるく自由な学校でした。ヤンキーだったわけではありません!)、白のソックス、茶色のローファーという姿でした。
 そして今の私達↓(小さく載せましょ。)


 それぞれ結婚し、子どもを産んで、また一緒にmederuで仕事をするようになるなんて…“不思議な縁を感じるねぇ。”としみじみしちゃいました。
 この写真は私にとっての宝物です♥

 昼食は、子連れなのに渋く蕎麦屋に入りました。
 私は『はまぐり蕎麦』↓

やっぱり、海が近いのではまぐりがプリッとしていて、上品なダシの中にはまぐりの旨みが抽出されていて美味しかったです〜)^o^(

 そして、お蕎麦を食べたばかりなのに、子ども達の強い希望でクレープ屋に。
 自分の顔よりも大きいクレープをパクついていました。



 まだまだ食べ歩きは止まりません。
 鎌倉名物“ワラビ餅”をお土産用にと買ったら、上野の鳩のように子ども達は餅を持つ私の周りに群がり、あっという間に完食!残った黄粉だけ持ち帰りました。

 そして、鎌倉と言えばやはり大仏でしょう!
 江ノ電↓に乗って大仏さまのいる長谷駅へ。



 長谷駅から大仏さまへ向かう途中でまた食べ歩き…。
 『紫いもコロッケ』↓


衣サクサクで甘みのある芋の味、ひき肉もちょろっと入っていてこれもまた美味)^o^(

 そしてじゃ〜ん!鎌倉大仏でございます。↓


平日なのに、観光客で賑わっておりました。外人さんも多い!
 世界遺産登録を目指しているそうです。

 子ども達、大仏の前でポーズ!↓「大仏さんのおでき、ウ○コみたい!」なんてバチ当りなことを言ってましたが、大仏様、無邪気な子どもの発言と思ってお許しを…<(_ _)>



『青空と大仏』いいお顔してますね。



 胎内拝観料 一人20円。
 ちゃんと入り口でおじさんが徴収。入場料に込みでもいいのに、良心的というか…。
 「私の身体の中に入りたかったら、20円払ってくださいね〜。」





 「入らせていただきました〜。」↓
 薄暗い洞窟のようで子ども達大喜び。
 しかし、750年前に建てられたと思うと、歴史のロマンを感じますね。
 それにしても、歴史的建造物には至るところに一円玉や五円玉が置いてありますよね。あれって、自分の分身と思ってご利益があるように置いてくるのでしょうか?逆効果のような気がするのは私だけ?



 大仏さんの背中。少し猫背で、開いてます。。。



 大仏さんのための大きなわらじ。



 ここにも入れるか!




 子どもたちが砂浜で遊びたいというので、行ってみました。
 白い砂浜…ではなく、雨の後で湿った重い砂。風は冷たく、漁場で、ワカメが干されていたので、5分ほど子ども達を走らせ、早々に退散。
 浜の女たちの立ち話とウインドサーフィンのツーショット。↓



 そして、最後は北鎌倉で降りて、mederuでもお世話になっている“ちゃいず”さんや“timpani”さんの作品も置かれている雑貨やさん『GM..』に行きました。
 17:00閉店で、10分前くらいに着いたらシャッターが途中まで下りていて、「ショックー!開いてないよぉ。」と言っていたら、優しい店主さんがガラガラと開けてくれました。
 そこで、私はガラスのペンダント(4,890円)を買いました♪
 和菓子みたいな優しい色あいがお気に入りです♥↓



 行きたかったところには全部行けた鎌倉散策、最高に楽しかったです!
 子ども達も楽しそうでした(^.^)
 帰りは、『鳩サブレ』と『鯵の押し寿司』をお土産に買ってかえって、家族と土産話をしながら食べました)^o^(
 よく食べ、よく歩き、よく笑った一日でした。
  
コメント(0)mederu日記
犬も喰わないもの。
※明日3/25(水)は、お休みです。

 一昨日、久々にやっちゃいました。犬も喰わないもの…夫婦ゲンカ。
 理由は…些細なことで、圧倒的にどちらかの分が悪いようなことではなく、お互いの言い分があるようなことなので詳細は書きませんが、台所の小物の整理の仕方について、です。
 それにしてもケンカの時って、人は悪人になりますね。
 いかに効率的に相手にダメージを与える言葉を言うか、を脳細胞を集結して瞬時にかつ総合的に判断して“これだ!”というようなことを言わせます。
 私もその時、かなりな悪人でした。夫もだけど…。
 それは、整理が完全には終わっていない状態で勃発したので、シンクにはまだ小物が出ていて、夫が「もう何もせえへん!」と言い放って上の部屋に行ったので、私も負けじと「私も何もやらないから!」と言い返しました。
 すると、そのやり取りを聞いていたハリボーが、困ったような、少し笑ったような妙な顔をして台所に行き、シンクに出ていた小物の整理をしていました。誰もやらないんだったら僕がやるしかないか、と思ったのでしょうか。
 それを見たら不憫に思い「ありがとう。」と言ってギュッとして、手をつないで一緒に寝ました。
 もちろんその時の私は、めそめそモードではなく、めらめらカッカモードでしたが、そういう時には寝るのが一番なので、寝ました。
 
 そして翌日(昨日)、朝起きたら前の晩のことはもうどうでもよくなっていて、ケンカした直後は“もう朝食なんか作ってやらないんだから!ハリボーと自分の分だけ作って目の前で食べてやるんだから!”と思っていたのに、普通に夫の分も作り、いつもと同じように食べました。
 ただ、夫には「昨日シンクに出ていた小物、ハリボーが妙な顔しながら片付けたんだよ。かわいそうだったよ。」と言い、夫もちょっと意外な表情をしながら「あ、そう。」と言っていました。そして、いつもと変わらず「行ってきます。」「行ってらっしゃい。」と送り出しました。
 
 昨夜、実家の母と姉に“こんなことがあった。”と話すと、姉は「かわいそうだったね。」とハリボーをより一層かわいがり、母は「陣内と紀香みたいに…あなたたちもいつどうなるか分からないわね。」と言い、それを聞いた姉は「そんなことになったら、ウチらが一番大変になるんだから。今更戻されてもねぇ。ああ、考えただけでゾッとする!」なんて言ってました^_^;

 そして今朝、夫に「ハリボーが片付けたって聞いたとき、どう思った?」と聞いたら、「健気だな、と思った。」と言っていました。
 そう、子どもって、普段は生意気でわがままな生き物なのに、たまに見せるその健気さにやられてしまう。弱い者だけが有する“健気さ”だ。
 夫婦はケンカできるうちが花だなんてことも言うけれど、できるだけ、穏やかに、お互いに悪人の姿を見せずに暮らしていけたらよいなぁと思います。。。

 と、こんな話題で終わるのも難なんで、昨日ハリボーが学校から持ち帰ってきたプリントをご紹介して、気分転換しましょう!

公開講座『舞い上がれ ITABASHI〜基礎編〜』のお誘い♪
これ以上舞い上がっちゃってよいのでしょうか、板橋…。(若者うけしようと“ITABASHI”としたところがかえって泣かせます。)



 今年1月30日のこの日記(http://mederu.jp/step_blog/month_200901)にも載せた『板橋音頭』と並んで、「魂をゆさぶる板橋の新しい一曲!」と書いているネットのページもありました。
 基礎編ということは、応用編もあるのでしょう。
 ちなみに残念ながら、日程の折り合いがつかないので、公開講座には出られません。

 板橋には、“区民パレード曲”なんかもあるらしいです。
区民パレード曲『舞い上がれ ITABASHI』の歌詞。(※画像をクリックすると大きくなります。)
「Hey Hey Hey 板橋」のところが聞いてみたいです。



 板橋には、“数え唄”なるものもあるようです。(※画像をクリックすると大きくなります。)
「十で 東京 板橋区」が、“最後だから力抜いたな。”と思わせます。これでは、東京だったらどの地名を入れても成立します。



  
コメント(0)mederu日記
企画展 『春色の雲にのって。。。』後半です♪
 春の企画展『春色の雲にのって。。。』もちょうど折り返し地点を迎え、残すところ2週間となりました。
 3月、4月はギフトシーズン!ハンドメイドの優しい雑貨たちがお待ちしておりますよ(#^.^#)

 そして昨日は、atelier MIKAさんとtimpaniさんが追加納品&ディスプレイ変更にいらして下さいました!
 またまた、素敵な春物が並びましたよ〜♪



 
 上段は、timpaniさんの“がまぐち”がたくさん並びました。
 timpaniさんは、「なんか、がまぐちだらけで変じゃありませんか?」なんて気にしていらしたけれど、がまぐち増殖中〜という感じで、かわいいです(^.^)
 「がま、がま、がま…。」という声が聞こえてきそう♥
 賑やかに並んでいたほうが、お客様も色々選べるので良いですよね♪



 中段はatelier MIKAさんです。
 今回は、新たに雲をモチーフとしたシルバーアクセサリーが入荷しております!(※中央左側)
 シルバー好きの方々、どうぞ見にいらして下さいませ♪



 下段はバラエティに富んでいろいろ…。
 どうぞ、しゃがみ込んでのぞいて見てください。春のヘアアクセたちも並んでおりますよ♪



 ちょっと蛇足。。。
 ハリボーは今回の企画展の名前『春色の雲にのって。。。』の。。。部分がどうにも気になるようで、「雲にのって、どうなったの?春色の雲にのって。。。どこかへ去っていきましたっていうのは?次はそういう名前にしたら?」なんて言ってきます。
私:「えー!?どこかに去っていきました、なんて淋しいよ〜。」
ハリボー:「う〜ん。わかった!じゃあ、メデルにたどり着きました、はどう?」
私:「そっちのほうがいいね〜。」
ハリボー:「じゃあ、『春色の雲にのって。。。メデルにたどり着きました。』で決まりだね。」

 ということで、ハリボーの中では、後半部分を入れた幻のタイトルが決定したようです。

  
コメント(0)mederu日記
c-huit(セ・ユイット) シルバーアクセサリー新入荷のご紹介♪
 数日前、目がゴロゴロして痛くて、コンタクトをとって洗っても治らなくて何だろう?と思っていたら、atelier MIKAさんからのメールで、たぶん“アイツ”だったのだと分かりました。
 “アイツ”は、はるばる中国からやって来る…。そう、黄色い砂と書いて黄砂。
 工藤静香の歌で「黄砂に〜吹かれて〜♪』というのがあったけれど、そんな悠長に歌ってなんかいられません(>_<)
 仕方なく、一週間使えるコンタクトを取り、一日使い捨てタイプに変えたら治りました。

 さて本日は、10名の若手クリエイター(2人増えた!)たちによるハンドメイドシルバーアクセサリーを展開中のc-huit(セ・ユイット)から、新作を含む春らしい作品たちが届きましたのでご紹介します♪
 天然石と貴金属にこだわり、いつでもどこでも身につけたくなるような、そんなジュエリーを丹精込めて作り上げているという、c-huitの繊細な世界をどうぞ…。

各種リング ※金属素材は全てSV925を使用しています。
(左)アメシストと小鳥のリング(9号) 税込4,200円
(中央左)カーネリアン・ペリドットのつばめリング(フリーサイズ) 税込4,200円
(中央右)淡水パールとリボンの2連リング 税込3,370円 ※こちらはsold outとなっております。
(右)バラレースのリング(11号) 税込4,200円
ガーリーなリボンやレースのリング、カジュアルな小鳥のリング、どちらの雰囲気がお好みですか?





(左)ホワイトトパーズのチェーンリング(Lサイズ) 税込4,200円
(右)ブルートパーズのチェーンリング(Lサイズ) 税込4,200円
チェーンタイプなので、指に優しくフィットします。
一粒石がシンプルでちょっぴりクールな印象です。



各種ネックレス ※金属素材は全てSV925を使用しています。
(左)アメシスト・ペリドットの葡萄ネックレス 税込3,750円
(中央左)オニキス・淡水パールのクロスネックレス 税込3,600円
(中央右)ガーネットのハートネックレス 税込3,450円
(右)カーネリアン・ペリドットのつばめネックレス 税込4,500円 ※こちらはsold outとなっております。
アメシストの紫を葡萄の実、ペリドットのグリーンを葡萄の葉っぱに見たてた葡萄ネックレスに、オニキスの黒がきいたクールなクロスネックレス、大人かわいいハートネックに、人気のつばめネックレス…。



(左)淡水パール・ペリドットのレースネックレス 税込4,950円
(右)淡水パールのネックレス 税込2,850円
ゴージャスなレースネックレスに、オフィスでも活躍しそうなシンプルな房形のネックレス。
どちらも淡水パールを使った上品で優しい色合いです。



各種ピアス 税込2,250円〜2,400円 ※金属素材は全てSV925を使用しています。
爽やかな春風を思わせるアクアマリンや元気が出そうなオレンジムーンストーンなどを使ったピアスたち。
個性的なロングタイプも入荷です♪


 その他、クローバーのボタンピアスなども再入荷しております!

  
コメント(0)mederu日記
最近のニュースから。(小沢、藤原、闇サイト)
 今日は自分のための備忘録のような日記です。
 この日記は好き勝手に書いていますが、何となくカテゴリーができてきた気がします。
 商品紹介は“仕事”、ハリボーのことは“育児”、その他は“(この時に自分は何を思っていたのかの)備忘録”といった風に。
 お読みになる方も自由に、興味のあるところだけピックアップしてどうぞ。
 “同感!”と思ったり、“いや、それは違うのでは…。”とか、感想も人それぞれだと思いますが、それもご自由に♪
“こんな考えの人もいるんだー。”程度に読んでいただければ幸いです(^.^)

 ということで、今日は最近のニュースから思ったこと。
 
 まず、民主党小沢代表の問題。
 小沢さんには最初からクリーンなイメージはなかったので、この問題で私の小沢さんに対するイメージが変わったということはありません。
 私の中での小沢さんのイメージは、前も今も、きっとこれからもずっと『笑うセールスマン』の“喪黒福造”なのですから。
 それに、政治家なんて誰でもはたけば埃が出そう。だからといって別に小沢さんを支持しているわけではありませんけれど…。
 今回の問題を操っているのは誰か?一番得している人が怪しいと思います。では誰が得しているか…今回の問題が出る前に一番騒がれていたのは、官僚の天下り問題では?
 小沢さんの騒動で、天下り問題への目が反れてしまったような…。ん〜、霞ヶ関の官僚が怪しいと読みました。検察もバリバリの官僚社会だし。

 次に、ワイドショーを賑わしている藤原紀香と陣内の離婚問題。
 陣内の浮気が原因と言われているけれど、もしそれが本当だとしたら、あのナイスバディをしても浮気男性の浮気はくい止められないものなのか!と、ある意味どうにもできない男性の性の切なさを感じます。
 でも、家にいつも藤原紀香がいたら、ちょっと疲れるかも。
 あれだけの究極ボディを維持するためには、きっとストイックに家でもエクササイズとかをやっていそうだし、前に陣内が「彼女は常に前向きで向上心があって、“疲れた”とか“しんどい”という言葉を絶対に言わないんです。僕が言っても怒るんです。」と嬉しそうに話していたけれど、それも日常生活となったら疲れそう。
 私は「疲れた〜。」も冬には「寒い寒い。」、夏には「暑い暑い。」としょうもないことを言ってしまう人なので、それをいちいち怒られて、いつもポジティブ!活力満タン!みたいなモードでいられると、疲れる。
 紀香は素晴らしい人なのかもしれないけれど、毎日がステーキだと飽きてしまうように、たまにはあっさりとお茶漬けが欲しくなってしまったのかしら、陣内。
 でも、浮気しかり、離婚しかり、片方だけの問題ではないのだろうから、本当のところは夫婦にしか分からない。
 ただ、こうなるかもしれないから、十二単着たり、弾き語りをテレビで放送するなんてやるもんじゃないなぁと思いました。 

 それと、闇サイト殺人の主犯格が自首したことで無期懲役になったニュースについて。
 日本の裁判は判例主義なので、この判決は妥当とのことですが、その“判例主義”に反対です。
 過去の判例に基づいて判決を下すなら、コンピューターで十分。人間が裁くなら、過去の判例に囚われず、ケースバイケースで判決を下して欲しい。
 殺人事件なんて、犯人も被害者もそれぞれ全く違う人物で違う状況下で起こるのだから、一回一回その事例を精査してまっさらな状態で考えて欲しい。
 今回の裁判も、「自首しても死刑になるなら自首しない」という人たちの抑止につながると言っている専門家もいたけれど、私は被害者のお母さまがおっしゃっていたように、逆に「自首したら死刑にならないんだから、人1人くらい殺してもいい」と思わせてしまうのではないかと危惧します。
 犯罪者を自首させることよりも、犯罪を犯させないほうに重点を置くなら、今回のような場合は死刑判決でもよいように思います。
 それと、死刑の是非については難しい問題ですが、日本の無期懲役は10年ちょっとで出てきてしまうようにできているので、欧米諸国のように、100年とか200年の刑というのを作って、極悪犯は終身刑に処せられ、一生出られないようにして欲しい。

 そんなことをあれこれ思いました。

  
コメント(0)mederu日記
企画展 timpani 作品のご紹介♪
 昨日はドラマ『ありふれた奇跡』の最終回。スタッフKちゃんとお互いに寝ていないかメールで確認した後、それぞれ楽しみました。
 最後まで山田太一ワールドで、好きなドラマでした。
 Kちゃんは涙と鼻水を流しながら観ていたそうです。心の琴線に触れたシーンがあったのでしょう。
 このドラマを見ていると、人と人との出会いこそが奇跡!と思いました。
 何億万人という人間の中から、すれ違うだけでもすごい確率なのに、出会って言葉を交わすなんて、奇跡に近いことなのではないかと。でもそれは、偶然ではなく必然で、出会うべくして出会い、良くも悪くも影響し合うようになる。
 お店を始めて、“人との縁”というものを感慨深く感じるようになりました。はたき落とした虫にさえ、“縁”を感じる今日この頃です。
 また、良いドラマが見たいなぁ。

 さてさて、春の企画展『春色の雲にのって。。。』もまもなく折り返し地点を迎えようとしています。
 そこで本日は、timpani(ティンパニ)の企画展作品の一部をご紹介します♪
 他のファブリック雑貨作家までもうならせる、丁寧な仕事と繊細なデザインには定評のあるtimpaniさん。
 今回のご紹介の中で、“あれ?sold outが少ないような…。動いてないのかしら?”と思ったら大間違い!timpaniさんは職人さんなのです。ちゃんと、同じ作品の在庫までご用意して下さっているのです!
 「在庫まで!素晴らしい!」と言うと、横でchoco*to momo.さんが「み、耳が痛い…^_^;」とおっしゃっていました(^.^)まあまあ、作品の生み出し方は人それぞれですからー。
 timpaniさんは、デザインを固めたら、がま口ならがま口をダーッと並べて、同じ作業工程をまとめてやるタイプだそうで、choco*to momo.さんは、デザインを考えながら作っていき、一つ作り終えたら次、といったように作ることが多いそうです。
 職人タイプと芸術家タイプといったところでしょうか?
 でもどちらも、作品一点一点に思いを込めて、全てハンドメイドで作り上げている一点ものに変わりはありません。
 それではお待たせいたしました♪timpaniの世界をどうぞお楽しみください。

風に薫る〜よこなががまぐち 税込3,570円
カラー:ピンク×ブラウンチェック、ホワイト×ブルー水玉
※timpaniさんによる作品イメージの詩と説明を載せます。

かおを出しはじめた芽 ふくらんだ蕾 まあるく咲いた小さな花
風に吹かれて ふわっと揺れる ふわっと薫る
大きく息をした
春が届いて 私も ふわっと笑顔になった

風に吹かれ、やさしい香りを届ける草花をイメージしてつくりました。
お色はふたつ。春らしい桜のようなピンクと、初々しい淡いアイボリーです。
マチ布の色柄も刺繍の色にあわせて変えました。
内側に小さなポケットがついてます。
みなさんのお好みはどちらでしょうか?





風にのって〜ぽってりがまぐち 税込2,520円
カラー:ピンク、グリーン ※こちらは2色ともsold outとなっております。
※timpaniさんによる作品イメージの詩と説明を載せます。

ビュー・・と風が吹いたら
木はザワザワと枝葉をならし 草花は一斉にたなびく
ビュー・・と風が吹いたら
白い翼は風をとらえ すぃー・・と飛んでいく
風にのって どこまでも どこまでも

風にのって飛んでいく鳥の下には
大きく風になびいた草花たち・・
草原の一風景を切りとった様なデザインです。





カラーリーフと小鳥〜ブックカバー 税込2,630円
カラー:グリーン、ピンク
※timpaniさんによる作品イメージの詩と説明を載せます。

一本の幹から数本の枝がのびて・・・
のびた枝から葉っぱが生えて・・・
生えた葉っぱは 見事な色、色、色!
あ、小鳥が一枝もってった
誰にプレゼント するのかな?

すっと伸びた幹にお行儀よくならんだ枝葉。色とりどりの葉っぱがリズミカルなブックカバーです。ピンクのほかに、グリーンのものも。どちらも小鳥が一枝くわえています。







カラーリーフ〜カードケース 税込1,890円
カラー:グリーン、ピンク
人気のカードケースも並んでおります♪
ギフトにも最適!



キラキラ*コトリ〜よこなががまぐち 税込3,570円
カラー:ピンク、ブラウン、グリーン
※timpaniさんによる作品イメージの詩と説明を載せます。

三角の積み木のような木、木、木
ここにも飛んできた、白いコトリ
キラキラ、キラキラ、キララ・・・
あらら?
三角の木が色とりどりになったよ

キラキラ*コトリのがまぐち。
木はにぎやかに色とりどりにしました。
とても使いやすい大きさです。









森へかえろ〜カードケース 税込1,890円
カラー:グレー、グリーン ※こちらは2色ともsold outとなっております。





 今回のご紹介はこのくらいに。
 まだまだ、新作シロツメクサノカードケースや春色アンブレラのブックカバー、お花一つの小さながまぐち、春の新色のヘアピンやヘアゴムも並んでおります♪
 また次回、ご紹介したいと思います!

  
コメント(0)mederu日記
昨日のことツラツラ。
 昨日は頼まれていた障害者関係の論文の査読を片付けるため、一日インドアですっぴんで過ごしました。
 前の日、ハリボーに「お母さん明日はいるから、学校の後ウチに帰ってきてもいいよ。」と言ったのですが、いつも通り学童に行って、その後は祖父母の家に帰ると言って、そうしていました。
 母よりも、自分のいつものペースをとったようです。良い傾向だわ。

 前回の査読はかなり時間がかかったので覚悟して臨んだのですが、今回はサクサクと進み、あっさりと終了〜(^^)v
 あとはDVDに録っていた『天地人』を見たり、本を読んだり、昼寝をしたりと…。

 『天地人』、面白くなってきました。妻夫木聡は、最近の若手俳優の中で好きなほう。特に顔が好き。吉川晃司の織田信長も“鳴かぬなら殺してしまえホトトギス”といった雰囲気がよく出ていていい感じです。

 合間に、WBCの試合もちょろっと見ました。日本が負けていたので、またマスコミは大騒ぎだな、と思いました。
 そうそう、今日商談したアクセサリー業者の男性はかなり本格的に野球をやっていた人で、少し若い時に何度かイチローとも会って話したこともあるそうです。テレビで見るより、我が強くて性格が悪いと言っていたので、「えー?テレビで見るよりもっとなの?」と思わず言ってしまいました^_^;それでもイチローは人気者ですね。
 私は、記者が気を使いながらインタビューしているのを見るのがイヤです。

 読書は、よしもとばななの『デッドエンドの思い出』。
 よしもとばななの本には、ところどころにとても惹きつけられる文章が載っているので好きです。
 昨日惹きつけられた文章は、
「それで、あの家にこのままの流れで一生いたら、ますます気のいい人間になってしまうんだよ。」「それの何がいけないの?」「いけなくないんだけど、僕が思うに、それは本当の気のよさじゃないんだ。平和で、お金もあって、時間もあれば誰でも人は優しくなれるでしょう?それと同じで、このままではそういう時だけの気のよさになってしまうんだ。それで、自分の中にいやな黒いものが育っていってしまう。もしくは、うすっぺらい気のよさで一生終わってしまう。僕はせっかくもともと気がいい男なんだから、できることならその気のよさを育てたいんだ。黒いものではなくて。」

 そして夜は、ハリボーが粘土で作った『リングマシーンから飛んでくるリングを鼻でキャッチして遊ぶ象』↓を眺めたり、レッドカーペットとSONGSを見て、寝ました。



  
コメント(0)mederu日記
3月は別れの季節…。
※明日3/18(水)はお休みです。

 3月は別れの季節ですね。
 卒業、転勤、お引越し…。
 実はいつも直接納品にいらしてくださっていたファブリック雑貨でお馴染みの4mame(ヨンマメ)さんも、ご主人のお仕事の関係で関西方面にお引越しされることになり、先日しばしのお別れをしました(T_T) 
 あ、でも4mameファンの皆様、ご安心を。お引越しされた先でも、落ち着かれましたらまた納品は再開される予定ですので!その日まで、どうぞ楽しみにお待ちくださいませ♪
 
 最初にそのことをお聞きした時、私もショックを受けましたが、4mameさんご自身にとっても大変衝撃的なことだったようです。
 それはそうですよね、下は年長さんから上は小学6年生までの4人ものお子様がいらっしゃる4mameさんご一家にとってのお引越しは、一家6人での大移動になるわけで、お子様の転校など、色々ととても大変だったと思います。
 それにしても、だんな様お一人での単身赴任という形を選ばずに、ご一家でついて行かれるというところが、家族仲良しの4mameさんご一家ならではの選択だなぁと思い、“すごい!さすが!”と思いました。
 お子様たちも、よくぞ決断したなぁと思います。
 一晩考えて、翌日には長男さんが「皆で行くんだよね。」と言ってきたそうです。 真ん中のお兄ちゃんたちが淋しくて泣いている姿を見たり、一生の友達ともいえるような友人関係を築いていた長男さんの決意を思うと、4mameさんも泣けてきて、しばらくは泣いて暮らしていたそうです。
 でも、先日お会いした時には、家族で選んだ道に悔いはなし!といった表情をされていらっしゃって、素敵でした♪

 ウチだったら・・・ついていくかなぁ?
 ハリボーも私もブーブー言うだろうな。今は「お店もあるし…。」とか言って行かないかもな。でも、家族は一緒にいるのが一番!というのも経験して痛いほど分かっている…。
 う〜ん、そういうことになった時に考えよう。

 4mameさんにもお話ししたのですが、私の知る限り、転勤族で家族と共に転々とした子どもが大人になったときに言うのが、「転校はイヤだったけど、家族と一緒でよかった、と今になって思う。」という言葉。
 パーソナリティも魅力的な人が多い気がします。
 なので4mameさんのお子様たちも、きっと今に「よかった!」と思う日がくると思います!(^.^)

 どうぞ4mameさん、お元気で!日本は狭いです!またいつかお会いしましょう!
 そして、素敵な作品を今後ともどうぞよろしくお願いします<(_ _)>

  
コメント(0)mederu日記
企画展  choco*to momo.作品のご紹介♪
 そういえば、腸閉塞で救急車で運ばれた義父のその後について何も書いていませんでしたが、手術をすることもなく近々退院できそうで、またしても復活です!
 先日、義兄が夫に「あのじいさんはそう簡単に死なへん。」と言っていたというのを聞き、“ああ、大丈夫そうだな。”と思い、そのまましばらく連絡していなかったのですが、昨夜思い出して、「そういえばお義父さん、どうしたか電話してみたら?」と夫に言い、夫が実家の義母に様子を聞いていました。
 電話をフリーハンドにしていたのでやり取りが聞こえてきました。

義母:「腸の動きが悪いから運動するように言われているのに、寝てばかりよ。ラジオ体操でもしたら?って言ってるんやけど、“そんなのせんでええ。寝るのは永眠の練習しとるんや。”なんて言ってるんよ。」
夫:「そんなしょうもない練習するんやったらとっとと本番の永眠せい!って。」
義母:「アハハ…。…としとしさんは変わりない?(※実際はもちろん本名で呼んでます。)」
夫:「変わりない。髪の毛を短くしたくらい。ボブカット。」
義母:「え?5分カット!?そんなに短くしたん!?」(かなり驚いた様子で。)
夫:「ちゃうちゃう、ボブカット!」

 息子の嫁がいきなり5分刈りにしたらそりゃー驚きますよね。
 そんなこんなで、義父は当面大丈夫そうです。

 さてさて話は変わって、昨日は企画展中の日曜日ということもあって忙しかったです!
 お蔭様でたくさんのお客様に見にいらしていただいております<(_ _)>
 そこで、本日はchoco*to momo.(ちょこっと もも。)の作品をご紹介します♪
 今回のchoco*to momo.の作品テーマは、『ちょこっと雲にのって。。。』ということで、プリント生地の作品にはどこかしらに、雲があります。プリントの柄だったり、刺繍だったり…。
 どうぞかわいい雲を探してみて下さいね!

<ねこさん柄シリーズ>
パカパカポーチ(小) 税込1,155円 ※こちらはsold outとなっております。
ブックカバー 税込1,995円
ちょこっといれ 税込945円
ねこさんがパリの街を散策しているかわゆい絵柄♥ パステル調の春色です♪
“ちょこっといれ”は、印鑑やお薬、カード類、キャンディなどをちょこっと収納するのに便利ですよ(^.^)





<パンダちゃんシリーズ>
パカパカポーチ(小) 税込1,155円 
ブックカバー 税込1,995円 ※こちらは、sold outとなっております。
ちょこっといれ 税込945円
このパンダちゃんがなんとも言えないほのぼの系で好きです(#^.^#)
choco*to momo.さんは、自転車のカゴの中のトリさんも“ツボ”だそうです♪


しおりのパーツもかわいいコトリさんです。



<天使のブタさんシリーズ>
パカパカポーチ(小) 税込1,155円 ※こちらはsold outとなっております。
ブックカバー 税込1,995円
ちょこっといれ 税込945円
小さな羽をパタパタさせて、なんとかふわふわ飛んでいる姿がなんとも愛らしい♥
「じょうずじょうず、がんばって!」と言いたくなります(^.^)





<ワニくんシリーズ>
パカパカポーチ(小) 税込1,155円
ブックカバー 税込1,995円
ちょこっといれ 税込945円
ワニのお散歩♪早く歩かないとしっぽをカジカジしちゃうぞ〜〜!
れんが色は幅広い年代の方に使いやすい色ですね。





春色ストール 各税込2,100円
オーガンジーを使い、透け感のきれいな軽やかな春色ストールです♪
並んでディスプレイされているのを見たとき、夜でお腹が空いてたこともあってか、思わず「桜餅とよもぎ餅みたいですね〜。」と言ってしまいました(#^.^#)花より団子!?


端っこについているビーズがポイント!






  
コメント(0)mederu日記
幸せ気分な夜でした♪
 今日はハリボーが指折り数えて待ち望んでいた日。コロコロコミックの発売日です。さっき、満面の笑みで買って帰ってきました。
 先日、買いに行ったら売り切れと言われ、泣きそうになりながら速攻帰ろうとしたのを夫が止め、発売日を質問させたら15日発売だと言われたという経緯があり、お店の人も印象に残っていたようで、今日買いに行ったら「お待たせしました(^.^)」と言われたそうです^_^;
 コロコロコミック売り切れで涙流すくらいの情熱が、勉学に向いてくれるとよいのですが。

 ところで昨夜は、大学時代の友人のウェディングパーティーに出席し、楽しい時を過ごしてきました♪
 場所は六本木のとあるクラブ。板橋から40分弱で着く所とは思えないほどの大都会。板橋区民には、近くて遠い街です。
 入るとそこはリッチな異空間で、床なんかガラス張りになってたりして、割れるんじゃないかと怖くて歩くのに勇気がいるくらいでした。

トイレの洗面所↓


 手を洗うのが申し訳ない感じ。ポーションに入った液体口臭取り(もっとおしゃれな名前があるのだろうけど。)もふんだんに置いてあります。

ラウンジの中央にはピアノ。そこに新郎新婦が登場です♥


 新婦のドレスは、ドレス教室に通って新婦自身が縫い上げたとのこと!最近では男性が新婦のために縫うというパターンもあるそうですよ。
 普段このクラブには、芸能人がきちゃったりなんかしちゃうのでしょうか。

“爆笑レッドカーペット”にも出たことがあるというお笑いトリオ『オテンキ』のコントも見れました(^.^)↓


 メンバーの一人が新郎の地元 千葉県鴨川のお祭り仲間だそうです。
 少しお話しもしたのですが、普段の会話から突っ込みがすごくて!
 ボケる気じゃなくてもどんどん突っ込まれ、友人から「何さっきから突っ込まれてんの!?まあ、大学の時からボケまくりの人だったけど。」なんて言われました。
 大学の時のキャラではボケだった私。今は突っ込みのほうだと思っていたのにぃ。
 それにしてもお笑い芸人の滑舌の良さと声の通りの良さには驚きました。やっぱりプロは違いますね〜。

 そんなこんなで思い出話にも花を咲かせた夜でした♪

 そして、ほろ酔い気分で帰ると、夫とハリボーからホワイトデーのプレゼントが!
 幸せ気分な夜でした(#^.^#)

 ハリボーからのカードには、「チョコレートありがとうございました。これからも元気でいてください。」とちょっぴり他人行儀なメッセージとサッカーの数コマ漫画が書いてありました。↓


 それと、手作りすごろくゲームも。↓


 「“雷門すごろくゲーム”ルールはふつうのすごろくとおなじ。」と書いてありました。
 ハリボーの作ったすごろくって、「かならずとまれ」「でなきゃだめ」なんて偉そうに書いてあったり、あがる寸前に「ふりだしにもどれ」とか、“3歩進んで2歩下がる”みたいで全然終わらないのよね〜。

 母と姉にもカードを書いていました。やはり、サッカーの数コマ漫画が。「チャンスだったのにーのまき」など。





  
コメント(0)mederu日記
理由はここにあり!
※本日3/14(土)は、午後4時までの営業となっております。

 今日はホワイトデー♥ここ数日はいつもより男性一人でいらっしゃるお客様が多く、ホワイトデーのギフトをお選びになる姿が見られました(#^.^#)
 ハリボーも、ピアノの先生とおばあちゃんとおばちゃんからチョコをもらったので、熟女たちにクッキーとカードをお返しです。
ピアノの先生に渡すカード↓





 「これからもピアノがんばります。」なんて書いているのに、挿絵はピアノのピの字も出てこないサッカーの絵。
 タイトル『PKのまき』。(あ、PKでピの字は出てるか。)
 シュートをして、ゴールを決めて、喜んで、ポカリを飲む、というストーリーだそうです。
 ピアノの先生、これをもらってどう思うのだろうか。。。

 バレンタインに同年代の女の子からもらえなかったのを、母としては若干不憫に思えたのですが、同年代の子からもらったハリボーくらいの年の男の子をもつお母さんを見ていると、お返しに気を使って大変そうで、“もらえなくてよかったかも…。”と思いました。
 中には「ホワイトデーは倍返しだよね!」なんて考えをもった親もいるようですし^_^;
 まだ自分で用意ができない年代同士のやり取りは、結局親同士のやりとりみたいになるので、厄介です。“もてない息子でよかった…。”と心から思いました。

 そんな色気ゼロのハリボーの愛読本は、『コロコロコミック』と『怪傑ゾロリ(シリーズ)』。
 本当に、毎日毎日、バイブルのように読んでいます。
 ハリボーが学校から借りてくる本の9割が、怪傑ゾロリの作者、“原ゆたか氏”のものです。原ゆたか氏を尊敬しています。もう信者です。
 でもその内容は・・・とってもお下品でバカらしく…ハリボーが大好きなわけです。↓




「ここは ちょっと げひんなので、おとなの ひとにみつからないよう、カバーを して かくしておきましょう。」と書いてある、こういうところがまた、たまらなく面白いのでしょうね^_^;
 もてない理由はここにあり!

  
コメント(0)mederu日記
企画展 atelier MIKA ネックレスのご紹介♪
 今日は時たまものすごい突風が吹くので、外の商品を一部店内に非難させました。皆様もどうぞお気をつけ下さい(*_*)

 さて、企画展がスタートして今日で6日目。常連さんはもちろんのこと、通りすがりのお客様も見にいらして、「この店に入るともうすっかり春の空間ね〜。」なんて言われます(#^.^#)
 
 今日は、企画展で展示中のatelier MIKA(アトリエ・ミカ)のネックレスの一部をご紹介します♪
 atelier MIKAさんは、文部科学省許可(財)日本余暇文化振興会のビーズアートステッチ教授特別認定を取得されていて、確かな技術とそのセンスとで様々な展示会に出展されるなどしてご活躍されている作家さんです。
 針と糸で編みこんだデザインなどは、他ではなかなか見られない繊細なシルエットを生み出しています。
 また、今回の企画展の額を使ったディスプレイもとても素敵♪
 ウチの夫も「既成概念にとらわれず、額に立体の作品を飾るその発想がいいね〜。はみ出しているところもミソだな!」なんていたく感心しておりました(^.^)



 それでは、ネックレスの一部のご紹介、いってみましょー!

『モザイクシェルネックレス』 税込5,985円
カラー:グレーブラック、ホワイト ※画像はグレーブラックです。
 昨年ご好評をいただいたモザイクシェルネックレスのリニューアルバージョンです!
 シェルビーズ、樹脂ビーズ、モザイクシェルを使い、ゴージャスなのに普段使いもできるデザインに仕上がっています。
 グレーブラックは少し大人っぽく、ホワイトは明るく華やかな印象です。



『スクエアスパイラルネックレス』 税込8,925円
カラー:ブルー、クリーム ※画像はブルーです。
 こちらは新作!
 スクエアのビーズに、チェコビーズをスパイラルに編み上げ、ペヨーテステッチで編んだボール型のパーツや2種類のチェーンなど、他にはない凝ったデザインの一品です。
 ぐるりとどこを中心にもってきても良いデザインなのも嬉しいところ♪
 クリーム系は、白いパール風のチェコビーズが使われていて、ガラリと違った表情に仕上がっております。


 チェーンには留め金が付いているので、2重にしてもお使いいただけます。
 襟元にアクセントをおきたい時には2重で、カジュアルにサラッと着けたい時にはロングでと、服装や気分に合わせて2パターンをお楽しみ下さい。



『ミルクチョコネックレス』 税込5,880円
 こちらも新作!
 ネーミングどおりの、おいしそうな色合いで優しい雰囲気ただようネックレスです♪
 ところどころにスパイラルステッチが入っているところがポイント(^.^)


マンテル金具が付いているので、2重にしてもお使いいただけます。



 ご紹介した以外にも、marimo(マリモ)シリーズの春らしい新色グリーンやパールカラーのチェコビーズで編み上げた短めのスパイラルネックレスなども並んでおります♪
 もちろん、各種ピアスやイヤリングも並んでおりますので、どうぞ見にいらしてくださいませ♥

  
コメント(0)mederu日記
デザイン小銭入れのご紹介♪
 昨日は美容院に行って、肩よりも伸びていた髪をバッサリとあごのラインまで切りました。この時期はなーんか髪型を変えたくなるのです。
 似合うか似合わないかは別として、気分的にはスッキリさっぱりと良い気分になりました♪

 そして今日は商談やら何やらでバタバタして気づけばもうこんな時間!
 ということで本日は、人気のデザイン小銭入れをちょこっとご紹介して失礼します<(_ _)>

デザイン小銭入れ 各税込1,050円
かわいいネコ柄から大人っぽいデザインまで、随時デザインは変わって入荷しています。
使いやすいと評判でリピーターも多い商品です♪





  
コメント(0)mederu日記
うさぎとかめ
※明日3/11(水)はお休みです。

 『うさぎとかめ』の話しのかめは、とても偉いです。コツコツと努力して、目標を目指し、そして最後には結果を出して。
 自分の子どもには、“かめ”であって欲しいと思います。
 でも、でもぉ、ハリボーを見ていると、今のところどうも“うさぎタイプ”なのです(>_<)
 
 親の私が言うのもなんですが、ハリボーは器用なほうで、ひととおり何でもやらせてみればそこそこできるのです。最初のうちは…。
 初めのうちは調子よくできるものだから、周りも誉め、期待され、本人も気持ちよくなって、しばらくはがんばって上手くいくのですが、徐々に手を抜きはじめたり、努力を怠り、ミスが出てきたり、気づいたらコツコツと努力してきた人に抜かされている、というパターンが多く見られます。

 うすうす“そういうタイプなんじゃないかな。”と思ってはいたのですが、先日の保護者会で、他のお母さん方の話を聞いていて、“やっぱりハリボーはうさぎだったか!”と確信しました。
 縄跳び、けん玉、百ます計算…努力家の子は、毎日家で猛練習して、着実に力をつけているようです。
 「最近、努力すればできるようになるんだな、ということを身をもって経験したようで、“練習すれば上手くなるんだね。”と言って、がんばっています。」とか、「百ます計算で目標の5分がなかなかクリアできなかったのですが、何度も何度も繰り返しやって、5分でできるようになってきました。」という話を聞くと、本当に偉いなぁ、Aちゃんは素晴らしいことに気づいたんだなぁ、Bちゃんは本当の実力をつけたんだなぁと思います。
 ハリボーは、縄跳びもけん玉も、持って帰ってきて練習なんかしていません。
 けん玉については、「あれって、何?できると何なの?」なんて言ってました。
 百ます計算は、最初から5分ちょっとでできていたようで、クラスでも上位にいたようですが、その後の伸びが見られません。
 ハリボーの5分ちょっとでできるのと、努力を重ねて5分を切るようになってきたBちゃんの5分とでは、大きな違いがあるのだということに早く気づいて欲しいものです。

夫:「社会に出てから、一番使えないタイプだよな。最初だけよくて、後が伸び悩む。」
母:「そういうのを器用貧乏っていうのよね。」(器用貧乏:何事も一応はうまくできるために一事に徹底できず、かえって大成しないこと。また、そのような人。by yahoo!辞書)
姉:「負けず嫌いのところはあるから、一回負けて、それで悔しいと思ってがんばれるといいんだけどね。」
私:「悔しいと思ってがんばればいいけど、“もういいや”ってなったら最悪だよね。ちょっとそういうところある。」
なんて話し合いました。

 ハリボーには、“努力する人が偉い。最後は努力した人が勝つ。”ということをくどくどと言いましたが、たぶんあまり聞いていません。
 うさぎが努力したら、怖いものなしなのに。。。上手くいかないものです。
 昨日も「けん玉、学校に忘れてきちゃった〜。」なんて言ってましたし(-_-;)

  
コメント(0)mederu日記
サトウユカ ミニカード&ポストカードのご紹介♪
 街行く人のマスク率がかなり高くなってきました。かくいう私もこの時期はマスク族です(>_<)
 毎年、病院に行くほどではないので市販の薬でなんとかのり切っていたのですが、あのボーっとなるのがイヤで、今年はどうしたものかと思っているところに朗報が!
 先日商談に来てくれた静岡県のメーカーの男の子が教えてくれたのが、『タウロミン』という赤ちゃんでも飲める生薬配合内服薬。
 早速購入して飲み始めました。
 これまでの薬のような劇薬感がなく、飲んでる感じがあまりしないのに効きめはしっかりある、という風で今のところいい感じです。
 その話を花粉症で辛そうだったatelier MIKAさんにお話しすると、「西洋の薬はあまり使いたくなかったので。」と、薬の名前をメモしていらして、MIKAさんらしいコメントと行動がなんだか嬉しかったです(#^.^#)
 今年はこれでのり切るぞ〜(^o^)丿

 さて本日は、サトウユカさんのミニカード&ポストカードのご紹介です♪
 サトウユカさんとは、以前mederuも参加したイベントでお会いして以来、お久しぶりの再会でした(^.^)
 そのイベントに当店は一回参加したきりで、サトウユカさんも同じだということでした。
 理由は…色々思うところがあったのですが、簡単に言ってしまえば“ノリ”と“人種”がちょっと違ったかな、という感じがしたので。
 サトウユカさんも同様の感覚があったということで、「(私たち)同じ人種かもしれませんね。」と言って微笑み合いました(#^.^#)
 つまるところ、私は雑食なのです。(分かる人にしか分からない表現ですが、どうぞ察して下さい。)

 ということで、嬉しい再会となったサトウユカさんは、向上心があってバイタリティ溢れるお人柄。最近になって再び絵を習い始めたそうで、更なる技法向上と感性磨きに怠らない姿勢は尊敬です!
 女の子から絶大な支持のある“田村セツコ”さんの影響を受け、最近の作品には様々な素材を使ったコラージュで描きあげたものも多いそうです。
 それでは、サトウユカの世界をどうぞ…。

各種ミニカード 1枚税込126円
まずはちょっと大人っぽくセクシーな色気を感じる新柄から。
お花も女性も、美しさと魔力を合わせ持った生き物…。魅力的な絵柄です。



お次はガラッと雰囲気が変わって…女の子の春夏の思い出がいっぱい♪
クローバーの上で寝そべったり、海辺で水遊び、夏には大好きなかき氷よね!





こちらは子連れのママさんたちにも人気の柄♥
「はいからさんが通る」の時代を思わせる着物姿が、懐かしいような新しいような。
幸せ感溢れる雰囲気です(^.^)



各種ポストカード 1枚157円
表情豊かな作品たち。
左下のお花畑の中の躍動感あふれる女の子の絵柄は当店の一番人気です!
お花柄の包装紙とのコラージュで描いた作品だそうですよ♪



恋する乙女たち。。。柔らかな風が伝わってくるようです。



大切なあの子に、季節を感じるポストカードでお便り出してみませんか?



セクシーで愁いを帯びた女性の目…同性の私までドキドキしちゃいます。



 その他、人気の絵柄も多数再入荷しております♪

  
コメント(0)mederu日記
春の企画展『春色の雲にのって。。。』 はじまりました♪
 お待たせいたしました!
 本日からいよいよ、春の企画展『春色の雲にのって。。。』がはじまりました♪
 4/5(日)までの約一ヶ月間、atelier MIKA(アトリエ・ミカ)、choco*to momo.(ちょこっと もも。)、timpani(ティンパニ)の三人の作家による春の新作や人気作品が続々と並びますので、どうぞたっぷりとお楽しみ下さいませ(^.^)
 そして、mederu正面棚は、こーんなに素敵な春色の空間になっております!


 ディスプレイは全て作家さまたちが自ら演出されます。
 徐々に色づけされていく棚を見ながら、ときめき、作家さまたちの感性には感心しきりでした。
 途中まで夫とハリボーもいて、ハリボーはちょっぴり緊張しながら猫をかぶってご挨拶。
 ハリボーも企画展はいつも楽しみにしています。今回の三人の作家さんたちのブランド名もばっちり頭に入っています。今朝も「あの人が“ちょこっと もも。”さんで…。」などと言っていました。
先日も「春色って、何色?」と聞いてきたので、
私:「何色だろうねー。ハリボーはどんな色だと思う?お母さんは…淡いピンクっていう感じがする。」
ハリボー:「水色だと思う。空の色」
夫:「お父さんは、暖かい白色。ちょっと透けて見えるカーテンみたいな。」
 
あなたの春色はどんな色ですか?









上段と下段はchoco*to momo.とtimpaniによるコラボレーションでの演出となっております。
中段はatelier MIKAの世界です。


 そして昨晩。。。
 皆元気だったら“がんばろう会”をやろうということだったのですが、残念ながらatelier MIKAさんとtimpaniさんは体調不良だったため、choco*to momo.さんと私とでお食事をしながら、ノンアルコールでチンっと小さく乾杯しました。
 atelier MIKAさんは制作で病院に行っている時間がなく花粉症が悪化、timpaniさんは来る途中に寒気がして熱っぽくなってきたとのこと(緊張の糸がゆるむと風邪をひくって、ありますよね。どうぞお大事に(>_<))、唯一元気かと思われたchoco*to momo.さんも実は制作のため一時間しか寝ていなく、ナチュラルハイ状態だったそうで…。
 作品制作にはそれだけパワーと時間がいるということですね。
 ディスプレイ後、棚の前で「たくさんお嫁にいきますように。。。」と皆で手を合わせて企画展の成功を祈ったのでした。
 
 そしてchoco*to momo.さんと私は、板橋駅に程近いインドカレー屋『ボンベイパレス』に初めて入りました。
 choco*to momo.さんは“トマトと玉ねぎとチキンのカレー”、私は“ほうれん草とチキンのカレー”、もちろん、ラッシーも。
 店員さんは皆インド人。でも日本語は流暢です。
 いつもは混んでいるのに、昨日はとても空いていて、何故?と思ったら「あ、野球か!」
 choco*to momo.さんとは、なんで皆そんなに野球が好きなのか、なんで皆そんなにイチローがすきなのか、仕事の話、介護の話などをしました。
 カレーは本格的な味で(インドに行ったことはないけれど)、焼き立てのナンが美味しかったです♪



  
コメント(0)mederu日記
メガネケースのご紹介♪+ハリボーにも春が!?
 いよいよ明日から、春の企画展『春色の雲にのって。。。』が始まります!
 今晩は搬入です。“がんばろう会”もしたいところですが、とにかく生みの苦しみで作家さまたちはヘロヘロ&身体はガタピシ状態なようなので、できるかどうかは今晩の様子次第でしょう。。。
 とにもかくにも、明日から無事スタートが切れるよう、がんばりまっす!!

 今日は初めにちょこっと、人気のメガネケースをご紹介しちゃいます♪
 かわいい布張りのナチュラルなメガネケースたち(#^.^#)
 コンタクト派でも、夜はメガネさんになる方も多いですよね。
 お気に入りのメガネケースに入れて、ちょっぴり幸せ気分になりませんか?
 税込1,365円〜1,785円


 メガネ拭き付きもあります♪



 話は変わって…
 ハリボーの前髪が目にかかるほど伸びてしまっていたので、普通のハサミでちゃきちゃきっと切ってあげたら…
 鳳啓助さんみたいになっちゃいました〜^_^;
「鳳啓助でございます!おもろい夫婦。」というセリフを言わせてみました。うけました。



 そんなハリボーですが、最近ちょっぴり恋の予感!?(片思い。)
 前に席が隣になった子で、その時に「○○君(ハリボーのこと)の隣、ちょっと嬉しい。毎日が楽しくなりそう(^.^)」と言われたと、鼻の下を伸ばして喜んでいたことがあったのですが、やはりその時から好きになったようです。(単純〜♪)
 それから、話の中でその子の登場回数が増えたのですが、絶対に名前を言わずに、「○○の時、隣になった人がね…。」という言い方をします。
 他の子の場合は名前を言うのに、その子だけ“○○の時、隣になった人”という言い方をするので、意識しているのがバレバレです。
 話の中でいちいちその呼び方をするので、昨日、まどろっこしいと思ったのとちょっと意地悪をしたくなって、「何で○○ちゃんだけそういう呼び方するの?あ、分かった!もしかして好きなんじゃない?」と言ったら、「なんで!違うよ!」と言いながらもものすごい動揺ぶりで顔にも“図星!”と書いてありました。
 「じゃあ、分かったよ。○○さんがね!…」と、それからは不自然に大きな声で名前を言うようになりました。
 なんて分かりやすいのだろう…。
 ちなみに、これまでハリボーが好意を持った女の子のタイプには共通点があって、しっかり者タイプが好きなようです。
 サザエさんでいうと、カオリちゃんタイプではなく、かといって花沢さんタイプとも違って、ずばりワカメちゃんタイプ!
 その路線でいってくれれば、私も安心です。
 2年生になってもその子と同じクラスになれるといいね、ハリボー!

  
コメント(0)mederu日記
SAS II RO(サシイロ) 新作第二弾のご紹介♪
 昨日は久々のお天気でお店を開けたい気持ちをおさえつつ…ハリボーの一年生最後の保護者会に出席してきました。
 1年生→2年生では通常しないクラス替えをすることに決まったそうです。
 校長先生からは「最初から検討していたこと。」、お母さんたちの間での良心的な見解では「一クラスで3人の転校生が出たので人数のバランスを整えるため。」、一方の噂では「やっぱり学級崩壊…?」、真相は知る由もありません。
 それを知ったところで何かが変わるわけでもないので、学校の方針に従うまでです。
 ハリボーに話したら、「ふ〜ん。皆はどこに行くの?教室の床は、変わるかなぁ?」と、いまいち分かっていない様子で、やはり床の心配をしていました。
 まあ、一年生なんてそんなもんでしょう。この先も私はただ見守っていくだけです。

 さて本日は、札幌発のブランドSAS II RO(サシイロ)より、新作第二弾が入荷しましたのでご紹介します♪
 NHK“みんなのうた”で流れていた『しあわせの歌』という歌にこんな詩がありましたよね。
“北に住む人は幸せ 春を迎える喜びを誰より強く感じることができるから。”
 札幌の春はもう少し先かもしれませんが、長く厳しい冬を知っている人だけが味わえる“春の喜び”はひとしおでしょうね…。
 今回の新作は、そんな待ち遠しい春、生命が再び目覚める春、軽やかな春をイメージした作品たちです。

<双葉シリーズ>

一粒パールのSVネックレス 税込3,780円
正面はシンプルなSV(シルバー)チェーンに存在感のある一粒のパールを施し、後ろのアジャスター部分には双葉をイメージしたパーツが付いています。
ちょっぴり大人っぽい個性を演出させた作品です。



皮ひものSVペンダント 税込5,040円
※皮ひもはスウェーデン製。
こちらはちょっぴりカジュアルに…。
2本の双葉が絡み合って、間には一粒のパールが顔をのぞかせています。
長さが自由に調節できる皮ひもネックです♪




SVペンダント 税込3,150円
躍動感あふれる双葉のペンダントトップが際立ちます。



SVリング 税込3,150円
サイズ:5号
春の風を感じる爽やかな作品。
ピンキーリングとしてどうぞ。



<天然石ルチルクオーツのシリーズ>

ルチルクオーツのSVピアス 各税込2,730円
こちらは、茶、赤、カフェオレ、紫…光の加減によって様々な微妙な色の変化が楽しめるルチルクオーツが魅力的です。



こちらは同じルチルクオーツでも透明感が際立ったもの。
澄んだ水のようです。



  
コメント(0)mederu日記
住めば都。でも”エキ”消えてね…。
※明日3/5(木)はお休みです。

 昨日はちょっと風邪気味だったので、企画展へ向けてこじらせてはいけないと大事をとってお休みしました<(_ _)>
 少し寝たら汗が出て、目が覚めたらもうスッキリ♪直りの早い風邪菌だったようです(^^)v

 そんなで昨日はお家でせっせと企画展のDMの宛名書きをしていました。
 テレビでは、“雪が降る!”ということばかりやっていて、番組中20分おきぐらいにお天気中継が入って「雪はまだのようです!」とか「雨が降ってきました。少しみぞれまじりです。もうすぐ雪になりそうです!」などと真剣に伝えていました。たかが雪なのに、東京ではそりゃー大騒ぎです。
 雪国の人が見たら、“バカじゃないか。”と思うだろうな〜と思いながら見ていました。
 そのうち、民主党小沢代表のニュースが飛び込み、昨日は“雪、小沢、雪、小沢…”のエンドレスでした。・・・そして今朝起きてみたら・・・全然積もってないじゃん!!

 昨日はそんなニュースを見ながら、自分がこれまでに住んだ地域の気象について思い出したりしました。
 私がこれまでに住んだことがあるのは、東京都板橋区が一番長くて20年以上、大学の時に千葉県千葉市に2年半くらい、社会人になって徳島県徳島市に3年間、宮城県仙台市に6〜7年です。

 千葉県は東京とほとんど変わらない気候で、風が少し強いかな?というくらい。

 四国徳島では、とにかく台風の猛威がすごかったです。台風が来ると、だんだん空が暗くなってきて…所長が「もう皆さん帰っていいですよ。」と早引きさせてくれたのがちょっと嬉しかった思い出があります。
 ついに奴がやって来ると、ザブザブと雨が降り、川は濁って増水し、ゴーゴーと風がうなり、木々は狂ったように頭(?)を振っている…それはそれはすごい自然の力でした。
 そして去った後の太陽の日差しの眩しかったこと!
 青い海と緑の山々もとても印象に残っています。
 山が近く、私のいたアパートからは“眉山(びざん)”が目の前に見えて、季節によって色が変わっていくのがとても好きでした。特に春、桜でピンクに染まった眉山が大好きでした。
 ちなみに四国の人たちも雪にはめっぽう弱く、普通タイヤしか持っていない人も多いので、雪がちょっとでも積もると道は大渋滞でした。

 東北宮城では、やはり吹雪や大雪の思い出。
 吹雪いてくると、あっという間に数メートル先が見えない状態になります。
 一人で車で出張に出かけて、帰りに吹雪になり、高速が通行止めで、家に着いたのは真夜中、なんてことも何回かありました。
 でも、そうなったらもう仕方ないので、公用車のラジオのボリュームをあげて、お菓子など食べながらタラタラと帰ってきたのを思い出します。
 仙台では、遠くの山々、広瀬川の流れ、定禅寺通りのケヤキ並木が印象に残っています。

 北も南も、それぞれに特徴があって、自然の猛威と常に向き合いながら暮らしていたなぁと思います。
 その点、東京は雪も大したことなく吹雪なんか皆無だし、台風も関東に来る頃にはだいぶ勢力を弱めていることが多いので、自然の力を感じにくい場所です。だから首都なのか。
 でも、自然災害は少ないかもしれないけれど、テロの標的にされやすいなど、人為的な被害の出る恐れは他よりも高いな。
 あ、地震は日本中どこにいても遭う可能性があるな。
 結局、危険度はどこにいてもあまり変わらないということか。

 そういえば、日本海側には住んだことがありません。
 日本海…灰色の雲、岩に打ちつける荒々しい波、じっと耐え忍ぶ人々…演歌のイメージです。(違っていたらゴメンナサイ。でもそれはそれで情緒があって良いと思いますが。)
 太平洋側で育った人と日本海側で育った人とでは、違いがありそう。生まれ育った気候は、人格形成に何らかの影響を与えるだろうから。
 でも、それぞれにそれぞれの良さがあるのだろうから、どこに住んでも“住めば都”なのだと思う。・・・というか、そう思えるもん勝ちだと思う。

 長くなったけれどもう少し。
 土地は変わらなくても、家は変わっている、という人もいますよね。
 引越し…私はこれまでに8回。4〜5年に一回のペースで家を移り住んでいる計算です。
 夫も同様のペース。ハリボーはまだ7歳なのに、すでに3回の引越しで、4軒の家を渡り歩いています。
 以前、そんな話をした時に、占い好きの叔母が「そういう人は、“エキ”という相を持っている人なのよ。」と言っていました。「ふーん。」としか言いようがなかったけれど。
 でも、もう引越しはいい。今は板橋に骨を埋めたい気持ちです。
“エキ”の相、消えていればいいのだけど・・・。

  
コメント(0)mederu日記
臨時休業のお知らせ。
※誠に勝手ながら、都合により3/3(火)は臨時休業いたします。
  
コメント(0)mederu日記
unip(ウニップ) 新作アクセ&ブックチャームのご紹介♪
 昨日は映画の日だったので、『20世紀少年〜第二章〜最後の希望』を観にいってきました。
 楽しめましたが、ローマ法王とのからみの部分が原作とはかなり異なっていました。それはそうだろうな。原作どおりに描いたら、カトリックを信仰する国からクレームがきたり何かと問題になるだろうから。(原作でのローマ法王はとても良い役だけれど、かなり人間くさく描かれているので。)
 ローマ法王といえば、夫とイタリア旅行に行ったときに、実物を拝見しました。
 すごい人だかりが出来ていたので、何だろう?と行ってみたら、手荷物をチェックされ、中に入ったら、遠くの方に米粒位の大きさで白い服を着た人物が見えて、そのお方がローマ法王でした。
 周りの人々は歓声をあげていました。
 その時の様子がビデオに残っていますが(撮影は特に禁止されていなかったので違法行為ではありません。たぶん。)、「あ、動いた動いた。」などの声が入っていて…失礼しました<(_ _)>
 無知ということは怖いことです。

 さて本日は、プチペンダントとブックチャームでお馴染みのunip(ウニップ)より、新作が入荷しましたのでご紹介します♪
 ギフトで贈ったら喜ばれたからと、ギフトの定番に選ばれる方もいらっしゃいます(^.^)
 とても可愛らしいunipさんから生まれた、ガーリーな雰囲気満載のアクセやブックチャーム、お一ついかがですか?

各種ネックレス 各税込1,785円
 人気の小鳥、ハサミ、バッグです。
 私のイチオシはバッグ!ローズのピンクとグリーンが春らしい色合いです♪



定番人気のカトラリーシリーズ。
 組み合わせのパーツによってそれぞれ違った表情に。



 透明感あるリーフは大人っぽく、アンティーク調のチェアは乙女っぽい雰囲気に。



 個性派さんに人気のトンボのパーツ、カギのモチーフはラインストーンがキラリンと輝きます♪



各種ブックチャーム 各税込1,575円
 左から、トリ、エンジェル、バレエシューズ。どれも女の子の大好きなモチーフばかり(#^.^#)



 ちょっぴりクールなメガネに定番人気のハサミとスプーン。
 読書がますます楽しい時間になりますよ♪
※メガネはsold outとなっております。



  
コメント(0)mederu日記
ホーローシリーズのご紹介♪+前世?
※明日3/1(日)はお休みです。

 今日は久々にお日様が出て何だか元気が出ました♪
 最初にちょこっと商品のご紹介をしちゃいましょー!

<ホーローシリーズ>
ミルクパン 税込1,575円
マグカップ 税込945円 
※ただいまマグカップのグリーンはsold outとなっております。
食卓が楽しくなるカラフルなホーローシリーズ♪
ミルクや少量のお湯を沸かしたい時などにとっても便利なミルクパンは、一人暮らしの方にもオススメです!



 ちょっと昨日のこと。
 昨日はスタッフKちゃんが来てくれていて、たまたま休みだっただんな様からお店に電話が。
Kちゃん:「何?どうしたの?…いいよ、心配しなくても。大丈夫。食べ物はまだあるから。…じゃあね。」
私:「どうしたの?」
Kちゃん:「うちの主人って、すごく食べ物が家にあるかどうか心配するの。今も、“食材買い出しに行くなら、車でお店に寄るけど?”って。」
私:「そういうこだわりどころのツボってあるよね。Kちゃんのダンナさんは食べ物なんだね。ウチは綿棒だよ。」
Kちゃん:「え?綿棒!?」
私:「綿棒だけは切らしちゃいけないと思うみたいで、あるのにすぐ買ってくるから綿棒が増えちゃうんだよね。」

 こんな会話をしました。
 私のツボは、歯ブラシ。他のものはあまり買いだめってしないのだけれど、歯ブラシだけは常時3〜4本はストックがないと不安になります。
 これって、何なんだろう?もしかして前世に何か関係があるのかも?
 Kちゃんのだんな様は、前世で食べ物に困ったことがあって、その記憶が残っていて常にたくさんの食材を家にキープしておきたいとか?
 ウチの夫は前世で“あぁ、ここに綿棒さえあれば…!”と思いながら亡くなっていった人だったり、私の場合は、前世で歯のトラブルがあって、“歯は命ぃぃ!”と思いながら死んでいったとか…?
 そんなことをふと考えてみました。

  
コメント(0)mederu日記
春の企画展 『春色の雲にのって。。。』 もうすぐスタートです♪
 今日の東京は雪です!少しみぞれになってきたかな?
 まだまだ寒い日も多いですが、カエルも出てきているようですし、着実に春は近づいてきています!

 ということで、お待たせいたしました〜♪
 いよいよ3/8(日)〜4/5(日)、春の企画展『春色の雲にのって。。。』が始まります!



<期間中休店日>水曜日 3/11,18,25,4/1 ※3/14(土)は午後4時までの営業です。
 
 シルバーアクセサリーやビーズアートステッチ技法を使ったエレガントなアクセサリーで人気のatelier MIKA(アトリエ・ミカ)と、ちょっぴりユニークな動物シリーズや独創的なデザインで人気のchoco*to momo.(ちょこっと もも。)、がまぐちやブックカバーはロングセラー、丁寧で繊細な刺繍では右に出る者がいないtimpani(ティンパニ)。
 そんな当店おなじみの三人の人気作家による春の企画展の開催です!

 今回の企画展のDMにも使われているこの素敵なイメージ画は、timpaniさんを中心に三人の作家さまの力を集結して作られたものです!
 春らしいもも色の風の中、ふわふわの雲にのって、素敵な作品たちが舞い降ります♥
 ピンクのお花たちもうれしそう…。ほんわかやさしいキモチもそえて。。。

 そんな、ほわりとした優しい気分を楽しんでいただきたい企画展ですが、その裏では。。。
 ただいま作家さまたちは、生みの苦しみ真っ只中のようです!
 どうか皆様、心の中で構いませんのでお三方にエールを送って下さいませ〜(^o^)丿
 きっときっと、真心こもった力作が並ぶことと思います!

 どうぞご家族・ご友人お誘いあわせのうえ、お越し下さいませ♪

  
コメント(0)mederu日記
プラマイゼロでスッキリと。。。
 昨夜パソコンを開いたら、ニュースのところに「ケミカルウォッシュ、今春流行か!?」と載っていました!
 2/14の日記で「またケミーの時代が来るんだろう…」と書いたばかりだったので、驚きました(゜o゜)
 ケミカルウォッシュジーンズを取っておいた皆さん、堂々と履ける時代がまたやってきそうですよ〜(^.^)
 次はキュロットにローファー、太眉にソバージュの番か!?

 話は変わって、一昨日仕事中に夫から電話があり、兵庫県にいるお義父さんが腸閉塞で朝方、救急車で運ばれたとの知らせが入りました。
 でも、これまでにも大怪我や大病をしては何度も復活しているお義父さんということもあってか、誰も(私も含め)あまり騒ぎません。
 初め付き添っていたお義母さんも、午後からは普通に清掃のアルバイトに行ったそうです。
 夜になって電話でお義母さんと話した時も、全くいつもと変わらぬ様子で、穏やかに笑っている顔が想像できるような口調でした。しかも、しばらくハリボーと学校の給食のメニューなどについて話していて、そのまま終わってしまいそうだったので、私から「お義父さん、大丈夫ですか?」と割って入って聞いたほど。
義母:「ああ、大丈夫よ。手術はするかしないかまだ決まってないの。」
私:「じゃあ、命に別状はないんですね。」
義母:「アハハ…全然。最初は痛かったみたいだけどね。救急車呼ぶのも“まだいい。”ってがんばってたのよ。それより、お店はどう?」
 という感じでした。ひとまずは安心。でも腸閉塞って、かなり痛かったんだろうな。

 夫が子どもの頃、お義父さんはダンプカーにひかれて、腸だか胃だかを何分の一だか切除して、ずっと入院していたそうです。
 もう助からないほどの重態だったので、夫ら兄弟は、交通遺児と認められ、“あしなが育英会”から毎年文房具セットが送られてきて、それがとても嬉しかったという思い出があるそうです。まだ生きているのに、遺児って…。
 その間、お義母さんはフルタイムで電話交換の仕事をしながらお姑さんと共に男の子三人を育て、子ども達もリアカーを引いて売れもしない割り箸を売ったりしてどうにか生活していたそうです。
 それはそれは貧しい暮らしだったそうで、パンの耳をただでもらってきたり、『ホームレス中学生』の一歩手前だったようです。
 夫は、子どもの時に苦労をしてきた人なので、大人になった今のほうがずっと楽な暮らしだそうです。(だから私みたいな嫁でもやっていけるのかも(^.^))

 でも、夫の家系をみていつも感心するのは、戦時中でもなしにそれだけ貧しい生活を送っていながら、誰も卑屈になったり、変に下品になったり下衆になっていないところ。それには、義父母の教育の力を感じます。
 一回そのことをお義母さんに話したことがありましたが、「まあ、そう?」とだけ言っていました。そういうところが好きです。

 夫が言うには、「お父ちゃんは10回以上腹切ってるとちゃうんかなー?あんなに腹切ってて生きている人も他におらんちゃう?」と言っていました。
 生命力が強いのでしょうか。

 でも、両親に何があってもおかしくない年になったんだなぁと実感する今日この頃です。
 介護などが必要な状況にだって、いつなるか分かりません。
 姉がケアマネージャーをやっているので、最適なプランを立ててもらいたいものです。

 姉はケアマネという職業柄、これまでに何十人もの高齢者を看取ってきました。
 その姉がよく言うことが「死ぬ時にお金って、あってもなくても困るよ。お葬式代を払って、ちょうどプラマイゼロ!という形で死んでいくのが一番理想。それって、人生最後に残された最大の課題だと思う。」ということ。
 お金、なかったらもちろん困るし、あったらあったで相続の問題など、醜い争いが繰り広げられるそうです。
 「“私達は同居もしていなかったし、分からないことなので、全て同居していた親族に任せます。”と言える人はちゃんと分かっている賢い人。一緒にいなくて何も分かっていないのに、介護とかが必要になる大変な時になると出てきてあれこれ言う人は、何も分かっていない人。」とよく言っています。
 それはホントだと思います。しかも、実際には何もしてくれやしない人に限ってあれこれ言うもの。
 姉と私は、“言いたい人は言えばいい。”というスタンスです。実父は何を考えているのかよく分からない人なので分かりませんが、実母は頭ではそう思っていても、実際に言われると結構気にする人。
 でも、この日記でも何度も書いていることですが、高齢者との同居の大変さは、同居した者にしか分からないことなのですから…。

 さて、私もいつか逝く時は、プラマイゼロで逝きたいな。ハリボーには何も残さずにスッキリと…。

  
コメント(0)mederu日記
YUZU 新作アクセサリーのご紹介♪ 
 玉置浩二と石原真理子が復縁したみたいですね。
 二人の間には、二人にしか分からない世界が広がっていそうです。

 さて本日は、女性らしくノスタルジックな雰囲気漂う作品で人気の『YUZU(ユズ)』から、新作アクセサリーのご紹介です♪
 今日はYUZUさんとの出会いの話から…。
 北九州市にお住まいのYUZUさんから、作品の取り扱いに関するお問い合わせをいただいた時、そのブランド名にすぐに親近感がわきました。
 実家で、家族同然に暮らしている愛犬二匹のうちの一匹が『ゆず』という名前だからです。母犬『すもも』の息子が『ゆず』で、ハリボーより一才年上のお兄さんです。
 作家名をお聞きすると、森田ゆずさん(本名)ということで、「失礼ながら…。」と、こういう事情で勝手に親近感を感じていることをお伝えしたら、「ゆず君にいつかお会いしたいです。」との快いお返事をいただけました。気分を害されたらどうしよう〜と思ったのですが、心優しいゆずさんに感謝です!
 もちろん、お取引を始めたのは何よりも作品が気に入ったから。
 作家さんとの出会いも一期一会だと感じます。
 作家の皆様、今後とも誠心誠意、真剣にお付き合いさせていただきます<(_ _)>

 それでは、九州発のブランド 『YUZU』の世界をどうぞ〜♪

春らしい、ピンクシリーズとラベンダーシリーズです♥





<ピンクシリーズ>
各種ピアス 各税込1,470円
(左) ホルン×ピンクフラワー
(中央) リボン×竹珊瑚ピンク
(右) リボン×キャンディージェイドオレンジ
着けるだけで元気になりそう!(^^)!



天然石手彫りローズネックレス 各税込2,520円
(左) 天然石カーネリアン
(右) 天然石ローズクオーツ
手彫りローズのシルエットがきれいなシリーズです。
天然石キャンディージェイドのリング 各税込1,470円
ネックレスとお揃いで着けてもかわいいです♥



(左) レースコラージュピンクあじさいと天然石のブレスレット 税込2,100円 
(右) レースコラージュピンクあじさいと天然石のネックレス 税込2,100円
着けるだけでパッと春らしくなるかわいいピンクのアクセサリーたち。
天然石はほんのりピンクのローズクオーツ♪



淡水パールと天然石のブレスレット 税込2,100円
ピンクの淡水パールとローズクオーツが可愛らしく、アンティークな雰囲気の自転車パーツが個性的なデザインのブレスレットです。



<ラベンダーシリーズ>
(左) リーフとキャンディージェイドラベンダーのピアス 税込1,470円
(中央) ブランチとホワイトジェイドドロップのピアス 税込1,680円
(右) フラワーメタルとタイガーアイドロップのピアス 税込1,470円
ちょっぴり大人っぽいピアスたちです。



(左) オリーブバード×バーベナのネックレス 税込2,100円
(中央) スワン×ホワイトかすみ草のネックレス 税込1,890円
(右) うさぎ×わすれな草 税込2,100円
樹脂でパーツと押し花を閉じ込めて、独特な世界観を演出したネックレス。



(左) パープルあじさいとパールのリング 税込1,890円
(右) レースコラージュパープルあじさいとグレイオニキスのブレスレット 税込2,100円
大人の華やかさをもつシリーズです。パーティーシーンにもぜひどうぞ。



レースコラージュパープルあじさいとホワイトジェイドのネックレス 税込2,520円
存在感がありながら上品なネックレス。
無地のセーターなどに合わせていただくだけで、目を惹くおしゃれが楽しめますよ(^.^)
カギのモチーフがアクセント♪



チェコガラスとマロンカットローズクオーツのブローチ 税込2,100円
アンティーク調のチェコガラスに、揺れるローズクオーツが大人かわいいブローチ。
襟元や帽子、バッグにつけて…。



  
コメント(0)mederu日記
玉原高原スキー編
 映画『おくりびと』でのオスカー受賞、やりましたね\(^o^)/
 まだ観ていないので、観たいです。
 日本人が活躍し、日本の文化が評価されることは、日本人の血が流れている者として単純に嬉しいです(^.^)
 本木雅弘さん、ますます男前になってきました。シブがき隊の時から好きでした。
 最初はヤックンだったけれど、途中からモックン派になりました。姉はフックンでした。でも三人とも嫌いじゃありません。
 シブがき隊って、三人とも結婚して、人の子の親になり、それぞれに活躍してますね。ジャニーズ出身の中では堅実派の3人です。
 会見では、本木雅弘も滝田洋二郎監督も家族に深く感謝していたのが印象的でした。どんなにすごい人でも、その源には家族がいる。
 家族って、やっぱりとっても大切なものなのだなと最近よく思います。いてくれるだけで幸せなのかも、、、と。

 そんなことを思ったら、玉原高原での思い出も大切なものに思えてきました。
 別にセンチメンタルな気分にはなっていませんが…。

 今日は玉原高原でのスキーについて。
 一日目は吹雪いていて、寒いのなんのって…。
 ペンションに車だけ停めて、大急ぎでゲレンデへ。なんでそんなに急いでいたかと言うと、(半強制的に)事前に申し込んでいたハリボーのスキースクールが始まる時間だったので。
 支度をしてバタバタと受付を済ませると、受付の人が「お子様、上から下まで降りてこられますか?」と聞いてきました。昨年来た時はどうにかボーゲンで降りてこられたけれど、あれから一年経っているし、滑り方も忘れているのでは…?と思っていたら、夫があっさりと「はい。」と答えてしまっていました。
 やや不安に思いながらも、もう時間もないし、私も“ま、いっか!”と思っていると、「今日はストックは使いません。置いて、行きましょう!」と先生がかけ声をかけたかと思ったら、あれよあれよと言う間に、ハリボーはストック無しで吹雪の中、リフトを乗り継いで一番上へと旅立っていきました。
 「どうかハリボー、お達者で〜!」と見送りました。
 それから2時間後、元気に戻ってきたので結果オーライです。

 それにしても、吹雪の中でのスキーは大変寒く、特にリフトに乗っている間はただただじっと辛抱の5分間。鼻や口など出ているところはビリビリと痛く、指先・つま先も感覚がなくなります。
 気温は−4℃だったのですが、風と雪が打ちつけるので体感温度は−10℃くらいでしょうか。雪国の人からしたら“まだまだ甘い!”という感じかもしれませんが、なまった身体にはこたえました。
 スキーって、滑るまでは面倒くさいし、重いし、寒いしで、“もうやだな。”と思うのですが、滑ってしまうと、何故かまたリフトに乗っている自分がいます。
 そして、吹雪の中のリフトでは“もうこれで最後にしよう。これが終わったら暖かいレストハウスで休もう。”と思うのですが、滑り終わるとまたリフトに乗って、同じことを思っているのです。不思議…。
 似ているものとしては…出産みたい?(私は一人しか産んでいないし、しかも帝王切開だったので分かりませんが。)

 そんな一日目でしたが、二日目は雲ひとつない快晴!
 リフトも涼やかで快適で、
こんな景色や↓


こんな山々が見えちゃうから、やっぱりスキーはやめられないのです!↓



 ハリボーはほとんど休憩なしで滑っていました。
 そして、雪合戦も少々。
 人に物を投げるという行為を久しくやっていなかったので、夫に雪玉を投げつけた時には“快感!”でした。
 ハリボーも同様だったらしく…

「あ、やめて下さい!お代官様〜!」「グワーハッハ!」


「ひゃ〜!おやめになって〜!」


「グヘヘヘ…。」



 母をいじめて楽しむハリボーなのでした。
 やっぱりしみじみと家族を思ってセンチメンタルになんて、なれません!(>_<)
  
コメント(0)mederu日記
玉原高原ペンション編
 2日間お休みをいただいて、群馬県玉原(たんばら)高原スキー場へ行ってきました!昨年に続き2回目です。

 朝7時に車で家を出て、朝食はサービスエリアで調達。
芸能人の楽屋弁当として有名な『まい泉のかつサンド』↓


「テレビでも紹介されて大人気!」との看板が出ていた『ポテシュー』↓
硬めの皮の中には、さつまいもとカスタードを混ぜ合わせたあっさりとした甘みのクリームが入っていてなかなか美味)^o^(



 そして、スキー渋滞と事故多発の関越道を長々と走りました。
 途中、車が真っ逆さまになっている事故現場の横をハリボーと「怖いね…。」と言いながら通り過ぎたりしました。
 車中では、恒例の“しりとり”をしながら…。ハリボーがやりたがるのでやってあげています。
 ハリボーは、「し、し…白子。」、「ま、ま…魔よけ。」、「ら、ら…ラー油。」、「ジャ。蛇のこと。」など、新橋のおじさんっぽい単語をたくさん言っていました。
 しりとりって、どんどん続けていくと、徐々に何でもありになりがちです。
夫:「り、り…リバーサイド。」
私:「えー!英語はなしじゃない?」
夫:「ホーテルはリバーサイド♪(by井上陽水)…。(無視して歌い続ける。)」
私:「…しょうがないなぁ。」
ハリボー:「ご、ご…ゴルバチョフ。」 人名もありかい!
ハリボー:「む、む…昔ながらのソース焼きそば。」 商品名もありかい!
ハリボー:「に、に…ニリンゴ。」
夫と私:「何それ?」
ハリボー:「煮たりんご。」
私:「それ言い出したら、食べ物の前に何でも“煮”とか“焼き”とかつけて言えちゃうんじゃない?」
ハリボー:「だって、保育園のおやつで“煮りんご”ってあったもん!」 など。

 私が「ば、ば…。」と考えている時、ハリボーが「ヒント。お年寄り。」と言いました。
 ハリボーは「ばあさん。」と最後に「ん」の付く言葉を言わせて、私を負けさせようとしたらしいのですが、私が「…ばばあ。」と言うと、普段そんな言葉を使わないようにハリボーに言っている私の口から「ばばあ。」が出たので、ハリボーは大喜びしていました。
 もちろん、次に「じ」が出た時は、「じじい。」が出ました。

 「り」が付く言葉はあまりないので、私が「利子」を出し、知らなかったハリボーに「利子っていうのはね、…。」と説明もしました。
 夫は「やっとこ。」と言い、「閻魔大王が嘘つきの舌を抜く道具。」と説明していました。
 ハリボーのボキャブラリーは増えたことでしょう。

 そうこうしているうちに沼田インターを出、徐々に山を登っていきます。
 すると、そこは雪国です。↓


 そして、ペンションに到着。↓

煙突のあるかわいらしいペンションです。

 今回泊まったペンションは、『スターガーデン』というペンションで、各部屋には星の名前がついていました。
 私達の部屋は『カシオペア』。ハリボーは「オリオンがよかった…。」とカシオペアに失礼なことを言っていましたが、部屋に入ると、↓


 こんなにメルヘンチックな“アルプスの少女ハイジ”が住んでいそうな部屋で、私もハリボーも大興奮(#^.^#)
 しかも二段ベッドになっていたので、ハリボーはオリオンのことも忘れて早速二段目に上ってはしゃいでいました。↓


 ハリボーがお風呂にいっている間に、私が二段ベッドの上で本を読んでいたら、ハリボーはそれを見て怒っていました。
 自分の部屋でもないくせに…。「ケチケチハリボー。」と言いながら、渋々下りました。

窓から見える景色(昼間)↓


窓から見える景色(夜)↓



 私の思うペンションの良いところは、本当にそれをやりたかった人が始めたという所が多く、大抵、気のいい夫婦だったり、自然を愛する心優しい人々が経営者で、忙しくも自分達の思いを実現させた喜びを感じていそうな人々で、その人たちが作り出した空間にはオリジナリティーがあって、その空間を私達宿泊客も楽しませてもらえるところ。
 こちらも例外でなく、50代前後のご夫妻が経営されていて、何から何まで二人でやっているようでした。手先が器用で何でも作れます!という風なご主人と、テキパキと仕事をこなす奥さん、という感じ。
 ペンションに泊まる度にひと巡りする私の思考はこう。一瞬、ペンション経営に憧れ、具体的な妄想に入り、やっぱり自分には無理無理と思って、たまに来て楽しむくらいがちょうどいいのだ、というところに落ち着きます。
 ペンション経営は、人一倍働き者で、自然を愛し、不便な環境の中で工夫ができて、人への配慮が行き届いている人でないと無理だと思うので、私には向いていないでしょう。
 たまに来て、非日常的な空間を味わわせていただくだけで十分満足です。

 そして、ペンションでの大きな楽しみの一つ、食事も大いに堪能させていただきました(^.^)
<サーモンと野菜のオードブル・ご主人お手製の手打ちそばサラダ・コーンスープ>




ハーフボトル赤ワインもオーダー。
鳥の絵がかわいい♪


<ポークソテーのきのこソースがけ>


<フロマージュブラン いちじくのジャム添え、コーヒー・紅茶おかわり自由>



 食事の時、ペンションのご主人がハリボーにこんなクイズを出しました。
「ビンの中のりんごはどこから入れたでしょう?」↓


 ビンの底を疑って見るハリボー。でも普通のビンです。
ご主人:「ヒント。花が咲いて、実がなります。」
ハリボー:「…。」
 正解は、花が咲いて実がなりそうな枝を挿しておいて、実がなったら、まだ小さいうちにビンの中に入れて、そこで大きく成長させて、最後に枝をチョンっと切るのだそうです。
 「へえ〜!そんなことできるんだぁ!」と感心。

 食事の後は、暖炉の灯にあたりながらゆっくりとお茶を飲み、ハリボーはご主人手作りの恐竜のパズルをやっていました。
 同じく家族で宿泊に来ていた小学校高学年くらいの男の子も、そのパズルに夢中になっていました。
 宿泊客とオーナーはもちろん、宿泊客同士でも会話が生まれ、人と人との距離が近いのも大きなホテルや旅館では味わえない良いところですね(^.^)




 暖炉の灯を見ているだけで心が落ち着きます。
 ムード満点なので、若いカップルの宿泊客にはもってこいの空間ですが、若いカップルは食事が終わると早々に部屋に戻っていくので、暖炉の周りに集まるのは家族連ればかりです。

 そういえば、肝心のスキーなのですが、長くなってしまったのでスキーの話はまたこの次に…。

  
コメント(0)mederu日記
問題ありの人たちのドラマ。
※明日1/21(土)〜1/22(日)の2日間はお休みです。

 明日から家族で一泊二日、スキーに行ってきます。勝手ながら、2日間お休みをいただきます<(_ _)>

 今朝、ハリボーが「ねえ、これきれい?」と言ってきたので見ると、朝食のベーコンエッグのベーコンをビロ〜ンとお箸で持ち上げていました。「?」と思ったら、「ほら、ここ。夜空の天の川みたい。」と。見ると、お皿の上に流れている卵の黄身とソース(そう、最近ハリボーは目玉焼きにはソース派)が混ざったところに、小さな泡が幾つもできていて、そこにベーコンがのっていた跡が帯状についていました。小さな泡が夜空の星、ベーコンの跡が天の川に見えたみたい。
 ハリボーったら、顔に似合わずロマンチックね♥
 でもこんな時が、子どもとの暮らしの良さを感じる貴重な瞬間であります。

 ところで今日はドラマの話。
 今シーズン、連続ドラマはNHK大河ドラマ『天地人』しか見ていなかったのですが、先日聞いた脚本家 山田太一氏のインタビュー話がとてもよかったので、今やっている山田太一脚本のドラマ『ありふれた奇跡』に興味を持ちました。
 すると、普段はあまりドラマを見ないスタッフKちゃんが珍しく見ているというので、これまでのあらすじを聞き、面白そうだったので昨日初めて見ました。
 私好みのドラマでした!Kちゃん、教えてくれてありがとう〜(#^.^#)

 複雑な人間模様を上手く描き出していながらも、セリフがうるさくなく、名ドラマ『ふぞろいの林檎たち』の時から衰えていない山田太一氏の腕とカラーが健在でした。
 登場人物が皆何かしらの問題を抱えながら生きていて、問題だらけの悩ましい人たちばかりだというところがよかったです。
 人間の真をついたようなセリフがところどころに入っているのも。昨日の回では、「問題のない人間なんていないですよ。いたらインチキですよ。」など。
 また、受けつけない人もいるかもしれないけれど、セリフまわしが独特で、それに仲間由紀恵が輪をかけてクセを出すところも私にはよかったです。
 例えば、普通のドラマだったら、「私はああでこうだから、結婚しない。」と言いそうなところを、「私…しない…結婚…。」というようなセリフを、あの仲間由紀恵が、あの声で、あの調子で言うところ…それだけで見たかいがあったというものです。(嫌味でなく、ホントに。)
 
 問題のある人や正しくない人々の味方であるというスタンスが私は好きです。
 問題があって、どこかコンプレックスを持っている人のほうが、味があります。
 先日大いに感動した村上春樹氏の『卵と壁』の話でも、弱い卵が正しいから味方するのではなく、例え卵のほうが間違っていて、壁のほうが正しいとしても、弱い卵のほうの味方をするのだと言い切っていたところにいたく感動したのです。

 問題を抱えた完璧でない人々の人間模様、来週も楽しみです♪
  
コメント(0)mederu日記
SAS II RO 新作アクセサリーのご紹介♪
 最近、ハリボーはブランコにはまっているようです。
 この前お店に来ていた時も何回か「ブランコに乗ってくる!」と公園に行っていました。
 ブランコで、前にヒューといく時には目をつぶって、自分が高い山と山との間にヒモをかけて、下が谷底という状況でブランコに乗っていることを想像するのだそうです。すると、お腹のあたりがスーッとして、それが楽しいのだそうです。
 子どもの頃って、よく想像して楽しみましたよね(^.^)
 私は、フトンの外はワニがたくさんいる川だと想像して、わざとフトンからちょっと足や手を出してすぐに引っ込めて、「あ!ワニだ!危ない、食べられるところだった!」なんて遊んでいました。
 ちなみにハリボーはブランコを一人でちゃんとこげるようになったのも最近だそうで、ちょっとビックリ(*_*)ブランコのこぎ方、ちゃんと教えていなかったんだ〜。盲点でした!

 さて本日は、北の都、北海道は札幌のブランド SAS II RO(サシイロ)から、新作アクセサリーが入荷しましたのでご紹介します♪
 一生に一度は行って見たい、『さっぽろ雪まつり』の素敵な画像と一緒にどうぞ…。

シンっと冷たく澄んだ空気が伝わってくるようです。



4種の天然石のシルバーピアス 4種セットで税込5,250円
4種の天然石パーツをお好みで付け替えられるお得なピアスです。
服装やその日の気分、TPOに応じて付け替えてお楽しみ下さい♪
※ペリドット、スモーキークォーツ、クラッククォーツ、シェル



※ラブラトライト、スモーキークォーツ、クラッククォーツ、シェル



 吹雪の中、小学生らが懸命に作品を作る姿を見た後、完成した作品を見ると、より一層格別な思いがするそうです。
 一生懸命に作ったものには“作者の思い”が込められていますから、作品には人を感動させる力が宿るのでしょうね。



シルバー9連リング 各3,990円
サイズ:11号、13号
シンプルなシルバーリングが3連ずつ組み合わさって、編み込みのような模様に重なるモダンなデザイン。
服装を選ばずお使いいただけます。



 SAS II ROはアクセサリー什器も人気!
 今回は春夏に向けてガラスのプレートが各種入荷しております。
 アクセサリートレイの他、プランターやフラワーベースを置いても素敵なインテリアになりますよ♪

真鍮(しんちゅう)or銅入りプレート 各税込1,575円
きれいな植物模様が浮き出ています。



その他各種ガラスプレート 税込1,470円〜2,205円



  
コメント(0)mederu日記
中川さん騒動から…。
 中川さん、辞めましたね。
 政治家を見ていると、酒・金・女というのは男性を陥れる三大要素に間違いないな、と思います。
 昨夜、姉と中川さんの話になり、こんな会話をしました。
姉:「何であんな状態の人を出したんだろう。周りがとめなきゃ。」
私:「とめても本人が聞かなかったのかもよ。ウチのお父さんだって酔ってたら『俺は酔ってない!出る!』とか言いそうじゃん。」
姉:「言いそう、言いそう。」
私:「そうなったら何言ったって聞かないから、“もう放っておこう。出て本人が恥じかけばいいや”ってなるよね。」
姉:「そうだね。」
 酔っ払いは、自分が酔っていると自覚していないことが多いから困ったものです。
 母は、実父の酔った姿もビデオに撮って流そうか!と言っていましたが、姉と私とで「そんなことしても変わらないよ。やるだけ無駄。」とその案を却下しました。
 まあ、暴力的な酒乱でないだけましですけど、本人に「俺の酒はいい酒だ。(俺の飲み方はいい飲み方だ)。」と言われると、“それは違うでしょう(-_-;)”と思います。

 それと、中川さんが自宅に帰った時の映像で、奥さんが記者に聞こえるような声で「よ!日本一!大丈夫!」と言っていたのを聞いて、“へえ〜、そう出るんだ。”と思いました。
 夫を支える妻をアピールしたように見えました。
 私だったらどうするかな。「やっちゃいましたね。本当にスミマセンね。」と謝るだろうな。威勢よく声をかけるとしたら、「よ!酔っ払い!これで分かったか!」と言うだろう。
 そして家の中では、「あーあ、やっちゃったね。でもやっちゃったものは仕方ないね。おとなしく暮らすしかないね。」と言って日常生活に戻るだろうな。

 ウチの実母だったら、「本当にすみませんね。ウチの人はお酒さえ飲まなければいい人なんですよ。でもお酒がねー。」と言って、家に入ってからも「ほら見なさい!あなたはお酒で失敗する人なのよ!あの時もこうでああで…。」と言い続け、しまいに父が「何を言うか!」と怒って、終わって、そして何も変わらないのだろう。
 これがウチの両親の何十年も繰り返しているパターン。
 この夫婦を見ていると、これが互いのストレス解消法なのだろうと思う。
 父が酔っていなくても、母からお酒をネタにケンカをふっかけて、それに父がのって、母も待ってました!という感じに言い返している場面も見るし。
 本当に嫌なら放っておくのが一番なのに、そうはしない。そういうところが、夫婦なのだろう。
 昔、『おもろい夫婦』という番組があったけれど、あれ、再放送しないかなぁ。
 今見たら、当時とは全く違った視点で楽しめそう。

 それにしても、中川さんのあの映像は、お笑い芸人にとっては格好のネタ。“劇団ひとり”も早速、結婚記者会見で使っていたようですし。
 私のお気に入りの場面は、記者が白川総裁に質問しているのに、横から「誰だ!?」と言ったところと、白川総裁の前に置いてあるコップを取ったところ。あの時、白川総裁も“あ、俺のコップ〜。”と思っただろうと想像すると…ククク…。
 不真面目ですみません。笑い事じゃないですね。
  
コメント(0)mederu日記
やまじひとみ 新作カードのご紹介♪
 昨日は、中川財務相にあきれ、村上春樹氏のスピーチに感動し、救われた一日でした。
 村上春樹氏の“壁と卵”に例えたスピーチは素晴らしく、深く胸に響きました。(→http://www.afpbb.com/article/life-culture/culture-arts/2572390/3808317)
 一人の小説家としての哲学と誇りを感じました。

 そして昨日は、相反する大人の形を見た一日でもありました。
 村上春樹氏と、白川総裁(中川財務相の隣にいた人)。
 前者は、自分で思うこと、感じたことを自分の言葉で自分の意志で発することのできる大人、後者は、それができない大人。
 地位や名誉はいらないから、私は常に前者のような大人でありたいと思いました。

 さて本日は、やまじひとみさんの新作カードのご紹介です♪
 イヌ好きさんへのバースデーカードはもうこれで決まり!
 ご本人もお気に入りの新作とのこと♪
 やまじさんらしい、ほんわか優しいタッチのカードです。
バースデーカード『ながーいイヌ』 税込315円
※封筒付き。


開くとあらら…ながーい胴体にプレゼントをたくさん乗せて。。。お散歩です♪





 長いこと完売しておりましたカード『ハートみち』も入荷です♪
 バレンタインカードとしても人気がありました♥
グリーティングカード『ハートみち』 税込315円




 大好きな黒ネコさんへ続くハートみち…。『ハートみち』という響きがやや演歌っぽくて好きです(#^.^#)



 その他、各種カードやテキスタイルアートも再入荷しております(^.^)

  
コメント(0)mederu日記
中川さんもだけど、あの人もこの人も…。
 昨夜、大阪に行っている姉から電話がありました。
 バレンタインは平井堅に会って(※コンサートでです。)最高に幸せだったそうです。
 そして昨日は、私の夫のお兄さんに案内してもらって“大阪食い倒れツアー”を満喫したようです。
 ほんの数日会っていないだけなのに、ハリボーに会いたい会いたいと言っていました。
 愛情豊かなのは姉の良いところです。

 ところで、中川財務相、やっちゃいましたね。
 朝のニュースを見てビックリしました。酔っ払っている夜の実父とそっくりで^_^;
 でも実父は家で酔っ払っているだけなのでまだいいとして、中川さん、あなたは世界各国のメディアの前であんな醜態を!
 風邪薬とお酒の飲み合わせだったとのことですが…いつもはきちんとしているのに、世界に自分の酔っ払った姿が流れてしまうなんて…お気の毒。でも、日本人として恥ずかしい(>_<)あんな酔っ払いのおじさんが日本の代表で記者会見に出ているなんて…。

 政治といえば、最近、身近な友人知人から「麻生さん、いい加減にしてもらいたい!」、「あの声を聞くだけでチャンネルを変えたくなる。」、なんていう言葉を耳にします。
 麻生さん…最初から期待はしていなかったけれど、ここまでか!という感じです。
 ハリボーまで「“みぞう”を“みぞうゆう”って言っちゃったんだよね、この人。」なんて言ってますよ^_^;
 
 麻生さんも困ったものだけれど、小泉さんも好きじゃありません。
 あくまで私見ですので、小泉ファンの方は読み飛ばしてくださいね(^_-)-☆
 私は小泉さんが総理大臣をやったことは“必要悪”なことだったと思っています。
 確かに小泉さんのおかげで、今の自民党の悪いところが浮き彫りになったし、日本の問題もシンプルに分かりやすく露呈したという点では必要な人だったと思うのですが、やることがシンプルすぎます。
 シンプルで分かりやすく、威勢が良くてスマートなので、何となく惹かれてしまい、カリスマ性があるなんて言われていますが、政治はシンプルにすればいいってもんじゃあないと思います。政治はもともと、白黒つかないことが多い複雑なものです。
 壊すのは上手いけれど、壊した後の始末をあまり考えていない、詰めが甘いので、今、そのしわ寄せが混乱として起きているように見えます。規制緩和は良い例です。
 壊した後は丁寧により良いものを作らなければ、何のために壊したのか、壊さないほうがよかったのではないか、とさえ思うこともあります。
 郵政民営化だって、良かったのかどうか、はっきりいって分かりません。
 民間でできることは民間で、という考え方自体は私も大いに賛成なのですが、今の郵政問題のゴタゴタを見ても、郵便局の仕事ぶりを見ても、メリットをあまり感じません。
 郵政選挙だとか言って、刺客を送りつけるやり方も好きじゃありませんでした。
 あの選挙で当選した杉村太蔵議員のコメントを聞いた時には、“なんじゃこりゃ?”と思いました。(その後色々と苦労もしたでしょうから、杉村さんも変わったのかもしれませんが。)
 この選挙の時も私は多数派のほうには入れていないので、“民意”を反映したものだと言われると、違和感を覚えます。多数決なのだから仕方ないのだけれど…。

 小泉さんが出てきたことで、また国民が小泉劇場に魅せられてしまうことも心配ですが、一番心配なのは、“もう誰が総理大臣になったって同じ。政治なんてもういいや。”と国民が諦めてしまうこと。
 皆さん、選挙があったら投票しましょう!
 投票もしないで、国や政治のことをグチグチと言う人は一番無責任だと思います!
 投票する良い人がいない場合は、自分で出ましょう。自分で出る気がないのなら、自分が出るよりましかな、という人に入れましょう。
 
 先日、スタッフKちゃんが昼間のデパートに出かけたらすごい混雑していて、“昼間に仕事しないでデパートで買い物している若い人たちがこんなにいるんだ!”と驚いたと言っていて、「なんだかんだ言っても、日本は平和ということか!?」なんて話したことを思うと、結構みんな今の日本に満足しているのかも。
 私は、日本は好きだけど、選挙があったら与党には入れませんけどね〜。
 次の選挙でも自民が勝ったら、”なーんだ、やっぱり皆、変えたいと思ってないんじゃない。”です。
  
コメント(0)mederu日記
てんとう虫グッズのご紹介+一昨日のこと。
 皆さん、昨日のバレンタイン・デーはどうでしたか?
 我が家の男性陣は結局、夫が行きつけの飲み屋のママから一つと、ハリボーがピアノの先生とおばあちゃんから一つずつ、あとは両者とも私から一つずつという結果でした。
 母がハリボーに「同級生の女の子、誰もくれなかったねぇ。」と言っていたので、一応私がフォローして「まだ一年生だし、土曜日で学校お休みだったしね!」と言ったけれど、スタッフKちゃんの子どもたち(年長さんと小学2年生)はちゃんと呼び出されてもらったみたい。
 でも当のハリボーは気にすることなく、500円の図書券をあげたらいそいそとコロコロコミックを買ってきてニヤニヤしながら読んでいます。色気なしです^_^;
 ちなみに今日もお店に来ています…。

 ということで今日はちょこっと、かわいいてんとう虫グッズをご紹介して、昨日書きかけていた一昨日のことでもって失礼します。。。

てんとう虫ホッチキス 税込609円
てんとう虫プッシュピン 税込399円
見ているだけで元気が出るてんとう虫くん。
オフィスやご家庭など身近なところに置いて楽しくお使い下さい(^^♪



 ところで話は変わって…。
 一昨日は朝早くからハリボーの学校に行って、“読み聞かせボランティア”をしてきました。
 読んだのは、ハリボーも大好きな『そんなことって、ある?』(作:奥田継夫 絵:西村繁男)という絵本です。
 日本の古きよき家族風景を美しい絵と共に描き出したほんわか温かい本です。→http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=3128
 ハリボーのクラスの子ども達は、「桜だ!きれい〜。」なんて言いながら、集中して聴いてくれていました。
私:「今日は古い絵本なんだけど…。」
A君:「新しそうに見えるけど?」
私:「あ、そうだね。この本自体はあまり古くないね。お話しが古いの。おじさん達が書いた本です。作:奥田継夫 絵:西村繁男…」
A君:「本当だ。おじさん達だ。」(名前で“おじさん”と判断。)
 なんて会話もよかったです。

 その後、PTAの係の仕事“校外パトロール”がある夕方まではお家でぬくぬく。
 床暖房をつけて毛布をかけて本を読んだり、テレビを見たりしている時が至福の時間です(#^.^#)
 テレビでは、脚本家の“山田太一”が出ていて、“なるほど〜。”や“同感!”と思う話しをしていました。
 「僕のドラマではよく“コンプレックス”という言葉を使うのだけど、今の人たちはあまり“コンプレックス”という言葉を使いたがりませんね。“個性”とか言いますね。…傷つけ合わないように。…今の世の中は、みんなで空気を読み合って、摩擦を避けて、当たり障りのない世界が仕上がって、そして孤立していく、息苦しい世界。言葉や会話が少なくなってきている。」
 「お金があったら幸せか?不便でしょ。もっと増やさなきゃとか、相続がどうの、運用がどうのとか…。」
 「薄味の方が大人みたいになって、でもそれだけでは満たされず、死んじゃったりする。でも、最近段々とお金じゃないとかそういうことに気づき始めている点では、今の方が成熟しているのかもしれない。派遣切りなども、“声をあげていかなくては”という情熱が出てきた点ではいいことかもしれない。」
など。

 ニュースではオバマ大統領が出ていました。
 初の黒人大統領が生まれた歴史的な瞬間にタイムリーに遭遇できたのは嬉しいことです。
 オバマさんもいいけれど、私は奥さまのミシェル夫人が好き。二人が映っていると、ミシェル夫人ばかり凝視してしまいます。
 ミシェル夫人をよく知っているわけではないけれど、聡明で、強くしなやかで、大きな困難を自分の力で乗り越えてきた人だけが持つ懐の深さを感じるのです。
 落ち着いていて、ちょっとやそっとの苦難には動じない、深く静かな湖のような…。
 そしてオバマさんは、その大きな器に見守られながら、安心して自分の熱い思いをグングン伸び伸びと実行しているように見えます。
 素敵な夫婦だなぁと思います。

 そして夕方になったので、校外パトロールに出かけました。
 あまり子どもたちには会いませんでした。
 最近公園に「靴下見せて。」と言ってくる不審者が出るそうです。
 春になると変な人が出てくるのでイヤですね。

  
コメント(0)mederu日記
バレンタインの思い出と流行。
 今日はハッピーバレンタイン♥
 全国の片思いの乙女たち、大好きな彼に気持ちが届きますよ〜に♪

 我が家は何てことなく終わりそうなバレンタイン。
 夫は社内旅行でいないし(「こんな日に社内旅行なんて、あやしい!?」と言ったら「みんな奥さんにそう言われるだろうな、って言ってた。」と。まあ、信じましょう。)、姉は平井堅のコンサートで大阪に行っているので(「バレンタインは愛する堅様と過ごすの♥」とはりきっていました^_^;明日は、兵庫に住む私の夫のお兄さんに大阪案内をしてもらうそうです。人なつっこい姉です。)、今日はハリボーとしっぽりラブリーに過ごします♪
 
 ということで、今日はハリボーがお店に来ていて落ち着きません(>_<)
 先日スタッフのKちゃんと交わした会話でもって失礼します。。。
※スタッフのKちゃんとは、高校時代からの親友です!
Kちゃん:「S(Kちゃんの下の子)、一足先に幼稚園の女の子からバレンタインチョコもらったよ。手紙付きで。」
私:「へえ〜すごい。S君がもてるの分かるよ。フェロモンがあるもん。小さいのにちゃんと。ハリボーはフェロモンがないんだよね〜。ダンナゆずりかなー?」
Kちゃん:「Sは男っぽい態度するからね。本当は甘ったれなのに。」
私:「そこがいいんじゃない?普段は男っぽいのに、本当は甘ったれっていうところが。」
Kちゃん:「フフ(^.^)」
私:「バレンタインっていうと、高校時代にKちゃんの家で手作りチョコを作ったことを思い出すよ。あれはきっと一生忘れない思い出。」
Kちゃん:「ホント、青春だったね〜(^.^)」
私:「青春の1ページだよね。私は大して好きでもない人に作ったよね。Kちゃんはちゃんと好きな人に作ってたよね。A君のこと、本当に好きだったもんね。」
Kちゃん:「今思うとどこがよかったのか分からないんだけどね。」
私:「でも、A君もフェロモンあったよ。顔が特別かっこよかったわけじゃないけど、なんかかわいくて、母性本能をくすぐるタイプっていうか。」
Kちゃん:「なんか、かわいかったよね。でも、背が高いっていうのは大きかったかも。私背が高い人が好きだから。」
私:「高校時代の写真とか見ると笑っちゃうよね。遠足で鎌倉に行った時の写真、私もKちゃんも短いキュロットはいてたよ。髪の毛は二人ともパーマかけてた。靴は茶色のローファー。Kちゃんは白いソックスにローファーが定番だったよね。」
Kちゃん:「アハハ。今じゃ死語の“ソバージュ”だよね。今美容院行って、『ソバージュにしてください。』って言えないよね。男子のジーンズはケミカルウォッシュだったよね。」
私:「そうそう!」

 そんな時代もありました。英字新聞プリントのシャツとか、段カットとか…。
 でも流行は巡り巡るもの。またいつか、ケミーにキュロット、ついでに太眉の時代が来るんだろう。
  
コメント(0)mederu日記
himawarino-hana(ヒマワリノ ハナ) 新アイテム!ブックカバーのご紹介♪
※明日2/13(金)はお休みです。

 木曜の朝のひとときのお楽しみ『朝のヒットスタジオ』で、今朝は“ばんばひろふみ”さんの名曲『sachiko』が流れました。
 「♪sachiko 思い通りに sachiko 生きてごらん ひとりぼっちの 旅でもいい 倒れそうに疲れた時は 僕の両手に 戻ればいいさ♪」の歌詞が胸にしみました。
 夢を追いかける男性とそれを支える女性という曲は多いですが、女性を大らかに包む男性の曲って、意外と少ないような…。
 こういう曲もいいものです(^.^)

 さて本日は、himawarino-hana(ヒマワリノ ハナ)から、キュートなブックカバーがスポット入荷しましたのでご紹介します♪
 「かわいさを密かに楽しめるような作品を作るのが好き。外側はシンプルで内側がものすごく自分好みの色柄みたいな…。」とおっしゃるhimawarino-hanaさん。
 今回もまさにそんな作品たちです(^.^)

ブックカバー 各1,680円
※文庫本サイズです。
表側のネコちゃんとワンちゃん、なんだか恋をしているみたいだけど、一人なの?。。。あ!中を開くとちゃんとお相手が!よかった、よかった、ちゃんと両思いだったのね♥
 柄のある生地をあえて内布に使ったところがhimawarino-hanaさんのこだわり♪
 使う人だけが密かにワクワク楽しめちゃいます!
 ネコ好きさん、イヌ好きさんにはたまらないですね〜(#^.^#)





 ハートの刺繍の糸選びでは、刺繍糸を眺めてじっくりと時間をかけて決めたそうです。「ちょっとしたことにすごくこだわってしまうのが私の癖みたいです。」と。
 そういう作り手のこだわり、大事だと思います!!
 そして、鮮やかな赤い糸が選ばれたのでした。





 ツンッとすまし顔でポーカーフェイス、でもハートに思いが表れちゃうネコちゃんに、素直に向き合い見つめ合うワンちゃん・・・そんな雰囲気が出てますよね♪

  
コメント(0)mederu日記
結婚について。
 昨日帰ってからハリボーの顔を見ると、口の周りが内出血してカールのおじさんになっていました。「また牛乳ビン、口にはめたでしょ。」「うん(^.^)」。2度目です。
 “よくいたいた、そういう小学生男子って”にまんま当てはまっているハリボーです。
 それと、子どもは眠いとなるとどんな時でも寝てしまう生き物ですが、昨日のハリボーの寝方にはビックリ!↓
パソコン用のイスに足を乗っけて、首は垂直。大丈夫か?
夫が抱っこして寝床に移動させた後、座布団の上にはよだれが…。



 話は変わって、昨日の日記にも書きましたが、久々に友人(男)の結婚パーティーに招かれました。
 8〜9年前が女友達の結婚のピークで、それからはパラパラと男友達の結婚パーティーが入ったりしましたが、最近はパタッとそういう話がなかったので久しぶりに楽しみです。懐かしい友人達とも会えるし♪
 そんなこともあり、“結婚かぁ〜”と物思いにふけってみました。
 結婚式…私の式はごく一般的なものでしたが、周りからは「初めてとは思えないほど堂々とした花嫁だった。」と言われました。バージンロードも大股で歩いていたそうです。
 二次会では、自分ではよく覚えていないのですが、花嫁からの言葉のところで、「自分達のためにこんなにお集まりいただくなんて、次はお葬式くらいなもので…。」と言ったそうです。友人は、めでたい席で突然そんなことを花嫁が言い出したことにえらくビックリしたらしく、「未だに忘れられない!」とよく言っていました。
 新郎(夫)が、いい気持ちで英語の曲を歌っている時も、うっとりと聞き惚れる花嫁ではなく、横でけげんな顔して“なんか英語で歌っちゃってますけど…勘弁してあげてください”と言った風だったそうです。
 そう、私は昔から結婚に夢を持っているタイプではありませんでした。よく結婚したなぁと自分でも思います。
 何で結婚したのかと聞かれると、「相手がしたいと言って、特に断る理由もなかったから。」と答えています。それだけ聞くと、“だんなさん、かわいそう〜。ひどい!”と思う人もいるようですが、それほどひどい話ではな(いと思うのだけど)くて、“結婚したいと待ち望んでいるところにプロポーズされて喜び勇んでしたわけではない”というだけです。
 なので、「だんなさんのどこが良かったの?」と聞かれればちゃんと「(狙った娘にだけ優しくするといった優しさじゃなくて)全人類的な優しさを感じたのと、(道路に痰を吐いたりしない)基本的な公共マナーができている人(そういう教育を受けてきたであろう人)だったから。」と答えています。※今日はくどい書きかたですね。
 でも、結婚に対する最初の期待感が乏しかったせいか、思ったよりもいいものだと“今のところ”思っています。
 思えば、うちは姉も私も結婚に対しては現実的でどちらかといえば悲観的でした。
 それはたぶん、本家で生活していたからだろうと姉と話しています。
 本家には、様々な親戚の情報が集まってきます。良い情報もあれば、悪い情報もあり、離婚問題、金銭問題、子育て問題、嫁姑問題など、あらゆる家庭問題が祖父母のいる本家には流れてきます。ウチが特別に問題が多いわけではなく、たぶんどこの家にもあるような問題です。もし問題が何もないという家があったら、それは(問題があるのに)気づいていないか、考えないようにしているか、鈍感で表面的なつながりの人たちかのいずれかだと思います。
 私たち姉妹は幼い頃からそういう“大人の話”や“大人の事情”を聞いたり感じたりしてきたので、“結婚=happy”という単純な式ではないと思ってきました。
 確か二十歳そこそこの時に私が友人に「結婚なんて誰としても一緒だよ。生理的に受け付けない人じゃなければね。10年間同棲した人同士でも、昨日初めて会った人同士でも同じっていうくらい、一から作っていくものだと思うよ。」と言って、「えー!?そんな冷めたようなこと言わないでよー(*_*)」と驚かれたことがあります。でも、この考えは今も変わっていません。別に冷めているわけではなく、逆に熱いくらいの思いで、努力して一から作り上げていくのが家族であり、“結婚”だということを言いたかったのです。

 私は今、結婚してよかったと思っています。でも姉に「結婚しなよ。」と押し付ける気はありません。
 先日、親戚の叔母が姉に「自分でマンション買って、独身貴族で(決して“貴族”ではありませんけど…。)こんな生活もしてみたかった、と思うけれど、実際私にこういう生活ってできたかしら?淋しくならないかしら?」と単刀直入に聞いていました。 姉は「淋しいよ〜。特に病気とかした時には。でもね、そういう淋しさよりも、今の自由さのほうが勝っちゃうんだよねー。」と言っていました。
 姉は私よりも繊細な子どもだったので、色々なことを敏感に感じ取り、言いたいことも言わず、遠慮や我慢を沢山してきたことが今に影響しているのです。
 でも、それら全てを自分で分かっていて、乗り越えて、納得して選んでいる道なのでそれはそれでいいと思います。ただ、姉は自分で“子孫を残していないことだけは人として申し訳ない”といつも思っているそうです。(もちろん、子どもが欲しくてもできない人は別です。自分で子孫繁栄を選んでいないことを“人類に申し訳ない”、と思うのだそうです。)

 何だかつらつらと書きましたが、このテーマについてはもっと書きたいくらいです。
 でも、時間がないのでまたの機会にします。
 最後に、本家での生活は大変だけれど、深みがあってなかなか良いものだと今は思っています。
 本家に近い環境で育っているハリボーも、同年代の子と比べて何かと苦労も多いかと思いますが、いつの日か、“なかなか良かった。”と思ってくれればよいなぁと思います。

  
コメント(0)mederu日記
M♥NH(マナホ) 春限定!いちご&ひなまつり作品スポット入荷です♪
 2月のツンッと冷え込んだ早朝には、剣道部での“寒稽古”を思い出します。
 中学から大学までの10年間、部活はずっと剣道部でした。
 ケガもあって高校からはマネージャーに転向しましたが、道場で黙とうしている時の静まり返った神聖な空気や、気合みなぎる稽古、礼に始まり礼に終わる武士道の世界観が好きで、気づけば部活は剣道一色でした。
 2月、まだ暗いうちから各々道場に集まり、冷たい板の間の上に裸足の足を下ろす時の痛いくらいの冷たさ!マネージャーももちろん、神聖な道場の上では裸足でした。
 プレーヤー(剣道には似つかわしくない呼び名ですが^_^;)の身体から湯気が出て、私の足の感覚がすっかりなくなった頃、稽古が終了します。
 夏の暑さ、冬の寒さ、厳しかった稽古ほど覚えているものですね。
 真夏の合宿先、サウナのような道場を出た時、広い青空に架かっていた大きな虹の美しさ!一生忘れないことでしょう。
 …っと、剣道部の思い出話を書いていたら、ちょうど偶然、何年も会っていない大学時代の剣道部仲間から結婚パーティーのお誘いの電話が!ビックリ〜(*_*)

 さぁ、前書きがかなり長くなりましたが、2月は寒稽古の思い出、そして3月といえば、イチゴ狩り!(強引なつなげかた!?)
 でも本当に千葉県に住んでいた大学時代は3月になると仲間たちとイチゴ狩りに行ったものです。
 そこで、ミニチュア雑貨を制作している姉妹ユニットM♥NH(マナホ)から、春限定!いちご&ひなまつりの作品がスポット入荷しましたのでご紹介します♪
 いちごのマチ針やいちごケーキのマグネット、ちょこりんとしたお雛様など、ちっちゃくて可愛らしいものばかりですよ♥

はるのいちご ピンクッションセット 税込840円
はるのいちご マチ針セット 税込525円
スイーツと一緒に、真っ赤ないちごちゃんのマチ針が入っています♪



いちごカットケーキ×4 マグネット 1コ税込630円
いちごカップケーキ×3 マグネット 1コ税込525円
いちごやいちごソースのかかった美味しそうなケーキが詰まったマグネット(#^.^#)
ケーキはどれもミリ単位という小ささです!



クッキーマグネット 1コ税込420円
サイズ:3.5cm×3.5cm
本物そっくりで思わず食べてしまいそう!でもよい子の皆さん、食べないで下さいね♪
チョコレートのほうは、甘いものがちょっぴり苦手な彼へのバレンタインプレゼントにもいいですね♥



ちょこりんお雛様 ※カゴ付き♪ 税込1,470円
サイズ:台の直径8cm
手のひらにのっかるサイズのミニお雛様。
机の上にちょこりんと飾って、ひな祭りを楽しんで下さい(^.^)
着物がグリーンのお内裏様やカゴの色違いもあります。



  
コメント(0)mederu日記
2009年春のギフトショーでの数日。
 昨日は風びゅんびゅん、今日もぐっと冷え込んでさぶいです。なのに花粉はもう飛び始めたようですね。今年は花粉症、軽くすめばよいのだけど。。。

 さて本日は、先日行ってきたギフトショーのご報告♪
 商品紹介ではありませんのであしからず…。

 ギフトショーの会場である国際展示場、その名も『東京ビッグサイト』にはいつも『ゆりかもめ』(正式名称:『東京臨海新交通臨海線』。知らなんだ〜。)で行きます。
 途中、築地移転問題で話題の『豊洲(とよす)』を通ります。
 豊洲地区の土壌汚染問題が叫ばれていますが、確かに・・・。
 こういう所に東京の台所を持ってくるのは、一都民としても何となく心配です…。



 そして、毎年年に2回お出迎えしてくれる巨大ロボットのような東京ビックサイトの正門。この中に次々と人が吸い込まれてゆきます。私もその一人。


 門の両脇に貼られている大きな垂れ幕には今年も「東京でオリンピックを!」といったことが書かれていました。石原都知事の顔が浮かんできました。

 中のブースは許可なしでは撮影禁止のため、画像はありませんが、とにかく広い会場に何千社という企業が出展していて、何万人もの来場者がいて、その間をうねうねと歩きながら商談もするという体力勝負の数日です。
 商談の合間の息抜き(?)に、ちょっとしたショータイムなんかもあります。
少し前から流行のハワイアングッズのブースにて。↓
しなやかに踊ってます。



 苔むした(ように見せかけた)象の置物なんかが置いてあったり。↓
 これも商材なので、これを見て“仕入れたい!”と思った人は、案内されているブースに行って商談です。
 うちに入れたらお店の大半が象で埋まってしまいますが、広いレストランやホテルに置いたら目を惹くかも。



 ちなみに今回のギフトショーのテーマは、『ヘルシー&エコロジカルライフスタイルの実現』。エコグッズはまだまだ注目されそうですね。
 今年の春夏のアクセサリーは、“ライトアフリカン”が流行るそうです。(業界がそう仕掛けるのですが。流行ってから作っていたのではメーカー業界は成り立ちませんものね。)
 ウッドやシェルを紐に通した感じのアクセたちに注目です。これも自然→エコを意識した形ですね。
 mederuでもライトアフリカンなアクセたち、近々入荷してきます♪
 
 帰り、“ゆりかもめ”の先頭の席が空いていたのでそこに座り、夜景がきれいだったのでパチリと撮ったら、反射してNGでした。しかも撮ってる自分が写っちゃってるし(>_<)
 小さく載せます。遠くに目をやって下さい。少し夜景が見えます。↓


昼間撮ったのがこちら。↓


反対方面に行く“ゆりかもめ”に遭遇したのでパシャリ!↓



 そうそう、今回のコンテストの結果も出たようなのでお伝えします。
 全ての中からのグランプリが、『ネットワークコミュニケーションロボットNabaztag(ナバズタグ)』〜耳が動き光る可愛いうさぎ型のロボットで、ネットで世界とつながり、メール、天気予報、音楽、ニュースなどを伝えてくれるそうです。(定価24,800円)
 新製品コンテストの大賞は、『生キャラメルポット』〜容器に材料を入れ、レンジで温めかきまぜる。冷凍庫で冷やせば「話題のスイーツ」“生キャラメル”!(定価3,129円)。 
 お家で生キャラメルか。でも私は田中義剛の花畑牧場の生キャラメルが食べてみたーい!
 例の恥ずかしくなるネーミングの“女性のハートをキャッチするギフトグッズコンテスト”の大賞は、今回は“該当なし”だそうで、準大賞が、“犬のパッチワークが付いたミニトート(定価1,890円)”と、“丸くてポッコリとした形のかわいいカラフルなトイレブラシ(定価未定)”でした。
 それと、輸入品人気コンテストの準大賞には、mederuにも入荷していてそのうちご紹介しようと思っている、ドイツ製保温・保冷ポット『Thermo Bear』(税込5,040円)が選ばれていました!
 当店では黒ネコが入荷しております♪↓



 そんなこんなの2009年春のギフトショーでしたが、収穫あり!でしたので、どうぞ新商品を見つけにいらして下さいませ(^.^)

 そして、心地よい疲労感を抱えつつ、家(実家)に帰ると、いつも玄関まで迎えに来てくれるハリボーが来ません。
 祖母の部屋を覗いて見ると、おこたに入った年の差87歳の二つの背中が並んでいました。94歳の祖母は揚げ物を食べていて、7歳のハリボーはポケモンのテレビを見ていました。
 それぞれ好きなことをしながら、ハリボーはたまにから揚げをもらったり、ポツリポツリと会話をしながら過ごしています。
 “この二人には二人の関係性があるんだなぁ”と、ほのぼのとした感じで思わずパチリと撮りました(#^.^#)↓


 ハリボーの定番スタイル“下着はみだしルック”もバッチリ写っていました^_^;

  
コメント(0)mederu日記
4mame 新作ファブリック雑貨のご紹介♪
 今日の私のお昼ごはんは、昨日ハリボーがPTA主催の行事『寺子屋』で作ってきた肉まん!粉から作った生地はもちっとしていて中はずっしりと具沢山でgoodでした)^o^(

 さて本日は、4mame(ヨンマメ) 新作ファブリック雑貨のご紹介です♪
 お忙しい4mameさんは、どのようにして時間を作って製作にあてているのかをインタビューしてみたところ、お子様たちが眠りについた夜にデザインを考えたり布あわせをしておいて、昼間お子様たちが学校や保育園に行っている間に一気に裁断、もしくは一気に縫うのだそうです。しかも丁寧なお仕事です。
 限られた時間を効率よく使う術はさすがです!
 今回は人気のバネポーチやポシェット、入学シーズンへ向けたシューズケースやレッスンバッグの入荷ですよ♪

ブラックリネンのバネポーチ 各税込1,365円
サイズ:約縦11cm×横13.5cm×マチ幅5cm
※幅広レースは2点ともsold outとなっております。
上質なブラックリネンにレースやリボンを施して…。
一つ一つ、レースやリボン、内布の組み合わせが異なる一点もの。
どうぞお気に入りを見つけて下さい(^.^)



小花とレースのバネポーチ 各税込1,260円
サイズ:約縦10cm×横12cm×マチ幅3.5cm
こちらは少し小ぶりな手のひらサイズ。
春を感じる小花柄にリボンとざっくりコットンリネンを組み合わせた軽やかでプリティな仕上がりです♥



ギンガムチェックとレースのレッスンバッグ&シューズケース
レッスンバッグ 税込2,625円
シューズケース 税込1,575円
入学シーズンへ向けて、ギフトにもピッタリなレッスンバッグとシューズケース。
ライトベージュのギンガムチェックコットンリネン地にレース、内布はベージュのワッフル地を組み合わせて、ナチュラルでガーリーな仕上がりに。





大きめポシェット 各税込1,575円
マリンポシェットのサイズ:22cm×26cm
ワッフルポシェットのサイズ:22cm×21cm
ポシェットとショルダーバッグの中間くらいの大きさの“大きめポシェット”。
必要なものをポンポンッと入れて、ちょっとそこまでのお出かけに便利♪
軽くてたためるので旅行などでも重宝しそうです(#^.^#)
素材はどちらもコットンリネンです。



  
コメント(0)mederu日記
頭の良さ。
 最近ハリボーにされる質問で困るのが、「この人と“やくみつる”とではどっちが頭いい?」。
 今のハリボーの中での“頭のいい人”の基準は“やくみつる”のようです。
 最近よくクイズ番組に出ていて、漢字の問題などで活躍しているのを見て、“この人は頭のいい人”とインプットされたようです。
 テレビを見ていて、「この人すごいね〜。」とか「頭がいいね〜。」などと言うと、「じゃあ、やくみつるとどっちが頭いい?」という感じに聞いてきます。
 “でんじろう先生”と“やくみつる”を比べた時はまだバラエティーつながりということでさほど違和感もなく、「でんじろう先生は理科に強くて、やくみつるは漢字に強いね。」と軽く答えておきました。
 でも、この前は宇宙飛行士の野口さんと比べさせられ、そういう“正統派で優秀な人”とやくみつるを比べるのって、ちょっと難しい・・・。
 「すごさの分野が違うからねぇ。野口さんはたくさん真面目に勉強して訓練もして、宇宙に行けたんだよね。やくみつるも物識りだよね。物識りというのも生きていく上で大事なことだよ。」などと言った気がします。
 横で母が「でも、やくみつるって、オタクなんでしょ?それ聞いた時、ガッカリしたわ。」なんて言っていたけれど、私は「社会性のあるオタクならいいんじゃない?社会性のないオタクは気持ち悪いけど。」と言ったような気もします。
 
 でも、“頭がいい”って、奥が深い。
 どこの学校を出ているかは特に今の時代、関係ない、と私は思います。有名大学を出ていても何も知らないおバカさんもいるし。
 テストで点をとるための技術を習得することと、本当の意味で勉強して知識を得ることとは違うからなぁ。
 先日もニュースで、今の学生は感想文や論文を書くのに、“コピペ(ネットに出ている情報をコピー&ペーストして、ばれないように繋いでまとめて自分で考えたように見せること)”をするのが当たり前になっている、というのをやっていました。
 自分の学生時代を考えても決して偉そうなことは言えないけれど、それでは意味ないな、単位が取れるという結果が欲しいだけであって、と思います。
 今になって思うのは、大事なのは結果ではなく、過程なのだということ。
 スポーツの世界などではよく自分に厳しい人が「大事なのは結果ですから。」と言っているけれど、私はそうは思わない人。
 スポーツでも何でも、結果よりもそこにいくまでの過程が大事だと思うのです。これは意見が分かれるところでしょうけれど。

 なんだか、“やくみつる”から始まってこんな話にまでなりましたが、いわゆる芸能人で私が賢いなと思う人で今すぐに思い浮かぶのは、伊集院光、先日亡くなった飯島愛さん、はるな愛、若手ではベッキー。
 学歴だけ見れば、大卒はベッキーくらいで伊集院光も飯島愛さんも中卒だけれど、伊集院光は物識りだし、飯島愛さんは頭の回転が速かったし、はるな愛やベッキーは場を読んで自分の立ち位置を判断するのが上手だと思います。
 学歴に関係なく、才能や本当の意味での頭の良さ(賢さ)があれば這い上がれるところは、芸能界の良いところですね。
 
 さて、ハリボーはあと何人とやくみつるの頭の良さを比べることやら…^_^;

  
コメント(0)mederu日記
ちょこっとチョコのご紹介♪
 3日間お休みをいただきまして、行ってきました!『2009年春のギフトショー』。
 今回も広い会場を歩きに歩いて、良いものをたくさん発掘してきましたよ!随時店頭に並びますのでどうぞお楽しみに〜♪
 ギフトショーについては、『新製品コンテスト』や『女性のハートをキャッチするギフトグッズコンテスト』の結果が出てからまた改めてご報告したいと思います!

 ということで、今日はちょこっとチョコ関係の商品をご紹介♪
 乙女や男子にとっての一大イベント“バレンタイン・デー”ももうすぐですね♥
 我が家の男性陣にはあまり縁のない行事なのだけれど、今年も収穫薄かしら!?

 先日、ハリボーのクラスで席替えがあったらしく、隣になった女の子が「○○君(ハリボーのこと)の隣、ちょっと嬉しい。おもしろくて毎日が楽しくなりそう。」と言ってくれたのだそうです。ハリボーが鼻の下を伸ばして、嬉しそうに話してくれました。
 ハリボーの地味な面白さを理解してくれる女の子もいるんだ!と親としても嬉しいことでした。
 でも女子は本命の男子にはそこまで素直に言わないものです。きっと単純に“面白い男子の一人”という位置づけなのでしょう。
 ハリボー、がんばれー!!(本人はまだモテるモテないには全く興味なさそうですが(^.^))

 それでは、まずは手作り派のためのグッズから…。
(左)チョコレートモールド 税込189円
(右)クッキー型(ガーベラ) 税込472円
クッキー型のサイズ:約4.2cm×4.2cm
 モールドにチョコを流して固めれば、かわいい立ち姿のウサギさんチョコの出来上がり!
 ミルクチョコ、ホワイトチョコ、ストロベリーチョコ、ナッツ入りなど…、味もカラーも色々作って詰め合わせるとかわいいですね!
 ガーベラの形をしたチョコクッキーやバタークッキーに少しだけチョコをかけてプレゼントしてもかわゆいですよ(#^.^#)


ラッピング用のかわいい袋やシール、バレンタインカードも揃っておりま〜す♪









 お次は、当店人気の定番チョコ。
 ちょっぴり大人な彼には、ベルギー生まれのカフェタッセチョコレートはいかが?
 フランス語で“コーヒーカップ”を意味する“cafe−tasse(カフェタッセ)”のチョコレートは、コーヒーとのフィーリングを追求したコクのあるおいしさとまろやかさの生きたチョコレートです。
 缶入りや5種の味の詰め合わせは、プレゼントにも最適♪
(上)5種詰め合わせ(15P) 税込1,050円
(下)2種詰め合わせ 缶入り(12P) 税込1,050円
 5種詰め合わせは、ミルク、ビター、カカオ77%、コーヒー、カフェオレの5種類の味を楽しめます。
 缶入りは、ミルクとビターの2つの味の詰め合わせ。
 どちらも一枚一枚、コーヒーの横に添えるのにピッタリなサイズです。





 常連さんに人気のバータイプもレジ横に並んでおります!
 カフェタッセファンのお客様は品切れの時、「船、まだ?」と遠くベルギーからチョコを乗せて来る船を心待ちにして下さっていましたよ(#^.^#)
(左)ミルクチョコレートバー 1本税込350円
(右)ビターチョコレートバー 1本税込350円



 今年も、イタリア生まれのカファレルチョコレートもかわいく入荷です!
カファレルチョコレート きのこポット 各税込1,575円



  
コメント(0)mederu日記
物件探しの思い出。
※明日2/3(火)〜2/5(木)までの3日間は、仕入のためお休みです。

 明日から、年に2回の国際見本市「ギフトショー」に行ってきます。
 半年間の商品構成を決めるといっても過言ではない大事な商談の場なので、気合い入れて行ってきます!

 ところで、昨日メールの整理をしていたら、オープン前にGARANDESIGN(ガランデザイン)の中村さんとやり取りしていたものが出てきました。
 私が物件探しをしている時のもので、「大山はやめて、仲宿というところにしようかと思っています。○○分間に△△人以上の人が通るところです。」とありました。
 そういえば、リサーチ、やったなぁ。
 自宅から自転車で通える範囲にターゲットを絞って、道に立って、ひたすら通行人の数と性別と年代を正の字で書いてデータを集めました。古典的なやり方です。
 大きな岐路に立たされた時にはどちらかというと直感で行動するタイプの私ですが、具体的な目標が定まるとその後はコツコツと下調べやデータ集めをしてから決断していくほうなのです。
 不動産屋巡りはもちろんのこと、区役所に行って人口の動きなども調べたり。

 物件探しで印象に残っているのは、不動産屋の態度が色々だったこと。
 大山(仲宿の隣町)のある不動産屋では、私の外見をちらりと見るなりやる気なさそうに、「あなた一人でやるの?商売の経験は?」と聞かれ、経験がないと言うと「無理よ。ここはアーケード代も高いしね。」とあっさり切り捨てられました!予算も何も聞かないで。
 そりゃー、小っこいし、頼りなさげな外見ですけど、やる気はあったんですよ!もう少し話し聞いてくれてもよかったんじゃない?どんな商売人だって、最初始めるときは初めてなんだから。
 大山は若手の新参者には冷たいなぁと思いました。大山の商店街がチェーン店ばかりになった背景には、不動産屋の態度が関係しているのでは、と今でも思っています。

 それに比べて今の仲宿の不動産屋のおじさんは違いました。
 既成概念なく、見た目で判断することもなく話しを聞いてくれ、今の大家さんと交渉もしてくれました。
 後から聞いた話では、大家さんも最初私を見たときには“この娘で大丈夫かしら?”と思ったそうです。いや、決して見た目が若く見えるとかの自慢話しじゃありませんよ。
 前にも書きましたが、口を開かないで一見すると、大人しく、小柄でひ弱そうで守ってあげたくなるようなタイプにどうやら見えるらしいのです。
 しかも、次に会ったときには主人とまだ保育園児だったハリボーの手を引いていたので、大家さんは不動産屋さんにこっそりと「あなたどうしたの?無理にきまっているじゃない!まだ小さい子もいる奥さんに商売なんて、無理よぉ。」と困り顔で言っていたそうです。 
 でもその時も不動産屋のおじさんは、「分かりませんよ〜。今の若い人は。」とプッシュしてくれたのだそうです。後から「そんなこと言ってたんだよ〜(^.^)」と教えてくれました。
 それで大家さんも最初は渋々契約書に判を押してくれたと思うのですが、お店が始まってすぐに心配は消えたようです。
 GARANDESIGNの中村さんや親戚のおばも挨拶に行ってくれたりして、「強力な助っ人がちゃんといるのね。」と言っていましたし、お店の前に路駐していた車に私が「店開けるのでどいてもらえませんか?掃除もあるので、10:00以降は停められると困ります。」と言っているのを聞いていて、「あなた、しっかりしてるわー。言うことはちゃんと言ってたわね。安心したわ。」と言われましたので。
 今では、かぼちゃの煮物や焼き芋などを差し入れしてくれる母のような大家さんです(#^.^#)

 そんなこんなの思い出の残る物件探しでした。
 
 あ、あと、2006年3月末に私が中村さんに出したメールで、「(秋頃と言っていたけれど)オープン時期を早めようかと思っています。6/17あたりにしようかと…。」と連絡していて、中村さんがいきなりの日程の短縮に驚きの返信をしていました(*_*)
 オープン日程については、“グズグズしていてもしょうがない。早めに開いちゃお!”と直感に近い勢いで決めたのでした(^^ゞ
 こんな私の勢いについて来てくれた中村さんには本当に感謝です!!

  
コメント(0)mederu日記
timpani(ティンパニ) 新作のご紹介♪
 昨日の日記だけ見ると、屋台かと思われそうですね(^^ゞ 風が強く、雨が斜めに降るような日は、外に出している商品が濡れてしまうので臨時休業させていただくことがありますのでご了承下さい<(_ _)>
 今日も風はびゅんびゅんですが、空は雲ひとつない青空です!
 我が家の苺ちゃんたちもこんなに元気にかわいい実をつけています。甘くておいしいんですよ〜♥



 さて本日は、春の企画展『春色の雲にのって。。。』にもご参加いただくtimpani(ティンパニ)から、新作バッグやぽってりがまぐち、カードケースにブックカバーなどが届いてまいりましたのでご紹介します♪
 今回もtimpaniテイスト満載です!
 timpaniさんは、がま口ならがま口を、ブックカバーならブックカバーを一気に10個とか、ダダダ…ッと作るそうです。
 一つ一つ、丁寧に、繰り返し作業でチクチクと縫い上げている姿を想像すると、まさに職人!
 それでは、timpaniさんの職人技をとくとご覧あれ〜(#^.^#)

小さな刺繍のバッグ 各税込6,800円
サイズ:縦(持ち手含まず)27cm×横36cm×マチ幅8cm
※黒のチェックはsold outとなっております。
一見シンプルなバッグですが、実物を見ると、その仕立ての良さと、さりげないのにしっかりとアクセントになっている刺繍に目を奪われます!
上部の布の切り替えやタックを入れた形もありそうでないデザインです。
使いやすいサイズも嬉しいですね。




中布もかわいい一品です♪
ポケットや入れ口ホックも付いていて便利なところも嬉しいです(^.^)



ぽってりがまぐち〜森へかえろ〜 各税込2,520円
※グリーンはsold outとなっております。
 timpaniさんがこの作品をイメージして書かれた詩をご紹介します。
「冬晴れの青い空 澄み切った空気 遠くに連なる雪の山 木枯らし吹いて 寒い 寒い 急に恋しくなる我が家 おうちへ帰ろ あったかい 森へ帰ろ ・・・」
 白い小鳥になったような気持ちになるあたたかい詩ですね。
 森のあたたかさを表現するために、木々には数色の色を取り合わせて刺繍されたのだそうです。





各種カードケース 
「てんとう虫」 税込1,680円
「森へかえろ」 税込1,890円



こちらは、ぽってりがまぐちと同じ「森へかえろ」シリーズのカードケース。
背面にも刺繍が施してあるのが嬉しいです(#^.^#)



こちらは元気の出そうなてんとう虫シリーズ!
たまったポイントカードをスッキリかわいく収納しませんか?




てんとう虫と四葉のクローバーって、どうしてこんなにお似合いなのでしょう(#^.^#)



各種ブックカバー
timpaniのブックカバーは、オープン当初から人気のある定番アイテム!
春夏秋冬、四季に合わせて持っていたいですね♪
「色づく森」(グレー) 税込2,520円
「クローバー」 税込2,100円


中はかわいいドット柄。


栞のパーツもそれぞれ違います(^.^)




 その他にも、「ウールツリー」(税込2,310円)や「キラキラコトリ(冬)」(税込2,520円)も入荷しております!

  
コメント(0)mederu日記
営業中です。
 本日、15:00より営業しております。

 天候不良により臨時休業しておりましたが、風がおさまってきたため午後3時より営業しております<(_ _)>
  
コメント(0)mederu日記
ハリボーのシミュレーションとこれぞ板橋。
 昨日、ハリボーが少しはにかみながら、「僕、前に出るの恥ずかしい…。」と言ってきました。話を聞くと、書き初めで金賞と銀賞をとった子達が朝会で前に出て表彰されたそうです。
 ん?ちょっと待った!ハリボーは賞なんかとっていないはず!?
 先日の授業参観でも見てきたけど、ハリボーのは普段よりも下手っぴで、ハリボーは最初しきりに「名前が失敗しちゃって。」と言っていたけれど、私が「う〜ん、名前だけじゃなくて全体的に…いつものほうが上手だったな。がんばったならいいんだけどね。」と正直な感想を述べると、「だって、高級な鉛筆って、書きづらいんだもん…。」と、書き初め用の高級鉛筆のせいにしていたはず。
 ということは、受賞してもいない賞の表彰を見て、“自分だったら前に出て表彰されるなんて、恥ずかしい”とあつかましくも思ったということになる。
 最初、負け惜しみで言っているのかと思って、「だから、賞をとらなくてよかったっていうこと?」と聞くと、「ううん。賞はとりたかったけど…、前に出るのは恥ずかしい(#^.^#)」と、本当に恥ずかしそうにはにかんでいました。
 ハリボーって・・・。賞をとって、表彰されてから言って欲しいわ(-_-;)
 でも、人のことを見て、自分だったらどんな気持ちになるだろう…?と想像して、頭の中でリアルにシミュレーションしてみるところって、似てるかも、私に…。
 私はどちらかというと、ニュースなどで流れるネガティブな出来事を想像してシミュレーションしてみるのだけれど、ハリボーはこういうところは意外にポジティブなんだなぁ。

 話は変わって、商店街組合の広報誌や回覧板で回ってきた記事に“おお!板橋らしい!”と思えるものが載っていたので、紹介しちゃいます♪
まずはこちら↓


「仲宿商店街 そうめん流し 8月」と書いてあるけれど、どう見てもこの写真は、「どじょうつかみ大会」のもの。
 こんな足元で、しかも子どもたちが皆手を入れている水を流れてくるそうめんなんて、食べたくない。
 記事を書くときに気づきそうなものを…。それとも、仲宿商店街の人たちなら、どんなんでも食べるだろう、と思ったのか!?

お次はこちら↓



「女性部 ファッションショー」。板橋区らしい“ファッションショー”です。
 私も20年後、載っているかも!?

最後はこちら↓
「板橋音頭」の歌詞。記事は、覚えるための講習会のお誘いでした。




板橋のお祭りにたまに登場します。
 
二番の歌詞:「今も栄える ヨイトコラサッサ 縁切榎 どうぞ見ないで 二人の仲は 恋もはじめの 一里塚 トコ イタバシ イタバシ 一里塚」
 板橋区民でない方に少しご説明すると、ここに出てくる“縁切榎(えんきりえのき)”というのは、板橋区では有名な榎の木で、この木に祈ると、男女の縁が切れるという、ありがたいような、ありがたくないような木なのです。
 少し薄気味悪いような名所ですが、私は毎日前を通っていますし、「縁切榎のところを曲がって…」とか「あの、縁切榎のマンションに住んでる友達が…。」などと、日常の会話にも頻繁に出てきます。
 歴史は古く、徳川家に降嫁の五十宮、楽宮の行列はここを避けて通ったそうです。
考え方次第で、悪縁や病気などの悪いことから縁を切る、と解釈し、地域で愛されている名所です。
 でも、暗くなってから真剣に拝んでいる女性の姿を見ると、“よっぽど縁を切りたい人(ダンナ?)がいるんだろうな…。”なんて思います。
 ちなみに“一里塚”は、江戸幕府が整備した中山道の一里塚が板橋区にはあります。

五番の歌詞:「伸びろバイパス ヨイトコラサッサ 走れよメトロ 肩を寄せあう 団地の夜に 夢をうつして 星がとぶ トコ イタバシ イタバシ 星がとぶ」
 板橋の象徴である地下鉄と団地を入れたかったのでしょう。やや意味不明でアバウトな出来具合のところが板橋らしくて好きです♥

  
コメント(0)mederu日記
みずたま帽子 新作ステーショナリーのご紹介♪
 今朝、『朝のヒットスタジオ』で“イモ欽トリオ”が『ハイスクールララバイ』をフルコーラスで歌ってくれました!
 あまりの懐かしさに目が釘付けになりました(*_*)
 “イモ欽トリオ”なんて言っても、今の若い子たちは知らないでしょうね。「こんなに 好きなのに つれないなぁ なあ〜!」なんて。
 28年という歳月で三人ともそれなりに年を召されておりましたが、欽ちゃんファミリーの醸し出す“健全さ”は健在でした。
 私はワルなのにちゃめっけのあるワルオの西山浩司さんが好きでした。今日も朝からあの、“伸ばして手を離すと元にもどるリーゼント”芸を披露してくれ、大満足でした〜\(^o^)/

 さて、そんなごきげん気分で本日ご紹介しますのは、ポストカード展や5月には個展も開催予定とのことで大忙しな『みずたま帽子』さんから、新作ステーショナリーたちが届いておりますのでご紹介します♪
 バレンタインにピッタリなカードやペーパーバッグ、人気のお姫様カードなどなど…多数入荷しております!
 それでは、かわいく優しくメルヘンチックな雰囲気漂うみずたま帽子の世界をどうぞ〜(#^.^#)

ギフトカード 
「ブランコの女の子」、「ケーキ作り」 1枚 税込347円
「お姫様」 1枚 税込368円
かわゆいパティシエが大きなケーキを作っているイラストは新柄です!
人気の「ブランコの女の子」と「お姫様」は、シンプルな2つ折になって再入荷♪


裏側にもイラストが♥全てシール付きです♪


「お姫様」カードを開くと、こんなかわいいイラストとメッセージが!
※「ブランコの女の子」と「ケーキ作り」の中は白紙です。



ミニギフトカード 1枚 税込210円
小さなミニカード。お誕生日やバレンタインカードとしてぜひどうぞ!
「コトリに花束」も再入荷しておりまーす。



ペーパーバッグ(6枚入り) 各税込315円
サイズ:16cm×11.5cm
こちらはペーパーバッグの新柄「ネコと風船」と「レースと小鳥」。
手作りしたチョコをちょこっと入れてみては?
定番人気の「マトとお茶」も再入荷しております♪



ポストカード 1枚158円
「ホームメイドチョコ」と「ネコと風船」が新柄初入荷!
定番人気の各種ポストカードも再入荷しております♪



新入荷 レターセット「ネコと風船」 税込441円
しっぽに風船を付けてふわふわと街並見物のネコちゃん。
定番人気の各種レターセットも再入荷しておりますよ♪



  
コメント(0)mederu日記
色々なタイプ。
 昨日は、ハリボーの授業参観が一時間だけあったので行き、あとはインドアで過ごしました。
 授業参観でのハリボーは、相変わらず自分から手を挙げることなく地味にやるべきことをやっているという感じで、今回も出番なく終わるのだろうと思っていたら、いきなり先生に指されていました。(フフ…指されてる…(-.-)と見物しました。)
 指されれば指されたで、特に動じることもなくこなします。特に面白いこともなく。
 ハリボーは、自分とは全く違うタイプなので理解に苦しむ時があります。それが面白い時もありますが、たまに見ていてイライラしたりもします。だいぶ慣れましたが…。

 でも本当に、色々なタイプの子がいます。
 とりあえず手を挙げていざ指されるとどぎまぎしちゃう子もいれば、自信がある時だけ手を挙げる子(一番普通の反応?)、よそ見していて聞いていなそうな子、何か違うことをやっている子、分かっているけどあえて自分からは行動を起こさない子(ハリボーがこのタイプ)など…。
 
 授業が終わって休み時間になると、「お母さん!」と嬉しそうに寄ってくる子は見ていて可愛らしいです。
 ハリボーは、すぐには来ません。でも、気にはなっているようで、じりじりと近づいてきて、私が掲示物を見ていたりするとタイミングを見計らったかのように「何見てんの。」と言ってきたりします。
 昨日はその後、ハリボーはトイレに行ったようで、トイレの中から私が他のお母さんと話しているのが聞こえていたらしく、帰ってから「今日、こんなこと言ってたでしょ。トイレの中まで聞こえてたよ。」と言われました。きっとトイレの中で“お母さん、またあんなこと言ってるよ。”なんて思っていたのでしょう。

 授業参観の後は、ご飯と味噌汁だけ用意し、家でゴロゴロくつろぎモード。
 先週も先々週も展示会や仕入れでちゃんと休んでいなかったので、昨日は完全にスイッチオフ!気づくと、1時から4時まで3時間も寝ていました!自分でもビックリ(*_*)
 たまに「いつ休んでるんですか?」なんて聞かれるけれど、こういう時に休んでます。
 「休みが少なくて大変ですね。」ともよく言われますが、それはそれ程大変じゃありません。普段の仕事は、あまり仕事をしているという感覚がないというか…、趣味でやっているのとは違うのですが、仕事が日常というか、仕事をしているほうが気が楽というか…。やりたくないことを仕方なくやっているわけではないし、それもきっとそういうタイプなのだと思います。

 そうこうしていたらハリボーが帰ってきました。
 すぐに『ブラックジャック』を見たがりましたが、宿題などやるべきことをやってから!と言い、渋々宿題をやり始めました。
 宿題では、「漢字の書き取り 2回まで」というのが出ていて、ハリボーは1回しかやっていなかったので、どういうことか聞くと、2回までやってもいいってことで、1回でも問題ないと言います。
 そこで私の導火線に火がつきました。「2回まで、と書いてあったら2回までやりなさい。なるべく多いほうを選びなさい。楽なほうと大変なほうがあったら、大変なほうを選びなさい。楽なほうを選ぶ人は、お母さん大嫌いなの。」
 最近の風潮、“なるべく(余分な)勉強をしないでいい学校に入るほうが賢い”“なるべく楽してお金を稼げるほうが偉い”という考え方が大嫌いなので、それに繋がるような気がして…。
 ハリボーは1回やって満足していたので最初は「いいんだよ!」と言っていましたが、そこは私も譲れないところなので、繰り返し言いました。
 ハリボーは悔しそうに階段を降りていったので放っておいたら、ガチャッと玄関のドアを開ける音がして、その後すぐにまたガチャッと音がして、ハリボーが上がってきました。
 私が「どうしたの?」と聞くと、ハリボーは「お母さんが出て行けって言ったから出て行った。」
私:(あれ、プチ家出だったのか…と思いつつ)「出て行けなんて言ってないでしょ?」
ハリボー:「だって、大嫌いだって言ったから、それは家を出て行って欲しいということでしょ?」
私:「楽なほうを選ぶ人は大嫌いだと言ったけど、ハリボーはそういう人じゃないでしょ?それともそういう人なの?」
ハリボー:(首を横に振る。)
私:「じゃあ、いいじゃない。早く2回目やっちゃいな。」
 
 そして、2回目をやり終えたので誉めて、「分かった?今度から、なるべく多いほう、大変なほうをとるんだよ。」と言いました。
 次からは、たぶん多いほうを選んでくれると思うのですが・・・。
 でも私、なぜ多いほうを選ぶといいのか、という肝心なことを言っていませんね。
 後からハリボーの前で姉にその話をした時に姉が「そうしたほうが、ハリボーのためになると思うよ。」と言っていたのを聞いて、ハッとしました。
 そこで便乗して「自分のためにもなるし、人のためになったりもする。人のためになることは、また自分のためにもなるし。」と付け加えておきました。
 躾や教育って、難しい…。こちらも人間だから完璧にはいきません^_^;

 それにしてもハリボーって、勝手に悲観的方面に拡大解釈してイジケルところがあるなぁ。
 その話を姉や夫にもしたら、“そういうところ、あるある。”という反応でした。
思春期になったら、面倒臭そう。本当に1〜2度家出するかも。したらしたで大したもんだけど。
  
コメント(0)mederu日記
箱入りキーホルダーのご紹介♪
※明日1/27(火)はお休みです。

 朝青龍、優勝しましたね。
 彼のファンでも大相撲のファンでもありませんが、見ていてちょっと面白いなぁと思います。
 西川史子やDAIGOとはまた違い、ファイターとして見て。
 相撲協会にいないで、K1などの総合格闘技に転向して欲しいです。そして、子どものような天真爛漫さと傲慢さと我がままぶりを遺憾なく発揮して、リングで暴れまわる姿を想像しています。
 引退後、お店経営のほうなどにまわったら、がっかりです。

 さて本日は、箱入りキーホルダー3種をご紹介します♪
 それでは早速いきましょー!
箱入りキーホルダー 各税込1,050円
箱入りなので、ギフトとしてもお選びいただいてます(^.^)
こちら(↓)は朝食メニューの定番、トーストと目玉焼きがキュート♥


こんな風に箱入りです♪



こちら(↓)も変り種!「MY PET」と書かれたバッグを開けると…中にはネコちゃんが!
ネコ好きさんにはたまらない仕掛けですね(#^.^#)





こちら(↓)は定番人気のモチーフ“エッフェル塔”。
何故か日本人は、フランス国旗のトリコロールカラーとエッフェル塔に目がない国民。かくいう私も。。。です(^.^)



  
コメント(0)mederu日記
春の企画展の打合せ。
 昨日は閉店後、春の企画展の打合せをしました。
 メンバーは、atelier MIKA(アトリエミカ)さん、choco*to momo.(ちょこっともも)さん、timpani(ティンパニ)さんと、わたくしオーナーとしとしです♪
 場所はmederuから程近く、以前から何回か訪れている『ピアンタ仲宿店』。
 今回の目的はあくまで打合せであるため、オーダーが楽な4人分のコースセットをたのみました。
 
 会うのは昨日が初めてという方同士もいらしたので、まずは自己紹介からはじめ、「お互いに“何歳なんだろう?年上かな?年下かな?”と気になりながら話すのも難なんで、年齢も言っちゃいましょう!」ということにしました。…20代の若者はいなかったとだけ言っておきましょう。
 自己紹介が終わる頃、前菜3種盛り合わせが届きました。↓



 最初は食べるのも忘れ、企画展の名前を決めるのに話し込んでしまったのですが、ちょこっとももさんの「これ、食べないと次きませんよね?」という一言で食べ始めました。
 企画展の名前を決めるまでにはこんな会話がありました。

としとし:「昨年は『ほわり、ふわり、ふたり。展』で、今年は3人展ですね。3人、から連想すると、私はキャンディーズか3匹の子ブタしか思い浮かばないんです…。『ほわり、ふわり、さんにん。展』はだめですよ。ふざけるな、と言われますから。」
ティンパニさん:「う〜ん。・・・」と言ったきり、考え込みモードに突入。ティンパニさんは考え込むと、斜め上を見つめたきり、動かなくなります。
ちょこっとももさん:「“春”でいくか、“3人”でいくか、具体的な名前でいくか、抽象的な名前でいくかで変わってきますよね。」
としとし:「mederuの中では、“春の企画展”なんで、やっぱり“春”ですかね?」
・・・(しばし皆で考えモード)・・・
ちょこっとももさん:「春で思い浮かぶのは、“春うらら”しかでてこない…。キャンディーズの歌でありましたよね、春の歌。」
としとし:「キャンディーズの歌は“春一番”?」
ティンパニさん:「“春うらら”って馬、いますよね?」
アトリエミカさん:「競馬でいますね。」
としとし:「“春うらら”を使うと、今は競馬のイメージのほうが強くなっちゃいますよね。(“春一番”だと、猪木の真似するお笑い芸人のイメージが強いのは私だけ?と心の中で思っていました。)」
ちょこっとももさん:「“春うらら”って、何でしたっけ?」
アトリエミカさん:「何かありましたよね。」
・・・(再び考えモード)・・・この間にもサラダがきたり、ピアンタ名物の“モッツァレラとトマトをはさんだ串焼きガーリックトースト”がきました。↓
サラダは画像撮り忘れ!



アトリエミカさん:「私は春と聞いてさっきから、松田聖子さんの“赤いスイトピー”しか出てこないんです。『春色の汽車に乗って…』と。」
としとし:「あ!いいかも!『春色の汽車に乗って』!」
ティンパニさんちょこっとももさん:「いいですね!」
アトリエミカさん:「あ、でも著作権の問題とか?」
ティンパニさん:「大丈夫でしょう〜!」
としとし:「歌詞に使ってるわけでもないし、板橋の小さな店の企画展の名前に使うぐらい〜。…でも訴えられたりしたら、イヤですね。」(小心者の私たち・・・)
ちょこっとももさん:「本物の歌詞が漢字のところを平仮名にしたり、ちょこっと変えれば大丈夫なはず!」
としとし:「でも、本当の歌詞がどんな漢字を使っているか分からないですよね。カラオケに行って確認するとか?(冗談で。)」
ちょこっとももさん:「あ!私の友達に松田聖子の熱狂的なファンがいる!毎年自分へのご褒美にディナーショーに行ってる子。」
としとし:「その友達に聞きます?歌詞。」
ちょこっとももさん:「それか、汽車の部分を何か他のものに変えるとか。風とか?」
皆:「『春色の風にのって』・・・これもいいかも!」
ちょこっとももさん:「雲とか?目の前に雲の絵があるから(ピアンタの壁に描いてある)。」
皆:「『春色の雲にのって』・・・いいですね!」
としとし:「雲に乗って作品が運ばれてくる、みたいなイメージで!」
皆:「じゃあ、決まり!『春色の雲にのって』で!あとはどこを漢字にするかですね。」
ちょこっとももさん:「“春色”はそのまま漢字で、雲は?平仮名にします?」
としとし:「でも平仮名で“くも”だと昆虫の蜘蛛っぽい?」
ティンパニさん:(メモを見せつつ)「『春色の雲にのって…。』でどうでしょう?」
皆:「いいですね!“のって”は平仮名で。」
ちょこっとももさんとしとし:「最後はやっぱり“。。。”がいいですよね。」
ティンパニさん:「ピリオド3つじゃなくて?」
ちょこっとももさんとしとし:「句読点の“。。。”がかわいいですよね♪」

 ということで、長くなりましたが、春の企画展は題して『春色の雲にのって。。。』に決定しました\(^o^)/\(^o^)/

 名前を決めるだけのちょっとした会話でしたけど、こうやってまとめてみると案外、紆余曲折あるものですね。
 今回はアトリエミカさんの“赤いスイトピー”が突破口でした!
 期間は、3/8(日)〜4/5(日)の約一ヶ月間の予定です♪
  
 打合せはその後も、次々と出てくる料理を頬張りながらあれやこれやと、もちろん、関係ない話に脱線しつつ話し合いました。
 ちょこっとももさんとアトリエミカさんは、食感の好き嫌いが似ているようで、「ムースはいいけど、ババロアはダメ。普通の羊羹はいいけど、水羊羹はダメ!」と言い、ティンパニさんと私は「分かりませんね〜。」とか、芸能人のこととか、富士登山のこととか…色々です。

 小食が一人もいない4人でお腹一杯食べて、コーヒーも飲んで、一人2,770円は「安い!」と皆さん驚いていらっしゃいました。やはり、板橋価格!?↓









 あと、思ったこと。
 先日この日記でも書いた小説『対岸の彼女』の背表紙の言葉「結婚する女、しない女、子供をもつ女、持たない女、それだけのことで、なぜ女どうし、わかりあえなくなるんだろう。」は、目的を同じくした集まりの場合、関係ないな、ということ。
 だって、昨日のメンバーも、結婚する女、しない女、子供をもつ女、持たない女の集まりでしたから。

 春の企画展については、また色々と決まり次第、順次お知らせしま〜す(#^.^#)

  
コメント(0)mederu日記
ニューフェイス!YUZU(ユズ) ハンドメイドアクセサリーのご紹介♪
 今日は昨日と打って変わってぐぐっと冷え込み、初雪(?)もチラチラと舞いました。
 仙台にいた時はこの時期、毎朝車に積もった雪降ろしをしていたな〜と懐かしく思い出しました。
 東北の人はよく「仙台は雪は降らない。」と言いますが、東京生まれの私にしてみたら、「降るじゃん!」でした。雪、嫌いじゃないですけどね(^.^)

 さて本日は、新しくmederuのお仲間となりました、作家名『森田ゆず』、ブランド名『YUZU(ユズ)』による、ハンドメイドアクセサリーのご紹介です♪
 森田さんは北九州市にお住まい。初めての九州発のお仲間です\(^o^)/
 2005年からブランド名『YUZU』として本格的な活動を始められ、現在は全国の雑貨屋での作品販売、自宅アトリエでのアクセサリー教室の開催、福岡県を中心とした各種催事など、精力的にご活躍されています。
 『YUZU』のアクセサリーは、“女性らしくノスタルジックな雰囲気の漂う作品”をコンセプトに、天然石やヴィンテージ、オリジナル樹脂パーツやレース、フェルトなど、セレクトした様々なパーツを使って制作されています。「装いのアクセントになるような作品をご提案できれば…。」との思いが込められています。
 
 それでは、ノスタルジックでエレガントでガーリーなYUZUの世界をどうぞ…。

(左)鍵とローズのネックレス 税込3,780円
天然ローズコーティング、スワロフスキー(クリスタルドロップ)使用。
(中央)天然シェル手彫りローズのネックレス 税込3,780円
(右)天然石アマゾナイト手彫りローズのネックレス 税込2,520円
※(右)のアマゾナイト手彫りローズはsold outとなっております。
本日店頭に並べて、早速のお嫁入り♪
アンティーク調の鍵と赤いバラに、シェルや天然石を使った手彫りローズは、どこか古きヨーロッパを思わせる雰囲気。



(左)トーションレースと鍵のリング 税込1,890円
(中央)フィリグリーフラワーと小鳥のリング 税込1,890円
(右)ホワイトレースと小鳥のリング 税込1,890円
レースやパール、ガラスパーツなどを使ったガーリーなリングたち。
一つ着けるだけで、女性らしい手元を演出できますよ♥





(左)忘れな草とスワンのネックレス 税込2,100円
(中央左)かすみ草とリンゴのネックレス 税込2,100円
(中央右)ヴィンテージマーブルストーンのネックレス 税込1,890円
(右)ミルキーピンクドロップのネックレス 税込1,890円
左側の2つは、押し花とパーツを樹脂で固めたもの。アンティーク調で落ち着いた雰囲気です。
右側の2つは、上品なピンクが印象的なネックレスです。



(左)レースとピンク珊瑚のブレスレット 税込1,890円
天然石キャンディージェイド、竹さんごピンク染め使用。
(右)パールクロッシェのブレスレット 税込2,940円
レースやパールで女性らしい、存在感あるブレスレット。
パーティーなどでも活躍しそうです♪



<各種ピアス>
遊び心あるデザインからエレガントなデザインまで…
(左)トランペットとピンクフラワーのピアス 税込1,470円 
※こちらはsold outとなっております。
(中央)ホワイトジェイドのイヤリング(天然石) 税込1,680円
(右)淡水パールとリーフのピアス 税込1,680円



(左)スワロフスキーシャンパンブラウンゴールドのピアス 税込1,470円
(中央)キャンディージェイドのピアス(天然石) 税込1,470円
(右)ホルンとアクアフラワーのピアス 税込1,470円



  
コメント(0)mederu日記
これってどうなの〜?
 この日記(ブログ)を見ている知人の独身男性からの今年の年賀状に「ハリボー君のことを読むと、自分の子どもか孫のような気持ちになります。」とありました。
 遠方から見守っていただいていて、ありがとうございます(#^.^#)

 ところで、ハリボーが家庭学習でやっているドリルはたまに、“これってどうなの〜?”です。
 まずこちら↓


「どうして はなくそが 出るのでしょう?」から始まり、長々とはなくそについて書かれています。
 ハリボーがこれを読んで喜ばないわけがありません。そして、同じことが書いてある文を選ぶのですが…


 正解は1と4。3番の「はなの中で はなくそは つくられます。」も間違ってはいない気がしますが、選ぶと不正解になります。
 もちろん、ハリボーは最初ふざけて、5番の「はなくそは そのまま まるめて なげすてるものです。」にも○をしました。消させました。

お次はこちら↓


 5番の文「かみのけは、まい日ぬけると はげるかもしれません。」は、抜け毛を気にしている人には酷な文章です。真面目に淡々と述べられると。
 ちなみに、3番の文は正解なのですが、「かみのけは、ちゅうがくせいの せのたかさぐらいのながさになることがあります。」というもの。なぜ中学生?分かりやすいような、分かりにくいような…。

 お次は、独断と偏見で“ゆうれい”と“おばけ”を定義づけています。


 1.「『しにたい。』とおもっている人は、しんでから ゆうれいに なります。」を選ぶと不正解で、2.「『まだ しにたくない。』とおもってしんだ人が、『うらめしい…』とでてくるのが ゆうれいです。」が正解。
 “おばけ”は人間がつくったもので、“ゆうれい”は作らなくてもいるもので、ばけものは人間がものを粗末にしたときに出てきます、と言い切っています。
 まぁ、この文章が正しいとか間違っているとかが問題なのではなく、あくまで“こう主張している文章を客観的に読んで設問に答えること”が問題なのでしょうが…。
 ハリボーは下ネタ以外の内容は淡々と読んで答えています^_^;
  
コメント(0)mederu日記
お子様グッズのご紹介♪+昨日のこと。
 今日はまず初めに商品のご紹介を…。
 見ているだけで頬がゆるんでしまいそうな、お子様のグッズのご紹介です♪
まずはこちら!
『乳歯入れ』 1コ 税込525円
サイズ:4.5cm×3.5cm×3cm




 ある日ポロッととれる、ちっちゃくてかわいい乳歯たち。
 「丈夫な歯になーれ!」と投げるのが一般的(?)ですが、1〜2本は記念にとって置きたい!という方にぜひどうぞ(^.^)
 こんなかわいい入れ物だったら、失くす心配もありませんね!いつか大きくなった 時に記念に渡してもいいかも!?
 出産祝いなどのプレゼントにも最適です♪

 お次は小さなお子様の食事には欠かせない、割れにくいプラスチック製の輸入食器です。
 これならまだ手元がおぼつかないお子様にも安心してお使いいただけます♪
 デザインもかわいくて、楽しく、おいしく食べられそう(#^.^#)
 便利に使えるので、大人の方がご自分用に買われることも多いですよ。
セパレートプレート 1枚 税込1,575円
マグカップ 1コ 税込683円
イラスト:Studio Marie,Paris (MADE IN THAILAND)
材質:メラミン樹脂 耐熱温度:90℃ ※電子レンジ不可。





 ここからは昨日のことを…。
 昨日は、お客様から頼まれた商品の買い付けと、青色申告のための記帳と、あるメーカーに口座を開くための書類の準備のため、区役所やら銀行やら問屋街などなどに行ってきました。
 仙台にいたときに利用していた銀行にまだ口座があり、東京ではその銀行の支店が銀座にしかないため、記帳するだけなのにこの時期には銀座へ行かなくてはなりません。税理士さんから「記帳は済ませておいて下さいね!」と言われるので。
 そして、せっかくここまで来たのだから銀座でランチをしようと思い、昭和ムードを残す店 喫茶『YOU』に入りました。(2回目)
 確か昨年もこれくらいの時期に銀座に行って、初めて喫茶『YOU』に入ったはず・・・と思い、ヤフーで「you mederu」と検索してみたら、2008年1月25日のmederu日記がトップで出てきました!ネットって、すごい…。私の過去がキーワードで検索できるなんて…ちょっと恐ろしい。。。

 昨年は、IFF(インターナショナル ファッション フェア)と国際宝飾展が同時開催で、『YOU』の後はそちらに行ったのでした。思い出しました。
 今年は先週がIFFだったけれど、他の展示会と重なったので行けず、国際宝飾展のほうは今年も何故かVIP招待券が届いていたけれど(これ、皆に届いているとしか思えない。今年はパスしたから来年はもうこないかな?)、上記の用事のため国際宝飾展はパスとなりました。
 今朝のニュースで、今年は滝川クリステルさんや真矢みきさんや夏木マリさんが日本ジュエリーベストドレッサー賞を受賞したと言っていたので、今年も行けば、滝川クリステルのモナリザぶりや真矢みきの新婚熟女ぶりや夏木マリの魔女ぶり(でも好き♪)が見られたのかも?
 でも今年はお客様からのオーダー品を仕入れることに精を出したのだから満足だわ!(^^)!

 オムライスが有名な喫茶『YOU』だけれど、今年は“カルボナーラ”にしてみました。
 ベーコンと玉ねぎを主としたシンプルな“カルボナーラ”は、私好みの味でした。↓



コーヒーには、そうそう、ホイップした生クリームが付くんだった!忘れていたから得した気分(^^♪↓



昭和の喫茶店のたたずまいも健在。↓が、しかし!ランチが1,000円→1,100円に値上がりしていたのはちょっぴり残念(>_<)



  
コメント(0)mederu日記
楽しめる道を歩もう!
※明日1/21(水)はお休みです。

 高校時代の同級生で、2005年に自分で建築設計事務所を立ち上げた友人がいるのですが、今日、久しぶりに彼のブログをのぞいて見たら、“まさに同感!”という文章が載っていました。

 「やってしまったことの後悔よりも、やらなかったことの後悔のほうが、ボディーブローのように効いてくる。」
 そして、「なぜやらなかったのか、決断しなかったのかと思い出せば、さしたる理由もなく、怠慢だっただけ、あるいは妙な私利私欲が働いたということだけなのだと、今ならよくわかる。だからこそ、じわじわと後悔をすることになり、ボディーブローとはよくいったものだと思う。」と書かれていました。

 彼は事務所を続けたまま、新たなる道を踏み出そうと決断したようです。
 最後には、「すくなくとも、予測不可能な世界に立ち向かっていくことは、既に先の見えた予測の上をあるくより、間違いなく楽しいだろう。今回の選択はむしろ実感といったほうがいいかもしれない。」と締めくくっていました。

 私の場合、今年の6月で店を始めてから丸三年。
 これまで何人もの関係業者さんに「お店は3年がんばれば、大丈夫!」と言われ、確固たる根拠もないまま、“まずは3年か。”とやってきた。
 このまま大きな変化がなければ、お店は続けていけそうだという感触を感じつつあるところ。
 2年半前、予測不可能な世界に足を踏み入れることを決断した私だったけれど、またその道が“既に先の見えた予測可能な世界”に変わるとき、何を思い、何をしているのだろうかとふと思う。

 今はまだ“新たなる決断の時”が来ていない気がするので、概ね現状維持路線でいきつつ、仕事への責任感を心に、日々の工夫に取り組んでいきたいと思う。
 でも、いつか“その時”が来たら、私も彼のように、“間違いなく楽しめる道”を歩んでいたい。
  
コメント(0)mederu日記
人気のお財布のご紹介♪
 最近また毎晩『20世紀少年』のコミック本を読んでいます。
 近所のレンタルDVD屋『GEO(ゲオ)』で借りて読んでいるのですが、10巻まで一気に読んだところで、その先がずうーっと貸し出し中だったので、読みたくても読めずにいたのです。気づけば5ヶ月間ものブランクが。
 この5ヶ月間、お店の帰りに何度GEOに足を運んだことでしょう。真っ先にコミック本エリアに行き、ガックリと肩を落としつつそのまま帰ったり、ハリボーのために『ブラックジャック』のDVDを借りたりしてきた日々…店員から見たら、“夜な夜な来るオタクな女”ですよね。。。
 でも、20世紀少年は全22巻+21世紀少年(上・下)まであるので、まだまだオタク女は続きます。

 さて本日は、当店人気の各種お財布をご紹介します♪
 本革を使った日本製のものから、リーズナブルなものまで…どれもデザイン性の優れたものばかりですよ(^.^)
 また、一部お値下げしているものもございますので、チェックしてみて下さい!
 ※今回の表示は全て値下げ前のお値段です。ご来店いただけない遠方のお客様、気になるものがございましたら、お電話かメール(shop@mederu.jp)にてお問い合わせ下さい<(_ _)>

(左)がま口フリルのお財布 税込8,295円
(右)型押し三つ折れ財布 税込5,040円 ※日本製。本革使用。
便利ながま口タイプと手のひらに収まるコンパクトサイズのお財布です。









(左)ATLAS長財布(パープル) 税込9,345円 ※日本製。本革使用。
(右)買い物カルタ長財布(オレンジ) 税込7,245円 ※日本製。本革使用。
外国の街並マップの柄や、パッチワーク調に並んだお花柄がキュートな長財布です!(^^)!


カードもたっぷり入ります!





ボタニック長財布 税込14,490円  ※日本製。本革使用。
まばゆいくらいにキラキラのお財布です(#^.^#)
葉っぱ柄の型押しが上品なアクセント♪
大きめなのでたっぷり入りますよ〜(^.^)





こちらからは、ぐぐっとリーズナブルなお値段が嬉しい各種折財布です!
画像のお色以外にも各色揃っております。
(左)ハートモチーフ折財布 税込1,490円
(右)キラキラハートの折財布 税込980円



(左)ハートキルティング折財布 税込980円
(右)キルティングリボン折財布 税込980円


折財布の中はこんな感じ↓ チャック式で使いやすいですよ♪



長財布も各種揃っております!
(左)ハートキルティング長財布 税込1,680円
(右)ハートモチーフ長財布 税込1,680円


(左)メッシュ長財布 税込1,680円
(右)エナメルリボン長財布 税込1,680円


(左)リボン長財布 税込1,680円
(右)持ち手付きエナメルリボン財布 税込945円


長財布の中はこんな感じ↓


持ち手付きエナメルリボン財布の中はこんな感じ↓



  
コメント(0)mederu日記
ちょっとした話。
 最近仕入れたミニ情報をお伝えします。
 葬儀会社勤務の人から聞いたところによると、火葬場によって焼き加減の善し悪しがあるそうです。
 「この辺では、○△□会場がいいよ。低温で一定時間かけて焼いてくれるのはあそこだけ。骨がきれいに残るよ。」と言っていました。
 高温高速よりも、低温でじっくりのほうがきれいな形で骨が残るそうです。
 でも一緒に聞いていた人は、「待ち時間を考えると、早いほうがいいよね!」と言っていました。
 実際、葬儀場の混み具合などにより、高温高速にする場合もあるそう。
 業者の火加減次第なのですね、お骨の出来具合って。
 希望がある人は、遺言を残しておきましょう。「低温低速でお願いします!」などと。
 その話を家族にしたら、姉は「私の場合、低温じっくりにしたら、脂肪がジュージュー出てきそう…。」と言っていました。

 次もミニ情報。
 年末に、青山でピー子さん(おすぎとピー子のピー子さん)を目撃したという友人との会話。
友人:「顔が小さくて、洋服も含め全身の手入れが行き届いていて、郷ひろみみたいだった。普通の人とはやっぱり違うよ。ホント、郷ひろみだった。」(この友人が本物の郷ひろみを見たことがあるのかどうかは不明。テレビで見る郷ひろみの容貌がピー子さんだったということは、本物の郷ひろみはどんなんだろう〜?)
私:「やっぱり芸能人は違うんだね。実物は皆細いよね。私達がテレビ出たら、膨張して画面からはみ出すんだろうね。」
友人:「うん。たぶんね。」
私:「おすぎはどうなんだろう?」
友人:「違うと思う。ピー子は服装もおしゃれだったし。」
私:「そうだね。“その道”の人から見ても、ピー子はかわいいんだって。おすぎはまた違うんだって。」
友人:「へぇ〜。」
私:「年末はピー子でしめたんだね(^.^)」
友人:「そう(^.^)」

  
コメント(0)mederu日記
遠藤恵美作ルームシューズ スポット入荷です♪
 今日は朝早くから、雨で延期になっていたハリボーのサッカーの試合に行ってきました。
 前回の試合で負けたチーム同士の戦いでレベルが近いということもあり、なかなか見ごたえのある好試合でした。
 結果は3戦1勝2敗でリーグ最下位ではありましたが、初の得点(1点)&勝利は親も子も嬉しく、大いに盛り上がりました♪“僕達でも勝てるんだ!”と少しは自信に繋がったようです。
 “がんばれ、ベアーズ!”(注:“ベアーズ”というチーム名ではありません。あくまでイメージです(^^)

 さて本日はスポット入荷のご紹介♪
 遠藤恵美作ルームシューズ2点が入荷しました!
 カジュアルなパープルチェックと女の子らしいリボン付きピンク&お花柄、どちらがお好みですか?

ルームシューズ 各税込1,980円
サイズ:約23cm〜24cm



  
コメント(0)mederu日記
『対岸の彼女』を読んで。
※明日1/17(土)は、午後3時からの営業となります。

 昨日ハリボーが「氷を作る!」と言って、水を入れた容器を外に置いていました。が、今朝、「できてなかった…。」とガッカリしていました。
 最近は寒いと思っていたけれど、東京はまだ氷ができるほどの寒さじゃないようです。やはり温暖化しているのかなぁ?

 今日は先日読んだ本の話。
 何年か前に直木賞をとった角田光代著『対岸の彼女』です。
 ネットで買いました。
 最初、背表紙(ネットで背表紙も読めます。)の“結婚する女、しない女、子供を持つ女、持たない女、それだけのことで、なぜ女どうし、わかりあえなくなるんだろう。”という文を読んだ時は、“う〜ん、あまり好きな話しじゃなさそうだなぁ。”と思ったのですが、カスタマーレビューを見ると「一晩で一気に読みました。」「とても共感できました。」と、女性からの指示が高かったので、読んでみようか、と思い直して読んでみました。

 感想から言うと、途中でやめないで最後まで読み終えてよかったです。終わり方が清清しかったのでホッとしました。

 主人公には、鬱々とした思いを抱えながら日常を送る専業主婦と、バリバリと仕事をこなし勝手気ままな生活を送る独身企業家の女性が出てくるのですが、どちらもリアリティーがあるようでないような…“ここまでの人っているのかなー?”との思いを持ちつつ読み進めました。

 例えば、専業主婦だった主人公の小夜子が仕事を始めてからのくだりで、こういうところがあります。
「どんなに忙しくても家のなかのことはきちんとしよう。食卓に出来合いの総菜を並べるのはやめよう。流しに汚れた皿をためておくことも、アイロンの必要な衣類を全部クリーニング屋に持っていくことも避けよう。小夜子は自分に課したそれらのことを守っているつもりだった。…」。
 私が自分に課しているものが一つもないので、思わず夫に「この本、どうも進まないのは、私とあまりにもかけ離れた主人公だからかなー?」と見せたら、「本当だ。」と言っていました^_^;
 この小説に出てくる夫は、どれか一つでもできていなかったらマイナスととる人。
 ちなみにうちの夫は、「何をやるにも気持ちが大切。たとえ全部できていても、気持ちが入っていなければいやだ。」と言っていました。・・・ということは、全部できていなくても、気持ちがあればOKということ?…「私、気持ちはあるんだけどねぇ。」
 上を求めたらきりがなく、下を見たらこれまたきりがないのが家事のような気がします。
  
 その他の登場人物としては、「保育園に行かせるのはかわいそう。」と言ってくる姑や、「保育園の子はなんかねー。子どもを放って働くなんて…。」と言い合う幼稚園ママたち、グループを作って順番に無視というイジメをする女子高生たち(今の女子高生はそうなの?私達の時からグループはあったけど。ちなみに我が校では“女バレ軍団(女子バレー部の集団)”が最強でやや恐れられていました。)が登場するのだけれど、私の直接関係してきた人たちにこういうタイプって、いなかった。
 でも案外いるものなのかな?(噂では聞くし。)
 私が中間地点(なんちゃって主婦であり、なんちゃって起業家であること)で生きているからお目にかからないか、気づいていないだけなのか?
 この“中間地点”を、美味しいとこどりでいいなぁと思う人もいれば、中途半端!とよく思わない人もいるのだろうな。人と比べだすということも、これまたきりがない。

 前に姉に、「あんたは一見、何でも持っていると思われて、人から妬まれることがあるかもしれないね。」と言われたことがあります。結婚してて、子どもがいて、家事や育児に協力的な夫がいて、仕事があって、嫁姑問題もなくて…という面では。
 私は「うん、そうかもね。表面的な一部分しか見てない人はそう思うかも。でも、それで妬まれても仕方ないよね。わざと不幸なフリをするのも変だし。実際その部分では、まあ、幸せだしね。でもそれだけじゃないけどね。」と言いました。
 もちろん姉は分かっているので、「誰にでも色々あるのに、勝手に何もないと思って妬む人は放っておくしかないけどね。」 私:「そうそう。放っておくしかないね。」という会話をしたことがあります。
 自分の持っているものと他人が持っているものは、全く別物なのだから、比べるだけ無駄だと思うのだけど…。(実際、妬まれているとも同情されているとも感じたことはないけれど。)

 あ、もうこんな時間!無理やり結論づけると…この本はきっと、女性らしい女性が読むと共感できるのだと思います!(私は岡本太郎や本田宗一郎の自叙伝のほうが共感できます。)
 あともちろん、過去と現在が交錯する書きかたなどは絶妙で、直木賞を受賞するだけのものはありました。
 一読してみてはいかがでしょうか?(説得力がないかしら?^_^;)

  
コメント(0)mederu日記
お部屋のインテリアに…マグネットチャームのご紹介♪
 昨日は4ヶ所の春物展示会を巡ってきました!
 一日中歩きまわって商談を済ませた後は、「あー、今日はよく働いたなー。」と疲労感と共に充実感があります(^.^)
 アパレル関係は早いので、もう今月からボチボチと春色のストールや洋服、帽子、爽やかなアクセなどなどが入荷してきますよ♪
来月あたりからは、春らしいオーナメント、リース、ガラスの小瓶、外玄関用マットなども続々入荷ですのでどうぞお楽しみに〜♪

 さて本日ご紹介するのは、インテリア好きさんにオススメの商品!
 カーテンや薄手のガラスなどにさりげなく付けて楽しんでいただける、マグネットチャームです♪
 “え!?マグネットなのにカーテンやガラスに付くの?”と不思議にお思いの方にご説明を…裏に取り外し可能なマグネットが付いているので、カーテンの表にスチール製のチャーム、その裏にマグネットを付け、カーテンを挟む形でチャームがとまる、という仕組みなのです(^.^)
 蝶々と小鳥、どちらもシルエットがとてもきれいで、お部屋の素敵なインテリアになりますよ♪

マグネットチャーム 各税込420円
台紙のサイズ:12.5cm×10.0cm
カラー:蝶−ピンク 小鳥−アンティークゴールド


蝶と小鳥、両方つけると、そこだけ春がきたみたい♪


窓辺にリボンを垂らして付けたら、青空とチャームがよく合います(^.^)(電線がちょい邪魔ですが・・・)



  
コメント(0)mederu日記
独り言のようなこと。
※明日1/14(水)はお休みです。

 今日は商談などでバタバタと時間が過ぎていきました。
 ということで、独り言のようなことをツラツラと…。

 朝のテレビで小倉智昭キャスターが、番組降板がどうの、相撲協会がどうの…という話をしていて、何のことかさっぱり分からなかった私でしたが、夫から概要を聞いて思ったこと。
 小倉智昭キャスターが好きなわけでも、かばいたいわけでもないけれど、相撲協会のやり方はあまり好きじゃない。
 小倉さん本人の謝罪を求めるのに、番組のディレクターを呼び出したり、きっちり対処してくれなければフジテレビに対して今後協力しないといったことを言ったのが本当であれば…既得権のようなものをすぐに振りかざすところと、フリーの身である個人の発言に対してフジテレビを相手どるその方法が。。。
 それに、言ったのは小倉さんですよ!『NEWS23』の後藤さんや『めざましテレビ』の大塚さんのような人ではなく、慇懃無礼な態度が売りの小倉さんです。その辺も考慮に入れようよ。
 相撲協会も、“組織の寿命”を感じる組織の一つ。

 もう一つの朝の番組に西川史子女医が出ていました。あの人は、見ていて面白い。テレビ的には結構好き。でも、近くにいたらイヤかも。
 そういう人がもう一人。DAIGOです。

 菓子パンは、添加物と砂糖と脂肪の固まりだと分かっていても、無性に食べたくなる時がある。今日がその日で、来る時にセブンイレブンで『頭脳パンシリーズ チョコケーキ』というのを買いました。
 裏に、「頭脳パンとは…金沢製粉の“頭脳粉”を原料として作られたパンを頭脳パンといいます。“頭脳粉”はビタミンB1を加えた小麦粉です。」と書いてありました。
 受験シーズンをガッチリと意識したネーミングとパッケージです。(フクロウ博士の絵と“祈・合格”とも書いてありました。)
“頭脳パンシリーズ”ということは、チョコケーキ以外にも色々あるのかな?ちょっと注意して見てみよう。
 身体に悪そうな味が美味しかったです。

 今日商談に来てくれたのは、アクセサリー業者の20代後半の女の子Nさん。
 「息子さんの学校、もう始まりましたか?」といった問いかけをきっかけに、「ゆとり教育の見直しらしくて、夏休みも今年から短くなるんですよ。」なんて話していると、Nさんは「ゆとり教育世代の若者を見ていると、もっと厳しくしたほうがいいと思いますよ。ゆとり教育は失敗でしたね。」とハッキリと言っていました。あんまりハッキリと言っていたので、思わず笑ってしまいました。
 Nさんの会社でも、18〜20代前半の世代の子は、面接に来なかったり、一日だけ出社して、翌日、社長の車のワイパーに「辞めます。○○(名前)」とだけ書いた紙を挟んでいった子もいたらしい。
 ワイパーの所まで来たのだったら、一言口で言えばいいのに、と思うけれど、言えないからワイパーなんだよね。でも、ワイパーに挟んでいくだけまだましなのかもしれない。
 メールで、とか、何も言わずに…という子もいそう。
 もちろん、しっかりした常識的な子もいるだろうから、その世代をひっくるめて見てはいけないのだろうけど、何だかな〜^_^;

 そんな一日でした。

  
コメント(0)mederu日記
M♥NH(マナホ) ミニチュア雑貨のご紹介♪
 新年明けて、我が家に一つラッキーなことが!
 父が懸賞で飛騨牛の詰め合わせを当てましたー\(^o^)/
 早速、すき焼きでいただきました♪7人で500gなので、高級牛肉の配分は少しずつでしたが、それでもいつものすき焼きに一枚一枚ビニールで包まれた“特別なお肉”があるというだけで幸せ度が増しました。
 父は案外くじ運がいいので、どんどん応募するように言いました。ちょっぴり誇らしげな父でした。

 さて本日は、ミニチュア好きにはたまらない M♥NH(マナホ) から、大人気でしばらく完売しておりました、マチ針やピンクッションをはじめ、小さな世界を閉じ込めた楽しいフレームやストラップがたくさん入荷しましたので、その一部をご紹介します♪
 洋裁を習っていらっしゃるというあるお客さまは、洋裁仲間のお友達にマチ針やピンクッションをプレゼントしたところ、大好評だったそうです!(^^)!
 ご自分用にも、マチ針付きピンクッションをお買い上げ!「眺めているだけで楽しい気分になるのよね〜♥」とおっしゃっていましたよ(^.^)

マチ針(5本セット) 各税込525円
「フルーツとスイーツ、どちらもかわいくて選べない!エーイ、2つとも!」というお客様が多いです(^.^)



マチ針12本付きピンクッション 各税込1,680円
※左のフルーツマチ針はsold outとなっております。



マチ針4本付きピンクッション 各税込840円



クロスステッチピンクッション 各税込525円
※ピンクはsold outとなっております。
スイーツ柄のクロスステッチがかわゆいのです♥



フレーム『ティーセット』 税込735円
※こちらはsold outとなっております。
苺のショートケーキにレモンティー♪ピンクのクロスを広げて…さあ、いただきましょう!


フレームの大きさはおおよそこのくらいです!



フレーム『ストロベリーCAKE×4』 税込2,310円
フレームサイズ:10cm×12.8cm
今の季節はやっぱり苺ですよね〜(#^.^#)
今日の気分は…一番左のストロベリーソースのかかったケーキかな〜!?



フレーム『ドーナッツコレクション』 税込1,260円
フレームサイズ:7.8cm×10cm
人気のコレクションシリーズ、今回はドーナッツです!
これまでにも和菓子、タルト、ショートケーキ、アイスクリームなどがありました。
次回は何かな?



各種ストラップ 各税込525円
子どもから大人までの人気アイテム!
たくさんコレクションしたくなっちゃいます。


ふっくらこんがり焼けたパンケーキ↓


桜餅とあじさいを模った上品な和菓子をどうぞ…↓



  
コメント(0)mederu日記
”お受験”について思うこと
 今日はカラッと晴れて気持ちの良いお天気です♪雪がなくなる前に、スキーでも行きたいな。

 ところで先日、ハリボーの学校のお便りに「新しい教育の実施に向けて」という内容が載っていました。
 今年は、教育改革が実行される年なのだそうです。授業時数の増加、様々な活動の見直しなどについて書かれていました。今年から、夏休みは8/24までになるそうです。“ゆとり教育”の見直しなのでしょう。
 ハリボーたち、かわいそうー。夏休みは8/31までが当たり前だったのに。宿題を溜め込むタイプだった私は何度“8月が31日まであって助かった…。昔の人、ありがとう!”と思ったことでしょう。
 教育って、世代によって変わるから、どういう教育を受けて育つかはどの年代に生まれたかにかかってくる。ある意味、運。
 富国強兵の時代の教育と現代の教育では全く違うだろうし。そういうものだからこそ、教育はとても重要だと思います。

 …と、教育について熱く語るつもりではなく、今日はいわゆる“お受験”(高校や大学受験のように義務教育を終えた者が受けるのは指さず、小学生以下の子どもが受験すること)について最近思うこと。なんでも東京は、中学受験をする率がbPだとニュースでやっていたので。

 まず、自分は本当は受けたくないのに、親が受けろと言うから受ける、というパターンは、単純にかわいそう。自分の意志ではないことをさせられるわけなので。
 次に、親子とも、それほど受けたい(受けさせたい)わけではないのに、何となく周りの動きにのまれて受けることになってしまったというパターン。これは同情します。「困ったことになっちゃったね。でも本当にイヤならやめたら?」と言ってあげたい。

 次に、子ども自らに“受けたい”という意志がある場合について。
 小学生以下の子どもが、自分から「受験したい。」と言い出すことはあるのか?いじめなどで今の環境から逃げ出したいなどの場合以外で。
 あるとしたら…周囲の大人たちが「あの学校っていいよね。ああいう学校に行ってくれたら嬉しいよね。」といったことを日常的に話しているのを聞いているうちに、“なんか、ああいう学校に行くといいらしいぞ。なら受けてみようかな。”と洗脳されていくパターン。 
 うちの家族が「東大はうちからもうちのお墓からも近いし、学費も安いからいってくれるといいよねー(^.^)」というように?あ、でもそれは違うか!日常的に話しているわけではないし。…と、その前に頭脳的かつ環境的にもまず99.999…%ありえないと思っている上での話しなので^_^;
 あと、ハリボーを考えた時に一番ありそうなパターンとしては、学童が終わる4年生頃から放課後の行き場所として塾に通うようになり、その中で仲のいい友達が受験するというのを聞いて、「僕も受けたい。」と言い出すパターン。うん、ハリボーの場合これが一番ありえそうかな。
 ザッと考えてみるだけでも、お受験には色々なパターンがありそうです。

 いずれにしても、受験にストレスは付きものなので、あまり子どものうちから過度の期待をかけられるのは気の毒。
 今思えば、受験に失敗したって人生の中でそんなに大したことじゃないと思うけど、そう思えるのは今になって、だから。受験真っ只中の時はそれなりにストレスを感じていたっけ。(その割にはテレビを見ていた気もするけど…。)
 ちなみに姉は受験のストレスを全く感じていなかったらしい。学校自体をどうでもいいと思っていた特殊な人だからか。

 子どもに期待をかけるのって、普通のことなのかなぁ?私もハリボーに何か期待しているのだろうか?
 あんな学校に行って欲しい、将来はこうなって欲しい、という具体的な思いはあまり浮かばないな。あえて言えば、自分のやりたいことをみつけて、健康であってほしいということと、早く自立して欲しい!ということくらいかな。
 だいたいうちは”20才(はたち)過ぎればただの人”の家系だしな。 

 とにもかくにも、もうすぐ受験シーズン。受験生は風邪などひかぬよう気をつけて、ラストスパート頑張ってください!(^^)!
  
コメント(0)mederu日記
ヤナギサワトシヒコ作 オーダーメイド壁掛け時計のご紹介♪
 年末、家族で『人生ゲーム』をしました。ハリボーは、次々に子どもが生まれ、2ゲームやって2ゲームとも4人もの子だくさんになっていました(^.^)(人生ゲームでは最後の精算で、子どもの数×何ドルかお金がもらえます。ハリボーはそれで順位をあげていました。それまでにかかる費用も多いのですが、最後には子だくさんはハッピーです♥)
 
 ところで4人のお子さまといえば…そう、mederuのお仲間『4mame』さんです!(スゴイつなげ方^_^;)
 実は4mameさんは先日、ヤナギサワトシヒコさん作 壁掛け時計を妹さんご夫妻の新築祝いにとオーダーして下さいました。許可をいただいたのでちょぴっとご紹介させていただきます♪
ヤナギサワトシヒコ作『stockholm』


針の色は、mederuの時計と反対で、時・分針がホワイト、秒針がエメラルドグリーンです♪


「木目がきれいで、木製のものって大好きなんですよね〜(^.^)」と4mameさん。妹さんご夫妻にも気に入っていただけたようで、よかったです\(^o^)/

 ヤナギサワトシヒコさんの壁掛け時計は、杢がはっきりとしていて、「木」ということを強く感じる杉を使用しています。
 その中でも、夏目と冬目がはっきりしていて、色、艶が美しく、うねった様な曲線の木目から真っ直ぐな木目まで、表情がとても豊かな天然の秋田杉の天井板を選んでいるそうです。
 また、時計それぞれのデザインには世界各地の都市名がモデル名としてついています。
 ヤナギサワさんは、「映画『Night on the planet』の中で世界各地の深夜タクシーの運転手と乗客のやりとりの話から、人それぞれ生活のリズムがあって、寝ている時間も違えば、食事する時間も違い、価値観も多様だと感じました。私の作る時計も木目、色味がそれぞれ違う一点モノの時計なので、使って頂く方だけのオリジナルな時間を刻めたら、いいなと思います。」とおっしゃっています。
 
 そんなヤナギサワトシヒコ作 壁掛け時計は、当店ではオーダーを頂いてから発注というオーダーメイド方式をとっております。
 各種デザインの載ったカタログをお貸ししておりますので、どうぞお気軽にお声かけ下さいませ(^.^)
 製作期間は2〜4週間程度、お値段はオーダー内容により異なりますが、13,000円〜30,000円程度です。
 天然木のオーダーメイド時計で、あなただけの時を刻んでください。

「casablanca」


「ayutthaya」


「brisbane」


「karachi」


「stockholm」


同じ「stockholm」でも、バックに色を入れると全く違った表情に。
こちらはポップな仕上がりですね♪

  
コメント(0)mederu日記
派遣切りと天下りについて。
 今日、天気予報では朝から雪だと言っていたので覚悟していましたが、どうも雨で終わりそうです。ちょっぴり拍子抜けです。
 
 ところで、最近世間では暗いニュースが多いですね。最近のニュースから今の自分が思うこと。時事ネタです。ちなみに、あまり面白くない内容です。

 まず派遣切りについて。
 私が一番不思議なのは、会社の存続自体が危ないというレベルではなく、社長や役員はそれなりのお給料を貰っていながら、雇っている人たちを切るって、どういうこと?派遣社員は自分達が雇っている人たちじゃないとでも思っているかのように。(派遣会社を通していたって、自分のところの仕事をしてもらってお金を払っているのなら、それは雇っていることと同じだと思って欲しい。)
 雇うときに、“この人を雇っていいのだろうか?本当にこれだけのお給料を払っていけるのだろうか?会社の赤字が何年続くまで雇えるか?”といったことを考えてから雇うのが経営者としてのモラルだと思う。でも実際は“今やって欲しいことがあるから”というだけで都合よく雇っている。(もちろん、派遣法の問題もあるけれど。)
 かの本田宗一郎氏は、会社が本当に苦しくなった時、従業員らを呼んで「すまない!今会社はこういう状況だ。全て私の責任だ。私も苦しい。でもないものはない。我慢してくれ。」と言って、給料が十分に出せないことを頭を下げて謝り、従業員たちは涙を流して拍手しながら分かってくれたというエピソードを本で読んだことがある。
 これはよく分かる。経営者のとるべき単純明快な姿だと思う。
 自分は痛まないで、もらうものをしっかりともらっておいて、切りやすい従業員から切っていくというのはおかしい。派遣切りをする会社の社長や役員は、自分の資産を売り、自分のお給料を従業員に回すくらいの努力をしてからやって欲しい。
 一方、カリスマ経営者が生み出したホンダも、派遣切りに踏み出したのを見ると、“組織の寿命”を感じる。
 最近よく思うのは、“どんな組織にも寿命ってある”ということ。最初に立ち上げた人の手を離れていった組織は、立ち上げた人の思いが徐々に薄れていき、段々と合理化、形式化、慣習化され、生きたエネルギーがなくなり、やがて寿命を迎える…。

 次に、国会でも話題になっている天下り問題について。
 天下り、本当にやめてほしい。大した仕事もしてないで、多額の退職金を何度ももらって、おかしいと思わないのか?
 でもたぶん、そういう人たちはおかしいと思わないのだろう。“自分はそれだけの実力があって、それだけのことをしている”と思っているのだろうから。大きな勘違いなのに。
 それか、“自分は引退したいのに、やれと言われたからやった。そして、くれると言うからもらっといた。”という、お話しにもならない人たちか。
 やれと言われても断り、くれると言っても返すべきなのに…。
 でも、この国が官僚独裁国家である以上、この仕組みは変わらないだろう。天下り廃止法案だって、抜け道をすぐ作る。
 官僚は、大学を出てそこそこで周囲からちやほやされてしまうから、勘違いしていく。自分に実力があると錯覚していく。
 官僚になるには、「民間会社で20年以上の経験がある者」という定義をまずは設けたいところ。
  
コメント(0)mederu日記
PULCINO(プルチーノ) とんぼ玉新作&再入荷のご紹介♪
 昨日はハリボーの冬休みの宿題を見てあげたりしながら、インドアでたらたらと過ごしました。
 そして今日から学校。給食も明日からスタートなのでお弁当作りからも開放されます♪給食制度、なんて素晴らしいのでしょう!
 ハリボーの通信簿にハンコを押してあげながら、あらためてじっくりと見てみると、一学期は金魚係、二学期は虫係。ということは、一学期、二学期を通して“生き物係”だったということ。さて三学期は…?本人の希望通りいけば、やはり生き物係だと思います。金魚、虫、の次ははて何でしょう?
 「生活の様子」の欄には、「豊かな創造力をこれからものばしていかれるとよいと思います。」と書かれていました。伸ばす…どうやって?…案が浮かばないので、このまま育てていこうと思います。
 「友達と仲良く穏やかに過ごしています。」という文では、“穏やかに過ごすハリボー”を想像して、ちょっとニヤっとしてしまいました。

 さて本日は、とんぼ玉のアクセサリーでお馴染みのPULCINO(プルチーノ)から、新作&人気アイテムが届いておりますのでご紹介します♪
 つるりんキラキラのガラスのとんぼ玉たち、一つ一つが手作りです。
 熱い火の中から、凛とした寒さの岩手県に生まれ、はるばる板橋までようこそ!

一番人気!カエルさんのストラップ 各税込1,260円
群れているとより楽しげ♥


マフラーを着けているカエルさん、ホッペの赤いカエルさん、ノーマルなカエルさんの3バージョンが入荷しています♪
※↓イエローはsold outとなっております。


※↓黄緑とエメラルドグリーンはsold outとなっております。



新作 渦巻きのストラップ 各税込840円
アメ玉のような、和風のような、中華風のような…。
何となく縁起の良い感じがします(#^.^#)
お財布の根付にしても良さそうですね!



とんぼ玉ヘアゴム 各税込1,365円
定番人気の桜の花模様の入ったとんぼ玉ヘアゴム。
動くたびにパーツが揺れ、光の加減で異なる表情を見せくれます。



金魚ストラップ 各税込1,150円
♪あ〜かいべべ着たかわいい金魚♪
ぷっくりおなかとお口がかわいい金魚ちゃん。



とんぼ玉ストラップ 各税込1,575円
とんぼ玉の中をじぃっと見ていると、ゆらゆらプクプク…幻想的な世界へ擬似トリップできそう。(危なくはないですよ。。(^.^))



  
コメント(0)mederu日記
年始の出来事。
※福袋は全て完売しました。ありがとうございました<(_ _)>
※明日1/7(水)はお休みです。
 
 この時期は年賀状を見て、しばらく会っていない友人・知人の近況を知るのですが、子どもができていたり、増えていたり、仕事を始めていたり、辞めていたり、その人その人の人生の動きや思いが垣間見られます。
 今のところ、おぉ!と思ったものは、徳島県に住んでいたころの知人が、自分で自転車屋(サイクルサイエンスhttp://www.cyclescience.jp/index.html)を立ち上げたという情報です。自分の思いをまずは一つ実現したのだということを感じ、こちらまで嬉しくなりました♪ 
 N君、共にオーナー業、頑張りましょうね!!

 ところで今日は、昨日に引き続き年始の話しですが、夫の実家の兵庫県でスタートを切りました。

<元日>
 夫の実家のお正月は、伝統的な日本のお正月です。義父母は着物を着て、家族が集まり、順番に盃でおとそをいただきます。
 おとそと言っても、甘さ控えめでお酒の味が強いので、初めて飲んだときは涙目になっていたハリボー。でも今回は大丈夫でした♪
年に一回使われる錫の盃↓


 その後は、お義母さんが作ってくれたお雑煮とおせち料理をいただきます。\(^o^)/↓



 お雑煮って、地域や家によって具や味付けが様々だといいますが、夫の実家も私の実家も同じ醤油ベースです。おばあさんが東京出身だったということと、お義母さんが高知県出身というのが関係しているのかも。
 お餅の形は、夫の家は関西なので丸餅、うちは角餅。夫は「餅は丸餅!」とこだわりがあるようですが、私は形は丸でも角でもこだわりません。でも、もち米の餅か、米粉の餅かというところにはこだわりがあり、米粉はだめです。お餅はもち米でないと!“形より味”派です。
 香川県のあんこの入ったお餅のお雑煮というのも一度は食べてみたいです。甘じょっぱ系はたぶん、エンドレスでいける気がします。
 
 お雑煮の話はこのくらいにしておいて…伝統的なお正月をする義父母ですが、口うるさくはなく、あっさりさっぱりしているところがとても私にはありがたいです。
 お正月に会うのも、大体1日か2日で終了。
 前にも書きましたが、私がお店をやると言い出した時、夫の方の家族も私の方の家族も、誰一人として、反対や否定的なことを言いませんでした。義父母も「やりたいことをやったらいい。」と言ってくれました。
 普通、嫁がいきなりこれまでの仕事を辞めて素人なのにお店をやると言い出したら、少しは反対したり、心配して否定的なことを言ったり、夫と子どものことをもっと考えなさい(考えた上での転職でしたが)などと言いそうなものです。でもそれがなかったのです。
 無関心とも違い、心の中では両家族とも多少の心配はあったと思いますが、そっと見ていてくれました。
 この、“口や手や物(お金も含む)を出さずに、そっと見ていてくれる”、というのが私にとっては一番ありがたいことでした。
 つい家族だったら、手伝いたくなったり、金銭的な援助などをしたくなるでしょう。でも人間、やってあげるとつい口を出したり、見返りを求めたりしがちです。
 無関心とも違い、心配で仕方ないという感じでもない、そう、たぶん一番ピッタリな言い方は、“自立した大人の集団”だから。
 大人のすることに大人はいちいち口や手を出しません。アドバイスをすることはあっても、その人が考えながら、納得しながらやっていれば、黙って経過を見守るでしょう。そういうことだと思います。
 なーんて言って、うちの家族の場合、自分のことでせいいっぱいなだけかもしれませんけど^_^; どちらにしても私には合っています。

<1月2日>
 この日は、お義兄さん家族と一緒に大阪にある『ユニバーサルスタジオ・ジャパン(USJ)』に行き、丸一日遊びました。
 年間パスも持っていたというお義兄さん家族はリピーターなので、一日で最大限に遊べるコースを考えてくれていて、水のアトラクションでは濡れても平気なように、一人一枚ポンチョまで用意してくれていました。
 ハリボーも大興奮!でも、観客参加型のアトラクションで「では、前に出てきてくれる元気なお友達は手をあげてくださ〜い!」なんて呼びかけられても、絶対に手をあげません。選ばれれば、シャッターチャンスだし記念にもなるのに。
 そういう時、“「はーい!」と元気よく無邪気に手をあげる活発な子の親”に少々憧れます。
 そして、夜のショーまで観て帰ってきました。
USJではまだクリスマスイベント中で、どこもかしこもクリスマスムード。
このジャンボツリーの点灯は圧巻でした!↓



↓これはピーターパンのショー。真ん中に蚊のように飛んでいるのがピーターパン。
 すごい高さを、半袖半ズボンでビューンと飛んでいました。


 後ろで観ている人たちが、「あれ、めっちゃ寒いやん!」と言っているのが現実的でした。確かに、気温0度近く、寒風吹きすさぶ中でのショーでした。人に夢を与える仕事も楽じゃありませんね。
 ピーターパン、お疲れさま!

<1月3日>
 東京に戻る。
 喫煙席しかとれず、タバコの煙むんむんの中2時間半。体じゅうがタバコ臭くなる(>_<)
 斜め前方の男の人がヘビースモーカーで、起きている時は30分に一回くらいのペースでタバコを吸っていた。“なんか、大変そう…。”と(勝手に)気の毒に思いながら斜め横から見つめていました。
 東京駅で駅弁を買って帰ってから食べる。
 夫は『鳥めし』(750円)、私は『夕刊フジ特選おつまみ弁当』(1,000円)、ハリボーはいらないというので無し。
 『夕刊フジ特選おつまみ弁当』は、“サラリーマンのお父さんが出張の帰りにビールと一緒に食べたくなるもの”というコンセプトで作られたものだそう。
 ハリボーは「いらない。」と言っていたのに、やっぱり食べたくなったと言うので渋々分けました。「だからあの時買っておけばよかったのに。」とちらっと文句は言っておきましたが、味も量もいまいちだったのであまり惜しいとは感じませんでした。

<1月4日>
 目覚ましをかけずに自然に目覚めた後は、旅行の片付けや洗濯をした後、近所の稲荷神社へ。


 人のオーラが何となく見えるという姉いわく、ここの神主さんからは神々しい金のオーラが見えるそう。
 ちなみに、最近の芸人でオーラが見えるのが、サンドウィッチマンの金髪のほうと、「ルネッサーンス!」でお馴染みの髭男爵の緑の服の樋口君のほうだそう。樋口君のおかげで今ここまで売れているのだそう。意外〜(*_*)(※あくまで“姉説”ですが…。)
 最後に、今年の運試しとおみくじを引いたら、ガーン!凶でした(T_T)
 “向こう見ずなことをせず、堅実に”と書いてありました。頭の片隅に置いておこう。もし、向こう見ずなことを言い出したり、やり出したら、どなたか忠告してくださいね。

 そんなこんなの年末年始でしたが、気持ちも新たに一歩一歩進んで参ります。(^.^)
  
コメント(0)mederu日記
明けましておめでとうございます。
 新年 明けましておめでとうございます。
 本年もどうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>

 今日から仕事始めという方も多いのではないでしょうか?
 私も長らくお休みをいただきまして、本日より通常営業です!
 日記、「書ける時は書きます。」なんて言っておいて、結局今日になってしまいましたけど、今年も徒然と書いていきますので興味のある方はどうぞお楽しみ下さいませ(#^.^#)
 もちろん、商品の品揃えにも気を抜かず、良いものをお手ごろ価格でご提供させていただきます♪その辺は努力を惜しまずに・・・。
※ただいま、通常価格の2〜3倍入っている、とってもお得な福袋(1,980円〜3,000円)、好評発売中!(^^)! 数が少なくなってきております。どうぞお早めに〜。

 さて皆様は、どのように年末年始をお過ごしになられましたか?
 私は、こんな感じでした。

○年末の出来事 その@
『恐怖の棚卸。そして我が家ではカタツムリが増殖中。』
 隙間があると埋めたくなる私の性格上、年々過酷さを増す棚卸し。
 夫に手伝ってもらいながら、10時間程かけて今年もどうにか無事終了。
 家に帰ると、飼っているカタツムリの卵がかえって小っちゃな赤ちゃんカタツムリがポツポツと。嬉しいような、ちょっぴり気持ち悪いような…。
 主人が「この前、いちゃいちゃしてるカタツムリ同士がいたと思ったら。」と言うと、ハリボーは「その時に結婚したんだね。」だって。フフフ…発言がまだまだかわいいな。
 赤ちゃんカタツムリは体長1o位なので画像ではどれだか分かりません。↓


 このカタツムリたち、最初は観葉植物の葉の上で放し飼いされていて、気づくとフローリングの上を這ったりしていたので、「いつか踏むからやめて(-_-;)」と、ケースに入れてもらいました。そしたら、増殖しました。※放し飼い→ケース。増殖させたい方、ご参考までに。

○年末の出来事 そのA
『描きおさめはウィッシュと泥棒』
昨年末のハリボーの絵の描きおさめはこちら↓
題名『ウィッシュ』
解説:「今年ややブレイクしたDAIGO(注:竹下登元首相の孫)の決めポーズ。」



題名『真夜中の泥棒』
解説:「真夜中の博物館に泥棒が入り、ケースを割って隕石を盗もうとしているところ。棚下段にあったツボ2つは既に唐草模様の風呂敷の中。人の横顔を描こうと思ったら、泥棒みたいになったから、このストーリーが思い浮かんだのだそう。」


ちょっとズーム。



 パアッとお正月らしい華やかな絵がよかったけれど、どちらも、あんまり縁起のよい感じではないなぁ。

年末の出来事 そのB
『鏡餅を飾る』
 今回に限ったことではないけれど、今年の我が家の鏡餅はこんな感じということで載せてみました。
 お餅は、mederuから程近い『菓匠 新月堂』のもの。飾り終わったら、もちろん食べます!



 そして、31日は夫の実家 兵庫県尼崎市(ダウンタウンの出身地。ガラが悪いので有名?でもそんなことないですよ。)へ帰省しました。
 お義兄さんのところの中学2年生の女の子(ハリボーの従姉妹)はその時期の子らしく『NHK紅白歌合戦』を希望したので、私も久々に初めから終わりまで観ました。お義母さんが用意してくれた“あんこう鍋”をつつきながら。
 嫁らしいことは…皿洗いをしたくらいかしら。。。
 そんなこんなの年越しでした(^.^)
 年始の話しはまた明日〜。

  
コメント(0)mederu日記
今年も一年、ありがとうございました<(_ _)>
※明日12/29(月)〜来年1/4(日)まで、年末年始のお休みとなります。
 1/5(月)より、通常営業いたします。


 2008年、今年最後の営業日となりました。(魔の棚卸しで明日も来ますが…。)
 今年一年、mederuをご愛顧いただきまして、誠にありがとうございました<(_ _)>
 今年の振り返りと来年の抱負を書く前に、ちょろっと昨日のことなどを・・・

 昨日は納品にいらしたchoco*to momo.さんと女二人のプチ忘年会ならぬお食事に行きました。
 板橋駅から程近い街のレストラン『せんごく』へ。
 『せんごく』と言えば、他とはちょっと違う歯ごたえのせんごくステーキハンバーク(ステーキとハンバーグの中間の食べ物)が名物です。
 お肉の量は、150g、200g、300gと選べるようになっているので、私達は「150gじゃ少ないでしょう。」ということで、200gをチョイス!それのデザートセット(+スープ・ライス・デザート)をがっつりといただきました)^o^( 
 デザートはソフトクリームにして(ちょこっとももさんは、ストロベリー&バニラ、私はラムレーズン)、アイス系にはホットコーヒーが絶対に欲しいということで合意し、追加注文でホットコーヒーもお腹の中へ。

 話は…多岐にわたりました。仕事のこと、お肌のこと、最近のドラマのこと、更年期がいつ来るかということ、白髪のこと、ユニクロのこと、趣味のこと、ちょこっとももさんの心電図がとてもきれいだということetc.…。
 その中での私の結論、@見逃してしまった大河ドラマ『篤姫』を来年はDVDで絶対に観よう!Aお肌の悩みは、手軽で画期的な何かが出るまでは自然にまかせよう。(おそらく、一生自然にまかせることになりそう。)B白髪を今度発見したら抜くかも。。です。
 ちょこっとももさんの話しには、“ちょこっとメモ”しておきたい内容がいつもあり(私、今日ダジャレが冴えてる?)、今回は“白髪は抜いたら増えるわけではない”ということを知りました。
 毛穴からは3本の毛が生えていて、そのうちの一本が白髪なら、あとの2本も遅かれ早かれ白髪になるのだそう。だから、穴の問題なので、抜いても抜かなくても、そこからは白髪しか生えてこないのだそうです。
 一本の白髪に悩むより、いかに他の“毛穴”を健康に保つか、が勝負なのですね!
 あと、「ハリボー君、クリスマスプレゼントのブロックはもう作りましたか?」と聞かれたので、「今日あたり作っていると思います。」と言っていたら、やっぱり、作っていました。
レゴクリエイターで作った『トリケラトプス』。(またパジャマ姿)↓



 ということで、そろそろ今年の振り返りと来年の抱負の話しへ移ります。
 今年2008年、色々ありましたが、総体的にはまずまず楽しく終えられそうです。
 仕事面では、春の企画展『ほわり、ふわり、ふたり。展』を開催。好評につき終了できました。
 夏には、mederuオリジナルTシャツを製作し、そちらもお蔭様で予想以上の売り上げとなりました。
 秋には、昨年に引き続き『てぬぐいろいろ展2』を無事開催でき、遠方のお客様にもお越しいただき、嬉しく思いました。
 ちょっぴり悲しい出来事としては、ごく一部のモラルのない方のために、本来は書かなくてもよいような貼り紙をせざるをえなくなったことや、匿名で意地悪なコメントを載せるブログ荒らしに合いかけてコメント機能を削除し、“よそゆき日記宣言”もしましたが、それは一日で終了。今となってはそれもまた良い思い出といいますか、日常のスパイスになってよかったと思っています。
 そして、何より今年もたくさんの素敵なお客様や作家様と出会えましたことに感謝感激しております!\(^o^)/

 私生活の面では、ハリボーの小学校入学、サッカー開始、それに伴う出会いいろいろ、北京オリンピックで涙、コンサートでノリノリ、姉の入院などなどがありました。
 日々色々と感じたり、考えたりできたのは良かったです。

 さて、来年はどんな年になりますことやら。そして、どんな年にしていきましょう。
 とりあえず春にはまた企画展を計画しておりますのでどうぞお楽しみに♪
 オリジナルTシャツは来年もまた製作していきたいと思います。新柄が出るかどうかは未定です。
 『てぬぐいろいろ展3』もできれば開催したいと思います。
 一つ一つ、出会いを大切にしていきながら、努力していく所存です。
 私生活でも、まだまだ続く私にとっての修行である子育てをなるべく楽しみながら、夫ともまあまあ仲良く、その他の家族とも、良い意味であきらめつつ感謝の気持ちを持って気持ちよく付き合っていけたらよいなぁと思います。

 それでは、来年もどうぞよろしくお付き合い下さいませ。
 年越しは、夫の実家、兵庫県で過ごしてきます♪
 日記のほうは、書けたら書きます。
 
 皆様、どうぞ良いお年をお迎え下さいませ〜(^.^)

追伸:来年1/5(月)の営業より、とってもお得な福袋をご用意しております。数に限りがございます。どうぞお早めにお越し下さいませ<(_ _)>

  
コメント(0)mederu日記
馬酔木誠(アセビマコト)作 和みの器のご紹介♪
 昨日、テレビでドリフ(ドリフターズ)をやっていたので、ハリボーに「ドリフって知ってる?」と聞くと、
ハリボー:「あぁ、ご飯の上にグラタンがのってるやつでしょ。」
私:「それはドリアでしょ。」
ハリボー:「じゃあ、高いきのこでしょ。」
私:「それはトリュフでしょ。」
 という、“タカアンドトシ”のボケとつっこみのような会話になってしまいました。
 ドリフ、今の子たちは知らないのか…。今思えば健全なお笑いだったなぁ。
 ちなみにスタッフのKちゃんのご主人はドリフ好きでDVDも持っているそうなので、Kちゃんのお子ちゃま達はドリフ通なのでしょうね(^.^)

 さて本日は、馬酔木誠(アセビマコト)作 ほっこり和みの器が入荷しましたのでご紹介です♪
 陶器はもちろん、オールシーズンお使いいただける器ですが、温かみを感じるからか、特に秋冬に人気が高いです。
 色合いがシンプルがゆえ、形が際立ち、一つ一つ見せる表情の違うところが手作り陶器の味わいですね。

飯碗とフリーカップ(タンブラー)
飯碗 税込2,100円 フリーカップ(タンブラー) 税込2,625円
飯碗のサイズ:直径約13cm×高さ約5.5cm ※やや小ぶりサイズもあります。
タンブラーのサイズ:高さ約11cm×口の直径約7cm
粉引きの飯碗とフリーカップ(タンブラー)は口当たりもよく、ご飯やビールが美味しくいただけること間違いなしです(#^.^#)
セットはプレゼントにも最適♪




裏にはしっかりと馬酔木さんのサイン入り!



丼(黒マット) 税込3,300円
サイズ:直径15.5×高さ8cm
芸術作品としての存在感もありつつ、丼、麺類、サラダ、煮物…と色々使えて一つあるととっても便利。
独特な墨色は食卓を素敵に演出してくれます。



フリーカップ(ボウル) 各税込2,100円
サイズ:直径約9.5cm×高さ約6.5cm
こちらは一番人気のコロンとまあるい形のフリーカップ(ボウル)。
両手で包み込んで、あたたかいカフェオレなんかをいただきたいですね♪
左がちょっぴりクリームがかった“マットな白”、右はツルッとした触り心地の“つる白”です。





  
コメント(0)mederu日記
4mame 新作ファブリック雑貨のご紹介♪
 今日は北風がピープーです!
 師走で忙しい時ですが、どうぞ皆様暖かい格好でお出かけ下さいネ。

 さて本日は、4mame 新作ファブリック雑貨のご紹介です♪
 4mameさんのところの4人のお子様のところにも、サンタさんがやって来たようですよ♥長男さんは、サンタさんの正体をたぶん知っているそうですが、口に出すと自分のところにだけ来てくれなくなると思い、黙っているのではないかとのことです。  「かなり長男ぽい考えた行動なので笑えます…。」とおっしゃっていました(^.^)
 先日あるお客様も、「お姉ちゃんはもう分かっているからmederuで買ったものを渡したら、弟(小2)がmederuのマークを見て“このマーク、見たことあるなぁ。サンタさんの国にもこの店あるんだ〜。”って言っててドキッとしちゃった。」なんてお話をしてくれました。皆、かーわいい(#^.^#)
 …っと、前書きが長くなりましたが、4mameの優しくナチュラルな世界をどうぞ〜。

ウールのコースターセット 税込1,155円
サイズ:10cm×10cm
※こちらはsold outとなっております。
片面はウール&レース、もう片面はWガーゼ、リネン、ブラックウォッチのワッフルのリバーシブルコースターの3枚セット。リネンの端っこで作られたテープがアクセント♪
吊るしておいてもとってもかわいいです♥





各種ピンクッション 各税込630円
サイズ:直径6.5cm
完売しておりました人気のピンクッション、再入荷です♪
コロンとまあるいピンクッション、布の組合せが一つ一つ違います。お気に入りは見つかりましたか?





リバーシブルトートバッグ 税込2,520円
サイズ:縦(持ち手含まず)23.5cm×横33cm×マチ幅14cm
カフェオレのような色合いのドット柄&コットンリネンのリバーシブルトート。
軽くて小さくたためるので、エコバッグやセカンドバッグとしてもお使いいただけます(^.^)


シンプルなコットンリネン側には、ポイントにスタンプが!





ウール&レースの大きめトートバッグ 税込3,675円
サイズ:縦(持ち手含まず)30cm×横35cm×マチ幅13.5cm
ライトグレーに幅広のレースをあしらった上品で大人かわいいバッグです。


裏地はWガーゼでとっても肌触りがよいですよ♪


こちらはポケットの裏地。上品なお花柄です。



レトロなレースのカフェカーテン 税込2,100円
ちょっぴりレトロなプリント柄にレースを施して優しく仕上げてあります。
窓辺やキッチンの雰囲気を少し変えてみませんか?



  
コメント(0)mederu日記
我が家のクリスマス。
 メリークリスマス!!今日がホントのクリスマス♥
 皆さんのお家にはサンタさん、やって来ましたか?
 ハリボーは昨日、「サンタさんがいないなんて言う人たちがいるんだよー。鍵のかかっている家の中に入れて、プレゼントを置いていける人なんてサンタさんしかいないのに!」と言っていました。私も「そうだよね。サンタさんはいるよ。信じない子のところには来ないんだよ。」と言いました。
 手紙が小さくて気づかなかったら困るからと、新たに書き直してツリーの上に飾り、就寝。↓



 そして今朝、夫と私はハリボーが一人シクシクと泣いている声で起きました。
 今年は、枕元でなく、屋上に行く階段の上にプレゼントが置いてあったのですが、起きて枕元にないのを見て、もらえなかったと思い込んでしまったようです。
 「サンタさん、忙しいから部屋にまで来なかったのかもよ?玄関とか、屋上とか探してみた?」と言っても、顔を向けずに首を横に振るだけ。
 ハリボーのこういう受け身のウジウジした性格って、誰に似たのだろう…と思いつつ、「信じない子やあきらめてしまった子のプレゼントは消えちゃうよ。」と言うと、突然猛烈ダッシュ!そして、見つけたら満面の笑みを浮かべて戻ってきました。
 ハリボーって、切羽詰らないと行動に起こせないタイプなんだなぁ。フーッ(-_-;)

 お望みのプレゼント『レゴ クリエイター』を抱えるハリボーを夫がパチリ。↓
 朝一番の寒空の下、屋上で、パジャマ姿で。何もそんな所でそんな姿で撮らなくても。。。



 前の晩のお料理のメインはもちろん、近場の商店街で調達!
 チキンは『鳥新』オススメの香鳥(かおりどり)。肉に旨みがあって美味しかったです〜)^o^(
 お肉を食した後は、鶏がらでスープ。骨の髄まで楽しみます♪
 実家でのパーティー。和洋中が混在しております!



 ケーキは『ボン・アペティ』のイチゴの生クリームケーキ!
 生クリームとスポンジが最高!(ほとんどが最高ということ。)



  
コメント(0)mederu日記
ちょっと恋話(こいばな)。
 メリークリスマス!
 今日はクリスマス・イブですね♪皆さんはどのように過ごされますか?
 我が家は俗に言われる“巣ごもりクリスマス”で家でしっぽりと過ごします。夜(真夜中)は明石家サンタでも観るかな・・・。

 と、色気のないクリスマスですが、この時期ロマンチックなクリスマスソングを聞けば多少なりとも遠い過去の恋愛なぞを思い出すというもの。
 数少ない恋愛経験ではありますが、それでも私にだって一つや二つ・・思い出があります。
 で、ちょっと思い返してみたのですが、やはり私は束縛が嫌いなんだな、ということを再確認。

 恋に恋していた高校時代の恋愛では、彼と一緒に登下校するのが“付き合っていることの醍醐味”みたいなかわいい時代で、私もそれに憧れてやってみたのですが、同じ電車の同じ車両で待ち合わせ、というのが徐々に苦痛になり…。
 自分のペースで乗った電車にたまたま彼も乗ってきて、ならよいのですが、待ち合わせともなると、遅れた場合、相手は多少なりともムッとするわけです。そうなると、本来は学校に遅刻さえしなければ自由に選べるはずの電車が、限られたその一本に乗らないといけなくなり、それだけ自由度が減るわけです。それが耐えられなかった・・・。
 ある日の朝、また遅れそうになってイライラしている私を見て母が「全然楽しそうじゃないわね。」と言いました。その一言で目が覚めました。“私、もうイヤだ。”と。

 大学時代の恋愛では、彼から電話で「今、暇?今から会わない?」と言われ、私は「今レンタルビデオ観てるからだめ。」と言い、怒らせてしまったことがありました。
 彼の言い分は、「レンタルビデオを観ている=暇 ということだろ?」であり、私は「レンタルビデオを観ている私は、自分の貴重な時間を使ってそうしているわけであって、決して暇なわけではない。」のです。これはもう時間に対する価値観の違いと言ってもいいでしょう。
 しまいには「俺とレンタルビデオとどっちが大切なんだ。」とまで言い出し、そんなの別物。その質問がナンセンス。
 それがきっかけで別れたわけではないけれど、結局はそういうところが合わなかったのだと思います。

 こういった話を、お客様からのご紹介で月に一回ネイルをしてもらっているネイリストのAちゃん(20歳)にしたら、「そんなセリフを相手に言わせるなんて羨ましい!私もそうやって相手を振り回してみたい!私は自分がはまりにはまって、苦しくなって、そんな自分がイヤになって最後は自分からふるんです。相手は“あんなに好きだと言ってたのに(*_*)”っていつもビックリします。」と言っていました。「そっちのほうが振り回しているじゃな〜い!」と笑ってしまいました(^.^)
 恋愛って、人それぞれで面白いものですね(#^.^#)
 
 でも、この性格って今でも変わってないな。
 子育てしてても思うもの。ハリボーが突然「遊んで。」と言ってきた時、のどまで出かかる言葉…「私と遊びたかったらアポとって。」。
 さすがに言いませんけどね〜。でも母の性格をある程度分かっているようで、突然せがんだり駄々をこねたりすることって、あんまりないかも。
 そんなハリボーが健気でやや不憫でもあります^_^;
  
コメント(0)mederu日記
スポット入荷!遠藤恵美作 ルームシューズのご紹介♪
 今朝、名を残してこの世を去った人たちの名言集を聴いて思ったこと。
 名を残した方たちの共通点は、“最期までチャレンジャーであり、本当の意味で生きた人たち”だということ。
 何も考えずに日々淡々と過ぎていくのでは、本当に生きているとは言えないのではないか、と最近よく思います。
 せっかく人として生まれてきた以上、考えよう、感じよう、と思います。

 さて本日は、スポット入荷のご紹介♪
 完売しておりました 遠藤恵美作 ルームシューズ2点が入荷しました。
 ぽかぽかのお部屋で素足に履いていただくことをオススメいたします!
 軽くて旅行にも最適ですよ〜(#^.^#)

遠藤恵美作 ルームシューズ 各税込1,980円
爽やかなグリーンを基調とした2点。
エレガントなお花柄、ちょっぴりカジュアルなチェック柄、どちらがお好みですか?



  
コメント(0)mederu日記
ドラマロケも終わり。
※明日12/22(月)はお休みです。

 通勤経路で撮影していたドラマ『セレブと貧乏太郎』がまもなく最終回を迎えます。
 ドラマの内容としては・・・でしたが、場所を知っている板橋区民はそれなりに楽しめたと思います。
 上地くんには会えた(見た)けど、上戸彩ちゃんには会えなかったなぁ。
 もう、この地に今が旬の売れっこ芸能人(またの名をスターという)が来ることはないだろうな。
 地井武男さんや山口良一さん系の人は来てくれるかもしれないけど。
  
コメント(0)mederu日記
今日は降参。
 今年、私が秘かに掲げていた目標は、“「忙しい」となるべく言わない”、“仕事の時間配分を考えてブログの手を抜かない”だったのですが、今日は降参です(>_<)
 クリスマス商戦なのでこれにて失礼します。。。<(_ _)>

  
コメント(0)mederu日記
siesta(シエスタ) 新作アクセサリーのご紹介♪
 ふと気づけば、一昨日でちょうどmederuがオープンしてから2年半。HPのアクセス数も14万件を超えておりました。
 日々、皆様に支えられていることに感謝です<(_ _)>

 さて本日は、siesta(シエスタ) 新作アクセサリーのご紹介です♪
 ハンドメイドのくるみボタンや樹脂を使ったアクセサリーは、色とりどりで一足先に春が来たよう(#^.^#)
 “お昼寝”という意味の“siestaのアクセは、どこかホッとできる、そんな優しくかわいいアクセたちです。



フェルトコサージュ 各税込1,260円
サイズ:直径約7cm
あたたかなフェルトの花びらに、くるみボタンの軸がかわいいコサージュ。
親指姫が顔を出していそう♥
裏は針で留めるピンとはさむタイプの2種類の金具が付いています。



フェルトネックレス 各税込1,890円
フェルトブレスレット 各税込1,050円
色:イエロー、ホワイト
サイズ:ネックレスの花の直径約5.5cm
    ブレスレットの花の直径約5cm
 タンポポのような、まあるいお花のついたネックレスと、お揃いのブレスレット♪
 お花の部分は取り外しができ、ピンがついているのでコサージュとしてもお使いいただけます。
 デザインフェスタでは人気の商品だったそうですよ(^.^)
 ちょっと差をつけたオリジナルなオシャレを楽しみたい方にオススメです!





くるみボタンチョーカー 各税込1,050円
サイズ:紐の長さ約76cm ※調節可能。
    くるみボタンの直径3cm
女の子の大好きな、ケーキやマトリョーシカ、鳥柄のくるみボタンのチョーカー。
紐の長さが調節できるので、ハイネックセーターの上からでも、TシャツにもOK!
軽いので、長めのネックレスは肩が凝って…という方にもオススメです(^^♪





くるみボタンヘアゴム 各税込840円
くるみボタンブローチ 各税込945円
サイズ:くるみボタンの直径3cm
こちらもかわゆいくるみボタンアクセたち。
ガーリーなレース模様も色々です♥



お花のヘアピン 
左:葉っぱ付き 1本税込630円
中央:お花(大) 1本税込525円
右:お花(小) 1本税込420円
樹脂でできた鮮やかな透明感あるヘアピン。
花の軸部分はビーズやラメでキラキラです。



ピアス 各税込945円
イヤリング 各税込945円
蝶やお花のピアス&イヤリング。
耳元にも爽やかな春風を感じて下さい。



  
コメント(0)mederu日記
時事ネタから〜不景気と国語力〜
 今日は最近の時事ネタから。
 まずは経済。今の世界経済は「百年に一度の危機」なんて言われ、毎日ニュースではコメンテーターたちが「深刻な事態です。」や「あまり深刻に捉えず、慌てないことです。」など、様々な意見を述べています。
 出入りしている業者さんも「最近どうですか?」というセリフが定番化。
 今が“百年に一度の危機”なのかどうかは、百年も生きていないので実感としては分かりませんが、失業者が増えていることは気になります。
 仕事がないと、人って荒んでいきがち。経済的にもそうですが、精神的なダメージが大きい気がします。結果、犯罪が多くなったり…。
 人にとって“労働”というものは、自分が自分であるためにとても大切な要素であると感じます。働いて、それに見合った賃金を得る、簡単なことのようなのにそれが難しくなっている世の中ってどこかおかしいですよね。
 どうしたら変えていけるのか?政治を変えていくことか?でも政治家の面々を見ているとあまり期待もできず、そんな政治家を選んできたのは自分たちであり…う〜ん、どうしたらよいのだろう?
 でもやはりものづくり大国、日本は、地道にコツコツと良いものを作っていくしかないような気がします。それには、高い技術を持っている町工場をつぶしてはいけない!
 この危機をきっかけに、お金が正しいところにまわるようなシステムを本気で考えていかなければいけないと思うのですが、自分に何ができるのか…。まずはそのことを頭の隅ででも考え続けることでしょうか。

 ちょっと暗い話題になりましたが、最近の明るい話題といえば、やはり4人の日本人のノーベル賞受賞ですよね!
 キャラが立ってる益川教授、またまたやってくれました(^.^)「アイ キャン ノット スピーク イングリッシュ!」から始まる講演。
 益川教授ご本人は、「恥ずかしい。世界の人に情報を発信するつもりなら、英語が話せなければ科学者として半人前。」と言っているそうですが、主催者側の人たちも片言の日本語で紹介してくれるなんて、多少なりとも日本語を広める役割を果たしたじゃありませんか!
 少し話しは変わって…英語って、話せないよりは話せるほうがいいと思いますが、日本で育っている子どもの英語教育に力を入れすぎるのには反対派です。
 今のところ我が家の教育方針は、『国家の品格』の著者 藤原正彦氏の考える教育論を意識しています。
 藤原氏が著書『祖国とは国語』でもおっしゃっているように、子どもにはまず国語の力をつけることのほうが大切だと思うのです。英語を教える時間があるなら、本を読ませて国語力を身につけたほうがいいと。
 日本文学を読んでおらず、正しい日本語を話せず、日本のことを知らない若者が、英語だけは話せて、海外に行って日本の恥をばらまいている、というのも本当だと思います。
 英語は、自分で必要だと思った時に身につけるのが一番!っと、自分のことは棚に上げて、思います。
 ノーベル賞をとった方々も、最初から英語が話せたのではなく、まずは日本語を学び、日本語で物事をしっかりと考えられるようになってから、英語もマスターしたのだと思います。
 こんなことを書いて、さぞかし息子のハリボーは日本語が堪能なのでしょうね、と思われると痛いのですが…^_^;(ハリボーは作文がちょいと苦手。)
 方針通りにはいかないものです、、、というオチがつきました^_^;
  
コメント(0)mederu日記
チェンジング〜!シール♪
 この間、まん丸お月様がきれいに出ていて、中にはお餅をついているウサギさんがいました。日本では昔からその見え方が定番ですよね。
 ハリボーによると、月の影を『蟹』という国や、『女の人の横顔』という国もあるそうです。
 世界は広しと言えども、地球は一つ。あらゆる国の人たちが同じ月を見ていることを感じ、ロマンを感じました。

 さて本日は、スポット的なご紹介♪
 その名は『チェンジングシール』。角度を変えると違う絵柄が浮かんでくるという、皆さんどこかで一回は見たことがあるようなお遊びシールです。
 身の回りの小物にぺたんと貼ってお楽しみ下さい(#^.^#)

チェンジングシール 1枚税込189円
サイズ:シールの直径3.2cm
『クロネコ』
角度を変えると、お目々がパチパチ、しっぽをパタパタ♥
“Billy”という文字はネコさんのお名前?





『カエルの成長』
 おたまじゃくしが…あら、カエルになっちゃった!
 “Nature is beautiful.”の文字。そういえば、満月の夜には産卵が多いというのも神秘ですね〜。


 カエルの鳴き声、英語版は“croak croak”、日本では「ケロケロ」か「ゲロゲロ」。同じ生き物の鳴き声なのに、国によって違うというのも面白い(^.^)



  
コメント(0)mederu日記
人生いろいろ〜パートU〜
 昨日は、宮城県で一緒に障害者の就労支援の仕事をしていたKさんから、「東京に出てきたので食事でも。」とのお誘いがあったので、日比谷で食事をしてきました。
 Kさんと会うのは実に2年半ぶり。2006年6月30日の日記『人生いろいろ』の時以来です。
 その日記にも書きましたが、Kさんの人生は波乱万丈と言っていいでしょう。本人はあまり自覚していませんが。

 ドラフト一位でプロ野球選手になり、ピッチャーとして一軍デビューを果たしたものの膝を故障し、退団。その後、膝の治療もかねてアメリカのメジャーリーグ レッドソックスとマイナー契約を結ぶのですが、治療後は思うように投げられず現役を引退。
 その後は、宮城県の福祉施設で炭焼き担当の職員として採用され、炭焼きの経験を活かして施設でピザレストランを開く。ピザレストランは大盛況で店舗数も増やしています。  
 そして、障害者の就労支援をするジョブコーチにもなる。(その時に私は一緒に仕事をさせてもらいました。)
 今は宮城県で一施設を任されています。

 この経歴、本にすれば『ホームレス中学生』をも上回るのではないかと思うのですが、本人はあまり乗り気でないのが残念。「私がゴーストライターになって書いてあげようか?」と言っておきました(^.^)
 もっと話題になってもよいはずですが、取材のオファーなどはほとんど断っているとのこと。自分も出たくないし、施設の理事長も、職員皆で頑張っている中、一人の職員だけが取り上げられて目立ってしまうことを好まないという考え方なのだそう。
 理事長さんのことは私も存じ上げているけれど、なるほど、それはそれで筋が通っている気がします。
 Kさんを広告塔にしてどんどん施設を売り込んでいくということもできるのに、そうしないところは浮き足立っていないというか、コツコツと地道に信頼を得ていくほうを優先するということなのでしょう。

 Kさんから昨日は何度も「本当にお元気そうですねー。」と言われました。あまり何度も言われるので、「私、太った?」と聞き返してしまうほど。(思春期のぽっちゃりした子に“健康そう”と言うのと同じかなと思って。)
 でも確かに私、自分で言うのも何ですが以前よりも心身共に”いい感じ”なのです。なので「確かに今のほうが自分らしい自分というか、本来の自分に近い感じはする。前の仕事をやっていた時は、本当は合理主義じゃないのに、無理に合理的な考え方をしようしようとしていた気がする。」と言いました。Kさんも、うなずいていました。
 カウンセラーの時の私を知っている人によく言われるのが、「あんなにバリバリ仕事していたのによく辞めたよね。」ということ。今のほうが“バリバリ感”はないと思うけど、“元気そう”らしいです。
 他人から見た自分って、聞くと“へえ〜、私ってそうなんだぁ。”と思うことが多いです。

 Kさんの話に戻りますが、Kさんは一億五千万円もの契約金を手にした人物なので、“金銭的なハイレベルな世界”を知っている人。当時は、自分が手配しなくても移動はグリーン車貸切が当たり前、タクシーのお釣りは受け取らない、アメリカでは小型飛行機貸切で移動、お金目当てで寄ってくる人もわんさか、女性もより取り見取り選べる状況(実際に選んでいたかどうかは知りませんよ。)、そんな生活だったそうです。
 そんな生活をしていた人が、今は金銭的には決して恵まれているとは言えない中、宮城県のとある市で日々障害を持った方々と接しているのです。
 金銭的な生活レベルを落とせずに、やけになって荒んでいく人もいるでしょうが、そうなっていないところは、Kさんが“人間にとっての幸せはお金じゃない”ということを分かっているからでしょうね。
 それと、華やかな世界にいたことにこだわりを持たなかった。だからこそ障害者のことも自分とは違う特別な人というような見方なく、初めから平等に接することができたのでしょう。

 でもここで言いたいのはKさんが素晴らしい人だということではなく(Kさん、ゴメンナサイね!)、生活は常に変化していくものだけれど、自分でその変化を認め、納得して、楽しんだもん勝ちなのだということ。
 誰しもこの先、今の生活を続けていくかどうかは分からないし、また変化していくのだろうけれど、自分で納得して進んでいけば、最後には”あぁ、いい人生だった”と思えるのではないかと…。

 突然の再会で短い時間の中での互いの近況報告でしたが、また次会った時にも、お互いに納得した生きかたをしていて、今後していきたいことは何かといった、後味爽やかな語り合いができればいいな、と思いました(^^♪

  
コメント(0)mederu日記
choco*to momo. 冬の新作のご紹介♪
 mederuの開店時間は11:00。少し遅めなので、来る時に他のお店はもう開いているか、開店準備中。忙しそうに働く人々を見ると“さ!今日もがんばろ!!”と力をもらう気がします!(^^)!

 さて本日は、ちょこっとした刺繍やアップリケ、チャームがかわいく、オリジナリティ溢れる作品で人気のchoco*to momo.(ちょこっともも) 冬の新作のご紹介です♪
 今回もブタさんやお花モチーフ満載ですよ〜(^v^)

ブタさんのブックカバー 税込2,205円
サイズ:文庫本サイズ
※こちらはsold outとなっております。
いきなりsold outで申し訳ありませんが、とってもキュートなブックカバー。
ピンクのブタさんアップリケに目が釘付けです!
またの新作入荷をお待ち下さい〜。





ちょこいれ 税込798円
サイズ:8cm×10.5cm
今回お初のアイテム『ちょこいれ』♪
カード、サプリメント、アクセサリー、キャンディーなどなど、ちっちゃなものをちょこっと入れられる『ちょこいれ』です。どうぞよろしくね(#^.^#)
ちょっぴりレトロな雰囲気の花柄コール天生地に、ボタンやお花のパーツが付いて女性らしいデザイン。
入れ口はスナップで留まります。





キーケース 税込1,470円
※こちらはsold outとなっております。
こちらもお初のアイテムとなります。
4つのカギが収納できる、ドット柄がかわいいキーケース。
お友達にも自慢したくなっちゃいますね!





ファー付きバッグ 税込4,200円
※こちらはsold outとなっております。
暖炉のような色合いのオレンジウール地とふわふわファーが目をひくバッグ。
ファーが付いていると高級感もあります。


レザーとレースを使ったチャームもポイント♪



キルト綿入りトートバッグ 税込4,515円
サイズ:縦(持ち手含まず)30cm×横40cm×マチ幅8cm
中にキルト綿を挟んでいるのでふかふかの触り心地♪
こちらもファー付きと同じチャームが付いています。
中はオフホワイトにブラウンのドット柄。二つのポケット付きです(#^.^#)



ブタさん天使のトートバッグ 税込2,310円
サイズ:縦(持ち手含まず)18cm×横30cm×マチ幅9.5cm
プクプクの身体に小さな羽。。。ちゃんと飛べるのかしら?と心配になってしまうようなブタさん天使。でも大丈夫!きちんと幸せを運んできてくれますよ♥
中布は鮮やかなパープルカラーで、撥水加工がしてあるので汚れがつきにくく、多少の水もはじいてくれます(^.^)


キューピットのシンボル、羽根のモチーフ付き♪



お花柄のパカパカポーチ 各税込1,575円
サイズ:約縦12.5cm×横11cm×マチ幅3.5cm
お花柄とレースとドット柄の組み合わせがガーリーなパカパカポーチ。
ちょっぴりレトロな雰囲気と乙女チック、どちらがお好みですか?


リボンやモチーフで更にかわいく(#^.^#)
中には小さなポケットが付いています!




後ろ側にもモチーフが付いているのが嬉しいですね。



  
コメント(0)mederu日記
ハリボー サッカー初試合!
 昨日はクリスマス前の晴天の土曜日という“かき入れ時”なのに、ハリボーのサッカーの初試合ということでお休みをいただき、観戦してきました。
 
 ハリボーたちのチームの結果はというと・・・3戦0勝「0−4」、「0−4」、「0−4」、全敗でした(>_<) しかも一点の得点もならず(T_T)

 今回の大会は“アンダー7”という七歳以下の子達の大会。本来のサッカーは11人ですが、8人いれば何とか出られるということで、なかなか人数が集まらなかったハリボーの所属するチームは、、5歳になったばかりの子を含むギリギリ8人の寄せ集め&即席チームでの出場でした。
 他のチームは人数も多く、整列しただけで“なんか違う…。”と圧倒されるような感じでした^_^;

 試合が始まり、あっという間に1点、2点と入れられ、ゴールキーパーはその重責感から泣き出し、5歳の子は砂いじりを始め…。(でも5歳になったばかりなのに、3試合とも泣きもせずにちゃんとコートの中にいただけですごいと思う!スローインの時には睨みをきかせて相手を威圧していたし。)
 もちろん、みんな頑張ってはいましたが、やはり得点は難しく…。予想通り、いざ始まると皆でボールの周りに集まってしまい団子状態でした。
 ハリボーも最初はフォワードで、なんて言われていたみたいだけれど、ハリボーのよくないところが露呈していました。(積極性に欠けるところや押しの足りないところなど。)
 コーチからも「ボールをもっと追いかけて。」と指導されていたようです。(うちのコーチは口調も態度も穏やかですが、ハリボーの表情からは指導が響いている感じがしました。ハリボーにとってとてもいいこと!)

 0点が積み重なっていくのを見ながら、夫に「なんか、弱小チームがんばれ!って感じだね。」と言うと、夫は「がんばれベアーズ。」とつぶやいていました。
 そう、まさにそんな感じ。アメリカ映画の『がんばれ!ベアーズ』。

 3試合を終え、ハリボーに「初めての試合、どうだった?」と聞くと、「つまらなかった。0点、0点、0点で。」と。家に帰っても、いまいち元気がないのでした。
でも、“もうヤダ”とか“やめたい”といった言葉は一言もなく、「次は1点はとりたい。」と言っていたので安心しました。
 本当は今日も試合で、負けたチーム同士は朝一番に戦う予定でしたが、雨のため延期となりました。

 残念な結果に終わった初試合だったけれど、板橋区内にこんなにも強いチームがたくさんいるということを知っただけでも、良い刺激になったと思います。
 私達親も、声を張り上げての応援は楽しかったし、ハリボーの課題もたっくさん確認でき、今後のためによかったです。

 『がんばれ!ベアーズ』のように、最初は弱小チームでも、奮戦しながら勝ち抜いていけるようになればよいのだけど。
 まだまだこれから!がんばれ!がんばれ!(^o^)丿

みんな、よく走ってがんばったんだけどね。



一応、作戦会議中。5歳の子も仲間に入って「うん、うん。」(^.^)



  
コメント(0)mederu日記
小川えい子 ガラスペイント作品のご紹介♪
※明日12/13(土)はお休みです。

 さっき、選挙活動で新党日本の田中康夫氏と有田芳生氏がmederuに入って来ました!「握手でも。」と言われて、両者と握手。お二人ともツルッとしたお肌が印象的でした。
 いらしたお客様も「お店まわったりするんですね。知った顔が入ってきたな〜と思ったら!」とおっしゃっていました。ちょっとビックリでした(*_*)

 さて本日は、様々な展示会にも精力的に出展されている小川えい子さんのガラスペイント作品のご紹介です♪
 今の時期、屋外での展示会は寒さが厳しいようですが、万全の風邪対策をしてがんばっていらっしゃるそうですよ〜。
 小川えい子さんのキャンドルホルダーに灯りをともして、クリスマスをロマンチックに演出されてみてはいかがでしょうか?

たまご型キャンドルホルダー 各税込3,570円
サイズ:直径6cm×高さ9.7cm
※左の赤系はsold outとなっております。
 クリスマスといえばキャンドル、キャンドルといえばキャンドルホルダー、キャンドルホルダーといえばこちら!
 定番人気のたまご型キャンドルホルダーです♪
 電池式のキャンドルライト(+315円)をセットすれば、灯りのインテリアとしてもお楽しみいただけます。





ラウンドフラワーベース 各税込3,675円
サイズ:縦8cm×横9.5cm×厚み3.5cm
こちらもお部屋の素敵なインテリアとしておすすめのラウンドフラワーベース。
人気のネコ柄二種が入荷しています♥







こちらは今年の流行色“パープルカラー”を基調としたエレガントな花柄。
お花を生けていただくと更にみずみずしく、美しさが際立ちます!





各種トレイ 各税込1,575円 ※画像は一部です。
サイズ:約13.5cm(最大部分)
まずはハート形の動物シリーズから。
ネコちゃん、ワンちゃん、お魚ちゃん、どちらがお好みですか?
ちなみに夫は魚柄がさっぱりしていて好きなのだそう。



フラワー形の動物シリーズ。
ギフトとしても人気です。



女性らしい花柄シリーズ。
春はまだ遠いけれど、見ているとふんわり春気分♪
※右上の黄色い小花はsold outとなっております。



各種カード 1枚税込680円
ハンドペイントの手作りカード。
クリスマスの夜は大切なあの人へ、あなたの想いを綴ってみては…?







  
コメント(0)mederu日記
保護者会の一日。
 一昨日はハリボーのクラスの懇親会(親だけ)&保護者会に行ってきました。
 その一日で再確認したこと、納得したこと、軽く驚いたことなどが4つほど。
 
 まず一つめ。「やっぱり噂は噂でしかない!」ということを再確認。
 例の“学級崩壊(?)”の話ですが、やはり単なるごく一部の人たちの間だけでの噂であって、実際は崩壊なんてしていないということを再確認。
 ある人がある個人的な理由からクラス替えをしてもらいたくて噂を流している模様。でも、これも自分で確かめたわけではないので噂でしかないのだけど。
 結局、自分で確認したことを元に判断していけば、揺らぐことはないし、冷静でいられる。そこに努めていきたい。
 先生についても、評判のいい先生がなぜ評判がいいのかが何となく分かった気がします。私が感じた限りでは、“先生らしい先生だから評判がいい”のではないかということ。
 先生らしいテキパキとした口調で、学習指導要領に基づいた指導と説明をし、きちんとした服装と姿勢をしている先生は、“This is 先生”なので、保護者も何となく安心してしまうのだろう。
 でも、そういう先生が全ての生徒にとって“良い先生”なのかどうかはまた別の話し。
 生徒も色々だから、先生も色々なタイプの人がいたほうが良いと思うのです。
 そして、個別の具体的な出来事の中で、その時々の先生の態度や発言でもって、“好きな先生”“苦手な先生”というのを子と親は感じ取っていくのでしょうから、“誰が見ても非常識な行いさえしなければ良しとする”くらいの感覚でいようと思いました。
 ちなみに、先日ハリボーに「クラス替えしたい?」と聞くと、「したくない。」と言ったので、“お!したくないほど人間関係ができてきたのか!?”と思い「何で?」と聞くと、ハリボー:「やっと床に慣れたから。」
私:「床?」
ハリボー:「僕のクラスの床は灰色で、隣のクラスの床のタイルは赤っぽいの。灰色のほうが明るいし、ゴムみたいで、そっちのほうがいいし慣れたから。」
私:「へぇ〜。でもクラス替えしたからって教室は替わらないかもしれないし、クラス替えしなくたって教室が替わることはあるかもよ。」(私もしつこい?)
ハリボー:「ふーん。」という会話がありました。
 よく分からないけど、ハリボーにとってはそうなのだろう。思いもよらない回答でした。子どもって、どんなところに慣れてきたのか分からないものですね。
 
 次に2つめは、「遺伝子だったのか!」と妙に納得したことが。
 ハリボーのクラスに、運動も計算も文章を書くのも、何でもよくできる女の子がいます。
 その子のお母さんのお父さん(つまりおじいさん)の従兄弟が、あのクラゲの研究で今回ノーベル賞をとった下村氏だということが判明!!
 優秀さは遺伝子だったのね!
 その子のお母さんの旧姓は“下村さん”だというし、そう言われればどことなくお顔立ちも似ている気が…なんか近い!って感じ。
 何年か前からおじいさんは、「あのおじさんがやっている研究はノーベル賞ものなんだぞ。」と言っていたらしいけれど、当時は“言ってる言ってる。”くらいに思っていたらしい。「それが本当にとるとは!」って(^.^)
 親戚の中には「家を継がなきゃいけないのにアメリカに行ってお金もかかるのにクラゲばかり取って…。」みたいなことを言う人もいたらしいけれど、やはり周りから何を言われても気にしないで自分の思ったことをやり遂げる、そうでもしないとノーベル賞は取れないということなのね!
 でも下村氏は受賞した時、「妻が喜んでくれたことが一番嬉しかった。」と言っていたから、決して自分勝手なわけではなく、家族の協力に人一倍感謝していらっしゃる、そのお人柄も素晴らしいと思います。

 そして3つめは、「見ている人もいた!」という軽い驚き。
 あるお母さんが、ハリボーのことを「地味に面白いよね。実はすごく面白いことをやっているのに、それをあまり周りに見せないの。気づいた子とだけ笑ってた。」と言ってくれました。
 思わず、「そう、そうなの!よく気づいてくれたね。案外面白いんだけど、それをおおっぴらには披露しないの。気づいてくれた人とだけ“フフフ…”って笑い合う、みたいな。」と答えました。
 へぇ〜、見ていてくれる人もいたんだぁ。ハリボーはたぶん、人が見てるかどうかはあまり関係なくて、自分が面白ければそれでいいのだろうけど、お母さんは何だか嬉しかったよ(#^.^#)
 “地味に面白い”という表現もハリボーにピッタリで。

 最後に4つめは、女の子と男の子の遊び方の違いが分かって面白かったです。
 女の子は、一年生でも既にグループができていて、遊び方はお菓子を食べながらおしゃべりが中心らしい。それも「最近、腰が痛くてさ〜。」なんて会話や、誰かの悪口を言ったりしているとのこと。
 女の子って、小さい時から“おばちゃん”なんだね。これはもう本能なのか!?
 それに比べ男の子は幼稚。人のことやグループ化にはあまり感心がなく、下ネタか駄洒落を言い合って笑っておしまい、って感じ。
 ハリボーも例にもれずそうで、下品な替え歌を覚えてきちゃあ歌って笑っていたり、先日は口を指で開きながら「学級文庫!」と言う古典的な遊びを覚えてきたら、もう何十回も繰り返し言っては一人で大笑いしていました(-_-;)
 ウ○コとオシ○コという言葉があれば一生笑って生きていけるんじゃないかと思うほど。
 あるお母さんが「ダンナ見ててもそうじゃん!男の人も変わんないってことだね(^.^)」と言っていました。
 そうか、女の子も男の子も元々おばちゃん、おじちゃんの要素を持っているということか。

 色々分かってなかなか面白い一日でした!(^^)!

  
コメント(0)mederu日記
timpani 新作&冬の作品のご紹介♪
 クリスマスが近づいてきましたが、ハリボーがなかなかサンタさんに手紙を書かなかったので「そろそろ締め切りが近いらしいよ。」と言ってみたら、小さな紙に“サンタさんへ レゴクリエイターをください。”と書いていました。
 レゴクリエイターって、よく知らないけれど、レゴブロックの一種らしい。
 昨年のサンタさんからのプレゼントは目覚まし時計で(誘導作戦もあり?)、毎日使っています。が、なかなか起きないハリボーなので「セブン、セブン、セブン!」や「ピコンピコンピコン、ジュワッチ!」というのを毎朝十回は聞かされるはめに…(-_-;)

 さて本日は、定番人気のtimpani 新作&冬の作品のご紹介です♪
 オリジナルな雰囲気をかもし出しているtimpani作品には固定ファンも多く、自分用に、そして次は大切なあの人にもあげたくなっちゃうという魅力的な作品ばかり。
 ほっくりと温かな新作&冬の作品の入荷です。

新作♪カードケース〜クローバーとてんとう虫〜 税込1,680円
※グリーンのてんとう虫のみの入荷で、既にsold outとなっております。
新作にはもう春の香り…。
水玉模様に紛れ込んだてんとう虫さんのカードケース。
溜まってきたカード類をスッキリと整理しましょ!もちろん、mederuのポイントカードもよろしくね(#^.^#)



新作♪ぽってりがまぐち〜クローバーとてんとう虫〜 税込2,520円
サイズ:縦12cm×横12.5cm×マチ幅7.7cm
みずたま模様に紛れ込んだてんとう虫さん、そよそよ揺れるクローバーに早く辿り着けるといいね(#^.^#)





冬のぱっちんピン 1本税込560円
※画像のくるみボタンを使ったぱっちんピンです。
起毛素材やウール、ちょっと太めの糸の刺繍…あったか雰囲気のぱっちんピン。
大人でも着けられるデザインが嬉しいですね♥



『色づく森シリーズ』
まあるい木のアップリケがほっくりかわいい冬のがまぐちが再入荷です♪

ぽってりがまぐち〜色づく森〜 税込2,625円
サイズ:縦12cm×横12.5cm×マチ幅7.7cm
カラー:レッド



横長がまぐち〜色づく森〜 税込3,470円
サイズ:縦12cm×横17cm×マチ幅5cm
カラー:ブラック



落ち葉のバッグ(グリーン) 税込6,615円
サイズ:縦(持ち手含まず)26cm×横38cm
色づく葉っぱをバッグの上にちりばめたら…こんなに素敵なバッグに仕上がりました。
グリーンの再入荷です♪



小さながまぐち〜そよそよふわり〜 各税込1,575円
サイズ:縦7.5cm×横8.5cm×マチ幅4cm
※ナチュラルカラーのブルーはsold outとなっております。
二つのお花が風にそよいでビーズもキラキラ…。
もこもこのお花もかわいく、大好きなデザインです(#^.^#)



  
コメント(0)mederu日記
サンシャインシティでの一日。
※明日12/9(火)はお休みです。

 昨夜、我が家で初めて『カレー鍋』をしました。私が強く希望し、最後はごはんととろけるチーズを入れてリゾット風にしてしめました!と〜ても美味しかったですよ)^o^(
 味付けは夫が担当でしたが、めんつゆにカレー粉を入れてコーンスターチでとろみをつけ、後は普通の寄せ鍋と同じ要領です。簡単で美味しく、身体もあたたまるのでぜひ一度お試しあれ!(食べ終わった後、皆「暑い、暑い!」と上着を脱ぎ、窓も開けたくらいです。)  
 冬のおすすめメニューです♪

 さて、今街はクリスマスのイルミネーションで華やかな時期ですが、先日行ってきた池袋サンシャインのツリーはこんな感じでした。↓

3階までそびえるジャンボツリー。右下にいる人と比較するとその大きさが分かります!

板橋区民にとって“身近な都会”である池袋。その象徴の『サンシャイン60』↓



ハリボーのかつてからの希望で、サンシャインの中にある『NAMJATOWN(ナンジャタウン)』に行ってきました。(2回目)


 土曜日ということもあって、カップル率が高かったです。我が家のメンバーは、夫、姉、ハリボーと私。姉は最初「ナンジャタウンには魅力を感じない。」と行きたがりませんでしたが、ハリボーからの強い誘いがあり、行くことになりました。

 無料アトラクション(?)『足ツボを刺激する道』←私が勝手につけた名前です。
 石が突き出している道を裸足で歩くだけ。奥に行くほど石が密集していて尖っています。


 奥に、「ここまで来ると刺激が強いよ!」との注意書き。
 体重の軽いハリボーは「全然痛くないよ。」とヒョイヒョイ歩いていましたが、大人3人には脳天に響く激痛が!「痛!いたた!いつつ…(>_<)」と言いながら手すりに体重を乗せながらやっとの思いで戻りました。

こちらは、手形に手を合わせてやはりツボを刺激する壁。↓


 どこに効くツボかが書いてあります。姉は“気管支のツボ”、夫は“肝臓のツボ”を刺激していました。

 このおばあさん(人形)は、もんじゃを焼いていて、小窓に手を入れると「この泥棒ネコ!」みたいなことを言いながら、ヘラを降ろしてきます。そのタイミングで小窓に入れた指の上に硬いゴムが落ちてくるのでビックリ!という仕掛け。


 私たち大人はやったのに、人一倍怖がりのハリボーはやりません。「どうなるの?本当に痛くないの?」と何度も確認はしてみるものの、結局やりませんでした。
 お化け屋敷もあり、誘ってみましたが、ブンブンと首を大きく振り、ハッキリと拒否。あんなに妖怪話は好きなくせに…。
“今に彼女でもできて遊園地に行った時、どうするんだろう?”と、また遠い先のことを薄っすらと妄想しました。

 小腹が空いたので、同じくナンジャタウン内にある『東京デザート共和国』と『アイスクリームシティ』へ。
 チョコレートケーキと、北海道アイスを分け合って食べました。



 甘いものを食べたので、次はしょぱいものが食べたくなり、同じくナンジャタウン内にある『餃子スタジアム』へ。
 餃子と言えばやはり宇都宮でしょう、ということで、宇都宮餃子の店で、『3店盛り』というのを注文。


 この時間は、『松本楼』、『味一番』、『めんめん』の3店の餃子でした。どれも美味しかったけれど、『松本楼』が一番シンプルな味で好きでした。

 再びぶらぶらしていたら駄菓子屋があったので、幾つか買いました。それほど美味しいわけでもないのに、何故かいつもあの小さな“ヨーグルト”を買ってしまいます。
 あと、懐かしのブロマイドを売っていて、その中に若かりし頃の“原田知世”さんのがあったので、ハリボーがお世話になった保育園の“原田知世好きの男の先生”にあげようと買いました。
 そして先日、mederuに来てくれた時にお渡しすると、「マルベル堂のブロマイドですね。」とちょっとマニアックなコメントが。“スターの写真に「ブロマイド」と名付けて売り出したのが浅草のマルベル堂”らしいです。喜んでもらえたのでよかったです(^.^)

 そして夕飯は、サンシャインシティ地下にあり、夫が前から気になっていたという『漁場浜焼き 魚正』へ。
 築地市場を再現したような内装の店内。ハリボーも「中にあるのに外みたい。」と言ってました。




 ここはダイナミックな浜焼き料理が売りの店で、魚介類がどれも大きく、食べ応え満点。しかも素材そのものの味もよかったのが◎!
まるで火星人?いえいえ、タコです。↓




↑画像右側の蟹の甲羅に入ったかにみそは、この後、日本酒を入れて夫と姉が「最高!」と飲んでいたのですが、「一口飲んでみな!」と私に渡したのが運のつき…。
 「ホント、美味しい〜。」と言った後、甲羅ごと落とし、かにみそは全てダーッと私の服が吸い込んでしまいました(T_T)
 皆には怒られるわ、呆れられるは、服はかにみそ臭いやらで、楽しく終わるはずが最後は残念な結果に。。。そんな一日でした。トホホ…。

  
コメント(0)mederu日記
愛染(アイゼン) クリスマスディスプレイ♪
 今日はお店に来る前にハリボーのサッカーの練習をちょこっと見てきました。ようやく一年生の人数もある程度揃ったようで、今度、初めての試合があります。
 アンダー7の大会で、7歳以下の子たちの試合だそうです。なんか、かわいっぽい…。
 ボールを団子状に追いかけて、オフサイドなどの正式なルールの意味も分からずに進んでいきそう^_^;

 さて本日は、ビーズアートでお馴染みの愛染(アイゼン) クリスマスディスプレイなどなどのご紹介です♪
 実はmederuでのお会計の際に使っているトレーは、愛染さん手作りのもの。年に数回、トレーの衣替えもあるので、ぜひ見てみて下さいね!↓

白ウサギと黒ウサギが仲良くお食事中♪


 お会計の時によくお客様は、トレーにちょこんとのっかっている動物たちをつついて、「かわいい〜(#^.^#)」と言ってくれています。
私が「ビーズ作家さんが作ってくれたんです。これ、男性が作っているんですよ。」と言うと、皆さん「へえ〜!器用ですねぇ。」と驚かれます。
 
 マニュアルなく、自分の頭の中で組み立てながら創っていくという愛染さんのこだわりは、スワロフスキーカットのビーズでなく、色や大きさが豊富な丸ビーズを使うこと。ありそうでないデザインはこういうところからきているのです。
 それでは愛染の世界をどうぞ…。

クリスマスディスプレイ♪
ツリーの周りには、ロポポやブーフィー、天使や雪だるまたちがにぎやかに集まっています(^.^)





 もちろん、各種ストラップも入荷しております!
 この時期人気が高いのは、やはり天使♥
『天使』のストラップ 税込1,800円 
※幸福ベルが付いた冬季限定ストラップ(税込2,000円)もあります!



定番人気の愛猫、隠れた人気者はみつばちのブンタなのです(#^.^#)
『愛猫』のストラップ 税込800円



『みつばちブンタ』 税込800円



  
コメント(0)mederu日記
”あえて使わない雑貨たち”のご紹介♪
 雑貨とは。。。辞書で調べると、「日常生活に必要なこまごました品物」といったことが最初に載っています。
 一般的な意味はこれなのでしょう。『雑貨』という言葉は本当に意味が広いです。
 うちの父も、いまだに私のお店のことを「小間物(こまもの)屋」と言います。知っている人にも「娘が小間物屋をやっていまして…。」なんて話しているみたい^_^;
 それを聞いた人たちの持つイメージはきっと様々でしょうね。
 ドラッグストアのように“あらゆる日用品を売っている店”を思い浮かべる人もいるだろうし、“金物屋”や“文房具屋”に似たイメージを思い浮かべる人もいるでしょう。
 だいたい、『雑貨』と『小間物』がイコールで結びつく人たちの年代は60代以上なのではないでしょうか。
 今の20代以下の人たちは、「小間物」と言われてもピンッとこないだろうな。

 それと、「雑貨」と聞いて、『ZAKKA』という文字が浮かぶ人は、雑貨好きな人でしょうね。そう、『雑貨』という言葉からは、老若男女様々なイメージがあるでしょうが、『ZAKKA』となると、ある程度共通の意味合いが出てきます。
 “それがそこにあるだけで心地よく感じるもの”で、時にそれは“非実用的なものだったりもする”、でもその人にとっては他のものにはない“付加価値を感じるもの”といったような。
 
 そこで本日は、“使わない雑貨(ZAKKA)たち”のご紹介です♪
 正確に言えば、使おうと思えば使えるのですが、あえて本来の用途では使わずに、自分のお気に入りの空間に置いて、眺めて、忙しい日々の中でホッと一息できるひと時の演出に役立てていただければ…そんな小物たちです(#^.^#)

オーナメントセット(ソーイング) 税込1,575円
※左にちょろっと映っているのが私の指。小さなミニチュアなのです。
 こちらは、小さなツリーやリースに飾るオーナメントセットのソーイングシリーズ。
 でも、実際は置いて眺めて楽しまれている方が多いようです。
 先日お買い上げいただいたお客様は「ミシン集めてて大好きなの。見ているだけで幸せな気分になるのよね〜(^.^)」とおっしゃっていましたよ♪



ニードルケース ※針3本入り♪ 税込840円
 こちらもソーイングつながりで、木製の筒に焼印が押してあるニードルケース。中には3本の針が入っています!
 ノスタルジックな雰囲気で、こちらも飾ったり、宝箱にそっとしまっておいたり、ソーイングBOXの片隅にしのばせておきたい一品です。




フタには“R”の文字。



ナンバープリントブロック ※ブラス(真鍮)製 税込2,625円
0〜9までのナンバーブロックが小箱(4cm×2.5cm×1.5cm)に入ったセット。
実際にかたどりやスタンプとしてお使いになる方はきっといないでしょう。。。
ノスタルジックな時を演出してくれる、これぞ『雑貨(ZAKKA)』です!
ブラス製で本格的な仕上がりです♪





  
コメント(0)mederu日記
4mame 新作ファブリック雑貨のご紹介♪
 今日は雨と突風、ところにより雷だそうで、“もう来るか、もう来るか!”と外をチラチラと見ながら身構えています。そろそろ暗くなってきました。ちょっとドキドキです(>_<)
 
 なんて書いていたら一気にサブサブと降り出しました(*_*)外の商品を中に避難させ、フーッ(-.-)

 そして夕方になった今、もう雨も風もおさまりました。忙しいお天気でした〜。

 さて、そんな日はかわいい作品を見て癒されましょう(#^.^#)
 4mame(ヨンマメ) 新作ファブリック雑貨のご紹介です♪
 先日、himawarino-hana(ヒマワリノ ハナ)さんと4mameさんがmederuで出会いまして、お互いに「○○さんのテイスト、好きなんですよね〜♥」と言い合いっこしていました(#^.^#)
 そんな様子を見て、“うん、なるほど。お二人の作品のテイストって、ちょっと似たところがあるかも!”なんて思いました(^.^)
 そう思って分析してみると、4mameさんは4人の男の子のお母さん、himawarino-hanaさんは二人の男の子のお母さん、“複数の男の子のお母さん”という共通点が!
 …って、それだけなんですけど、ナチュラルで優しいテイストは、普段の子育てモードからふと解き放たれた自分だけの大切な時間の中から生まれるものなのかもしれませんね♪

 それでは、4mameの世界をどうぞ…。

ソーイングセット 各1,995円
※右の水玉柄はsold outとなっております。
布のカゴに、ピンクション、お気に入りのハギレ、ソーイングセットをぎゅっと詰め込んだお得なセット!
自分だけの小さな宝物を入れてもいいかも♥





おでかけミニブランケット 巾着付き♪ 各税込2,310円
ブランケットのサイズ:73cm×50cm
 一見、お弁当のようにも見えますが…中にはふかふかでかわゆいブランケットちゃんが入っておりま〜す!
 ふわふわフリースと肌触りのよいWガーゼのブランケット。お揃いの巾着は紐がレースでこれまたかわゆいのです♥





チョコ色トートバッグ@ 税込3,675円
サイズ:縦(持ち手含まず)26cm×横35cm×マチ幅13cm
しっかりとしたチョコ色の生地で、太め(5.7cm)の持ち手に施されたレースがさりげなくオシャレ。ちょっぴり大人っぽいデザインです(^.^)


中は落ち着いた色めのドット柄に、チェック柄の大小のポケット付き♪



チョコ色トートバッグA 税込3,675円
サイズ:縦(持ち手含まず)31cm×横35cm×マチ幅14cm
こちらは持ち手の長い肩かけタイプ。
アクセントのレースがガーリーです(#^.^#)


中はチェック柄で便利なポケット付き♪



各種バネポーチ 各1,260円
左上の雪だるま柄は、スタンプではなく染料ペンで4mameさんが手描きしたもの!
手作り感あふれる冬の作品です♪
ラベンダー色やシンプルなグレーなど、各種入荷しています!(^^)!



ブロックチェックのミニ巾着 各税込1,260円
サイズ:約14cm×14cm×マチ幅4.5cm
色々な用途に使え、一つは持っていたいミニ巾着。
チェック柄とハーフリネンの小花柄の切り替えに、ドットやレースの紐でかわいさ3倍なのです(#^.^#)



  
コメント(0)mederu日記
学校の作品展。
 先日、ハリボーの学校の作品展があり、観てきました。

 ハリボーは、ウサギの絵が自分の中の代表作と思ってそれを展示したかったらしいのですが、先生の言ったことを勘違いし、代表作品と思っていないものを出してしまったと、作品展が始まってから言い出しました。
 大げさ王国の住民たちだったらきっと「それは大変!先生に言って急いで張り替えてもらわなくちゃ!」「何で勘違いしちゃったの?先生の言い方が悪かったのかしら!」なーんて大騒ぎするのかも(^.^)
 我が家は皆同じような返答で「それは残念。でもまぁ、そういうこともあるよ。ウサギの絵は、飾られなくても描いたんだからそのうち返ってきて見られるわけだし。」と慰めました。
 父なんて、「そういうこともある。これから先、そういうことのほうが多いくらいだ。」とまで言っていました。父の人生、自分の意にそぐわないことばかりだったのかしら^_^;
 
 初めての作品展でしたが、体育館をめいいっぱい使い、各学年ごとに各々の作品がドワーッと並べられており、本当にどの子もこの子も個性豊かな作品を生み出していて、“芸術は、爆発だー!”でした!
 うちはいつものメンバーでゾロゾロと観に行き、家族は生徒の名簿に○を付けるのですが、ハリボーのところだけ枠外にはみ出して○が並んでいてちょっと恥ずかしかったです(#^.^#)
 
書写・家庭部門「かるた」
ハリボーは「う」を担当。
なんだかコチャコチャと小さく“海に関した絵”を描いています。


ズームアップすると…「サーフィンをしている絵」などでした。
ハリボーらしい細かさです。でも、体育館の中で、ここまで細かいところは誰も見ないでしょう…。



図工平面部門「チョキチョキペッタン」※テーマは自由。
題名『あくまロボとゴミかたずけロボ』
これは本当は代表作ではなかったらしいのですが、しっかり展示されていました(^.^)




↑だそうです。

6年生 図工平面部門「世界の名画に学ぶ」
世界の名画を模写したもの。いい味出してます!
『ムンクの叫び』


『モジリアニから』



6年生 図工平面部門「鳴龍」
さすが6年生にもなると違いますね!



5年生 生活科 総合的な学習部門「みんなでエコ宣言」
空き缶で作った花たち。近未来チックなオブジェになってます。



 本当はもっともっと載せたい作品が山ほどあるのですが、著作権を侵害してもいけないのでこのへんで。

  
コメント(0)mederu日記
やまじひとみ 新作テキスタイルアートのご紹介。そして素敵な出会いに乾杯♪
 本日は、やまじひとみさんの新柄テキスタイルアートなどをご紹介しますが、ちょっとその前に…。
 納品にいらしてくれた時に、やまじひとみさんに素敵な出会いがありました。私もとても幸せな気分に、そしてちょこっとその出会いのお仲間にも入れていただきました(#^.^#)
 まずはそのお話しから。。。

 やまじさんがmederuに作品を納品後、「カフェで書類を書いてきて、また来ます(^.^)」ということでいったんmederuを出られました。
 それから2時間位が経ち、“もしかして忘れて帰っちゃったのかなー?”と思っていると、やまじさんと雰囲気のよく似たおじさまと一緒に再来店!
 私は“お父様かな?待ち合わせでもしていたのね(^.^)”と思いました。
 自然に挨拶をすると、やまじさんが「不思議な出会いをしました。」と言うのです。そのおじさまも「今そこの喫茶店でね(^.^)」と。

 お二人からお話しを伺うと、たまたまカフェでお隣の席になったお二人。おじさま(Hさん)が何気なくやまじさんの前に置いてあるバッグを見ると、ドイツ語の言葉が。
 Hさんはお仕事でドイツに行っていたことがあり、懐かしく、そして何故か自然とやまじさんに話しかけたのだそう。
 Hさんは、「普段は若い子に声をかけたりしないんですよ。それが自然と…。」とおっしゃっていました。見た目も話し方も上品で紳士的なHさんの言葉を疑う余地はありません。
 やまじさんも、本当に不思議なくらいイヤな気が一切せず、そのまま自然とお話しが進んだそうです。
 そして、話せば話すほど、共通点が次々と見つかって、お二人ともその不思議さに時を忘れて話し込んでしまったというのです。

 でもホント、聞けば聞くほど驚くほどの共通点で、近しい人の勤務先やお名前、お誕生日、Hさんの娘さんとやまじさんの年齢、やまじさんは武蔵野美大出身、Hさんの息子さんも美大出身などなど…。
 やまじさんはお家がmederuから近いわけでもなく、たまたま納品にいらした時に、たまたま入ったカフェでたまたま隣の席で…。
 また、数年前にやまじさんはお父様を、Hさんは奥様をご病気で亡くされていて、その奥様は絵本が大好きだったそうです。そして絵本作家を目指しているやまじさん。
 この出会いはもう偶然とは思えません。やまじさんも「天国で奥さんとお父さんが『この二人を会わせましょう』って話して、会わせてくれたような気がするんです。」と言っていました。
 それに、Hさんの雰囲気がやまじさんのお父様に似ていて、初めて会った気がしなかったそうです。「私も一緒に入ってきた時にお父様かと思った。」と言ったら、嬉しいと涙ぐんでいました。

 その出会いの後、近くにお住まいのHさんは何度か当店にもいらしてくれていて、やまじさんの作品をご購入いただいたりしています。やまじさんともメールのやり取りをされているそうです。
 ちなみにHさんの娘さんは以前からmederuのお客様だったそうで、これまた偶然にも、一番最近買っていただいたギフトは、やまじさんと同じ名前の“ひとみさん”というご友人への贈り物だったのだそうです。
 やまじさんとは「また次の納品の時には皆で食事でもできたらいいですね。」なんて話もしています♪
 お二人の出会いにmederuも少しは貢献できたかな?お店冥利につきます(#^.^#)

 そんな素敵な出会いがあり、やまじさんが決意したように「やっぱり私は人とのつながりを大切していきたい。そういうテーマで作品作りをしていこうと思います。」とおっしゃっていたのが印象に残っています。
 では、やまじひとみさんの作品をどうぞ…。

テキスタイルアート『宝探し』 税込1,575円
サイズ:15.5cm×22.5cm



テキスタイルアート『音楽が好きな家』 税込1,575円
サイズ:14.0cm×18.0cm



テキスタイルアート『宝物がある部屋』 税込1,575円
サイズ:15.5cm×22.5cm



テキスタイルアート『丘の上のおうち』 税込1,575円
サイズ:22.5cm×15.5cm



グリーティングカード 1枚税込315円
『クリスマスの木』



『宝箱みたいなショーインドウ』

(後ろ側)



『宝物がある部屋』



 その他、人気の『ドレミファの木』をはじめ、各種テキスタイルアート、グリーティングカードも再入荷しております♪

  
コメント(0)mederu日記
映画 『ブタがいた教室』
 昨日は、ハリボーが行事の振替でお休みで、しかも『映画の日』だったので“では映画を観に行きましょー!”ということで、二人で映画『ブタがいた教室』を観に行ってきました。
 ある小学校で実際に行われた『命の授業』を映画化したものです。

 妻夫木聡演じる新任の先生が子ブタを連れてきて、「このブタを皆が卒業するまでの一年間、育てて、最後には食べたいと思います。」と提案し、子どもたちも賛成して育て始めるのだけれど、当然のことながら一生懸命に育てていくうちに、“ブタのPちゃん”に情が移り、食べられない、食べたくない、という子が出てくるのです。
そして子どもたちは皆で、話し合って、考えて考えて、クラスで決断をしていく…といったストーリー。

 命の大切さ、人間は様々な生き物の命をいただいて生きているのだ、ということを少しでも感じてもらえたらと、これはハリボーと観ようと決めていたのです。
 心が柔らかい子ども時代に見せたい映画だなと思って。
 姉や私も子どもの頃、母によく『はだしのゲン』や『ふたりのイーダ』、『ガラスのうさぎ』などの戦争映画を観に連れて行ってもらいました。フルタイムで仕事をしていた母なので、“お母さんと一緒にお出かけ”というだけでも嬉しかったこと、そして映画から、平和の大切さや戦争はやってはいけないということを強く感じたことを今でもよく覚えています。

 『ブタがいた教室』では、私は3回くらい泣きました。ストーリーもさることながら、子どもたちの演技がとても自然で。妻夫木聡も出すぎず、本当の先生になっていました。
 話し合いのシーンでは、あえて誰がどのセリフを言うかは決めないで、子どもたちに任せて、カメラを回し続けて撮ったそうです。

 ハリボーは、泣きそうな場面になるとソワソワして、私にも“泣かないで!”というように少し怒ったように腕で突っついてきたりしていました。
 ハリボーは泣くのが恥ずかしいようでした。でも後で、「泣きたくなる場面なかった?ああいう時は泣いてもいいんだよ。」と言うと、ポツリと「…泣きそうになった。Pちゃんが逃げ出して、網に入れられてピーピー泣いてた時…。」と言っていました。
 夫にも細かくストーリーを説明していたところを観ると、印象には残り、何かしかの感じるものはあったのではないでしょうか。

 この『命の授業』に対しては当時、「子どもには残酷すぎる。」や「素晴らしい授業だ。」といったように賛否両論があったようです。もちろん、動物愛護の観点からも問題はあるでしょう。
 でも、教科書と講義だけでは教えられないことを教えた生きた授業だったのではないかと思います。

 映画の中でもキーパーソンでしたが、この授業を許した校長先生もすごい。“事なかれ主義”の人だったら、決して許さなかったと思います。生徒のことをまずは第一に考え、新任教諭の育成という点でも、先を見通した考え方のできる本当の教師だったのでしょう。
 それと、映画でやはり出てきたのが、学校に抗議する親たち。「子どもが臭くなって帰ってくる。」、「ブタの世話をしていて転んで膝をすりむいて帰ってきた。」(実際はブタとボール遊びをしていて自分で転んで擦りむいたのだけど)、「学校に勉強をしに行ってるんだか、ブタの世話をしに行ってるんだか分からない。」など。そう、大げさ王国の住民たちはここにも描かれていました!(^.^)
 でも、そういう親たちばかりでなく、理解を示し、評価してくれる親も出てきていました。

 食肉センターに送るのがいいのか、他のクラスに引き継ぐのがよいのかは本当に難しい問題です。
 どちらの言い分もとてもよく分かりました。「Pちゃんだから食べられなくて、他のブタなら食べてもいいっていうのはおかしい。」という考え方も分かるし、「Pちゃんだから食べられない。」というのもとてもよく分かる。
 自分に置き換えてみても…中国などで食用の犬を食べるのと、実家で飼っている犬を食べるのとでは感覚が全然違うもの。

 でもどちらが正しいかを教えるというよりも、この授業のすごいところは、子どもたちが自分たちで体験し、感じ、考えたということなのだろうなぁ。

  
コメント(0)mederu日記
choco*to momo.オーダーメイドブックカバーのご紹介♪
※11/27(木)の日記の中でご紹介しました、『みずたま帽子 2009年版壁掛けカレンダー』の価格が誤っておりました。正確には、税込998円 です。申し訳ございませんでした<(_ _)>
※※ 明日12/1(月)はお休みです。

 一昨日、お昼はマクドナルドにしようと行ってみたら、「本日より新発売!クォーターパウンダーはいかがですか?」と宣伝していました。どんなものなのか聞いたところ、「お肉が厚くて、中がジューシーで、スライスした玉ねぎもしっかりと入っています!」とのこと。美味しそう)^o^(ということで、買ってみました。
 食べてみたら、うん、かなりな味の良さ!でも、ポテトとジュースのセットで680円!(*_*)普通の定食なみのお値段です。マックにしたら破格の高値。
 味を取るか、値段を取るか…一般市民が日常で一番多くしている選択です。この辺、麻生さんには分っからないだろうなー。

 さて本日は、choco*to momo.(ちょこっともも) オーダーメイドブックカバーのご紹介です♪
 ファンの方からのオーダーメイドのご注文の多いchoco*to momo.さん。
今回の牛さんのブックカバーは、文庫本サイズをご購入いただいた男性のお客様から「次は新書サイズで。」というオーダーで作られたもの。
 お花のほうは、これまでにも5回くらいオーダーされている女性のお客様が「この本に合わせたもので。」ということでオーダーいただきました。
 どちらも、ちょこっと刺繍がしてあって、choco*to momo.カラー全開です!

牛さんのブックカバー 新書サイズ ※オーダーメイド。
 来年の主役!愛嬌タップリの牛さんです(^.^)
 お日様と草はニードルでフェルトを刺し込んでいます。栞のウッドビーズもアクセントです♪ 
 このブックカバーで読書している男性がいたら、何だか嬉しくなっちゃいますよね(#^.^#)



お花のブックカバー ハードカバー本サイズ ※オーダーメイド。
 パッと目にとまるデザインを好まれるお客様。今回もお気に召していただけたようです(^.^)
 紫のお花一つはニードルでフェルトを刺しこんでいます。三色のフェルト玉の栞もかわゆい♥



  
コメント(0)mederu日記
大げさ王国の大げさ住民。
※明日(11/29)はお休みです。

 先日(11/21)、“学級崩壊”の話を書きましたが、ちょっと話してみると私と同じように感じている人って結構いるのかも、と思いました。

 日記に書いたちょうどその日、ハリボーのクラスの頼りになるママさん(Aさん)がお買い物に来てくれて、「今度の保護者会の前に、懇親会をやろうと思うから来てね!」と声をかけてくれました。私はこのタイミングだったので思わず身構え、「え?何かクラス内で問題があるから?私はよく分からないんだけど…。」と返事をすると、「あぁ、(学級崩壊とか)言ってる人は言ってるけどね。」
私:「問題って本当にあるの?うちは楽しく行ってるんだけど。」
Aさん:「子どもたちが楽しく行ってて、私たちがそう思ってないならいいじゃん!そういうこと言ってる人の子はそうなっちゃうんだと思うよ。」
私:「そうだよね!よかった、同じで(^.^)」
Aさん:「そうそう(^.^)」
 ということがありました。

 4人のお子様を子育て中の4mameさんも先日納品にいらしてくれた時、「学級崩壊のブログ読みましたよ。いるんですよね、色々言う人たちって。先生のこととか、ちょっとわんぱくな子のこととかを言い合って、騒ぐ人たち。私もとしとしさんと同じで、後で終わってから知ったり、聞いても“言ってる言ってる。”って感じですよ。よほど暇なんでしょうね(^.^)」と言っていたし、同じく子育て中のスタッフのKちゃんも同感だと言ってくれています。

 4mameさんにもKちゃんにも話したのだけれど、私はうちの姉とよくそういうたぐいの人たちのことを“大げさ王国の大げさ住民たち”と呼んでいます。
 どうってことないようなことでも、大げさ王国の大げさ住民たちは騒ぎ立てます。ああでもない、こうでもない、もっとこうあるべきだ、あいつが悪い…と。大げさ王国の中では、騒がないといけないことになっているので、騒がない人は、大げさ住民ではないと言われて、王国を追い出されてしまうのです。それを恐れて、本当は“大したことない”と思っていても、わざと大げさに騒ぎ立てるのです。
 でも、大げさ王国から追放されてみると、そこは穏やかな風の流れる平穏な世界で、そこで初めて本当の問題はなんだったのか、に気づくのです。

 この大げさ王国の大げさ住民たちは、普段の生活の至る所にいます。
 職場、学校、親戚縁者、ご近所などを見渡すと…ほら!
  
コメント(0)mederu日記
みずたま帽子 カレンダー&クリスマスカードのご紹介♪
 今日は朝から、『朝のヒットスタジオ』で山本潤子さんの透明感ある歌声であの名曲『翼をください』を聴き、癒されました〜(#^.^#)
 小、中学校の頃に合唱でよく歌った歌。当時から心地よい曲で好きでしたが、歌詞の意味なんて理解していませんでした。
 あらためて聞くと、特に二番の歌詞「今、富とか名誉ならばいらないけど、翼がほしい…。」なんて、悟ったような大人の詩を歌っていたのですね。

 さて、歌で癒された後はかわいいイラストで癒されましょう(#^.^#)
 みずたま帽子 2009年版壁掛けカレンダーとクリスマスポストカードのご紹介です♪
 おっと、ご紹介する前に、みずたま帽子さんから素敵なお知らせも届いております!
 『キラリ☆と輝く おしゃれな年賀状2009』という本に、9点のイラストが掲載されていらっしゃるそうです\(^o^)/




 他の人とは一味違った年賀状を送りたいという方はお買い求めになってみては?
 
 それではお待たせいたしました!
 まずは2009年版壁掛けカレンダーからどうぞ…。
2009年版 壁掛けカレンダー 税込998円
サイズ:14.8cm×21.0cm(開いた状態)
刺繍と布で描いた可愛くてあったかなイラスト12柄のカレンダー。
画像にない月は、手にとっていただいてからのお楽しみ♪





ラブリーなシール付き!大切な予定のある日に付けてくださいね♥


※カットしてお使い下さい。

2月はキッチンツール。バレンタインに手作りチョコケーキを作りましょ!



4月は出会いの季節。桜の花びらもマトリョーシカさんとご対面♥



9月は行動の秋!道で出会ったかわいいワンちゃんたちを思わずパチリ!



肌寒くなる11月。寒がりニャンコはお家の中で毛糸玉遊び。



12月はキラキラ澄んだ空気の中、クリスマスを迎えます。



クリスマスポストカード 1枚税込158円
もうすぐクリスマス♪
耳を澄ますと…かわいい妖精たちの演奏と歌声が聞こえてくるよう♥









  
コメント(0)mederu日記
バウムクーヘンの空き箱。
 ベストセラーになった『女性の品格』という本に、「身内のことをあまり話さない」という言葉が入っていることは知っています。
 知っていますが、今日も身内の、しかも超くだらない話をしちゃいます。ご興味のある方だけどうぞ…。
 ちなみに、身内はたまに書かれていることを知っていますが、まめに読んでいるのは夫のみ。夫は「いつか訴えてやるからいいんだ。」と言っています。
 機械オンチな母は「私の俳句も載せて。」などと筋違いなことを言ってきたりします。そんな母は、”2ちゃんねる”をテレビの2チャンネルだと思っていたらしく、2チャンネルでやっているローカルな情報番組(byケーブルテレビ)を観ながら、「あなたたちよく”2ちゃんねる”は良くないって言ってるけど、健全な番組ばかりやっているわよ。」と言っていました。

 前置きはこのくらいにして…
 先日、実家にあったバウムクーヘンの空き箱(ピンクの円形)をハリボーが頭にかぶったのを見た姉が「ホテルのベルボーイみたい♪」と言い、お調子者のハリボーも箱をかぶったまま「お荷物お持ちします。」なんてセリフを言ったので、皆で「かわいい〜♥」と(親バカ、身内バカです^_^;)盛り上がりました。
 自分も「かわいい〜!」と言ってもらいたかったのか、次に夫がかぶりました。見ると、ただでさえイラン人に間違えられる顔立ちの夫は、まるで“イラクの石油王”!(夫の容姿をご存知の方は分かるでしょ?) 姉と私がうけていると、夫も調子にのって「石油あるよ。」なんてセリフを言っていました。
 次に姉がかぶったら、“中華料理屋の店頭でシュウマイを売っている人”みたいになり、姉も調子にのって「シュウマイ安いあるよ!」なんて。
 母がかぶったらどんなことになるか、と思ったら意外や意外(70ちかい年なのにかぶったのかい!という感じですが…)、ちょこんと頭に斜めにのった箱がオシャレな帽子に見え、皇室の人のよう。母も調子にのって上品に手を振ったりしていました。
 え?私?恥ずかしくって非常に言いづらいのですが…この中ではかろうじて若年の女性だったということで…姉が「うーん…悔しいけど、百歩譲って、コンパニ○ンってことにしてあげるよ。」と言ってくれました!キャー、ゴメンナサイ!(>_<) でもしっかりと作り笑顔で「こちらでございます!」と演技してみました。
 
 バウムクーヘンの空き箱一つで思いの他楽しめましたが、こんな家庭環境で育っているハリボーって、この先どうなっていくのやら…一抹の不安を感じます。 

  
コメント(0)mederu日記
M*NH(マナホ) クリスマス小物のご紹介♪
※明日11/25(火)はお休みです。

 昨日の日記の一部に誤りがありました!
 祖母が日々飲んでいるコーラの量は、1ℓではなく、500mlでした〜(>_<)(※本文修正済み) そうですよね、さすがに1ℓ飲んでいたら糖分とりすぎ、骨も溶けそうです。

 さてさて本日もケーキが登場なのですが、今回は本物ではなくミニチュアのケーキでございます♪
 ミニチュア雑貨でお馴染みのM*NH(マナホ)より、クリスマス小物が届いておりますのでご紹介します。
 またまた本物そっくりなケーキやごちそうが盛りだくさんです(#^.^#)

ごちそうX’masリース 各税込1,365円
サイズ:リースの直径10.5cm
ケーキやごちそうやプレゼントが付いた賑やかなX’masリース。
お部屋のドアなどに飾るとプリティですよ♥



本物そっくりのオードブル&美味しそうなブッシュ・ド・ノエル。





キャンディの入ったソックス&プレゼント。





こちらにはローストビーフにチョコレートケーキ。





こんがり焼きあがった七面鳥とイチゴケーキもありますよ(#^.^#)





X’mas限定ストラップ 税込525円
人気の限定ストラップ。ちっちゃなクッキーやキャンディがかわゆい!



  
コメント(0)mederu日記
祝93歳!〜コーラと杖〜
 昨日は祖母の93歳のお誕生日でした。
 93歳、十二支を7回サイクル+9年!すごいな〜。
 戦争で夫不在の時は幼い娘4人を一人で育て、孫8人、ひ孫6人。あまり多いほうではないかもしれないけれど、それでも4+8+6=18人の子孫を残していることを思うと、動物としての子孫繁栄の力を感じます。

 昨夜は祖母、父母、姉、夫、ハリボー、私のメンバーでケーキを囲んでお祝い。↓


 我が家は、あの♪一月は正月で酒が飲めるぞ〜!酒が飲める飲めるぞぉ酒が飲めるぞ〜♪と、“なんだかんだと口実を作っては一年中お酒を飲む歌”のケーキ版で、何かと言うとケーキを囲んで祝っている気がするなぁ^_^;
 家族の誕生日だけでも、4月、5月、6月、7月、8月、11月の6ヶ月は正当な理由付けで(姉と夫が同じ誕生日だからひと月少ない)、バースディケーキを食べ、後の6ヶ月も何だかんだと…。
 
 昨日は祖母に何が食べたいか聞くと、「ケンタッキーとケーキ。」と十代の子が欲するようなメニューを言ったのでそれを用意。でも、なるべく人の世話になりたくないという祖母は、代金は全部自分で払うというので、姉がなんとか説得してケーキだけは私達が出しました。
 祖母を見ていると、プライドが高いのと、好きなものを好きなだけ食べるのが、しっかりとした長寿になる秘訣かも、と思います。“しっかりとした長寿”を目指したい方はどうぞ参考に。
 ちなみに、もう一つアドバイスするならば、祖母はここ15年間位、毎日欠かさずに500mlのコカ・コーラを飲んでいます。これ、コカ・コーラ会社に情報提供したら1ダースくらい送ってもらえるんじゃないかと思います(^.^)
 ハリボーには「コーラは飲んじゃダメ。」と言っていますが、「大きいおばあちゃんは毎日飲んでるよ。」と言われ、「大きいおばあちゃんはいいの。70歳過ぎてから飲み始めたんだから。ハリボーもその位の年になったらそうしてもいいよ。」と答えています。

 ハリボーの中では、“コーラ≒大きいおばあちゃん”のイメージのようで、先日ハリボーが書いた“家族のイメージ図”(個人名も書いてあったので画像で紹介できないのが残念!)でも、祖母のところには、“コーラと杖”の絵が…。
 ちなみに、父のところには“焼酎『いいちこ』の瓶”の絵、母のところには“テレビとリモコン”の絵で、そのテレビからはタカアンドトシが「欧米か!」と突っ込んでいる映像が描かれていました。母は「いやねぇ、タカアンドトシなんてそんなに好きじゃないのに。私の趣味は俳句なのよ。」と言っていましたが、ハリボーの感じる正直なイメージなのでしょう。
 姉のところには食べ物の絵で、「これたべてみて。ぜったいにおいしいから!」というセリフ付き。そういえば姉、よくそのセリフ言ってる言ってる!
 夫のところには”トマト缶とパスタ”の絵。大学時代にイタリア料理店でバイトをしていた夫の得意料理が“トマトソースのパスタ”で、土曜の昼などにはよく作ってもらって食べているので。
 そして私のところには、“『ホームレス中学生』を読みながら「アハハ…。これおもしろーい!」と言っている姿”の絵が描かれていました^_^;
 見事にそれぞれの特徴をつかんでいて、子どもって、よく見てるなー。

 ということで、祖母はこれからあと何本コーラを飲むのか、見届けたいと思います(^.^)

  
コメント(0)mederu日記
Nao(ナオ) 2009年度版卓上カレンダーのご紹介♪
世間では三連休、紅葉狩りにお出かけの方も多いのでは?私はせっせとお仕事です!
 何かに書いてありましたが、若者は一日が早く一年を長く感じ、年寄りは一日が長く一年を短く感じると。
一日が早く一年も早く感じる私はまさしく“中年”なのだと実感です^_^;

そんなあっという間の一年もまたまた終わろうとしています。
そこで本日は、送る人も受け取る人も楽しくなるようなポストカードを展開中のNao(ナオ)より、2009年度版卓上カレンダーが届いておりますのでご紹介です♪
各種ポストカードも再入荷しておりますよ(#^.^#)

2009年度版カレンダー 税込1,575円
女の子らしいブタさんの1月から始まって、編み物ヒツジさんの12月まで、ほんわかタッチの動物たちが月ごとに登場します♥
デスク脇に置いたら、お仕事でお疲れの時もホッと和みそうですね〜(#^.^#)
木製の台には表裏二月(ふたつき)分が飾れるようになっています。















各種ポストカード 1枚税込158円
どんぐり坊やの冬柄♪
「寒い寒い、しもやけお手々が痒いよ〜。」と言っているのかな?



人気の“女の子とネコのシリーズ”も再入荷してま〜す!



  
コメント(0)mederu日記
平和な会話と学級崩壊(?)
 この前ニュースで「○○メートル先の道路上で(被害者のものと思われる)雨ガッパが見つかりました。」と言っているのを聞いたハリボー、真剣に驚いた様子で「え(゜o゜)カッパって、本当にいたんだ!」と目を輝かせていました。
 私が「雨ガッパだよ?雨の時の…。」と言うと、残念そうな、ちょっと安心したような息をつきながら「なあんだ、レインコートのほうのカッパか…。河童って、本当はいないんだよね。」と言っていました。私は「フフ。本当にいないかどうかは分からないけどね。」と言っておきました。
 
 こんな時、子どものいる暮らしの平和さを感じますが、子どもがいるからこそ味わう苦労も沢山あるのだろうと思います。
 二人の子どもを子育て中のスタッフのKちゃんとも「これから反抗期になったりして、“産まなきゃよかった”と思う時もあるんだろうね。」「うん。一回はあるだろうね。」なんて話したりします。
 でも、母にそう思ったことがあったかどうか聞いたら、「産まなきゃよかったとは思ったことないわよ。憎たらしいと思ったことはあるけど。“なんで分からないんだろう”って。」と言っていました。なるほど。
 
 ところで、ハリボーのクラスが学級崩壊しているとのウワサをたびたび耳にします。“そんな他人事みたいに”と思うかもしれませんが、私には直接そう思えるところがないのでピンッとこないのが正直なところ。
 でも、2〜3ヶ月程前から、隣のクラスの知り合いのママさんなどから「ハリボー君(実際はハリボーという名前では呼んでいませんが)のクラス、大変なんでしょ?学級崩壊なんだって?」と言われたり、学校の行事に行くとポツリポツリとその手のウワサを耳にするようになりました。

 ハリボーに聞くと、確かに2〜3人、授業中に座っていられなくて、勝手なことをやってしまう子がいるらしいのですが、ハリボーはさほど気にしておらず、宿題やテストの内容からも一年生で学ぶべきことは学んできており、個人面談から受ける先生の印象も決して悪くないので、私には何をもって“学級崩壊”と言うのかが分かりません。
 自分の子が直接被害に合っていないからそう思うだけなのかもしれませんが、“学級崩壊”という言葉が独り歩きして、インパクトのある単語を使った伝言ゲームが一部で繰り広げられているだけのような気がしています。伝言ゲームでありがちな、最初の真意とは徐々にかけ離れていきながら…。

 実際、このことを全く知らないお母さんもいるのに、一部では「クラス替えを!」との声が高まっているという変な状況です。
 先生に対する厳しい声も出ているようですが、入学してまだ半年。子どもたちが日々不安がりながら授業を受けているなら問題ですが、そういうわけでもなさそう。なら長い目でみたいものです。
 それに、先生だって人間なのだから完璧とはいかないでしょう。私が小学校の時だって、色々な先生がいました。“変な大人もいるんだな”とか“この人はなんかいいな。”とか“この人、好きじゃないな”なんて子どもなりに冷静に評価を下しつつ、それはそれでよい社会勉強になっていた気がします。実際、世の中色々な人がいるので。
 ちなみにハリボーに「担任の先生好き?」と聞くと、「うん。」と言っていたので、「お母さんも好き。何の問題もないね(^.^)」と話しました。少なくとも我が家では学級崩壊はしていません。

 そこで、こう思うのです。“学級崩壊”という言葉はマスコミに任せて、一般人には禁句ワードにするべし!
 “学級崩壊”という言葉が学級を崩壊させていくような気がします。
 親が不安になったら子どもも不安になり、親が先生を悪く言えば子どもたちも馬鹿にするようになる。それで本当に学級が崩壊していく、という構図が浮かびます。
 …と、偉そうなことを言いつつも、声高に皆に向かってそれを熱く言っていくほどの正義感と情熱はありません。ただ、聞かれたときには「学級崩壊って、よく分からない。べつに楽しく行っているよ。」や「先生も、うちの子には合っているみたい。」と真実を言い、なるべく鎮火させる方向の発言を心がけようとは思っております。
 同じ保育園だったママさんも「個人面談でも先生が言っていることはマトを得ていたし、そんなの知らな〜い。」と言っていて、同じような見方、考え方の人もいてよかった、よかった、と思うのでした(^.^)

  
コメント(0)mederu日記
SAS II RO(サシイロ) 冬の新作のご紹介♪
 昨日あたりからグッと冷え込んできました。
 寒がりな私には、朝布団から出るのに気合が必要な季節となってきました。ハリボーもちょっと目を離すと、やるべきことをやらずに暖かいところでぬくぬくしていて、私が喝を入れる日々が続いています。
 でも、東京の寒さなんてまだまだですね。半袖を着ていた時期に雪虫が飛んでいるとのお便りがあり、今では雪がちらつく季節となった北海道より、素敵なアクセサリーなどなどが届いております♪
 SAS II RO(サシイロ) 冬の新作です。
 SAS II ROさんから送られてきた北海道の銀杏並木の素敵な画像と一緒に、作品をどうぞお楽しみ下さい。



真鍮フォトフレーム(T) 刺繍入り 税込4,935円
サイズ:8.5cm×8.5cm
クリスマスツリーの刺繍の入ったフレーム。
真鍮の色合いがアンティークな雰囲気をかもし出しています。
壁掛け、スタンド両用タイプです。
ツリーの他にリース柄もあります。



真鍮フォトフレーム(U) 刺繍入り 税込3,990円
サイズ:8.5cm×8.5cm
透かし柄タイプの真鍮フレーム。
壁掛け、スタンド両用タイプです。
ツリー柄もあります。



クリスマスオブジェ&ピアスホルダー 各税込2,100円
木の台のサイズ:約8.5cm×2.5cm×4.3cm
金属を巧みに操るSAS II ROならではの作品。
オブジェ兼ピアスホルダーとしてお使いいただけます。
お手持ちのピアスを素敵にディスプレイして下さい(^.^)





SVピアス 税込2,415円
銀線で形作ったクールなピアス。
パールの付いた女性らしいデザイン(税込2,415円)や真鍮のもの(税込2,100円)もあります。



SVネックレス ガーネット 税込4,515円
銀線のパーツが大小のバラの花にも見え、大人の女性にピッタリのネックレス。
一粒付いた天然石が目をひきます。




SVネックレス パール 税込3,990円
ピアスとお揃いで着けたら、パーティーシーンでも映えますね♪



 その他、8.5cm×6.7cmの真鍮フレームのミニサイズ(税込2,100円)や、人気の天然石編み込みネックレス&ピアスも各種入荷しております(#^.^#)

  
コメント(0)mederu日記
落語と飲み会。
 昨日は、ハリボーの学校で落語家 三遊亭 愛楽(あいらく)さんによる「親子愛」をテーマにした落語を聴く会があったのでそれに行き、夜は前の職場の人たちとの飲み会に参加してきました♪

 三遊亭 愛楽さんは、あの『笑点』で座布団を運ぶ山田君に座布団を渡している方、だそうです。
 でも、お仕事はもちろんそれだけではなく、日本全国を公演で飛び回り、かつ中学生と小学生のお父さまで、小学校のPTA会長もされているそうです!
 最初の挨拶では、いつもダンディーな校長先生がダジャレを披露。落語の前座という意識があったのでしょうか。校長先生、がんばっておられました!
 落語って生で聴いたのは初めてでしたが、声の強弱や表情や扇子さばきが絶妙で、江戸の街並が見えてくるようでした。
 そして、“親子が仲良く暮らすことが何よりの幸せ”ということが伝わってくる内容でした。

 さて、その後は夜の会へ。場所は銀座にある『利き酒処 酒の穴』→http://www.sakenoana.com/
 メンバーは私を入れて4人。飲み会の後などにはこの日記に書かれていることを知っていたので、心置きなく書かせていただきます!
 
 まずメンバーの一人目は、50歳目前にして第三子が誕生し、「下の子が大学出る頃俺70歳。子供のために一生働いて終わるんだ。」と苦笑している元上司のA氏。この上司はたびたびこの日記にも登場しています。私が飛び出した組織を中からも外からも見ることができ、組織のためだけでなく、国民のために仕事ができる尊敬すべき人(ちょっと誉めすぎかしら?でもご本人も読んでいるのでこのくらい書いておきます(^.^))。
 そして二人目は、麗しきアラウンド40の独身女性、Bちゃん。エキゾチックな美しい顔立ち、そこから飛び出す言葉は切れ味がよく時に鋭い。彼女も今に組織を飛び出すかも?
 最後の一人は元後輩の男子、C君。宮城県で一緒に仕事をし、今は転勤で静岡に。小島よしお似なことを最初に気づかせたのはこの私。彼も今後については模索中。“何をやりたいか”を悶々と考えるべし!と先輩面してアドバイスしてみました。

 3時間以上もあれやこれやと話し、「これをブログに載せてよ。」と言われたことがあった気がしたけれど、お酒の席でのこと、何だか忘れちゃいました〜(#^.^#)
 そうそう、このメンバーにも「イチローは好きですか?」との質問をしてみたところ、Bちゃんはやはりするどく「嫌いかな。個性的なところがイヤ。」と言い、C君は「好きですね(^.^)」とのこと。A氏は、「どちらでもない。」ということで引き分けでした。
 これまでの私の周りの統計結果は、11人中、“好き”が3名、“嫌い”が7名、どちらでもないが1名です。
 世界に誇れる日本人で一位だったことから、皆好きなのかな?と思って聞き始めたのだけれど、結構好きではない人が多い。やっぱり、“誇れる”のと“好き”は別物なのかも。
 
 ちなみにA氏は「テレビに出ている人は演じているわけだから嫌いも好きもない。」と言うので、それに関しては他の三人で「えー!?」。
私:「もちろん!その演じているイメージが好きか嫌いかですよ。」
Bちゃん:「例えば、分かりやすく言えばデビ婦人!デビ婦人は好きですか?」
C君:「僕は嫌いですね。」
A氏:「嫌いも好きもない。」
私:「じゃあ、好きな芸能人っていないんですか?吉永小百合はどうですか?風吹ジュンとか?」
Bちゃん:「なぜに風吹ジュン?(笑)」
C君:「いや、風吹ジュンさん、可愛らしいですよね(#^.^#)」
A氏:「…あぁ、そういう感じなら、小学生の頃はいた。…八千草薫。」
他の三人:「いいじゃないですか!そういうことですよ!!」

 と、思い出す限りで書いてみたら、とてもお馬鹿な会話だこと^_^;まだまだ延々続いたのだけど、このへんでやめておきましょう。
 でも、お酒の席での会話って、こんなもんですよね?

地価が日本一高いと言われている銀座4丁目交差点↓



銀座の街もクリスマス♪↓



  
コメント(0)mederu日記
もうすぐクリスマス♪+”嫌う”についての本のこと。
※明日11/18(火)はお休みです。

 そろそろクリスマスソングが流れる季節となりました。
 mederuでも、昨日からクリスマスツリーを出しました♪
暗くなってからのほうがきれいですよね…。




 ガラス棚でもサンタさんやスノーマン、かわいい動物たちがツリーに囲まれて楽しそうにお待ちしておりますよ〜(#^.^#)


 ちなみに、天然素材で作られたリースが大人気!(画像にはありません(>_<))
 数が少なくなってきておりますが、店頭に並んでいるもので終了、売り切れ御免ですのでどうぞお早めに〜。

 と、ここでやめておけばよいのでしょうが、変わった本に出会ったのでちょこっと書きます。。。
 『「ひとを<嫌う>ということ」中島義道 角川書店 』という本。
 今まで、コミック本や映画やドラマのことはこの日記でも書いたことがありますが、普通の本については気楽に書けない気がしてあえて避けてきました。それが、何となく、ま、いっか!という吹っ切れがありまして、たまには本についても書いてみようかと思います。

 この本は、実家にあったのを借りて読んだ本で、たぶん姉が、人に嫌われたか嫌ったかした時に買ったものと思われます。
 著者の中島氏は、かな〜り変わった方で、自分自身、家族(妻と息子)から大変嫌われていて、かつ嫌いな人が沢山いるという人物です。
 その人が、とことん、“人を<嫌う>こと”について分析してみた結果と考察を書いた本です。
 特に印象に残っている内容は(文面どおりではありません)、
“「嫌い」と向き合わない善人という人種には大きく分けて二通りがあって一つは、自分はいつも被害者であると思っている人で、自分の加害性に盲目である。こういう人は、自分の善意がいかに裏切られたかということで愚痴ばかり言っている、あるいは腹に溜め込んでいる。そして、相手には気づかせないでニコニコし、実は深いところで恨みを募らせ、切り捨てているタイプ。もう一つのタイプは、全て他人は善人だとみなす人。相手の悪意も善意に切り替えて解釈し、全ての人を好きになるべきだと考えている人。こういう人は、こう考えないと落ち着かない。こういうタイプはだいたいうまく世を渡っているが、この本の著者はこういう人に直感的に苛立ちを覚えている。両者とも同じ穴のムジナで、自分と相手との対立を正確に測定しない人たち。この一見平和なように見える状態には、嘘があり、無理があり、思い込みがあり、幻想がある。こうした善人たちがこの国では猛威を振るっている。”
 この著者は、「嫌い」を自然に肯定する生き方、さまざまな人を嫌い、さまざまな人から嫌われる生き方、それはそれでたいへん豊かな人生だと言っています。
 
 これはこれで面白い考え方だと思いました(^.^)
 人を好きになったり、嫌いになったりするのって、人間なら誰しもあることで、自分が好きでも嫌われたりして、その理由もよく分からなかったり、合理的にはいかないもの。それを受け止めるか、目を逸らすかでは人生も変わってきそう。
 嫌いな人をなぜ嫌いなのか考えると、自分にないものを持っていたり、逆に自分の中のイヤな部分がその人からも見えたり、自分というものを分析する手がかりになったりもします。

 それと、この本の『自己嫌悪と「ひきこもり」』という項では、「優しさはそれ自体としては麗しいことですが、それだけでは人間は生きてゆけない。他人とは対立せざるをえないし、…相手を嫌わざるをえないし、嫌われざるをえない。それが自然なのであり、…だからこそその醜さを克服しようとする、そこに人生の価値があるということをあらためて教えねばならない。」とあって、それは“毒を抜いた美しい世界”を見せるだけでは子供は育たないと思っている私にもしっくりくるところでした。

 かなり変わった人物の書いたかなり変わった内容の本ですが、“人を嫌ったり”、“人に嫌われたり”してお悩みの方には、“な〜んだ、嫌っても(嫌われても)いいんじゃん!”と思わせてくれるかもしれない、そんな本です。
  
コメント(0)mederu日記
PIANURA(ピアヌーラ) 新作ファブリック雑貨のご紹介♪
 昨日ハリボーが「僕、闇医者になりたい。」と言っていました。『ブラックジャック』に相当影響を受けているようです^_^;

 さて本日は、PIANURA(ピアヌーラ) 新作ファブリック雑貨のご紹介です♪
 イタリア語で“平原”を意味するPIANURAの作品らしく、爽やかなグリーンやブルーを基調としたファブリック雑貨が入荷しております〜。
 ガーリーな雰囲気でかわいすぎず、“大人かわいい”がお好きな方にオススメですよ♥

グリーンドットのコーデュロイバッグ 税込3,570円
サイズ:縦(持ち手含まず)27cm×横46cm
グリーンのピンドット柄がかわいいワンショルダーバッグ。
クッション入りのコーデュロイなので、触り心地はふかっとしていて軽いのもgoodです!
たっぷり入る大きさです。


中には大きめのポケットが2つも付いていて便利♪
入れ口はマグネットボタンでパチンととまります。



お花柄のエコバッグ 税込2,310円
サイズ:縦(持ち手含まず)34cm×横30cm×6.5cm ※たたんだ時8cm×16cm
チョコミントみたいな色合いと小さなお花柄が大人かわいいエコバッグ。
中央に3つ並んだくるみボタンがアクセント♪
底マチはなくても横が開くようにできているので収納力にも問題なしです!


中布にもこだわりが…。きれいで上品なお花柄。


クルクルたたんでパチンととめて、コンパクトサイズになったらお出かけのかばんの中にポンッとしのばせて…。



チロリアンテープのミニバッグ 税込2,310円
サイズ:縦(持ち手含まず)23.5cm×横19cm
ランチやちょっとそこまで〜のお出かけに!
チロリアンテープがアクセント♪


中にもチロリアンテープで縁取られたポケット付き。



チロリアンテープのポーチ 税込2,310円
サイズ:10cm×15cm×4cm
クッション入りのポーチなので、お化粧品はもちろんのこと、小型のビデオカメラ入れとしてもお使いいただけます。


中にはレースで縁取られたポケットが♥



チロリアンテープのケース 税込1,155円
サイズ:11.5cm×11.5cm
こちらもふわっとクッション入りのケースです。
薄型のデジカメやアクセサリーの収納にも◎!


小さいのにちゃんと内ポケットが付いているのが嬉しいじゃあ〜りませんか(#^.^#)



  
コメント(0)mederu日記
ブラックジャック。
 最近ハリボーが家ではまっているもの。
 「神のようなメスさばきで、奇跡を生み出す命の芸術家。時代が望んだ天才外科医、ブラックジャック!」というセリフから毎回始まる手塚治原作『ブラックジャック』のテレビアニメ版のDVDを観ること。

 ハリボーはしきりに「ブラックジャックって、いい人?悪い人?」と聞いてきます。その度に、
私:「う〜ん、それは難しい質問だねぇ。闇医者だから法律上は悪い人、でも人を助けているのはいいことだからいい人でもある。」
夫:「それが人間。」
私:「いい人、悪い人と簡単には言えないのが人間。」
夫:「ブラックジャックは、お金持ちからは大金を取り、貧乏な人からはお金を取らないこともある。ある人にとって悪い人が、またある人にとってはいい人だったりもする。」
私:「人間って、複雑なんだよね。」
 
なんて話します。

 “漫画の神様”と言われる手塚治さんって、やっぱりすごい。子供にも分かるストーリーで、しかも奥が深い。感心しきりで私も一緒に見ている今日この頃です。

さっそく、学校の“自由帳”に落書き。↓
左はブラックジャックに登場する“手塚治似(?)の医師”。右上の恐ろしい目をした女の子は“ピノコ”。



もう少しちゃんと描いたブラックジャック。↓
なんとなくカラスみたい。



  
コメント(0)mederu日記
GARANDESIGN(ガランデザイン) 中村幸代 秋の新柄手ぬぐいのご紹介♪
 昨夜はまんまるお月様がきれいな夜でした。そして今日は爽やかな秋晴れ。色づく木々が美しい季節ですね。

 さて本日は、GARANDESIGN(ガランデザイン) 中村幸代 秋の新柄手ぬぐいのご紹介です♪
 広く美しい萩の原を一頭の馬が鬣をなびかせて走り去り、後には澄んだ風が残る…そんな、雄々しさと一抹の淋しさを感じるような…情感あふれる作品です。
 デザイン性の優れた手ぬぐいは、男女問わず人気が高いのですが、特に今回の新柄『萩の原柄』は男性からの評価が高いようです。
 男性は萩の原を突き進む馬に自分を重ね合わせてみるのでしょうか。

『萩の原柄』手ぬぐい 税込1,470円
デザイナー中村幸代さんの言葉:
「『行き行きて 倒れ伏すとも 萩の原』 俳人芭蕉とともに旅をしていた、弟子の河合曽良の詠んだ句です。曽良は萩が大好きだったといわれます。この句はもし旅先で病で倒れてもそこが美しい萩の原だったら何もいうことはない、という意味かと思います。 自然はすべてを受け入れてくれます。心の悲しみも苦しみもすべて萩に受け入れてもらいたい、そんなことを願う柄です。 ちょっとメッセージが暗いですが、決してネガティブな感じではなく、ストレスのたまった時には、自然を眺めにいって心を癒されましょうというかんじです。自然を眺めにいく暇がなかなか取れない方は、この“萩の原柄”でほっと一息ついてもらえるとうれしいです。」











  
コメント(0)mederu日記
ソファー探し。
 少し前から、自宅のリビングにソファーを置こうと検討していて、昨日は夫とショールーム巡りに行ってきました。(夫が休暇をとって。)

 まずは、日本最大の大塚家具の有明ショールームへ。↓


 東京ドームグラウンドの二倍の広さというショールーム。土日は受付だけで列ができているとか。平日なのでゆっくり見られました♪
 ソファーだけでもざっと30脚は見たかな?

 人が70〜80人は寝られそうなほど大きなペルシャ絨毯!↓


 4人の職人が7年がかりで織り上げたとのこと。芸術品です!
 一応、非売品ではなく、お値段は3,000万円位とのこと(*_*)
 
 “大塚家具は高い”というイメージが何となくありましたが、ちょうど円高還元セール中でしたし、幅広く取り揃えてあり、付属品も全て揃うというメリットあり。

 お次の目的地、南青山に行く途中に、せっかくこの辺にきたのだからと、東京ミッドタウンに寄って、前に来たときから気になっていた豚肉専門店『平田牧場』↓にて遅めのランチをとりました)^o^(


 東京ミッドタウンに来たのは約一年ぶりです。(2007年11月28日のmederu日記に書いた時以来。)その時は夜だったこともあり、『平田牧場』には行列ができていましたが、今回は14:00過ぎだったので、5人程の列でした。
 メニューは三元豚三昧。↓ミッドタウンの中では格安のメニュー揃えが嬉しい(#^.^#)


 “三元豚”とは、ランドレース(多産で子育て上手。)とデュロック(健康で丈夫。肉にサシが入る。)とバークシャー(いわゆる黒豚。旨みと食感に優れる。)の三種をかけ合わせた、生命力と優れた肉質を持った品種だそう。
 オススメはやはりかつ御膳だというので、私はやわらかかつ膳を、夫はロースかつ膳を注文。
「三元豚 やわらかかつ膳」↓


「三元豚 ロースかつ膳」↓


甘めのソースor辛味噌ソースor塩でいただきます。↓


ベージュがかったお塩でいただくのが想像以上に美味でした。

 平田牧場の豚さんは、お米を食べて育ったそうで、脂身があっさりとしていて、一切れずつ交換したら、断然ロースかつのほうが美味しかったです。普段私は脂身が苦手でかつはひれかつ派なのですが、ここのだったらロースかつ!次回はそれにします。(熱く断言!)

 ミッドタウンでお腹いっぱい食べた後は、目的地の南青山にある『sofa100%Noyes』へ。
 ここは布張りのソファーが中心で、若手クリエイターが造ったソファーが並ぶショールーム。
 大塚家具では革張り中心、sofa100%Noyesでは布張り中心に見ました。
 
 そしてせっかくなので、南青山→表参道をぶらぶら。
南青山で見つけた、南仏の雰囲気漂うかわいいお花屋さん↓



表参道ヒルズ↓


日本人は“ヒルズ”をつけると“高級”という条件反射をしてしまう不思議な生き物。

 表参道ヒルズ内。螺旋状にお店が並び、ぐるぐるとショッピング。どこまで分かっているのかは分かりませんが、夫は「さすが安藤忠雄の空間…。」なんて言っていました。↓30分毎に、音と光のプチショーが楽しめます。



ヒルズの中の『DEL REY』でお茶♪



イブニングティーセット 本日のチョコレートは、ダイヤモンドなんとか。(正式名、忘れました^_^;)ピスタチオのクリームが入ったチョコレートです。↓



イブニングティーセット 本日のケーキはガトーショコラ。ほろ苦い大人の味。↓



 隣に座ったかわいい女の子二人組みが2,000円もするクレープを注文してくれたので、『クレープ焼きパフォーマンス』が見れました!(^^)!↓


 オレンジの皮をクルクルと剥いていきます。その後は、火がボワンッとなる“フランベ”や、オレンジの皮を火のついたブランデーがつたう技も披露。

 街はもうクリスマスモード。ヒルズの中では、何千粒というキラキラがちりばめられたツリーがそびえ立っていましたよ♪↓





 そして、都会を満喫した私たちは、ほっとする町“板橋区”に帰りました(^.^)
 住むなら断然板橋!でも、たまには洗練された街並も楽しみたい。だから東京暮らしはやめられない私です。
 あ、そうそう、恵比寿駅に着いた時、とても焦げ臭くて「何だろうね?」と言っていたら、昨日渋谷の住宅地で火薬の爆発事故がありましたよね。その煙だったようです。空気が乾燥しているので、火の元には十分に気をつけましょう。

  
コメント(0)mederu日記
お店をやるということ。
※明日11/12(水)は、お休みです。

 少し前に、近くのオシャレで美味しいカフェ「sa la da te(サラダテ)」からDMが届いて、12/27をもって閉店することが書かれていたので、驚きとショックと淋しさを感じていた矢先のこと、昨日、そのカフェの店長兼経営者のMさんがmederuにお買い物に来てくれました。
 時間的には少しの間でしたが、色々とお話をしました。
 Mさんは、大学を卒業してすぐにそのカフェを始めて4年。まだまだ若いのに、彼女の誠実で素直な人柄と料理の腕と持ち前のセンスでカフェを切り盛りし、着実にお客様を増やしていき、経営も順調。そんな中での閉店の決意だったのです。
 DMに、“今後は地元に戻って活動していく”と書かれていたので、私は“あぁ、そうか。地元っていいもんね。地元に根をはっていきたいと思ったのかな。”と、淋しさを感じながらも納得というか、ちょっと安心したような気持ちになったので、そのことを伝えると、やはり10年後の自分をイメージした時に、ここじゃないのかな、と思ったのだそう。お店って、終わりはないんだな、と気づき、そう考えた時に、10年後、20年後の自分を想像し、考えに考えた上での決断だったようです。
 私は、Mさんの話す一言一言がとてもよく分かり、「そうだよね、そうだよね。」と聞きました。
 「本当にこれまで、色々な人に支えられてやってきたんだな。」という言葉や「色々な人と出会えた楽しさ。」という言葉など。
 Mさんは、「やっぱり自分でお店をやっている人にしか分かってもらえないところがあるみたいで…。閉店の時期も“早い!いきなり!”って言われて^_^;」と言っていました。 
 確かに閉店のお知らせにはビックリしたけれど、じゃあどのタイミングがいいのだろう?“半年後にやめます”や“一年後にやめます”っていうのも何だかね…。“このお店、半年後にはなくなるんだよなぁ”と思われながら来てもらうのも心もとないし…。かといって一週間前では急すぎて“何かあったのかな…。”って感じだし。やっぱり、ちょうどいいタイミングでのお知らせだったのではないかと思います。

 これから、Mさんは地元でまた新たなる夢に向かって進んでいくのでしょう。彼女ならできる!
 やっていきたいことは決まっていたので、おそらく会社勤めはしなさそう。会社勤めの経験がないので、どういうものか分からないと言っていました。それってすごいな。
 私は、もう雇われて働くことができない身体になってしまったように思います。(まぁ、経済的な問題や家族の問題でそうしなければいけなくなれば、やれるとは思いますが、自発的には。)
 
 少し偉そうなことを言わせてもらうなら(聞きたくない方は読み飛ばして下さいね(^_-)-☆)、自分で起業や開業をすると、会社勤め時代には見えなかったことが見えてくるものです。これまでの慣習でやるということがなく、全て“これは本当に必要か?”といったことを一つ一つ自分で考えながらやっていくので。
 会社勤め時代には、いかに何も考えないで無駄とも思える慣習を多くしてきたことか、と思います。
 それと、自分のやりたいことを実現した時の喜び、楽しさもひとしおで、かつ、一から作り上げた時の達成感は、最初に始めた人だけが味わえるもの。そのことを知ってしまうと、人から言われたことを淡々とやっていくということが難しくなってくるものです。

 ということで、Mさんもその経験を味わってしまった人ということで、きっとこの先も次のステップ、その次のステップ…と自分自身で考え、実現の喜び、達成する感動を味わいながら、進んでいくのだと思います。
 Mさん、がんばってね!遠く板橋の地から応援しています\(^o^)/

 ちなみにmederuはまだ当分、ここ愛する地、板橋区仲宿でやっていく予定です!今後とも末永くご支援の程、よろしくお願いします<(_ _)> 
 もし新たなステップを踏み出すことになった際には、2ヶ月前にはお知らせしますので(^.^)
  
コメント(0)mederu日記
4mame 新作ファブリック雑貨のご紹介♪
※昨日は所用でお休みをいただきました<(_ _)>

 日本を代表するジャーナリスト 筑紫哲也さんがお亡くなりになりましたね。
 『ニュース23』の“多事争論”、いつも聞かせていただいておりました。
 少数派の味方で、強いものに厳しく、弱いものに優しい論調が好きでした。

 さて本日は、4mame 新作ファブリック雑貨のご紹介です♪
 4mameさん、親知らずを抜いて大変だったそうですが、作品作りの手は抜かず、今回も4mameテイスト満載です(^.^)
 ナチュラルなお人柄がそのまま作品に反映され、生地のもつ良さが活かされている4mameさんの作品たちをどうぞご堪能下さいませ。

ウールトートバッグ 税込3,360円
※こちらはsold outとなっております。
入れ口のレースとチラッと見える中布がガーリー(#^.^#)
横のレースもポイントです♪





リバーシブルトートバッグ 税込3,360円
サイズ:縦(持ち手含まず)26cm×横50cm×マチ幅13.5cm
シックなパープル地とナチュラルカラーなコットンリネンのリバーシブル。
全く違った表情が楽しめる大きめリバーシブルバッグです。
コットンリネン地側にはポケットが付いています。



ウールレースバッグ 税込3,360円
※こちらはsold outとなっております。
ふわっとしたウール生地にレースの透かし模様が素敵。
かっちりとした持ち手なので、よそ行きの場面でもお使いいただけます。



ウール&革のポシェット 税込3,675円
サイズ:縦20cm×横20cm×マチ幅4cm
あったか色のウール地に肌触りのよい本革を使用したポシェット。
横にはレース、後ろは水玉模様で、かわいいエッセンスを入れながらも落ち着いた色合いの大人ポシェットです♪




後ろは2つのポケットになっていて、内側にもポケットが付いているのでとっても便利(^.^)
紐は長さ調節が可能です。



ソーイングセット 税込1,785円
※こちらはsold outとなっております。
ピンクッションに糸、針、メジャーなどのソーイング小物が手作りのカゴに入ったお得なセット♪
置いておくだけでもかわいいですね。



リバーシブルミニマフラー 税込1,575円
サイズ:14.5×74cm
ドット柄のフリース地と小花のダブルガーゼ地のリバーシブルミニマフラー。
寒くなってきたので、首もとにちょこんと巻いて温かく♥



おでかけミニブランケット 巾着付き♪ 税込2,310円
※こちらは2点ともsold outとなっております。
ナチュラルテイストな巾着の中に、ちょっぴりノスタルジックな雰囲気のバンビ柄のブランケットが入っています。
ブランケットにはループが付いているので、ベビーカーにも引っ掛けられますよ♥
小さなお子様のいるお客様と、ギフト用でお嫁入りしました〜。





  
コメント(0)mederu日記
臨時休業のお知らせ。
※誠に勝手ながら、本日11/9(日)は臨時休業とさせていただきます<(_ _)>
 
  
コメント(0)mederu日記
文化の日の一日。
※本日11/8(土)は午後4:30までの営業となっております<(_ _)>

 今日は時間があまりないので、11/3の文化の日に撮った画像でもって失礼します。

『学童の運動会』
 ハリボーの所属する学童の他に、区内の5〜6ヶ所の学童が集まって催された運動会。
 参加人数が少なく、ハリボーの学童も70人はいるはずなのに、参加者は12〜13名。
 お昼は父母会お手製の炊き出しで、豚汁やカレー、牛丼をいただいた。
 準備が大変そうなのに、参加者は少ない行事。来年もあるのか?でも子供たちは楽しそうだった(^.^)
 ちんまりと集まった“働く親をもつ子どもの集団”↓



『学童の運動会での「しっぽとり競技」』
 自分と違う色のしっぽをとるという単純な競技。
 「しっぽを短くしたら反則でーす!」、「新しいしっぽを配ります。」など、外から聞いたら意味不明なアナウンスが流れる。
 外側にしっぽを向けて休んでいる男子、かしこいかも。中心部の戦場にいる子どもたちは走る、走る!ちなみにハリボーは戦場に。↓



 “かしこい男子”のかしこさに気づき、しっぽを外に向けて休む面々。↓
 ハリボーはまだ戦場の中。



『学童の運動会での「なわとび持久戦〜おとなの部」
 運動不足の身体に鞭打って、大人も跳ぶ跳ぶ!↓
 主人は早々に撃沈。



『城北中央公園』↓
 運動会の後、『崖の上のポニョ』を観にいく途中に寄った公園。
 敷地面積254,752.72平方メートルという広大な土地に、9,200本、16,100株もの樹木が生きているという。遺跡も幾つかあるとのこと。
 まだまだ私の知らない板橋区があることを実感。またゆっくりと散策してみたい。







『ラーメンチェーン店 日高屋の中華そばと餃子』↓
 映画『崖の上のポニョ』を観た後、ラーメンを食べて帰る。
 シンプルな味。
 ちなみにポニョは絵がきれいで、♪ポーニョポーニョポニョさかなの子♪を歌っている大橋のぞみちゃんのかわいい声とこましゃくれてないところが好き。



  
コメント(0)mederu日記
毒っけ。
※明日11/8(土)は、午前11:00〜午後4:30までの営業となります。

 先日、ハリボーの学校で月に一回配られるお便りの中の校長先生の文に、“一年生の個人面談で、図書室から借りてきた怪談話しの本が、子供に読ませるのにふさわしくない内容だったとのご指摘を受け、読んでみました。いやな気持ちになるものもありましたが、いい話もありました。一年生には刺激が強すぎるかもしれませんが、色々読んで選択できる能力を育てることが必要です。怖いもの見たさも読書への意欲として大事にしたいです。”といったことが書いてありました。
 私はすぐにその本について“あ、この前ハリボーも借りてきた本のことじゃないかな。”と思いました。
 その本は、昔からの怪談の本で、確かに挿絵に侍の切腹や打ち首の刑のシーンが載っていましたが、コミカルタッチで描かれていたし、実際、昔はやられていたことなので、私はさほど気になりませんでした。“ハリボー、またこんなの借りてきちゃって^_^;”と思ったくらいで。

 ハリボーなんて、怖いもの見たさの固まり。実際のお化け屋敷など自分が体験するものはとっても苦手だけれど、本では妖怪やお化けものを借りてきて、想像力を膨らませ、怖さを募らせて楽しんでいるようです。
 そういう、本から想像力を膨らませることって大事だと思うし、読んでみて自分がイヤな気持ちになれば、自然と読まなくなるだろうし、校長先生の意見に同感です。

 主人にこの話しをすると、「そういうことを学校に言う親って、子どもの頃に『エコエコアザラク』とか読まなかったのかなー?」と。
 『エコエコアザラク』、久々に聞いた懐かしい言葉に私も思わず「読んだ、読んだ!」と反応。でも、『エコエコアザラク』って、メジャーではないと思うので、知らなくても普通です。知らなかった方、ご安心を^_^;
 黒魔術を操る女子高生が、人々の心の闇を描く漫画で、私も“怖いもの見たさ”から小学生の時にコミック本を読破した覚えが…。
 最後に必ず主人公の女の子が「エコエコアザラク、エコエコザメラク…。」と呪文を唱えるところでゾクゾクっとしたものです。
 そういうものを読んでいても、大人になった今、主人も私も特にオカルトものが好きなわけではありません。

 子供たちの周りから、毒っけを一切取り払おうとするのって、どうなのだろう?小さなうちからある程度の免疫をつけておいたほうが、大人になってからかえって毒にはまらないような気がするのだけれど…?
 かくいう私も、ハリボーが”偉人の伝記もの”などに興味を持って借りてきてくれる日がくればよいなぁとは思っていますが^_^;

  
コメント(0)mederu日記
OURS(ウース) 新作アクセサリーのご紹介♪
 初の黒人アメリカ大統領が誕生しました\(^o^)/←オバマさんを応援していたわけではありません。初めて黒人が大統領になった、ということに対する万歳です。
 この世から差別はなくならないと思うけれど、肌の色や住んでいる地域で何かが決まるというのはナンセンス!
 ちなみに、渋谷のギャル言葉で「オバマ」は、「おばさんマニア(年上の女性を好む男性を指す)」、「ヒラリー」は、「平のサラリーマン」だそうです^_^;

 さて本日は、キャンディみたいなポップな雰囲気と、シュールで都会的な雰囲気の両面をもった樹脂アクセサリー OURS(ウース)の新作をご紹介します♪
 今回は、ピアスやヘアピン、ストラップが多数入荷です!※画像は一部になります。

スクエアピアス 各税込2,730円
初登場のスクエア型。
“OURS”の文字も入った世界に一つだけのデザインピアスです♪



サークルピアス 各税込1,785円
こちらは再入荷のサークル型ピアス。
光の加減でスパンコールが埋め込まれているものも!



スクエアヘアピン 各税込630円
スクエア型はちょっぴり大人っぽい雰囲気。
着物姿にも合いそう。



サークルヘアピン 各税込525円
人気のヘアピン再入荷です♪



 その他、人気のストラップも多数入荷しておりま〜す(^.^)

  
コメント(0)mederu日記
問屋さんの創業祭にてランチ。
 今日は大手問屋さんの創業祭に行ってきました。すんごく混んでいて、会計などに時間がかかり、4時開店の予定が30分程遅れてしまいました<(_ _)>
 その問屋さん、創業106年という歴史だそうです(*_*)商人の歴史は長いな〜。

 ということで、本日は時間がありませんので、今日食べたランチをご紹介して失礼します。
『バターチキンカレー&ハニーラッシー』↓


 問屋さんの特設食堂に、千葉県検見川にある『印度料理シタール』のシェフがはるばる出張してきていて、事務室みたいなところで調理。でも味は本格派。
 マイルドだけれど不思議な香りのスパイスがきいたカレーは美味♪インドの野生の黒蜂蜜を使用したというハニーラッシーは、濃厚でちょっとクセがあり、好きな人はやみつきになるようなお味でした〜。

  
コメント(0)mederu日記
M*NH(マナホ) 新作ミニチュア雑貨のご紹介♪
※明日11/5(水)は、夕方4時から3時間の営業となります。

 また一人、いばらの道を選んだ若者が出ました。柔道の北京オリンピック金メダリスト石井慧。
 発言などに危なっかしいところはあるけれど、真剣に考えて自分の道を決断した人のことは、いつだって応援します!
 ましてや総合格闘技、好きですし。先日のK1での魔裟斗の試合では泣けました(T_T)闘う男の世界、これからも楽しみです!(^^)!

 さてさて本日は、人気のミニチュア雑貨作家 M*NH(マナホ)より、またまたかわいい作品がたくさん届いておりますのでご紹介します♪
 新アイテムとして、スイーツやフルーツのマチ針やピンクッションも!既にsold outも出てきておりますよ〜。

ピンクッションとマチ針のセット 
(マチ針12本セット):各税込1,680円
(マチ針4本セット):各税込840円
※スイーツマチ針4本セットは全てsold outとなっております。
きゃわゆいスイーツやフルーツのミニチュアが付いたマチ針とピンクッションのセットです。
お裁縫好きのお友達へのギフトにも人気です♥





フェルトピンクション 各税込1,260円
プリンや苺のショートケーキの形をしたフェルトピンクッション!
スイーツやフルーツのマチ針をさしたらかわいさ倍増ですね(#^.^#)


フェルトのふわふわ感がますます本物のケーキみたいで美味しそう…。



マチ針セット 各税込525円
フルーツやスイーツの付いたマチ針の5本セットです♪
フェルトピンクッションと一緒にどうぞ…。



<各種フレーム>
『ガーデニング』 税込1,785円
サイズ:10cm×10cm
立体の小箱の中にかわいらしいガーデニングの世界がぎゅっと詰まっています。



『タルトコレクション』 税込1,470円
『ドーナツコレクション』 税込1,260円
※ドーナツコレクションはsold outとなっております。
サイズ:フレームの外枠7.7cm×10cm
かわいいスイーツがずらっと並んで、ケーキ屋さんやドーナツ屋さんのショーウィンドウのよう…。


このタルト一つが小指の爪ほどの大きさです。



『バスグッズ』 税込1,260円
サイズ:フレームの外枠7.7cm×10cm
ブラシにパフに石けんにおもちゃのガーガーちゃんまで…。



『レターセット』 税込1,260円
サイズ:フレームの外枠7.7cm×10cm
ペンにインク瓶にスタンプに切手に便箋…。デスクにちょこんと飾ってください♪



『フォトフレーム〜ベビーグッズ』 税込1,575円
サイズ:9.5cm×19.0cm
右側には写真が入れられて、出産祝いにもピッタリです。
ベビーグッズは見ているだけで幸せな気分になりますね♥





『クレープ×4』 税込1,575円
※こちらはsold outとなっております。
今食べたいのはどのお味?私は…ベリー&クリームかなぁ。





『ホールケーキ×3 カット』 税込1,575円
サイズ:フレームの外枠10.2×13.0cm
ホールケーキがカットされて…子どもたちが今か今かとフォークを持って待っていそう(^.^)



お菓子の家 ※おうちBOX付き。 税込1,050円
お菓子の家のサイズ:約4.0cm×2.5cm×2.5cm
お菓子の家にももうすぐクリスマスがやってきます♪







ホールケーキ マグネット 各税込630円
サイズ:マグネット全体の直径約4cm


この細かさ見てください!樹脂粘土でここまで作れる手先の器用さに脱帽です!



マグネットピンチ 各税込210円
各種マグネットピンチも再入荷です♪



ストラップ 各税込525円
新作のドーナツとアイスクリーム&キャンディも仲間入りして、各種ストラップも再入荷です♪







  
コメント(0)mederu日記
コメンテーター
※明日11/3(月)はお休みです。

 先日ハリボーが「あぁ、保育園に戻りたい…。」と言ったので、ちょっぴりドキッとしながら「学校、楽しくないの?」と聞くと、「勉強が面白くないよ。もっと遊びたいのに。」と言っていました。
 私は「そうかぁ。勉強は分からなかったことが分かるようになったりして面白く感じる時もあるよ。」とコメント。姉は「う〜ん、面白い勉強もあるけど、おばちゃんもほとんどの勉強が面白くなかった。でも、それも少しの辛抱だから。」とコメント。
 人によってコメントの内容って様々。「そんなこと言ってはいけません。勉強しなさい。」と言うような人がいないのはちょっと問題ありかしら?

 コメントと言えば、新聞やテレビでは毎日沢山の“コメンテーター”と言われる人達が政治や経済、教育問題などこれからの日本や世界情勢についてコメントしていますが、好きなコメント、嫌いなコメントって誰にでもあると思います。
 私が好きなコメンテーターは、写真家の浅井慎平さん。経済学者の浅井さんのほうではなく、写真家のほうの浅井さんです。
 他にも好きなコメンテーターはいるけれど、浅井慎平さんの話すことには“そうそう、同感!”と思うことが一番多い気がします。
 最近浅井さんが話していたことで共感したのが、“文明を止めるという勇気ある選択をすべき時代がきたのかもしれない。人間とは何かを考える必要がある。”といった内容のこと。 
 浅井さんはよく“人間らしさとは何か。”や“葛藤したり、考えたりすることそのものが人生。”といったことをおっしゃっていて、そういうところも好き。

 話は変わって、昨夜やっていた『赤塚不二夫伝説』でも印象に残る言葉がありました。赤塚さんと親交のあったタモリが、赤塚さんがよく言っていた言葉として言っていた「下品でもいいけど、下衆(げす)にはなるな。」という言葉。
 一見上品でも実は下衆な人や、下品だけれど下衆ではない人って、いるいる!
 
 今書いていて気づいたけれど、写真家とか漫画家とか登山家とか画家とか、“家”のつく職業を選んだ人の言葉って、好きかも。“作家”もそうですね(^.^)

  
コメント(0)mederu日記
リアルでキュートなアニマルのご紹介♪
 振込み詐欺の被害が広がっているようですね。
 母に「騙されないでよ。」と言うと、「振り込むものがないから大丈夫よ。」と。それはよかった、って、それはそれでよくないかも〜(>_<)

 さて本日はリアルでかわゆい♥アニマルたちお三方をちょこっとご紹介♪
 店頭に並べるタイミングをスタッフのKちゃんと相談中の時の会話↓
Kちゃん:「これもう出す?」
私:「う〜ん、スペースがね…。ディア(鹿)だけちょっと待機かな。」
Kちゃん:「しまっておく、じゃなくてこれは“待機”なんだね(^.^)」
 
 そう、なんか“在庫”とか“物”という感じがしなくて自然とそんな表現に…。
 今は待機でなく、出番が来て三人で仲良く並んでおりますよ(#^.^#)

働き者のロバさん 税込1,680円
荷物をたくさん背負ってくれて、優しいお目々のロバさんです♪
ネパールの山奥とかで暮らしていそう(^.^)


ちょっとターンしてみましょー!





こちらはなにやら相談ごと?
シカさん:「私たち荷物がなくて手ぶら(背ぶら)だけどいいのかしら?」
ヒツジさん:「大丈夫だよ〜。」



つぶらな瞳のシカさん 税込1,890円
フサフサの毛は、ヤギの毛(カシミア100%)。ヤギの毛をかぶった鹿なのです!


ちょんっと立ったしっぽがまたかわゆい♥



ちょぴりおとぼけ?ヒツジさん 税込1,890円
このリアル顔!なーんか、癒し系なのよね〜。
ふわふわの毛は、まさに本物、ウール100%でございます。


まんまるお尻もキュート!



  
コメント(0)mederu日記
片目の猿。
 ついに先日私のところにも『年金特別便』が届きました。そして、内容に間違いがありました!
 すぐに訂正した書類を送り、きちんと訂正してもらえたかどうかの確認方法を問い合わせたところ、訂正箇所があった人は、受給中の人から順番に確認してその結果を書面で送っている最中で、一年位かかりそうとのこと。仕方ないので承諾しましたが、一年か…長いなぁ。そういうものはササッと処理してもらってスッキリしたいのに。。。。

 昨今の社会保険庁の問題を見ていると、中学時代に剣道部の恩師が繰り返し話してくれた“片目の猿”の話を思い出します。
 剣道で七段か八段を有していた東山子先生という師が、私達の稽古に足りないものを感じた時に、厳しい口調で語っていた話。

<片目の猿>
 代々片目の猿が生まれ続けている猿山があった。その猿山に、両目のある猿が生まれた。
 しかしその猿山のボスは「この猿はうちの山にはふさわしくない。」と言って、片目をつぶしてしまった。

 という話。
 当時の私には抽象的な話がいまいち分からず、表面的な意味でしか理解できていなかったように思うのですが、今になって、“深い話だ”と思い返すようになりました。
 
 これまでの社会保険庁や、似たようにずさんな組織に勤める人の中にも、きっと“両目の猿”はいたはず。でもいつしか片目にされてしまった人が沢山いるのでしょう。片目が普通、両目は異端児として。せっかく両目が見えていたのに…。
 そして最大の問題が、こういう判断をしてしまう者がボスである組織、そういう者をボスとする組織を作ってしまう国、だと思うのです。

 子どもの時に分からなかった話が、大人になって“あー、あの話はこういうことだったのか!”と合点がいくことってある。
 話だけでなく社会の仕組みなども、今まで何かモヤモヤしていたものがある日スッと“あ!こういうことか!世の中こうなっていたのか!”ということ。
 それが、大人になっていくことの醍醐味だと思う。
 10代で分からなかったことが20代で分かるようになり、20代で分からなかったことが30代で分かるようになったように、きっと今の私で分からないことが40代、50代で分かるようになっていくかと思うと年をとるのが楽しみでもある。

 私がこの『片目の猿』の話を、今になって分かるようになったと主人に話しているのを横で聞いていたハリボーが「話してみて。」と言うので、話してあげたら、「分かったよ。」と言っていたけれど、それは文字として文法的に分かっただけなので、「フフフ…今に分かる時がくるよ。」と言ったら、「だから分かったってば!」とちょっぴりムキになっていました(^.^)
 フフフ…分かってない、まだ分かっていない…フフ…と一人楽しむ母なのでした。
  
コメント(0)mederu日記
atelier MIKA(アトリエ ミカ) 新作アクセサリーのご紹介♪
 昨日、板橋という橋のたもとでついに上地雄輔くんを見ました!ドラマ『セレブと貧乏太郎』のロケの横を自転車で通り過ぎる時にふと横を見たら、立っていました。
 テレビで見るより、スラッと背が高く、かっこよかったです(#^.^#)
 お隣のお花やさんのご主人は、目が合って思わず「あ、どうも。」と挨拶してしまって、上地くんも「どうも。」と応えてくれたそうです(^.^)

 さて本日は、ちょっぴりお久しぶりです。atelier MIKA(アトリエ ミカ) 新作アクセサリーのご紹介です♪
 ぐぐっと秋冬らしいカラーが揃い、普段にもパーティーにもお使いいただけるちょっぴり大人なアクセたちです。
 『三人展』など精力的にご活躍されている、atelier MIKAの世界をどうぞ〜。

フリフリネックレス
左:ロング 税込4,935円 サイズ:約88cm
右:ショート 税込3,990円 サイズ:約40cm
これまでホワイトカラーで展開していた『フリーズ・フリーズ〜ふりふり〜』シリーズのダークカラーバージョン。チェコビーズ使用。
月夜にキラキラと輝く樹氷をイメージした作品です。
ロングはシック&エレガントでありながら、ジーンズスタイルにも合います。
金具がついているので、二重にしてもお使いいただけます♪
ショートはゴシック風な雰囲気で、可愛い&エレガント。
どちらがお好みですか?



ビジュービーズネックレス 各税込3,990円
カラー:イエロー、赤オレンジ
サイズ:約40cm〜50cm ※アジャスターで調節可能。
ビジュー(宝石)のようにカットされたビーズと、針と糸で細やかに編みこんだ樹脂ビーズやガラスビーズを組合わせたジュエリー。
光の加減でキラキラと輝きます。
チェーンに付いているお花のパーツもポイント♪



ペヨーテボールのイヤリング&ピアス 
イヤリング:税込1,260円
ピアス:税込1,155円
カラー:イエロー系、パープル系
“ペヨーテステッチ”という編み方で編まれたビーズボールのイヤリング&ピアス。
単色でなく、表情豊かなデザインで、存在感がありながらもスッと馴染みます。
ビジュービーズネックレスとセットでもお使いいただけます(^.^)



<marimo(マリモ)シリーズ>
『いそぎんちゃく』シリーズの姉妹版!
まん丸の形から『marimo』シリーズと命名したとのこと(#^.^#)
キラキラと光るチェコビーズを贅沢に使い、エレガントな仕上がりに…。

marimoネックレス 各税込4,200円
カラー:ゴールド、シルバー、ブラック
サイズ:約22cm〜25cm



marimoイヤリング 各3,675円
カラー:ゴールド、シルバー、ブラック
※イヤリングタイプのみ。ピアスタイプの販売は未定です。



  
コメント(0)mederu日記
姉の退院と芸能ニュースから。
 皆様にご心配をおかけしておりましたが、お蔭様で昨日、姉が退院いたしました。
 早速、家族でケーキを囲んでお祝いしました。
 ハリボーは姉と再会し、二人で色々と話したらしく、“今までで一番悲しかったこと=おばちゃん(姉)の入院”、“今までで一番嬉しかったこと=おばちゃん(姉)の退院”というおば泣かせのことを言ったそうです。姉と二人の時は結構素直なハリボーです。
 姉がハリボーのほっぺをスリスリ触っていたので、「手の届くところにほっぺのある幸せだね。」と言うと、本当にそうだと言っていて、『虎舞竜』の“♪何でもないようなことが、幸せだったと思う〜♪”のフレーズが浮かんできました。

 ところで、マラソンの高橋尚子選手が引退しましたね。選手として引退しても、これからの彼女の活躍に期待します!
 監督の下を離れて“チームQ”を作ってやってきたことを失敗だったように言う人もいるけれど、自分で決めて自分でやってみたことでしか得られないものがあるわけで、人として本当の意味で“生きている人”だ!と思います。
 岡本太郎さんが言っていた「安定した道と危険な道があったら、危険なほうの道を選べ!それがパッション!生きていることだ!!」です。
 彼女の姿や言葉に勇気づけられ、救われた人がどれだけいるのだろう。口先だけの言葉ではない、自分でやってきた人だけが伝えることのできる真の言葉で。
 以前は彼女を見ていると優等生すぎてこちらまで辛くなる時があった。“優等生の殻を突き破っちゃえば楽なのに”と。今でも少〜しはそう思うけれど、引退会見を見て、“もしかしたらこの人は本当に天使のような人なのかも。優等生の殻をかぶっているわけではなく。”とも思いました。
 私はこれからも高橋尚子さんを見続け、エールを送り続けていきたいです。

 そして、高橋選手とはある意味、対極にいるなぁと思うのが原監督。
 彼の言動からは、“巨人軍に雇われている人だな”といつも思います。
 色々な生き方がありますね。

 それと、昨日の我が家での会話。
夫:「カミラ夫人のどこがいいのかなー?分からないな。」
姉:「分からない?何となく分かる。きっと、安らぐんだよ、チャールズ。」
私:「うん。でも、だったら最初からダイアナと結婚すべきじゃなかったよね。悲しませる人がいるんだから。」
姉:「それはそう。」
 英国王室をプチお茶の間評論。

 あと、最近の壊れかけている”泰葉”を見ていて思うこと。
 “人間、どちらか一方が極端にガマンしてきた関係って、いけないな”と。
 気をつけよう…。

  
コメント(0)mederu日記
デザイナーズ手ぬぐい3柄のご紹介♪
 昨日は『ブリジッド・ジョーンズの日記』のDVDを観た後に、ハリボーの個人面談に行ってきました。
 個人面談では、やはり“典型的な内弁慶”のハリボー。学校では特にこれといった問題はなく、“友好的だけどおとなしめでマイペース。先日描いた『おでん』の絵がとてもよかった。”とのこと。
 私からは、家での“内弁慶ぶり”をしっかりと伝えましたが、先生は「家で自分を出しているなら、ちょうどバランスがとれていていいですね(^.^)」と。ハリボーめ、うまくやっておるな!
 “そうそう、そういうところあるんですよ〜!”と盛り上がれるところがいまいちなかったので若干の物足りなさを感じながらも終了。
 今朝、主人が「個人面談どうだった?」と聞いてきたので、私が不満そうに「学校ではこれといって何も問題ないって。絵を誉められてたよ。」と言うと、主人も「ふ〜ん、ふ〜ん。」とつまらなそうでした。

 さて本日は、3柄のデザイナーズ手ぬぐいのご紹介です♪
 今回ご紹介する3柄は、“てぬぐいのコレカラを楽しむ場”として、デザイナーズディレクターとデザイナーの3名が企画した『てぬコレ』から生まれたものの中から選びました。
 『てぬコレ』は、伝統的で日本的な『てぬぐい』の良さを活かしながら、新しい時代の『てぬぐい』を提案。つくる現場を見つめ、くらしに寄り添いながら、クリエーターの創造力で生まれる新しいてぬぐいのデザインを手にとってもらえるとうれしい…そんなコンセプト。
 一枚の絵画のような、はたまた物語のワンシーンのような…そんな想像力膨らむデザイナーズてぬぐい、一枚いかがですか?

手ぬぐい『牡丹と里』 税込1,890円
デザイナー:中村幸代/GARANDESIGN
※こちらはただいまsold outとなっております。次回入荷をお待ち下さい。
デザイナーからの言葉:
「北陸へ行ったときに見た九谷焼のお皿と陶芸の里の大自然。日本の美しい工芸と自然がいつまでも残ってほしいことを願いデザインに起こしました。」







手ぬぐい『あさつゆ くものす』 税込1,890円
デザイナー:のぐちようこ
デザイナーからの言葉:
「そおっと しずかに すをゆらす  ひとつぶ ふたつぶ ぽろろん ぽろん  おはよう あさです ごあいさつ  ひとつぶ ふたつぶ ぽろろん ぽろん
たたんで使う時は、蜘蛛の糸にてんてんと連なる丸い朝露の不規則なリズム、その幾何学模様が心地よいように、ひろげて使う時は、静かな小さな朝のおはなしが、そおっと一面にひろがるような、そんな図案にしました。」







手ぬぐい『じゃんぐるる』 税込1,890円
デザイナー:岡村 志満子
デザイナーからの言葉:
「たたむとちょっとモダンな柄みたいで、でもでも、広げるとジャングル。あっちにコウモリ、こっちにトカゲ。カバは3頭、カエルは何匹?ネガポジ両方、目ぐるぐるさせて、探して探して。」







↓こんな感じに薄葉紙に巻かれて、デザイナーからの言葉付きです♪




  
コメント(0)mederu日記
フィリピン女性たちから。
※明日10/27(月)はお休みです。

 昨日、姉のお見舞いに行ったら、二人部屋の同じ病室の人が一足先に退院していました。姉は「話し相手として楽しかったのに淋しいよ。」と言っていました。
 いつも、お見舞いに行くとカーテン越しに「アッハッハ〜。」とか「これ面白〜い。」とかいう声が聞こえ、姉に小声で「お隣、誰か来てるの?」と聞くと「テレビ観ながらの独り言。たまに歌も歌うよ。」と言っていて、私も一回、彼女がAIの歌を歌っているのを聞きました。一応気を使ってイヤホンをつけてくれていたので、彼女の声だけが聞こえてくる、という感じ。
 
 姉によると、フィリピン出身、日本人のだんな様がいて、子どもはできなかった、という40〜50代の女性だったそう。
 「子どもできなくて淋しいよ。年とって病気になると困るね〜。フィリピン遠いよ。」といったちょっとした身の上話や、「病院はお化けが出るから怖いよ。早く出たいね。淋しいよ。」と、「あぁ、焼き鳥食べたいよ。焼き鳥おいしいね。早く出たいよ。淋しいね。」を毎日繰り返し言っていたそう。
 
 人一倍怖がりな姉はお化けのことを言われると怖くなるので、「○○(女性の名前)、お化けなんていないよ!大丈夫!!」と自分に言い聞かせるように言っていたそうですが、「みんなそういうけど、いるでしょ?怖いよ。」と言っていたそう。
 姉が「私いびきかくからうるさいでしょ?うるさかったら起こしていいからね。」と言うと、「大丈夫よ。テレビ観てるから。」と言ってくれて、“お互いさま”という感じで気を使わなくて姉にとってはよい病室友達だったそうです。
 家も近所で、普段利用しているスーパーも一緒だそうなので、「またきっと会うね〜♪」と言って別れたそうです。

 mederuのお客様にもフィリピン出身の方が何人かいらっしゃるけど、素直でかわいらしい人が多いなぁと思います。
 “淋しい”とか“嬉しい”とか“怖い”、“楽しい”、“悲しい”などの感情を素直に言葉に出し、でも全体的にカラっと明るい。
 日本人が忘れてしまった“よいもの”を、彼女たちを見ていると思い出す気がします。
  
コメント(0)mederu日記
香田昌恵(コウダマサエ) 新柄&再入荷 器のご紹介♪
 昨夜は早くにいったん寝た後、夜中に目が覚め、何気にテレビをつけたらやっていた「朝まで生テレビ」を途中何度か眠気で気を失いながらもだらだらと見てしまいました。
 「激論!世界金融危機とニッポン」というテーマでした。難しいことは分からないけれど、サブプライムローンがマルチ商法のような詐欺まがいのものであったこと、アメリカナイズされた考え方がやっぱり苦手であることを再認識しました。

 さて本日は、石川県在住の陶磁器作家 香田昌恵(コウダマサエ) 新柄&再入荷 器のご紹介です♪
 優しく食卓を演出してくれる、かわいらしい和みの器。
 手にとった感触も、さらさらほっこりとした温かみがあります。
 今回は人気の動物シリーズが揃っております。
 どうぞお気に入りを見つけて下さい…。

(左)白ねこマグカップ 税込2,730円
サイズ:直径8cm×高さ7.5cm
※こちらはsold outとなっております。
(右)グレーうさぎのマグカップ 税込2,730円
サイズ:直径9cm×高さ6cm
ぐるりと全体に絵付けされているのが嬉しい香田昌恵さんの食器。
白ねこマグカップは結婚祝いのギフトとしてお嫁入りしました〜♥








裏には全て昌恵さんの「m.」のサインが…。



コトリのマグカップ 各税込2,730円
サイズ:直径9cm×高さ6cm
コトリの飯碗 各2,400円
サイズ:直径11cm×高さ5cm
コトリ柄のペア食器。仲良しカップルや新婚さんにもピッタリですね(#^.^#)









(左)なまけもののマグカップ 税込2,730円
サイズ:直径8cm×高さ7.5cm
(右)メリーゴーランドのマグカップ 税込2,730円
サイズ:直径8cm×高さ7.5cm
このなまけもの君のタッチはまさに香田さんならでは!
のほほ〜んと、人(?)の良さそうなお顔がいいですね〜(#^.^#)
メリーゴーランド柄もファンタジックです♪









リスのマグカップ 税込2,730円
サイズ:直径9cm×高さ6cm
こちらは秋らしいリス君柄。木の実をカリポリカリポリ…)^o^(







うさぎの飯碗 各税込2,730円
サイズ:直径10.5cm×高さ6cm
ピンクうさぎとグレーうさぎがレンゲ畑でピョンピョン…♪





(左)白ねこの飯碗 税込2,400円
サイズ:直径11.5cm×高さ5cm
(右)メリーゴーランドの飯碗 税込2,400円
サイズ:直径10.5cm×高さ5cm





リスとなまけものの飯碗 各税込2,400円
サイズ:直径10.5cm×高さ5cm







コトリの箸置きも再入荷です♪
各630円↓



  
コメント(0)mederu日記
異物反応と落書き
 姉はお陰様で回復に向かっており、来週中には退院できそうです。
 今は毎日、喘息の薬の調整のために検査検査の日々らしく、大きな病院で細かく検査をすると、誰でも何かしらが見つかってしまうもの。
 姉も、幾つかのアレルギーを持っていると言われ、犬や猫との接触は避けたほうがよいと言われたそうです。でも、実家には愛する二匹のわんこがいて、そのわんこ会いたさで週に何度か実家に帰っていた姉。
 
 お医者様から言われるとやっぱりショックで、一時は落ち込んで犬なしの生活も考えたそうですが、結局、“今いる犬たちとはもう離れられないので、マスクをするなど気をつけながらこれまで通りの生活をする”ことに決めたそうです。
 私も、姉がそう決めたのならそれでよいと思います。
 
 お医者様はよくないと分かってしまった以上、そう言わなきゃいけない立場だから言うだろうけれど、結局それをどこまで聞くか、どう生活していくかは自分で決めること。
 “お医者様の言うことは絶対で守らなければいけない!”と思う人はそうすればいい、というかその人はそういう道を選んだということで。
 
 「お酒をやめなさい。」と言われてもやめないで、それで病気が悪化して“それ見たことか!”と周りは言っても、お酒を飲む幸せ感のほうをその人がとってそうなったのなら、それはその人にとっては本望とも言えるだろう。赤塚不二夫さんのように。

 でもアレルギーって、調べれば調べるほどどんどん出てきそう。
 私も以前、じんましんが出て病院に行って調べたら、スギやヨモギや小麦やらのアレルギーがあると言われたけれど、ほぼ毎日パンや麺類を食べていて、何ともありません。
 結局そのじんましんの原因は、その時私に宿っていたたんぱく質のかたまり、そう、ハリボーだったのです。私の体がハリボーを“異物”ととらえて、じんましんを出させた”異物反応”でした。確かに、私ではない“異物”だものね、今でも^_^;

 そんな我が家の“異物”は今、漢字やイラストの独自変換(またの名を“落書き”とも言います。)を楽しんでいます。学校のものには書いていないので、一応、時と場所は選んでいるようです。
 その画像でもって本日は失礼します<(_ _)>

『手』の変換↓



『足』の変換↓これはちょっとかわいい♪



『人体図』への落書き。
右の正面向きの人、脇と足の裏をこちょこちょ攻撃されながら、頭にはハンマー。
お笑いの罰ゲームみたい…。でも顔は真面目。
左の後ろ向きの人、足つぼを刺激する台の上に乗せられています…。



左隅の“脳”の絵には、目鼻と輪郭と髪の毛を描き足して…たらこ唇の人。格闘家の“武蔵”なみです。



  
コメント(0)mederu日記
unip(ウニップ) 新作アクセサリー&ブックチャームのご紹介♪
 昨日今日のニュースで、病院から受け入れ拒否をされて亡くなった妊婦さんのことを取り上げていました。
 今回うちの姉も救急搬送で苦しむ中、一件目の病院で拒否されて、受け入れてくれる病院を探すのに40分間位救急車の中で応急処置を受けながら待機していたそうです。
 これで死んでいたら、と思うと…今の日本の医療システムの早急な改善を望みます!

 さて本日は、アンティークな雰囲気で大人かわいいデザインで人気のunip(ウニップ) 新作アクセサリー&ブックチャームのご紹介です♪
 学生さん、OLさん、落ち着いた大人な女性まで、幅広い年代の方々に支持されているunip。
 私はunipのモチーフから、ヨーロッパの洋館が思い浮かぶのですが、あなたは何が思い浮かびますか?
 それでは、unipの世界をどうぞ…。

ネックレス 各1,785円
チェーンの長さ:約36cm +5cmのアジャスター付。
ブルーグレーの不思議な色合いの石のパーツと木馬のパーツはNEW!









ブックチャーム 各1,575円
秋深まる今日この頃、お気に入りのブックチャームで読書の秋をお楽しみ下さい♪







  
コメント(0)mederu日記
貧乏太郎とストリートビュー。
 昨夜は、ドラマ『セレブと貧乏太郎』の日だったので、板橋の見慣れた町の風景を楽しみながら観ました。「おぉ〜!あの床屋さん映ってる!」とか言いながら。
 昨日は“板橋区”という名前も何度か出てきたけれど、「ご出身は?ウィーン?パリ?それともニューヨーク?」「板橋区です!」や「板橋区に住んで日雇い労働で3人の子持ち…底辺の生活は…。」みたいなセリフに使われていて、来週の予告では“貧乏商店街でセレブが大暴れ!”なんて出ていました。
 我が家では笑いながら観ていたけれど、中には「板橋をバカにするな!」と怒る人もいるかもしれませんね^_^; でもまぁ、セレブにはない幸せや誇りがあるんだという展開になるのかもしれないし、楽しく観たいと思います♪

 話は変わって、ちょっと遅れた話題だけれど、グーグルのストリートビューについて。
 先日主人がパソコンをやりながら「ちょっとこれ見て。」と言うので画面も見ると、 mederuの正面外観と、よく見ると店の奥のほうに人影が…「これ、私?」(*_*) いつの間に!グーグル撮影隊、仲宿商店街までまわったのね。
 でも、自分の知らないところで撮られていて、世界全国どこからでも見ることができるって、何だか恐ろしい気がしました。
 自宅近所も見てみたら、バッチリカメラ目線で顔が出ているおじさんがいて、“このおじさん、全国デビューしてる!” でも、かなりスポット的にマイナーな住所を打ち込んだ人たちの間だけのデビューだけれど。
 人の顔は通常、ぼかしが入っているらしいけれど、このおじさんの顔はバッチリ出ている…。顔と認識してもらえなかったの?でも普通のお顔でしたよ。プライバシーの問題もあり。
 その後、せっかくだから海外旅行に行った気分で“野生のカンガルーを見よう!”とオーストラリアの国道に飛んでみたけれど、果てしなく続く地平線ばかりで、路肩をいくら見てもカンガルー一匹どころか、人っ子一人見られませんでした。世界は広いのね〜。
 でもやっぱりあまり気持ちのよいものではなかったな、ストリートビュー。
  
コメント(0)mederu日記
choco*to momo.新作ファブリック雑貨&オーダーメイド作品のご紹介♪
 ここ最近、毎日のように板橋という橋の周辺でドラマ『セレブと貧乏太郎』のロケをやっているところに遭遇します。
 追っかけなのかエキストラなのか分からないけれど、若者がゾロゾロと周辺を歩いていて、通行止めにもなるし、朝のロケは近隣住民にはちょっと迷惑そうです。
 でも、ドラマではいい感じに“板橋”が映っているので楽しめます。貧乏側の人たちの住む町という設定。古くからの宿場町、まぁ、セレブの住む街でないことは確かです^_^; しかし、私はそんな板橋をこよなく愛していまーす\(^o^)/

 さて本日は、choco*to momo.新作ファブリック雑貨とオーダーメイド作品のご紹介です♪
 固定ファンも多いchoco*to momo.さんには、「いつものテイストでこの本にピッタリのブックカバーを作って欲しいのだけど(^.^)」といったオーダーが入ることもしばしば。
 自分の思いをのせた、自分だけの特別なものって嬉しいですよね♪
 それでは、choco*to momo.の世界をどうぞ〜!

(左)カードケース 税込1,512円
(右)パカパカポーチ 税込1,575円
※こちらは2点ともsold outとなっております。
こちらは新作ファブリック雑貨。あっという間にギフトとしてお嫁入り。
女の子の大好きな小花柄にレースの最強コンビですものね♥





カードケースの内側はこんな感じでした。


パカパカポーチの内側はこんな感じ。



オーダーメイド 通帳ケース
こちらは、お客様お持込のケースに合わせて作ってもらったケースです。
パッと目立つ色めで!というオーダー通りにビビッド!


この辺の細工がchoco*to momo.さんらしいでしょ?



オーダーメイド 大判ブックカバー
こちらも本をお持込で、この本に合ったブックカバーを、というオーダーでできてきたもの。
よく見ると、お花柄の一つはアップリケ♥


栞にはビーズが。



オーダーメイド トートバッグ
こちらをオーダーしたのは…ジャン!わたくしでございます(#^.^#)
この、フランスデザイナー atelier LZCの輸入生地が大好きなので、作っていただきました〜。
「A4が余裕で入る大きさで、横長で…。」と注文させていただき、望みどおりのものができてきた時の嬉しかったこと!
大切に使わせていただいております<(_ _)>


モチーフのアップリケもかわいいし、ポケットもたくさんあって使いやすさも◎です!



  
コメント(0)mederu日記
伊豆高原に行ってきました。
 姉の入院の件ではご心配をおかけしました<(_ _)>
 ところで、今回の発作の原因が分かりました。“薬の飲み合わせ”だそうです。喘息の薬を飲んでいながら、市販の風邪薬を飲んだことによるアレルギー症状のようなものだったようです。
 『たけしの本当は怖い家庭の医学』の中でも、同じような症例を取り上げていたようで、その症例の方は亡くなったそうです。怖いですね…。皆さまも薬の飲み合わせには十分にお気をつけ下さい。

 ところで、一昨日、昨日のお店の休みは姉の入院とは関係なく、以前から決まっていた主人の会社の人たちとの小旅行(コテージを貸し切り、自炊。)のため、伊豆高原に行ってきました。
 姉の命に別状がないと分かった時点で、我が家の生活はごく普通に流れております。

 主人の会社の人たち4家族と、独身者数名の集まりで、私にとっては初対面の人ばかり。私は人見知りがあるので(人に言うと「え〜?」と言われるのですが、実は心の中では人見知りしているのです。)、最初はちょっと気が重かったけれど、他の家族のママさん達も話しやすい人ばかりで、楽しく過ごせました。
 子どももたくさん来ていたのでハリボーも喜んでいたし。夫たちは飲んだくれておりましたが^_^;

 ということで、本日は伊豆高原と伊豆シャボテン公園の画像でもって失礼します♪

大室山↓

強風でワッサワッサ、うねうねと山全体がうねっており、『もののけ姫』が出てきそうでした。

シャボテン公園の“チンパンジーのショー”↓

飼育員と熱いキッス♥それを見つめるオスのチンパンジーの目が切ないです…。

こちらのチンパンジーは子育て中。「今日は風が強くて穴ぐらに家族で非難しているのに、そんなにジロジロ見るな!」というように私たちに向かって小石を投げてきました!
次の小石を拾う図↓当てられないうちに退散しました。



“動かない鳥”ことハシビロコウのビルおじいさん。↓

人間でいうと100歳位のご長寿だそうで、貫禄たっぷり。

夕暮れに浮かぶ富士山↓

富士山のシルエットを見て、あらためて“美しい山だな〜”と惚れ惚れ。

  
コメント(0)mederu日記
姉の入院から。
※明日10/18(土)〜明後日10/19(日)はお休みです。

 昨日は閉店後、姉のお見舞いに行ってきました。
 昨日の朝までは苦しかったらしいのですが、その後だいぶ回復したようでホッとしました。でも、喘息をコントロールする薬をさがす検査のため、1〜2週間の入院が必要だそうです。

 今回は本当に“死ぬ”と思ったとのことで、今後のためにと、手帳の裏には“人工呼吸器はつけないように”とか、マンションのローンについての事務的なことなどの『プチ遺書』が書かれていました。万が一のときは、これを見るようにと。
 私も、「(姉が)もしこのまま死んだり、意識不明のような状態になったら、『姉は晩年、仕事にも恵まれ、やり甲斐を持って取り組んでおりました。甥にも深い愛情を注ぎ、幸せだったと思います。』ということを周囲の人に伝えなきゃな、と思ったよ。」と言ったら、姉も「ホント、その通りだからそうなった時には皆に言っておいてね。でも、“あぁ、死ぬ”と思ったとき、浮かんできたのがスモモとユズ(※実家で飼っているペットの犬2匹)とハリボーの顔で、その3人ともう会えない、ハリボーの成長が見られないと思うと“あー、残念だぁ…”と心の底から思った。」と言っていました。
 
 ハリボーにはその日に私から状況を話したら、あまりにも普通に淡々と話したせいか、ちょっと真面目な顔になって、「え?もう一回言って。」と言って、聞きなおしていました。
 その後は特に動揺することもなく普段どおりに過ごしていましたが、デジカメからハリボーと姉とのツーショットの画像が出てきたので、「ほら、おばちゃんが写ってるよ。早く元気になるといいね!」と言っても、その画像を見ようとしませんでした。きっと、思い出して悲しい気持ちなるからだと思います。
 そんな様子を姉に話し、「今死んだら、ハリボーきっと傷つくよ。まだ死ねないよ。」と言うと、うなずきながら「感染症じゃないこともハッキリしたから、今度連れてきてね。」と言っていました。(その後、「やっぱり病院だし、連れてこなくてもいい。」と言ってました。)

 今回のことで大活躍したのは、いつもはしょーもない話題で登場する父でした。そう、10数年に一度くらい、人が生死に関わるようなことがあった時には活躍する父です。
 30年位前に母がガラスでケガをした時と、父が所属していた登山クラブが遭難した時と、10年位前に家が火事になった時(私が徳島県にいる時、実家が火事で全焼。一夜にして家財全てを失うという経験を祖母、父母、姉はしています。)と、今回。
 姉とも「フットワークが軽いし、こういう時にはいいよね。」とその良さを認め合いました。母にも言ったら、自分のダンナを誉められるとちょっと嬉しいようですが、「そうなのよ!あの人は、お酒さえ飲まなければいい人なのよ。」と、これまでに何百回も聞いたセリフを言っていました。お酒は飲む人なんだから、飲まなければ、と例えることが意味がないのに、といつも思います^_^;

 その反面、母は突発的なことには弱く、世間体も気にするところがあり、今回も姉が本当に苦しんで救急車を頼んでいるのに(幸いなことに、実家に泊まっている日でした。)「救急車なんて、大げさじゃない?タクシーでいいわよね?」と言っていたそうで、姉が絞る出すように「本当に、死ぬ…から…。」と言って、ようやく呼んだそうです。しかも「音は鳴らさずに来て下さい。」と言ったようです。
 私への報告の時も「ちょっと大げさじゃないかと思ったんだけど。でも音鳴らさないで来てもらったから、近所の人も気づいてないと思うけど…。」などと言うので、「そんなことどうでもいいから!で、どうなったの?」と言いました。

 うちの父と母を見ていると、凸と凹、プラスとマイナス、夫婦というのは上手くできているものだと思います。(私達夫婦もそう思われていると思うけど…。)

 何はともあれ、今回のことで健康が一番、普段の健康に感謝です。
  
コメント(0)mederu日記
SAS II RO(サシイロ) 新作アクセサリーのご紹介♪
 昨日は、姉が突然喘息の発作で呼吸困難に陥り、救急車で運ばれ、1〜2週間入院することになりました。気道が腫れて危ないところだったそうです。今日は閉店後にお見舞いに行ってきます。
 夜は十五夜お月様がきれいでしたね。屋上で、お月見団子を食べながらお月見をし、お月様に「おばちゃんが早く治りますように…。」とハリボーとお祈りをしました。



 さて本日は、SAS II RO(サシイロ) 新作&再入荷アクセサリーのご紹介です♪
 SAS II ROの作品から私はいつも、月光のもつ神秘的な力や生命力といったものを感じさせられます。 
 凛としたSAS II ROの世界をどうぞ…。

SVリング 各税込3,570円
(上)ガーネット (下)フローライト
リングは丸いものという固定観念を打ち破った個性的なスクエア型。





SVリング 税込3,780円
4つの輪が複雑にからみあった大人のデザイン。



SVピアス「えごの実」 税込3,150円
人気の高い植物の実シリーズから「えごの実」が再入荷です。



SVネックレス 税込6,300円
オフィス、パーティー、カジュアル…と合わせる服装次第で様々な表情を見せてくれそうなシンプルモダンなデザインです。



SVプチネックレス 税込3,990円
リングに丸いパーツ側を通して、お好みの長さで楽しめるタイプ。
チェーンの長さは40cmとやや短めなので、シャツの襟元からのぞかせたり、チョーカーとしてどうぞ。



 その他、銀線で天然石を編みこんだ“編みこみネックレス(税込3,675円)”のガーネットも再入荷しております。

  
コメント(0)mederu日記
ダメダメな日。
※明日10/15(水)はお休みです。

 毎日元気に登校しているハリボーですが、学期内に1〜2回、ダメダメな日があり、今日がその日でした。そんな日は朝からドッと疲れます。

 今日ダメダメになったきっかけは、朝ごはんで私が玄米ごはんを出したこと。ハリボーが玄米を苦手としていることは分かっていたけれど、最初嫌がっていてもそのうち食べられるようになることもあるし、白米3:玄米1の割合で炊いたので、大丈夫かと思い、出しました。
 でもやっぱりなかなか食が進まず、味噌汁をかけて食べ始めたけれど、「皮みたいのが残る〜。」と言いながら2〜3粒ずつ食べていて、朝の時間は刻々と過ぎていく…。仕方ないので、「あと3口食べたらもういいよ。」と言ったら3口だけ食べ、その後に好物のアロエヨーグルトを食べていました。
 もうその時点でかなり時間はギリギリだったけれど、ハリボーも時間を見ながら急いでヨーグルトをかきこみ、飲み物を飲んだら出発!のはずが…。
 立つと、ズボンが前後ろ逆!こんな時に限って…。急いで履き替えるハリボー。でもあせると余計になかなか脱げないズボン。その時点で既にハリボーはイライラ。
 いつもの通り、下着が出ていたので私がズボンの中に入れると、「そんなことしなくていい!」と怒る。ハリボーって、カッコつけのくせに、変なところで無頓着というか、気にしなくていいことを気にして、そこは気にしなよ、というところを気にしないところがある。下着が出ていることは気にしない。

 そして、ランドセルを背負って、帽子をかぶって、ダッシュすればいいのに、帽子をかぶった時点で集合時間の55分になったのを見ると、「あぁ55分だ。もうダメだ…。」と一気にダメダメモードに突入。
 私が「55分に集合なんだから、今走って行けば大丈夫だよ。」と言っても、「55分に出発なんだからダメだよ!」と言う。「そんなことない!行きなさい!」と力づくで玄関まで連れて行き、靴を履かせ、ドアを開けて引っ張り出そうとする私。「もうダメだよ。」と泣きながら踏ん張って家の中に戻ろうとするハリボー。
 開いたドアの向こうには家の前の工務店に出勤してきた工事の格好をしたお兄さんが立っていて、それに気づいたハリボーはいきなり小声になって「ドア、閉めて。」私:「ダメ。閉めたら行けないでしょ。」 ハリボー:「行くから、閉めて。」 
 そう、ハリボーって、人の目を気にする。このやりとりを人様に見せたくないのだ。
 仕方なくドアを閉めると、ウジウジと「もうダメだよ。」と言いながら泣き、玄関の鏡を見て「今行ったら泣いたことが分かっちゃう〜。」と言って、また泣く。これじゃいつまでたっても埒が明かない。「帽子で顔を隠してればいいじゃない。誰もハリボーの顔なんて見てないよ。」と言っても、首を振る。
 そうこうしてたら、ピンポ〜ンと集団登校の班長の6年生のお兄さんが迎えに来てくれた。私にとっては天の助け!
 ドアを開けて「ごめんね。今行くから。」と言っている横を、校帽を深くかぶって顔を隠したハリボーが何事もなかったかのようにスッと出てきてお兄さんの横へ。お兄さんは少し心配そうにハリボーを見ていたけれど、「ごめんね、大丈夫だから。よろしくね。」と言うと、愛想笑いを私にしてくれた後、ハリボーの手をひいて行ってくれました。
 その後、帰ってこなかったところを見ると、無事に集団登校できたようです。
 あのハリボーの変わり身の早かったこと!まぁ、工務店の知らないお兄さんにも見られたくないくらいなんだから、班長さんには絶対に見せてはならぬ姿だったのでしょう。

 ハリボーって、典型的な内弁慶!家でいい子で外で悪い子も困るけど、内弁慶も家族にとってはとてもストレス!
 こんな時、占い好きの友人が占いで出たというハリボーの性格「守りに強く、にこにこと愛想がよく、グループの中で統率力を発揮していく石門星。華やかでプライドが高くデリケートで傷つきやすい。」を思い出します。何かの分野で頂点に立つ命運、とも言っていたけれど、そんなことより姉と一緒に「うわー、面倒くさい性格!でも確かにハリボーってそういうところあるよね。」と話したことがあります。
 “ブライドが高くデリケートで傷つきやすい”って、実社会で一番使えないタイプなんですけど^_^;
 福田首相じゃないけど、「まぁ、せいぜい頑張ってください。」。でも、こちらに実害が来るのは勘弁してほしいなぁ。
  
コメント(0)mederu日記
mederuオリジナルTシャツに新色と長そでが登場です♪
 昨夜は“前野原温泉 さやの湯処”で温泉につかりリフレッシュし、その後観た映画『パフューム』で若干の疲労感が…。
 私にはよく分からない映画でした。特に後半になるにつれ。
主人の「セクスィー部長か!(by NHKサラリーマンNEO)」という突っ込みを聞いてからはもう、それにしか見えなくなって…。

 さてさて、hariboo(ハリボー&中村幸代)デザイン mederuオリジナルTシャツに新色と長そでタイプが登場です♪
 お蔭様でトロピカルな夏色Tシャツは30枚以上がお嫁にゆきました〜\(^o^)/
 今回はダークカラーの5色です。
 生地の質の良さには自信があります!何度洗っても型崩れしないと好評で、しっかりとした生地なのでちょっと薄めのトレーナー代わりにも着られますよ(^.^)

mederuオリジナルTシャツ 
柄:giraffe(キリン)、elephant(ゾウ) ※右袖にはmederuのロゴマークが入っています。
半そで:100、120サイズ 税込1,890円、G-S以上〜 税込2,100円
長そで:XS以上〜 税込2,480円
※次のものはただいまsold outとなっております。次回入荷をお待ち下さい<(_ _)>
〔長そでSサイズ〕ダークブラウン×ゾウ、ダークブラウン×キリン、チャコールグレー×ゾウ、チャコールグレー×キリン
〔長そでG-Fサイズ〕ライトグレー×キリン


デザインはこちらをご参照下さい。





※サイズによってプリントの位置が異なります。メールでのご注文の方は、PDFファイル形式で画像をお送りできます。

<半そでサイズ>
100(着丈390o 身幅310o) ※お子様サイズ。
120(着丈480o 身幅360o) ※お子様サイズ。
G-S(着丈550o 身幅420o) ※女性の小さめSサイズ。
G-M(着丈590o 身幅450o) ※女性のMサイズ。
S(着丈630o 身幅470o)  ※日本サイズの男性Mサイズ程度。
M(着丈680o 身幅520o) ※日本サイズの男性Lサイズ程度。
L(着丈720o 身幅550o) ※日本サイズの男性LLサイズ程度。

<長そでサイズ>
XS(着丈580o 身幅420o)  ※女性のSサイズ。
G-F(着丈590o 身幅450o)  ※女性のMサイズ。
S(着丈650o 身幅470o)  ※日本サイズの男性Mサイズ程度。
M(着丈700o 身幅520o) ※日本サイズの男性Lサイズ程度。
L(着丈750o 身幅550o) ※日本サイズの男性LLサイズ程度。

※シティグリーンとラベンダーは半そでのみ、ダークブラウンは長そでのみ、G-Fサイズ長そでのグレーはライトグレーとなっております。

  
コメント(0)mederu日記
父とスッポン。
 今日はカラッと晴れた爽やかな日です♪
 ハリボーは保育園時代のお友達とのおでんパーティーに行っています。親が行けなくても「よかったら来なよ〜。」と言ってくれるママ友さん達にはホント感謝です<(_ _)>

 今日、週間ニュースを見ていたら、先日皇居のお堀に飛び込んだ外国人男性のニュースをやっていました。
 “皇居のお堀”というと、幼い頃に強烈に残っている記憶が…。
 
 私がまだ幼い頃、家族で皇居の周りを散策していて、ふとお堀をのぞくと小さな亀が見えました。私が「あー、亀だ!」と言うと、それを見た父は「いや、あれは亀じゃない、スッポンの子どもだ!よし、家でスッポンを飼おう!」と言って、お堀の石垣を降り始めました。(今となってはもう時効なので暴露。)
 母は、「やめなさいよ、あなた!警察に捕まるわよ!」と止めたけれど、そんなの聞くわけのない父は半分まで降りて、片手を伸ばしスッポンの子どもを捕獲。
 私と姉は“お父さん、おまわりさんに捕まっちゃうかもしれないの?どうしよう。”とハラハラドキドキしながら見ていたのを覚えています。

 で、スッポンを持ち帰り、しばらく飼いました。(危険だし、たぶん犯罪なので皆さんは絶対に真似しないで下さいね!そんなバカらしいことしないだろうけど…。)
 どのように飼っていたかの記憶は曖昧だけれど、息を吸うために一生懸命に水中を上へ上へと泳ぐ姿がかわいらしかったのを覚えているので、他の魚たちと一緒の水槽の中にドボンと入れていたのかしら?
 あとは、食欲旺盛で獰猛で、元気がよすぎてしょっちゅう水槽から脱走していたのを覚えています。
 そして、一回り大きくなったスッポンはある日忽然と水槽から姿を消したのです。

 そして何年か経ち、私たちもスッポンのことをすっかり忘れていたある日のこと、大掃除でピアノをどかすと、その裏から干からびてミイラになったスッポンが(T_T)
 かわいそうに、脱走して、ピアノの裏までエッチラオッチラと歩いて、そこで力尽きたのでしょうね。

 やはりウチの実父のすることは…昔から周りに迷惑をかけてしまうほうの変人なんだよなぁ。
  
コメント(0)mederu日記
BERHASIL(ブルハシル) 新作ファブリック雑貨のご紹介♪
 ここ仲宿商店街には様々な曲が流れます。たぶん有線だと思うのですが、選曲が??の時があって、昨日の夕方には何故か『モスラ』が流れていました。「モスラ〜や、モスラー〜♪」って。そして今朝来た時は山口百恵が「しな〜やかに、歌って…♪」と。このアンバランスさが結構好きだったりします(^.^)

 さて本日は、丁寧で正確なお仕事に定評のあるBERHASIL(ブルハシル) ファブリック雑貨のご紹介です♪
 今回は、ビーズやお花モチーフが女性らしいコースターやポーチ、内ポケットがいっぱいのバッグ・イン・バッグが入荷しております。
 それでは、BERHASILの世界をどうぞ〜。

コースター5枚セット 各税込1,050円
コースターのサイズ:11cm×11cm
※右の黒いお花モチーフ付きはsold outとなっております。
一つ一つ丁寧に縫いつけたビーズやお花が手作りならではのコースター。
手洗いOKです。









お花のポーチ 各税込1,260円
サイズ:11.5cm×20.5cm
※ピンクはsold outとなっております。
ギフトにも喜ばれそうなポーチ。
通帳が入る大きさなので一つあるととっても便利。








中には二つのポケット付き♪





バッグ・イン・バッグ 各税込1,260円
サイズ:16.5cm×24.0cm×5cm
珍しいコーギー犬のシルエットプリント生地のバッグ・イン・バッグ。
コーギー犬を飼っている人は特に欲しくなっちゃいますね!
口も大きく開くようにできているので、楽々収納でバッグの中もスッキリです!


何とポケットが計10個も付いています!(なんか、テレビショッピングみたいな口調に^_^;)
でもホント、とっても便利ですよ〜♪



  
コメント(0)mederu日記
まったりと見て見てー!の休日。
 昨日の定休日は、ハリボーが帰ってくるまではインドアで過ごそうと、前の日からDVDと食料を用意し、まったりと過ごしました。
 水曜夜NHKのSONGSはスガシカオだったので観ました。
 大学浪人時代の苦しい時期や、脱サラ後の極貧時代に奥深い詞や曲が生まれたことを知り、主人に「男の子には、何の組織にも属していない浪人みたいな時期があったほうがいいのかもね。ハリボーも浪人したほうがいいかも。まぁ、大学に行きたいと言うかどうかも分からないけど。」と話し、“なんか随分先のことで、しかも受ける前から息子の受験失敗を願ってる私って…。”と自分でもフフ…っとちょっとおかしかったです。

 DVDは、『パンズラビリンス』と『東京タワー〜オカンとボクと、時々、オトン〜』、『パフューム』の3本を借り、『パフューム』はまだこれから。
 『パンズラビリンス』は、久々に胸にグッとくる映画でした。スペインの暗いファシズム政権時代に生きる、空想と本の好きな少女の話し。
 『東京タワー〜オカンとボクと、時々、オトン〜』は、樹木希林と娘の内田也哉子が出ていて、最近あの家族に興味があるので観たくなって。
ストーリーは分かっているのにやっぱり泣いちゃいました。テレビドラマのほうは途中で観るのをやめてしまったけれど、映画のほうは、ボク役のオダギリジョーもオカン役の樹木希林も毒があって、ただの“孝行息子と献身的な母”で終わっていなかったのがよかったです。

 ハリボーが帰ってきてからは、まったりの時間は終わり、「見て見てー!すごい飛べるよー!」と言うハリボーの縄跳びを見させられたり、運動会の振り替えでピアノに連れて行ったり。
 子どもってよく、自分のやっていることを見せたい時や面白いことを共有したい時に「見て見てー!」と言う。タイミングを逸したりするとハリボーは「ウー!」とうなって怒る時があるので面倒くさい時もあるけど、子どもらしいかわいい行為だと思う。
 こういう時や、「おいで!」と言うとちょこんと膝にのってくる瞬間、“このかわいさ、いつまでなんだろう。”と思う。今に、「見んなよ!」と言ってきたり、近くを歩くだけでも嫌がる時が来るんだろうな。(そういう時が来なければ来ないで心配だし。でも、今の子たちって、あまりそういうのがなさそう。ハリボーはありそうだけど。)

 そんな休日でした。


  
コメント(0)mederu日記
『てぬぐいろいろ2』 当店人気柄最終結果発表〜♪
※明日10/9(木)はお休みです。

 3人もの日本人がノーベル賞を受賞しましたね\(^o^)/
 物理学…いくら説明を聞いても難しすぎて分からないけれど、とにかくすごいことを解明したのですね。 
 受賞者の方々のインタビューも個性的でした。あの、人に危害を加えない変人ぶり、楽しませていただきました。

 さてさて、お待たせいたしましたー!
 『てぬぐいろいろ展2』、当店の人気柄最終結果を発表いたしま〜す♪
 中間発表では、かわゆい系の柄の人気が高かったのですが、最終的には和モダンテイストのものがベスト3に選ばれました。でも、最後まで接戦でした。
 この『てぬぐいろいろ展2 in板橋』には、遠くは石川県や静岡県からも足を運んでいただいたお客様もいらっしゃったようです。本当にありがとうございました<(_ _)>
 デザイナーズ手ぬぐいを、どうぞ末永くご愛用いただけましたら幸いです。
 
 それでは、発表させていただきます!ジャガジャガジャガ…(効果音のつもり)。

 当店人気柄 栄えある第一位は…
当店人気柄 第一位
『鹿草花柄』 デザイン:中村幸代(GARANDESIGN)


 一枚の絵画のようなデザインは、男女問わずの人気柄でした。
 ちなみに、中村幸代(GARANDESIGN)さんは、今度フランスで手ぬぐいの展示会をされるとのこと!ヨーロッパにも日本の伝統美を広めてきて下さいね〜(^_^)/~

 続きまして、第二位です。二位は同枚数で二柄です。
当店人気柄 第二位
『つばめ柳文様』 デザイン:柏木江里子


 しだれ柳の曲線が美しく、優雅に舞うつばめ。風の流れを感じるデザイン。
 お部屋のインテリアとして飾りたいというお客様の声が多く聞かれました。

当店人気柄 第二位
『つばめ柄』 デザイン:中村幸代(GARANDESIGN)


 二位の二柄は偶然にも同じ“つばめ”の柄でした!
 たわわに実った木の実と羽を広げるつばめたち。生命力と躍動感を感じさせるデザインです。

続きまして、第三位の発表です!
当店人気柄 第三位 
『からくさてんとう(くろみつ)』 デザイン:林・恵子


 伝統的なからくさ模様のなかに、てんとう虫みーつけた!
 てんとう虫は欧米では女性の幸せのシンボルとも言われているラッキーモチーフです♪
 こちらは中間発表でも登場していた柄で、コンスタントに枚数を伸ばしました。
 たたんだ時にも柄が楽しめるところもポイントです!

 いかがでしたか?お持ちの柄はありましたでしょうか?
 当店人気柄を発表させていただきましたが、本当にどれもこれも個性的で素敵なデザインばかり。約一ヶ月間、毎日眺められた私はとても幸せ者だと感じております。
 なお、てぬぐいろいろ展は終わっても、当店で定番で扱っている手ぬぐいも各種ございますのでどうぞ見にいらして下さいませ(#^.^#)

  
コメント(0)mederu日記
今日の芸能ニュースから。
 今日は何故か朝からラッピングの嵐でした。
 スタッフのKちゃんが来てくれていたので助かった〜。ひと段落して二人で「フ〜!」と汗をぬぐいました。

 今日は今朝のニュースから色々…。
 名優 緒形拳さんがお亡くなりになりましたね。
 緒形拳さん、好きな俳優さんでした。大物俳優なのに偉ぶったところがなく、演技には渋みと重みがあるのに、たまに見せる笑顔がおちゃめで素敵で…ちなみに出身高校が同じなので勝手ながら親近感も感じていました。
 これまで、素晴らしい映画や舞台やドラマをありがとうございました<(_ _)>
 俳優という職業は、亡くなっても作品が残るというのは素晴らしいことですね。

 話は全く変わりますが、10/14からスタートする上戸彩と上地雄輔出演のドラマ『セレブと貧乏太郎』の中に出てくるであろう『だるま食堂』のロケ地が、私の通勤経路の途中にあるお好み焼き屋さんなのです!(2008年3月30日のmederu日記にも登場している『がらっぱ』というお好み焼き屋です。)
 仲宿商店街を板橋本町方面に行ったところの右手で、“板橋”のふもとのお店。
 最近よくロケをしていて、自転車で通る私もたまに止められて、ワンシーン撮り終わるまで待たされたりしております。
 でも、まだ上戸彩や上地雄輔を目撃したことはないのですが。
 きっと普段見慣れた風景も出てくるだろうから、このドラマは観てみたいと思います。
  
コメント(0)mederu日記
2009年版 スケジュール帳が入荷しております♪
 秋雨がやみました。
 気づけばもう10月。そろそろスケジュール帳を新しくする時期ではありませんか?
 ということで、2009年版スケジュール帳が入荷しておりますので一部をご紹介しま〜す!

 今年もかわいいカトウシンジデザインのもの、コンパクトサイズのもの、しっかりとしたハードカバータイプのものなどなど…入荷しておりますので、ライフスタイルに合わせて使いやすくお気に入りのものをぜひぜひお選び下さいませ♪
 私はたっぷり書き込めるものをチョイスしようっと(#^.^#)

カトウシンジデザイン スケジュール帳 各税込1,890円
サイズ:18.3cm×13cm×1cm
イラストも色合いもかわいい人気のカトウシンジデザインです。
既にsold outのものも出てきておりますので、お早めに〜。
ビニールカバーがしてあります。


裏もかわゆい♥


















中はこんな感じ。裏表紙







フリーノートブック付き!



コンパクトサイズ スケジュール帳 各税込714〜735円
サイズ:約14.5cm×10cm×0.5cm(A6サイズ)
コンパクトサイズなので、小さなバッグにもポンっと入って、サッと取り出せます。
左の2柄はテキスタイル(生地貼り)、右は切り絵にビニールカバーがしてあります。



ハードカバータイプ スケジュール帳 各税込1,365円 
サイズ:15cm×10.5cm×1cm(A6サイズ)
しっかりとしたハードカバータイプ。
左の気球柄は、エンボス加工のように浮き出したイラストがキュート。
右のケーキ柄は、少し毒のあるメルヘン&レトロな雰囲気が人気の“とくだみちよ”のイラストです。






B6サイズ スケジュール帳
(左)税込2,100円 (右)税込1,575円
サイズ:18.5cm×13.5cm×1.5cm
左は、リネン地にレースの飾りがナチュラルな雰囲気。
ビニールカバーがしてあるので汚れの心配もなし(^.^)
右はハードカバータイプ。チョコが本物みたいで端っこをかじってしまいそう。
少し毒のあるメルヘン&レトロな雰囲気が人気の“とくだみちよ”のイラストです。






  
コメント(0)mederu日記
運動会と栄児(ロンアール)家庭料理。
 今年もご好評をいただきました『てぬぐいろいろ展2』が10/3をもって終了いたしました。
 沢山のお客様にお越しいただき、また遠方からも足を運んでいただきまして、誠にありがとうございました<(_ _)>
 当店の人気柄 最終結果は、ただいま集計中ですので、後日発表させていただきます!今しばらくお待ち下さいませ。

 さてさて、昨日は10月とは思えない程の暑さの中、紫外線を浴びまくりながらハリボーの運動会を観戦しました。
 校長先生の「元気ですかー?」というアントニオ猪木さんのような掛け声から始まり、一年生から六年生までが紅白に分かれて熱戦を繰り広げておりました。
 1〜3年生はまだまだ可愛らしく、4年生からグンッと大きく成長するように感じました。
 我が家は、子ども一人に対して大人5名が応援に行ったので、お昼は「平均年齢の高い輪」でお弁当を囲みました。
 昼食に関しては学校から事前にアンケートがあって、@家族で食べる、A○○さん家に頼んだ、B学校にお願いしたい、の3つの中から選ぶようになっていて、様々な家庭環境への配慮ですね。

 ところでハリボーは、本当にリレーの代表に選ばれていて、50m走も一位だったので、「一位、すごかったね!」と言うと「でも、赤組は負けてる!」という応え。全く素直じゃないんだから!
 誉めると、嬉しいくせに素直に喜ばないところのあるハリボー。勝ち負けには人一倍こだわっているくせに、応援席で一喜一憂している周りの純真な友達らを尻目に冷静モード。保護者席に向かって笑顔で手を振る、なんてハリボーにはありえないのです。
 
 それにしても感動屋の姉は、5〜6年生の組体操を見て「まずい、涙が…。六年間、がんばってきたんだなと思うと。」と泣いていました。確かに、緊張感のある演技と、演技終了後の達成感に満ちた顔はキラキラ輝いていて感動的だったけれど、保護者でもないのに泣いていたのはうちの姉だけだと思います。
 
 最後は“銀河系に一つだけ〜…○○小学校〜♪”という、スケールの大きい歌詞の校歌を聴いて終わりました。

 そして夜は、日光を浴びて消耗した体力を回復させようと、知る人ぞ知る本場四川家庭料理の店『栄児(ロンアール)家庭料理』(http://www.ntv.co.jp/burari/051126/info04.html)で辛い!うまい!を堪能しました)^o^(
 このお店、板橋の一角にある小さなお店なのですが、作詞家の秋元康氏やレスリングの浜口京子選手などの有名人も顔を出すという穴場の名店です。(最近、サンシャインや本郷にも支店を出したようです。)
 唇ヒリヒリの激辛メニューもありますが、中国語なまりの四川出身の店員さんが優しく説明してくれるので初めての方でも安心ですよ〜♪ただ、小さな人気店なので、予約しておいたほうが確実です。

糸豆腐サラダ↓

シコシコとした歯ざわりとさっぱりとしているのに味わい深いお味。

四川風冷奴↓



ザーサイの塩味がきいた冷奴。
自家製のラー油をかけていただくと、ほんっとに美味しいのです!

水餃子↓

ハリボーの大好物。昨日も食べまくり。

粉蒸鶏肉↓

数に限りのある限定食。
蒸した鶏肉とジャガ芋は相性バツグン。ここでしか味わえない自慢の一品!

麻婆豆腐↓

辛いもの好きの方にはオススメのメニュー。
山椒の香りもきいています。

イカの竜田揚げ↓

ピリ辛でおつまみに最適!

  
コメント(0)mederu日記
樹木葬とマーガリンとイチロー。
※明日10/4(土)はお休みです。

 昨日もちらっと書きましたが、先日choco*to momo.さんとお食事をして、色々なおしゃべりを楽しみました。
 その中で気になった言葉“樹木葬”。
 調べてみると、自然の里山を生かした「里山型」墓地で、墓石などを置かず、遺骨を直接土の中に埋葬し、そこに樹木を植えて墓標にする埋葬方法、なのだとか。
 墓標の樹木を桜にすれば、“桜葬”とも言うそうです。
遺骨は次第に土に還り、墓石の代わりに植えた樹木が毎年花を咲かせながら成長していく…子どもたちはその木を目印にお墓参りならぬお樹木参り。なんかちょっといいかも?
 私は家を出たし、夫も次男だから自分たちでお墓を持たなきゃいけない。ちょっと選択肢の一つにこの方法を入れておこう。

 確か前にchoco*to momo.さんと話した時は、“マーガリンは身体に毒”ということを教えてくれて、調べたらマーガリンの恐ろしい情報が次々と出てきて、それ以来我が家からマーガリンはなくなり、バター派になったのです。
 まぁ、菓子パンやお菓子などに入っているから口には入ってしまっているのだけれど。
 そういえば、一時期バター不足がニュースなどで話題になっていたけれど、mederuから程近いライフスーパーではいつでもバターが山積。板橋区民はバター派が少ないようですね。

 それと、イチローについての話し。私が「イチローは好きですか?」と聞いたからなのだけど。
 前にオリコンアンケート“世界に誇れる日本人”の一位がイチローだったから、日本人はイチローを好きなのかしら?(私は人としての彼には興味がなかったのだけど。)と思って、勝手に身の回りの人に調査中なのです。
 今現在、私の周りの人6名に聞いたところ、6名中5名が“インタビューの態度などから人としてはあまり好きではない。どちらかといえば松井派。”とのこと。
 1名は「大好き。」だそうですが。
 もう少し詳しく各々から出てきたコメントを紹介すると、「キムタクが抱かれたい男でいつも一位なのに、周りにキムタク好きがいないのと同じなのでは。」、「勢いでイチロー!と言っちゃうだけなのでは。」、「中田ヒデとイチローの、公のインタビューでため口で答えるところと、空港から出てくる時の服装が“どうだ!”という感じでイヤ。」など。
 でもこれって、私の周りがみんな少数派の意見の人たちばかりだとしたら、意味のない統計だな、なんてふと思いました^_^;
 イチロー好きの方、気を悪くなさらずに。こう思っている人たちもいるのだということで。
  
コメント(0)mederu日記
himawarino-hana 新作ファブリック雑貨のご紹介♪
 一昨日の夜は、choco*to momo.さんと一緒にディナーを楽しみました。樹木葬の話しからキムタクの話しまでおしゃべり。“樹木葬”、初めて知りました。やや興味が湧いています。
 昨日は“都民の日”で学校がお休みだったので、ハリボーと一緒に「水道橋のジョイポリスに行こう!」と行ったのですが、リニューアル中でお休み!しかも“ジオポリス”だったし。下調べをしなかった私の責任…一瞬ハリボーの顔が曇りましたが、後楽園遊園地で遊んで事なきを得ました。雨が上がってて本当によかった…ホッ(#^.^#)

 さて本日は、優しいテイストでほっこりかわいいhimawarino-hana(ヒマワリノハナ) 新作ファ